もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録

 その吟醸、720mlが840円ナリ。
〜 日本酒の家呑みレポ&本日の1曲、安センベイ評、時々メガネ警察〜

◤众 -gin- 山廃 純米 生原酒 仕込み28号 2本目 28BY ── dಠಠb「草度は生酛より低め、ちゃんと酸っぱいが果実味はない、いい意味でその世界で泳ぐことに心地よさ、楽しさを感じる、いわば素直な観測者 (鑑賞者) になれる」#Unique 



検索ワード:



gin_yamahai_nama28by3.jpg 前回の「生酛 純米 生原酒 仕込13号 1本目 28BY」がニャカニャカ (なかなか) のインパクトを残した (ぎん) の山廃ヴァージョンです。「あべ」しかり、この手の風変わりな味わいの銘柄はスペックが変わったくらいで急なキャラ変を起こしたりはしないとは思うけど、众だし山廃だし、今オレが当たりに行く酒でこれくらい条件の揃ってるモノはないということで、ちょうど「百春」を買う用事があったので、岐阜の「サンテック」という酒屋で同梱した次第──ここ、なかなかマニアックな品揃えなので近所にあったら絶対に通う。


gin_yamahai_nama28by5.jpg DE、この店、おそらく一定以上の本数を買うと試飲サンプルを同封してくれるみたいなんだけど、これがコンディション謎でどれも旨くないので購入に対しては逆効果なものの、なぜか胸を打たれるし、また買おうという気にさせる不思議な店。メールのレスも酒屋史上最速レベルで早いし、なかなか几帳面な性格の店主らしいが、梱包も〝しつこめ〟なので酒を取り出すのに少しイラっとした (笑) 。

 使用米は「兵庫県産 山田錦100%」で磨きは生酛と共通の70。しかし「生酛」のラベルには「五百万石」と書かないくせに「山田錦」だと書くんかい。まあいいや、とりあえず飲んでみますわ──もう驚いたりはしないぜ──☆5以上が点灯しない限り。

 ちなみに「2本目」というのは「2ndロット (同じ商品の別仕込み) 」という意味です。こういうの、わかりやすくていいね。





gin_yamahai_nama28by1.jpg
 ▲個人的に別に心惹かれないが、客寄せです。

 ▼なぜなら川井郁子の鼻の穴を想起させるから、どうしても笑ってしまう。この真似をオレがするとmoukan1973♀が腹を抱えて笑う。


 ▼年取ると、たぶん↑こうなる。
gin_yamahai_nama28by2.jpg
 bottle size:720ml




SAKE GRADE:☆☆☆☆

【376】众 -ぎん- 山廃 純米 生原酒 仕込み28号 2本目 28BY <愛知>

合資会社 柴田酒造場:http://www.kounotsukasa.co.jp


Moukan's tag:



 その前にお土産で買った高級ブドウジュースを飲む。
gin_yamahai_nama28by4.jpg
 ▲口の中に味と香りが残るとアレなので、酒を飲む1時間くらい前に。



 諏訪湖沿いにある「くらすわ」という、養命酒がプロデュースする、クワナリ都会オリエンテッドなオサレSHOPで、おそらくどの商品も、オレの言うところの食べる前が一番旨い系

 どうせ二度と買わないから販売元とかちゃんとメモしなかったけど、500mlで900円くらい。この手の高級ジュースを自分で買って飲むのは初めてだけど、まあ旨いです (笑) 。なんというか、ちゃんと渋みがあるので、酔わない甘めの国産ワインみたい。濃さで言えば3,000円クラスのワイン並じゃない? ガブガブ飲むというよりは、ワインを飲むみたいに一口ずつ味わうジュース。たとえばホームパーティーに酒を飲めない可哀想な友人が来るのなら、これくらい黙って用意しとけば感動されちゃうレベルではある──酒だと嘘ついて飲ませたらプラシーボ効果で酔うかもしれない (笑) 。決して自分では買わないが、誰かにもらって困る人はいないジュースだと思います。☆4.5です。もう少し果実的な酸が出てれば☆5です。やや甘渋な方向性。






◤三幸製菓「忍たま乱太郎ソフトせんべい カレー味」──早く酒の記事を書け。
gin_yamahai_nama28by7.jpg
 ▲三幸製菓「忍たま乱太郎ソフトせんべい カレー味」は☆4。再び袋が無駄にデカい。あと三幸製菓の袋は密閉性に「やや難アリ」なので、特にこの時期は「賞味期限」は全く参考にならない。買ったらすぐに食べるのが鉄則。DE、味だけど、うちに子供はいないが、まるで大人が──ピクニックとか休日の昼間の公園で──子供の味覚に付き合って食べさせられて「意外に旨いな」と思うニュアンスだが、左手に缶ビールがあれば不意に小さな幸福に出会ってしまうかもしれない。とはいえ、ほんのり優しくスパイシーなので、対象年齢は6歳以上から (当然このオレもバッチリ6歳以上) 。一瞬だけ蕎麦屋の青い鳥が横切るが、原料に魚介パウダーなどは入ってないようだ。カレー味の煎餅はなぜか重いモノが多いが、そこは三幸ライクな軽さ。あまり売ってない。







gin_yamahai_nama28by6.jpg 立ち香──。

 今、結構な量の下書きが全部消えちゃったよ──写真は残ってるけど意味ない。そこそこオモロイこと書いてたような気もするけど、下書きの段階ではとにかく反射神経だけで書いてるので、こうして消えてしまうと、基本的に何も思い出せないんだよな。まさに文芸的JAZZ状態 (笑) 。

