◤Guy Thibaut / ギィ・チボー ブリュット グラン・クリュ NV 




 半分は夜に残して、日曜の昼間に軽くシャンで乾杯。「泡モノは一度に飲み切らないといけない」とオレも最初は素人考えで思っていたけど、そんなことは全然なくて、むしろノン・ヴィンテージのシャンは熟成期間も短く泡が元気なので、開けたては口の中で泡がホワホワして膨満感を誘発することもしばしばだ──そういう時はマドラーで少し撹拌してガスを飛ばすとワインの味や香りが出てくる。むしろ朝か昼に開けて夜に飲むくらいがちょうどいいんじゃないだろうか。



 ◤Guy Thibaut / ギィ・チボー ブリュット グラン・クリュ NV
DSCN6365.jpg
 ▲写真クリックで販売ページにJUMP!



 というわけDE、さすがに連日のようにバカスカ開けるのも気が引けるので (笑) 、昼に半分、夜に半分という流れで開栓。金曜に呑んだ「Guy Thibaut ブリュット ナチュール NV」はドサージュ無しの「ナチュール」仕様だったけど、今回は通常のリキュール添加アリのもの。使用しているブドウはすべてグラン・クリュ (特級畑) で3,164 円 (税込) という、日本酒で言うと「兵庫県産 特A山田錦50」の純吟が1,500円みたいなもん?



DSCN6367.jpg



 立ち香──「ナチュール」とは全く異なる香り。「ナチュール」はオイリーなトースト香が抜群だったけど、こちらは優雅な果実味を美しいフローラルな纏いのベールで優しく包んだ感じだ。「ピノ・ノワール80%、シャルドネ20%」のアッサンブラージュなので、シャルドネ100%のブラン・ド・ブランよりリッチで明るいトーンの香り。張り詰めた酸の伸びも穏やかで、全体にバランスの取れたWell-Madeさを感じる。

DSCN6370.jpg GWの狭間で「シャン!」と叫んだカナリア──。

 ♡☺♡「あきらかに金曜に呑んだ2本より旨い!

 これは当たり。身を焦がすようなトキメキはないものの、一定以上の優しいエレガンスをこの値段で味わえれば特に不満はない。金曜に呑んだ2本よりも圧倒的に完成度が高い。果実の凝縮感もしっかり出てる。酸はそこまで強くなく、むしろそれをいなすような優しいアロマと、ややBodyのあるリッチな味幅に寄り添うレベル。

 泡のキメが細かいので口の中が優雅。さすがにゴージャスな飲み口は皆無だけど、普段飲みでこの値段ならアリとは言える。温度が上がってきても白ワインとしての出来の良さをしっかり感じれる。先日のジモネとチボーは水っぽくチンケに酸っぱいだけだったが、これはちゃんと果実味があるし、液性に輝きがある。香りはもう少しオイリーなトースト香があった方が好みだけど、まあまあですね。リピはないが、通過点としては満足。

 記憶は曖昧だけど、今なら「アンドレ・クルエ ブラン・ド・ノワールNV」の方が旨いと言いそうだけど、ただ、今回のチボーの方が果実の凝縮感はあると思う。あっちはゴージャスさと引き換えに少しばかり緊張感のないストラクチャーになってる気がするが、これ以上はあまり偉そうなことを言うのはやめておこう (笑) 。






 そして夜が来た──。


DSCN6378.jpg



 いいですね。泡も少し落ち着き──それでも十分にシュワシュワしてます──、よりグラン・クリュの果実パワーが発揮されたという感じだろうか。不思議なもんで、リキュール添加アリのこっちの方が力強く果実味を感じるんだよな。

 ♡☺♡「果汁感満載。果実が凝縮されてる。アタシが言うのもなんだけど、計算されて作られてる気がする (笑)



 斉吉「〆さんま」シリーズ。
DSCN6380.jpg
 ▲イケセイ (池袋西武) でたまたま目に止まったので試食して買ってきた。「〆サバ」はよくあるが「〆さんま」はレアじゃね (笑) ?

 ▼サラダの上から途中参戦。シャンによく合う。
DSCN6384.jpg


 ▼イケセイでの試食販売は5/2まで。新宿伊勢丹は5/24~5/30。普段は置いてないらしい。
 



 このあと「米鶴 山廃純米大吟醸 無濾過生原酒 27BY」に移行します。


moukan1972♂moukan1973






Comment

Name - moukan1972♂  

Title - To サンジュリアンさん



毎度です。

今、BBSに転載させていただきました。
正直、ロバート・パーカーより自分の感性の方がアテになるので、まずはあまり勉強せずにいろいろ飲んでみます。ていうか、彼は日本酒の旨さをまるで知らない人間なので、僕とは入りが違いますしね。

どの分野であっても少し本気を出せばアッという間に独自の情報体系を築いてしまうのが僕という人間ですが、シャンは保守的な世界なので、そこで暴れようという気はありません (笑) 。日本酒はぼちぼち趣味の範疇を超え始めてるので、せめてシャンくらいは気楽な立場で接したいという思いがあります。

