【シャン飲み比べ】Pierre Gimonnet/ピエール・ジモネ  “キュイ" 1er Cru ブリュット・ブラン・ド・ブラン NV ⇔ Guy Thibaut/ギィ・チボー ブリュット ナチュール NV 




 本業じゃないので軽く写真中心で。今は「体験数」を稼ぐ時期なので、あまり専門的なことは追求しないし勉強もしない。音楽や日本酒もそうやってここまで来たし、好きなコができればそのコのことをもっと知りたくなるのと同じで、どうにも旨いヤツに出会った時、勝手に調べ始めるのがオレ。

 今回はこの2本。

◤Pierre Gimonnet/ピエール・ジモネ  “キュイ" 1er Cru ブリュット・ブラン・ド・ブラン NV
http://item.rakuten.co.jp/fitch/10006842/

◤Guy Thibaut/ギィ・チボー ブリュット ナチュール NV
http://item.rakuten.co.jp/fitch/10010557/




DSCN6294.jpg

DSCN6297.jpg



 ピエール・ジモネはシャルドネ100%のブラン・ド・ブラン。ジャンル全体の中の占有率は低いので、5,000円以下に限定すれば、種類としてはそれほど多くはない。そういう意味では素人の闇雲買いには適してると言える──選択肢が限られるという意味で。



DSCN6296.jpg



 ギィ・チボーはピノ・ノワール80%、シャルドネ20%の混醸タイプで、グラン・クリュ (特級畑) のブドウだけを使ったNVで値段が3,234円 (税込) とシャンとしては安い──日本酒に比べればバカ高いが (笑) 。今回はノンドゼ (=ノン・ドサージュ=リキュール添加ナシ) のナチュールVerとブラン・ド・ブランを飲み比べてみることにした。ギィ・チボーの通常Verも買ったけど、それはまた別の機会に。



DSCN6300.jpg



 飲む15分くらい前に開けておいた。冷たすぎても味と香りを楽しめないので、冷蔵庫から出して8℃〜12℃あたりで飲む。開栓は音を立てずにスマートに済ませました (笑) 。



 ◤ピエール・ジモネ  “キュイ" 1er Cru ブリュット・ブラン・ド・ブラン NV
DSCN6302.jpg



 香りは意外とフローラル。オイリーなトースト香はさほど感じず、これは少し残念。

 やはり薄く感じるなあ。細い。ただ、遅れてハチミツのような甘みがフワっと浮かんでくるのがわかるようになった。果実味の強烈さはそれほどでも。とにかく軽いっすね。シャンとしてうんぬんというより、白ワインとしての芳醇さがない。これなら2,000以下の白ワインでお値打ち瓶を飲んだ方が幸せになれるかもしれない。

 同じメゾンの「ガストロノーム 2004 ブラン・ド・ブラン」を先日の「春のシャン祭り」でサンジュリアンさんに御馳走になった今では、もうこのへんで心が動くことはない。果実味も凝縮感もイマイチ。ハズレ感はないけど、安くないので満足はしない。足りてるのは酸っぱさだけ。



 ◤ギィ・チボー ブリュット ナチュール NV
DSCN6305.jpg



 ジモネより遙かにオイリーな香り。トースト香キター! 色もゴールド──ほんのりピンクも混ざってるかな。

 ♡☺♡「美味しそうな香りがします

 ジモネよりは好きだけど、ノンドザの割に酸はまだまだ足りてない。ややスモーキーな苦みがあるけど、これは樽由来だろうか。むしろ香りの出方が装飾的なので却って若々しさを感じてしまう──つまり深みのないスモーキーさ。ブラン・ド・ブランのような凝縮感はないかなあ。そして、やっぱ薄いなあ。ただし、香りは良い。



DSCN6310.jpg
 ▲西荻の高架下の魚屋で買ってきた「金目鯛の刺身 - 700円」。いつでもあるわけじゃないから、あった時は必ず買う。今回の質はこれまでの最高を10だとすると7くらい。



 正直、今回の2本には大いに不満だが、それでも日本酒との大きな違いがある──それはなかなか撃沈しないということ (笑)

 ♡☺♡「シャンだと撃沈しないから会話が弾む



DSCN6313.jpg

DSCN6315.jpg
 ▲こちらはいつでも売ってる「中とろ - 1,000円」。これまでの最高を10だとすると8はある。少し水っぽいのは気温が上がって水分が出やすくなってるからでしょう。とはいえ、金目同様、そこらの魚屋で買えるレベルは遥かに超えてると思います。



 ある意味で狙った通りの「酸味対決」にはなったわけだが、悩ましいことに、両方がそれぞれ正反対の短所と長所を分担してしまっているようだ。つまり、ジモネはチボーより酸味があるが、香り (果実由来のオイリーさ) がイチマチ、チボーはジモネより香りは芳醇だが、ナチュール属性にも関わらず、それでもシャルドネ100%のジモネには酸で太刀打ちができない。

