◤萩の鶴 - 別撰 純米吟醸 生原酒 28BY ── dಠಠb「結論から言うと、27BYとは全くの別物です」#Nigori 



※こちらの記事は『第2回・味クラーヴェ大会』から個別にセパレイト&加筆したものになります。

agclave_2017_2_10a.jpg



 毎度アクセスありがとうございます。

fc2ランキング恋愛2017_2_13b 地味に昨日 (2/13) 、日のアクセス最高記録 (235を抜いて247) を樹立しました。日々のお引き立て感謝です。ま、月曜はデバイス2倍 (私物のスマホ&職場のPC) の読者さんも多いので、割り増しされる傾向にあるんですが。ちなみに最近は「恋愛」カテゴリのサブジャンル「両思い」で1位になりましたが、これは完全にネタ獲得狙いなので、思いの外、達成感も充実感もありませんでした (笑) 。

 アクセスが増えると、必然、自分の欲しい酒が買いにくくなるという予期せぬ弊害も生み出しますが、気にせず参ります。実際、そういうセコイ損得勘定は一切ありません。有益な情報 (旨い/不味い酒の情報) というのは、巡り巡って必ず自分へと還流するはずだと思うからです──だからこれからも旨かった酒の情報、教えてね♡


 さて、萩の鶴の別撰です。27BYに☆7を付けたのは、おそらく読者さんの間では有名な話だと思いますが (笑) 、結論から言うと、28BYはオハナシニナラナイ出来栄えでした。コメント欄でも触れましたが、元々は「猫ラベル」からの派生商品で、「猫ラベル」を仕込んでる最中に何かを閃いて、それで急遽チャレンジ酒的なアプローチで醸したのが27BYの別撰でした。ゆえに造った本人でさえ、「同じモノは二度と造れない」というようなことを言っていたくらいです。それでも今季も、一応はチャレンジしてくれたようです。結果は残念でしたが、これに懲りず、いつか27BYを超えるような傑作を産み落として欲しいと思います。

 きっとアナタにならできる!

「数値なんかミズモノ!」という無頼派の言説に噛み付く気は毛頭ありませんが──そんな暇もない──、いつも言ってる通り、同じ銘柄の同じ商品であれば、縦の比較 (BYの比較) は大いに参考になるというのがオレの考え方であり、その意味では、27BY日本酒度:−2.5、酸度:1.8」、28BY日本酒度:+1、酸度:1.5」の違いは決して小さなものではありませんでした。イヤな予感は全て的中しました。

 ここからは「です/ます」は外すぞ。




haginotsuru_bessen28by1.jpg

agclave_2017_2_10b.jpg
 bottle size:720ml




SAKE GRADE:☆☆☆

【297】萩の鶴 -はぎのつる- 別撰 純米吟醸 生原酒 28BY <宮城>

萩野酒造株式会社:http://www.hagino-shuzou.co.jp


Moukan's tag:



haginotsuru_bessen28by2.jpg 立ち香──はい、完全に27BYとは別物。去年よりも少ない数値だったので予め想像はしていたけれど、明らかに、酸、足りてません。全体にはテロっと甘やか。メロン味の駄菓子のラムネ。少し青臭い感じも。酸が足りてないからブドウには至らず。

 上澄みから──。

 ♡☺♡「去年の方がよかったね
 客人「甘みが消えた瞬間に渋みが出てきますね

 残念ながら、これは去年とは全くの別モノ。ガスも全然出てない。ド頭が甘いけど、旨みが広がる前に平面的に五味が退けて、最後は渋みでドスン。

 dಠಠb「子供用の風邪薬シロップ! パンピー!」──で一同大爆笑──鉄板の昭和ネタ (笑) 。

 ダメだな、これ。それに最後の渋みの中に木香あるね。フルーティネスの発現は〝ほぼZERO〟です。ある読者さんが「現時点では、別撰より、しぼりたてのほうが楽しめるかと」と言ってましたが、完全に禿同ですね。撹拌は2日目以降にやります。

※この後、誰もおかわりしませんでした。




── 2日目。



haginotsuru_bessen28by3.jpg
 ▲客人大絶賛の「オリジナル・ポテサラ」のレシピはいつか公開しよう。



 立ち香──本日もメロン味の駄菓子のラムネ。奥からやや「くぐもり系のバナナ」も。まあ、これが出てくるとダメな場合は多い。「バナナ」自体は別に問題ないけど、それが「くぐもる」とダメなんだよな。ちょっと「オエっ」となる。そして、酸、足りてないので、27BYにあったブドウがないんだよな。それどころか、半年寝かせたヤツなんて、もはや「トロピカル王国」だったからね。

