もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録

 チャリは寒いけど (逆に汗が冷えてスースー) 、お燗用の1800mlを買って来た。これでしばらくは安心。その店、去年から〝あの銘柄〟を扱うようになったのでオレにとっては更に便利。他に気になったのは「諏訪泉 阿波山田錦 Vintage 2015」とか、もはや「生酒コーナー」なんか見向きもしなかったよ (笑) 。
〜 たぶん年ベースだと余裕で250本以上の酒瓶を空にし、記事の比重は徐々にワインが日本酒を侵食、週末には必ずシャン、なるべく毎日「本日の1曲♪」、合間にお菓子 (主に安煎餅) &女優評 (ほぼ「浜辺美波」関連) 、超時々メガネ警察、特に悪気はないが冗談は常にキツめ 〜

◤本日の1曲♪【JAZZ HOUSE】Coldcut feat. Lisa Stansfield - People Hold On (New Jersey Jazz Mix/1989) #Blaze 

genre tag:DEEP HOUSE, JAZZY VIBE
 ▼CLICKでDATA表示
▪︎ちょっと前に紹介した「Gerideau - Take A Stand For Love (Blaze Remix) 」における音楽的意匠のプロトタイプ──つまり「中期BLAZE」の芽はすでにこの時期に顔を出していたし、その完成度もほぼMAXに近いクオリティでしょう。Coldcutに限らず、Massive AttackBeats Internationalなどの、いわゆるUK ROCKとの親和性の高いタイプの──つまり普段はNew WaveやUK Rockを聴いてる連中が時代の最先端サウンドとして飛び付いて「ウヒョぉー!」と騒ぐようなジャンルには昔から全く興味がなく、好きでもないし得意でもないけれど、あくまでも〝ヴァージョン至上主義〟のHouseリスナーのオレなので、当然、これに関してもBlazeのリミックスにしか用はないというわけ。当然、Coldcutのアルバムなんか聴いたこともない。比べればどちらが音楽的に上かは説明するまでもない。











 ▶︎Blaze Remix──洗練の極み。
 

 ▶︎Original──垢抜けない。リサスタの招聘はナイスだけど。
 

 ▶︎Coldcut (左=Jonathan More、右=Matt Black)
music_Coldcut1.jpg
 photo: The Independent

 ▶︎Lisa Stansfield
music_lisa_stansfield1.jpg

 ▶︎BLAZE (左=Josh Milan、右=Kevin Hedge)
music_blaze2.jpg


DEEP_HOUSE JAZZY_VIBE

Comment

Add your comment