◤本日の1曲♪【FUNK】Klymaxx - Girls Will Be Girls (1982)  

genre tag:SOUL/FUNK
 ▼CLICKでDATA表示
▪︎昨日の「Dynasty - Here I Am」に引きつづき、本日もSolar (Sound Of Los Angeles Records) 作品をピック──女だらけのKlymaxxです。この時代のFunkグループでここまで女がウジャウジャいるのも珍しいんじゃないだろうか。実は個人的にそれほど熱を上げる作品の多いわけではないSolarだけど──基本的に病的なまでのNY派なので (笑) ──、それでも「一番好きなSolar作品は?」と訊かれたら「コレ!」としか答えようがないほどに好きな曲。

▪︎同時代のDance楽曲にあって、これほどまでにモダンかつエレガントなハーモニーから紡がれる最高にCOOLなFemale Funkチューンは稀有で──これと張れるのは「Aurra - Such A Feeling」くらいか (こっちは男女混合だけど) ──、オレの中では〝ほぼ完璧な仕上がり〟です。これで12inchのExtendedがあれば尚最高ですが、残念ながらシングルはナシゴレン。このアルバムの中だと初期Jam & Lewisの名作「The Man In My Life」が素晴らしい完成度。これはUK盤のみ12inch (写真右) があって、Remixも素晴らしい出来栄えだけど、YouTubeにUPされてる音源がモノラルで音質最悪なのでリンクは張りません。












 ▶︎Girls Will Be Girls──同時代のFunkにエレガンス勝負で負けなし。
 

 ▶︎The Man In My Life (Album Version) ──初期Jam & Lewisの名品。
 

 ▶︎女だらけのファンクバンド。
music_Klymaxx1.jpg


FUNK

Comment

Add your comment