◤De Sousa / ドゥ・スーザ ブリュット・トラディション NV (Dégorgement/2014/12/15)

11 0



DSCN8611.jpg


 毎度アクセスありがとうございます。


 最近はなんだかんだで月に5〜6本くらいは飲んでるはずなので、そろそろここのカテゴリーや記事も真面目に整理しようカナート思ったりもしますが、あまりに本気を出してやっても「貴重な息抜き」にならなくなるし、ゆくゆくシャンパーニュ・ブログとして注目されても面倒なので──「日本酒」とは違い、センスも才能もないくせにプライドばかりが高いスノッブな輩 (つまりは鼻に付く東京在住の田舎者) が多そうなので──、あくまでも小さく小さく書くようにします。

 さて、土曜に2本同時飲みしてます。別に「味クラーヴェ」そのものが目的ではないのだけれど、夫婦で飲むには1本じゃ足りないし、そもそも「食前の乾杯酒」として接してるわけでもないし、足りない分を日本酒やビールで補うと撃沈するしで──あとは、まともな泡モノ (シャンパーニュ) は泡の落ち着いた2日目の方が白ワイン・パートの出来がよくわかったりするので、2日目を残すために2本開けるという意味もあります。





◤De Sousa / ドゥ・スーザ ブリュット・トラディション NV


De_Sousa.jpg
 ▲画像クリックで販売ページにJUMP!


DSCN8592.jpg
 ▲やや衝撃的な展開。ちゃんと販売ページでアナウンスしろ。そう考えると、安いだけで、フィッチもオレの求めるレベルには全然達してる店じゃねえな。



DSCN8625.jpg まず「やや衝撃的な展開」が何かと言うと、NVのくせにボトリングが2013年の3月4日で、デゴルジュマン (澱引き) されて商品として一応の完成を見たのが2014年の12月15日って、いくらなんでも熟し過ぎだろ (笑) !!!

 フィッチさんよ、さすがにこれは販売ページに書いておけ。もはやセンスよりも善意を疑うわ。もともとNV (ノン・ヴィンテージ) モノのシャンには、蔵で寝てる熟成ワインが秘伝のタレとして混ぜ込まれてるわけさ。だからこそ「リリースされた時が飲み頃なのがNV」という命題が成り立つんだろ? つまり、あまりにNVモノを寝かせてしまうと、この「秘伝のタレ・パート (10年単位の熟成ワイン要素) 」が何をしでかすか分からんわけよ──現段階でオレはそう理解してる。


 立ち香──実は開栓直後は過剰にリッチで二人ではしゃいでたんだけど、飲む頃にはシカーリ出てきました、熟成パート。おがくず? あとはこれ、サンジュリアンさん邸で飲ませてもらった熟成白「クロ・フロリデーヌ・ブラン 2004」なんかに通じる香り。醤油というか硫黄というか樹液というか松ヤニというか。果実だと熟れたパイナップルとかマスカットも感じるんだけど、奥で重油系ミネラルもあって、これが若干ノイジー。

 行け、毒を食らいに!!!──。

 ♡☺♡「おおお、なんか今までに飲んだことない感じ。個性的というか



DSCN8628.jpg



 経験少ないから断定はできないけど、たぶんこれ、完全にピークアウトしてるなあ。さすがにこれは熟れすぎ。ちょっとカラメルっぽい焦げ感ある。これはシャンというより泡付きの熟成白だね。ちょっとまだ諸々の要素が外に向かって張り出してるので、少し落ち着かせた方がいいかな。

 なんというか、単独ヴィンテージのような、旨くないなら旨くないなりの「まとまり」がないので、スゲえゴチャゴチャしてるように感じる。こりゃハズレを掴まされたな。フィッチもその程度の店か。それともオレの舌がオコチャマなのか!?



DSCN8644.jpg


 温度が上がって来ると徐々に落ち着いて熟成白ワインとして飲めるようになるけど、あまりシャンパーニュを飲んでる感じはしないかなあ。そして、液体として過剰に濃ゆいです。これを「リッチ」と呼ぶならオレは特に否定はいないけど、まるで田舎の成金社長みたいなリッチさね。ALC.が12.5度と少し高めなので、それもあるのかもしれない。

 途中、交互に「ヴーヴ・フルニ グラン・レゼルヴ ブリュット プルミエ・クリュ NV」も同時に飲んでるけど、moukan1973♀も♡☺♡「酸っぱい方をオカワリ!」と言ってるよ (笑) 。ただこれ、ピノ・ノワール40%、ピノ・ムニエ10%、シャルドネ50%の混醸タイプだけど、酸は強烈に足りてます。しかしどうなんだろうね。おそらく造り手が目指した本来的な味わいではないと思うな。

 その後、ブレンドして飲んだけど、そうした方が旨い。白ワインとしてスゲえ濃いけどな (笑) 。






 我が家のミイラを紹介します!
DSCN8657.jpg
 ▲途中まで顔も赤くならず、♡☺♡「シャンは撃沈しないなあ」などと言ってたくせに結局ミイラになるmoukan1973♀。22時頃からミイラになってゾンビとして起き上がったのは朝の4時半だそう。ちなみにオレが諸々を仕掛けても全く気づかなかったそう。





── 2日目。

DSCN8661.jpg



 ヴーヴ・フルニの残りをブレンドしたけど、比率はドゥ・スーザの方が多かったので、ほとんどこっちの味わいです。昨日よりも熟味が派手に出てます。熟成ワインとしてこれがどういう次元なのかはオレには分からんけど、今の我々がこれを求めて高い金を出す気はサラサラないですね。moukan1973♀は♡☺♡「旨い!」と言ってるけど、単に彼女にとってシャンは完全にアンビエントな世界観の一部です──つまり「気分&雰囲気」重視の世界。

 ドゥ・スーザの正規品は少し高いので再飲するには勇気がいるけど、NVでここまで熟したモノを掴まされる機会はそう多くはないと思うし、当たりに行けばそれなりには面白い発見もあるのかなあ。いずれにせよ、買う時には必ずデゴルジュマン時期を確認するけど。


moukan1972♂moukan1973






ページトップ