◤萩の鶴 - 純米吟醸 別仕込み 猫ラベル 桜Ver 生原酒 28BY ── dಠಠb「もういい加減にしてくれ、この香り」#Nigori 



※こちらの記事は『第3回・味クラーヴェ大会』から個別にセパレイト&加筆したものになります。

2017春クラーヴェ1



 28BYの「別撰」が「別物」だったので、27BYの「別撰」と数値が近くて「微発泡」言うから思わず買ってしまった萩の鶴です。なんか売れてるみたいだけど、もはや記事を書くのが面倒で仕方ないほどにどうでもいい酒です。ラベルに「桜」があると「春ヴァージョン生原酒」で、「風鈴」があると「夏ヴァージョン加水火入れ」という、なかなかオツな演出でそこはニクイんだけど、肝心の酒の方はといえば、今季の味と香りは我々夫婦的には完全にNGです。

 とにかくブドウ様のフルーティネスがない──これに尽きる。

 あーあ、メンドクセエ。




haginnotsuru_sakuraneko28by1.jpg

2017春クラーヴェ3
 bottle size:720ml




SAKE GRADE:☆☆☆

【349】萩の鶴 純米吟醸 別仕込み 猫ラベル 桜Ver 生原酒 28BY <宮城>

萩野酒造株式会社:http://www.hagino-shuzou.co.jp


Moukan's tag:




haginnotsuru_sakuraneko28by2.jpg



haginnotsuru_sakuraneko28by3.jpg 立ち香──あああ、ヤヤモン&ヤヤキー (ややアーモンド&ややミルキー) 。発散レベルは抑えめだけど、これは不安だ──♡☺♡「あああ、ん? 最近こういう匂い、多いんだけど。ちょっと不安。ミルキーなんだけど。これ、あきらかにミルキーでしょ? ミルキーの先読みキター!

 カナリア vs 猫の乳搾り──。

 ♡☺♡「・・・微妙でしょ? ちょっと呑んでみてよ。えええ〜。ちょっとこれは厳しいんじゃないか?


 ▼大ヒット商品「吟味」
haginnotsuru_sakuraneko28by7.jpg 微妙どろこか、これは完全にダメ。「米鶴 純米吟醸 超しぼりたて生」に近い香りと苦み。あそこまでザラザラしてないけど、別に旨くない。ガスはそこらの直汲みよりはあるけど元気はないから「強めの炭酸が抜けた」ようなルック。しかし「牛乳@お花畑」はなんとかならないのか。これも高グルコアミラーゼ系の種麹だと思う。

 種麹メーカーは苦みの元となるアルギニンの出にくい商品 (※写真の種麹は萩の鶴とは無関係) を蔵に薦めてるみたいだけど、実験データとの乖離が現場で起きてるんじゃいの? この手の酒に共通してるのは、そのすべてが苦くて渋いこと。これは28BY最大の汚点になりそうな気配。これはヤバイな。ホント似たような酒が多すぎる。なにせ国内に数社しかないみたいだからね。多くの造り手が同じ種麹を使用するというのはよくある話。なにせヘロキ (飛露喜) ですら少しずつ試してるくらいだから。いくら「甘い酒が売れる時代」になったからと言って、旨くなきゃ意味がない。佐藤氏にメールしようかなあ。これは大いに問題あると思うな。

haginnotsuru_sakuraneko28by4.jpg ♡☺♡「変な苦みがある。チグハグ。まとまりがない。ミッチーとこれしかないならアタシはミッチー呑むよ」──確かに。

 撹拌して──。

 ♡☺♡「断然こっちのがいい。断然こっちのがいい (2回) 」

 少し酸に締まりが出て、味わいがタイトになる──GA!──「別撰 27BYとは一体なんだったのか問題」は未だ解決されず・・・。

 たぶんこの酒に2日目はない。☆3です。





── まさかの2日目。


haginnotsuru_sakuraneko28by5.jpg



haginnotsuru_sakuraneko28by6.jpg 立ち香──ちょっと酸化して「お花畑」が「お花&果樹園」に。

 ♡☺♡「イヤな苦みは残るけど、昨日よりは全然呑める

 最初の一口は「おっ?」と思うが、徐々に柵を越えて畑の中に牛の大群がドコスコやってきて乳ビームを周囲に放射。とにかくこの手の花畑酒にはブドウ様のフルーティネスがないのが最大の問題。

 こんなもんは呑めない。☆3です。


moukan1972♂moukan1973






日本酒 萩の鶴 日輪田

Comment

Name - moukan1972♂  

Title - To NTさん



毎度です。

日輪田レポありがとうございます。まだ買えてません・・・。


──控えめな果実感と、上品なあとくちで、悪くないと感じました。少なくとも、渋味、苦みはなかったです。先日飲んだ、東洋美人の一歩、直汲みの1日目と非常に似た感じです。(東洋美人は27BYを記事に挙げておられますね。記事を拝見する限りは、28BYも同様かと)。

27BYは割と豊満なタッチもありつつ、山廃的なクリアネスでそれらをシュっと手仕舞う感じでしたが、今季はさらに軽そうな感じがしてます。「萩の鶴」と「東洋美人」には少し似通ったニュアンスを探せることが多いので、その指摘も当たってると思います。「日輪田」の方が「一歩」より軽い飲み口であってほしいですが。


──6以上が付くようなことはないと思いますが。

アハハ、この酒にそこまでは求めてませんよ (笑) 。適度な果実味を感じながらWell-Madeな流れで軽やかにクイクイ呑めればそれでよしです──最近はロクでもない速醸酒ばかりに当たるので。

この雄町は27BYの出来が良かったので、そこを超えてくるイメージはないですが、必ず呑もうと思ってます。

2017.04.21 Fri 16:33
Edit | Reply |  

Name - NT  

Title - 日輪田 雄町

こんにちわ。

昨日の深夜、日輪田 雄町 開けました。 すでにヨッパだったので、あまりあてになりませんが、控えめな果実感と、上品なあとくちで、悪くないと感じました。少なくとも、渋味、苦みはなかったです。 先日飲んだ、東洋美人の一歩、直汲みの1日目と非常に似た感じです。(東洋美人は27BYを記事に挙げておられますね。記事を拝見する限りは、28BYも同様かと)。

moukan様が飲まれて、6以上が付くようなことはないと思いますが。
2017.04.21 Fri 15:03
Edit | Reply |  

Add your comment