◤篠峯 - 田圃ラベル Vert 亀ノ尾 純米吟醸 無濾過生原酒 28BY ── dಠಠb「オレがそこそこ呑める<篠峯の最低ライン>はここだ!」#Fruity, Clear 



検索ワード:



shinomine_vert_nama28by3.jpg 篠峯の新商品「田圃ラベル Vert 亀ノ尾55 無濾過生原酒」──「Vert (ヴェール) 」とはフランス語で「翠 (緑) 」の意──です。地元奈良の契約農家で栽培した米を使ったシリーズで、基本的には海外輸出も視野に入れた「火入れ」がメインになるようなので、今回の生原酒は予約受注生産の模様──つまり、バックオーダーや後から「やっぱり欲しい」はダメということ。

 実はこのシリーズにはプロトタイプがあって、27BYに火入れのみで限定生産された「Azur (アジュール=紺碧) 」の「山田錦55」がこれに相当。28BYからは本格始動ということで、「Vert=亀ノ尾55」「Azur=山田錦55」の他に「山田錦60」の「Branc (ブラン=白) 」がある。酵母は協会9号が共通なんだけど、堺杜氏のfacebookによると、



 割と種麹も冒険しまして、ほぼすべて高グルコアミラーゼ生産性のモヤシを使用してます。+7までしちゃったらあまり意味は無いかと思いますが、敢えて。これで凄い効果が出なければ、この種麹はお蔵入りかな…。凄い効果ではないですが、ほのかにその効果があるって結果になった時が微妙です。-3とかのお酒だったら結構効果があるような気もします。 (2016年12月23日の投稿より)


この亀ノ尾については、上記のようなデザインが施されているようだ。結果的に「日本酒度:+7、酸度:1.8」に仕上げてるので、そこは狙い通りか。ちなみに「高グルコアミラーゼ生産性のモヤシ」とは「種麹 (蒸米に振り掛ける粉) 」のことで、グルコアミラーゼは酵素の一種で、この値が高いとブドウ糖が多くなって、甘みに加え、香りも乗りやすくなると言われてる。

 よく香りや甘みとの関連について「酵母、酵母」と言う人がいるけれど、実際には「種麹」の研究と進化が凄まじく、イマドキ地酒の洗練された甘みや香りはここに起因するケースが多いことはあまり知られていない。たとえば、最近では珍しくなくなった磨き80や90の純米酒。これも種麹の洗練化によってキレイな酒質の実現に成功している面が大きい──もちろん、醸造技術の進化と向上もその一翼を担ってはいるが、決してそれだけではないということ──喩えるなら、醸造家は服飾デザイナーで、麹屋は新素材生地の開発者に相当すると言えるだろう。ご存知、クエン酸を多く生成する「白麹モノの酒」が普及したのも、実はこうした基礎研究の賜物というわけだ。当たり前だが、決して「亜麻猫」を造った新政の佐藤祐輔がエライわけじゃない (笑) 。

 というわけDE、我らが「篠峯」が初めてチャレンジする「亀ノ尾」であるならば、そこは黙って買わざるを得ないという話になる。堺杜氏の話では「 (木香は) 徐々に軽減されてきてるようには思いますが、探せばあります」ということらしいが、まあ、呑めばわかることなので、ここでウダウダ書いても仕方のないことだろう。それでは行ってきます。




 28BYの新商品!!!
shinomine_vert_nama28by1.jpg

shinomine_vert_nama28by2.jpg
 bottle size:720ml




SAKE GRADE:☆☆☆½

【306】篠峯 -しのみね- 田圃ラベル Vert 亀ノ尾 純米吟醸 無濾過生原酒 28BY <奈良>

千代酒造:http://www.chiyoshuzo.co.jp


Moukan's tag:




shinomine_vert_nama28by4.jpg 立ち香──なんか (実は同じ日に開けた) 「廣戸川」と似たような香り。赤茶けたベリー系。一瞬ハーブアロマを感じるものの、遅れて奥からトロピカルな甘みが漏れてくる。パイナップルまでは行かないけど、篠峯にしては「酸、足りてない」感じの、少し蜜っぽい透明で線の細い甘み。木香はあんま感じないな。もしかして、これ、イケるの?

