◤本日の1曲♪【和製BOOGIE】アン・ルイス/Ann Lewis - Alone In The Dark (1979) 

genre tag:DOMESTIC, RETRO DISCO
 ▼CLICKでDATA表示
▪︎国内レコードガイド本でも度々取り上げられたのに加え、最近では世界的なDiscoコレクターであるSadar BaharがプレイしたことでHouseリスナーの間でも人気高騰中の山下達郎プロデュース、作詞/作曲:吉田美奈子の和製ブギー。明らかに「あの曲」のバッキング・ピアノからのインスパアだろうけど──細かい部分でもいろいろパクってるが──、当時の日本じゃ、誰もその出典を意識したりはしなかったんだろうな (笑) 。たぶんこのへんの音源はすぐに削除されるので、早めに行っときました。この曲がどうなのかはクレジットを見てないから分からないけど、YMOの御三方もアルバムに参加してます。











 ▶︎Sadar Bahar Play !!──ややシンコペーション不足だが、邦楽として文句はない。
 

 ▶︎まあ、結局はこの曲も「Going Back To My Roots」の子供。
 

 ▶︎Sadar Bahar──世界的Discoコレクター。
 

 ▶︎子供カワイ杉。
music_アンルイス1

 ▶︎あんなにカワイかった美勇士 (みゅうじ) もいつかは大人になる。
美勇士

 ▶︎やるじゃねえか (笑) 。
music_yamashita_tatsuro1.jpg


DOMESTIC RETRO_DISCO

Comment

Name - moukan1972♂  

Title - To アイオライトさん



毎度です。


──実は和モノもかなり好きで近年のアイドルまで掘ってたりします(笑) といっても、ソウル・ファンクの匂いのするものに限りますが。

和モノもイケる口ですか (笑) 。僕はほとんど興味ない派です。「恋のブギウギ・トレイン」はヤマタツ臭が強すぎて全く興味ないですね。「Alone In The Dark」はBPMの勝利な面もあって、1979年ですが、露骨にDiscoしてないあたりがWell-Madeですね。

ただ「Alone In The Dark」は正確にはAOR経由の音楽的意匠ですね。たまたま歌謡曲 (ニューミュージック) 的な哀愁コード進行とパターン化されたバッキング・アレンジが今聴くとそれっぽいというだけで、ホント偶然の産物だと思いますね──たまたま'80s Soul的なハーモニーを獲得してしまったというか。その意味では、やはりAOR@歌謡曲という理解が正しいとは思います。良い出来ですけどね。
2017.04.30 Sun 21:44
Edit | Reply |  

Name - アイオライト  

Title - 

アン・ルイス×吉田美奈子×山下達郎といえば、どメジャーですがなんといっても「恋のブギウギ・トレイン」ですね。

なんかの番組のライブバージョン
https://www.youtube.com/watch?v=6lEadeQK4H8

英語版
https://www.youtube.com/watch?v=Uwj01Nt133E

実は和モノもかなり好きで近年のアイドルまで掘ってたりします(笑)
といっても、ソウル・ファンクの匂いのするものに限りますが。
2017.04.30 Sun 13:25
Edit | Reply |  

Add your comment