 POMERA、なんか調子ワリーんだよな、最近。修理に出すと「その間どうすんだ問題」があるから困る。金に物言わせて新しいの買うかな。

 もういいや、適当で──これは文芸の神がオレに少し休めと言ってるのだろう。

 すでに総評になるけど、まず、基本的な方向性は「生酛」と同じ。「永田製飴 バター飴」みたいな牛乳感があるけど、なんというか、どちらかと言うと牛乳成分の中の「酸」と「苦」にフォーカスしてるし、お花畑は皆無だから別に問題なく飲める。

 相変わらずストレンジな表情の酒。分かりやすい酸っぱみは「山廃」の方がバッチリある。でも果実味はないという。旨みはペターンとしてるけど、それは元からなので、上から潰すような──果実的酸が強烈な「木戸泉 白玉香 山廃純米 無濾過生原酒 27BY」のような暴力的かつ重戦車級のプレス感はない。超軟水らしくツルピカな液性だけど、そこに風変わりな模様の生地が纏うイメージ。これ、なんだろうなあ。「甘草苦い」という方向性は「生酛」と同じだけだけど、「山廃」の方が酸のコアを探しやすのと、草っぽさも「生酛」ほどではない。だからこっちはハーブキャンディーっぽくはない。



 



gin_yamahai_nama28by8.jpg 徐々に果実的な酸を捕まえることもできるようになってきた。それでもオレはね、この酒を無表情と無関心で通り過ぎることができないんだよな。もしも違う機会にこれと似たような別の銘柄の酒に出会ったとしても「なにこれ、まるで众じゃん!」と言いながら笑顔になる自信はあるんだよ。そういう意味では十全とアトラクティヴな酒なんだよ。

 なんだかんだで「生酛」よりはキャッチーだとは思う。面白いよ。「旨い」とか「不味い」とか「好き」とか「嫌い」とか、そういう二項対立の中でアレコレ語るような酒ではなく、飲むことそれ自体が掛け替えのない体験になるし、そして、この体験はアナタの日本酒ライフにとって決して失敗や無駄にはならない。これだけ似たような酒ばかり溢れかえるイマドキの地酒シーンにおいて、「あべ」同様、酒としての完成度は抜きにして、こうしたユニークネスを体現できること自体、とても素敵なことだと思うんだよな。

gin_yamahai_nama28by9.jpg まあ、現実世界のユニーク人間はいろいろ面倒で疲れたりもするけど──オレのこと!? まさか!!──、酒だしさ、別に旨くなくても大したことないっしょ。どーでもいい速醸チャンチャン酒を買って飲んで「だから??」と思うよりは、これ飲んで「ナニコレ!?」と感じた方が、長い目で見れば得だとは思うね。

 最近なに飲んでも退屈だなーとか思ってる人は気まぐれ起こして飲んでみれば? 楽しいと思うよ。変だから (笑) 。

 最後にワイングラスで──。


かわいいゴルゴ13 苦い──苦いけど、これがなきゃ牛乳ファイヤーで飲めなくなるから、この苦みはこの酒にとっては必要苦 (ひつようにが) な属性だと思う。ペタンコ・ジューシイなルックもあるよ。ワイングラスの方がミネラル感が割り増しになるね。ツルピカ度は下がるけど。

 なんだかんだで軽いのかな。ALC.17度ですでに2合弱飲んでるけど、あんま酔わねえな。もうちょい人懐こい蜂蜜感があれば一気に楽しい酒になるんだけど、なんだろうなあ、カワイイ絵柄のハードボイルド漫画みたい。

gin_yamahai_nama28by10.jpg 賛否があるのは承知の上で、オレはやはりこの酒に☆4を付けてしまうんだな。おそらくこれはこういう酒だと思うし、☆4に満たない酒と何が一番違うかと言うと、それはオレ自身がこの酒の流儀に従うことを厭わないということなんだよ。いい意味でその世界で泳ぐことに心地よさ、楽しさを感じるんだな。いわば素直な観測者 (鑑賞者) になれるんだよ。受け身で (鑑賞者として) 楽しませてもらってる以上、☆4は与えておくべきではあるだろう。

 それにしても不可解にミルキーで、横暴に苦くて、それでいて渋み豊かに酸っぱくて果実味はなくて、それでも何かの瞬間にジューシイに感じる、そういう変な酒です。





 1973チャレンジ!
gin_yamahai_nama28by11.jpg
 ▲そろそろこっちの暴走が始まるのか?



 ♡☺♡「嫌いじゃない香り。草。ドライ臭、プンプン。少し甘そうだけど」──いただきます──「あ、結構濃いねえ。いや、これは・・・ALC.何パー? 強うそうな気がするんだけど。酔わせる気か? 割と最後苦いのが残る。嫌いじゃないです、この草感は。☆4

 ☆4の酒はどこか虚心で「へえそうなんだあ」という気にさせてくれるんだよ。こっちがもてなされ、引っ張られてる感じ。「生酛」に比べりゃ「草度」は低めだと思うけどな。

 もう残ってないから2日目はない。さっき空き瓶の香りを嗅いだら少しトロピカルな酸味を感じたんだよな。2日目はフルーティーになる可能性も。☆4です。


moukan1972♂






日本酒 山廃 生酛

Comment

Add your comment