◤櫛羅 - 純米 無濾過生原酒 27BY 〜Kodama Tuning〜 ── d++b「ううう、なんか泣けてきたぞ、オレは・・・」#Well-Cured 




kujira_junmai_kodama27by3.jpg 篠峯を醸す千代酒造のもう一つの看板銘柄、櫛羅 (くじら) です。1994年から取り組んだという、蔵の周囲にある自家田で育てた山田錦を使用した、まさに篠峯版テロワールとでも言うべき銘柄です。ここ最近は「純吟 (山田錦50) 」と「純米 (山田錦60) 」の2種類で、まずは1月頃に生が、遅れて火入れが出るので、全部で4種類あります。今回は「純米 (山田錦60) 」の無濾過生原酒を「地酒屋こだま」が独自に熟成させた27BYになります。

 去年、これの「純吟 26BY」が☆7を獲得したことは当ブログの熱心な読者であればレンジェンダリーな事実だと思うので、ここでは蒸し返しません (笑) ──もうさんざ言ったよ。

 実は全く同じ酒を去年の10月末に「日本シリーズ」を観ながら呑んでいて、オレの中では☆3.5の物足りない酒ではあったものの──そして、最初からペラい酒が熟成でどうにかなるものではないと思いつつも、それでもきっとオレに少なくない大切な何かを教えてくれるだろうと考え、買ってしまったというわけ。

 新酒時の数値は「日本酒度:+6、酸度:1.9、酵母:協会9号」と、まあ「篠峯」にはよくある眺めの数字だけど、熟成でこれがどう変化してるかまでは分かりません。期待はしないが、楽しんで呑んでみよう。




kujira_junmai_kodama27by1.jpg


 
 ▲メジャーデビュー曲。

 ▼元ネタ。moukan1973♀の青春の1曲 (笑) 。
 

 ▼「人間発電所」の元ネタ。
 


 ▼「2016. 11」というのは蔵出し (出荷) の時期。「地酒屋こだま」ではここから更に独自の温度で熟成させる。実際には「2016.1〜2」頃に搾った酒です。
kujira_junmai_kodama27by2.jpg
 bottle size:720ml




SAKE GRADE:☆☆☆½

【346】櫛羅 -くじら- 純米 無濾過生原酒 27BY 〜Kodama Tuning〜 <奈良>

千代酒造:http://www.chiyoshuzo.co.jp


Moukan's tag:




kujira_junmai_kodama27by4.jpg 立ち香──液面が動いてない開けたては穏やかなものの、系統的には酸ロードを滑る、クリアで実体感の薄い白ブドウ様。当然メロンやバナナやイチゴはない──そもそも「篠峯/ろくまる/櫛羅」にこっち系の果実香はないわけだが──、それでも蜜のような甘みが不意に伸びてくるあたりは、前回にはなかった香りの要素じゃないかな。

 軽く撹拌したけど、ややエステリーなキラメキの中から舌にジュリっと乗っかるミネラル感の先読み有り。ほんのり粉っぽいニュアンスもあるかな。香りはさっきまで呑んでた「純米吟醸 雄町 袋吊り雫酒」の方が素敵。

 とりあえず呑んでみる──。

 あああ・・・これが27BYの限界か・・・。うーん、またもや微妙なラインを突いてきた (笑) 。全体の印象は前回とあまり変わらんな。



▼前回の記事より──あえて読み返さずに今回のを書いたけど、まあだいたい細かい印象は同じ。そりゃそうだ、前回の味と香り、覚えてるもの。


 立ち香──ちょっと香りが痩せてるかなあ。山田錦60生が半年以上寝てて、これは少し頼りない。割りと寝てるはずなのに、少し青々しいニュアンスも。フルーツ感は?──うーん、上っ面な香りだなあ。味のしない、熟れ不足のリンゴというかさ。moukan1973♀は♡☺♡「チョコバナナ」みたいと言ってるけど、そこまでドカっと派手な熟香はない。ちょいクリスタルなエステル香もありつつ、セメダインまでは届かず、かえって少しボヤけた見晴らしになってしまったというか。

