◤冩樂 - 純米吟醸 赤磐雄町 生酒 28BY ── dಠಠb「少なくとも25BY以降のシャラオマ (純吟) の中では最低の出来栄えなんじゃないの?」 




sharaku_akaiwa_nama28by2.jpg シャラオマRed (冩樂の赤磐雄町) の生酒です。例年は「備前雄町」のみのリリースでしたが、28BYからは「赤磐雄町」も加わった模様。赤磐産は「冩樂」初と思わせておいて、実は「はせがわ酒店」のPBに磨き45の純大スペックが存在しており──今もあるかは知らん──、かつてコレ☆2を付けてます。

 とにかく渋い──というのが☆2を付けた主な理由だけど、オレ自身はシャラオマに対する印象は別に悪くない──むしろ良いとさえ言える。25BYは火入れで、26BYは生酒を1800mlで呑んでるけど、少なくとも26BYにあれこれ呑んだ「冩樂」の中では一番旨かったと思ってる。

 今回はタイミング的に720mlでダブル買いすることができなかったので、某酒屋のメルマガ経由で取り寄せたわけだが──1800mlのみの案内──、さすがに両方を買う気はしなかったので、仕入れ原価の高いであろう「赤磐雄町」の方をチョイスしてみた (笑) 。

 すでに「備前雄町」を呑んだ読者さんからは「今年の雄町ですが、備前はダメだと思いました。最近の記事にあるような、お花畑牛乳病の患者さんじゃないでしょうか」という報告を受けています。この読者さんは27BYのシャラオマを「なごしざけ」よりも好みと言っていたので、ちゃんと旨いシャラオマを知ってる人ですので、そこは念の為。

 すでに日曜に開けてるので、本篇の清書へのモチベーションはクワナリ下がってますが、半分瞑想しながら夢の中で書きます。




sharaku_akaiwa_nama28by1.jpg
 ▲やや当たりに行った「ブルボン 揚げ柿種 から揚げ風味」──まだ食ってない。


sharaku_akaiwa_nama28by3.jpg
 bottle size:1800ml




SAKE GRADE:☆☆☆

【363】冩樂 -しゃらく- 純米吟醸 赤磐雄町 生酒 28BY <福島>

宮泉酒造:http://www.miyaizumi.co.jp


Moukan's tag:




sharaku_akaiwa_nama28by4.jpg



sharaku_akaiwa_nama28by5.jpg 立ち香──やや乳 (ややニュウ) ? グラスに注ぐとシャラダイン (冩樂的セメダイン) 系の酸も出てくる。酸に関してだけは「純米 初しぼり生 28BY」に近いブドウ感。それでも「やや乳」です。うーん、すでにチグハグの先読みが・・・。

 女のくせに元々「牛乳」が苦手なカナリア──そしてヨーグルトやカマンベールチーズは好きという。

 ♡☺♡「臭っ。あああ、甘い。ちょっとミルクある。言っていい? さっき (福田幸子) の方がいい──どっちをオカワリするかと言ったら

 すでに立ち香がすべてを物語ってはいるが──。

 牛乳っつうか単純に渋い。25BYの「くそがわオリジナル」を思い出したわ。これは明白なるハズレ。☆3。ややバナナセーキ的なミルク感で、これはオレの嫌いな系統の冩樂。雄町でバナナセーキはヤメレ。

sharaku_akaiwa_nama28by6.jpg ♡☺♡「不味い酒を呑んでいちいち苦行になるのがイヤだ。ところで、これを旨いと言う人っているのかな? ふざけんな冩樂、金返せ。オレすっかりシャン派だし」──「オレ」言うか。

 味がじぇんじぇん出てないし、とにかく渋い。ハズレ雄町酒の典型。なんか甘苦いな。とにかくバランスが悪い。バナナセーキ的なミルク感を酸が手仕舞おうとするんだけど、苦渋が割って入って台無しみたいな。もう書くのも面倒なクソ酒。

 今日はもう飲みたくないので、2日目以降に真面目に唎きます──苦行だけど、そもそも人生とはそういうものだろう。






 このままでは終われない!!!
sharaku_akaiwa_nama28by7.jpg



紀土 (きっど) 」でお馴染みの平和酒造が手掛けるクラフトビールの新商品。前回のペールエールは軽やか&泡がキメ細かくて、薄いがまあまあかという感じだったけど、今回はIPA。表参道ヒルズの「はせがわ酒店」で買って来た。

