【当たり屋 - FILE:004】菊正宗 しぼりたて ギンパック 2017.2. I H <兵庫> 




当たり屋top1



☆新企画「飲む側のチャレンジ酒」【当たり屋 FILE】2017.1.6. START !!

 年間「約250種類」のイマドキ人気地酒を家呑みする日本酒ブログ界の裏路地系問題児「モウカン1972♂」がスーパーやコンビニで買える安酒、大手メーカーの量産酒、及び、かつての銘酒 (過去の栄光酒) を体当たりで毒味! 旨かったら (☆4.5以上なら) 心の中で土下座して、通常のSAKE INDEXに昇格させます!

 尚、更新ペースは「月に1回」程度を予定していますが、一度にまとめて2〜3本ほど毒味するかもしれません。不味ければ容赦なく捨てます!






段平one_cup2
 ▲TVアニメ『あしたのジョー2』より「第11話 死闘の始まり…カーロスVSジョー」の丹下段平。今夜、ジョーが世界ランカーと闘うので、試合前にCUP酒を呑んで気を落ち着かせてます。




 毎度「悪セス」ありがとうございざいます。最初に言っておくと、これは「文句を付けるためのクレイマー企画」ではありません。なによりもオレ自身の好奇心が全てのモチベーションであることを先ずは御理解いただき、そこに賛同できない人は今すぐ退出を願います!


 突然ですが、「ワンカップ大関」を飲んだことありますか? 「月桂冠の純米大吟醸」を飲んだことありますか? 実は「ワンカップ大関」なら何度も飲んだことがあると、今ここでカミングアウトしておきます──しかもつい2014年の夏頃までは、「冷やせばそこそこ飲めるじゃないか」とすら思っていた。それからイマドキの地酒にハマり、これまでに家呑みで空けた瓶は大小様々600種類ほど。しかしながら、日々絶え間なくドロップされる怒涛の新入荷に振り回されて、未だに「〆張鶴 純」すら飲んでない始末。

 このままではイカン!──なにが?

 そもそも「もう肝臓の無駄使いはしたくない」ということを主旨にしているブログなのだから、こういう酒を無理に飲む必要はどこにもない。だがしかし、「日本酒ってマズイ!」と思っていた20代の頃の記憶と感覚をもう一度辿りたいという欲求が日に日に増してきたということなのだ。天才杜氏の醸す絶品の地酒に感動する生活を手に入れた今、これらの酒は一体どういう味わいをオレに届けてくれるのだろう──こうした好奇心を黙殺しながらここまで来たが、なんの因果か、「日本酒ブログ」なんかを始めてしまったのが運の尽き。

 もうこれ、マサムネ唎くしかないじゃんよ!



 ▼写真クリックでHPにJUMP!
ginpack4.jpg

ginpack12.jpg
 ▲一番多い意見が「やや美味しい」である点をお見逃しなく。「純米大吟醸A (精米歩合39%) 」って「獺祭」のことか (笑) ?



 というわけDE、菊正宗「しぼりたて ギンパック」です。2017年の「dancyu 3月号」を買ったらたまたま記事になってまして、勝手に挑発されたと勘違いして900mlを買ってきたら、3/6に500mlサイズが出ました (笑) 。まあいいさ。きっと900mlの方が美味しいと思うし。

 雑誌の記事を撮影したので、商品開発等の詳しいエピソードはそちらをお読み下さい。表に出て来ない情報としては、さっき「お客様相談室」に問い合わせたところ、「生貯蔵」の謳い文句の中身は、「濾過してタンクで約1ヶ月ほど貯蔵してます」ということなので、実質的には「貯蔵」自体にあまり意味はなく、メーカーが主張したいのは「火入れは1回だけなのでフレッシュです!」という要素にあるのだと思う。




ginpack3.jpg

ginpack8.jpg

ginpack5.jpg

ginpack6.jpg


 彼らの味覚を確かめます!銀座 矢部
ginpack2.jpg

ginpack7.jpg
 ▲酵母は15年前から開発を進めて来たという「キクマサHA14」を使用。もちろん加水済みで、規格は「普通酒」扱い。



 使用米は酒造好適米ではなく一般米みたいね。それでイッパシの「純米大吟醸」や「大吟醸」に向こうを張ろうってんだから、よほどの自信があるのか、もしくは単なるオレへのかまってちゃん攻撃なのか。まあいいさ。とりあえず飲んでみましょう。先ずはグイ呑みで。二杯目──があるのならば、チロリタージュしてワイングラスに入れて飲んでみましょう。