 ガスは少し残ってるけど、快活さはない。少しカカオ様のホロ苦さもあって、熟味はここに効いてるかという感じ。うーん、もっとフルーティネスに満ちた甘酸フィールド内での溌剌さが欲しいよな。

 全体にはオシャレでモダンなんだけどねえ。今、豚の肩ロースをしゃぶしゃぶにして食ってるけど、ガス感、ドッシリしたミネラル感、退けにかけてのホロ苦さ、キュっと締まりのある酸──まあ、ここまではいい。だけど、この程度の酒じゃないんでね。26BYの純吟の「片鱗」すらないです──残念ながら。

 ペラいなー。






kujira_junmai_kodama27by5.jpg 今回の「Kodama Tuning」を通じてわかったことは、最近呑んだ他の酒との絡みも含めて説明すると、「みむろ杉 (露葉風) 」が「むしろ過ぎ」と感じるくらい、この「櫛羅」はさらに地味なレベルでピチャっとジューシイな飲み口であるということ。そしてまたもや、ここで「呑める問題」が勃発。これを褒め要素とするかの判断が、28BYに頻発しているゲロ酒「桃牛乳@お花畑 with アーモンドオイル」に比べりゃ遥かにマシという相対評価の中でますます難しいものになっているという、我々ならではの問題がある。

 親心で☆4を付けたい──でも付かない──でも付けたい──それでも付かない!!!!!


kujira_junmai_kodama27by6.jpg ガスはあるっちゃあるレベルで、そこが27BY的なモロミの不健康さなのだろう。「ジュース」としては先の「雄町 雫酒」よりはキャッチーだけど、ややホロ苦ミネラリーなタッチが強いかな。ホント「みむろ杉」をさらに地味にした感じ (笑) 。

 熟味や熟香はほとんどないんじゃないかなあ。とはいえ、余韻の中に飴っぽい光沢感のある甘みがギスギスしたミネラルの草むらの中からツルんと漏れ出てくる瞬間もあって、前回との唯一の大きな違いはここかなあ。ただ、逆に果実的な酸味はだいぶ落ち着いてしまったので、この銘柄らしいパキーンとした眩しさは前回の方があった。あーあ、これの26BYが呑みたかったぜ──ちなみに去年のKodama Tuningは純吟ONLYだったはず。

kujira_junmai_kodama27by7.jpg ワイングラスでの大逆転に期待──。

 おや、ガス増し増し──最近このパターン多いな。そしてサイダー的な甘みにエレガントなミネラル感が重なる。うん、今日イチかな。今は印象論的な高揚感に包まれて☆4! ジュースとしての魅力は正直ないけど、これを呑めばわかる人にはわかる──いかに今の「而今」がガキの工作か。惜しいなあ。やっぱモノトーンにドライなんだなあ──☆3.5に戻された!──なぜか台所で2017年最大の葛藤がオレの脳内で沸き起こっている (笑) 。



 ☆4には・・・至らず・・・無念!!!!!
music_涙1



 それでも、わかる人にはわかる、この圧倒的なエレガンス! でも、でもでもでもでも! やっぱ「ジュース」で「謙信 (☆4) 」や「やまとしずく (☆4.5) 」ごときに勝てない!!! ううう、なんか泣けてきたぞ、オレは・・・。篠峯が、あの崇高なる篠峯が、ジュースでこの2つに負けるとか、マジでありえん・・・。

 相変わらず酸の出方は美しい。蜜のような甘みに美しい輪郭を与えている。でも、でもでもでもでも!──なにせジュースに魅力がない!!!

