ტ 本日までの転入生 ── dಠಠb「前日に花泉を呑んで、翌日に自然酒を受け取って、その足でマチダヤに彌右衛門を買いに行ったら、帰りにチャリでコケた。これを我が家では『ヘロキの呪い』もしくは『福島酒の復讐』と呼んでいます」 




 毎度アクセスありがとうござます。

 すでにTOPページの「似非Tweetコーナー」でお知らせした通り、先週、チャリでコケました──最後に派手にコケたのは確か高校1年の時だから約30年ぶり。左の頬と膝と腕を打撲し、特に頬は深めに擦ってしまい、マッチ棒みたいな形と大きさの皮がベロンと。どうして転んだかは書くのが面倒なので省略するとして、完全に心当たりのある「独り舞台」なので、もう二度と同じ間違いは繰り返しません。




 彌右衛門を買って帰る途中に転右衛門 (ころうえもん) 。
yauemon_beppin_nama28by4.jpg
 ▲左のテンプルの付け根が曲がった。これは簡単に直る。レンズは奇跡的に無傷。

 ▼このキズを見るたびに自分を戒めようと思う。ゆえに修理はしない。このフレーム、高いけどな!

yauemon_beppin_nama28by5.jpg



 頬に消毒してガーゼを貼ってるので、しばらく風呂で頭を洗えず、それで仕方なく近所の美容院を検索してうちから一番近い店に行ったら──普段は西荻時代の美容院に行っている──、そこのオーナー (店長) が実は有名な美容師で、細マッチョなダンサー風のイケメン (37〜40歳くらい?) という話をしたら、すっかりmoukan1973♀もノリ気になってます (笑) 。大手チェーン美容院2,500人のスタイリスト中、指名&売り上げで1位を記録したことのある男らしい──そうは見えなかったけど (笑) ──あんま気取った感じもなくシャイで物腰の柔らかい人なので。しかしなんでそんな男がこんな駅から少し離れた変な場所 (2F) に自分の城を築いたのだろう。OPENは2015年の12月だし、まあ、いろいろあったんだろうな。つうか、このへんはいつも通ってるけど、全く気づかなかったわ (笑) 。







 しかしまあ、人生は何が起こるかわからないもので、チャリでコケたら「オゾン・トリートメント」という初回無料の、オレとは無縁のセレブ (アロマ女子) なサービスを受けることになり──2回ほど無料でやってもらえた──、確かにこれ、あんま頭が痒くならないかも。明日もシャンプー行っちゃおうかなあ〜。ちなみにシャンプーは男の場合は1,500円。女はスタイリングに手間が掛かるから2,500円なんだって。「オゾン・トリートメント」はプラス1,000円。ヤバイ、ヤバイ、こんなものに金を使っていてはどんどん心の牙を抜かれる。




本日までの転入生2017_3_14a
 ▲すでに「彌右衛門」は呑み始めてます。少し栓にキズがあったけど、空気漏れはないはず。





ტ 本日までの転入生


◤篠峯 純米大吟醸 雄町 参年熟成 24BY <奈良>
◤芳水 特別純米CUP 27BY <徳島>
◤長陽福娘 限定直汲み 純米吟醸 雄町50 無濾過生原酒 28BY <山口>
◤六十餘洲 純米 山田錦 生酒 28BY <長崎>
◤彌右衛門 別品 生酛 純米吟醸 おりがらみ生 28BY <福島>



 篠峯☆7酒の「中取り生」の参年熟成モノ (火入れ) で、毎年出ます。たぶん中身は24BYだと思う。300mlサイズはマチダヤ仕様なのかな。もちろん旨かったら1800mlで買い直します。27BYから明利系と9号のダブル酵母を廃止して「明利系単独」と「9号単独」に切り替わったんだけど、オレの想いが通じたのか、28BYはダブル酵母Verが「Type-M」として復活。30BYからは「9号単独」の参年熟成が登場するそうです。なので、今季も9号単独と2種類出ます。「明利系単独」はクソだったので、これが正解だと思います。この24BYはダブル酵母。

 芳水 (ほうすい) はたぶん27BY。というのも、これ、ある種「神亀」みたいな熟味のある純米酒なので、新酒の火入れではないはず。お燗向けに買ってきた。これで二度目。旨いよ。マチダヤは日本酒2,160円ごとにスタンプを押してもらえるので、「篠峯」とこれは、いわゆる「数合わせの酒 (調整酒) 」だけど、中身への期待値は高い。

 長陽福娘はコメ欄で「買わねえよ」とか言ってた気がするけど、目の前にあれば買ってしまう (笑) 。日曜に表参道ヒルズのメガネ屋に行ったので、ついでというか。去年はウォッカみたいな辛みがあって好きじゃなかったんだけど、山田錦が桃の牛乳なので、この雄町に掛かる期待はデカイ。逆にやってくれそうな予感。ホント頼みますよ。ちなみに岩崎社長からの返事はまだない──言いたいことを自由に書きすぎたか──「吟醸酵母Ver」は要らねえとか (笑) 。

 六十餘洲は前回の「純米吟醸 山田錦50」が良かったので、今度は山田錦65の純米を。ここの銘柄は火入れがメインなので、生酒の数は少ないし、新酒時期だけの限定ヴァージョン。すでに純吟の火入れが出回ってるしね。今回も酸が足りてることを願うが、味幅も同時ありそうなので、ちゃんとキレイに甘みと旨みを回収してくれよな。期待してます。

 彌右衛門 (やうえもん) は、27BYの1年モノが「落花生」になってたので、どんな酒なのかを知るために28BYを買ってきた。月曜からすでに呑んでます。記事にするのは水曜以降かな。☆の数はここには書かないけど (笑) 、「これが1年経つと落花生になるのかあ」ということは何となくわかったような気はする。


 最後に気になってる人も何人かいると思うので予め言っておくと、今年の『第二十回 若手の夜明け2017@ベルサール渋谷ガーデン』は、たぶん行きません。理由は特にない。行ったら記事にするのが面倒なのもあるけど、なんだろうな、若い連中にオッサンがダメ出ししても雰囲気を壊しそうで (笑) 。

 去年はブログを始める前だったけど、さすがに夫婦で変なメガネを掛けてワイワイやってたら読者の誰かに気づかれそうではある。ま、オレの本命はあくまでも『マチダヤ試飲会』ですね。改めて見ると、やはり揃ってる役者が違うよな。


moukan1972♂






日本酒 篠峯 雄町 芳水 長陽福娘 六十餘洲 彌右衛門 弥右衛門

Comment

Add your comment