◤田光 - 純米吟醸 雄町 無濾過中取り生 28BY ── dಠಠb「タビ子、オマエもか!」 



検索ワード:



 先日の「転入生」の中で「田光 (たびか) は意外にも初呑み」などと書いてましたが、いよいよオレもアタマがヤラれて来たようです。バカ言っちゃいけない。2015年の1月に26BYの新酒を呑んでるよ (笑) 。MEMOも記録もないけど、これは確かな記憶なので間違いないです。買った店もそのとき店主と交わした会話の内容もバッチリ覚えてる。

「正直、新酒だし、味は乗ってないよ。この時期だけのフレッシュさを楽しむ酒。ま、田光はすぐに売れちゃうし、初めて呑むなら別に買ってもいいんじゃない?」──by 之吟マスター。

 純米スペックだったけど使用米は覚えてない──味は割りと覚えてるけど。とにかく青臭く酸っぱくて、なにせ初めての新酒シーズンだったから「新酒ってどんだけ旨いだろう」なんてウブな考えを持っていたけど、ある意味、この「田光」が新酒的な削げた細身の味わいをオレに初めて教えてくれたのかもしれない。一方「鍋島 New Moon 26BY」なんかはイキナリ味わい全開で旨かったから、それも銘柄や酒によるんだなあとか、今となっちゃどうでもいい発見だけど、そういうわけで「田光」を飲むのは2度目でした。

tabika_jungin_omachi_nama28by3.jpg この「田光」は特約店限定ラインで、通常銘柄の「早春」よりも香り華やぐ麗しキャラみたいね。中でもこの「雄町50」はエース級の人気商品らしいので、そこそこ期待──というか、儀助のバカヤロウが呑めたもんじゃなかったから、それとは真逆の路線を狙って同じ日に開けたんだけど、これが不幸な事に全く同じ方向性の味と香りだったという (笑)

 というわけDE、我々夫婦にとってはクワナリ (かなり) どうでもいい酒を2本も連続で引いてしまい、やや意気小珍してますが、もう慣れたし、別に死ぬわけじゃあるまいし、ボロカス書いて「はい次!」というだけなので、あとは好きな人だけで楽しんでネ──という感じです。




tabika_jungin_omachi_nama28by1.jpg
 ▲この酒は2度と買わないが、エアリアルはこれからもタマに買う。


tabika_jungin_omachi_nama28by2.jpg
 bottle size:720ml




SAKE GRADE:☆☆☆½

【371】田光 -たびか- 純米吟醸 雄町 無濾過中取り生 28BY <三重>

合名会社 早川酒造:http://hayakawa-syuzo.com


Moukan's tag:




※「儀助 純米吟醸 山田錦 無濾過生原酒 28BY」と同じ日に緊急登板してます。
tabika_jungin_omachi_nama28by6.jpg



tabika_jungin_omachi_nama28by7.jpg 立ち香──ほとんど同じやん。牛乳&お花畑&アーモンド指数は低いけど、ややトゥワンな唾香 (つばか) も。鼈甲カラーの米の旨みの先読みもあるけど、これが想定外に「儀助」と同じカラーの香りで、正直「タビ子、オマエもか!」という感じ。

 これって、元々こういう酒なの? なんか悪い菌に侵されてるんじゃないの? 今季はこの香りが本当に多い。異常だよ。オレの感じ方が変わったという話もあるけど、いつも言ってる通り、今季のトゥワンな牛乳@お花畑はとにかく渋くて苦くて辛いんだよ。別に好きですよ、26BYや27BYの「秀鳳」とか。これ呑んで渋いとか苦いとか思ったことないもん。

 謎のイタリア人、ドオシテ・クレヨーゾが挑む──

 跳ね返りが凄まじい。こうして並べて呑むと、味も香りもそっくりなんだけど「儀助」には過剰なミネラル感があって、跳ね返りの辛みの余韻も更に長い。☆3同士の味相撲ほど退屈な虚脱感をもたらすものはない。どっちも明白にハズレ。なんか珍しくスゲえイライラするんだけど (笑) 。