 挑みます──。

 あああ (笑) 。なんかあー、病み上がりの患者のリハビリを優しく見守る看護師の気分 (笑) ? ブッちゃけ、これなら「くそまる28BY」とは違い、最後まで捨てずに呑める。木香はまだ少し残ってるけど、液性に滑らかなポヨみもあり、香りには赤いベリー感もある。なんか同じ奈良の「風の森」的なカラー。最近呑んだ「鳴海」よりは味が出てるから☆3.5からスタートしようか。☆2じゃなくて安心したよ。




shinomine_vert_nama28by5.jpg
 ▲気泡はこんな感じ。そこそこ付いてる。




shinomine_vert_nama28by6.jpg ガスはほんのりでキメが細かいから、苦手な人でも大丈夫なレベル。マニアックな例を持ち出すなら、1年熟成の長陽福娘くらいかね──わかんねえだろ (笑) ?

 酸は当然足りてます。ストラクチャーは痩せてるけど──枯れ木のクリスマスツリーのよう──、なんとかシンプルなオーナメントで格好を付けようとはしてる。うーん、「篠峯」相手にこれを言うのはクワナリ切ない話になるけど、とってもウォータリーな飲み口です。淡麗ミネラリーというか、Bodyは相当にスリム──というより、「線」のような味の伸び方。張り詰めた糸ではなく、まるで幻視的な光の道のよう。そう、それなりにブライトな輝きはある。さっきまで寝てた子が目を覚ますレベルではないが、さっきまで諦めてたオレがほんの少し前向きになれるくらいには輝ける液性。

 おかわり──。

 香りは完全に「風の森」とか「優しめの昇龍蓬莱」とか、そんな感じのフローラル系セメダインを伴う赤いフルーティネスの発露がある。


shinomine_vert_nama28by7.jpg うん、だいぶリハビリも進んでますね。「篠峯」としては「まだまだ全然」だけど、天才の片鱗がようやく出てきた感じ。最近呑んだ「風の森 露葉風70 笊籬採り」なんかよりは遙かにエレガント──つうかガキと大人の違いを見せつけてくれる感じは十分にある。同じ☆3.5なら、オレは断然こっちを選ぶかな。言うなら「大人の淡麗ガス酒」ですかね。淡いフルーツ感がミネラルの細い柱にうっすらと纏う流れ。ひとまず、28BYの「篠峯」はここからエントリーするのもアリかもしれない。ドライ派で多少の木香がOKならこのエレガンスを理解できる下地は十分に兼ね備えているだろう。

 細かい注文を付けるとすると、ちょっと甘みの引き受け先の準備が足りてない。つまり、「篠峯」的な収斂性や凝縮感が全然弱いので、温度が上がってくると、甘みが酸の輪郭からこぼれ落ちて、球体感にホツレが生じる──木香の発露はこのタイミングで起こる。

shinomine_vert_nama28by8.jpg まあ、☆3.5ですね。ただし、これは「篠峯として」の話なので、そこらのガキ酒に比べれば、相対的にはクリスタルな大人酒です。この中には「モウカンはどこまで厳しいんだ!?」と憤慨するレベルにこの酒を美味しく呑める人は決して少なくないと思うけど、オレがこの銘柄に求めるのは常に☆5以上なので、そこはご容赦。だからこうは言えるだろう。

 オレがそこそこ呑める「篠峯の最低ライン」はここだ!──逆に言えば、これを呑めば少なくとも「オレの中の最低ライン」を知ることはできる。実際、また買ってもいいと思えるレベルではあるし、このあとmoukan1973♀に呑ませたら、彼女は普通に♡☺♡「旨い!」と言っていた。

 酸は足りてるけど、「篠峯」としては足りてない感じですかね。熟成ポテンシャルはどうだろう。なんか甘旨方向に成長しそうな気はする。そして、その膨らんだ甘旨を回収するだけの力強い酸は、この酒の中にはないと思う。今後も折りを見てリハビリの行方を見守っていきたい。「篠峯」に関しては☆4.5が出たら即買いの合図でいいと思う。もしも28BY中に☆6以上が出れば、その時はアナタの酒風景が一変するだろう。