 渋いな。初日より濃醇な感じはするけど、そういうのを求めてる酒じゃねえからな。ガスは残ってる。そして、今日も余韻の渋みの中に少し木香ある。なんか渋いイチゴシロップみたいなんだよなあ。

 撹拌して──。

haginotsuru_bessen28by4.jpg こっちの方が遙かにマシだな。この点でも27BYとは違う酒質──だって、27BYは「上澄みハンターの会」設立のキッカケになった酒だし (笑) 。

 なーんか、いつもの萩の鶴がモドキ化した感じで、「別撰」的な特別感は一切なく、まるで「猫ラベル生」を苦くした感じというか。つうか、酸、足りてません。ギュっと雑巾を絞ったような渋みはあるけれど、ド頭の甘みを球体化する役割としての酸はない。ゆえに、甘酸のプロポーションが定まらず、味わいが清く正しく美しくフルーツにならない。

 ♡☺♡「感動は全くないね

 甘さもダレるしね。ややネリネリしてきた。なんかチグハグなんだよなあ、すべてが。言うならこれは「萩の鶴」の偽物のような酒です。☆3でフィニッシュです。


moukan1972♂





 空き瓶調査隊
agclave_2017_2_11i.jpg


 やや「ウッ」となるミルキーさ、ナッティーさ。酸は全く足りてない。美酒の残り香は最も少ない。



日本酒 萩の鶴 日輪田

Comment

Name - moukan1972♂  

Title - To 治五郎さん



治五郎さん


はじめまして、moukan1972♂です。
いつもアクセス頂き、ありがとうございます。


──別撰、本日開栓しました。 結論からいうと…私の好みの味でした。 ただ、恐らくは私が苦味と渋味に対する肯定感が強いことがmoukanさんとの評価の差になったのかと推測します。 私的には☆4.5位でした。

それはよかったです。結局のところ、味覚はすべて個人のサンクチュアリに収まるものなので、御自身が美味しく飲めることが何よりも大切で、むしろそれ以外に大切なことはないと言えるほどです。僕はブログ筆者なので、エンタテイメントとして、いちいち偉そうに書いてますが (笑) 。

「別撰 28BY」は、僕の呑んだ瓶に問題があるのか──多少の個体差はあります──、今季はガスも弱かったですね。27BYはオロナミンCやファイブミニくらいの炭酸がありましたので (笑) 。香りもメロンよりもブドウ系、半年寝かせたモノはトロピカルなニュアンスまで出てきて、まさに〝七色のフルーティネス〟が輝いていました。これの上澄みを知ったら、もうどのシュワシュワ酒を呑んでも全く驚きませんね。これに唯一張れるのは辛うじて「而今にごり26BYの上澄み」くらいでしょうか。それでも「別撰」の方がカラフルでフルーティーです。


──後、同時に飲んでいた花邑雄町の生が甘味があるのに少し水っぽかったのも要因かと(笑)。

アハハ。治五郎さんとはなかなか話が合いそうですね。「花邑雄町の生」の記事は金曜夜にUPするので是非ご覧ください。少しどころか、完全に水ですよ、花邑味の (笑) 。ま、我々夫婦のような中年には軽くて疲れませんが、27BYのようなケレン味ある堂々たる華やかさがまるでなかったのは少し肩透かしを食らいました。28BYしか知らない人は「花邑」の何たるかをまるで理解できてないと思いますね。むしろ去年の「酒未来 (火入れ) 」の方がよっぽと生酒的な味幅がありました。「雄町」は26BYの火入れがまさに「十四代クローン」で最高でしたけどね。


──moukanさんの記事を見て、櫛羅をこだまさんで即購入して感動し、仙禽の秋あがりに仰天した私ですので、未だmoukanさんにお勧め出来るお酒には出会えないでおりますが、もし出会いがあればまた挑戦してみます。

おっと、まさかの☆7ホルダー (笑) 。このへんを呑んでおくと大抵の酒には驚かなくなるので怖いものなしですが、何を呑んでも物足りなく感じるようになってしまうのは不幸でもあります。ですが、上を知っておくことは大切なことです。もしもこの2本を超える感動とインパクトのある酒に出会えた時には、真っ先に御連絡ください。読者さんがコメ欄からのレコメンドで☆7酒をナビゲートすれば間違いなく伝説になれますので、是非レジェンド読者になって下さい (笑) !