 最後の1杯──。


kujira_junmai_kodama27by8.jpg ダメ☆3.5。こんな「篠峯 (櫛羅) 」を読者に薦めることはできない。それがオレの矜持。でも、泣きながら呑める (嘘) 。今は「みむろ杉」が「みむろ草」になって「みむろ苔」になってる状態。それでも踏ん張ってエレガントな液性をガイコツだけで表現してる──そこが泣ける! 口の中はいちいち気持ちイイ!──だけど味がしない (涙) !!!!!

 さーてとっ。「純吟 Kodama Tuning 27BY」はいつ開けるかなあ。「純米」でこの程度の熟味だから、「純吟」はここから更に半年くらい引っ張るかなあ。26BYはジュースとしてのエキス感や果汁感が尋常じゃなかったからこのくらいの熟成期間でも明白に〝熟れ〟を感じたけど、27BYは全然だよ。そこまで露骨に「熟成してまっせ〜」という要素がまるでない。

 それでも28BYの木香ファイヤーなハズレ酒にチャレンジするなら、美酒としての一定以上のエレガンスを兼ね備えているこの27BYを呑んだ方が幸せであることは間違いない。この銘柄としては全然だけど、他とは違う何かを感じることは可能だと思う。





── 2日目。


kujira_junmai_kodama27by9.jpg



kujira_junmai_kodama27by10.jpg 立ち香──甘みというか、果実的な実体感は出てきたかな。ま、残りが70〜80mlくらいなので、シロップ化が進んだということだとは思うけど。これ、もしかしたら初日は味見だけして本格的に呑むのは2日目以降がいいかもしれないような気が、今になってしてきた。やや粉っぽい乳酸感があるのはミネラル成分に掛かる熟味なのだろうか。

 残り1杯だけど──。

 蜜っぽい甘みをハッキリと感じる。ただ、矢継ぎ早に酸による手仕舞いとミネラルの嵐が来るので、甘みが膨らむ前になぎ倒されてしまう──つまり「甘テロ」に至る前に「甘」が引き取られてしまう。

 今日はますますライスワインなタッチ。「みむろ杉」の2日目のような劣化はないから、そこは酒としての強さは上。今日は「ピチャっとジューシイ」というより「ジリっとミネラル・ジューシイ」なニュアンス。粉っぽい渋みが少し強いけど、食中はこれくらいビシっとした液性の方が味わいが潜らなくていいかも。白身魚のカルパッチョなんかにすごーく合いそう (笑) 。


 うん、27BY的なペラさ、薄さ、細さはあるけど、オレにはしっかり伝わる篠峯的エレガンス──これがあるから全然呑める。中途半端な田舎吟醸を呑むくらいならオレはこれを呑むし、今目の前に28Yの「而今」があったとしても、2日続けて「櫛羅」を選択するよ。

 でも、これならやっぱ「愛山65生 27BY」の方が酒としてのポテンシャルは上かな。

 あと、実はmoukan1973♀は2日目のコンディションをオレとは別の時空で呑むんだけど、おそらく彼女は普通に♡☺♡「旨い!」と言いそうな気はしてる。結果はTOPの似非ツイート・スペースで (笑) 。温度が上がってくると甘みもグングン伸びて来るけど、強靭なミネラルの風も同時に舞うので、跳ね返りのボールの勢いも増す。


moukan1972♂






日本酒 篠峯 櫛羅

Comment

Name - moukan1972♂  

Title - To temakinoriさん



毎度です。


──櫛羅の純吟orz… この記事読んで☆3.5だから櫛羅じゃなくて篠峯の別のやつと思って選びましたが、純米だったのか。。。櫛羅の純吟26BYは最高ランクじゃないですか。うわー、27BYの純吟買えば良かった…。

アハハ。ちょっと入れ違いだったですね。純吟も別に期待はしてなかったんですが、読者さん (大頭頭さん) が美味しく呑めたようなので、このやりとりを見てたと思ったんです (笑) 。

