◤長陽福娘 - 限定直汲み 純米 山田錦 無濾過生原酒 28BY ── dಠಠb「苦くて呑めない」 




fukumusume_jikagumi_junmai28by3.jpg 様々な驚きと脱力を与えてくれる28BYの長陽福娘ですが、もったいぶっていても仕方ないので先に結論を言うと、うちの1800mlは苦くて呑めたもんじゃないです。残りの半分は捨てました。

「直汲み」なので、生ビール同様、注ぐ人のセンスや技術で微妙に旨さの表現力が変わるのは仕方ないにしても、まあ、本当に出来のイイ酒ならここまでの誤差も出ないでしょう。「もしもこれが旨かったなら・・・」という推理 (逆再生的時間旅行) もできるけど、それでもアラの多い酒だと思います──「アラ」というより、「スキ」の多い酒というか、端的に言って「ヤワ」だからこういう事が起こるんだよ。☆2です。

 28BYはこれで4本目だけど、現時点でのBestは意外にも「直汲み 純米吟醸 雄町」で、それこそ粗さ (ヤンチャさ) も見えるけど、力強さと熟成への期待が高いのが「直汲み 純米吟醸 山田錦 山口9E酵母」という感じ。ひとまずあとはタイミングが合えば「純米 八反錦 無濾過生原酒」あたりも拾いたいけど、まあ、無理して買うこともないかな。だったら27BYの売れ残りを──去年の「篠峯26BY」のように拾った方が充実した酒ライフが送れるというもの。


 ▼伝説級に旨かった27BY。
 しかし何が問題なのだろうか。一番の問題はラベル以外に「27BYと似てる部分が何もないということ」なんだけど、たまたま26BYのピンクラベル (Not直汲みの無濾過生原酒) があるから、今夜はそれを開けるわ。土曜は「春のシャン祭り」だから本当は休肝したいんだけど、こんなマズイ娘を呑んだまま楽しい週末を迎えたくはない──26BYが老ねて呑めない可能性もあるけど、それならそれで笑えるから楽しいじゃん (笑) 。でも、この28BYは全く笑えない

 クワナリ清書へのモチベーションも下がってるので、ここで耳寄り情報でも転載しておくかな。読者さんが蔵に問い合わせた質問への岩崎社長からの返信です。別に問題ないよな? 秘密情報でもないし、ここに集まる日本酒ラヴァーたちがこれを知って何かに悪用することもないだろうし。問題があれば言って下さい。基本は「推敲ナシ」で転載しますが、もちろん固有名詞等のプライベート情報は伏せてます。ちなみに「質問」の方は文体から「個」を消すために大幅に推敲してます (笑)





仕方ない、キミにも教えてやるか、長陽福娘の直汲みの秘密を。


 

読者さん▶︎蔵元

 photo: Last Shot
 最近購入した「純米 山田錦」には「直汲み (赤ラベル) 」と「無濾過生原酒 (ピンクラベル) 」があるのですが、この2つの違いが気になっています。「直汲み=槽垂れ」という理解で良いのですか? ですが、タンク毎にいったん計量するはずですよね? そうならば、いったん搾って計量して、その後すぐに瓶詰めされたものが「中どり」という理解でいいのですか? 普通の生原酒の方は搾ってタンクにいったん入れてから瓶詰めということでしょうか?

 今度両方とも飲み比べるつもりですが、味などに違いはあるのでしょうか? それと「直汲み」のあるタイプ (山田錦、雄町) と「非直汲み」のタイプ (八反錦、西都の雫) があるみたいですが、コンセプト等に違いはあるのでしょうか?

