◤みむろ杉 - 純米吟醸 露葉風 無濾過生原酒 中汲み 28BY ── dಠಠb「史上最大に地味な☆4.5! でも、しみじみ旨い!」#Fresh 



検索ワード:


mimurosugi_tsuyuba_nama28by3.jpg みむろ杉です。ほぼ初めて飲みます。マチダヤでも扱いあるし、奈良の酒屋はたまに通販で使うし、なんで今まで買わなかったんだろ。そーゆー銘柄、なんでかあるものだけど、心の中で<28BYは買いますぜ>と思っていたところ、たまたま読者さんが「みむろ杉(露葉風>雄町>山田錦) 」と明確な指針をくれたので、マチダヤに遅れて入ってきた3月出荷ロットを即買いしました。

 当主の今西将之氏は23BYより蔵に入り、24BYより、この限定ラインの「ろまんシリーズ」を始めたそうで、年齢もまだ32〜3歳くらいだろうか。「若手の夜明け」というイベントにも参加してるし──下記リンク先でも紹介されてます──、去年の「マチダヤ試飲会」にも来てました──軽い試飲のみで終わり写真はナシ。



 


mimurosugi_tsuyuba_nama28by6.jpg



 スペックは奈良県唯一のオリジナル酒造好適米「露葉風」の磨き60、酵母は協会9号、数値は「日本酒度:±0.0、酸度:1.9」になってます。どういう酒なのか全く知らないので、何も考えず呑んでみましょう。軽く期待です。

 


mimurosugi_tsuyuba_nama28by1.jpg


 ▼オレのストレス発散方法は「昨日より面白い記事を書くこと」──つまり、いざという時のために平常は70〜80%の力で抑えて書かなければならない。
mimurosugi_tsuyuba_nama28by2.jpg
 bottle size:720ml




SAKE GRADE:☆☆☆☆½

【335】みむろ杉純米吟醸 露葉風 無濾過生原酒 中汲み 28BY <奈良>

今西酒造 株式会社:http://imanishisyuzou.com


Moukan's tag:




mimurosugi_tsuyuba_nama28by4.jpg 立ち香──おっと。クワナリ穏やか。グラスに注ぐ前 (液面が静止してる状態) は「ほぼ無臭」だぞ。強いて言えば、オブラートみたいな張りのあるムキっとした酸の先読みがあるけど、これは香りじゃなくて、液性に対する印象なので、オレの中では「無臭」扱い。ドライの予感 (笑) 。

 大丈夫だろうか──。

 ほう、ホロ苦甘酸っぱい。ガスなない。やや山廃的なペタンコなエキス感を従えて滑らかに味曲線を辿る流れ。跳ね返りというよりは、酒が流れた先で円みのある渋みがジャっと急ブレーキするニュアンスのフィニッシュ。決して旨すぎないシックなwell-made感が今は非常に心地よい。まるで全く期待しないで入った定食屋のアジの干物がちゃんと脂が乗ってて旨かったみたいな、小さな感動と満足の交錯。しかしあそこまで香らないのに含むとちゃんと味も香りもあるから不思議。これはしみじみイイ酒だなあ。なんで今まで買わなかったんだろ。こりゃmoukan1973♀が「クイクイ系」と言うタイプだ──スリム・フルーティーというか。味や香りに違いはあれど、口の中の収まりの良さとバランス感覚で思い出したのは「山城屋 純米 しぼりたて 無濾過生原酒 28BY」だ。

mimurosugi_tsuyuba_nama28by5.jpg 軽く瓶を撹拌したけど、これでもほとんど香らない。でも、含むとちゃんと程良く味がする。存外にいいな (笑) 。淡麗っちゃ淡麗だけど、決して味気なく退屈なわけでもなく、瑞々しいジューシイ感もちゃんとあるんだよな。エキスの表面を優しくコーティングするような酸の出方で、これはオレの中では明白に「酸、足りてます」の酒。余韻の苦みが実にチャーミングでね。こういう感覚は初めてかもしれない──過去にあったとしても、その時は気づかなかったのかもしれないし、今は思い出せないだけかもしれない。