「純米」も☆3.5ですが、たとえば「貴 新酒 28BY」や「賀茂金秀 雄町生 28BY」よりはハードボイルドではないですし、千代酒造らしいエレガンスはちゃんとあると思います。ただ、僕が満足することはないというだけで、ドライ戦士のtemakinoriさんならそれなりに楽しめるんじゃないかという話です──moukan1973♀も普通に旨いと言ってましたし (笑) 。

「櫛羅」の方が「篠峯」より酸っぱいベリー感 (ブドウ感) があるので、風の森なんかの流れで、より自然にカラダに入ってくると思います。僕はもう少し引っ張ってから純吟を開けようと思ってます。純米もまだまだ全然フレッシュな領域ですね。


──遊々、いま飲んでます。製造が17年4月なのでちょうど一年前ですが、全く時間を感じさせませんね。 甘味、味のりはともに僕にはちょうど良いです。Body感も適度。パインと酸がいいですね、いままで飲んだ篠峯の中では一番好みです。

27BYの1年モノあたりが逆に程良いかもしれませんね。26BYの生酒は旨すぎるので、temakinoriさんには少し味幅がファットかもしれないです──もう買えませんが (笑) 。


酒のジャケ買いはそうそう当たるもんじゃないですよ (笑) 。検討を祈ります。

中央線にも酒屋がたくさんあるので、こちらも半日かけて回るには便利です。「四谷 (鈴傳) 」「高円寺 (高原商店) 」「阿佐ヶ谷 (柳瀬屋) 」「西荻窪 (三ツ矢) 」「三鷹 (碇屋) 」「武蔵境 (中川商店) 」ですね。三ツ矢は720mlが少ないですが、伊勢角屋のクラフトビールがあるので、行ったら是非ペールエールを (笑) 。これ、都内の酒屋であまり扱いないです。

2017.04.16 Sun 22:17
Edit | Reply |  

Name - temakinori  

Title - おぉぅ…

こんばんはー。
櫛羅の純吟orz…

この記事読んで☆3.5だから櫛羅じゃなくて篠峯の別のやつと思って選びましたが、純米だったのか。。。櫛羅の純吟26BYは最高ランクじゃないですか。うわー、27BYの純吟買えば良かった…。

ちょっと予習なしにふらっと寄ったのが裏目に出ました、もっとちゃんと調べてから行けば良かったなぁ。
近日中に再訪してGETしてきます。

遊々、いま飲んでます。製造が17年4月なのでちょうど一年前ですが、全く時間を感じさせませんね。
甘味、味のりはともに僕にはちょうど良いです。Body感も適度。パインと酸がいいですね、いままで飲んだ篠峯の中では一番好みです。

モウカンさん馴染みの酒屋巡り、ご丁寧に解説ありがとうございます!
後戻りなしの一方通行でめぐることになると思うのでしっかり予習して挑むつもりです!
なんてったって、ジャケ買いのセンスがあまりにもないので。。。笑
2017.04.16 Sun 21:26
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To temakinoriさん



毎度です。

あれ??? 櫛羅の純吟27BY買わなかったんですね。


──篠峯 純米 山田錦「遊々」無濾過生 7号 27BY

僕は25BYの生熟 (1月搾りの8月出荷) で呑んでますが、temakinoriさん的にはイケるラインだと思います。毎年1月頃にリリースされる商品なので、少し寝てますが、そこまで熟々ではないと思います。磨き70なのでそこそこのBody感はあると思いますが、それでも27BYなので逆にイイ塩梅かもしれません。26BYなら相当にボリューミイだったと思います。25BYも凄い飲みごたえありましたね。


──お店の方にろくまる雄町は飲んだことがあると伝えたら、あまり合わなかったでしょと言われましたよ。笑

26BYなら問題なく旨いですけど、今季は・・・。


──ちなみに今錦、今飲んでますが食用セメダイン&バニラです。二日目になってだいぶ馴染みました、ガスのない風の森のような感じ。比較的美味しく飲めています、こういう系は馴れているのでアガることがないですけど。

今錦は未飲です。「食用セメダイン&バニラ」ということであれば、つい最近「長陽福娘 純米八反錦 無濾過生原酒」が出ましたね。結局、買いました。あまり都内の特約店でオーダーのかからない商品ですが、27BYは旨かったです──ただし、temakinoriさん的には少し味幅がファットかもしれません。28BYならイイ塩梅かも???


