◤本日の1曲♪【FUSION/NEW WAVE】Everything But The Girl - Letting Love Go (1990)  

genre tag:FUSION, NEW WAVE, BLUE-EYED SOUL
 ▼CLICKでDATA表示
▪︎どういう話の流れかは忘れたけど、「Mica Paris & Bobby Womack - I Wish I'd Met You」や「Calvin Brooks feat. Hari Paris - My Favorite Thing 」でFusionライクなUKモノを紹介したので、そこから少し斜め上に展開して、こんな曲なんかどうでしょう。このへんはオレの隠しネタなので、世間的に定番なのかとか、そんなことは知らない。Album Onlyでシングルカットされてないので、このへんまで掘ってる人も、DJ的人種の中では少数派なのでは? このアルバムはバックをJAZZ/FUSION系のミュージシャンで固めてるので、出て来るサウンドは完全にそっち系です。つうか、SeawindLarry Williamsが〝ほぼ全権〟を握ってます。Everything But The Girlと言えば、オレ的には今も昔もコレしかないという感じ。ちなみに以前、「Seawind - He Loves You」は取り上げてます。Everything But The Girl自体も「Temperamental」を紹介済み。











 ▶︎もはや完璧なるFusion。
 

 ▶︎その時代ごとにサウンドスタイルがコロコロ変わる。
music_everything-but_the_girl2.jpg


FUSION NEW_WAVE BLUE-EYED

Comment

Add your comment