 しっかり苦味もあるけど、エキス感のある甘みが遅れて膨らんでくるあたりは前回と同じ表情。香りはグレープフルーツ&シトラス系でIPAの王道という感じ。まあまあかな。割りとペールエールと対極のBody感。こっちの方が飲みごたえあります。



 この流れで比較!!!
sharaku_akaiwa_nama28by8.jpg



 残念ながら、伊勢角屋を呑むと、平和クラフトがスゲえ雑でワイルドな酒に思える。伊勢角屋の方が圧倒的に柔らかで滑らかな心地良い飲み口。好みもあるとは思うが、オレの中では全てが上かなあ。

 ♡☺♡「ビールの安定感パネえ!





── 2日目の食前に軽く。


sharaku_akaiwa_nama28by11.jpg
 ▲ちなみに我が家のパクチーガパオはコチラ



 どうにか飲める酒になっていてくれ──今は願う気持ちでオッパイ。


sharaku_akaiwa_nama28by9.jpg 立ち香──つうか、ガスないくせに開ける時のジュポっ♪が割りとすごいんだよね。アーモンド&牛乳あるね。あらためて記憶を辿ると「冩樂」の米違いシリーズだと「酒未来」に近いかなあ──ちなみに「酒未来」は「冩樂」の中でもオレの中では下位の評価。つうか「山田錦 生酒 28BY」でも感じた洗濯物の生乾き系のナッツ感もあるんだよなあ。

 捨てずに飲めればヨシとしよう──。

sharaku_akaiwa_nama28by10.jpg 渋い──これに尽きる。つうか、生でこれなんだから、火入れにしたらどうなっちゃうのさ!? 香りほどに牛乳やアーモンドは感じないので、この渋みさえなきゃねえ。酸はそこそこ足りてるだけに、いろいろ惜しい酒。ま、焼き肉とかバーベキューに合わせればそこそこイケるんじゃないかな。

 ワイングラスで──。

 ワイングラスなら多少はごまかしが効くかなあ。まあ、呑めるよ──満足までの道程は険しいけど。


sharaku_akaiwa_nama28by12.jpg うーん、しかし煮え切らない酒だ。ややベタっとした甘みが舌にまとわりつくんだよな。雄町らしさと言えば、やや赤い果実感の中に現れる渋みだけで、細部で「冩樂」らしいエレガンスも探せるんだけど、顔面崩壊気味の美人ライクであることは否めない。もしも初めて「冩樂」を呑む人がこれだったとしたら、おそらく「どこが旨いの? なんで人気なの?」とは思うだろうね (笑) 。「冩樂」に関してはオレもそこそこイクラを探せるからアレだけど、まあ、それでも「旨い」の言葉は一切出ません

 それでも初日よりは飲めるカナートいう印象だし、「山田錦」よりはマシかなあ。苦労して手に入れた人や、これまでの「雄町生」に感動してきた人なら余裕でムカつけるレベルだけど (笑) 。

 そして、サラミと合わせると余計に甘くなる──そこは渋みを発揮しろよ!!





── 2日目の夜。


 今うちら夫婦の間で話題の「YBCエアリアル 濃厚チェダーチーズ味」!!
sharaku_akaiwa_nama28by13.jpg


 
 まあ、ややニュウ&ややモン (やや牛乳&ややアーモンド) だけど──「酒未来」などのバナナ寄りの「冩樂」にまさか「雄町」で出会ったという驚きが余計にクローズアップされただけで──つまり、あまりオレの好きな冩樂ではないものの──、こういう表情の酒はよくあるっちゃあるし、これもまた「冩樂」ではあるんだろうな。

sharaku_akaiwa_nama28by14.jpg まあ、呑めるか。酒単体でグイグイ楽しむ風情はまるでないが、少し派手な食中酒としてなら許せるレベルではある。2日目は酸化が進み、乳酸ライクな表情が出たことで、アロエみたいなニュアンスも探せるし、氷が溶けて薄まってしまったカルピス感なんかとも出会う。あ、そうか。カルピス、まだ残ってんだな。やるか?