 飲み手としては「造り手のこだわり」であるこうした違いについて凄く興味がありますので、よろしくお願い致します。








 ▲せっかく苦労して手に入れたのに・・・・




蔵元▶︎読者さん


 お問い合わせありがとうございます。

 最近の日本酒の商品名いろいろと難しいですよね。

マチダヤ試飲会2016長陽福娘 上槽(お酒を搾る行為)途中のお酒の段階や品質を表す言葉はいろいろとあり、一概にご説明することは難しいのですが、槽やヤブタなどの搾り機から流れ出るお酒を「槽たれ」、搾り機から流れでた槽たれのお酒が一旦貯まる容器を「垂れカメ」などど言ったりしますが、この垂れカメから直接汲み取ったお酒を一般的には「直汲み」などと呼んでいます。

 また「無ろ過生原酒」という商品は、上槽後のお酒を、一切、加水調整やろ過をせずに商品化するものを言いますが、日本酒の「公正競争規約」によると製品の規格を揃えるために1%未満の加水調整をすることは認められています。(実際に細かな調整を皆がしている訳ではありませんが)

 弊社の山田錦純米酒の肩貼りが、赤いものとピンクの物の違いは◯◯様が概ね把握されている通りですが、「直汲み」という表現は規約に定められた表現では無いためにその方法論は様々にあります(槽たれについても同様です)

 私たちの場合、「直汲み=ピチピチとしたフレッシュなガス感」ととらえており、垂れカメから直接汲み取ることには拘らずに、いかに搾りたての炭酸ガスのガス感を残すかを大切にしています。

 よって、搾り始めから暫くして品質が安定したところを見計らってヤブタの出口から分岐させたホースから流れ出るお酒を一旦小タンクに貯め、目的の量が貯まったところでそのタンクを持ち上げてタンクの中のお酒をシリコンチューブを使って1本1本丁寧に手詰めをしています。(お酒に出来るだけ刺激を与えずに炭酸ガスを残そうと考えた結果です)また、いわゆる「中どり」の中でも最初の段階のお酒ですから当然通常の商品よりも軽やかで上品な酒質となります。

 一方、「無ろ過生原酒」は「直汲み」以降の流れ出たお酒を別のタンクに送り貯まったお酒を数日落ち着かせて細かな諸味の成分が沈んだころを見計らって上澄みのお酒を瓶詰めしたものとなっています。

 ちなみに、弊社では上槽時の最終版で最高圧を掛けて流れ出る「攻め槽(せめふね)」と呼ばれる部分の5%程度のお酒は別に囲って本来の製品の品質を落とさないようにしています。

 弊社の商品についての説明はこんなところですが、世の中のお酒で「直汲み」や「槽垂れ」がどのように商品化されているかは色々です。 「直汲み」と表記されていても、普通に搾ったお酒を上槽後の早い段階で詰めた、我々にしてみれば「無ろ過生原酒」ではないかという商品もありますし、「槽垂れ」という商品についても同様です。

 余談ですが、「タンク毎にいったん計量するは筈」というのは一般の方では詳しすぎるお話しですが、税務署の見解としては正確な計量と成分の分析が出来ていれば、その容器は1.8L瓶であっても構わないとお聞きしています。(ですから垂れカメから直接汲み取ったお酒は存在します)

 また、「中どり」という言葉ですが、通常上槽して流れ出てくるお酒をその段階に応じて「荒ばしり→中どり→攻め」などど表現しています。その境界は定められているものではありませんので蔵によってまちまちです。


──今度両方とも飲み比べるつもりですが、味などに違いはあるのでしょうか? それと「直汲み」のあるタイプ (山田錦、雄町) と「非直汲み」のタイプ (八反錦、西都の雫) があるみたいですが、コンセプト等に違いはあるのでしょうか?

 お答えとしては、当然味の違いはあります。「直汲み」は炭酸ガスを含んだピチピチとした感触と軽やかでスムースな味わい、「無ろ過生原酒」はコクのあるやや甘みの増した味わいが特徴かと思います

 これまでご説明したように弊社の直汲み商品はかなり手間暇がかかりますので、量産することが難しくあくまでも限定酒という考えです。また、手当たり次第に直汲みしてしまうとその有難味もなくなってしまいますので、必要と思われる商品についてリリースしているといったところです。はっきりとした戦略めいた狙いがあるわけではありません(スミマセン)

 ただ、八反錦、西都の雫の商品については、「無ろ過生原酒」のお酒も上記でご説明した直汲みに準じた形でタンクに貯めたお酒を詰め機で詰めた商品ですので、通常の「無ろ過生原酒」よりは「直汲み」に近い品質となっています。