 帰宅したmoukan1973♀に「廣戸川 純米吟醸 生酒 28BY」と「味クラーヴェ」させて、どっちを選ぶか訊いてみた。 (※このあと記事にするが、実はオレは初日の「廣戸川」に☆4を付けたが、結果的にmoukan1973♀の判断が正しかったことが2日目に判明する。)

shinomine_vert_nama28by10.jpg



shinomine_vert_nama28by9.jpg ♡☺♡「普通にキレイに旨い酒。オシャレ酒。スリム。退けがいい

 巨匠、只今リハビリ中。そりゃあ、こんなんでも「風の森」の若い姉ちゃん (入社2年で麹担当の25歳) よりは遥かに熟達したWell-Made感はあるさ。「長陽福娘 山口9E 27BY」がストラクチャー1本で引っ張って行くとすれば、これはエレガンス1本で引っ張って行く酒。

 ♡☺♡「確かにワインっぽいかも。飲み口がいい。廣戸川となら、アタシは篠ちゃんを選ぶな


shinomine_vert_nama28by12.jpg うーん、見所はあるけど、まだまだかね。ただ、さすがに「高グルコアミラーゼ生産性のモヤシ」を使用してるからか、「日本酒度:+7」の割には甘みはしっかり出てると言える。エキス感もある。つうか、シャープで光の道のようなBodyラインだけど、ドライ言っても決して「辛い」わけじゃないあたりは流石。ただ、この甘みを全部は回収できてない──これがパーフェクト時の「篠峯」なら魔法のような手仕舞い感でオレを眩惑させてくれるのだが。

 訳あってオレは2日目を呑んでないけど、moukan1973♀は♡☺♡「旨かったし!」だってさ。あとで記事にするけど、「廣戸川」の2日が酷くてさ。初日のコンディションで迷わず「篠峯」を選んだmoukan1973♀をたまには褒めておこうか (笑) 。

 秋まで残ってたら1800mlを買うかもしれない。今回は少ししか呑めなかったので、秋を待たずにもう一度買うかも。いろいろ確認したいこともあるし。つうか、どうせダメだと思ってたから、それで「廣戸川」と一緒に開けちゃったんだよ。結果的にこれが大失敗。普通に呑めることに驚くなんて、すごく変な話だけどさ。


moukan1972♂





 空き瓶調査隊
shinomine_vert_nama28by11.jpg



 甘い甘い。まさにマスカット。やや穀物由来の複雑味も奥でほんのり。木香は探せない。そして香りまでミネラリー (笑) 。少しザラザラしたテクスチャー。あんま「篠峯」っぽくはないし、この段階になると「風の森」らしくもない。


日本酒 篠峯 亀の尾

Comment

Name - moukan1972♂  

Title - To temakinoriさん



毎度です。

純米直汲み、楽しんでるようですね。ちょっと27BYとは別物のような気がしてますが、空気を読まずに低い評価をしてしまったらごめんなさい (笑) 。


──あと液体の粘性、見た目と口に含んだあとのギャップもすごい。浸れる要素の多い酒ですね。

純吟の9号Verも2日目以降にだいぶテロテロになってきましたが、ちょっとチグハグですね。純米の味の出方には非常に興味があります。開けるのは少し先になりそうですが。


──山口9E、「大人のモノクロ・フルーティー酒」なんて僕のための酒みたいですね。笑

僕の中では、「カモキン雄町生」や「貴 新酒」に足りない要素が全て備わってる感じです。2日目には完熟リンゴも顔を出し、粘度のある液性にシフトしますが、9号よりコアに力強さがあるので、香りや甘みのフラつきが全くないですね。

基本はドライなタッチだと思いますが、temakinoriさん的には欲しい甘み、果実味、香りが──僕の見立てでは──理想的なレベルで出てると思いますね。開けたてはツンケンしてますが、すぐに味が乗ってきます。むしろ初日は1合くらいで我慢して、2日目に3合飲むのがいいかもしれません (笑) 。

熟成にも対応できる酒質だと思うので、もしも2本手に入ったら時期を空けて飲み比べてみても面白いと思います。3ヶ月くらいで十分に味は乗ってくると思いますが、半年くらい引っ張って冷やおろしの時期に開けるのもオツですね。

