◤長陽福娘 - 限定直汲み 純米吟醸 雄町50 無濾過生原酒 28BY ── dಠಠb「これは予想外、27BYより遥かに良い出来!」#Fresh, Dry, Spicy 



検索ワード:



fukumusume_jikagumi_omachi28by3.jpg 日本酒ブロガーの中では割りと飲んでる方だと思います、長陽福娘。26BYは呑んでないけど、27BYシーズンはそこそこ (9本) 空けました。

 そして、自分で言うのもなんだけど、正直、造った本人よりも「長陽福娘」のことをわかってる自信があります。言うなら「作家」と「批評家」の関係に近いというか。まさか「造った本人=作家」が「酒=作品」のことを一番よくわかってるとか、イイ歳こいて、そういうナイーブなこと、言わないよね (笑) ?──ま、ナイーブであることそれ自体は場合よってはとても素敵なことではあるけれど。


fukumusume_jikagumi_omachi28by4.jpg 本命──なのか?──の「限定直汲み 純米 山田錦 28BY」が後回しになってますが──なにやら周囲では賛否が分かれている模様だけど──、なんとなく流れで「雄町」を先に開けてしまいました。これ、ブっちゃけ27BYはハズレでしたが、半年以上寝かせたモノを呑んだ読者さんからは「旨かった」という感想も。比較的フレッシュ・コンディションで呑んだオレとしてはウォッカみたいな辛みと苦みがあって、なんか味気なくて退屈なフルーツ感ゼロの酒だったんだけど、先に結論を言いましょう。

 この28BYは我が家的にはアタリ!!!

 なんか同時に「火入れ」も出回ってるようなので、そこは注意して下さい。「純吟の山田錦」が桃牛乳でオエっとなったので心配してましたが、まさか去年ダメだった「雄町」でアタリを引くとは、なんの期待もせずに買ったので、一安心です。全体にはドライでシャープな酒なので、人懐こい甘みやフルーツ感を求める人には不向きな酒質だけど、シックなWell-Made感を楽しみたいオトナのアナタに捧げます。




fukumusume_jikagumi_omachi28by1.jpg

fukumusume_jikagumi_omachi28by2.jpg
 bottle size:720ml




SAKE GRADE:☆☆☆☆½

【338】長陽福娘 -ちょうようふくむすめ- 限定直汲み 純米吟醸 雄町50 無濾過生原酒 28BY <山口>

岩崎酒造 株式会社:http://www.fukumusume.jp


Moukan's tag:




 ※実は金曜に「水府自慢」の次に開けてます。
fukumusume_jikagumi_omachi28by5.jpg




 立ち香──ヤヤニュウ (やや乳) ?

 ♡☺♡「やや乳キター!」──女であるアンタが言うと卑猥だからヤメレ。

 まだ液面が動いていないので、この段階では、香りは相当に穏やか。ややバニラ&ハーブロマなサラサラ感の先読みあり。特にこれと言った「果実味」の先読みはない。なんとなーく──いや、クワナリ──「八反錦 無濾過生原酒27BY」を大人しくした感じ。清楚だけど、イイ感じよ。


fukumusume_jikagumi_omachi28by6.jpg 最近すっかりドライ鬼女なカナリア姫──。

 ♡☺♡「あああ!・・・あんま雄町感がないな。あああー。なんかジンみたい。ドライなんだけど、果物換算ができないんだけど、さっき (水府自慢) よりは旨いっす。だいぶ好み。最近呑んだ長陽福娘の中で一番旨い

 ホントだろうなあ──。

 うん、確かに去年よりは遥かに旨い。ガスはほんのり。そこまで強くない。最初に言っておくと、結構ドライです。前時代的な「辛口酒」ではないが、もちろん現代的な「甘口酒」でもない。じゃあ、なんだ?──オレたちの好きな「モダン辛口酒」ということに今はしておいてよ。

 正直「水府自慢」の後だと「水夫」と「水泳オリンピック代表」くらい違う。カナリア姫の言う通り、実は「雄町的な果実味」はなくて、やや草っぽいアロマにバニラパウダーなニュアンスが重なる、27BYで言うと「八反錦」なんかに近いタッチ。とはいえ磨き50だけあって、味幅はスリムでタイトだし、味も香りも「八反錦」よりも発散レベルは低いものの、シックな落ち着きに関しては今回の雄町の方が上だ。

fukumusume_jikagumi_omachi28by7.jpg ♡☺♡「ちょっと分かってキタかもしんね。 (水夫より) こっちの方が造りがしっかりしてる気がする。『ダメ酒』と『良酒』の違いが、さすがに分かるようになってきた。アハハ。なに言ってんだろ、アタシごときが。いやでも、これ旨いよ」──あとは記憶力だけだな──華麗な比喩やレトリックは10年山籠りしてもオレの3日分すら思いつかないだろう。

水府自慢」よりも圧倒的にWell-Made。つうか、山田錦なんなの (笑) 。「辛口/ドライ」言っても別に甘みが皆無なわけじゃない。バニラっぽいサラサラしたハーブアロマのほどけから小さな果実的な甘みがジュワっと湧いてくる。個人的に「長陽福娘」史上最も可憐な「娘」酒。「八反錦」をスリムで清冽にした感じだけど、これはこれでスゲえジューシイなんだな。旨みの膨満や果汁感の迸り (ほとばしり) はないものの、奥から何かが弾ける音が──小さいながらも──ちゃんと聞こえて来る。