 これはまさしく史上最大に地味な☆4.5 (笑) 。そうね、味も香りも違うけど「六十餘洲 純米吟醸 山田錦 生酒 28BY」なんかと酸の表情 (甘みに対する距離感) が同じだね。これいいなあ。これ言って伝わるか分からんけど、ピチャっとジューシイ。ぐんぐん出てきた、クリアな酸が。これ好きだわ。なんだろうなあ。地味だけど、しっかりWell-Made。これを薦めてくれた読者さんも「みむろ杉は一言でいうと『ウェルバランス』です」と書いていたけど、まさにその通り。表面は凡人を装って中身は高スペックみたいな (笑) 。

 DE、一体なんの味がするのかを説明するのが非常に難しいんだけど、味や香りとは全く違うエレメントで全体を構築・表現してる酒なんだよ。なんだかんだでオカワリが止まらない。もう一度言うけど、史上最大に地味な☆4.5これクイクイ呑んじゃうわ──ヤバイ、オレまで・・・。強いてこの甘酸っぱ渋苦い感じを果物に置き換えるなら、干した杏や柿かな。でも、液性はクリアで滑らか──それでいてブレーキとしての渋みがチャーミング。


mimurosugi_tsuyuba_nama28by7.jpg しかし液面はほとんど香らない。なんとなーくキラキラしたエステル香の残骸を奥で感じるくらい。水の硬さもちょうどいいんだよな。細いけど、シャーペンの芯で言うとFみたいな。これ山廃仕込みだったら最高だろうなあ。

 ごめん、もうこれしか言えない──このピチャっと感、サイコウー!

 うちは子供いないけど、たとえば3〜4歳の小さな娘がいて、はしゃぎながらキャッキャとプールで水の掛け合いをしていたら、きっとこんな感じんんだろうなあ──という、まさにピチャっとジューシイ!

 あと、すごい変な (失礼な) 言い方をすると、つまりはこういうことだ。

 夏休みなんかの東映アニメフェアとかで本命の作品がつまらなくて、全く期待してなかった同時上映作品の方が超面白かったみたいな。具体例をあげると、当時「火垂るの墓」と同時上映だった「となりのトトロ」とか、「ONE PIECE」と同時上映だった「デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!」がジワジワ問題視されたのに近い──つまり、これ奈良の酒だし、奈良の酒屋とかで「風の森」と半ば無理矢理に同梱した時、「風の森」がイマイチで「みむろ杉」の方が遥かに旨かったみたいな、そういうダークホース感がハンパないというか──もちろんこれはオレの場合での話だけど、実際、去年呑んだ「風の森 純米 露葉風70 笊籬採り 28BY」なんかよりも酒としての品格も完成度も遥かにこっちの方が上。これ好きだなあ──地味だけど (笑)


 ちなみに我々は出崎統ラヴァーだから──『あしたのジョー2』『おにいさまへ…』『ベルサイユのばら (19話〜) 』『OVA&劇場版 ブラック・ジャック』『宝島』あたりはマスターピース。特に『あしたのジョー2』の前半でカーロスとの友情を通じてジョーが力石の呪縛から解放される一連の流れ、個別エピソードでは「チャンピオン…そして、敗者の栄光 (26話) 」「ボクシング…その鎮魂歌 (27話) 」は神エピソードとしてあまりに有名。これ、オレが小学2年生の時に月曜7時で放映してたんだよ。信じられないクオリティ。機会があれば、是非「酒」を呑みながらどうぞ。この中にも知ってて好きなヤツ、一人くらいはいそうだけど (笑) 。