2017.02.27 Mon 00:36
Edit | Reply |  

Name - temakinori  

Title - 二日目

長陽福娘の純米直汲み二日目です。
たまらないですね、クリーミーさがさらに増しています。

見た目は透明なんですけどね、この液体が口に含むとなんでこんなにクリーミーになるのかほんとに不思議。
そしてシルキーな口どけ、最高です。
あと液体の粘性、見た目と口に含んだあとのギャップもすごい。浸れる要素の多い酒ですね。
味わい的にはきっと、将来はカルーアミルクみたいになるんでしょうね。旨いなーこれ。

サンジュリアンさん、はじめまして。
(ずっとコメント見てますので、僕的にはあまりはじめまして感はないのですが)
なんか全く同じ感想、と書いて頂いたのがすごく嬉しかったです。なんか嬉しくて今日三~四回は見てしまいました。笑

>モウカンさん
山口9E、「大人のモノクロ・フルーティー酒」なんて僕のための酒みたいですね。笑
飲む前に純米も合わせてリピートするつもりです。まだ残ってるのかなぁ。。。

はぁ、幸せですね。旨いなぁ。
2017.02.26 Sun 23:25
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To サンジュリアンさん



毎度です。


凛々は26BYからドライ化/スリム化の兆しあったんですよね。25BYは色が黄色がかってて、信じられないくらい芳醇で旨かったです。僕の原点ですね。たぶん今呑んだ方が感動できると思います。


──Vertも幾らか開いたら甘味が出てきましたが、by26の様な鋼鉄の指にビロードの手袋という感じには程遠く、マネキンの指に軍手という感じですね〜

上手いこと言いますね (笑) 。
とにかく細いですよね。ただ僕は、この線の中にキラメキを探せたんですね。27BYの篠峯を飲んで「おっ!?」という感じは一度も受けなかったので、そこは収穫です。こういうの久々ですよ。「八反50」には少しだけ期待してます。

そういや「ろくまる雄町」がドロップされましたね。数値的には例年通りしっかり日本酒度をマイナス圏に落として来てますが、さて、足腰フラフラになってなけりゃいいですが。26BYはどんなに上モノが浮遊してても全て酸と力強いストラクチャーで引き取りましたからね。わりと厳しいことを書く酒屋がまあまあな感じで説明してたので、もしかしたら飲めるかもしれません。


──長陽福娘純米についてはテマキノリさんと全く同じ感想だった事を思い出しました。

サンジュリアンさんは当時から「思ったより味は出てる」というようなこと書いてましたね。「ただパキーンとした酸はなく」──問題はここですよね。純吟2本にもこれは全くないです。山口9Eはシンプル・オーナメント系なので、芯の硬さがあれば問題ないですが、9号はしっかり果実味を感じたかったですね。昨日は「山形吟醸のサイボーグ版」と言いましたが、「筋肉隆々の東洋美人」という言い方もできますね。


──多分純米より芯が有りそうな純米辛口直汲みを例の酒店から取り寄せて飲んでみたくなりました。

なんども言いますが、だったら純吟の山口9Eですよ。一緒に同梱してみて下さい。山口9Eは27BYも面白いですよ。「長陽福娘」研究家の僕が言うんだから間違いないです (笑) 。表面的な味や香りについてなら、もはや造った本人より僕の方がわかってますよ。

2017.02.26 Sun 13:10
Edit | Reply |  

Name - サンジュリアン  

Title - by28篠峯 往年の姿見せず

毎度です。
開封4h後に再度(寝酒)で飲んでみました。凛々の木香と苦味は相変わらず有りますが、幾らか酸化で柔らかくはなってます。でも薄苦味系の酒ですね。まあ、四合瓶なので捨てずに最後まで飲めるでしょう。
Vertも幾らか開いたら甘味が出てきましたが、by26の様な鋼鉄の指にビロードの手袋という感じには程遠く、マネキンの指に軍手という感じですね〜
長陽福娘純米についてはテマキノリさんと全く同じ感想だった事を思い出しました。一升瓶を4-5日で飲んで最後まで甘やかで口溶けの良い佳酒でした。ただパキーンとした酸はなく果実の濃さと甘さで球体グミの様な押し出し、良い時の篠峯がブルゴーニュのシャルドネのグランヴァンなら、この純米はラインガウのリースリングのベーレンアウスレーゼという感じです。でも不思議と花陽浴や幻舞のように飲み疲れなかったです。
多分純米より芯が有りそうな純米辛口直汲みを例の酒店から取り寄せて飲んでみたくなりました。
2017.02.26 Sun 12:13
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To temakinoriさん