──尚、米鶴の山廃、昨日ゲットしました(笑)。

もしや、アレ経由ですか。さっき見たら売り切れてましたね。「仙禽 赤とんぼ」とは真逆のクリアな酒ですが、きっと新しい世界観を示してくれると思います。

また気軽にどうぞ。


moukan1972♂

2017.03.24 Fri 01:05
Edit | Reply |  

Name - 治五郎  

Title - はじめまして

はじめまして。いつも楽しく拝見させて頂いております。
別撰、本日開栓しました。
27BYのmoukanさんの記事を読んで、27BYを探したのが昨年秋。時すでに遅しで28BYを勇んで購入しました。
結論からいうと…私の好みの味でした。
飲んでみて改めてmoukanさんの記事を読み返したのですが、微かなメロン香や、微発泡感など概ね感想は同じでした。ただ、恐らくは私が苦味と渋味に対する肯定感が強いことがmoukanさんとの評価の差になったのかと推測します。
後、同時に飲んでいた花邑雄町の生が甘味があるのに少し水っぽかったのも要因かと(笑)。
私的には☆4.5位でした。
そう考えると、やはり27BYを飲んでみたかった…。

moukanさんの記事を見て、櫛羅をこだまさんで即購入して感動し、仙禽の秋あがりに仰天した私ですので、未だmoukanさんにお勧め出来るお酒には出会えないでおりますが、もし出会いがあればまた挑戦してみます。
長文、失礼しました。
尚、米鶴の山廃、昨日ゲットしました(笑)。
2017.03.23 Thu 23:04
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To ギャラクシー1800さん

毎度です。


──ところで宮城の若手蔵7つで作る、秋田のNEXT5的なユニットがあるんですが笑、今年は萩野酒造さんが先頭で酒造りするみたいです。

DATE 7」ですね (笑) 。実は去年も一昨年も酒屋で見かけておきながら呑んでないんですよ。今季は萩野酒造がリーダー役ですか。少し期待しておきます。たぶん簡単に買える環境にいると思うので、また何か最新情報などあればお知らせください。

スパークリングはイマイチでしたか。なにげに1年目の純大は磨き30で山和がリーダーでしたよね。これ、呑んでおくべきでしたね。
2017.02.20 Mon 12:21
Edit | Reply |  

Name - ギャラクシー1800  

Title - date7

ところで宮城の若手蔵7つで作る、秋田のNEXT5的なユニットがあるんですが笑、今年は萩野酒造さんが先頭で酒造りするみたいです。
一昨年はオーソドックスな火入れで美酒、去年はスパークリングで個人的にはいまいち(評判は上々だった模様)だったのですが、今から結構楽しみです。
このあたりも何か分かったらコメント申し上げます!
2017.02.19 Sun 23:44
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To ギャラクシー1800さん

毎度です。
別撰レポありがとうございます。


──発泡についてですが、特に変わりなく強かったと思います。 同時に開栓した28by長陽福娘山田錦純米60無ろ過生原酒直汲み、と同じか少し強いくらいでした。

確かにそれくらいはありましたね。去年はスパークリング (活性にごり) 並みだったので、ちょっとジャンル的に別次元かもしれません。


──月末に蔵の佐藤さんと会う機会があるかもしれないので、タイミング合えばそのあたりの事を聞いてみます。

是非いろいろ話を振ってみて下さい!
ある意味、今季の方が「萩の鶴」らしさはあるとは思います。去年の「別撰」は他のどの「萩の鶴」とも違ってましたので、まさに「別撰 (番外篇) 」でした。


──酒そのものは相変わらずかなり美味くて、前回同様にごくごくとジュースみたいに飲みました。 モウカン♂さんとは違いましたが、自分は仙禽赤とんぼが紹興酒みたいでダメだったので、単純にストライクゾーンの違いなのかなと思います笑

自分が美味しく飲めればそれが「正義」だと思います!
僕はブログの書き手なので、価値の押し付け感が全面に出やすいですが、最終的には自分が美味しく飲めればそれが最高の真実だと思います。

「赤とんぼ」ダメでしたか (笑) 〜。
まあ、どこをどう取っても「日本酒らしさ」が全くないですからね。ある意味、米で作った「梅酒の亜種」というアプローチが正解なのかもしれません。


──ちなみに28by長陽福娘ですが、これは自分にはヘビーでかなり飲み疲れしてしまいました。 評判のいい27byが飲みたかったです、残念!