 



mimurosugi_tsuyuba_nama28by8.jpg ワイングラスもいっとおこうか──。

 よりホロ苦ミネラリーな表情が前に出るかな。でも、コアにしっかりした酸があるね。この段階では、まだまだ若いというか、キビキビしてる。これはこれでいいんだけどね。やっぱサンタリーテだから (酸、足りてるから) 食中も気持ちイイんだよね。この旨すぎない感じいいわあ〜。変な話、720mlで1ダース買って、困った時や胃腸が疲れてる時に「みむろ杉」みたいなさ。


mimurosugi_tsuyuba_nama28by9.jpg やっぱホロ苦ジューシイ系だよね。甘酸の弾けからエキス感が優しく伸びてピチャっと酒が跳ねてジュっとしたチャーミングな苦みで急ブレーキ。気に入ったわ。今年のマチダヤ試飲会で杜氏に会えたら声をかけてみよう。

 ただね、少し泳ぎ気味の液性のような気はする。特に日本酒度がマイナス近辺のエキス感で引っ張るタイプの酒は少し足腰がフラつく傾向があるので、もうちょい硬めに仕上げて熟成で完成みたいな酒質がいいと思う。なんというか、この酒は十分に旨いけど、水っぽさと紙一重なバランス感覚があって、少し危うい一面がないわけじゃない。☆4.5です。



 1973チャレンジ!!!
mimurosugi_tsuyuba_nama28by10.jpg
 ▲下書きを一切見せずに途中参戦で呑ませる話題沸騰の人気コーナー。



 ♡☺♡「ん? この余韻は嫌いじゃないな。旨いねえ〜。最近流行ってる言葉だとクイクイ系。むしろ最後がいいよね」──流行ってるのか!?
 dಠಠb「チャーミングな苦み
 ♡☺♡「そうそう! それ!」──無得点──「旨い。いつまでも舌に残しておきたい味。スッキリしてるんだけど、スッキリという言葉だけで片づけるのは申し訳ないとうか。旨い!


 ちなみに空き瓶からはブドウ様の細めの酸がピーンと。とはいえ、全体には極めて穏やかな発散レベル。ホロ苦さもある。


※「空き瓶調査隊」は冬季限定企画にすることにしました。なぜなら、徐々に暖かくなって来て、時間をおくとすぐにアンモニア臭が発生して、あまり参考にならないから。


moukan1972♂





 ▼おぼたけし「果てしなき闇の彼方に」(TV版のED)
 


日本酒 みむろ杉

Comment

Name - moukan1972♂  

Title - To 2日目のカレーさん

毎度です!

こちらの記事は今からBBSに転載します。
またここにリンクを貼りに戻ってきます。

──────────────────────────────

こちらにレスしました。
http://moukan1972.blog.fc2.com/blog-entry-657.html#comment1549
2017.03.31 Fri 17:41
Edit | Reply |  

Name - 2日目のカレー  

Title - 南部美人、蔵見学!

お久しぶりです。タイトル通りですが、南部美人の蔵見学に行ってきました。2人のみの見学でしたので「ここ行って大丈夫?」というような(木の歩み板を体を横にして渡り歩いたり)場所など・・・ほぼすべての場所を丁寧に見せて頂きました。最後に19度位の搾りたての生原酒も頂きました。(お土産付き!でした)

お酒にまつわる話は沢山聞いたのですが、なかでも聞いて驚いたのが販売先や配布割合の話です。2割海外、5割強が地方、3割以下が地元との事。海外はヨーロッパや中国など販売国によりラベルも別々。ただカンパイというDVDを見ていたので驚愕の・・というわけではなかったです。ただ社長は居なくても社長の人柄が伝わるようなアットホームな蔵でした・・・。残念だったのは持参したカンパイのDVDにサインを貰えなかった事かなw

さて、話は変わりますが私もお酒一生懸命?飲んでます。モウカンさんには一生追いつけなさそうですが・・・。冷蔵ショウケースのホシザキのRTS100の購入も決めた所であります。自信を持ってお勧めできるお酒を見つける事ができたら、報告したいと思います。