 というわけDE、それぞれ半分飲んだところでブレンドしました。



DSCN6317.jpg
 ▲西荻の「もぐもぐ」で買ってきた豚肉のペースト。パンに塗る用なのでクワナリ塩っぱいけどシャンには合う (笑) 。



 ブレンドすると、それぞれの良い部分が出てマシにはなるものの、どうにも薄い。すでに二人で1000mlくらい飲んでるので、飲むペースは落ちて喋り中心になってるが、そうなると温度変化による味わいの違いも感じれるようになるわけだが、イイやつは温度が上がると香りも芳醇になって甘みも増すけど、これは逆。どんどん水っぽくなる。なんか昔サイゼリアで安っすいマグナムの白をドーンと頼んでダラダラ飲んでた若かりし日を思い出したよ (笑) 。



DSCN6323.jpg



 結局残ったのはこれだけ (笑) 。150mlくらい? 21時頃から飲み始めて深夜の2時になってるのはナゼだ (笑) 。日本酒と違って酔いのペースが緩やかだから、徐々にエンジンが入って、最後はオレの独演会になり、moukan1973♀が腹を抱えて笑うという展開に。会話の内容は酒とは全く関係のないモノなのでここでは書かないけど、これも酒が旨すぎなかったことによる副産物的享楽だったのだろう。旨いとガブガブ早飲みして撃沈だから。

 ♡☺♡「急にキタ。寝る」──。

 腹減ったな。





── 2日目。


DSCN6329.jpg



 本日4/29 (土) はmoukan1973♀が姉の住む鎌倉に出向いてるのでオレ一人。優雅に残りのシャンをいただくとするわ。

 まあ、薄いわな。2日目になると白ワインとしての出来がよくわかるけど、これは明らかにイマイチ。これまでに飲んできたNVモノのシャンだと、ダントツで「ヴーヴ・フルニ ブラン・ド・ブラン ブリュット ナチュール」が旨いし、サンジュリアンさんが飲ませてくれた2011年に出回ったモノよりオレが飲んだ最新版の方が圧倒的に旨い。日本酒同様、そこはリリース時期よって出来栄えは異なる。

 シャンのストックは残り2本。たぶんGW中に飲んじゃうかな。追加の4本は5/8に届くから、そちらはオレの単独チョイスなので、自力で当たりを引いてやりますよ (笑) 。オレには人並み以上の鼻と舌があるから、今の段階では知識は却って邪魔。


moukan1972♂moukan1973






Comment

Name - moukan1972♂  

Title - To サンジュリアンさん



毎度です。


──モーカンさんBBやBNから飲み始めたから、ある意味最初の壁ですよ。 まあ、料理酒にならないだけシャンの方がマシですかね?

壁というか、サンジュリアンさんが「シャン祭り」で旨いヤツを僕に飲ませたのが悪いんですよ (笑) 。でも仰る通り、日本酒のハズレほど「飲めない」とかはないので──シャンはシャン──、酒と真剣に向き合わなければ楽しい時間は過ごせますね──撃沈しませんし。僕の場合、ある意味、日本酒の家呑みは異常な精神状態ですからね (笑) 。


──凡庸な作り手や手入れの悪い畑からは銘酒は産まれませんが、鋭い嗅覚のモーカンさんですから自力で良いもの見つけれるかも? 良い目・痛い目に会うのも良い経験ですね。

いや、自力で見つけるというか、最初はジャンクな体験も必要ですし、僕もレコードなんかでは何万枚ものクソ皿にさんざ針を落としてきましたからね。ブスを知らなきゃ美人を語ることはできないんですよ。

あとは、シャンのNVは出荷時期で完成度にムラがありますので、サンジュリアンさんは今はもう買ってないですし、日本酒のように100%同じ情報 (同じBYの同じ酒) を共有できないんですね。なので、サンジュリアンさんからのオススメも拾いつつ、クジ引き感覚で飲んでみて、気に入れば、そこでキングに知識を広げてもらおうかと (笑) 。

ま、シャンは基本的に週末しか飲まないので、1年で飲める本数も限られます。ひとまず300本くらい飲まないと味覚の体系は整わないですね。ゆっくり行きますよ。日本酒も500本くらい空けてからですからね、いろいろな部分が見えてきたのは──ただし、シャンは味わいに関しては日本酒ほど千差万別ではないので──シャンはシャン──、100本くらいでなんとか味覚MAPはおぼろげに見えてきそうではありますが、当然、高いヤツや極上ヴィンテージはホイホイ買えませんので、あくまでもNVを中心とした世界観です。

というわけDE、なにかあれば覚え書き感覚でBBSに好き放題書いてください。すべてにレスはできませんが、必ず目は通します。

2017.04.29 Sat 19:42
Edit | Reply |  

Name - サンジュリアン  

Title - 自力開拓

毎度です。

モーカンさんBBやBNから飲み始めたから、ある意味最初の壁ですよ。
まあ、料理酒にならないだけシャンの方がマシですかね?

ワインは、畑と作り手と時間(飲み頃)のマトリックスですが、シャンの場合、飲める時期に出荷されるので最初の二つでほぼ質が決まります。
凡庸な作り手や手入れの悪い畑からは銘酒は産まれませんが、鋭い嗅覚のモーカンさんですから自力で良いもの見つけれるかも?
良い目・痛い目に会うのも良い経験ですね。
2017.04.29 Sat 18:41
Edit | Reply |  

Add your comment