──また今度少し足を伸ばして普段行かない酒屋訪問をするつもりです、よくモウカンさんの記事に名前が出てくる秋山とかマチダヤとか之吟とかは行ってみたいと思っています。またそれとは別にうえも商店というところも気になってるんですよね。

半日かければこの4つは同時に回れます。「之吟」と「うえも」が両端なので、「之吟」Startなら「新井薬師」から徒歩12〜3分で「之吟」→同じ通り沿い→「マチダヤ」──そこから徒歩20分で大江戸線「中井」──「秋山」 (新江古田) →「うえも」 (練馬春日町) です。

逆なら「うえも」Startです。僕は中井の「みらべる」というスーパー (家からチャリで10分弱) にチャリを止めて大江戸線に乗り込みます (笑) 。ちなみに「うえも」は無理ですが、「マチダヤ」「之吟」「秋山」は全てチャリで行けます (25分圏内) 。

毒味してませんが、「之吟」なら「竹雀」の山廃あたりを──本命は「純吟 雄町50生」──アタリなら激ウマ。「秋山」はいろいろありますので、元力士風の店主 (常務) に会えたら細かい相談に乗ってくれますが、若いあんちゃん (メガネの方) も店の酒をよく飲んでるので、好みを伝えればアドバイスしてくれます。彼は「篠峯好き」なので僕と話が合います。「うえも」は720mlがたくさんあります。店主は熱心で親切です。「マチダヤ」は究極の放任主義なので自主性が大事で、「之吟」はマスターの独演会に付き合いつつ自身のペースを忘れずに (笑) 。


2017.04.15 Sat 23:55
Edit | Reply |  

Name - temakinori  

Title - 篠やん

こんばんはー。
この記事読んだとき、ちょうど大塚通れるルートだったのでこだまに行って来ました。

今錦 特別純米酒 中川村のたま子 無濾過生原酒
篠峯 純米 山田錦「遊々」無濾過生 7号 27BY

この二本を買いました!
あまり飲んだことない銘柄ばかりだったので僕好みの正解はどれだったんだろうと思いながらも、モウカンさんチョイスの櫛羅と同じ27BYの篠峯の遊々を選びました。

お店の方にろくまる雄町は飲んだことがあると伝えたら、あまり合わなかったでしょと言われましたよ。笑

ちなみに今錦、今飲んでますが食用セメダイン&バニラです。二日目になってだいぶ馴染みました、ガスのない風の森のような感じ。比較的美味しく飲めています、こういう系は馴れているのでアガることがないですけど。

また今度少し足を伸ばして普段行かない酒屋訪問をするつもりです、よくモウカンさんの記事に名前が出てくる秋山とかマチダヤとか之吟とかは行ってみたいと思っています。またそれとは別にうえも商店というところも気になってるんですよね。

最近はおかげさまで色々な銘柄チャレンジできて楽しい盛りです、また遠征する際にはぜひナビゲートお願いしますね♪
2017.04.15 Sat 20:03
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To 大頭頭さん



毎度です。

moukan1972♂が書いてます。moukan1973♀もレスを読みました。ありがとうございました。


──ハンドルネームはダートウトウです。 中華街で売っているお面です。

了解です。今、画像検索しました (笑)。


──私にとってはB-girlなんて輝けるした存在でした。

moukan1973♀との出会いは古いんですが、まあ、大学3年〜4年 (1994〜1995) の頃は女だてらに渋谷に繰り出してマンハッタンやCiscoやDMRでHip Hopの12インチをちょいちょい買ってたらしいですからね (笑) 。あとは、その当時のJapanese Hip Hopシーンには異様に詳しいです。実際、一部の「FG Night」ファミリーの連中とは知り合いなんですよ。いつも言ってるのは「RIP SLYMEなんかあの中で一番ダサかった!」です (笑) 。


──もうかんさんの音楽的志向も当ブログにはまったきっかけです。 ミュージック方面のもうかんセレクションも追っかけていきますよ!