 シャラオマのカルピス割り──。

 アルコールのアタック感ZERO──この酒感の消失マジックは尋常じゃない。甲類焼酎じゃこうはいくまい。つうか、もはやどこにも「酒」を探せないという異常事態純米酒パネえっす。なにこのノイズ皆無の嚥下物語。これは悪い事に利用されかねない (笑) 。ヤバイ



 moukan1973♀合流!!!
sharaku_akaiwa_nama28by15.jpg



 ♡☺♡「ナニコレ!? ヤバイ。全く酒を感じない・・・。ガブガブ飲んでしまう

 moukan1973♀が帰宅してオレの分を横取りされて、それで何度かオカワリしてたら、いきなり酔いが回ってきた (笑) 。それでも相変わらず酒感ZERO。これは罪深いカクテルだ・・・。

 ☆付けは3日目を確認してから行います。このまま行けば☆3.5かな





── 3日目。


sharaku_akaiwa_nama28by16.jpg



 立ち香──ますます牛乳。果物で言うと、やはりバナナ系なのか? しかし雄町の酒でこれは想定できなかった。何かのタイミングで冩樂的な酸と渋みのコンビネーションの成立によって時折オレンジピールみたいな香りにも出会うんだけど、どうにもウシのティティ (牛の乳) が邪魔をする。

 ド頭で一瞬だけ膨らもうとする蜜っぽい甘みに出会うんだけど、もう一瞬で通り過ぎます。次の瞬間にはもう渋い。この手の酒についてよく「食中酒、食中酒」言いますけどぉー、これでも一升瓶が税込で4000円くらいするわけで、だったら別にこれじゃなくてもいいでしょという話になるし、なによりシャラオマだもの、単純にジュースとして楽しみたいじゃない。



sharaku_akaiwa_nama28by18.jpg



 なんか食中はますます辛いなー。クワナリどうでもいい酒ですね。含むと牛乳やお花畑はそこまで感じないけど、とにかく渋い。ヘロキや山田錦よりはマシだけど、だんだんムカついて来たので、☆3でフィニッシュしておきます。残りの2合は「純米吟醸 オレの料理酒」に合流させました。



sharaku_akaiwa_nama28by19.jpg



 酒の話が盛り上がらないので、moukan1973♀の軽井沢土産の「信州限定 柿の種 わさびマヨネーズ」と最近気に入ってるセブンプレミアムの「半熟煮たまご」について。

sharaku_akaiwa_nama28by17.jpg柿の種」は全くの変化球ナシゴレン。色が通常より薄く、ややマヨネーズ的なクリーミイさが前に出てるので、マヨが苦手な人は無難に回避でOK。オレは割りとマヨ好きだけど、ややサンタリーナな配合なので、まろやかさではなく、日本のマヨネーズらしく、そこはしっかり酸を出して欲しかった (笑) 。☆3.5です。

半熟煮たまご」は正直ヤバイです。もしもこれが廃番になったら怒るレベル。割高っちゃ割高だけど (2ケ入りで税込159円) 、これは文句なしに旨い。☆5です。やや和風気味の薄口なので、黄身に醤油を1〜2滴ほど垂らすのが酒飲みの流儀です。汁が余るんだけど、ご飯にかけて、海苔の佃煮 (ごはんですよ) と一緒にグジャグジャにすると旨いと思う──やってないけど。あとは水で薄めて鶏ガラスープの元で味を整えたら溶き卵を落として小ネギを振って和風中華スープ。袋麺の出汁に使ってもイケるんじゃない? うちはお粥を炊くときにも入れてしまう (笑) 。


moukan1972♂moukan1973






日本酒 冩樂 雄町

Comment

Name - しんしん  

Title - 

なるほど、わかりました。(^-^)/
2017.05.13 Sat 13:42
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To しんしんさん

読者さんの話だと、去年 (27BY) の備前雄町の生酒は旨かったらしいですが、火入れだと渋くなることあるので、それが辛さにつながったのかもしれませんね。

2017.05.13 Sat 12:25
Edit | Reply |  

Name - しんしん  

Title - 

備前雄町 赤盤雄町と火入れの違いで味が結構違ったのかもしれないです。
2017.05.13 Sat 11:45
Edit | Reply |  

Name - しんしん  

Title - 

コメント有難うございます。そしてすいませんでした。ロット明記してませんでした。私が飲んだのは両方28.9ロットです。
2017.05.13 Sat 11:41
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To しんしんさん



