◤長陽福娘 - 限定直汲 純米辛口 山田錦 無濾過生原酒 ── dಠಠb「辛口だけど米そのものが化学的にハバネロのように辛くなることは阪神のユニフォームが横ジマになること同様、基本ありえない、別に普通にフルーティーだし」#Fresh, Fruity, Spicy, Dry 


╰ 【001-074】の記事はfacebook時代のモノを加筆/再構成 (一部キャラ変) して書かれたものです。


 ムワイド (毎度) 。

 つい最近飲んだ「限定直汲 純米 山田錦 無濾過生原酒」の辛口ヴァージョン。基本的なコンセプトは同じだけど、日本酒度が+4から+8にグイっと引き上げられてる。より発酵を進ませた造りなので、アルコール度数も18〜19と、通常ヴァージョンより若干アッパー気味にシフトされてる。

 口酸っぱく文章わかりやすく何度も説明していることだけど、

 どんな神業を駆使しようと米そのものが化学的に辛くなることはない

わけで、じゃあ辛口ってなにさ? という話だけど、要するに、

 相対的に甘さが感じにくい酒質

ということね。米そのものが辛いわけじゃない。正確に言うと、

 甘くない=アルコール成分をより強く感じやすい

ということね。でもまあ、一度浸透してしまった「辛口」という言葉は飲む側/売る側にとってそれなりに便利な言葉であるわけで、今後廃れていく可能性は限りなく低いわけだけど、当ブログでは今後も重ねてシツコク訴えていくぞ。

 しかしまあ、実際に酒屋にいても、特に年配のお客さんが「辛口のお酒ありますか?」ってよく訊いてるんだよな。うちのオヤジもそうだけど、「甘口=紙パック酒などの甘ったるい安酒」「辛口=本物の地酒」みたいな公式が未だに頭にあるんだよ。そりゃもう、甘い酒を見つけようものなら警察に通報しかねない勢いで「甘口はダメだ!」とか言うんだけど、

 ダメなのはアンタの無知ですから──。


 ♡☺♡に返します。



chouyoufukumusume_jikagumi_yamada60_karakuchi_1.jpg

chouyoufukumusume_jikagumi_yamada60_karakuchi_3.jpg
 bottle size:720ml



【055】長陽福娘 -ちょうようふくむすめ- 限定直汲 純米辛口 山田錦 無濾過生原酒 27BY <山口>

岩崎酒造 株式会社:http://www.fukumusume.jp


Moukan's tag:




アンバサ 立ち香は+4ヴァージョンと同じく、バニラ様の甘酸っぱいニュアンス。カルピスとかアンバサとかの、乳酸系のクリーミーさも少し感じます。全体にはキリっと締まりのあるフルーティーな香りと言っていいかと思います。もちろん、香りが辛いとか、そんなことはありえません。

 含みます。

 まずは果実感のあるツルんとした丸い甘みが広がります。ここまでは前回と同じですね。

 がッ!

 さすがに辛口ヴァージョン、味わいはドライでスッキリしています。直汲みならではの軽いガス感もあります。飲み込んだ後には、ややアルコール感の立った辛みと、パンチのある苦みが続きます。とはいえ、あくまでも、味としてではなく余韻としての苦みなので、イヤな印象は全くありません。ちょっとGINやスピリッツ系の苦みに近いかもしれません。それこそ、(やらないけど) ロックにしてスライスしたライムを足しても美味しく飲めそうなテイストです。 (ハイボール、ハイボールうるさい人が) ハイボールにしてもイイ感じに飲めそうです、しないけど


chouyoufukumusume_jikagumi_yamada60_karakuchi_2.jpg 温度が上がってくるとブドウ様の果実感も出てきますね。美味しいです。今日は西荻の魚屋で仕入れた新鮮な刺身がお供なので、このドライ感がよく合います。ただ、調子に乗ってゴクゴク飲んでるとガタっと酔いが回るので要注意です (笑) 。

 相変わらず造りの良さを感じるスキのないお酒ですね。ダッサイダッサイうるさいおちょこ女子も、同じ山口の地酒として、ちゃんとこのへんも飲んでるんでしょうか──無理か。

 わたしも20代の頃は、一人で渋谷に出向いてはHIP HOPの12インチなんかを男勝りに漁ってましたが、やっぱ、一度何かにのめり込んだ男の人のマニアックさには敵わないんですよね。あの、男ならではの執着感というか、掘り下げ感というか、たとえ日本酒であったとしても、女だてらに一人で極めようとするのは、悲しけど、限界あるんですよね。つうか、男の人の、あの病的なまでの記憶力、あれなんなんですかね・・・。




── 2日目。


ソルダム 中1日空けて3日目。この立ち香、よく酒屋のHPなんかでは〝ブドウ〟と表現されてますが、横で旦那が合点したようで、「これブドウじゃなくソルダム!」ということみたいです。たしかに酸の部分はブドウ、甘の部分は桃、合算してソルダム!

 ガスは抜けましたが、味は全くダレていません。甘みのある果実感が表に出てきました。含んだ直後は、むしろ甘いと感じるほどです。それでも飲み込んだ後はさすがにビシっとキレますね。個人的には通常ヴァージョンの方が好みですが、「甘い酒はちょっと・・・」という人はこちらですね。

 ですが、重ねて言っておきます。「甘い酒はちょっと・・・」という分からず屋は、一生ビールだのハイボールだのライムサワーだのを飲んでて下さい。TOKIOの国分太一も外ではひたすら緑茶サワーですし、呑み屋が儲かるお酒を選ぶことは、GDPへの貢献という意味で、決して悪いことではありません。アナタの辛口信仰がこの国の経済を支えているんです! 誇りを持ってください!


moukan1973





長陽福娘

Comment

Add your comment