Hip Hop/R&BサイドのリスナーともSOUL/CLASSICS/RARE GROOVE方面で被る要素も多いと思いますし、逆に縁遠いNY系Discoなんかもご紹介できるはずなので、刺激になれば幸いです。かく言う僕自身も今はYouTubeがあるので、青春リバイバルで日々どんどん新しい出会いを音楽フィールドで果たしてます。昔は冷やかしで高いレコードを店で視聴するしかなかったので、この状況は天国ですね (笑) 。
2017.04.15 Sat 12:30
Edit | Reply |  

Name - 大頭頭  

Title - 読み方はダートウトウです。

moukan1973さん
初めまして、いつもやり取りを楽しく拝見しております!
ハンドルネームはダートウトウです。
中華街で売っているお面です。
私にとってはB-girlなんて輝けるした存在でした。
なぜか周りは、いい匂いのするモクモクした場所で夜通し四つ打ちで踊るような女友達ばかりだったもので。

もうかんさんの音楽的志向も当ブログにはまったきっかけです。
ミュージック方面のもうかんセレクションも追っかけていきますよ!
2017.04.15 Sat 10:53
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To 大頭頭さん



毎度です。

こちらこそ、連日のコメントありがとうございます。


──実は私、こだま27純吟を一昨日あけまして。 ちなみに店頭で純米と純吟を試飲しました。純米は面白くなくていまいちでしたよ。

純吟の27BYは通常コンディションで呑んでないので、そことの比較はできないんですが、まあ、27BY全体の傾向はだいたい掴んでるので、そこからどう飛び出すかですね。期待はしてないですが、熟成による味わいの外への張り出しを優しく見守る心積もりです。


──てことで純吟を買ったのです。純吟のほうが良いですよ。

これは明日に希望がつながる良い情報をありがとうございます (笑) 。


──店主が「開けてから3日~一週間で旨くなるよ。ゆっくり楽しんで」と言ったのですよ。 これはつまり「まだ熟れてないから、放置せよ、あるいは早めに呑みたいなら空けて酸化させよ」とのことでは!と思い開けてちょいとほっといたら乳酸感じてふくよかになって旨くなってきましたよ。

初日はガスも残っていてミネラル成分が少しワシャワシャするので、翌日以降の方が熟味としての甘みが膨らんで来るということなんでしょうね。簡単に言うと、コーラや三ツ矢サイダーもガスが抜けると甘くなるじゃないですか。似たような言説は、よく「風の森の2日目」なんかでも見かけます。

もちろん酸化によって味わいの輪郭が整うこともありますが、ここの蔵の酒は元々の酸度が1.8〜2.0と他の銘柄より高いので、今回の純米も酸化による変化はあまりなかったですね。むしろ酸の陰に隠れていた甘が出てきて「甘酸」のコントラストが明瞭になって、それで「乳酸指数」がUPしたんじゃないですかね。

ただ、720mlということもあり、少し焦って呑んでしまったので、1800mlを3日くらいかけて飲めば、熟味としての、この蜜のような甘みにもう少しチャーミングな表情が出てきたかなとは思います──うちは夫婦二馬力なので、720mlは基本1日で空いてしまいます。

