◤長陽福娘 - 純米 山田錦 無濾過生原酒 26BY ── dಠಠb「ジュースを見るな、酒を見ろ!」#Well-Cured 




fukumusume_junmai_pink26by2.jpg 前日の「限定直汲み 純米 山田錦 無濾過生原酒 28BY」が苦くて飲めなかったので、少し方向性は変わるが、桃ラベルの「純米 無ろ過生原酒 26BY」でリベンジを託された長陽福娘です。

 この「山田錦60」は赤ラベルの直汲みと中身は同じで、その違いは「採り方」にあると、直汲みの記事の中で触れたわけだが、再度ここでおさらいをしておくと──詳細はコチラを読んでいただくとして──、「無ろ過生原酒」は「直汲み」以降の流れ出たお酒を別のタンクに送り貯まったお酒を数日落ち着かせて細かな諸味の成分が沈んだころを見計らって上澄みのお酒を瓶詰めしたものとなっています。 (中略) 「直汲み」は炭酸ガスを含んだピチピチとした感触と軽やかでスムースな味わい、「無ろ過生原酒」はコクのあるやや甘みの増した味わいが特徴かと思います──以上、岩崎酒造 株式会社 岩崎喜一郎社長 (杜氏) による回答。

 この26BYはオレが意図して熟成させたモノではなく、買った酒屋のHPには「27BY」と書いてあったのに届いたら26BYだったという、それだけのこと (笑) 。さすがにここまで熟すと元の味わいを想像することも困難になるだろうが、まあいいさ、銘柄としての「酒の強さ」をオレは知りたいんだ──28BYはどうにもヤワで繊細な酒質のようだから。




 2年熟成だって? かかって来いよ!!!
fukumusume_junmai_pink26by1.jpg

 ▼「27.6.」出荷の歴然たる26BY!
fukumusume_junmai_pink26by3.jpg
 bottle size:720ml




SAKE GRADE:☆☆☆☆½

【344】長陽福娘 -ちょうようふくむすめ- 純米 山田錦 無濾過生原酒 26BY <山口>

岩崎酒造 株式会社:http://www.fukumusume.jp


Moukan's tag:




fukumusume_junmai_pink26by5.jpg



fukumusume_junmai_pink26by6.jpg 立ち香──ワオ。結構熟してる。そりゃそうか (笑) 。まるで「おじいちゃん家の物置部屋」みたい。結構チョコ来てるね。黒ずんだ干しぶどうも。そして、大地のようなアースカラーな香り。フレッシュ?──なにそれ。

 こういう時、うちでカナリアを飼ってると便利──。

 ♡☺♡「熟感たっぷり。まあ、微妙っちゃ微妙。ただー、次元が低い話だけど、飲めなくなくはない。28BYの直汲みよりはマシ

 ひとまずカナリアは死なず──。

 あああ、麦チョコ──つうか「麦芽飲料ミロ」だけど、「限定直汲み 純米吟醸 山田錦 無濾過生原酒 山口9E酵母 27BY」でも感じた、あの〝纏い〟のレベルで、まるでミネラル成分が粉雪のようにサラサラに製粉されて美しく風に舞うニュアンスがある──これは「チョーク」が熟成によって「モカ」になるという、サンジュリアンさんのワイン話と重なる何かだと思う。

 あと、液性そのものはスリムで無駄がなく、ストラクチャーは痩せた枯れ木なんだけど、凛とした力強さと芯があるし、なにより、古びた時代遅れのオーナメントたちを酸がすべて引き取ってくれる。「ろくまる 雄山錦 26BY」ほどじゃないけど、この落ち葉拾いの手際の良さは篠峯クラスとは言えるだろう。色褪せた味と香りのオーナメントたちが酸のコアに吸収されていく感じは静かにドラマティック──でも、味はミロだよ (笑) 。

 そこをmoukan1973♀に力強く諭す──バカ舌よ、ジュースを見るな、酒を見ろ!

 とはイエイ、まだ開けたてで酒も2年の眠りから完全に覚めていないので、ひとまず後でワイングラスで飲み直すとして、今はビールに切り替える──オレはこの段階でも全然飲めるけどね。



 もはやこれがないと酒生活が成り立たない!!!
fukumusume_junmai_pink26by8.jpg
 ▲そろそろキミもいっときなさい「伊勢角屋麦酒ペールエール」──ただし、プレモルやヨナヨナが水になるし、ブリュードッグも雑で飲めなくなるので覚悟が必要。



 ♡☺♡「美味い〜。なんか暖ったかくなってくるとビールもいいよね〜。安心安定の伊勢角屋!