 こんな酒飲めるか!
tabika_jungin_omachi_nama28by10.jpg



 あ〜スッキリした。






 1973チャレンジではないが──すでにメールでハズレ報告済み。
tabika_jungin_omachi_nama28by4.jpg



 ♡☺♡「たしかに似てる・・・。でも、どっちか飲まないと殺すと言われたらこっちを選ぶ。わたしたちの感じ方に変化が出てきてると思う。きっとそうだよ。昔ならこれ呑んでも普通に旨いと言ってたと思うもの。これなら『菊鷹』の方が全然呑めるし旨い。これはどっちも呑みたくない。捨てなよ

 立ち香で感じた通り「田光」の方がコアの米の旨みにアクセスできるし、そこで鼈甲カラーな自然の甘みで出会える分だけマシではあるが、それでも旨いと思える瞬間は1秒もない──0.8秒はある。





── 2日目。

tabika_jungin_omachi_nama28by5.jpg
 ▲徐々に信じられないほどの糞ドラマになってきてるけど、moukan1973♀は役の中の東出くんに御執心中 (笑) 。



tabika_jungin_omachi_nama28by9.jpg 立ち香──「儀助」と比べて何がどんなふうにマシなのかを考えるも面倒だけど、まだマシかな。でもホント似てるんだよなあ。特に28BYの而今 (山田錦生、酒未来生) モドキなところなんかソックリ。まあ一応は「田光」の方が若干甘酸のコントラストが明るいカナー程度。

 謎のフランス人、ドシューテ・クレヨンセが挑む──。

 こっちの方がマシだな。所詮は「軟便」と「ゲリ便」くらいの差ではあるけど、moukan1973♀じゃないが、どっちか飲まなきゃ殺すと言われたらオレもこっちを飲むわ。

 あのね。「儀助」の方が粉っぽいミネラル感が強い。跳ね返りも往復ビンタ並。「田光」の方が米由来の甘露な旨み (鼈甲カラーな甘み) に出会える分、まだ清楚なハニカミがある。儀助は殺します (棄てます) 。自分の肝臓は自分で労わるしかない。






 菊鷹 - 山廃 純米吟醸 雄飛 静岡系酵母 無濾過生 26BY
kikutaka_yuuhi_2nen_jukusei18.jpg



 ここで書くのはどうなのという話もあるけど、オレのブログなんだから好きにやらせてもらう。moukan1973♀が「儀助」と「田光」を拒否ったから「菊鷹」が残り少しになっちゃったのは、あまり詳細を語れぬ家庭の事情な。

 菊鷹の4日目──。

 渋くて苦いけど、酸に潰されたソリッドなジューシイ感があるので、まあクソ酒2本よりは飲めるよね。軽くレンジ燗にしてみたけど、RS (れいしゅ) とあまり表情が変わらない──つまり特段の発見はない。そして、この流れで「田光」返しするとスゲえ愛くるしく感じるよ、タビ子が (笑) 。こんなもん、全然旨いとは思わないけど。





── 「田光」の3日目。

tabika_jungin_omachi_nama28by12.jpg



 入り乱れてワリーね。これは後日「六十餘洲 純米吟醸 雄町 生酒 28BY」の記事の中でやりますわ。先に言っておくと、徐々に飲めるようにはなってきたけど、「六十餘洲」と並べるとクソですね。ごめんね、タビカーの皆さん。でも、アナタが旨い酒を知らないだけだから、あまりムキになるなよな。

 初日の開けたては味も香りもクドくて最悪。2日目は「儀助」に助けられた。3日目は、まあ飲める。「而今 純米吟醸 山田錦 無濾過生 28BY」とこれのどっちがいいかと訊かれたらオレは迷わず「田光」を選ぶくらいには飲める。「而今」は吐く。☆3.5でフィニッシュです。


moukan1972♂






日本酒 雄町 田光 早春

Comment

Add your comment