「アンリオ ブリュット ブラン ド ブラン」は近いうちに飲んでみます。直リンクは助かります。ありがとうございます。

2017.05.01 Mon 18:16
Edit | Reply |  

Name - サンジュリアン  

Title - 作り手とボディ(ライト〜フル)

モーカンさん
毎度です。
これウメムラのHPに載ってるシャンパーニュの評価と特徴を転記します。
多分ロバートパーカーの評価だと思います。
セロス<ラサール と評価してるのが面白いです。
個人的にはラサールがボランジェ並みとはおもいませんが、、、
銘柄選ぶ時の参考(特に作り手の特徴フルかライト事前に予想出来る点)
RMは余り載ってませんが、メゾン中心の評価です。
因みに5星評価のアンリオにはNVBBが有ります。
http://item.rakuten.co.jp/veritas/vaht25z0/

RATING CHAMPAGNE’S BEST PRODUCERS

☆☆☆☆☆(OUTSTANDING) 一部字化け有り
Bollinger(full bodied)
Egly-Ouriet(full bodied)
Gosset(full bodied)
Henriot(full bodied)
J.Lassalle(light bodied)
Krug(full bodied)
Laurent-Perrier(medium bodied)
Salon(medium bodied)
Taittinger(light bodied)
Alain Robert(full bodied)
Pol Roger(medium bodied)
Louis Roederer(full bodied)
Veuvu Clicquot(full bodied)
☆☆☆☆(EXCELLENT)
Baptiste-Pertois(light bodied)
Paul Bara(full bodied)
Billecart-Salmon(light bodied)
Bonnaire(light bodied)
de Castellane(light bodied)
Cattier(light bodied)
Delamotte(medium bodied)
Diebolt-Vallois(medium bodied)
Drappier(medium bodied)
Alfred Gratien(full bodied)
Grimonnet(medium bodied)
Heidsieck Monopole(medium bodied)
Jaquart(medium bodied)
Jacquesson(light bodied)
Lancelot Royer(medium bodied)
Guy Larmandier(full bodied)
Lechere(light bodied)
R&L.Legras(light bodied)
Mailly(medium bodied)
Serge Mathieu(medium bodied)
Moet&Chandon(medium bodied)
Bruno Paillard(light bodied)
Joseph Perrier(medium bodied)
Perrier-Jouet(light bodied)
Ployez-Jacquemart(medium bodied)
Pommery(medium bodied)
Dom Ruinart(light bodied)
Jacques Selosse(light bodied)
Taillevent(medium bodied)
Tarlant(medium bodied)
☆☆☆(GOOD)
Ayala(medium bodied)
Barancout(full bodied)
Bricout(light bodied)
Canard Ducheafne(medium bodied)
Deutz(medium bodied)
Duval-Leroy(medium bodied)
Nicolas Feuillatte(light bodied)
H.Germain(light bodied)
Michel Gonet(medium bodied)
Georges Goulet(medium bodied)
Charles Heidsieck(medium bodied)
Lanson(light bodied)
Launois(light bodied)
Mercier(medium bodied)
Mumm(medium bodied)
Philipponnat(medium bodied)
Piper Heidsieck(light bodied)
☆☆(AVERAGE)
Beaumet-Chaurey(light bodied)
Bessert de Bellefon(light bodied)
Boizel(light bodied)
Goldschmidt-Rothschild(light bodied)
jestin(light bodied)
Oudinot(medium bodied)
Rapeneau(medium bodied)
Alfred Rothschild(light bodied)
Marie Stuart(light bodied)
2017.05.01 Mon 15:08
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - メールでのやり取り

※有益な情報なので勝手にメールのやりとりを転載しています。 (一部伏字)
────────────────────────────

moukan1972♂ → サンジュリアンさん

これから記事にしますが、チボーの通常NV、これジモネやナチュールより遥かにいいですね。ナチュールはグラン・クリュ100%じゃないんですかね。なんかワインとしての出来がまるで違うんですが。。。


────────────────────────────

サンジュリアンさん → moukan1972♂

ベースは同じ100%GCですよ。唯、小さいRMは秘伝のタレの在庫が少ないのが大手との違いで、ノンドゼだと余程良い葡萄 (2015年が凄いらしい!でも市場に出るのは早くて2019夏以降) を使わないと果実味が細いですよ。家の在庫XXX本くらい有りますがノンドゼの手持ちはアイラとフルニだけで、あとすべてBRUTです。

ある程度ドサージュある方がコクが出るので飲みやすい。ドサージュは料理で云えばある種のスパイスですね。

ほんの20年前はBRUTで糖分15g/lが普通だったらしいのが今8gが標準ですよ。
これも温暖化で気温が上がり葡萄の熟度も上がったお陰らしいです。
アグラパールは普通4gですから、殆どEXTRA BRUT(ナチュール表示可能)


2017.05.01 Mon 13:41
Edit | Reply |  

Add your comment