 十分なお答えになっているか分かりませんが、どうぞよろしくお願いします。

 またご不明な点がありましたらお問い合わせを下さい。


********************************
岩崎酒造株式会社
代表取締役 岩崎喜一郎
山口県萩市大字東田町58番地
TEL 0838-22-0024 FAX 0838-22-8611
********************************





 あ、オレ、こんなことしてるバヤイ (場合) じゃなかったんだ。☆3以下の酒の記事はなるべく短くするって昨日ウンコしながら心に決めたのに・・・。




fukumusume_jikagumi_junmai28by1.jpg

fukumusume_jikagumi_junmai28by2.jpg
 bottle size:1800ml




SAKE GRADE:☆☆

【343】長陽福娘 -ちょうようふくむすめ- 限定直汲み 純米 山田錦 無濾過生原酒 28BY <山口>

岩崎酒造 株式会社:http://www.fukumusume.jp


Moukan's tag:




fukumusume_jikagumi_junmai28by4.jpg



fukumusume_jikagumi_junmai28by5.jpg 立ち香──今季の雄町に近いかな。瓦煎餅的な少し甘しょっぱいタッチもありつつ、グラスの注ぐと液面から甘露飴のようなテロっとした甘やかさも。それでも香りは穏やか。桃も牛乳も感じないかな。ていうか、オレの好きなパキーンとした眩い酸はどこにもない。ゆえに、ビビッドな油絵タッチのフルーツは探せない。この段階で27BYとは完全に別物──ちなみに26BYは知らん。

 うちの読者さんの間では賛否の分かれる28BYだけど──。


fukumusume_jikagumi_junmai28by6.jpg ♡☺♡「あああ。あれ? んんん・・・」──全世界が1973のファースト・インプレッションに注目してますよ──♡☺♡「この時点で『旨い』って言ってないじゃん。あああ・・・言っていい? なんの味が強いかと言ったら木香。でもこれはアル感あるね。最後が苦いね。今の段階では旨いとは思えない。ドライだねえ。ガスはほとんど感じない。あんま桃も感じない。フルーツ換算できない

 おいおいおいおいおいおいおい──。

 甘テロ苦い、そして、娘の直汲み (生原酒) 史上、最もガスが弱い、以上。もはや27BYとの共通性を探すことは不可能。つうか、こんなもん、呑んだ瞬間に旨くなきゃ意味ないんだよ──それが☆5以上の酒に与えられた使命

fukumusume_jikagumi_junmai28by7.jpg 撹拌したら少し香りの色調も明るくはなってきたんだけど、なんかイチジクみたいな甘みの輪郭なんだよな。まあ、今日はさんざ飲んでるから──夕方にビール1時間前に居谷里ばくだん──あまり参考にはならないかもしれないけど、これが27BYだったら、いつどのタイミングで飲んでも旨いとは言えるだろうね。

「酸」ていうか、単純に「酸味=酸っぱみ」が欲しい──ちなみに数値は27BYと同じ。液性に甘露様のテカリの光沢感を与えるだけの「酸」じゃフルーツにはならないよ。つうか、全然フルーティーじゃない。ド頭の甘露のようなテロっとした光沢感のある甘みはいいんだよ──27BYとは別物だけど、高級和三盆が口の中で一瞬でホロっと溶けるような甘みのドロン忍術は悪くない──でもね、やっぱ跳ね返りは煙が立ちこめるようにボワ〜ンと苦いし、旨いのは口に含んだ最初の1.5秒だけ──しかもその旨さはオレがこの酒に求めているものでは決してない。

 ♡☺♡「苦みが残るねえ〜。舌の上に乗っかってるよ。少しモワっとする


fukumusume_jikagumi_junmai28by8.jpg 甘みと渋みがクロスフェードする瞬間に酸の暴力があって、甘みを打ち消す余韻の中で少しモワっとする感じはある。これ、ウイスキーなどの洋酒なんかで感じるアル感に近いんだけど、日本酒はどうしても全体に甘いからバランスがチグハグになる。たぶん、この酸の暴力をmoukan1973♀は冒頭で「木香」と感じたんじゃないかな。イヤな渋みというか。実際に「木香」はないと思う。