毎度です。


純米から行ったみたいですね。なんか今季は賛否の振れ幅が大きいような気がしてますが。。


──ちなみにこの二本、買ったのは折原商店ですよ。純米の裏ラベルは29.01ですから、ストックしてたのをまた出してきたのでは? 僕が買ったときは直汲みの純米も純吟数本ずつありました。

おおお。これは生々しい情報 (笑) 。これを読んで電話してる人、いそうです。あまりの売れ行きにバックオーダーかましたんですかね。


──七田おりがらみ、去年飲んだやつは栓を開けるまでに2分ぐらいかかりました。宇宙創成の神、再降臨とならないようお気をつけください。笑

これは貴重な情報を!
酒屋の店主が言うには「今年はガス強めらしいです」とのこと。気をつけます。


──モウカンさんのレポート見ながら飲める贅沢体験が約束されてる反面、モウカンさんが開けるの待たないと開けられないもどかしさも。。。笑

気にせず開けましょうよ〜。先にBBSに感想を送ってくれても全然OKです。まあでも、そこまで引っ張る酒はなさそうですが、冩樂は3月中は開けないかもです──そしてその間に「雄町」が出るという (笑) 。temakinoriさんの中での「冩樂」の位置付けも気になるところですね。


──なにこれ、長陽福娘の純米めちゃ旨いですね!全然辛口版じゃなくてもokです。 思ったよりミルキーですね、味わいが優雅で、口どけが恐ろしく滑らか。酒と口内の境が分からなくなる感じです。

おっと、楽しめたようで何よりです。27BYとは少し方向性が違うようですが、中には「疲れる」と感じる人もいるので、少し心配してました。まあ、temakinoriさんの場合は「風の森」で硬水酒に対する耐性を鍛えてますので、このゴリゴリした喉越しと軋むような収斂性には馴染みがいいんだと思います。中には「水の硬さ」で疲れる人もいるので。東北の軟水吟醸とか、スベスベで軽やかですから。

これが楽しめるとなると、山口9Eは、先にここで言っておきます──間違いなくカモキン雄町や貴新酒がかすむと思います。路線は同じという理解でいいと思います。ただし、液性の骨格 (ストラクチャー) が桁違いに堅牢で、甘みの纏い方がオーナメント式 (ツリーにかかる飾りのよう) で、そしてエレガントです。

今日呑んだ感じでは半年先の方が味は乗りそうですが、temakinoriさんなら、この段階でも十分に楽しめると思います。ある意味「ドライの究極」という認識を得られるかもしれません。フレッシュ・コンディションは☆4.5です。協会9号Verは好きじゃないと思いますので、買わなくていいです。だったら純米の辛口を買うべきだと思います。それか山口9Eを今日にでも開けて、気に入れば即リピート、2本目は半年後に飲むのも楽しいですよ。やや酸が足りてないので、3ヶ月後くらいでもいいかもしれません。

2017.02.26 Sun 01:37
Edit | Reply |  

Name - temakinori  

Title - 決めた!

モウカンさんのアドバイスに従って、純米からいきます!山口9Eはモウカンさんのレポートを楽しみに待ってますね。

ちなみにこの二本、買ったのは折原商店ですよ。純米の裏ラベルは29.01ですから、ストックしてたのをまた出してきたのでは?
僕が買ったときは直汲みの純米も純吟数本ずつありました。

そうそう、七田のおりがらみ生リリースされてましたよ。僕は今日入手しました。
と書こうと思ったら、本日までの転入生にすでにいました。笑

ちなみにこれ、去年飲んだやつは栓を開けるまでに2分ぐらいかかりました。
宇宙創成の神、再降臨とならないようお気をつけください。笑

というか、今日の本日までの転入生を見て笑いました。今僕の手元にある4本の四合瓶は、長陽福娘2本と七田おりがらみ生と写楽の播州山田錦なんですから。

モウカンさんのレポート見ながら飲める贅沢体験が約束されてる反面、モウカンさんが開けるの待たないと開けられないもどかしさも。。。笑

まずは長陽福娘の純米飲みながら、気長にレポートお待ちしてます!

