もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録

「太陽目線法」を伝授します。
〜 日本酒の家呑みレポート&本日の1曲、時々メガネ警察〜

◤MONTHLY REPORT - 2016/3 (日本酒:而今, 射美, 仙禽, 結, 貴, 百春, 日輪田, 町田酒造, etc.)  



MONTHLY REPORT ── 2016年3月に呑んだ日本酒のまとめ

▪︎2016/3月 (合計20本=1升瓶×7本、4合瓶×10本、その他×3本)


Moukan's tag:




画像CLICKで該当記事にJUMP

冩樂

 冩樂

貴

 貴

百春

 百春

志太泉

 志太泉

結

 結



仙禽

 仙禽

鶴齢

 鶴齢

町田酒造

 町田酒造

群馬泉

 群馬泉

裏ちえびじん

 裏ちえびじん



謙信

 謙信

奥能登の白菊

 奥能登の白菊

而今

 而今

紀土

 紀土

根知男山

 根知男山



射美

 射美

たかちよ

 たかちよ

蒼空

 蒼空

日輪田

 日輪田

たかちよ

 たかちよ




ARTICLE ON SAKE
 ◎=Highly Recommended ◯=Recommended △=Not Recommended

【057】 冩樂 純米吟醸 播州山田錦 生酒 27BY <福島>
【058】◯貴 純米吟醸 八反錦 無濾過生原酒 27BY <山口>
【059】◯百春 特別純米 直汲み 無濾過生原酒 五百万石 27BY <岐阜>
【060】 志太泉 Shida Cidre 純米発泡生酒 山田錦60 27BY <静岡>
【061】◯結 純米吟醸 備前雄町 亀口直汲み 27BY <茨城>
【062】◯仙禽 モダン仙禽 山田錦 無濾過生原酒 27BY <栃木>
【063】 鶴齢 特別純米55 美山錦 無濾過生原酒 27BY <新潟>
【064】◯町田酒造 限定直汲み 純米吟醸55 山田錦 27BY <群馬>
【065】◯群馬泉 ほしとたきびCUP 山廃本醸造 <群馬>
【066】 裏ちえびじん 純米吟醸 無濾過生原酒 山田錦60 27BY <大分>
【067】◯謙信 純米吟醸 無濾過生原酒 越淡麗 27BY <新潟>
【068】◯奥能登の白菊 純米吟醸 無濾過生原酒 そのまんま 27BY <石川>
【069】△ 而今 純米吟醸 千本錦 無濾過生 27BY <三重>
【070】 紀土 純米CUP 27BY <和歌山>
【071】 根知男山 プレミアム雪見酒 しぼりたて 純米吟醸 生酒 27BY <新潟>
【072】 射美 純米吟醸 槽場無濾過生原酒 27BY <岐阜>
【073】 豊醇無盡 たかちよ 桃 Kasumi 無調整生原酒 27BY <新潟>
【074】 蒼空 純米吟醸 山田錦 26BY <京都>
【075】◯日輪田 山廃純米 雄町 生原酒 27BY <宮城>
【076】 豊醇無盡 たかちよ 純米大吟醸 中取り生原酒 26BY <新潟>




MONTHLY REPORT - 2016/3

 毎度です。今月も頭の疲れる記事を辛抱強く読んでくれてありがとうございます。実は今は2016年の5月3日。いろいろ整理してきたブログも、あとはこのMONTHLY REPORTで一応のケリが付きます。すでに少し前の記事なので、記憶の鮮度は日に日に落ちてはいますが、なんとか思い出して書いてみます。です・ます調、解除するぞ。


senkin_yamada_nama1.jpg 今月は◎が出なかった。ちょい淋しい。旨いと分かってる酒を当てに行ってもいいんだけど、それなりに自分なりの新規開拓もしなくちゃならんので、そこはバランスで。

 さて、どこからどうやって書くかな。とりあえず順番とかあまり気にしないで適当にスパスパ書いていくか。

 冩樂/山田錦は◯でもいい出来だけど、個人的には火入れの方が凝縮感があって芳醇に感じたので無冠扱い。仙禽/山田錦は26BYは◎。27BYにおける新たなチャレンジ姿勢にも敬意を払いたいが、なにせ最初の一口目が一番旨い酒だった。それだけ繊細で危うい酒質なんだとは思うが。結も旨かったけど、同じ亀口なら山田錦の方がイイ出来だし、雄町も純米スペックの方が甘みが弾けてた。町田酒造も分かりやすく旨いけど、もう少し酸の立った凝縮感が出てくるとトンドモナイ酒になると思う。少し足腰がフラつく時がある気もする、旨いけど。


okunoto_siragiku_jungin_sonomanma3.jpg 意外に旨かったのは、季節柄、群馬泉の山廃本醸造。「気取らずに呑めるオヤジの晩酌酒」というタッチだが、僕ちゃん、これでも歴としたオヤジなのよ (笑) 。百春は五百万石だと少し整理された大人しい味わいになってしまってた。雄山錦の方がキャラが立ってた。

 奥能登の白菊/そのまんまは、相対的に3月の酒の中では、その味わいにキラリと個性の光る1本となった。この甘さは他のどの酒にも似てない独自のもの。癒された。謙信もそれなりにはこなれてたかな。これでガス強めでもう少し甘かったら◎になってたかも。たかちよ/純大も悪くはないけど、フラッグシップとしての風格に少し欠けるような。


hiwata_omachi65_nama1.jpg この中ではやはり日輪田/雄町のバランス感覚が際立ってた。寝かせても楽しそうな酒だ。まだ売ってるんだよな、どうしよう。而今はイヤな苦みがノイズで全体に少し水っぽかった。裏ちえびじんは焚き火の隣で呑んでるみたいな、ちょっと気になる木香がある。生酒だから酒未来よりは飲みやすかったけど、これは要らない香り。

 貴は4本セットの頒布会の酒で、他の3本との比較で◯を付けたが、チャレンジタンクだし、全量八反錦の酒として、まだまだ今後の伸びしろやマイナーチェンジへの期待も込めて。でもまあ、立食パーティーで洋食系のケータリングの横にドドンとこれが置いてあってワイングラスで飲めば、きっとワインワインうるさいくせにワインについて何も語れないし説明もできない女どもが「コレ美味しい〜」と言うとは思う、かな。

 以上です。


moukan1972♂






日本酒

Comment

Add your comment