 この酒が旨いかどうかより、雑誌の4人がバカ舌なのかウソツキなのかの方が遥かに気になってるんだけど、おそらく読者の多くも、気になっているのはそこだろう。それにしても、磨き73%の普通酒でそこまで「香り推し」というのも、ある意味スゴイ。1800mlが1,598円というのも、そこまでアホ安でもないしさ。




ginpack11.jpg

ginpack9.jpg

ginpack10.jpg
 bottle size:900ml





【当たり屋 FILE:004】菊正宗 -きくまさむね- しぼりたて ギンパック 2017.2. I H <兵庫>

菊正宗酒造 株式会社:http://www.kikumasamune.co.jp


Moukan's tag:




 ここで一旦CMです。
 
 ▲BGMがまさかのインチキHouse (笑) 。


 
 ▲「辛口一筋」は今回でやめたみたい。


 
 ▲これがオリジナルだったのか。




༺ 当たり屋アンケート ༻


▪︎最初の一杯目の温度帯は?
お燗( )・常温( )・冷酒(


▪︎香りの第一印象は?
吐き気を催す( )・少しイヤな感じ( )・普通( )・そこそこ良い香り( ◯ ※普通の地酒レベルに香るw)・美酒風情( )


▪︎熟香は?
まるで古酒( )・やや熟してる( )・普通()・フレッシュ( )・まるで水( )


▪︎果実香は?
ない( )・ある()※「ある」と答えた場合のみ、それは(甘めの洋梨、白桃。全体にフレグランスな吟醸香。フローラル。リンゴを感じるほど酸は出てない)。


▪︎果実味は?
ない( ◯ ※つうか粉っぽいよ)・ある( )※「ある」と答えた場合のみ、それは( )。


▪︎味わいは?
甘口( )・やや甘口()・普通( )・やや辛口( )・辛口( )


▪︎飲み口 (舌触り) は?
酷く疲れる( )・やや重い( )・普通( ◯ ※スベスベしてない。)・やや軽い( )・シルキー( )


▪︎旨みのサイズ感は?
超デブ( )・やや肥満( )・普通()・ややスリム( )・まるで水( )


▪︎酸による味わいの輪郭は?
超ぼんやり( )・ややぼんやり( )・普通()・ややクッキリ( )・パキーン!( )


▪︎苦みは?
凄くある( )・少しある()・普通( )・特に気にならない( )・全くない( )
※「凄くある」「少しある」場合、それは許容できる()・許容できない( )


▪︎米感の出方は?
馬の小便レベル( )・ややいなたい( ◯ ※熟味すら感じる。)・普通( )・比較的キレイ( )・美酒風情( )


▪︎昔ながらのアルコール感は?
イヤな記憶が蘇る( )・やや古臭い( )・普通()・やや洗練されている( )・美酒風情( )


▪︎お燗は?
やってない()・最悪( )・別に良くはない( )・普通( )・冷酒 or 常温より良い( )


▪︎普段飲んでる銘柄だと何を思い出す?
これに似てる酒はない( )・(香りだけならいろいろあるけど、味は「黒松白鹿」とほぼ同じ。含み香だけなら、先日の「長陽福娘 吟醸酵母Ver」を骨抜きにした感じ


▪︎これが勝てるイマドキの地酒は?
ない( )・(たとえばヘロキとコレ、「強制的に2合呑むならどっち?」と訊かれたら、2分だけ悩んでビールに逃げる・笑


▪︎イマドキの人気地酒との一番の違いは?
やっぱフレッシュさが全く足りてない。これ、地酒マニア換算だと「結構熟しちゃってますねえ」レベル。やや粉っぽい駄菓子のシガーチョコみたいなホロ苦さというか。「貝のだし汁」もちゃんとあるよ。もちろん、濃度は低いけど。これを「フレッシュ」と言うのはオレが自己紹介で自分を「爽やか人間です!」と言うのと同程度の嘘だと思うよ。つうか、オレの中では普通に熟味をバンバンに感じるんだけど。つまり、紙パック界と地酒界では「フレッシュ」という言葉の持つ意味がまるで異なる思う──あくまでもこれを「フレッシュ」と言い張るならね。


▪︎今日飲む酒が他に何もない場合、これをリピートするか?
死んでもしない()・状況による( )・全然してもいい( )


▪︎DE、平常の☆換算だと?
☆1〜2()☆3〜3.5( )☆4( )☆4.5以上( )