※追記
なにこれ、長陽福娘の純米めちゃ旨いですね!全然辛口版じゃなくてもokです。多分辛口もきっと好きだと思いますけど。

思ったよりミルキーですね、味わいが優雅で、口どけが恐ろしく滑らか。酒と口内の境が分からなくなる感じです。
ガスは直汲みにしては少なく、綺麗に溶け込んでる程度ですがそこがまたいい。
アテ無しで2杯飲んじゃいましたが、今日中に空いちゃうかもです。
また折原商店行ってみようかな…。
2017.02.25 Sat 19:15
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To サンジュリアンさん



毎度です。


──先ずby26に比べてエキス分、酸のこなしが弱いですね〜 by27の細身さとは似てますが、エキス分の濃さが足りてないので熟成不向きでしょう。甘味も少ないしあの細身マッチョ感は皆無ですね。細身骸骨ですよ。

確かにスリムですよね。でも、ワイングラスで呑んだらそこそこエレガントな雰囲気を滲ませてましたけどね。甘みは温度が上がるとグングン出てきます。むしろ酸とのバランスで甘すぎやしないかと思ったくらいです。


──自分の中では、by28は長陽福娘のムロゲンで決まりかなと思ってます。あと期待してるのは仙介の純大のムロゲン生かな?

今夜、28BYの山田錦50を両方開けます。味見ですね。ちゃんとした記事にはしないと思いますが、結果は必ずなんらかの方法でお届けします。


──凛々の方: 行成り鉛筆✏️を齧ったような木味と苦味が来て、ストンと終わり甘味は殆ど感じません。by27よりも出来悪い篠峯ですね〜

実は「凛々」って、この「うすにごり」の方が渋みと硬さが強いんですよ。僕が「あまてらす」で呑んだ通常ヴァージョンは☆3.5クラスですが、砂糖少なめのミネラルサイダーくらいのニュアンスはありました。たぶん買うと思います。


──これらの出来具合だとby26篠峯生原酒は益々貴重ですね。 by28篠峯の逆転ホームラン 期待出来るのかなあ??

「而今」みたいなイクラ星人御用達のミーハー銘柄じゃなくて良かったですよ。なんだかんだで今でも買えますからね。さすがに生酒はないですが。。

逆転ホームランはどうですかねえ。まずは「八反50」の出来でしょうねえ。これ、篠峯の中では一番味と香りが出る酒なんで、ここが細いと、他は厳しいです。そういや「櫛羅」の純吟も出ましたね。

Vertは近いうちに買い直すと思います。ちゃんと飲めてないんですよ。

2017.02.25 Sat 18:39
Edit | Reply |  

Name - サンジュリアン  

Title - Vert と雄町うすにごり 開けてみました。

毎度です モーカンさん

この記事読んでどんな物なのか気になり並行試飲の為に、雄町のうすにごり凛々を同時に開封して飲んでみました。

Vertの方: 確かにリハビリ中とは的を得た表現だと思います。でも病み上がり直後というのが正直な感想です。
先ずby26に比べてエキス分、酸のこなしが弱いですね〜 by27の細身さとは似てますが、エキス分の濃さが足りてないので熟成不向きでしょう。
甘味も少ないしあの細身マッチョ感は皆無ですね。細身骸骨ですよ。
自分の中では、by28は長陽福娘のムロゲンで決まりかなと思ってます。
あと期待してるのは仙介の純大のムロゲン生かな?

凛々の方: 行成り鉛筆✏️を齧ったような木味と苦味が来て、ストンと終わり甘味は殆ど感じません。by27よりも出来悪い篠峯ですね〜
エキス分はVertより更に薄いので単独で飲むには辛い。苦味が有るので未だ時期でないですがフキノトウやタラの芽など山菜をアテにすれば合うかも? でもコレ長持ちしないでしょし、先ずリピする気がしません。

これらの出来具合だとby26篠峯生原酒は益々貴重ですね。
by28篠峯の逆転ホームラン 期待出来るのかなあ??
2017.02.25 Sat 17:10
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To temakinoriさん



毎度です!


