もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録

 その吟醸、720mlが840円ナリ。
〜 日本酒の家呑みレポ&本日の1曲、安センベイ評、時々メガネ警察〜

◤村祐 - 純米大吟醸 常盤ラベル 無濾過本生 ── ♡☺♡「あれ? こんな味だったっけ? まるで美しい水です」#Clear 


╰ 【001-074】の記事はfacebook時代のモノを加筆/再構成 (一部キャラ変) して書かれたものです。


 日本酒を本格的に飲み始めて間もない頃 (2014年の夏) に一升瓶で買って、その常軌を逸した蜜のような甘さに驚いた、とても印象&想い出深いお酒です。わたしたちも、あれからいろいろなタイプのお酒を飲んで来たので、その味をもう一度確認したくて、改めて買って来ました。この蔵のお酒はすべてスペックが非公開になっていますが、この常盤ラベルは「純米大吟醸」扱いとなっています。

 '80年代末に淡麗辛口ブームで一世を風靡した新潟酒ですが (バブル期には投機対象にもなりましたが) 、今では、新潟の人気銘柄で辛口のお酒は少なくなりました。たかちよ、鶴齢、謙信、村祐など、むしろ〝その甘み〟に個性の光る銘柄が人気となっていることに時代の流れを感じます。



murayuu_tokiwa1.jpg

murayuu_tokiwa2.jpg
 bottle size:720ml



【052】村祐 -むらゆう- 純米大吟醸 常盤ラベル 無濾過本生 27BY <新潟>

村祐酒造 株式会社 (by 小さな酒蔵応援団) :http://blogs.yahoo.co.jp/tetsuo8823sake


Moukan's tag:




 ん? こんなんだったっけ?

 犬並みの鼻を持つ旦那に訊いてみます。

dಠಠb 「これ青い。前に飲んだ方のが遥かに甘かった。ポヨンとしたボディに蜜のような甘さが特徴だった。甘い言ってもベタつかず、クリア&さばけの良いアフターが印象に強かった酒。今回のは以前に飲んだ物とはまるで別物」──

ということです(笑)。とはいえ、これはこれでとっても美味しいです。クリアで滑らかな酒質は変わらず、まるで〝美しい水〟のような舌触りで、日本酒に対するすべてのネガティヴな印象や誤解を一掃してくれる流麗なお酒です。生酒ですが、アルコール度数が15なので、飲み疲れせず、スイスイ飲んでしまいます。

 香りは穏やかで、含むと、ほんのり青リンゴを思わせるフレッシュ感と、それにつづく、ツルんとした優しい甘さが心地良いです。温度が上がってくると、丸みのある米由来の旨みも顔を出します。これはこれで美味しいんですが、本来の旨さとは少し掛け離れているのでオススメ扱いにはしません。

 それにしても、はじめて飲んだときの、あの蜂蜜みたいな甘さはなんだったんだろう。買ったの夏だったから、酒屋の冷蔵保存に不備あったことでイイ感じに熟成が進んだとか (笑) 。

shoueta.jpg よく、年配の無知な飲み手が「甘い酒はダメだ」みたいなことを、まるで世界の酒をすべて飲み尽くしたかのように得意気に言うんですが、あなたが飲んだことのある甘い酒と最新のメソッドで醸された今様の甘い酒はもはやまるで関係ないですから〜。

 なにも知らないくせに、自分の知ってる偏狭な想い出だけで今の日本酒を説明するの、もうやめて下さい。

 Say Goodbye To Kara-Kuchi !!!
 No More Kara-Kuchi-Kudasai !!