毎度です。


──(^o^ゞシャラオマ(笑)飲みました。純吟備前雄町一回火入れの方なんですが、感想は、旨いシャラオマ前半三割から舌がピリピリする辛口酒と言う感じ、同時に飲んだ普通の写楽純米一回火入れの方が、旨かったです。

まだ27BYの火入れを呑める環境があったとは! 僕の火入れの記憶は25BYなので朧げですが、シャキっとしたシャープさはありましたね。硬質なフルーティネスとでも言いましょうか。むしろ今呑んだ方が評価が上がりそうな酒質だったと思います。


──なんとか産雄町や特A山田錦を謳った、明らかに"高い酒米を取り寄せて醸しました。"的な、酒はハズレが多い気がするんですがどう思いますか?自分が飲んできた中ではほぼそうなんですよね。

最後に720ml/2,500円以上の酒でマトモに旨いと思ったのがいつだったか思い出せないくらい、僕も高い酒との相性 (引き) は悪いです。ま、高いとこちらも身構えてしまうので、はじめから喧嘩腰な面もあるにはあるんですけど (笑) 。別に旨ければ高くてもいいんですけど、値段を無視しても安い方が旨いというのは非常によくある話です。


──ただ大当たりする雄町、山田錦が有るのも事実なので難しいですね。どう思いマス?

自分にとっての「大当たり」を引くというのは日に日に難しくなってますね。特に口に入る物は、一度「上」を知ると、もうダメですね。「冩樂」も「やればできる子」だとは思うんですが、「山田錦」「雄町」と連続でハズしたので、それこそ火入れの純米でも呑んでりゃいいんですが、これは通年なので、どのタンクが当たりなのか、これまた運次第という (笑) 。

2017.05.13 Sat 11:12
Edit | Reply |  

Name - しんしん(moukan1972♂による転載)  

Title - 

どうもです。(^o^ゞシャラオマ(笑)飲みました。純吟備前雄町一回火入れの方なんですが、感想は、旨いシャラオマ前半三割から舌がピリピリする辛口酒と言う感じ、同時に飲んだ普通の写楽純米一回火入れの方が、旨かったです。いやー両方生飲みたかったな、で思ったのですが、なんとか産雄町や特A山田錦を謳った、明らかに"高い酒米を取り寄せて醸しました。"的な、酒はハズレが多い気がするんですがどう思いますか?自分が飲んできた中ではほぼそうなんですよね。確かに大まかに言うと軟水で育てた酒米を、硬水の仕込み水で醸したら、ちぐはぐで、生酒なら尚更、嫌味雑味が出てしまうような気がして。なので今回の写楽も火入れだったから料理酒に行かずにすんだのかも(^_^;) ただ大当たりする雄町、山田錦が有るのも事実なので難しいですね。どう思いマス?良ければ感想お願いします。(^o^)/
2017.05.13 Sat 11:02
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To Ponsukeさん



毎度です。


──紀土のこの銘柄は、名前通りにフレッシュ感がしっかり出ていて、moukanさんの仰るところの『やりたいことが出来ている』お酒だと思います。 moukanさんだと『別に美味しいけどつまらん』と仰りそうですが(笑)

『やりたいことが出来ている』お酒──これ、マジで重要ですよねえ。こういう酒は個人的な嗜好を超えて、それに味覚を委ねることができ、結果ノーストレスに楽しめてしまうものです。僕の中では「やまとしずく 純吟直詰め生」なんかまさにそうですね (笑) 。


──4合瓶で買って美味しかったので、1800を買いなおしてお土産にアメリカに持って行くつもりです。自称日本酒好きの米国人達に、こういったフレッシュなイマドキ生原酒の違いを感じてもらえるかどうか、楽しみです。