これからも引き続き楽しいブログを宜しくお願い致します。
2017.03.31 Fri 16:40
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To サンジュリアンさん



毎度です、酸をつなぐ者、moukan1972♂です。


ワインがバケットなら、たしかに日本酒の生酒はカレーパンに匹敵するかもしれませんね (笑) 。真澄の本醸造にハっとするサンジュリアンさんには笑いましたが、案外、ちゃんと造られた本醸造は旨いものですよ。化粧の落ちた造られた美人 (出来の悪い純吟生) か、化粧すれば美人になる小作りの素朴娘 (出来の良い加水火入れの本醸造) かの違いですよ。


──赤ワイン(白でも酒石が残る熟成物)の場合、良い奴ほど空き瓶の香りが良いんですよ。
──空き瓶の香り、それ自体の熟成能力を端的に示してるのじゃないないかな?



酒の強さを示す一つのファクターにはなるかもしれないですね。ダメ酒はやはり空き瓶香もダメですからね。


moukan1973♀の花見は曇りで寒いので友人宅の小規模ホームパーティーになったようです。予定通り「米鶴 山廃純米大吟醸」を1800mlで持たせます。普段日本酒を飲まないような人ばかりなので、たぶん仰け反るでしょうね、旨すぎて。去年持たせた出来損ないの「屋守おりがらみ生」を「旨い旨い」言って飲んでたくらいですから (笑) 。

またいつか酒談義しましょう。僕もサンジュリアンさんが噛み付いて来ないと張り合いないですよ。僕と張り合える人、他にいませんから。

2017.03.30 Thu 17:37
Edit | Reply |  

Name - カレーパン食べ過ぎたサンジュリアン  

Title - 空き瓶とタンポポ(映画)

モーカンさん毎度です。

どうでも良い事ですが、空き瓶調査隊のコメ見て思い出しました。
赤ワイン(白でも酒石が残る熟成物)の場合、良い奴ほど空き瓶の香りが良いんですよ。
伊丹十三のタンポポで、ホームレスのパーティでレストランから拾ってきたボルドーのピションラランド空き瓶 残った澱だらけのワインを濾して飲むというシーンで、空気に触れたワインが程よく開いて良い香りになる
と元グルメのおじさんが得意になって語っていました。
似た様に自分でも月一の瓶出しの時1-4週間経った瓶から良い香りがした経験が多々有ります。
モルトウィスキーなんかも殆ど香り変わりませんよね。寧ろ甘いバニラ香になる。
逆に飲み残した普通のビールだと 翌日でも日に当たってるとオシッコの匂いになる。
火入れやフィルター処理されてる安物のワインもビールと同じですね。

空き瓶の香り、それ自体の熟成能力を端的に示してるのじゃないないかな?
土曜日の花見🌸 出来ると良いですね!
我が家はやっと梅の木の蕾が膨らみ始めました。梅も桜も木蓮も椿も4月中旬以降になると皆んな一遍に咲き始めます。

春近しですね。

2017.03.30 Thu 15:11
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To アイオライトさん



毎度です。


──みむろ杉は仰る通り地味なので、ある程度日本酒経験値が高くないと引っかからない酒のような気がします。

なんというか、旨さの意味を知りたいと思わせない旨さというか、何も気にせずに飲めちゃうというWell-Madeさですね。気に入りました。


──ところで、今回お燗はされなかったんでしょうか。燗上がりしそうな雰囲気がビシバシするのですが…

うちは720mlだとすぐになくなるので、やってないですが、燗にするにはまだまだ瑞々しさが上回る酒質ですね。それこそ秋まで育てて、渋みや苦みがもう少し茶に色づくとイイかもしれません。

ただこれ、記事に書いたとおり、味が泳ぎがちで、実はmoukan1973♀だけ2日目を飲んだんですが、♡☺♡「水っぽい。初日の方が全然旨かった」と言ってましたので、そこは黒っぽい猫さんの指摘が合ってます。


