もう肝臓の無駄づかいはしたくない夫婦のワイン&日本酒備忘録

 突然ですが、ブログ名を変えました。近日中に[hello !][about us][site policy]を改訂するので、今後の方針はこれらを御参照ください。【近況】8年ぶりに「石神井公園」で一人暮らしをしている叔母 (母親の姉) に会う。突き抜けた変人揃いの母方の親戚の中でも極め付けの人物。途中からmoukan1973♀も (「焼肉」目当てに) 参戦。今年80歳だけど──認知症の〝欠片〟もヌワイ──、一人で喋りまくる。内容の数々がドロドロと黒々しくエモーティヴでエグいが、なぜか爆笑を誘う。どういうわけか昔からオレとは波長が合う──と、少なくとも彼女の方は〝そう〟思っている (笑) 。携帯電話を持っていないので、今度「契約」に付き添う約束をした。一人息子は少し離れたところに住んでいるけど、オレは電車で20分なので、サポートできることはしてやりたい。
〜 たぶん年ベースだと余裕で300本以上の酒瓶を空にし、メインは7,000円以下のChampagneとStill Wineと1.8Lの火入れ純米、日本酒はそこらのマニアの10倍はマニアック (役に立たないクイズ的な知識は少ないけど) 、オマケと思わせておいて「本日の1曲♪」が実はプロ級に専門的、合間に安煎餅&女優評 (ほぼ「浜辺美波」関連) 、超時々メガネ警察、特に悪気はないが冗談は常にキツめなので気弱な人&単に優位に立ちたいだけの身の程知らずのマヌケは (必ず〝返り討ち〟に遭うので) 絡まないで下さい、夫婦仲はオレ主導で常に円満&爆笑の連続 (今年で結婚16年目&子供は作らなかった派) 〜

◤而今 - 純米吟醸 山田錦 無濾過生 28BY ── dಠಠb「オレほどの表現力を以てしても『普通』以外の言葉がなかなか出てこない」 




 最近なんだか忙しいし──楽しいけど──、どうでもいい酒の記事を真面目に書くことは、少なくとも週末くらいは省きます。読む側の「休館」も玉には必要だろうし (笑) 。

 それじゃなくても最近は少し覚醒モードが暴走気味だったし、ここらでガス抜きさせて下さい。流石のオレも覚醒モードがつづくと戻って来れなくなるので。




DSCN4695.jpg

DSCN4678.jpg

DSCN4683.jpg
 bottle size:1800ml




SAKE GRADE:☆☆☆

【332】而今 -じこん- 純米吟醸 山田錦 無濾過生 28BY <三重>

木屋正酒造:http://kiyashow.com


Moukan's tag:




DSCN4688.jpg



 普通。まだガスがあるだけ「謙信 純米吟醸 五百万石 生酒 28BY」の方がマシ。確かに「而今」の方が素人が騙される「なんちゃってミネラル感」があるから「キレがいい」とか恥ずかしいこと言っちゃうギャグがあるけど、「優しい凝縮感」と「確かなミネラル感」のある「やまとしずく 純米吟醸 直詰生原酒 28BY」が何かのドッキリ企画でこれの中身だったなら、ラベルパワーとの相乗効果で方々で大絶賛の嵐を獲得するでしょう──当然、ブラインドなら負ける要素はどこにもない。

DSCN4705.jpg なんか渋みの中にウッディーなニュアンスがある。割りとどうでもいいメロン吟醸なので、だったら「仙介 純米大吟醸 無濾過生原酒 27BY」を呑んだ方が100倍幸せ。今の「而今」はオレ的にはマジでどうでもいい銘柄。これを美味しく飲める人は本当に幸せだと思う。逆に羨ましいわ。moukan1973♀も♡☺♡「黒澤の後では何も語る意義なし」と言い出す始末。一応、口開けから飲んでます。開栓後、信じられないスピードで劣化が進んでます。店で飲んではいけない酒の筆頭。

 たまたま道を歩いてたら「而今、いる?」と声を掛けられ、それで買ってみたけど、今は「土曜の夜を返せ」と言いたい気持ちでオッパイ。某酒屋で謎コンディションの720mlを試飲した時はもっと甘みを感じたんだけどなあ。

 やや「華やかサイボーグ吟醸」的なチグハグなミルキー感あり。これマジでなんなの? これで5本目だよ。アーモンド・オイルみたいなイヤなヌメりのある香り。跳ね返りもスパルタに軋むし、マジで勘弁





── 2日目の夕方。


DSCN4714.jpg



 ♡☺♡「イヤな甘さが出てきた。木香をしっかり感じる。ダメだこりゃ。変なミルキー感。最後が渋いし──違う──『而今』というビッグネームにおいてこのクオリティは残念──何を偉そうに (笑)

 オレも少しだけ付き合う──。


DSCN4708.jpg たしかに甘みは伸びてきた。これこれ、オレが某酒屋で試飲した時もこの蜜っぽいビヨ〜んと伸びるような甘みはあった──GA!──とにかく跳ね返りが渋い。前半の1秒の中には一瞬だけエレガントな凝縮感 (濃度高めの上等な甘み) もあるんだけど、後半の流れとチグハグだし──これが一番な大事なことなんだが──何より全く旨くない。やや過剰で邪魔なミネラル感と木香っぽい渋みが不埒にノイジー。これ、狙った数値より、ちょっとアミノ酸度が高すぎるんじゃないだろうか。無駄に雑味ティカルだし、「而今」にとっては不運な事に、もはや我々にとっては「黒澤」後にこれを美味しく呑むことはできない。初日の最初の1杯目は凡庸ながら一定のwell-madeな表情もあったんだけど、分単位で劣化が進み、徐々に渋み&軋み&が鮮明に──そして今はガタガタ。

 ♡☺♡「エレガントさが全くない

 ☆3ですね。まさに「イクラ理論」よろしく、イクラ好き (而今好き) が旨くもないイクラの中に人生最高のイクラの想い出を求めて脳内補正をかけるが如くの流れでしか満喫できない酒ではあるが、これまた不幸な事に、我々はそうした「イクラ体験 (而今体験) 」に乏しいゆえ、ただのどうでもいい酒にしか感じられないのであった。

 誰かが本当の事を言わなきゃダメだろう。オレにその資格は乏しく、特約店の酒屋か、熱心なファンが杜氏に言ってやらなきゃ、彼が可哀想だ。


moukan1972♂





 空き瓶調査隊
DSCN4785.jpg



 ああ、こういうことね。「完熟リンゴ」を目指して、それが過剰に育ちすぎて「華やかサイボーグ吟醸」になってしまったという。クワナリ下品なカプロン酸エチルが出てます。この段階であれば、後追い的にこの酒が本来目指したフルーティネスの輪郭を追えるものの、やっぱ出てるね、アーモンドオイルなミルキー感。これは明らかに香りが出過ぎ。もはやオレに「通常の試飲」は要らない。空き瓶の匂いを嗅がせてくれれば、だいたいアタリかハズレか分かる──「Takachiyo」の空き瓶香には騙されるが (笑) 。これ、なんか平仮名の「たかちよ」みたいよ。



日本酒 而今 華やかサイボーグ吟醸

Comment

Add your comment