▪︎イマドキの地酒を愛飲している人間に薦めるか?
薦めない()・特に薦めないが得るものは少なからずある( )・薦める(※この場合は☆4以上)
※「得られるもの」とは、( )




総評 ── dಠಠb 💬

ginpack13.jpg 火入れの純米酒を半年以上常温で放置して少し熟した状態を水で薄めて香料を添加したような酒。確かに呑む前の香りはそこそこレベルだけど、含むと完全に「香り詐欺」です。味は「黒松白鹿」なんかと変わらず、むしろ「フレッシュ」とは対極の「熟した」味わい。一体こいつら、何を以て「フレッシュ」という言葉を使っているのだろう。オレの味覚がオカシイのか? 確かに写真の4人は誰も「旨い」とは言ってない (笑) 。たが「純米大吟醸の向こうを張れるクオリティー」と言ってるバカが一人だけいるな。どいつだ? 正直に名乗りをあげればオレが本当に旨い純米大吟醸を呑ましてやる。

 つうか、そもそも磨き73%の普通酒で香りを語るな。菊正宗の高橋、「昨今の米磨き合戦に、この酒で一石を投じたい」──なに素人臭いこと言ってんだオメエは。オレが☆7を付けた「仙禽 赤とんぼ」なんてほとんど磨いてないんですけど。


ginpack14.jpg 今はグングン香りが出て、まるで「なんちゃって花邑」にまで増長 (笑) 。完全にお花畑です。フルーツなんかじゃない。これは呑めない。吐き気を催すよ。地酒の純米大吟醸や大吟醸と同じベクトルで語ってはいけないし、比べることすらナンセンス。これを花見に持ってくとかアホ言うのもいい加減にしとけ。

 パックの穴からはお花畑だけど、ワイングラスからは明白に駄菓子のチョコのような熟香が伸びて来ます。米の旨みに掛かる「いなたい」タッチに下品な香りの厚化粧。もう最悪。「ワイングラスで飲むほうが、吟醸系の香りが華やかに広がります」──あのさ、この言説、実は何一つ商品の批評になってないって知ってた? 言うならこれ、「手のひらに伸ばしたほうが、ウンコ系の香りがドギツク広がります」と言ってるのと同じ──つまり、当たり前のことを当たり前に言ってるだけ。ちゃんと「旨いのか不味いのか」「プライベートで買うのか買わないのか」を言えよ。それを言う勇気がないのなら、臆面もなくこんなところに出てくるな。

 ただ、パック臭はあまり感じなかったかな。捨てます。



ginpack15.jpg






 まあ、酷い酒。確かに呑む前の香りには一定の「リアルな地酒ネス」があった。だけど、最終的に口に入れるものなんだし、含んで旨くなきゃ意味ねえだろ。だったらまだ田舎臭い熟した純米酒の方がマシだわ。米そもののを味わえるし楽しめるじゃん。これは、そこに無理やり香りを下品に添加しただけだから始末が悪い。ブっちゃけ、二日酔いでコレ呑んだら吐く。問題は「全然フレッシュでもなんでもない」ところにある。だってコレ、何も知らないで呑んだら「出来の悪い熟成酒」だと思うわ。どーして大手の普通酒や本醸造は搾って間もないのに最初から熟してるんだ? そもそも、高橋はこれ呑んで旨いと自信を持って言えるのか? バカ舌もエエ加減にせい。

 これは絶対に呑んではいけない!!!


moukan1972♂




<付録>※「予告」は次回のモノではなく、実際に呑む2〜3日前に、先に記事としてUPしています。

 BGM Start♪
 
ginpack1.jpg

ginpack3.jpg

ginpack2.jpg


 ▼写真クリックでHPにJUMP!
ginpack4.jpg



 菊正宗で開発中だった「しぼりたて ギンパック」が、日本酒好き4人に称賛される。
 この事件が、新たなモウカンパワーを捻出させる。

 次回、『四本目の敵対酒』

 お楽しみに!
 金曜に飲みます!



