◤町田酒造 - 限定にごり 特別純米55 五百万石 28BY ──dಠಠb「乾杯時に一気に空けないと翌日には苦味のスパルタが待ってます」#Nigori, Shuwa-Shuwa, Dry 



検索ワード:



 


 時計の縦ラインが崩れて、
 ざわざわとした18時の針に心を躍らせるとき、
 さっきから目の前で、騒音気味に鳴り響く気流は、
 たゆみない業務用冷蔵庫の営みを告げています。

 満点の☆7酒をいただきたく、底無しの酒の沼に、
 これでもかとハマりゆく自らに真意を問うならば、
 忌憚のない格付けの物語も紡がれてゆく、
 夜の記事魔の、なんと文字数多めなことでしょうか。

 怒りと諦めの谷間に落ちていった「あれ何だったんだ!?」なクソ酒も、脳裏に蘇ってまいります。

 FC2ブログがあなたにお送りする戯言の定期便、『地酒スクリぃ〜ム』──。

 皆様の毎夜晩酌のお供をいたします酔っ払いは、わたくし、moukan1972♂です。




◤本日の1曲♪ <シェフの気まぐれ選曲篇>

 ▶︎Souled Out - In My life (12" Remix) 1992
 





 ▼確かに「人生って色々なことが起こる」──オレが日本酒ブログを書いてるくらいだから。
machida_gohyaku_nigori28by1.jpg

machida_gohyaku_nigori28by4.jpg




一口目番長 ( ⓒ 2017 サンジュリアン ) 」でお馴染み町田酒造です。ただしこれ、なにもバカにして言ってるわけじゃない。なにより、造った本人が似たようなことを自ら言ってます。

うちの酒は最初の一杯目 (乾杯) で美味しいを目指してます!」──。

 2016年3月のイベント時にマイクパフォーマンスで杜氏がそう言ってました。だから、いいんです、それで。

machida_gohyaku_nigori28by3.jpg なんとなーく個人的には「卒業イベント」になりそうな予感がしてるけど、「町田酒造」はこの「五百万石」を皮切りに、「美山錦」「山田錦」と直汲みシリーズが既にドロップ済みで、3月の「雄町」でひとまず終了。去年は「美山錦」だけオカワリがあったような気もしてるけど、あれは「夏にごり」か。

 27BYはニゴリ以外は4種類すべて呑んでるけど、まあ基本的にはどれを買っても「町田酒造」的なテイストを楽しむことはできます。個人的には「山田錦」が一番出来が良かったと思ってるけど、実は一番ヤンチャだったのは「五百万石」なんだよな。それで今季はこれのニゴリを買って来たというわけ。爆発とかするのかな。個体差あるようだけど、勝手に大丈夫そうだと思ってる・・・。


machida_gohyaku_nigori28by8.jpg 27BYの記事でも何度か触れてるけど、オレが「町田酒造」に求めるのは、ズバリ酸です。これがパキっとしてくれば26BYの篠峯の代用になるんだけど、仕込み水の性質 (軟水) もあるので、それだけでどうにかなるわけじゃないんだよな。まあそれでも、もう少しギラギラすればオレ個人の味覚にはバシっとハマってくれることだけは間違いない。「直汲みシリーズ」は基本的に全て☆4は超えてくるクオリティではあるが、☆5を突き抜けて行くためにも、ここは一つ「酸、足りてます!」という条件は必須ではあるだろう。

 期待です。




machida_gohyaku_nigori28by5.jpg
 ▲にごりVersionはどれも量が少なめなので、わりとすぐに売り切れる。


machida_gohyaku_nigori28by2.jpg
 bottle size:1800ml




SAKE GRADE:☆☆☆

【304】町田酒造 限定にごり 特別純米55 五百万石 28BY <群馬>

株式会社 町田酒造店:http://www.seiryo-sake.co.jp


Moukan's tag:




 二度と戻れぬ大失態を・・・。
machida_gohyaku_nigori28by6.jpg
 ▲このあと、あれよあれよという間にセミ撹拌状態に・・・。



 開栓はプシュぅ〜と──シャンパーニュ用語で言うところの「天使の囁き」を簡単に得られて──問題なく済んだのだけれど、実はバタバタするのをイヤがって食事の30分くらい前に開けたのがいけなかった。というのも、写真撮影を終えて栓を戻して1分ほど経過すると、グングンと瓶底から泡ベーター (泡のエレベーター) が上昇して来て、あれよあれよという間にセミ撹拌状態に・・・。


 おい、「上澄みハンターの会」の幹事長であるオレが一体ナニをやってんだ!?




