もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録

 もはや〝旨いということ〟だけが個性だ。
〜 平日は日本酒、週末はシャン、毎日「本日の1曲♪」、合間にお菓子 (主に安煎餅) &女優評、超時々メガネ警察〜

◤本日の1曲♪【NY BOOGIE DISCO】Curtis Hairston - Summertime (1983)  

genre tag:RETRO DISCO, SOUL/FUNK, '80s MODERN SOUL

music_ny1.jpg

 ▼CLICKでDATA表示
▪︎ちょっと脇道。つうかなんすかコレ!? つい1週間くらい前に知ったよ (笑) 。基本のオケをそのまま使い回した、昨日紹介した「High Frequency - Summertime」のカバーです。しかもCurtis Hairstonがカバーするとかマニアック過ぎる。なんでこのタイミングでこの曲をカバーしたんだろう。オケも使い回しでミキシングとエフェクト処理が少し違うくらいだし。でも不思議。彼が歌うと途端に'80sダンサー (※ダンサー=歌い込んでるダンスソウル) になるんだよな (笑) 。Curtis Hairstonと言えば「I Want You (All Tonight) 1983」が昔から人気で有名だけど、まさかここでLeroyとつながるとは。 ただ、Discogsのリンク宇宙を放浪すると、Curtis Hairstonは「On the Beat」でお馴染みThe Brooklyn, Bronx & Queens Band (The BBQ Band) の元メンバーで、そこにLuther Vandross SingersFonzi Thorntonや親分のLuther Vandrossもバックコーラスとして参加してるので、ここでLeroyとつながるか。友達の友達は友達理論。











 ▶︎彼が歌うと途端に'80sの表情になる。
 

 ▶︎I Want You (All Tonight) ──Curtis Hairstonと言えばコレ!
 

 ▶︎High Frequency - Summertime (1980)
 

 ▶︎Curtis Hairston──改めて見るとオネエっぽいね。
music_Curtis_Hairston1.jpg

 ▶︎The Fantastic Aleems──兄弟です。
music_aleems1.jpg


RETRO_DISCO FUNK 80s_SOUL

Comment

Add your comment