当たり屋_予告_ミサト1
 500mlサイズも、絶賛発売中ぅ〜♡





 原典 (『新世紀エヴァンゲリオン』拾七話の予告より)


 アメリカで建造中だったエヴァ四号機が、ネルフ第二支部ごと消失する。
 この事件が、新たなエヴァパイロットを選出させる。

 次回、『四人目の適格者』




 ▼4分00秒〜
 


Comment

Name - moukan1972♂  

Title - To アイオライトさん



毎度です。


──少しだけ期待してた部分もあったので結果は残念ですが、まあこんなもんですよね。

なんとなく勝手に「第三のビール」と「普通のビール」くらいの相関性はあるのかと思ってんですが、「大吟醸」風なのは香りだけで、味や旨みの出方そのものはそこらの安酒と同じでしたね。


──この記事はいわゆる記事広告なんでしょうけど、広告である旨を明確に書かないのはあまり褒められたもんじゃないですね。左下の商品紹介欄があるのでかろうじてわかりますが、これがなかったら完全なる提灯記事ですよ。

まあ「大人の事情」というか、雑誌作りも「所詮は仕事」なので仕方ない面もありますが、「情報発信者」としての矜持や信念はないんですかね。回り巡って最終的には全部自分に跳ね返って来ると思うんですけど。だったら丸々「十四代」とか「而今」の増刊ムック本にした方が売れるんじゃないですかね。


──ちなみに、この号の100~116Pの特集も記事広告で、こっちには一応最初のページにだけ「特別広告企画」と書いてありますけど、ギンパックのページには何もないので、恐らくもうちょっとお高い枠なんでしょう。より読者を騙せる可能性が上がりますよ、と(笑)

よく見てますね (笑) 。
そんなの全然気にしてなかったです。
確かに「ギンパック」は全176ページ中54-55ページ目なので「お高い」でしょうね (笑) 。普通こういうCM記事みたいのは後半か最後の方なんですけど、これだとマトモなレポート記事に見えますね。テイスティングした「日本酒好き」の名前がないので信用度は最初からないですが、そもそもこいつら、本当に一堂に会したんでしょうかね。集合写真がないんですが (笑) 。


──って、酒じゃなくてすっかり雑誌の批判になってしまいました。失礼しました。

僕が「火」なら、こいつらは「油」なので、結果的にはとことんバカやって欲しいですね。格好のネタですよ (笑) 。

それにしたって、もうちょいマトモな酒だとは思ってましたよ。これは本当に酷いです。ワンカップ大関の方が遥かにマシです。「菊水ふなぐち」が銘酒に思えます。

2017.03.11 Sat 13:32
Edit | Reply |  

Name - アイオライト  

Title - 

どうもです。
僕もdancyu読んでちょっと気になってたので、今回の人柱チョイスはありがたいです(笑)
少しだけ期待してた部分もあったので結果は残念ですが、まあこんなもんですよね。

この記事はいわゆる記事広告なんでしょうけど、広告である旨を明確に書かないのはあまり褒められたもんじゃないですね。左下の商品紹介欄があるのでかろうじてわかりますが、これがなかったら完全なる提灯記事ですよ。
ちなみに、この号の100~116Pの特集も記事広告で、こっちには一応最初のページにだけ「特別広告企画」と書いてありますけど、ギンパックのページには何もないので、恐らくもうちょっとお高い枠なんでしょう。より読者を騙せる可能性が上がりますよ、と(笑)
雑誌もお金がなくて、広告を巧みに使っていかないと出版できない状況なのは同情しますが、もうちょっと何とかならんもんかな。
って、酒じゃなくてすっかり雑誌の批判になってしまいました。失礼しました。
2017.03.11 Sat 10:42
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To サンジュリアンさん



毎度です。

怪我は大丈夫です。
中年なので2日目以降のアフターショックありそうですが (笑) 。


──この辺のコンセプトが他の安酒(言うならば¥100ショップの商品)である酎ハイ、ハイボール、大五郎 に比べて負けてるんじゃないかと

それは僕も「当たり屋」を始めてから強く思いましたね。実は第三のビールや缶酎ハイなんかに比べると、いくら我々が「安酒」と言ってバカにしても「日本酒」って意外と他の酒に比べると高いんですよ。ワンカップ大関ですら200円以上しますからね。だったらClearアサヒや氷結ストロングを2本買った方がいいんじゃないかという。このギンパックも紙パック酒としては高い方です。1800mlで実売価格1,400円くらいしますからね。安いヤツは2000mlで1,000円しないですから。となると、一体どこをターゲットにしてるかよくわかりませんね。


──昭和の大きことは良いことだ という時代から、小さいけど個性が光るモノを求めている成熟社会に変わった。その変化に対応出来てないのが大手酒造メーカーなんでしょう

黙っててもバカスカ売れた時代のイイ思い出が抜け切れてないんじゃないですか。メーカーの人間が本気で「昨今の米磨き合戦に、この酒で一石を投じたい」と言ってるとしたら、マジで冗談にもなってないですね。ある意味、頭トランス状態ですよ、この人 (笑) 。

