◤蒼空 - 純米吟醸 山田錦 ── dಠಠb「正直に言う、1年熟成は成功ではなかった、しかしこれもまた勉強」#Well-Cured 


╰ 【001-074】の記事はfacebook時代のモノを加筆/再構成 (一部キャラ変) して書かれたものです。


 ムワー。(←「おはー」に対抗してみたけど意味わかる?)

 あらめてムワイド (毎度) 。えーと、現在2016年の4月15日 (金) です。ホントは4月1日からシームレスにfacebookから移行したかったんだけど、やはり無理だったか。facebook時代の記事を少しばかし推敲して基本そのまま転載すりゃ数日で作業が終わるだろとか思ってたけど、余裕で2週間以上も予定オーバーしてるスィー。

 若い番号の記事から割と順番に読んでくれた奇特で偉大な読者の方なら一部お気付きかもしれないけど、

 そう、これが噂の【074】の記事なのだ!


sooku_yamada1.jpg 実際には【075】と【076】がfacebook時代の最終回だけど、最後の2つは面倒だからオレが直接登場して書いたので、 ♡☺♡ナリスマシfacebook時代のラスト記事は【074】ということになる

 おお、これでようやくリミッターを解除して書けるぜ。でもまあ、これからの方が長いわけだから、途中でヘバらないように、よりソフィストケイトされた次世代リミッターを徐々に装備して、楽しく気楽に真面目に冗談めかして続けられたらと思ってる。もちろん、ナリスマシ作法は今後もつづくわけだしな! そのうち新キャラとかも途中参戦するかもしれないぜ?

 というわけで、まだまだ細い調整は残ってるんだが、メイン記事がすべて出揃ったところで公開しようと思う。

 さて、蒼空。決して狙ったわけではないものの、結果的に1年も寝てしまった。半年過ぎたあたりから飲むタイミングを見失い、7ヶ月、8ヶ月と過ぎて行くと、逆に今度は「どうせなら1年引っ張るか」という流れになり、そこへちょうど冷蔵庫の4合瓶が若いお酒ばかりになってしまった経緯もあり、ここらで少し時間を稼ぐ意味で、遂に開けるかと、そんな感じ。

 実は蒼空は、通年の純米/美山錦/火入、特別純米/雄町生に次いで3本目。ここのお酒は4合瓶がそもそも展開されておらず、しかもベネチアングラスを使った500mlが720ml並みの割高プライスなので、我が家のように夫婦二人で飲む世帯だと、もう半ば強制的に一升瓶で買うしかないじゃんという話になる。

 純米/美山錦/火入のお燗が少し甘ったるかったから、寝かせればお燗にも対応できるのかなあという経験知もあって、それで山田錦を引っ張ってみたという背景も実はある。さて──。

 ♡☺♡に返します。(←この言い方も今日で最後だ。)



sooku_yamada3.jpg
 bottle size:1800ml




SAKE GRADE:★判定不能★

【074】蒼空 -そうくう- 純米吟醸 山田錦 26BY <京都>

藤岡酒造 株式会社:http://www.sookuu.net


Moukan's tag:




 これからも♡☺♡moukan1973♀は登場しますが、一応こちらの記事がfacebook時代ラストのわたし (?) のものになります。内心では相当にモチベーションを失っていたんですが、なんとか頑張りました (わたしが?) 。

 立ち香は、蒼空らしい優しいフローラル感と、清楚な甘さを伴ったセメダイン系。この、ある意味日本酒特有のセメダイン香は、甘さに振れるとフローラル、酸に振れるとブドウ様、やや刺激のあるアタック感を伴うとバナナ/メロン様にも化けるので、一口で〝セメダイン〟で片付けられない面があるところが悩ましいわけですが、そもそも、誰も好んで接着剤のセメダインを口に入れることはない以上(笑)、その微妙なバランス如何によっては(どの芳香成分に重きを置くかによっては)、フローラルにもフルーツにもなる場合があることは頭に入れておきたいです。


 photo: ぴよあに
ちはや 含みます。

 あ、寝てる感、あるー

 フローラル系セメダイン香の奥底に、あの熟成純米的な枯れた〝いなたい〟フレイヴァーが共存している感じが何ともアンバランスで不思議です (笑) 。蒼空らしい清楚で折り目正しいキレイなラインの酒質の奥底で流れる〝いなたい〟熟感。まるで『ちはやふる』のちはやちゃんが、美人ちゃんなのにスカートの下ジャージみたいなアンバランス感とでも言いましょうか。

 ま、悪くはないし、全体にはキレイなお酒なので、酒質そのものに不満はないんですが、これだったら通年の美山錦で十分かなという気もします。山田錦の純吟にグレードアップしたところで、値段以上の変化はあまりないというか、ほとんど記憶の中の美山錦と変わらない感じです。もうちょい分かりやすく山田錦の純吟を舌で感じたかったんですが、あまり米違いの個性はないかなー。

 明日はお燗にしてみます。




── 2日目。


sooku_yamada2.jpg dಠಠb オレがCUT-INするぞ。お燗はあまり旨くない。冷めてくると一気に甘ったるくなる。熟成部分の〝いなたい米感〟もさして膨らまず、味のプロポーションは意外に貧相。見た目はキレイなのに脱ぐとガッカリする美人みたいだ。

 ここの蔵は基本冷酒かな。酒質もヤワで細いので、初日が一番旨いタイプ。誰かに御馳走になった粋な和食屋でベネチアングラスの500mlが冷酒で出てきたら、「あ、ナニコレ旨い!」となることだけは容易に想像できるが、割高の500mlを喜んで買うほどの酒でもないので、家呑みはたぶんこれで卒業。以前、愛山は珍しく外で飲んだけど、やっぱり蒼空な、このフレイヴァー。瑞々しくて美しいんだけど、凡庸な美人よろしく、3日──もとい3口で飽きるかな。




── 3日目。


 dಠಠb 引き続きオレがCUT-INするぞ。冷酒で。初日より味のプロポーションはよくない。酸化が進んだ分、熟感の中の甘さが相対的に後退して、良く言えば複雑味、悪く言えば雑味が出てきた。ちょっとクセのある熟成酒の冷酒として珍垂ら (ちんたら) 飲むには悪くはないが、飲んで旨いを連発するほどじゃない。なにせ高いんでね。いろいろ求める要素は増えるわけで、買ってすぐ飲まなかったオレが悪いんだけど、寝てない状態を飲んでみたかったとは特に思わないかな。

 むしろ蒼空みたいな酒を1年引っ張るとどうなるかが知れたことの方が味うんぬんより収穫だった。十四代とかじゃ怖くてできないもの (笑) 。

 最後に蒼空の名誉のために言っておくと、呑んだ中では特純/雄町60生が一番良かった。純米/美山錦/火入にしても、あまりアリエール話じゃないけど、外食した先の和食割烹とかで他に飲むものがなかったら迷わず頼むレベルには美味しい。美人を「ブス!」とアマノジャクに罵倒するほどオレは捻くれちゃいないぜ。念の為。


moukan1973moukan1972♂


蒼空 日本酒

Comment

Add your comment