──ちなみに、私は数年前に三諸杉の菩提酛を飲んでその濃さと旨さにショックを受けて日本酒にハマった人間です。ある意味ではわかりやすい甘旨濃醇系なので、モウカンさんにとっては別に…となるかもしれませんが、機会があればぜひ。イケセイでよく置いてあります。

それはいいこと聞きました。菩提酛であれば表面的な甘旨以外のエンタテインメントに出会えるはずなので、タイミングが合えば拾ってみます。しかしアイオライトさん、最初から趣味が変態だったんですね。普通はトラウマになって二度と日本酒を飲まなくなりそうですけど (笑) 。まあ、ソウル好きは基本エロで変態ですからねえ (笑) 。


2017.03.30 Thu 12:36
Edit | Reply |  

Name - アイオライト  

Title - 

どうもです。
みむろ杉は仰る通り地味なので、ある程度日本酒経験値が高くないと引っかからない酒のような気がします。
ところで、今回お燗はされなかったんでしょうか。燗上がりしそうな雰囲気がビシバシするのですが…

ちなみに、私は数年前に三諸杉の菩提酛を飲んでその濃さと旨さにショックを受けて日本酒にハマった人間です。ある意味ではわかりやすい甘旨濃醇系なので、モウカンさんにとっては別に…となるかもしれませんが、機会があればぜひ。イケセイでよく置いてあります。
2017.03.30 Thu 12:23
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To 黒っぽい猫さん、104komoriさん



黒っぽい猫さん


再び毎度です。


──初日は、まさに「くぃくぃくぃ系」の旨い、自信を持って誰にでもおすすめできる酒だと記憶しているのですが、三日目以降が、非常に調子の悪い酒に変わっていた記憶があります。 生酒は難しいのですかね。

さすが鋭い御指摘。うちは1日で飲み干しましたけど、ちょっと味が泳ぐんですよね。足腰がユラユラ。でもそこがこの酒の瑞々しさであり、艶やかなエキス感の心地良さでもあるので、初日を楽しむ酒のような気もします。問題なく旨かったですよ。


────────────────────────────

104komoriさん


ご無沙汰しておりました。このたびは旨い酒の御紹介ありがとうございました。いやあ、最近は「而今牛乳」みたいなガキ酒に疲れ果ててるので、これは癒されますね。オトナが落ち着いて安心して呑めるWell-Made酒です。


──雄町や山田も決して悪いわけではないので、是非一度どうぞ!

このホロ苦甘酸っぱい感じは「露葉風」のせいなのか銘柄属性なのかはわかりませんが、次は「雄町」あたり、行ってみますかね。奈良の酒屋は通販でちょくちょく使うので、同梱時にあれば。マチダヤは全部が入るわけじゃないので、アテにできません。

そうそう、「房島屋 純米超辛口 おりがらみ 生酒」も買いましたので、次回もヒヤヒヤしながら感想をお待ちください (笑) 。ま、最近の我々はかなり辛口耐性が増してますので、ドライなのにフルーティーとか全然余裕ですし、酸度高めの酒は元から好物です。


2017.03.29 Wed 23:31
Edit | Reply |  

Name - 104komori  

Title - 

どうも、オススメさせて頂いた本人です。
蔵元でもないのに正直ホッとしております(笑)
雄町や山田も決して悪いわけではないので、是非一度どうぞ!
2017.03.29 Wed 20:49
Edit | Reply |  

Name - 黒っぽい猫  

Title - 確か二日目は

同じ銘柄かどうかは忘れましたが、初日は、まさに「くぃくぃくぃ系」の旨い、自信を持って誰にでもおすすめできる酒だと記憶しているのですが、三日目以降が、非常に調子の悪い酒に変わっていた記憶があります。
生酒は難しいのですかね。
2017.03.29 Wed 19:51
Edit | Reply |  

Add your comment