──これは僕が好きそうなタイプの予感。

普通にイケると思います。奥で僅かな木香がありますが、白ワインの薄い樽香と同列レベルで、酒質もワインテイストにハイカラですし、僕ですらノイズに感じませんでしたので、たぶん大丈夫だと思います。もしかしたら「モウカンの野郎、これのどこか不満なんだよ!?」と感じる可能性もZEROではないと思います──逆に僕が☆6以上を付けた「篠峯」はtemakinoriさんにとってはToo-Muchかもしれないです──という意味で。


──ここでモウカンさんに相談です。 この長陽福娘、どっちから先に飲むのがオススメですか?  ちなみに僕は、ショートケーキのイチゴは最後に食べるタイプで鰻丼も鰻を最後まで多めに取っておくタイプです。(本命は後に)

相変わらず「示唆に富む」イイ質問ですねえ (笑) 。

あえてレトリックかましてドヤ顔ではぐらかすと、そもそも「ショートケーキのイチゴ」の意味合いの問題です。それはコース料理における「肉 (メイン) 」なのか「デザート」なのかの問題と同様。ショートケーキ全体を一つのコース料理になぞらえるなら、僕にとっての「イチゴ」は「肉」です。なので、僕は「山口9E」を先に開けるでしょう。肉 (メイン) はあくまでも「純米」です。

ですが、もしかすると、temakinoriさんにとっては、「ショートケーキのイチゴ」はあくまでも「食後のデザート」かもしれません。そうなると、僕とは逆の順番になります。

まとめます。

ひとしきり飲み食いした後、「もりそばで締めたいなあ」という流れを重視したいななら「山口9E」を後に──アンティパスト (前菜) をひとしきり楽しんだ後、「さあ、思いっきりメインを楽しむぞ〜」という流れを重視したいなら「純米」を後に──こんな感じだと思います。

最後に僕の私見を言わせてもらうならば、まずは既に味のり抜群らしい「純米」を飲み──僕に寄せられた感想としては賛否のある酒です──、まずはMAXの味幅を体験して、そこからアドリブで「山口9E」の飲み頃を探るというのがベターだとは思います。

それに、まずは僕が「山口9E」を開けるので、そこでtemakinoriさんに向けての「飲み頃」を示唆するようなレポートを書きますので、それを参考にしてみて下さい。

とても強い酒なので、2〜3ヶ月くらい放置しても全く問題ないですし、むしろ1年を過ぎた方が柔らかくホッコリするほどです。

まずはそこそこフレッシュなコンディションで楽しんでいただき、熟成等のワンランク上の楽しみ方は後々に残しておくのも一興です。そこに関するナビゲートは僕が28BYにおける実験/検証で記事にしていきます。

それにしても、まだ「直汲み純米」が売れ残ってる店があるんですね。驚きました。


2017.02.25 Sat 01:06
Edit | Reply |  

Name - temakinori  

Title - お、

これは僕が好きそうなタイプの予感。
よく行く店にあるので買ってみます!

そういえばBBS側で頂いた「日本酒度高めで甘みを感じれる、香りの穏やかな酒、ありますか?」を早速使おうと意気込んで仕事帰りに酒屋に行ったら、「長陽福娘」と「直汲み」の文字を発見!

これモウカンさんオススメのやつだ!と、必殺のキラーワードを使うことなく二本買いました。

長陽福娘 山田錦 純米60 無ろ過生原酒 直汲み
長陽福娘 山田錦 純米吟醸 無ろ過生原酒 直汲 - 山口9E-

純吟はせっかくだからチャレンジで、本命は純米。
そして家に帰って、純米に「辛口」の二文字がないことに気付きましたorz
チャントミテナカッタ。。。

まぁ、辛口はまた今度ということで。
ここでモウカンさんに相談です。

この長陽福娘、どっちから先に飲むのがオススメですか?
いずれにせよどちらも飲むのですが、、、

ちなみに僕は、ショートケーキのイチゴは最後に食べるタイプで鰻丼も鰻を最後まで多めに取っておくタイプです。(本命は後に)
2017.02.24 Fri 22:22
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To アイオライトさん

毎度です。

おっと! まさかの味クラーヴェ (笑) 。


──個人的な好みとしてはちょい硬すぎかなと。開栓後2日くらいでもっと開くんじゃないかと思いました。(崩れそうな怖さもありますが) モウカンさん、これ買ってからちょっと寝かせてますよね?