 前にも言いましたが、そんなに辛いお酒が好きなら、テキーラにタバスコでも入れて飲んでてね。消毒用エタノールを炭酸水で割るという裏技もありますヨ。




── 2日目。


 青さは後退して、さらにシルキーで丸い味わいに。はじめて飲む人には十分に甘いと感じるはずですが、本当はもっともっと甘いお酒です。スペック非公開なのでわかりませんが、感覚としては、本来であれば日本酒度−10くらいは余裕でいってる感じです。

nutella.jpg よく「甘いお酒は食事に合うの?」という話を耳にしますが、それ、全国の菓子パン好きを敵に回しますよ (笑) 。パンにジャム、蜂蜜、Nutella、合うじゃん。それってつまり、砂糖を食事 (主食) に合わせた結果だとも言えますよね。ていうか、食べ物に甘さを重ねてそこまでマズくなることってあるのかな。

 白飯に対しても然り。佃煮界の帝王ごはんですよ!だって甘いじゃん。カツ丼だって親子丼だって天丼だって、作り手がよほどの変わり者でないかぎり、レシピには必ず砂糖やみりんを加えます。生姜焼きのタレだって、砂糖や蜂蜜ナシで作って美味しいものなんか作れるはずありません。カレーだって砂糖や蜂蜜がなかったら美味しくなりようがありません。


gohandesuyo.jpg そもそも口に入れる物で人が「旨い!」と感じた時、それが甘くないことってあるんでしょうか? 旨い肉、旨い刺し身、美味しい果物、みーんな甘さが旨さの秘訣なんじゃないでしょうか?

甘いお酒は食事に合うの?」──

 そこ、根本的に論が乱れてます。違いますよ。

出来の悪い甘い酒は食事の時間を不幸にする」──

 単にこれだけのこと。日本酒しかり、ワインしかり、なぜか安物の粗悪品に限って甘ったるいんです。だからいつの間にか、「甘い酒=食事に合わない」という思い込みを真実だと誤解して生きてるんです。たとえ甘かろうと、酸っぱかろうと、ビールのように苦かろうと、旨い酒が食事に合わないなんてこと、あるわけないんです。

 そう言うわたしも、ワインなんかを買っていた頃は、とにかく裏のラベルをチェックして「辛口」のものだけを買ってました。でもこれ、単に1000〜1500円程度のワインで甘くて美味しいものになかなか出会えないだけなんですよね。要は「酸っぱくて甘くなければマズく感じない」というだけで、そもそも辛口の安物ワインが旨かったのかどうかさえ、もはや思い出せません。

 わたしたちがここで絶賛&オススメする甘口の日本酒で、食事がマズくなるものなんて一つもありません。確かに酒そのものが旨すぎて、大したことのないツマミの大したことのなさについて文句を言うことすら忘れてしまうことはありますが、それで食事の時間が不幸になることはありません。むしろ逆。酒が旨ければ、ツマミに少々難があったとしてもまるで問題なくなりますから (笑) 。


haginotsuru_bessen1.jpg というわけで、ここでオススメする甘めの日本酒は、あなたが懸念する質の悪い甘さとは意味の異なる甘さですので、どうぞ安心してお取り寄せください。「たかちよ 赤」なんかは本当に驚くと思いますし、「萩の鶴 別撰」は感動に打ちひしがれること請け合いです。「長陽福娘 直汲 純米山田錦60」は味と値段の安さのギャップに呆然とするはずです。普段ワインばっか飲んでる友人夫婦も新年会で萩の鶴を飲んで、「今まで飲んだ日本酒の中で一番旨い」って言ってましたから〜。(※前述の3つのお酒は「Highly Recommended」にまとめられています。)

 もしも萩の鶴を買ったら、必ず2〜3日かけてゆっくりオリを沈めてください。上澄みが完全に透明になるまでは飲んではいけません。開栓はそれから。初日は上澄みの透明な部分だけを半分 (2合) 飲みます。2日目はオリを攪拌していただきます。初日のオリ絡みはまだまだ若くて苦いので、絡めるのは2日目以降です。えっ? 好きにさせろって? ダメだよ、言うこと聞かなきゃ。人生も折り返しに入って、そろそろ旨いの向こう側に行ってみたいと思いはじめたのなら、これくらいの約束は守ってくださいね。小さな子供に「走るな!」と注意して言うことを聞かせるよりは、遥かに簡単な言いつけだと思います。


moukan1973




💻 関連サイト

ロケットニュース24「ノンアルコールビールにアルコールを入れると激ウマ! 激ウマ! 激ウマ!」 (2012/3/4)


村祐

Comment

Add your comment