◤鍋島 - 純米吟醸 彗星50 Blossoms Moon 28BY ── dಠಠb「少なくともこの酒に付いてるサクラの花は三分咲き」 



検索ワード:


 どうぞオレをウソツキと呼んでください!!!──「鍋島」を呑むたびに「もう卒業」だの「もう買わない」だのと、同じようなことを毎回言っている (書いている) 。一体オレは何度「サヨナラ」を言えば気がすむんだ!!!


nabeshima_blossom28by3.jpg 今も自分の取った行動の意味がよく理解できてません。どうしてあんなことしたんだろう。どうしてあんなこと言ったんだろう。そして、どうして鍋島なんか買ってしまったんだろう!!!

 自転車に乗って酒屋に行くまでも、買う瞬間も、帰りに公園で写真を撮ったときも、確かにオレは買ったことに満足していた。だけど今はもう、記事にするのが面倒で仕方ない (笑) 。きっとこの酒は夕方のニュース番組で取り上げられる「町の美味しいパン屋さん」コーナーで見る様々なパンが食べる前が一番旨いという、あの真理に近いものがあるのだろう。

nabeshima_blossom28by4.jpg オレと鍋島の倦怠期は26BYの「Summer Moon」以来ずっと続いているわけだが、先に結論を言うと、それが解消されることはなかった。うーん、まあ、つづきは本篇をご覧下さい。

 あまりよく調べずに呑んだんだけど、これ、火入れなんだね、たぶん。勝手に「生酒」だと思ってたけど、そのへんについての指摘も記事の中でナチュラルにしてるので、そこも含めてご覧下さい。尚、商品開発等の経緯などは以下のブログで少し触れられてます。

酒泉洞堀一 ~酒と人を結ぶブログ~
いい香り!「鍋島 Blossoms Moon (花のムーン)」蕾が開花するように花な香りが広がって!




nabeshima_blossom28by1.jpg
 ▲2017/3/29@戸山公園の開花状況。


nabeshima_blossom28by2.jpg
 bottle size:720ml




SAKE GRADE:☆☆☆

【336】鍋島 -なべしま- 純米吟醸 彗星50 Blossoms Moon 28BY <佐賀>

富久千代酒造:http://nabeshima.biz


Moukan's tag:




 その前に「而今 純米吟醸 酒未来 無濾過生 28BY」の残りを──4日目か?──残りを300mlに取ってチルド室へ──そしてグイ飲み二杯分だけ残った。


nabeshima_blossom28by5.jpg うーん、やっぱ渋いんだよなあ。イイ意味で味が抜けて水っぽくなったから初日や2日目よりは全然呑めるようになったけど──なんか昨日の「みむろ杉」みたいな水っぽさと表裏のピチャっとしたジューシイ感──、それでも最初の一口か二口目以降は飽きるかなあ。だいぶ「牛乳感」も抜けて、今日は瑞々しくジューシイだけど、それって「而今」っぽくはないんじゃない? なんつか、人懐こい甘口の「みむろ杉」みたい (笑) 。

 ちょい渋いなあ。わりとツンケンした渋み。最初の1秒限定の麗しのエレガンスもあるにはあるが、なんか化粧が落ちて顔のバランスの崩れた似非美人みたいなチグハグさ。だったら笑うとかわいいブスの方が抱き締めたくなるというか。ま、今日のこの感じなら☆3.5ですね──吐かずに飲めるから。ジコラーならこの程度の出来でも「極上イクラ」の想い出と出会えるんじゃないの?

nabeshima_blossom28by6.jpg さーてと、鍋島。もうここ2年くらいは倦怠期なので、気軽に行きます。

 立ち香──また牛乳&アーモンドオイル&お花畑。なんだかなあ。ごめん、「而今」の酒未来と区別がつかん (笑) 。ややトゥワン感 (花の蜜や唾液香) も。最近はmoukan1973♀がこの香りをスゲえイヤがるんだよなあ。まあ香るっちゃ香るけど、細身Bodyの先読みあり。なんだかんだで「而今」の方が情報量は多め。