machida_gohyaku_nigori28by7.jpg
 ▲というわけDE、こんな感じの不甲斐ない透明度で乾杯・・・。



 立ち香──ラムネ、似非メロン (子供用の風邪薬シロップ) 、奥から線の細いマスカット的な甘みのコアも伸びてくるが、香りの発散は直汲みヴァージョンなんかに比べるとガスが強いからなのか、この銘柄としては穏やかなレベル。




machida_gohyaku_nigori28by9.jpg
 ▲今季の「萩の鶴 別撰」なんかよりも泡の活きは良かった。




 含みます──。

 泡ベーターが激しい割りにガスはそんなに強くない。27BYの「貴 夏ニゴリ」や「萩の鶴 別撰」の方が全然強いが、28BYの「萩の鶴 別撰」よりは強く、同じ「町田酒造」の「直汲みシリーズ」よりは全然ある感じ。


machida_gohyaku_nigori28by12.jpg 甘さ控えめだな。やや苦めの大人向け米サイダー。この手の酒を呑むたびに言ってるけど、「小左衛門 初のしぼり 池袋西武限定 直汲」の方がいいな。ただし、酸は意外に足りてるし、「町田酒造」のくせにミネラルを強く感じるから、苦しゅうない心持ちでガブガブ&ゴクゴク飲める前向きさは得られる。それでもキャッチーなフルーティネスはほとんどなくて、この手の活性ニゴリによくある、やや「子供風邪薬的な似非フルーツ感」が強めに出てる。

 すでに食前に3杯呑んでるけど、徐々に甘みを感じるようにはなってきた。たまたまだけど、ややキャモリーゼ (賀茂金秀) と被っちゃったな。う〜ん、もう一声、甘酸の弾けは欲しい。なんとも歯痒い、このモヤモヤする感じがまたキャモリーゼと同じという (笑) 。ただし「町田酒造」の方がパーティー感はあるから楽しい気持ちで飲めるけど、ふと冷静になると、

machida_gohyaku_nigori28by11.jpg 「味、出てねえな」──

という話になる。

 ♡☺♡「☆3.5! ☆4! ☆3.8! 昨日の白鴻のニゴリ、また飲みたいね

 まあ、これを思うと、27BYの「萩の鶴 別撰」が如何に無敵酒だったかがよく分かる。この酒に足りないモノをすべて兼ね備えてるし、なにより呑んだ瞬間に幸せMAXになれる。

 ♡☺♡「カモキンよりこっちのが親しみやすい」──そこそこ酸は足りてるけど、ここまで来たら「酸っぱい」と感じるくらいの伸びがあっても面白いかも。全体にワシャワシャと苦いものの、奥で蜜っぽい甘みのラインもあるんだよな。まあ、全体にはドライ寄りではあるかな。撹拌後の方が甘みは感じやすくなるけれど、まあ、取り立ててジューシイになるわけでもない。今回は失敗したものの、かりに上澄みだけを呑んでいたとしても、単にドライに感じていたであろうことは想像に難くない。

 収穫もある。それは、この「ニゴリVersion」が「直汲みVersion」よりもガスが強く、ミネラリーであるということ。つまり、少し足腰がフラつく「山田錦」なんかであれば、むしろ「ニゴリVersion」の方が甘みが抑えられて、逆にパキっとイイ感じのバランスになるんじゃないかという仮説が成り立つ。

 なんだよ。土曜に行った「稲水器 あまてらす」に「山田錦 ニゴリVersion」が大量にあったのに、わざわざ頼まなかったよ。この「五百万石」はドライ派しか楽しめないとは思うが、これから買うなら「山田錦 ニゴリVersion」がイイかもしれない──あくまでも仮説だけど。今日のところは☆3.5。あと、今回もヤンチャ感は出てます




── 2日目。


 もしも魔法が使えたら?→呑む前にその酒が旨いかどうかを確かめる→イイ酒飲みすぎて肝臓を壊す→壊れた肝臓を魔法で治すの無限LOOP→菩薩ブログになり内容がつまらなくなる→惜しまれつつブログ引退。
machida_gohyaku_nigori28by13.jpg



 立ち香──「直汲みシリーズ」に比べたら穏やかなもん。ちょっと糠っぽい酸味もあるかな。

 頼みます──。

machida_gohyaku_nigori28by14.jpg あーあ、ガス抜けるの早ええ (笑) ー。そして今日は一段と苦いなー。まあ、カルピスサワー向け (つまり、割るための酒) ですね。円熟の橋を渡り始めた──諦観の川で股間を清めてる──ミドルエイジの大人がわざわざ金出して買うほどの酒じゃないですね。やっぱ甘酸の弾けが弱い──ゆえにフルーツには至らず。なんか前にもこういう酒あったけどいちいち思い出すのも面倒だ。

 確かにこれに比べれば、先日「あまてらす」で呑んだ「而今にごり 28BY」はミルキーで人懐こくてハッピーな酒。そして「もう一つ元気のない雪だるま 28BY」がそれでもWell-Made だということがよくわかる。ま、「萩の鶴 別撰27BY」はこれらの遙か彼方成層圏だけど。

 最後にイイところでも探しに行こうかなあ──たまには善人ぶって。


machida_gohyaku_nigori28by15.jpg 初日も感じたことなんだけど、なんか呑んでると徐々に甘みを感じるようになるんだよな。まあでも最終的には渋くて苦い。ガスが抜けたらミネラルも感じないし、蔵元さんにとっての有益な情報を示そうと手を抜かずに書くなら、「ただの雑な酒」ですね。 「一口目番長 ( ⓒ 2017 サンジュリアン ) 」とはよく言ったもので、ホント、最初の乾杯でさっさと呑み切らないと後からどんどんスパルタな酒に様変わりします。初日は「☆4でもいいっかなー」と思ってた時間帯もあったけれど、今は「残りを捨てようか」悩むレベルまで劣化が進んでます。

