もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録

「太陽目線法」を伝授します。
〜 日本酒の家呑みレポート&本日の1曲、時々メガネ警察〜

◤本日の1曲♪【NY BOOGIE DISCO】Dazzle - All (1979) #Leroy Burgess/Jocelyn Brown 

genre tag:RETRO DISCO

music_ny1.jpg

 ▼CLICKでDATA表示
▪︎本日も「Leroy Burgess特集」です。そして'70sのおさらいは今日まで。Dazzleは1979年にアルバム1枚とシングル1曲を残してるだけの一発プロジェクト (Patrick Adams, Leroy Burgess, Stan Lucasが核) だけど、さしずめ「裏Inner LIfe」と言ったところか。ただし、サウンドメイクは明らかに売れ線を意識してます──だけどこれで売れるワキャない (笑) 。他に大好きな曲が1つあるけど、ここでは'80sの息吹をビンビンに感じさせる、かの黄金トリオ (Leroy Burgess, James Calloway, Sonny T. Davenport) が全面的に主導権を握った快作「All」をご紹介。しかしボーカルのJocelyn Brown (Jocelyn Shaw名義) の声が若い (笑) 。

▪︎ストリングスのアレンジは親分Patrick Adamsが手掛けてるけど、あまりやる気もないようで──この頃は全盛期の小室哲哉並みに異常なハイペースで作品をリリースしていたので時間もなかったんでしょう──、なんと2番のAメロからは、あまりにも有名なストリングス・パート「The Trammps - The Night The Lights Went Out (3分28秒〜) 」をまんまパクってます (笑) 。左のイヤフォンからスクラッチのようなヒコヒコと何かを引っ掻いたような音が聴こえるけど、これなんだろう。何かの民族楽器なのかな。窓の空拭きみたいな音 (笑) 。オモロイ。












 ▶︎※ド頭に一瞬不快なノイズが入るのでイヤフォン組は要注意
 

 ▶︎Lay It On The Line (Album Version) ──↑が進化&洗練の道を辿ると↓こうなる。
 

 ▶︎ありがちな無駄エロ路線 (笑) 。
music_dazzle1.jpg

 ▶︎Lead VocalのJocelyn Brown
music_Jocelyn_Brown1.jpg

 ▶︎Leroy Burgess
music_Leroy_Burgess1.jpg


RETRO_DISCO

Comment

Add your comment