 なんで買って呑んでるんだろ──写真には満足してる。


nabeshima_blossom28by7.jpg あ、ややガス。まずこれだけは言えるのは、ラベルカラーみたいなカワイイ酒ではない。そして、香りの先読み通り、クワナリ細っそい。そして、味わいもドライ&シャープ。やや過剰にミネラリーで硬質な液性。熟成させれば面白くなりそうな気配がないわけじゃないけど、少なくとも週末の花見に持って行って、人々──特に日本酒に不慣れな一般女子たち──を笑顔にする酒ではない。

 やや「華やかサイボーグ吟醸」だけど、Bodyがスリムで飲み口も軽いので、ガスも少しあるし、「鍋島」っぽくはないけど、シャキシャキ系のドライ酒が好きな人は普通にガブガブ呑めるかもしれない。軋みはそれほどでもないけど、跳ね返りのボールを受けると、口の中が少しビリっと痺れる余韻はある──剛速球を受けたキャッチャーミットのように。

nabeshima_blossom28by8.jpg鍋島」の中だと、想い出──蔵元に不味いロットを送り返して杜氏から直電、からの約30分ほどの会話──の「純吟 山田錦 火入れ」なんかに近いラインかなあ。でもオレ、3本ほど飲んで、これのイイやつだけには当たったことないんだよ。なので、これのハズレ気味の渋いヤツをイメージしくれれば (笑) 。

 硬質なモダン辛口酒っつう感じですかね。今季のNew Moonが可愛らしいイチゴ吟醸だったので、むしろこの方向性を期待してたんだけど、なんかノイジーな「而今 千本錦 無濾過生 28BY」みたい。クドくはないので呑めるという、クワナリ消極的な文脈での☆3.5です。




 1973チャレンジ!!!
nabeshima_blossom28by9.jpg
 ▲事前情報を一切教えずにmoukan1973♀に唎かせる今話題の人気コーナー (笑) 。



 ♡☺♡「アル感とトゥワン感が混ざってね? チェリー感はあるかもだけど、個人的な好みの先読みはない。微妙です」──チェリーほど上等じゃねえけどな (笑) ──「いただきまーす。あああ・・・。なんか・・・、最後にすごい水っぽさを感じるんだけど。ああっ! あああー、なんて言えばいいんだろ。う〜ん、なんかでもトゥンって抜けるね、アル感が。まあ『旨い!』は出ないなあ。なんかー、鍋ちゃん呑んだ時の昔の感動があるゆえ、成り下がっちゃったなあみたいな (笑) 。これっぽい酒いっぱいあるじゃん。特筆すべきものがない。ドライってことで而今よりは呑める。でもなんかチグハグ。ドライ感とお花畑感のバランスが悪い





── 2日目。


nabeshima_blossom28by10.jpg



 立ち香──ま、これも一連の「華やかサイボーグ吟醸」なのかな。「白岳仙」なんかに近い。「三千櫻」や「而今」ほどグドくはないけど、まあ似たようなもん。

 うん、昨日よりは甘みも出てるかな──と、ほんの一瞬だけ思ったけど、やっぱ鍋島流の苦渋は相当しっかりスパルタンに出てます。「山田錦」よりは香りに「フェミニンさ」というか「若いネーチャン感」は出てるけど、全体には渋くて苦い時の「火入れの山田錦」に近いニュアンス。だったら28BYのNew Moonみたいなキュート路線の方がこの酒のイメージには合うんじゃないだろうか。これ、全然カワイイ酒じゃないよ (笑) 。

 しかしまあ、過剰なミネラル感。数値は非公開だけど、アミノ酸度も全体のバランスを考えると割りと高めだと思う。ノイジーにギシギシする。今季のハズレの「長陽福娘」や「白岳仙」に近いニュアンス。でもなんでそれらよりは呑めるんだろう。そうね、牛乳指数が低いからだろうな。これに比べりゃ「而今 千本錦 無濾過生 28BY」はよくできた酒──凡庸だけど。