それでもこの純米はそもそもの出来栄えがイマイチですかね。ま、普通に飲めますし──これより酷い酒 (☆3以下) を最近何本も呑んでいてそれらよりは遥かにマシですが、僕らにとって「篠峯/櫛羅/ろくまる」というのは☆5以上が当たり前の銘柄なので、そこそこ旨いくらいじゃ満足はしないですね。でも、これはこれで楽しめましたし、買ってよかったと思ってます。


──26byのこだま純吟を呑めなかったから、もうかんさんの至高はわからないけど、オレはこれを開けて数日おいて燗つけたら激うまでした。

純吟は1800mlで買ったのでやってみます。ありがとうございます。


──日本酒って冷やから燗、熟成、開けてほおっておくなど、色々な飲み方をして表情が変わるから面白いですね~!マジ今人生楽しくなってます。

僕ら夫婦も、なんだかんだで日本酒生活に突入してから日々の生活に張りが出たように思います。それまではファクトリーメイドの缶ビールを箱で買って毎日同じモノばかり呑んでましたが、今思うと恐ろしいですね (笑) 。

日本酒は当たり外れが大きいので、なかなか安定して旨い酒が飲めませんが、まあ、毎回毎回旨すぎても肝臓がもたないので、この打率こそ「神の見えざる手」による生存ラインだと思って受け入れてます──それでも、もうちょい打率を上げたいですけど (笑) 。


──ところで俺の青春の中にもBUDDHA BRANDがありまして、DEV LARGEが死んだときにはマジショックでした。彼のMIX Discが大好きで、今もよく聴いています。

おっと、まさかの反応 (笑) 。僕は19歳以降、主にHouseを中心に12inchを買っていたので、'90s初期のNew School全盛期を端から傍観していただけですが、この件に関して、moukan1973♀からメッセージが届いてますので、転載します。本人からのメッセージです。僕の代筆ではありません。

─────────────────────────────

大頭頭さん

このブログで日本語ラップに反応したのは大頭頭さんが初めてかと思います。
こんにちは、元B-Girlのmoukan1973です(笑)。
雨の降りしきる日比谷野音「さんピンCAMP」は若かりし頃のいい思い出です。笑
思い返すとハーレムやCLUB ASIAとかよく行ってました。
DJやらないくせに12inch買ったり。
なんだか急に懐かしくなりました。
若かったなあー、あの頃の私。

ところで大頭頭さんって、どう読めばいいのですか?
読み方を教えて下さい。
それでは今後とも宜しくお願いします。

moukan1973



2017.04.14 Fri 11:36
Edit | Reply |  

Name - 大頭頭  

Title - 純吟呑みました。

書き損じました、開けたのはこだま27BYです。
2017.04.13 Thu 21:52
Edit | Reply |  

Name - 大頭頭  

Title - 純吟呑みました。

連日のコメント失礼します。

実は私、こだま28純吟を一昨日あけまして。

ちなみに店頭で純米と純吟を試飲しました。
純米は面白くなくていまいちでしたよ。

てことで純吟を買ったのです。純吟のほうが良いですよ。

店主が「開けてから3日~一週間で旨くなるよ。ゆっくり楽しんで」と言ったのですよ。

これはつまり「まだ熟れてないから、放置せよ、あるいは早めに呑みたいなら空けて酸化させよ」とのことでは!と思い開けてちょいとほっといたら乳酸感じてふくよかになって旨くなってきましたよ。
26byのこだま純吟を呑めなかったから、もうかんさんの至高はわからないけど、オレはこれを開けて数日おいて燗つけたら激うまでした。

日本酒って冷やから燗、熟成、開けてほおっておくなど、色々な飲み方をして表情が変わるから面白いですね~!マジ今人生楽しくなってます。

ところで俺の青春の中にもBUDDHA BRANDがありまして、DEV LARGEが死んだときにはマジショックでした。彼のMIX Discが大好きで、今もよく聴いています。
2017.04.13 Thu 21:44
Edit | Reply |  

Add your comment