◤本日の1曲♪【MELLOW】Watsonian Institute - Pretty Miss T (1979)  

genre tag:FUNK, MELLOW
 ▼CLICKでDATA表示
▪︎インスト系ファンクの隠し球を、生姜ない、教えちゃうか。まあ、このへんはDJアイテムとしては完全にノーマークです。10年くらい前は300〜500円とかで買えたけど今はどうか知らない。違いのわかる大人リスナーに、オレから捧げる「連休明けの後夜祭ソング」です。しっかし沁みるわ〜。オレもよく知らなかったんだけど、Watsonian Instituteというのは、1950年代〜60年代に活躍したR&B系のギタリストJohnny Guitar Watsonが立ち上げたバンドみたいね。アルバム2枚で解散してるから売れなかったんだろうけど、1979年と言えば世界中が空前のディスコ・ブームだったし、そんな中、こんな地味でイイ曲を作っても誰も見向きもしないって。Rare GrooveやFree SoulというフィールドやDJアイテムとしての機能性から外れるこういう曲を無視するのは自分の無知とセンスのなさを露呈するようなもの。それでも「使えない」と言うのなら「ジャンル」なんか自分で作ってしまえばいい。











 ▶︎このへんで泣けるようになると音楽は俄然、面白くなるのだけれど。
 

 ▶︎※画像はイメージです。
music_目玉のオヤジ


 ▶︎Johnny "Guitar" Watson
  (※1996年にツアーで横浜に来ていて、LIVE中にステージから落ちて死んだらしい。)
 


FUNK MELLOW

Comment

Name - moukan1972♂  

Title - To アイオライトさん



毎度です。

逆に僕はWatsonian Instituteしか知りませんでした。知ってたというか、単にレコ屋でジャケ買いして発掘しただけですが (笑) 。ま、晩年にワールドツアーで日本に来るくらいなんですから一般的にも人気あるんでしょうね。

しかし御紹介の曲は我々のようなNYサイドの'70s Discoや'80s Funkに馴染みのある人間には完全に「洋楽>その他」ですね (笑) 。確かに「いなたい」です。でも、ボーカルはヘタウマ系で色っぽいですけどね。それこそHouseなんかにも合いそうです。
2017.03.25 Sat 11:27
Edit | Reply |  

Name - アイオライト  

Title - 

どうもです。Johnny Guitar Watsonはもともとブルースギタリストなんですが、70年代中期~80年代は独特なイナタさをもったファンクやってて、ソウル・ファンク界隈では結構人気あるんですよね。
このへんとか。
https://www.youtube.com/watch?v=PCrXZgpanck
https://www.youtube.com/watch?v=-cCmrlk7bOo

しかし、ご紹介の盤は全然知らなかったですねえ。曲はいいのにジャケのせいでエサ箱行きになるタイプですね(笑)
2017.03.25 Sat 10:26
Edit | Reply |  

Add your comment