しかしまあ、実は「dancyu」がどれほどの品位と信頼のある雑誌かはよく知らないんですが──「日本酒特集」の時しか買わない&買ってもほとんど読まない (笑) ──、バカ舌を集めて銀座の割烹で試飲会とか、編集部はみんな田舎者確定ですね。恥ずかしいったらないです。だったら日比谷公園で昼寝してるオッチャンたちに試飲させた方が遥かに面白いですよ。ま、記事に箔を持たせてるつもりでしょうけど、「実」が伴ってないので逆に脳味噌のスカスカが際立つという。こういう歪曲されたいなたい東京観を全国に発信してほしくないですね。



2017.03.11 Sat 02:57
Edit | Reply |  

Name - サンジュリアン  

Title - 怪我大丈夫ですか?

毎度 人柱お疲れ様です。

ほぼ予想通りのコメントでした。
大手の日本酒って¥100ショップの商品に負けた国産の大量生産の安物商品だと思うんですよ。安くもなく、手作り感もない中途半端な商品、つまり酔うためには充分機能するが、じっくり味わう対象じゃない。
この辺のコンセプトが他の安酒(言うならば¥100ショップの商品)である
酎ハイ、ハイボール、大五郎 に比べて負けてるんじゃないかと、安酒なら不味くてもエタノールで酔いたい人向けに徹底するとか、そこそこジュース感覚で飲めるとか、飲み手を想定した〜 飛び切り光ってはないがある種の固定層を確保してる。
それに比べ地酒は上手下手はあるが手作り感のある民芸品という感じですかねえ~。
TVのCMで月桂冠大吟醸 京都の香りがする〜 というのを見ると、こいつら地酒が何故持て囃されているのか全く分かってないな と思います。
昭和の大きことは良いことだ という時代から、小さいけど個性が光るモノを求めている成熟社会に変わった。その変化に対応出来てないのが大手酒造メーカーなんでしょう。

2017.03.11 Sat 00:26
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To サンジュリアンさん

ただし、誰一人として「旨い!」とは言ってないという (笑) 。
予め「逃げ道」を用意していなくもないです。

実は期待してるんですよ。
いくら「当たり屋」と言っても、毎回マズイ酒じゃキツイですからね。
普通に呑めれば問題ナシです。

ただし、アクティヴに不味かった場合、上の4人は許し難いですね (笑) 。
ま、日本酒ライターなんて所詮「鞄持ち」ですよ。
よくそれでモチベーションが維持できるものだと、本当に感心しますよ。

2017.03.09 Thu 17:54
Edit | Reply |  

Name - サンジュリアン  

Title - 

モーカンさん

こんなに堂々と褒めちぎって、これ信じて買った大半の人が騙されたとなったら、この四人公開処刑モノですよ。
ある人の評価読みましたが、カプロン系の香り強過ぎるみたいですね。
これ聞いただけで私はパスです。日頃飲んでる酒=白鶴のまる タイプの人が対象なんじゃないですか。今流の地酒飲んでる人には厳しそう?

増田屋の方は300ccという一回飲み切り量が味噌ですね。モーカンさんみたいに味の記憶出来ないので、±旨い、普通、±不味い の5段階で、作り手+酒米を評価してみます。
2017.03.09 Thu 17:43
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To サンジュリアンさん



毎度です。

寒梅や久保田も考えてはいましたが、これ見たら当たりに行かざるを得ません (笑) 。

なんかスゲえ香るらしく、そこらの大吟醸や純米大吟醸がライバルみたいですよ。ただの紙パック酒なのか、神パック酒なのか、確認してみます。これで☆2以下ならそこに映ってる4人は「全員バカ舌確定」です (笑) 。

増田屋レポートよろしくです。
酒米違いうんぬんより、商品として面白いのか、酒として旨いのかの方が気になります。

2017.03.09 Thu 17:06
Edit | Reply |  

Name - サンジュリアン  

Title - いよいよ菊正宗登場ですか

毎度です。
コレ一回火入れのアル添普通酒なんですね。
信州の西友じゃあ見ないというか日本酒の冷蔵棚自体がないですよ。
今回は何CC飲めるか?
結果楽しみにしてまーす。

そう言えば今日増田屋本店の味比べ8本届きました。
http://item.rakuten.co.jp/mashidayahonten/4131/
ぼちぼち飲んでみます。
2017.03.09 Thu 16:56
Edit | Reply |  

Add your comment