人それぞれで面白いですねえ。
僕が飲む前からいろんな情報や感想が飛び交ってますが、こうしたカオスな状況で飲めることはブロガー冥利に尽きますね。逆に楽しみですね。ワクワクします──開けるのはもう少し先になりそうですが。。

ぼちぼち日輪田の新酒ですかね。いきなり「山田錦55」が来るんですかね。なんだかんだで今季も買ってしまいそうです。

2017.02.19 Sun 22:52
Edit | Reply |  

Name - ギャラクシー1800 (moukan1972♂による転載)  

Title - 

こんばんわ
萩の鶴別撰、先週あけました。
発泡についてですが、特に変わりなく強かったと思います。
同時に開栓した28by長陽福娘山田錦純米60無ろ過生原酒直汲み、と同じか少し強いくらいでした。
ただ、泡の細かさは別撰のほうが細かいです。
自分は去年をスルーしてるので、去年との比較ができず残念です。
月末に蔵の佐藤さんと会う機会があるかもしれないので、タイミング合えばそのあたりの事を聞いてみます。

酒そのものは相変わらずかなり美味くて、前回同様にごくごくとジュースみたいに飲みました。
モウカン♂さんとは違いましたが、自分は仙禽赤とんぼが紹興酒みたいでダメだったので、単純にストライクゾーンの違いなのかなと思います笑

ちなみに28by長陽福娘ですが、これは自分にはヘビーでかなり飲み疲れしてしまいました。
評判のいい27byが飲みたかったです、残念!
2017.02.19 Sun 22:51
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To magnetNo88さん

──「活きのいい風の森」と言われるとかなりガスに対するハードルが高いかなぁと個人的には思いますけどどうですかね?

いや実は、27BYはスパークリング並みにガスがあったんですよ。ファイヴミニとかオロナミンC並みというか (笑) 。なので、今季は「そこそこガスある」くらいですかね。


──長陽福娘は今晩山田錦の純米を飲んで吟醸買うか決めてみますね!

さて、今季の純米直汲みはどうですかね。美味しく飲めるといいですが。なんか今季は軽そうなので、僕は3ヶ月くらい寝かせると思います。


いつもアクセスありがとうございます。
コメントは気軽にどうぞ〜。

2017.02.18 Sat 22:31
Edit | Reply |  

Name - magnetNo88  

Title - To moukan1972♂さん

こんばんは。

いつもblogは見ているのですがなかなか日本酒を飲まない日々が続いていてコメントがしにくかったのが正直なところです。

「活きのいい風の森」と言われるとかなりガスに対するハードルが高いかなぁと個人的には思いますけどどうですかね?今回の萩の鶴は初日はガスがグラスを覆うのが見れるレベルでしたが2,3日目は外観から明らかなガスって感じではなかったのでmoukanさんから見ると弱かったかもしれません...


長陽福娘は今晩山田錦の純米を飲んで吟醸買うか決めてみますね!
2017.02.18 Sat 18:09
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To magnetNo88さん

毎度です。
少しご無沙汰でしたね。
レポートありがとうございます!


──ド頭甘くて苦いってのは我が家でも同じでしたが、3日目ぐらいはガスで苦みがそこまで気にならないってぐらいはガスの主張が強かったように思います。

なんか皆さん、割りとガスが強めみたいでね──ウラヤマシイ。うちのは明らかに弱かったですね。去年との比較という条件を除外したとしても、わかりやすくグラスに気泡が付きませんでしたので、これなら「活きのいい風の森」の方がよほどガスがあるくらいです。


──ただしオリが苦みに寄与するタイプでオリ絡めると結構苦かったのも事実ですが。ガスがなくなってからは開けきる前のがっつり酸化した時の方がバランスが良いように感じたので乾杯酒として数合飲んだらしばし放置してもよいように思えました。

去年のオリは「甘みに寄与するタイプ」でしたので、その点でも別物でしたね。どうやって採ってるのかはわからないですが、たとえば居酒屋の生ビールですら入れる人によって多少の個体差が出ますから、ヘタクソな奴が直汲みするとハズれることもありますね。ファミレスのサラダですら作る側のセンスが出ますし (笑) 。


──味比べに出てた長陽福娘が気になるこの頃です。純米の直汲みは確保してて飲めてないですが吟醸もいっておくか悩みますね(笑)

「味クラーヴェ」の山口9Eは1年熟成の27BYなので、少し特殊な条件で飲みましたが、これ、フレッシュな状態では相当にドライで味気ないと思いますね。ちょっと不思議な熟成の仕方をする酒で、なかなかに興味深かったです。味や香りはあまりないんですが、ストラクチャー (骨格) だけでグイグイ飲ませる感じがありました。