 徐々に渋みがヤバイことに・・・。ダメだ。☆3に格下げです。これを花見に持っていくと場が凍りつくので、買ってしまった人は家で一人で呑んでください (笑) 。


moukan1972♂






日本酒 鍋島 華やかサイボーグ吟醸

Comment

Name - moukan1972♂  

Title - To アイオライトさん



毎度です。


火落ち菌に侵された酒も最初は普通に飲めますが、ある日、何かのバランスが崩れると一気にダメなる感じでした。途中まではちょくちょく飲んでましたけど、普通に旨かったですよ。ま、うちの「秘蔵酒」は平均精米歩合が50台ですからね (笑) 。


──モウカンさんの貼ってくれたオフフレーヴァーきき当て体験の記事を読むとムレ香(生老ね)は「ちょっと香草のような香」とあるので長陽福娘の薬草っぽさはこれのような気がしてきました。

元々僕の中で「長陽福娘」の熟成酒には草っぽいタッチがあるので、そこというよりは、酸が暴走して全体のバランスが崩れたんじゃないですかね。山廃純米とか八反錦なんかは、少しヨモギみたいなハーブアロマありますしね。さすがに純吟山田錦の山口9Eの1年モノはモカフレイヴァーな美しい白銀の纏いですけど (笑) 。


──昔、外飲みで状態の悪い花巴の水酛を飲んだ時にヨーグルトに漬け込んだ雑巾のような風味を感じたことがあるのですが、これが生老ねなのかと勝手に思ってました。どうも違うっぽいな…じゃああれはなんだったんだろう。

ちょっと待った!
徐々に夕飯時の日暮れになってきました──ヨーグルトに漬け込んだ雑巾のような風味──これはエグイ (笑) 。

しかし老ねトーク盛り上がるなあ (笑) 。
雑巾は僕が「磯臭い」と言ってるのと同じような気もしてきました。うちは実家が海の近くなので、夏になると南風に乗ってどこからともなくやってくるんですよね。花見川も海に合流するので、それのヘドロ香なんかと混ざると、確かに「雑巾」ですね (笑) 。

2017.03.31 Fri 18:20
Edit | Reply |  

Name - アイオライト  

Title - 

すいません、訂正です。
×一般的に老ねた酒は~
○一般的に火落ちした酒は~
2017.03.31 Fri 17:08
Edit | Reply |  

Name - アイオライト  

Title - 

僕はまだ未経験ですが、一般的に老ねた酒は酸っぱくて胃酸や足の裏系の臭いがするようですね。想像しただけで吐きそう(笑)こちらで興味深い体験レポートが読めます。
http://o3.hatenablog.jp/entry/2015/12/06/180000
http://blog.livedoor.jp/aspero/archives/3715116.html

モウカンさんの貼ってくれたオフフレーヴァーきき当て体験の記事を読むとムレ香(生老ね)は「ちょっと香草のような香」とあるので長陽福娘の薬草っぽさはこれのような気がしてきました。昔、外飲みで状態の悪い花巴の水酛を飲んだ時にヨーグルトに漬け込んだ雑巾のような風味を感じたことがあるのですが、これが生老ねなのかと勝手に思ってました。どうも違うっぽいな…じゃああれはなんだったんだろう。
2017.03.31 Fri 17:03
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - まさかの「老ねスレ」誕生 (笑) 。

※レス投稿ではないので、記事内と同じ文体 (オレ調) で書いてます。


案外、老ね瓶を引いてるオレ。
確かにこれ、明確な線引きはなくて、なにかの「珍味」同様、「芳しければ熟香」「旨ければ熟味」「不味ければ老ね」なので、まあそこは個人の嗜好に左右される面も大きい。中には単純な生熟香 (熟れ茶けたブドウ香) が苦手な人もいるし。