 やっぱオレは「にごり酒」に対しての好ましい飲み手じゃないのかな。わかりやすいカルピス感もないしな。☆3.5〜☆4は乾杯で呑みきることが条件なので、この酒は絶対に開栓済みのモノを外で呑んではいけない。今この瞬間は☆3がせいぜいで、機嫌が悪ければ☆2を付けてしまうレベル。

町田酒造」は卒業かな。所詮は「こういうのみんな好きでしょ?」的な媚びが見え隠れるするんだよな。最近の「而今」よりはイイっかなーとか思ったことも過去にはあったけど、やはり、オリジナリティのないものは必ず飽きるし、人の胸を打ち続けることは不可能。でも待てよ、山田錦35の純大がこれから出るんだっけ? それを「謝恩会酒」に卒業しよう。


moukan1972♂moukan1973





 空き瓶調査隊
machida_gohyaku_nigori28by16.jpg



 ああ、ここで馬脚を現すか。あんまイイ香りじゃないね。まるで唾液のような酸味。乳酸の輪郭もあるけど、見晴らしは良くないから、やや「くぐもり」のある風景。みんなも試しにやってみ? 意外に知れること多いよ。ある意味での答え合わせになる──と昨晩はそう書いたけど、一夜明けて捨てる前に嗅いだら、今頃になってカルピス感がちゃんと出てきた。甘みのコアはきっとあるんだろうけど、纏う衣装が苦い素材なので、それで台無しですか。


日本酒 町田酒造

Comment

Name - moukan1972♂  

Title - To 酒バカさん

毎度です。


──日持ちしなさすぎやしませんかといいたい! 時間経過に伴う味の劣化早すぎだろと思う。1升瓶買えない。 この酒質なら500mlぐらいのラインナップをメインにすればいいのにと思っちゃいます。

実はこの酒、日曜に開けて昨日 (月曜) は2日目だったんですが、ちょうど下書きにも同じようなことを書いてるので、今夜の更新をご覧下さい (笑) 。「直汲みシリーズ」も基本「足元フラフラ」で最初の1杯目が一番うまいんですが、27BYで言うと、特に「雄町」は足が早いっすねー。500mlと言わず、オロナミンCのサイズで自販機で買いたいです (笑) 。
2017.02.21 Tue 11:03
Edit | Reply |  

Name - 酒バカ  

Title - 町田酒造

うちの酒は最初の一杯目 (乾杯) で美味しいを目指してます!」
この方向性は潔くて好きなんですが
日持ちしなさすぎやしませんかといいたい!

時間経過に伴う味の劣化早すぎだろ
と思う。1升瓶買えない。
この酒質なら500mlぐらいのラインナップをメインにすればいいのにと思っちゃいます。
2017.02.21 Tue 02:30
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To しがない地方の地酒屋さん、日本酒一年生さん

コメントありがとうございます!

せっかくなので、BBSの方に転載して、そちらでレスします。
書き終えたら、ここから誘導いたします。

今しばらくお待ち下さい。


moukan1972♂

──────────────────────────────

▼こちらでレスしています。お手数ですが、リンク先よりご覧下さい。


Title - To しがない地方の地酒屋さん、日本酒一年生さん
http://moukan1972.blog.fc2.com/blog-entry-657.html#comment1151



2017.02.21 Tue 01:27
Edit | Reply |  

Name - 日本酒一年生  

Title - 記事とは関係なくて恐縮ですが

写楽の播州山田錦ですが、まだ開栓には早い気がします。あんまり味の広がりや深みを感じませんでした。日本酒一年生のくせに生意気かもしれませんが初しぼりのファーストロットの方が美味かった気がします。日本酒に関して語彙数が貧弱でうまく伝えられないですが。
2017.02.21 Tue 00:10
Edit | Reply |  

Name - しがない地方の地酒屋  

Title - 

はじめまして。いつも楽しく興味深く、商売的観点(笑)からも拝見させて頂いております。
千代酒造特約店としても、28BYの評価を受け背筋が伸びる思いです。(ただ堺杜氏は数少ない天才肌です。今後も期待して頂きたいと思います。)
モウカン様は仁井田本家の「金寶 自然酒 直汲み別誂え」はまだ未飲でしょうか?この頃⁉︎ダンチュウなどで特集されて脚光を浴びているようですが、私の中では星7つ8つある激旨酒です。是非機会がありましたらこの銘柄をお試し頂きたく思います。
甘めの酒質ですが、ガス感も強く太くて濃醇で、苦味で甘ダレを防ぐ、米の味がする呑んで幸せな気持ちになれる素敵な酒です。1日一合飲むのなら最適な銘柄‼︎
ご検討ください。
2017.02.20 Mon 23:10
Edit | Reply |  

Add your comment