◤儀助 - 純米吟醸 山田錦 無濾過生原酒 28BY ── dಠಠb「正直イヤな予感が不幸な確信に変わるまで1秒もあればオツリが来るほどだけど、それでも人は捜すんだよ、お花畑で果実をさ!」 



検索ワード:



gisuke_jungin_nama28by3.jpg ひとは誰でも、うまざけ捜す、当たり屋のようなもの。こんにちわ、諏訪零士 (すわ れいじ) ことmoukan1972♂です。いわゆる一つの〝同梱チャレンジ酒〟としての儀助 (ぎすけ) です。飲んだことも見た記憶もないですが「豊祝 (ほうしゅく) 」という銘柄を醸している奈良豊澤酒造が27BYより「旨くて透明感ある究極の食中酒を造りたい」という想いからスタートさせたのが、蔵の創業者である「豊澤儀助」の名前を冠した「儀助」ということらしいです。

 スペックは「山田錦55、協会1801号、日本酒度:−0.4、酸度:1.5」の無濾過生原酒と、よく考えればイヤな予感しかしない役が揃ってますが (笑) 、同梱ついでに「お初銘柄でも」というブロガーとしての見栄や虚勢が悪い方向で発揮されてしまいました。だって販売ページに「透明感のあるスタイリッシュな味わいに、上質感のあるしっかりとした酸が効いた味わい」って──別に信じちゃいないけど、売られた喧嘩は買うでしょ──いや、そもそも誰も喧嘩は売ってない。




gisuke_jungin_nama28by1.jpg
 ▲しばらく☆3.5以下の酒はこの扱いで撮影します。


gisuke_jungin_nama28by2.jpg
 bottle size:720ml




SAKE GRADE:☆☆☆

【370】儀助 -ぎすけ- 純米吟醸 山田錦 無濾過生原酒 28BY <奈良>

奈良豊澤酒造 株式会社:http://www.nara-toyosawa.jp


Moukan's tag:




gisuke_jungin_nama28by6.jpg 立ち香──発散度は低いものの「ヤヤモン (ややアーモンドオイル) 」なニュアンス。でも奥から爽やかなフルーティネスを連れてくる (連れてきてほしい) 細っそぉ〜い酸が伸びてきた。ちょっと思い出すのは良くも悪くも「冩樂 山田錦 生酒 28BY」のような、洗濯モノの生乾き系オイルネス@小さな庭の花壇。そしてトゥワンな1801系の唾香 (つばか) も──「唾香」という表現は一般的には存在しないはず (笑) 。

 とまあ、いろいろ抗ってムーンウォーク気味に前進を偽装してますが──正直イヤな予感が不幸な確信に変わるまで1秒もあればオツリが来るほどだけど、それでも人は捜すんだよ、お花畑で果実をさ!

 DE、どこにも果実なんかないわけだけど、それでも呑む──。

 まずは☆3.5──というより、ここで踏みとどまれるかの瀬戸際ライン。いちいち噛み付いても生姜はあるけどショウガナイけど「究極の食中酒」言うには少し重いんじゃない?──重いつうか、安っぽく華やかなイマドキのフローラル吟醸香。しかもこの味と香り、知ってるなあ。なんか随分と懐かしい気もするからブログをやる前の何かの酒だとは思うけど、思い出せるかな。


gisuke_jungin_nama28by7.jpg やや水っぽくエキスフルなお花畑──これ、知ってるな。なんだっけ? 自分の記憶力の不完全さを呪いつつ、面倒だけどSAKE LISTでも見るか。香りだけなら「冩樂 山田錦」だけど。

 あ、思い出した。薄辛い「花邑 雄町 生酒 28BY」じゃん (笑) 。あとは「秀鳳 愛山」のニセモノ。これはmoukan1973♀が吐き出すタイプだな。黙ってチャレンジさせるか。

 これはダメだな。買った酒屋のHPには「グレープフルーツ」というワードも出てくるけど、暇を見つけてフロリダに1ヶ月ほどホームステイした方がいい。なんのことはない、露骨でありきたりな18号系の香りじゃん。感じ方は人それぞれだけど、この人類最大の言語的発明である「人それぞれ」という美しい言い訳に甘えすぎるのはよくない。他のスペックの酒と間違えたんじゃないの?







 なんか薄辛いお花畑なんだよなあ。つうかどんどんアーモンド・オイルな牛乳感が出てきた今は、もはや「甘くない薄い而今酒未来生28BY」という感じ。ここからの巻き返しはないと思うけど、一応、明日の様子を見て、何も変わらないようなら捨てます。






 1973チャレンジではないが──すでにメールでハズレ報告済み。
gisuke_jungin_nama28by4.jpg
 ▲急遽開けた「田光」がこれまた似たような味と香りでまいったぜ。



 ♡☺♡「トゥワーン! 最後がイヤだ。クドイ。重い。最初がケバケバしくて最後は苦い。イヤな余韻が残るね。☆2ですね。おいおいおい、頼むよ。本人たちはどう思ってるの? ヤバイよ、これで『透明感ある究極の食中酒』言ってもらっちゃ」──ま、そこは「目標」とか「夢」の部分なので、これが「透明感ある究極の食中酒」であるとは造った本人も思ってはいないだろうけど、こちとら応援ファンドの出資者じゃねえからな。☆3です

 これを美味しく飲める人は自らの菩薩舌をこれからも大切にして下さい。イヤミではありません。本当にそう思います。オレら夫婦は、もうこんな酒、呑めない。





── 2日目。

gisuke_jungin_nama28by5.jpg
 ▲今のオレもこんな気持ち?



 立ち香──ヤヤモン。つうか、牛乳配達のバイクが角を曲がってこっちに向かって走ってきた──なぜか脇に可愛らしいブーケを抱えて。逃げろ!!!

gisuke_jungin_nama28by8.jpg やや酸化して最初の一口は飲めるようになったけど、結構ギスギスとミネラリー。実は昨日から一緒に呑んでる「田光 純米吟醸 雄町 無濾過中取り生 28BY」よりこっちの方が仕込み水の硬度が高いのかなあ。タマタマ似たような味と香りの酒を同日に開けてしまったけど、比較すると「儀助」の方が液性が硬い。今日は「牛乳@お花畑」というより、花畑の入り口を抜けると地面は泥だらけで苦いし渋いし、それでいて上っ面だけは嘘臭く華やかで、パンツに軽く沁みる程度の微量のミルキーさが却って卑猥というね。全体に水っぽいので、跳ね返りの喉ティンコファイヤーが相対的に割り増し。

 この人たち「食中酒」という概念に関する認識というか明確なプランはあるのだろうか。もしかしてイマドキの「ドッカンファイヤー」を恣意的に軽減化して「スッカラカンファイヤー」にすれば「一丁上がり」とか思ってないよね? 端から見ると「完全に迎合型の酒」だけど、ほら、よくいるじゃない、東京で粋がってる田舎者とかで本人だけが「オレはアイツら (地元の知人/友人) とは違う!」と思ってるヤツ。なので、オレからすれば、この酒は「ドッカンファイヤー」の残骸 (もぬけの殻) にしか思えない。つまり、違うのは程度の差だけで、組 (本質) は同じです

 ま、簡単に言うと、全く旨くない酒です

 つづけて「田光」イキます。こっちの方が米の旨みに鼈甲カラーのポヨみが微かにあるから飲めるカナート期待──じゃなくて、単なる絶望の中での足掻きですね。


moukan1972♂






日本酒 儀助

Comment

Add your comment