「火落ち菌」に侵された瓶も、開栓済みの常温放置で先日体験済みで、2週間くらい前に捨てました──なんだかんだで1年半くらい所持してた。というより、ずっと変化を観測してきたけど──この瓶は「秘蔵酒」と我が家では呼んでいて、すでに10種類以上の純米酒系がブレンドされていた──、まず、徐々に酒が勝手に濁ってきます (笑) 。途中までは心地良い熟味と両立してるけど、徐々に「糠味噌」みたいな乳酸系の香りが勝ってきて、最後は生ゴミみたいな香りになって死亡 (笑) 。

あと、鼻がひん曲がる系の代表と言えば「磯臭い系」の老ね香。実はこれ、マチダヤ試飲会で体験した「悦凱陣 純米大吟醸 10年 生熟」でも感じたけど、蔵元は堂々とバカ高い値段で売ってたし、お客さんも「どこで買えますか?」と真剣に訊いてたので、まさに「珍味」だったんでしょう、その人にとっては (笑) 。

この磯臭い系の老ねは、このブログ内でも3本あって、

風の森 - 純米吟醸 山田錦 笊籬採り 26BY
越後雪紅梅 - 大吟醸 重吉 23BY
竹雀 - 山廃純米吟醸 槽搾り 雄町50 無濾過生 27BY

このへんは共通。ただ、「竹雀」は初日はそうでもなくて、2日目に本領発揮したので、どういう化学反応が起きたかは謎。

最近オレが「牛乳アーモンドオイルお花畑」と呼んでるムっとする香りは「老ね」ではなく、流行りの麹菌 (酵母ではない) がもたらした「副作用」なんじゃないかと思ってる。28BYはこの手のタイプの酒が多すぎる。必ずしも造り手はここを目指してるわけじゃないと思うので、それで「副作用」なんじゃないかと思うわけだが、以前にもあったのにそれをオレがイヤと感じなかっただけなのか、実はこれに関しては自信ない (笑) ──だって好みは日々変化するものだろ?

なんかプロ向けの「オフ・フレイヴァー講習会」もあるらしいんだけど、我々がどうにか潜り込めないものか。将来ここでオフ会をやれば、「オフ・フレイヴァー・オフ会」というダジャレになるので、なかなかオツではある (笑) 。

日本酒オフフレーヴァーきき当て体験その1
https://allabout.co.jp/gm/gc/225225/

日本酒オフフレーヴァーきき当て体験その2
https://allabout.co.jp/gm/gc/225226/
2017.03.31 Fri 13:20
Edit | Reply |  

Name - サンジュリアン  

Title - 臭い匂い

アオライトさん、黒ネコさん

モーカンさん 勝手にここで好きな事書き込んでまーす。お許しを!

正直 老香と私の嗅いだ蒸れた雑巾臭(蒸れた藁)と区別は分かりません。
ただ、ワインの場合 レストランで抜栓したも返品交換できる不良ワイン、所謂ブショネと呼ばれる異臭は、コルク材由来の化学物質のTCA(トリ・クロール・アニソール)が原因とはっきりしてるようですが、熟成ワインに在る老香はマディラ化(白ワインが紹興酒の様に褐色化する)による熟成香と捉えてる人が多い様です。シェリー酒にあるチーズの様な香りがその代表です。この場合はレストランでは無償交換出来ません。


で、私が一火(生詰、生貯蔵)の日本酒飲んだ中で3本位感じた蒸れた香り はパックの安酒(二回火入れ)にある老香とは違う様に感じます。
味全体は許容できますが、微かな蒸れ臭が気になるこんな感じでした。
それを火落ち菌かな と思った次第です。


2017.03.31 Fri 13:15
Edit | Reply |  

Name - アイオライト  

Title - 

黒っぽい猫さん、サンジュリアンさん
はじめまして、火落ちの話がでていたので便乗させてください。

僕も火落ちや老ねの味・香りはこれだ!という明確な基準はもってないので、それを知るべくわざと常温放置して劣化を試みたことが何度かあります。
酒によっては確かに不快な味になるけど、これはこれで好きな人いるんじゃないかなというレベルだったり、逆に旨くなっちゃったり(笑)で結局よくわからなかったですね。僕が老ねもある程度許容できる嗜好の持ち主ということもあるんでしょうけど。

