◤寿喜心 - 純米吟醸 五百万石 直汲み生原酒 27BY ── ♡☺♡「残念ですがハズしてしまいました、苦みが味そのものに溶け込んでしまっています」 


╰ 【001-074】の記事はfacebook時代のモノを加筆/再構成 (一部キャラ変) して書かれたものです。


 愛媛で家族経営されている小さな酒蔵のお酒です。先日、旦那が蔵に電話して商品の問い合わせをしたときも丁寧に親切に対応してくれたそうです。「これからも可愛がってやってください」──と電話口で対応してくれた女性が言っていたそうです。

 自転車で行ける範囲の酒屋さんで扱いがあり、去年からとても飲みたかったお酒です。冷蔵庫との折り合いがつかず、店に行った時には既に在庫がなく、去年は磨き68%の山田錦生原酒 (旨かった!) を一升瓶で飲みました。今回の五百万石が蔵を代表する定番の純米吟醸なんですかね。こちらは前回とは別の特約店で購入した特注の直汲みになります。



sukigokoro_gohyaku1.jpg

sukigokoro_gohyaku2.jpg
 bottle size:720ml



【054】寿喜心 -すきごころ- 純米吟醸 五百万石 生原酒 27BY <愛媛>

首藤酒造 株式会社:http://www.sukigokoro.co.jp


Moukan's tag:




 隣でMr.イヌバナ (犬鼻) の旦那が瓶口に鼻を近づけて一言。

あ、これ苦い。イヤな予感」──。

 正直、わたしには分かりません。新酒 (特に生酒) の日本酒の場合、たしかにアフターに苦みを伴うことはよくありますが、立ち香でわかるほどではありません。

 立ち香は少し酸の効いた桃様。熟す前の、少し固めの桃という感じでしょうか。皮の裏側の濃醇な酸っぱいフレイヴァーというか。ほんのりバニラ様のクリーミーさも感じますが、決して香りの強いタイプのお酒ではありません。五百万石らしい膨らみのある旨みも感じます。

 含みます。

 あ、苦い・・・

 最近飲んだ中では、あぶくま/純吟/厳選槽場汲や鍋島/山田錦生で感じた、〝酒に溶け込んだどうにもならない系の苦み〟です。苦いことそれ自体は、味わいにとって決してマイナスになることはないんです。それこそ、味を構成する基本要素である〝五味〟とは、「酸味,苦味,甘味,辛味,塩味」のことを言うわけですから。

 ただ、今回の苦みは、香りの余韻としてフワっとエアリーに鼻から抜けるそれではありません。酒に溶け込んでしまった味としての苦みです。んんんー。明らかに造りレベルで何かを間違ってしまったようです。全体にはエレガントで美しい味ラインなので、きっとこのお酒の本来の味はこんなんではないということは想像に難くありません。

 同じ銘柄の同じ商品でも毎回同じ出来にはならないところが悩ましいですが、いつか再チャレンジしてみたいです・・・。なんだけどー、次がどんどん控えてるので、なかなか同じお酒を二度買うことはありません。気に入ったお酒を何度も買うことより、まだ見ぬ美味しい酒を求めて、日々、ハイ次!ハイ次!ハイ次!という感じです。

 そういえば、昨日の「お願い!ランキング」で日本酒好きの女性を特集してましたね。 ま、本格日本酒歴たかだか1年半のわたしが言うのもアレなんですが、番組に登場した日本酒歴8年の女性で「好きな銘柄:獺祭」というは不幸に過ぎますね。やはり、マニア気質のある男性の隣にいる1年半は、女だてらの8年に勝るということでしょうか。ホント、男の人の研究心というかシツコサには敵いませんよ。

 最近は獺祭も普通にあちこちに転がってますので、今一度、二割三分と三割九分を小瓶で再飲してみましょうかね。別にマズくはないですよ。でもまあ、好んでそればかりを買ったり飲んだりする人を、少なくともわたしは「日本酒好き」とは呼びたくないですね。それ単に「獺祭好き」でいいじゃん。「EXILE好き」を「ダンス・ミュージック好き」と言うくらい、抵抗感あります。


moukan1973




💻 関連サイト

【togetter】お願い!ランキング おちょこ女子とは? 今回潜入したのは、お酒大好き女子のための「SAKE女子会」! 今ブームの日本酒。それを支えるのは何と女性 (2016/2/25)



寿喜心

Comment

Add your comment