 ♡☺♡「ワイングラスにしたらまあまあ飲める

 ひたすら苦い。全然フルーツ的な酸っぱみがない。正直、これを美味しく呑めた人が羨ましいわ。

 瓶単位での多少の誤差があることは事実だが、今この瞬間に「どこでもドア」でオレの家に来てこの瓶を一緒に飲めば、はじめのうちはオレと飲めることへの高揚感で味覚も飛ぶだろうが、1.5秒後にはこの苦みできっと甘い夢から醒めることだろう。

 劣化なのか、瓶単位でのハズレなのか、そこはわからんが、いずれにせよ、この酒そのものに力がないからここまでの誤差が出るんだ。これを美味しく飲めた人をオレはバカ舌だとも味覚的変人だとも思わないが、結果的にここに旨くもなんともない瓶があるんだから、そもそものポテンシャルとして、28BYの赤ラベルが大した酒でないことだけは否定しようがない事実だろう。酒として弱い「長陽福娘」なんて、何の魅力もないんだ。





── 2日目。


fukumusume_jikagumi_junmai28by9.jpg



fukumusume_jikagumi_junmai28by10.jpg 立ち香──ややミルキーな甘みが出てきたねえ。カルアミルク寄りのホロ苦さへと還元され得るものなので、これは苦手じゃないし、むしろ好きな部類。とはいえ、これだったら最初から「山廃」や「マチダヤの生熟ヴァージョン」を買うんだけどな。やはり「通常タイプの直汲み山田錦生」には目の覚めるような煌めくフルーティネスを求めてしまう。単に27BYが破壊的に旨すぎただけか?──言っとくけど「想い出補正」じゃねえぞ。ちゃーんと覚えてるから。なんか粉っぽいテクスチャーの先読みあるな。フルーツは今日も感じないです。

 どうだ???


fukumusume_jikagumi_junmai28by11.jpg 正直、旨くはないね、全く。そもそも考える余地はないからね、☆6☆7の酒に。27BYの二つの傑作を飲んでない人にこれ言っても意味ないけど、そもそもブライトなフルーティネスがない時点でオレ的には興味ないんだな、この酒は。まるで魔法の剣で球体のクリスタルを真っ二つに割ったような、透明な液の切面に現れるエステリーな輝きと、そこに投影されるカラフルでビビッドなフルーツたち──これに出会えないのにこの酒を飲む意義がどこにあるのだろう。

 そうこうしているうちに、ちょっとヤワなタッチのグレープ感も出てきたけど、甘みの質感は本日も甘露飴のようなテカリの中で・・・興味ない・・・。




 まずは野坂昭如から大島渚への先制パンチ!!!
fukumusume_jikagumi_junmai28by12.jpg




 ダメ。理由はわからんが我が家の瓶は明白にハズレ。粉っぽく苦いミネラル大好物のヤギじゃあるまいし、まるで紙や布を食ってる気分。ダメ。こんなもん、飲めない。旨いと言ってる人もいるし、イマイチと言ってる人もいるし、そこそこ賛否のある28BYだけど、これは個体差の成せる業なんじゃない? 少なくとも我が家の瓶を飲んで「旨い」と感じる人がいたとしたら、耳鼻科じゃなくて精神科に行った方がいいと思うよ。

 ワイングラスでJO近辺を試してみようか──。

 放置する前にRSで一口だけ──苦い。マズイ。なんか冬瓜みたい




 すぐさま大島渚から野坂昭如への反撃マイクパンチ!!!
fukumusume_jikagumi_junmai28by14.jpg


 
 ▲昭和の名勝負 (笑) 。



 ダメ。苦くて飲めない。買ってすぐ飲めばもっと旨かったかもしれないけど、これは確かめようがない。それに、オレの中で「長陽福娘」というのは、そもそもこの程度の時間経過でどうにかなる酒ではない。もしも出荷から3ヶ月以上過ぎたことが原因でここまで不味くなるのだとしたら、むしろそのことの方が問題だと思うわ。これは「やや問題アリ」と言わざるを得ない。☆2です。こんなに個体差が出るなら「直汲み」なんかやめてしまえ。

