もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録

 日曜に高いワイングラスを1つ割ってしまったので、前から欲しかった「REIDEL - Sommeliersシリーズ (シャルドネ) 」の創業260周年記念バリューパック (2脚で1脚分の値段=特製ケース無し) を買った。ついでに〝脚無し〟の「Oシリーズ (ピノ・ノワール) 」を買ってみたら、金魚は無理でもメダカなら何とか飼えるデカさだった。実は「Sommeliers」より「Superleggero」の方がリム (口) も薄くステム (脚) も細くて長いんだけど、安定感 (重さは似たようなもん) は「Sommeliers」の方がある。「Superleggero」はスタイリッシュでカッコイイし飲み口もスムースだけど、扱いが・・・。ハンドメイドが怖い人は「Veritasシリーズ」が4,950円なので割っても涙はギリこぼれない。日本酒用に「リースリング」か「シャルドネ」が1つあると便利──な時もある。ただ、ハンドメイドとマシンメイドとでは、重さがじぇんじぇん違うのと、体感上の精米歩合も変わります。
〜 たぶん年ベースだと余裕で250本以上の酒瓶を空にし、記事の比重は徐々にワインが日本酒を侵食、週末には必ずシャン、なるべく毎日「本日の1曲♪」、合間にお菓子 (主に安煎餅) &女優評 (ほぼ「浜辺美波」関連) 、超時々メガネ警察、特に悪気はないが冗談は常にキツめ 〜

ტ Hello ! ── 2016/4/15より日本酒ブログ始めました! よろしくお願い致します! 





DSCN0382.jpg


ტ ご挨拶 ── 2016/4/15より日本酒ブログ始めました! よろしくお願い致します!

▪︎少し堅苦しいけど、正しく真面目に書いてみたぜ。


Moukan's tag:




 はじめまして。2016/4/15より、主に日本酒についてのブログをはじめることになりました、moukan1972♂ (=dಠಠb) です。既に80以上の記事が更新済みですが、元々は妻 (moukan1973♀=♡☺♡) のfacebook上で試験運転をしていましたので、ブログを始める前の記事も、加筆/再構成してこちらに掲載しています。facebook上では100%ゴーストライティングで妻にナリスマシて書いていましたので、所々、故意に文章レベルを落として書いているところもあります。

 いわゆる昭和の日本酒トラウマ世代──学生時代に居酒屋で安酒をガブ飲みして翌日地獄の二日酔い→もう二度と日本酒なんか飲むものか!──ですが、ひょんな経緯から、2014年 (25BY) の7月より、まんまと日本酒にハマってしまいました。近所の特約店で正価で買って来たものを家で呑むのが主な消費スタイルです。外呑みは家呑み100に対して1もないです。まだまだ現時点で本格的な日本酒参戦歴1年9ヶ月の初心者ですが、そろそろ最初の方に飲んだ酒の味を思い出せなくなってきたので、備忘録という体裁でブログを書くことにしました。ネットから本気で情報発信するのは個人的に約10年ぶりなので、まだまだ調子はアガってきませんが、そのうち本人にしか判らないレベルの小さな奇跡を数々と起こしてイキますので、どうぞよろしくお願い致します。

 妻のmoukan1973♀と共同執筆という形になりますが、彼女宛に寄せられるかもしれないコメントへの彼女本人による返信以外、〝一字一句たりとも〟彼女が文章を書くことはありません。moukan1973♀署名のすべてのは記事は、お酒のタイプや食事の際に夫婦で交わした会話などを元に、彼女の言葉や感想を再編成/再構築/加筆/修辞的エフェクト処理を施した上で、moukan1973♀という女性目線からmoukan1972♂が〝女性になりすまして〟書いていますので、ご注意ください。

 というわけで、

──当ブログはあくまでも夫婦による日本酒備忘録という体裁を固持します。

 我々の情報 (記事) が誰かの役に立つことは嬉しいし名誉なことですが、基本的には自分たちの記憶整理のために書きます。ゆえに、人気銘柄や実力蔵のお酒を、ビンテージ (BY) 単位で「 (大いに問題あり) 」 や「☆☆ (やや問題あり) 」に振り分けることも厭わない姿勢を貫きますが、これは単に当該ビンテージや、通年商品であれば、ピンポイントに何年の年月出荷分に対して与えた評価に過ぎませんので、その銘柄や蔵元全体を頭ごなしに否定するものでは決してありません。この件に関しては、どうぞ御理解いただけたらと思います。ま、単に我が家レベルの感想として、

──「◯◯BYの△月出荷分の□□はハズレだったよな〜

という程度の意味でしかありませんので、論争を巻き起こす意図は皆無でございます。論争を引き起こしたい時は、キチンと喧嘩腰で書きますので、それらについては、忌憚のない御意見をいただけたらと思います。

 ちょっと堅苦しい挨拶になってしまいましたが、楽しみは本番に取っておくタイプですので、今日はこのへんで失礼いたします。基本的には〝面白ければなんでもいい〟というスタンスがmoukan1972♂の文章作成モチベーションですので、感性の合う人も合わない人も、徐々に魅惑のエクリチュールの大海へといざなってイキますヨ。

moukan1972♂







Comment

Add your comment