【第3回・味クラーヴェ大会】今回は散りゆく桜を惜しみつつ春酒を3本 ── dಠಠb&♡☺♡「今の我々にこのへんの甘口はもはや鬼門か・・・」#三千櫻/萩の鶴/あべ 




2017春クラーヴェ2 SAKE GRADEへの振り分けもあるので、個別記事は後日セパレートしてUPします──我ながらメンドクセエ (笑) 。

 特に「春酒」を意識して集めたつもりもなかったんだけど、結果的にサクラ色な酒が3本ほど揃ってしまったので、予め記念撮影しておきました。「三千櫻」は低アル原酒でALC.8度なんだけど普通に酔います。26BYと27BYも呑んでますが、26BYはオレの中のレジェンドで☆5は余裕。「萩の鶴」も27BYを呑んでます。ガスがなくて跳ね返りがドスンと辛かったんだけど、今季はどうだろう。数値が27BYの「別撰」に近かったからつい (笑) 。「あべ」はそこまで好きでもないけど、マグレなのか本気なのか、銘柄的な属性を確かめたくて。だけどこの新商品はキャッチー&フルーティーみたいね。それでも「あべ」らしさ (無骨なバナナ・リキュール感) が出てることを期待。


 春クラーヴェ!!!

【348】三千櫻 桜にごり 愛山 生原酒 28BY <岐阜>
【349】萩の鶴 純米吟醸 別仕込み 猫ラベル 桜Ver 生原酒 28BY <宮城>
【350】あべ 純米吟醸 たかね錦 ピンクラベル生 28BY <新潟>







◤本日の1曲♪ <場外市場>

 ▶︎Matthias 'Matty' Heilbronn feat.Monique Bingham - Go Getter (2004)
 


 ▶︎勝手に認定「Mr. 味クラーヴェ」こと、DJ Disciple
music_DJ_Disciple1.jpg


 さあ、祭りの開始じゃ〜♪




2017春クラーヴェ1

2017春クラーヴェ3


※細かい記事は「個別版」で書きます。ここでは軽い感想程度で。



SAKE GRADE:☆☆☆½

【348】三千櫻 桜にごり 愛山 生原酒 28BY <岐阜>

三千櫻酒造 株式会社:http://michizakura.jp


Moukan's tag:




michizakura_sakuranigori28by1.jpg 立ち香──乳酸フレイヴァー (カルピス感) は弱め。甘やかな白桃──でも香りのエネルギーは弱い。

 先ずは上澄みから──開栓は余裕。

 ちゃんとした記事は後日UPするとして、まあ薄いです。26BYは「なにこれ超旨いカルピスソーダなんすけど!」だったのに、27BYは甘酸のコントラストは弱まって甘さが増し増しになって、28BYは更に酸が行方不明で、単なる「砂糖水」みたいな甘さ。ALC.8度でも全く薄く感じなかった26BYとは対極。ガスも少し元気ない。ノイズになるような「苦み」「渋み」「辛み」は皆無だけど、子供の頃に町内会の神輿を担いだご褒美にもらった謎メーカーのサイダーじゃあるまいし、こんなんじゃオトナは騙されねえぞ。

 ♡☺♡「去年からいろいろ呑んでるから感じ方も変わったし、経験値もUPしたからなのか、去年はもっとテンション高かったと思うけど、今は特に感動はない」──実際、27BYの方が全然旨い。

 撹拌して──。

 乳酸フレイヴァー (カルピス感) は増すけど、それでもサンタリーナ (酸、足りてない) 。やや子供用の風邪薬シロップ風の香り。☆3.5です。



SAKE GRADE:☆☆☆

【349】萩の鶴 純米吟醸 別仕込み 猫ラベル 桜Ver 生原酒 28BY <宮城>

萩野酒造株式会社:http://www.hagino-shuzou.co.jp


Moukan's tag:




haginnotsuru_sakuraneko28by1.jpg 立ち香──あああ、ヤヤモン&ヤヤキー (ややアーモンド&ややミルキー) 。発散レベルは抑えめだけど、これは不安だ──♡☺♡「あああ、ん? 最近こういう匂い、多いんだけど。ちょっと不安。ミルキーなんだけど。これ、あきらかにミルキーでしょ? ミルキーの先読みキター!