 最近はハズレ酒の中継ぎ登板が増えてるので、この酒に何度救われたことか。ブログなんつう面倒くさいものを始めたおかげで、ハズレた時に気軽に2本目を開けられないんだよ──開けたら書かないとの縛り!




 それではあらためまして。
fukumusume_junmai_pink26by9.jpg
 ▲翌日に「シャン祭り」を控えているというのにまるで自制する気ナシゴレン。




fukumusume_junmai_pink26by10.jpg 何より一体感がある──決して万人受けはしないけど。なんだろうなあ。そりゃあ、味や香りは露骨に熟してますよ。正直、この要素だけでこの酒を嫌悪する人の感性をオレは否定しない。苦手な人は苦手でしょう。もはや何かの珍味みたいな状態まで味と香りが変形してるから (笑) 。でも違うんだなあ。だってさ、速醸のフレッシュ酒とか呑んでると、いちいち「苦い」だの「渋い」だの「辛い」だの「薄い」だの「水っぽい」だの「香りがオエっとする」だの、そういうノイズばかりが気になる面倒さがあるでしょ。だけど、この酒にはそれが全くない。「ジュース」としての好き嫌いは仕方ないとしても、「酒」としてのバランス&まとまりは文句ナシじゃないかな。

 まさに食用チョークなモカ・フレイヴァー!!

 ♡☺♡「あああ。ワイングラスの方がフルーティネスが顔を出す。まあ、熟してるよねえ。酸は足りてるけど、熟感が全面に出てるから、手放しで美味しいとは言えない。でも、これはこれ

fukumusume_junmai_pink26by11.jpg やはり、先日の「ろくまる 雄山錦 26BY」なんかと似たようなオーナメントなんだけど、それでも「篠峯」の方が圧倒的にエレガントで洗練されてるんだよな。

 ♡☺♡「シノちゃんは洋楽 (笑) 。うーん、なんだかんだで飲んじゃうなあ。やっぱ芯というか軸がしっかりしてるんだな。今が一番旨いな。しかもなぜか酔わないなあ」──キレイな熟成酒は酔わないんだよ。

 まあ、ヤワな28BYを2年寝かせてもこうはならないだろうな。液性における、とにかく無駄がない五味の一体感。熟味はあるけどノイズはない。サンタリーテ (酸、足りてる) 。疲れない。逆に甘みが飛んできた。酸が際だってきた。まさに風に舞う粉雪のようなミネラル感。

 ☆4.5です。近日中に「限定直汲み 純米吟醸 山田錦 無濾過生原酒 山口9E酵母 27BY」も再飲します。やはりイイ酒というのはいろいろな事を感じさせてくれる。本や映画や音楽は同じモノを何度もリピートするくせに、酒だけそれを例外とすることに、実は微塵の合理性もない。

 しかしビール&二人で3合くらい飲んでるけど、まあ、不思議なほど酔わない。まだまだ呑めるけど、明日、客人に飲ませる分を残しておかNight。というわけDE、2日目のレポートは「シャン記事」の中に挟み込みます。


moukan1972♂moukan1973






日本酒 長陽福娘

Comment

Name - moukan1972♂  

Title - To サンジュリアンさん、アイオライトさん



サンジュリアンさん


毎度です。


──これあの惚けた親父の店で買ったんですよね?

そうです。販売ページには「27BY」と書いてあります (笑) 。


──福娘のこの記事読んで櫛羅2004を飲んだ時の事を思い出しました。 ピークを過ぎつつある日本酒が最期の花(徒花)咲かせていると言うか、燃え尽きる寸前の線香花火が放つ最期の光みたいな印象を持ちました。 何か儚さを感じさせる佇まいで、これ以上熟すと元の麹や苔になるぞと。

今回の26BYは熟味としてはカラフルでしたけど、味幅はスリムで軽やか。いつもと同じ量を飲んでも明らかに酔いのペースが緩やかで疲れませんでした。マニアックな味わいでしたが、下手なフレッシュ酒より遥かに安心して飲めます。


──ワインは赤も白もピーク過ぎて飲めなくなると、最後は生まれた土地の味になる(輪廻転生)のですが、流石に其処までは行ってないですよね。

香りは土臭さもあり、かなり砂の大地でしたが (笑) 、味はまだまだ茶目っ気もあり、カラフルです。2日目は酸化が進んで芯が明瞭になり、クッキリした味風景になり、逆に飲みやすかったです。