リリース直後に買って火曜に開けたので、寝かせたと言っても1ヶ月半くらいですかね。基本的に「篠峯」は信じられないくらい強い酒なので、どの酒も早飲みには相応しくないです──もちろんキビキビしたシャープネスを好む人もいますので、それが正解だと思いませんが。

僕の場合、28BYの「篠峯」に関しては720mlは試飲サンプルみたいなものなので、☆5を突き抜けてくれば1800mlで買い直すか、☆6を突き抜けてくれば冷蔵庫をもう一つ買い足して6本とかまとめ買いするつもりなんです。その意味で今回は、まあ、「捨てる覚悟の試飲」くらいの意味でしょうか。そしたら意外に呑めたので逆に仰け反ったという (笑) 。

1年モノ、1年半モノ、2年モノの「篠峯の生酒」を何本か飲んできた僕の経験から言うと、そこまで大きく崩れることはないでしょうが、果たしてこの程度の酸とストラクチャーで「亀ノ尾Vert」のキュートな甘みをどこまで回収できるか、そこは少し疑問ですね。

堺杜氏が言うには「熟成でストラクチャーそのものが変化することはない」そうなので、要は「堅牢なストラクチャーありき」で、そこにどう香りや味や旨みが纏って行くかの問題なわけで、その点、熟成で味の情報が増えた時、この痩せたクリスマスツリーはそれらの過剰なオーナメントをちゃんと支えきれるのかという点には不安を感じます。

ちょっとブちゃけた甘旨な酒になりそうですが、他の銘柄に比べれば、それでもそこそこ踏ん張りそうですけどね。同じ奈良の硬水銘柄である「風の森」なんかは意外と足腰が弱くて1年も過ぎるとブチャけるみたいですけど、それよりは持ちこたえてくれるとは思います。


──特にazureは早飲みしないほうがいい酒かも。というのも、azureのほうがより甘みが控えめでシャープ&ミネラリーなので。

種麹の話もあり、Vertが甘みと香りが付いてそうなのは予め知ってたので、それで先に開けてみました。確かにAzurはもう少し引っ張ってもいいんですが、熟成ポテンシャルを自分なりに確かめるために、そんなに寝かせてもなあという感じです──つまり、そこも含めて今年はいろいろチャレンジ (実験) してみたいんです。「仮説」を立て、「実験計画」を練り、「実証/検証」していく──そう大そうな話ではないですが、違う酒を10本空けるのと、同じ酒の10の表情を知るのと、どっちが得るモノが多いかという話です。その選抜候補になる☆6酒を探す旅が2017年の隠れテーマです。

前にもどこかで書きましたが、1年に1人で10年で10人の男と付き合った女と、1人を10年愛した女の、どっちが男について知ってるかという話です (笑) 。ま、それぞれにそれぞれの経験と蓄積を得られるでしょうが、酒なので「ハーレム」も可能ですし、「純愛」も可能なので、そこはバランスでしょうか。僕もまだまだいろんな酒を飲みたいですし。

Vertはワイングラスでシャレオツに楽しむなら早飲みも有りだと思います。グイ飲みより空気に触れる面が増え、口までの距離も出るので、なかなかイイ感じでしたよ。味わいもクリスタルにエレガントなので、ハカイラで都会的で、我々の生き様には非常に合ってます──というのは冗談ですけど (笑) 。

まあでも、もう一つでしょうか。
ただ、静かなる非凡さは奥の奥でキラめてました。26BYの傑作たちを除けば、「篠峯」を呑んでこの感触を得たのは本当に久しぶりのことです。
2017.02.23 Thu 14:27
Edit | Reply |  

Name - アイオライト  

Title - 

毎度です。
vertとazureを一ヶ月ちょい前に飲みました。
大筋、モウカンさんと同じインプレッションでした。

個人的な好みとしてはちょい硬すぎかなと。開栓後2日くらいでもっと
開くんじゃないかと思いました。(崩れそうな怖さもありますが)

モウカンさん、これ買ってからちょっと寝かせてますよね?
これは早飲みしないほうがいい酒かも。特にazureは。
というのも、azureのほうがより甘みが控えめでシャープ&ミネラリーなので。
2017.02.23 Thu 12:18
Edit | Reply |  

Add your comment