◤黒澤 - 生酛 純米80 うすにごり生 963 80 (クロサワハマル) 28BY ── dಠಠb「場面場面ではラブリーなシーンもあったけど観終わればツライ話だった映画みたい」#Shuwa-Shuwa, Nigori 




 すでに今年5本目の黒澤 (くろさわ) です。日曜に『第4回・味クラーヴェ大会』の中で呑んでるので、初日の感想はコチラをご覧下さい。

kurosawa80nama28by3.jpg 出荷が2016年の12月だし、商品属性的にも新酒の第一弾っぽい気もするけど、詳細は知りません。ちょっと変な酒屋で買ったんだんだけど──別に詐欺とか転売屋とかそういうのではない──、店主とのマジカルなやり取りはコチラをご覧いただくとして、徐々に〝ある一つの懸念〟が現実のモノになろうとしていることだけは正直に書いておこう──結局、Type-7が一番旨いで終わるんじゃね?──これって27BYの萩の鶴とスゲえ被るんですけど (笑) 。

 よく見りゃ「ALC.15度」なので加水なのかな。飲んでて少なくともここにおいて薄いとか軽いとかは感じなかったな。別に普通に酔うよ (笑) 。酵母は「901」と書いてる酒屋もあるけど、ラベルには書いてない。ちなみに「963 80」は「クロサワ ハマル」と読むようです。




kurosawa80nama28by1.jpg

kurosawa80nama28by2.jpg
 bottle size:720ml




SAKE GRADE:☆☆☆½

【373】黒澤 -くろさわ- 生酛 純米80 うすにごり生 963 80 (クロサワハマル) 28BY <長野>

黒澤酒造 株式会社:http://www.kurosawa.biz


Moukan's tag:




── 2日目。※初日の感想はコチラ

kurosawa80nama28by4.jpg
 ▲当ブログのメドベージェワ (メドベデワ) 初登場は2016/4/4です。



kurosawa80nama28by5.jpg 立ち香──今日も香りは完璧なんだよね (笑) 。高密度にコンプレッションされた乳酸フレイヴァーが力強く浮き上がる中には一廉のエレガンスすらある。少なくとも香りには甘さの先読みがあるんだけど、

 それでも含むと──。

 うーん、ジュースがイマイチ。もうちょい、もう一声、キャッチーに弾けようよ。すごくクリアな液性で五味の見晴らしは抜群だけど、逆に4K映像で女優の肌のシワが露わに──みたいな (笑) 。味そのものが薄いんじゃなくて、液の彩度が低い感じ、わかる? もう少し五味の数値が外に張り出してほしい。なんかモノトーンなんだよな。まるで白黒映像の夏の青空みたいだよ。それが夏で青空であることはわかるけど、官能としては夏でも青空でもないという。惜しい。これは☆4にはリーチしない。


kurosawa80nama28by6.jpg 撹拌して──。

 惜しい。薄くはないけど薄い。彩度低めの美人ポスター。逆にガス有りの乳酸系の酒って、液性 (キレや骨格等) よりジュース (味と香り) 至上主義で押し切るべきじゃない? 別に酒としての強さだのストラクチャーの堅牢性だのはどうでもいいから、まずはジュースとして美味しくガブガブ飲みたいんだよ。ところが、このニゴリにはそれがない。

 生酛らしい清々しさもあるけど、皮肉な事に、五味に対するその見晴らしの良さが却って細部の欠点を浮き彫りにするという、まさに「知らぬが仏」の真逆「知れば悪魔」というね。うん、この手のジャンルであるなら、たとえ「黒澤」であったとしても、オレですら少しくらいは露骨で人懐こい甘酸っぱさが、もっとほしいと感じる。むしろ、それを「黒澤」でやってほしいと思う。キミならできるはず。そう堅くなるな。ダジャレで遊ぶなら酒で遊べ。





── 3日目。

kurosawa80nama28by7.jpg



 香りは今日も完璧なる日本酒的カルピス。

 一瞬だけ青い鳥に出会うんだけど、すぐに幻だと気づかされる非常に惜しい酒。含んだ瞬間の「おっ?」が1秒しかもたない。よく言えばキレがいい。悪く言えばツレない。ド頭のチャーミングな乳酸感をもう少しだけ長く楽しませてくれ。これじゃなんか、場面場面ではラブリーなシーンもあったけど観終わればツライ話だった映画みたい。

磨き80」という属性についてだけど、これは麹菌の進化による影響も大きいので、「80なのに!」という話はここでは控えておく。80だろうが60だろうが40だろうが、旨ければ何でもいいし、そこはどうでもいい。☆3.5です。この手の商品としては役が足りてない──つまり「日本酒麻雀」における「乳酸シュワシュワ満貫」で上がるためには「チャーミングな甘み」という役が足りてない。 (※読者さんから「役不足」という言葉の使い方について指摘がありました。参考。)


moukan1972♂






日本酒 生酛 山廃 黒澤

Comment

Name - moukan1972♂  

Title - To -さん



これからも「編集・校閲」として影からアシストよろしくです。

僕の文体は読書嫌いの我流なので──大学受験時代の英文の直訳がその起源──、初歩的なレベルでヌケも多く──知識体系が歪です──、こういうサポートは非常に助かります (笑) 。

これからも楽しんでいただけば嬉しいです。「旅行記」は最後までトーンを変えずに完走したいですが、長くなりそうですね。今日はこれから酒を飲むので、もう書かないでしょうね (笑) 。


2017.05.31 Wed 19:17
Edit | Reply |  

Name - -  

Title - 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.05.31 Wed 17:59
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To -さん



はじめまして! ご指摘ありがございます!

実は「マージャンの役」に引っ掛けた洒落なんですけど、紛らわしかったですね (笑) 。確かに僕も正しい用法をそこまで理解 (意識) していませんでした。以降は別の新しい言葉を創って使うようにします。

なにがいいかな。

普通に「役が足りない」がいいのかなあ。「役足らず」。

あ、↑これは独り言ですね (笑) 。


僕自身は「言葉」というものは流動的かつ曖昧で、誤用も文化的な圧力の結果だと考えてる節があるので──そういう風に誤用するような生活習慣や価値観の変遷があり、誤用に至るには人の意識における、それなりの、何らかの集合性があるという意味で。

ですが、ここは公共の場でもあるので、気になる点があれば、今後とも気軽に御指摘よろしくお願い致します。

ありがとうございました。


moukan1972♂

2017.05.31 Wed 17:14
Edit | Reply |  

Name - -  

Title - 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.05.31 Wed 17:01
Edit | Reply |  

Add your comment