◤豊醇無盡 たかちよ - 桃 Kasumi 無調整生原酒 ── ♡☺♡「たかちよ的には少し面白みに欠けますが、基本、カジュアルでキャッチーなお酒です」#Nigori, Women 


╰ 【001-074】の記事はfacebook時代のモノを加筆/再構成 (一部キャラ変) して書かれたものです。


 ラベルの色でそれぞれの果物フレイヴァーを体現するという、一風変わったコンセプトで醸されるたかちよ。今回はピンクということで、ズバリ桃をイメージした味わいを目指しているようです。一応言っておきますが、もちろん原料は米と水だけです。





takachiyo_peachi2.jpg
 bottle size:720ml



【073】豊醇無盡 -ほうじゅんむじん- たかちよ 桃 Kasumi 無調整生原酒 27BY <新潟>

高千代酒造:http://www.takachiyo.co.jp/item/kodawari


Moukan's tag:




 立ち香は比較的穏やか。甘やかさもありますが、派手な吟醸酒のようにプンプンに香るわけではありません。その意味では自然なタッチの果物香という感じでしょうか。

 先ずは上澄みから。

 ガス感は控えめ。シュワシュワまではいきませんが、シュワ程度には自然なガスが溶存してます。ファーストタッチはツルんとした滑らかな甘酸フレイヴァー。アフターにかけては少しアタック感のある硬さもあり、若干アルコール分による辛さもあります。割にカッチリした味ラインですね。

 にごり系の上澄み部分のカッチリ&シャキシャキなタッチ、全般に好きなんですよねえ。どうしてここの部分だけ商品にしてくれないんだろ。而今のにごりとか上澄み部分だけを別採りで商品にしてくれたらトンデモナイ酒になると思うんだけど。


takachiyo_peachi3.jpg おかわりはオリを絡めていただきます。

 ワオ。甘ぁ〜い。

 おり絡みの方がイイですね。パウダリーなザラつきもありますが、あくまで飲み口は軽やか。ピーチと言われればピーチと言えなくもないですが、たとえば高精白の山田錦なんかの方が遥かにピーチという意味では、そこは特筆するほどではありません。

 最近飲んだ中では篠峯/ろくまる八反/うすにごりあたりに近いニュアンスですが、造り的には篠峯の方がエッジが効いていてトンがってます。こちらはイイ意味でカジュアルというかお手柔らかにキャッチー。

 普通以上には旨いし、日本酒に不慣れな友人たちに「これ飲んでみ?」と勧めることやぶさかではありませんが、たかちよ的には少し面白みに欠けるというか、飲んだ瞬間の「ん?」という驚きというか、立ち止まり感は少なめです。その意味で、さほど語れる──楽しく能書きを垂れれるタイプのお酒ではありません。

 基本、甘いですが、食中だと意外に甘さが後退して、アフターの硬さも気にならなくなります。飲み進めて行く中で、ナチュラルに舌に馴染むタイプのお酒です。




── 2日目。


takachiyo_peachi4.jpg ガスは抜けました。今日は最初から攪拌して、REIDELグラスでいただきます。

 あ、いいです。昨日よりだいぶまとまって来ました。甘さは増しましたが、アフターにかけて割にジュっとした渋酸があるので、全体の味わいがフルーティーさに振れているのもあって、砂糖的な甘さというよりは果実の甘さに近いです。REIDELで飲むと適度に香りが分散して、全体のバランスが柔らかくなりますね。

 ま、基本、カジュアルなお酒です。スペックは非公開ですが、磨き60〜65くらいのタッチですかね。かすみ酒としてのパウダリーなザラつきと、精米による味の膨らみとの釣り合いがイーブンなタッチで、その分、たかちよとしては素直な味わいになっていて、あまりウンチクの挟み込む余地の少ない酒質だと思います。割にキンキンに冷やしてガブガブ飲んだ方が、何も考えずに楽しく飲めるかと思います。


moukan1973




🔖 関連記事

【056】裏篠峯 -うらしのみね- ろくまる 八反うすにごり 生酒 27BY (2016/2/28)


たかちよ

Comment

Add your comment