 老ね香はない。ただひたすらチグハグに苦いだけ。





 外で同じモノを呑んでるmoukan1973♀に電話──。


 dಠಠb「どう〜?
 ♡☺♡「ダメだね、全く旨くない、ていうかマズイ


moukan1972♂moukan1973






日本酒 長陽福娘

Comment

Name - moukan1972♂  

Title - To サンジュリアンさん、あらまさん



サンジュリアンさん


つづきは明日、会って話しましょう (笑) 。
もしもこれが苦くなくてみんなの飲んだ28BYと同じでも、僕が☆5を付けることはないでしょうね。酸の足りてない娘なんて、毒の足りてない僕の記事みたいなもんですよ。

それでは明日。


────────────────────────────

あらまさん


毎度です。

「甘テロ」なニュアンスを分かっていただけたようで (笑) 。これ自体は好きでも嫌いでもないんですが、もっと軽い酒質の方が合うんですよね。27BYだと「仙禽ナチュールトロワ」とか、「仙禽」らしくはないですが、バランス的には「The Best Of 甘テロ酒 27BY」でしたね。


──ややミルキーな感じはあり。 ガスはありましたが、開けたてコンディションではなかったのでノーコメントで。 モウカンさんが探してるフルーツ感はないですね~。

うちの瓶なんかガスすらないですよ。イイ時の「長陽福娘」はミルキーというよりはハーブアロマとしてのバニラなんですよね。今季の「雄町」にはそれがありましたね。あとは「フルーツどこー?」っていう (笑) 。

やっぱ「酸っぱみ」が全然足りてないですね。「甘」を「テロ」っとツヤ出しする「ワックスの酸」はあるんですが、それは別の酒で飲むので、娘にこれは求めません。確かに27BYにも「テロ」はあったんですが、言うならそれはフルーツの果肉表面に反射した輝きとしてです。


──普通に美味しく頂けましたが、長陽福娘なのかなコレ?というギモンは残る味わいでした。

僕に寄せられた感想を総合すると、27BYを呑んだ人で28BYを絶賛している人は皆無ということですね。ま、酷評してるのも僕だけなんですが (笑) 。

それより今の僕は「米鶴 山廃 純米大吟醸 27BY」と「黒澤各種」に期待を寄せる毎日です。そうだ。「恵信」の28BYもぼちぼちですかね。我々にとっての「想い出の酒」でしょうか (笑) 。

2017.04.08 Sat 01:14
Edit | Reply |  

Name - あらま  

Title - ちょうど昨日飲みました

テロ甘はわかりますね!
そこまでひどい苦味は探せませんでした。。。
ややミルキーな感じはあり。
ガスはありましたが、開けたてコンディションではなかったのでノーコメントで。
モウカンさんが探してるフルーツ感はないですね~。

普通に美味しく頂けましたが、長陽福娘なのかなコレ?というギモンは残る味わいでした。
2017.04.07 Fri 20:40
Edit | Reply |  

Name - サンジュリアン  

Title - 外れ引くのは前世の呪いか?

毎度です。

最近 モーカンさんと真逆の判定が多々出ますね。
手巻きのりさんのコメにある様に、私も日誌係さんの評価と同じで甘さは充分でby27より味が出過ぎてる感はありました。何日かで飲み終えましたけど、少なくとも苦味を感じることはなかったです。
今敗戦処理で飲んでる鳳凰美田の碧の生原酒 相変わらず甘過ぎですが、これよりは濃すぎずキレも有って旨かったと記憶してます。

しかし、雪隠で色々考えたら割には長文のブログですなあ〜お疲れです。

外れ引いたら、伊勢角のペールエール飲んで忘れましょう。

明日はご一緒にシャンシャン楽しみです。赤の熟成酒もたまにはイイですよ。
2017.04.07 Fri 20:01
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To temakinoriさん