 ♡☺♡「水夫とはステージが違う」──あ、ステージ、言うっ!


fukumusume_jikagumi_omachi28by8.jpg ワイングラスで──。

 いいです。ワイングラスがいい──♡☺♡「ワイングラスいいね!」──やっぱ果実というより、バニラ&ハーブだよね。ドライだけど、シックな香りの纏いが酸のコアに向かって収斂していく感じがある──個人的にはもう少し酸に力強さがほしいけど、28BYの「長陽福娘」は全体にここまで若干サンタリーナ (酸、足りてない) 。

 甘みの出方はあくまでも液面を優しくコーティングする感じで、ミネラルの林を抜けた後には、それなりにストロングな苦みの草原が待っているが、ベチャっとした水っぽい苦みじゃなくて、バニラパウダーな苦みだし、この陽炎のようなエアリーな苦みはオレの中では全然OK。

 開栓後の甘みの伸びに反比例するように跳ね返りの苦みも緩和されていくので、最初の1合はグイ飲みでダイレクト感を楽しんで、後半の1合は是非ワイングラスで。☆4.5というより、☆5-という感じ。特別のアガりはないが、しっかりWell-Madeを感じれるイイ酒。決してフルーティーではないので、大人向けです。ハーブ&バニラなシック酒。☆4.5です。






 ▼実は金曜は2本開けたので、最後に「水府自慢」に戻ってみた。
suifujiman_jundai28by9.jpg



 娘を夫婦で2合ほど飲んでから「水府自慢」に戻ると、まあ雑な酒 (笑) 。むしろチョコっぽい熟味すらすでに出始めてる。ダメだな。劣化のスピードが尋常じゃない。この段階では焦げ茶な酸味だよ。まだ1年目だし、これは「試験醸造」という扱いで接するのが吉だと思います。あと1合ほど残ってるけど、2日目は飲めるレベルにないかもしれない。





── 2日目。


 子供「一緒に食事したい男性はいますか?」
fukumusume_jikagumi_omachi28by9.jpg
 ▲大人に言わされてるとはいえ、装置としての子供は残酷な存在。


※土曜のmoukan1973♀は花見が中止になって友人宅で飲み会。「米鶴 山廃純大」は大好評のようで、驚いたのが、ぬわんと開けたてはガスがしっかりあったそう。同席した友人の旦那の友人が「これ、微発泡酒?」と訊いてきたそう──MJK (マジか) 。移動中に揺れてガスが発生したのか???


fukumusume_jikagumi_omachi28by10.jpg それでは今宵は一人で参ります。

 立ち香──いいね。エレガントなバニラ。ハーブアロマは少しなりを潜めて、代わりにようやく出てきたブドウ様の甘い香りは巨峰ライク。27BYの山田錦のようなパキーンとした酸の一点突破はなく、全体には柔らかくほんのり甘やかなタッチ。

 先ずはグイ飲みで──。


fukumusume_jikagumi_omachi28by11.jpg いいな。チャーミングなフルーティネスや人懐こい甘旨感なんて皆無。ソリッドかつシャープかつスリムな液性に纏うシックな大人カラーな風味と、芯 (腰) のある力強い酒質──それでいて一廉のエレガンスも静かに漂う。

 真の飲み頃はまだまだ先だけど、昨日よりも甘みにトロみがある。余韻は少し苦くて軋むようなミネラル感もあるけど、バランスはいいと思う。ただし、この銘柄、この酒のバランスを考えた場合、ややサンタリーナ (酸不足) だけど、液性の滑らかさを堪能するならこれもありっちゃありかという気持ちにもなれる。それでもやはりオレは27BYの傑作群の中で煌めいた、あの眩いサンタリーテ (酸の豊穣) を記憶の隅に追いやることは一生ないだろう。とはいえ、何度も言うが、「27BYの雄町」よりは遙かに良い出来。ミルキー感もないわけじゃないけど、優しいハーブアロマのドレスを纏って、そこは歴然とバニラ寄り。正直、現時点では「純吟 山田錦50 山口9E 28BY」より完成度は上──1年くらいの熟成を経れば山田錦が逆転する可能性は高いが。

 ワイングラスで──。

fukumusume_jikagumi_omachi28by12.jpg まだ完全に「甘み」のルックが「蜜」になりきってないし、やっぱミネラル成分の切面がこの段階ではまだまだ粗野にジャリジャリしてます。ここのエレメントが熟成で白銀パウダーな纏いになるかどうかが「完成品」なるかの分かれ目。今のオレの経験値ではそこに至るかどうかの未来はハッキリ見通せないけど、もしもこれから買う人がいるなら、「飲み頃は先!」とは断言できる。まだまだ寝起きのノーメイクの美人娘に過ぎません。

 温度が上がってくるとサイダー様の甘酸が少し人懐こくなるんだけど、これを完全に手仕舞うほどの酸はないという。今はRS返ししてるけど、やっぱサンタリーナ。徐々にルーズになっちゃうんだよね。あと、余韻にはそれなりの苦みはあります──オレ的には許容だけど。

 なんか週末だしダラダラ書いてるけど、☆5は点灯しません。基本は☆4で、今の我々夫婦の気持ちがそこに乗って☆4.5という感じ。なので、はじめての娘に相応しい酒だとは思わないけど、芯のある骨太なモダン辛口酒を体験したいオトナが手に取って呑んで無感動ということは、まずないでしょう。


moukan1972♂moukan1973






日本酒 長陽福娘 雄町

Comment

Add your comment