イギリスやフランスでも日本酒ブームですし、三千櫻の山田社長もメキシコで指導して発売まで漕ぎ着けましたが、僕たちが普段飲んでるような「直汲み生」や「無濾過生原酒」の味を、まだまだ海外の飲み手は知らないんですよね。逆にフレッシュで普遍性の豊かな美味しいジュースだと、エキゾチックさがまるでなく、外国人には物足りなく感じるかもしれませんね (笑) 。

結果報告を雄町しております。

2017.05.10 Wed 23:11
Edit | Reply |  

Name - Ponsuke  

Title - To moukan1972♂さん

紀土のこの銘柄は、名前通りにフレッシュ感がしっかり出ていて、moukanさんの仰るところの『やりたいことが出来ている』お酒だと思います。
透明感があるけど甘酸系の味も程よく出ていて、そんなにぼやっとしていない感じです。
moukanさんだと『別に美味しいけどつまらん』と仰りそうですが(笑)

4合瓶で買って美味しかったので、1800を買いなおしてお土産にアメリカに持って行くつもりです。自称日本酒好きの米国人達に、こういったフレッシュなイマドキ生原酒の違いを感じてもらえるかどうか、楽しみです。
2017.05.10 Wed 20:58
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To Ponsukeさん



毎度です。


──トップのコメ欄の時点でゲラゲラ笑いながら読ませて頂きました(失敬!)。 過去BYをイメージすると、先入観というか期待感が募って余計にダメですね。

どうぞ遠慮なく笑ってくださーい。しかしまあ、バナナな雄町はちょっと意外な展開でしたね。ブドウっぽさも何かのタイミングで見え隠れするんですが、赤磐の方は渋くて辛みもしっかり出てます。甘いのはド頭だけですね。

日本酒のブレ幅はちょっと他の酒ジャンルに比べると異常かもしれません。そもそも原料米の種類もバカみたいに多いですからね。


──最近3月以降ぐらいの記憶で良かったのは、紀土Shibata's be flesh、秋鹿純米山廃直搾、北島愛山生もとぐらいですかね。北島は開けて1週間ぐらい後が味が開いてきて良かったです。

たった今チラっと検索しましたが、紀土、なかなか良さげですね。さて、近所の特約店に入ってるのだろうか。紀土はちゃんとデビューできてないので良い指針を得ました。

北島の生酛愛山は他の読者さんもこれから飲むそうなので、近所の酒屋で1800mlですが確認済みですし、気にしています。秋鹿は逆に26BYや27BYの残り物を拾おうかと思ってます。

「完全酵母無添加の生酛」と「単なる乳酸菌無添加のハイブリッド生酛」はちゃんと分けるべきだと思いますね。山廃も同様ですが。

夏場はスッキリと軽い──それでいてエキスたっぷりの出来のイイ山廃を拾えればいいなと思ってます。たしかに出来の良い速醸は実体感のあるフルーティネスが炸裂して旨いヤツはとことん旨いですが、いろんなノイズも入ってくるので、なかなか旨いヤツに当たらないです。

25BYとか26BYはここまでハズした記憶もないんですが、ま、舌が肥えたんですかね (笑) 。

2017.05.10 Wed 02:01
Edit | Reply |  

Name - Ponsuke  

Title - 別の酒

モウカンさま、

トップのコメ欄の時点でゲラゲラ笑いながら読ませて頂きました(失敬!)。
過去BYをイメージすると、先入観というか期待感が募って余計にダメですね。

私の備前も悪いわけじゃなかったのですが、透明な100%マスカットジュースを期待したら、牛乳とバナナと氷が追加されたちょい薄目のミックスジュースだった、ってな感じでした。渋さは無かったです。

やっぱり日本酒は難しいですね。
オウロクの丈径直汲や鳳凰美田black fenixなんかも気に入ってたのですが、今年のはどうもなーーーーーという感じ。

最近3月以降ぐらいの記憶で良かったのは、紀土Shibata's be flesh、秋鹿純米山廃直搾、北島愛山生もとぐらいですかね。北島は開けて1週間ぐらい後が味が開いてきて良かったです。

このあとは、Sogga Pere et filsを開ける予定です。これも定点観測中のお気に入り銘柄(しかし、生もとながら協会酵母なのはジャンルとして細分化しなくて良いのですかね)。
頼むぜマジで、です(笑)
2017.05.09 Tue 23:43
Edit | Reply |  

Add your comment