毎度です。

temakinoriさんとは同じ店で買ってるんですが、うちの一升瓶の酒を飲んで笑顔でいることは難しいと思いますよ (笑) 。


──確かに純米は購入後すぐに飲んでもしっかり味のりしていましたが、甘味耐性のない僕でも許容できる程度のものでしたし

別に純吟 (18号系) のようにベタと吐き気を催すような香りも甘みもミルクネスもなかったですし、初日の1.5秒の中にはWell-Madeな甘みの口どけもありましたが、2日目はそれが0.5秒になってましたね。含んですぐに美酒の砂の城が苦みの波に流れされてしまいます。


──少し時期があいたので開栓時期の問題?とかでもあるんですかね?

たぶん、酒が弱いんですよ。3ヶ月くらいでヘタる28BYに問題があると思いますね。そもそも27BYとはまるで別の酒ですし。


──確かに酸はあまり感じませんでしたが、甘テロ苦というよりは、絶妙なバランスでほどけるような口どけと余韻が特徴的だった記憶があるので。んーどうしてでしょう。(当時から多少苦味はありました)

ほどけるような口どけ」──ありましたよ、初日の1.5秒内と2日目の0.5秒内には (笑) 。でも、苦みの重戦車がすべてを台無しにします。別に「苦み」そのものの絶対的な「悪の数値」はないと思うんです。要は「バランス」──「味曲線」の中での現れ方と消え方と強弱の問題だと思うんです。でも、我が家の瓶はダメですね。


──嗜好品としての絶対評価ではそんな悪いイメージはなかったので、ちょっと本編レポをお待ちしてます!(過去の同銘柄や酸基準での相対評価だったらわかるのですが、そういうわけでも無さそうですし…)

相対的には「別酒」として評価してます。それは香りを嗅いだ時点で諦めてましたし、temakinoriさんを始め、28BYを呑んだ人の誰もが27BYの属性に重なるようなことを言ってませんでしたので、ああ、今季は別酒なんだなあ──と。

27BYの☆6と☆7の想い出に最も浸れるのは辛うじて「山口9E」の2日目ですね。でも、まだギスギスしてます。なんとか熟成で輝いてほしいですが、酸が足りてないんですよね。これは岩崎社長も認めてるので仕方ないですけど。

まあ、僕が☆2を付けてもtemakinoriさんの想い出が汚されることはないと思いますよ。むしろイイ状態で飲めてよかったじゃないですか。あれ? たしかもう1本あったんでしたっけ?

もしもあるなら、今すぐには開けず、秋まで引っ張って甘露要素を蜂蜜まで育てみましょうか (笑) 。もしも僕と同じような劣化が起きていれば、苦くて飲めたもんじゃないですよ。


2017.04.07 Fri 17:32
Edit | Reply |  

Name - temakinori (moukan1972♂による転載)  

Title - おっと

あれぇ、長陽福娘の山田錦純米直汲みダメでしたか…。orz
確かに純米は購入後すぐに飲んでもしっかり味のりしていましたが、甘味耐性のない僕でも許容できる程度のものでしたし、僕的には日誌係さんの同銘柄28BYの記事にに近い感想&好印象だったのでちょっとアタフタしています。。。笑
(当然僕にはそんな表現力はないので、読んでそうそうと思っただけですけど。笑)
http://osakasj.blog.fc2.com/blog-entry-1598.html

少し時期があいたので開栓時期の問題?とかでもあるんですかね?
確かに酸はあまり感じませんでしたが、甘テロ苦というよりは、絶妙なバランスでほどけるような口どけと余韻が特徴的だった記憶があるので。んーどうしてでしょう。(当時から多少苦味はありました)

嗜好品としての絶対評価ではそんな悪いイメージはなかったので、ちょっと本編レポをお待ちしてます!(過去の同銘柄や酸基準での相対評価だったらわかるのですが、そういうわけでも無さそうですし…)
2017.04.07 Fri 17:14
Edit | Reply |  

Add your comment