もしも28Yを買ったら、まずは僕がフレッシュな状態で協会9号と山口9Eの両方を720mlで開けるので、その感じを見て寝かせるか否かの判断をすればいいと思います。山口9Eは早飲み厳禁のような気もしてます。味と香りがちゃんと出てるのは協会9号の方ですが、今季は「ドライ」というタレコミも読者さんから頂いてます。


2017.02.18 Sat 15:10
Edit | Reply |  

Name - magnetNo88  

Title - 3日目ぐらいまではガスありましたー。

こんにちは。

先々週に1升瓶を1週間かけて開けたので簡単にコメントさせてください。
ド頭甘くて苦いってのは我が家でも同じでしたが、3日目ぐらいはガスで苦みがそこまで気にならないってぐらいはガスの主張が強かったように思います。
ただしオリが苦みに寄与するタイプでオリ絡めると結構苦かったのも事実ですが。
ガスがなくなってからは開けきる前のがっつり酸化した時の方がバランスが良いように感じたので乾杯酒として数合飲んだらしばし放置してもよいように思えました。

追伸
味比べに出てた長陽福娘が気になるこの頃です。純米の直汲みは確保してて飲めてないですが吟醸もいっておくか悩みますね(笑)
2017.02.18 Sat 12:37
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To アイオライトさん

毎度です。

9リットル瓶のビジュアルに大爆笑!!!
あれは気分が持っていかれますね。


──空気に触れる機会の差なのかなあとも思いますが、正直理由はよくわかりません。

僕は27BYの「屋守 純米おりがらみ」を同じ店で両方同じ日に買ったんですが、720mlの方が明らかに渋かったですね。ま、どのみちどっちも大して旨くなかったので、極めて次元の低い争いですが (笑) 。「鍋島 New Moon 27BY 12月ロット」も同じ店で同じ日に両方買いましたが、720mlは酷い出来でした。1800mlは少し寝かせたこともありますが、それでも全く別の酒でしたね。

開けた瞬間の旨さは1800mlで間違いないんですけど、ただ、一人で飲む人にとっては開栓後の劣化との闘いもあるので、現実的には出来の良い720mlを拾うしかないんですよね。

ちなみに僕が付けた☆1に1800mlはないですね。☆2は21本中、1800mlは4本だけですね。たまたまだと信じたいですが・・・。

2017.02.16 Thu 13:11
Edit | Reply |  

Name - アイオライト  

Title - 

横槍すいません。
四合瓶より一升瓶のほうが味が乗ってる説、これは私も同感です。
空気に触れる機会の差なのかなあとも思いますが
正直理由はよくわかりません。

ちなみに日本酒じゃなくてビールですが、
こんなネタもあるので参考まで(笑)
http://portal.nifty.com/kiji/160302195841_1.htm
2017.02.16 Thu 11:29
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To サンジュリアンさん

毎度です。

ある読者さんによればガスはしっかりあったそうで、瓶単位の誤差もあるようですが、我が家のガスはしなびてましたね。1800mlならまた違った力量を見せてくれそうですが。


──先に飲むべきのがいっぱい在るので、暫く寝かせます。

ですがこれ、27BYのような「活性にごり」レベルの炭酸がないので、徐々にガスが抜けそうな感じですよ──つまり、時間経過と共にガスが育つ雰囲気はないです。


──最近感じるのですが、四合瓶の方が大瓶より味乗りが弱い気がします。

実際そうだと思いますよ。もちろん720mlで美味しい酒もありますが、同じ酒の同じロットを並べて飲めば、たぶん、多くの人が1800mlを美味しいと思うでしょうね。僕は何度か同じ酒を両方買って同じような時期に飲んだことありますが、1800mlの方が旨いですよ。ま、あれと同じですかね──カレーやシチューはデカイ鍋で作った方が旨いという (笑) 。


2017.02.14 Tue 18:46
Edit | Reply |  

Name - サンジュリアン  

Title - 保存用が増え過ぎて困ります。 笑

毎度です。
コレ期待して買ったんですが、モーカンポイント3ですか?
先に飲むべきのがいっぱい在るので、暫く寝かせます。
春秋に行う仲間とのBBQで放出します。

by28の長陽福娘の山田純米は凄く良かったのですが、追加購入出来な買ったです。これから出てくる雄町や西都の雫の直汲み狙います。
最近感じるのですが、四合瓶の方が大瓶より味乗りが弱い気がします。劣化も早いし、上手い奴は大瓶(1.8L)買って暫く保存して飲む。
このパターン ワインと同じですよね〜 場所食うのが玉に瑕ですけど、
2017.02.14 Tue 17:23
Edit | Reply |  

Add your comment