────────────────────────────

アイオライトさん


毎度です。


──あれえ、これ全く同じスペックの26BYを今年1月に飲んでますが全く違う印象でした。そのときは「桃牛乳」と評された28BYの18号+熊本酵母のアイツに近い感じで。麦チョコ系の熟成感はほとんど感じなかったですね。不思議だ…どっちも店の売れ残りだと思いますが、どこでこんな差が出るんだろう。ちゃんと記録残ってないけど、もしかして27BYだったのかな…

おおお。またまた妙なところで被りましたね (笑) 。どうやら27BYの一部の長陽福娘がピーキーにビビッド・フルーティーだったんじゃないかと思います。つまり、26BYと28BYには相関性があって、27BYだけが異質という。

27BYだったら絶対に「桃牛乳」にはならないですね。むしろ「リンゴ」です。「麦チョコ」は温度の問題だと思いますよ。2℃と5℃の違いでも2年が過ぎれば大きいですから。それでも火入れの熟成純米酒のようなコハク酸の育ちはほとんどなかったので、ストラクチャーはスリムで軽やかです。味と香りは古酒風情ですが、飲み口はスッキリでしたね。


──ところで、以前も書いてる通り、山田錦の山廃無濾過生も26BYを飲んでますが、こっちも麦チョコっぽさほとんどなかったですね。室温放置中の一本は来年どうなってるかわかりませんが。

僕がブログで2回ほど紹介した「マチダヤオリジナル山田錦55生熟」も中身は26BYだと思いますが、麦チョコはないです。イイ感じに熟れ茶けたリンゴもありつつ、ヨモギのようなハーブアロマもありつつ、とても和むタッチの熟味ですね。これは蔵が氷温熟成させてるので、酒屋の冷蔵庫よりも低い温度で管理されてるからだと思います。


──しかしこうやって同じ銘柄の26BYを数本比べてみただけでも全然違うのは面白いですね。熟成はほんと良くも悪くも謎が多いです。

基本は「管理温度」だと思いますけどね。僕が最近呑んだ「マチダヤオリジナル」も中身は26BYだと思うんですが、むしろ27BYの生熟が待ち遠しいです。長陽福娘の山田錦にとって27BYは特別のヴィンテージだと思います。桃牛乳の28BYなんか目じゃないです。


2017.04.11 Tue 01:26
Edit | Reply |  

Name - アイオライト  

Title - 

どうもです。
あれえ、これ全く同じスペックの26BYを今年1月に飲んでますが全く違う印象でした。そのときは「桃牛乳」と評された28BYの18号+熊本酵母のアイツに近い感じで。麦チョコ系の熟成感はほとんど感じなかったですね。不思議だ…どっちも店の売れ残りだと思いますが、どこでこんな差が出るんだろう。ちゃんと記録残ってないけど、もしかして27BYだったのかな…

ところで、以前も書いてる通り、山田錦の山廃無濾過生も26BYを飲んでますが、こっちも麦チョコっぽさほとんどなかったですね。室温放置中の一本は来年どうなってるかわかりませんが。
ちなみに、これも以前報告済みですが熟成がどう影響したのか不明ながら雄山錦無濾過生26BYはハーブっぽさが強く、軽い老ねっぽさもあって厳しかったです。

しかしこうやって同じ銘柄の26BYを数本比べてみただけでも全然違うのは面白いですね。熟成はほんと良くも悪くも謎が多いです。
2017.04.10 Mon 18:19
Edit | Reply |  

Name - サンジュリアン  

Title - 熟すと最後は大地の味?

毎度です。
これあの惚けた親父の店で買ったんですよね?

福娘のこの記事読んで櫛羅2004を飲んだ時の事を思い出しました。
ピークを過ぎつつある日本酒が最期の花(徒花)咲かせていると言うか、燃え尽きる寸前の線香花火が放つ最期の光みたいな印象を持ちました。
何か儚さを感じさせる佇まいで、これ以上熟すと元の麹や苔になるぞと、

ワインは赤も白もピーク過ぎて飲めなくなると、最後は生まれた土地の味になる(輪廻転生)のですが、流石に其処までは行ってないですよね。

櫛羅2004(720)は完全な炒麦フレーバーでしたが、あの親父の店から買った福娘のby26西都の雫(1.8L)には麦フレーバーはなくて熟してる感はありました。

さて、仕掛かり中の日本酒も消えたので今日は何を飲むか?
シャンじゃなくて普通の白でも開けようか と思ってます。




2017.04.10 Mon 17:12
Edit | Reply |  

Add your comment