そういえば、こないだ酒屋で眠ってた長陽福娘の純米生(雄山錦)26BYを手に入れたので飲んでみたのですが、妙に薬草っぽさがあって、二日目、三日目とだんだんそのエグみ?が強くなってきて最終的にはマズくて飲めなくなったんですが、もしかして老ねや火落ちの一種かななどと思いました。でも熟成に耐える銘柄だし、違うかなーどうなんだろ…
(ちなみに、これは長期室温熟成用に購入したのですが、飲んだことがないスペックだったので味見の誘惑に負けて開けてしまいました)

とにかく、一度は鼻が曲がるような酒を飲んでみたいものです。
(鍋島まったく無関係でスイマセン)
2017.03.31 Fri 11:41
Edit | Reply |  

Name - 黒っぽい猫  

Title - 雑巾系です。

私も、「これが火落ちした酒だ」という説明を受けて、火落ちの酒を飲んだことはないのですが、あの、開栓した時に立ちこめる、もあ・むあの臭いと、含んだ時の飲み込めない触感?(体が拒否する感じです)には参りました。
数日おいたならば、おさまるだろうと思っていましたが、更にひどい状態になっていました。
22年頃に、鍋島を初めてやったのですが、ものすごく美味しい酒であり、今後の日本酒全般に期待して、一人でにやにやしたものです。
しかし、あれと同じものが流通しているとは考えたくないです。

秀峰の出羽燦々33は旨かったですね。 珠韻以降の秀峰は、なぜか「牛乳」と「アーモンドオイル」系が入っているように感じています。ロッドでの違いもあるのではと思います。

長陽福娘は、「山廃」狙いですが、ネットも今日でしばらく終了です。

クイクイやれる酒に出会うと、ものすごく幸せです。
2017.03.31 Fri 09:08
Edit | Reply |  

Name - サンジュリアン  

Title - 蒸れた雑巾臭?

黒ネコさん
お久です。
同じモノ飲んでないので想像ですが、
腐敗臭 と呼んでるテイストって火入れ酒に開けたてにある匂い?味?じゃないですか、私の経験では昨年秀鳳の出羽燦々33の生が良かったので、リピしたら火入れなら在るよと言われ、一火飲んだと時に感じた微かな香り ーーーー 自分は蒸れた雑巾臭 と思いました。
開けて2-3日すると殆ど気にならなくなりましたが、ひょっとしてコレが火落ち菌?と後で知りました。
似た経験は鳳凰美田の一火の生詰と長陽福娘の秋あがりにも感じました。
でも、この出羽燦々33のインパクトが強かったですね。
2017.03.31 Fri 04:23
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To 黒っぽい猫さん



毎度です。


──当家ではこれを腐敗臭と呼んでいます。

腐敗臭 (笑) 。
たとえば「秀鳳」なんかの香りは抜けも良くて大丈夫なんですが、28BYはとにかくそこに「牛乳」と「アーモンドオイル」か加わって、しかも硬水系の酒だと更に「軋み」まで加わり、大変なことになってます。だったら7号系のセメダインの方が遥かにマシです。


──しかし売れていますね。

週末は全国のそこかしこで微妙な空気が流れることだと思います (笑) 。

PS 僕は呑んでないですが、moukan1973♀によると「みむろ杉」の2日目はやはり水っぽかったそうです。


2017.03.30 Thu 23:02
Edit | Reply |  

Name - 黒っぽい猫  

Title - やってみましたか。

当家ではこれを腐敗臭と呼んでいます。
4年ほど前ですが、2年連続して腐敗した酒に当たり、「輸送や保管の問題なのかな」と思っていましたが、昨年からのモウカンさんの記事を見まして、酒を造っている者の問題だと解かりました。
しかし売れていますね。
2017.03.30 Thu 20:27
Edit | Reply |  

Add your comment