 これはダメ。「米鶴 純米吟醸 超しぼりたて生」に近い香りと苦み。あそこまでザラザラしてないけど、別に旨くない。ガスはそこらの直汲みよりはあるけど元気はないから「強めの炭酸が抜けた」ようなルック。しかし「牛乳@お花畑」はなんとかならないのか。これも高グルコアミラーゼ系の種麹だと思う。

 種麹メーカーは苦みの出にくい商品を蔵に薦めてるみたいだけど、実験データとの乖離が現場で起きてるんじゃいの? この手の酒に共通してるのは、そのすべてが苦くて渋いこと。これは28BY最大の汚点になりそうな気配。これはヤバイな。ホント似たような酒が多すぎる。なにせ国内に数社しかないみたいだからね。多くの造り手が同じ種麹を使用するというのはよくある話。なにせヘロキですら少しずつ試してるくらいだから。いくら「甘い酒が売れる時代」になったからと言って、旨くなきゃ意味ない。佐藤氏にメールしようかなあ。これは大いに問題あると思うな。

 たぶんこの酒に2日目はない。☆3です。



SAKE GRADE:☆☆☆☆

【350】あべ 純米吟醸 たかね錦 ピンクラベル生 28BY <新潟>

阿部酒造 株式会社:http://www.abeshuzo.com


Moukan's tag:




abe_pink28by1.jpg 立ち香──また??? グイ呑みに注いで液面が動くとゴリゴリなミネラル感の先読みが。この段階では「あべバナナ」はないな──♡☺♡「また似た感じの香りじゃない? また同じじゃん

 含むとちゃんとあった、あべバナナ (笑) 。苦みのルックもあべ式。去年2本呑んで感じたような酸っぱみはないけど、少し焦げたような苦み、ゴリゴリしたミネラル感は相変わらず。ビターチョコ風味のバナナ・リキュールな感じ。大人ドライなビターフルーティー。別に大した酒じゃないけど、ま、そこそこいいんじゃないかな。若々しいヤンチャさもあるし、何より──ここが一番大事だけど──「あべ」を呑んでるというアトラクション性がある。

 ♡☺♡「なにこれ? 今日の中ではこれです。立ち香と味が違う。草感あるね。ドライでいいんじゃない? アタシは今日イチ。スッキリしてる

 うん、これまでの「あべ」の中で「一番甘い」けど、コアにピーンと張りつめた芯があるんだよね。結構ミネラリー。少し振り切れたバランスだけど、まあ、今日の中では一番マシ。いろいろ雑だけど、それでも楽しいお酒。正直、これ単体で呑んで☆4かは微妙だけど、本人のやりたいことがストレートに伝わってくるし、きっと造った本人もそこそこ出来に満足してるであろうことは分かる。そういう酒には特に好きじゃなくても☆4は付けるようにしてる。






 人の舌は正直。
2017春クラーヴェ4



 別に狙ってないよ。本当にSAKE GRADEに沿った減り方になった。まあ、この中に「米鶴」や「黒澤」があったらもっと激しい差が出ただろうけど、「あべ」の減りもそんなに多くはない。それでもこの中では一番マシ。

 ♡☺♡「あべは特徴がある。最近は特筆すべき酒がないから、これはこれと思える。チョコバナナ。あべの特徴っていうのは全部こういう味なの?」──いや、「あべ」はこれでもう3本目なんすけど・・・。


moukan1972♂moukan1973






日本酒 味クラーヴェ 三千櫻 愛山 萩の鶴 日輪田 あべ

Comment

Add your comment