◤六十餘洲 - 純米吟醸 山田錦 生酒 28BY ── dಠಠb「酸による美しい輪郭の中で五味が手を取り合うバランスで、食卓をワンランク上のエレガンスに導く」#Fresh, Fruity, Women 



検索ワード:



 かつて猪木がファンから生きたライオンをプレゼントされた話。
rokujuyoshu_jungin_yamada_nama28by1.jpg

rokujuyoshu_jungin_yamada_nama28by2.jpg

rokujuyoshu_jungin_yamada_nama28by3.jpg




 猪木ともライオンとも全く関係ないですが、長崎の六十餘洲 (ろくじゅうよしゅう) です。初めて呑みます。アッパーな文体で客を煽るのが大好きな某酒屋が前から推していて気になってたんだけど、基本火入れの酒が多いので──生酒ヴァージョンは新酒の時期だけで、しかも意外にすぐに売り切れるので──、26BY、27BYでは機会を逸してしまい、ようやく買うことができた──表参道ヒルズのメガネ屋に行った際に覗いた「はせがわ酒店」で売ってた。

 うちの近場だと、他には三鷹の「碇屋酒店」でも見かけたな。創業は1772年で生産量も2013年の時点で約1600石とのこと。この「六十餘洲」という銘柄は法人化の際に昭和9年に立ち上げたみたいね。全部下のサイトに書いてありました。そうそう、先日の「澤屋まつもと Shuhari 2014 」はこの店で買ったから、これで気兼ねなくリンクを張れる (笑) 。

 地酒専門店 佐野屋
 新進気鋭 酒蔵訪問の旅「六十餘洲」




rokujuyoshu_jungin_yamada_nama28by4.jpg

rokujuyoshu_jungin_yamada_nama28by5.jpg

rokujuyoshu_jungin_yamada_nama28by6.jpg

rokujuyoshu_jungin_yamada_nama28by7.jpg
 ▲風呂に入れようとしたら吠えたので引っ張叩いたみたい。


rokujuyoshu_jungin_yamada_nama28by8.jpg




 DE、この「六十餘洲」だけど、「息子、故郷へ帰る」とか「杜氏が引退したから自分たちで」とか「蔵の経営がヤバいからイイ酒創ろう鎌倉幕府」みたいなストーリーは特にないみたい。女性社長誕生の経緯にはそれなりの苦労やドラマはあったようだけど、なんというか、ジワジワとイマドキ日本酒界へと広まりつつあるという感じみたいね。この「山田錦 生」も既に売り切れ続出のようだから、27BYで呑んだ人がリピートしてるんでしょう。

 読者さんの中にも「本日までの転入生」で何かを嗅ぎつけてオレより先に呑んだ人もいたみたいだから──旨かった模様──、ちょっと期待してます。山田錦50の生酒。ALC.16度なので、原酒ではないはず。




rokujuyoshu_jungin_yamada_nama28by9.jpg
 bottle size:720ml




SAKE GRADE:☆☆☆☆½

【294】六十餘洲 -ろくじゅうよしゅう- 純米吟醸 山田錦 生酒 28BY <長崎>

今里酒造 株式会社:http://www.64sake.com


Moukan's tag:




rokujuyoshu_jungin_yamada_nama28by10.jpg 立ち香──穏やかながら、透き通ったバニラリーな瑞々しいブドウ様の香りが、ややミンティーな清涼感を纏ってスゥーと静かに伸びてくる。「作 新酒」や「鳳凰美田 赤判」なんかにも通じる香りの透明度と質量感。フルーツカラーはエレガントなベリー系と言えばいいだろうか。フローラル寄りの小さなセメダインもあるけれど、「冩樂」や「風の森」ほどじゃない。全体のカラーイメージは赤や紫──甘みが伸びてくればマスカットなグリーンになる感じ。まあでも、この段階では、香りの発散は清楚で穏やかなレベル。なかなか良さげですよ。

 含みます──。


 足りてるねえ〜、酸。 (↓今のオレの気分はこういう感じ。)





 なかなか好きなタッチですよ。ガスはない。小さめの球体的フルーティネスの中からジュワっと甘み&旨み (エキス感) が溢れるジューシイ感とサクっとした口どけ。タイプとしては柑橘系の酸が出てる「冩樂」なんかにも近いけど、オレがすぐに思い出したのは「謙信 純米吟醸 無濾過生原酒 越淡麗」──ま、ここまでは酸は出てないけど。あとは、やっぱ「作 新酒」なんかと組は同じだろうね。「鳳凰美田 赤判」よりは雑味というか、特に余韻の中にイイ意味での情報量の多さも感じるけれど、全体としては同じ組。

 ただし、それらになくてこれにあるもの──それは酸。

rokujuyoshu_jungin_yamada_nama28by11.jpg 甘みはワンテンポ遅れて溢れてくる流れで、全体としては酸による美しい輪郭の中で五味が手を取り合うバランス。ワイングラスや口の広がってるグイ呑みの方が良さげ。オレの言うところの「食卓をワンランク上のエレガンスに導くタイプの酒」です。

 やや退けに掛けて、よく言えば「複雑」、悪く言えば「雑」なザラつきがあるけど、赤ワインで言うところのタンニン風情と受け取ればマイナス要素にはならないだろう。徐々にオークっぽいウッディーさも顔を出すけど、これはアクセントレベルだし、人によってはゴーストレベル。


rokujuyoshu_jungin_yamada_nama28by12.jpg いいんじゃないでしょうか。香りもイイ感じのレベルでフルーティー。それこそブラインドなら余裕で「九平次」を倒すだろうね。やや軟水チックな軽さもあるので、食中は味が潜りがちだけど、逆に甘みが伸びてくる。酒単体のキュインとした球体感がここでも発揮されると評価も上がるんだけど、今のところ、☆4〜4.5を行ったり来たりという感じ。

 温度が上がってくると柔らかな甘みが膨らんで、フルーツ換算だと白桃なんかが主役になる。冷たい方が逆にジューシイだね。そして、ワイングラスより小さめのグイ呑みの方が更にジューシイ。

rokujuyoshu_jungin_yamada_nama28by13.jpg 淡麗な味幅でありながら、酸による球体感、カラフルながら節度あるクリスタルなフルーティネス、旨みの広がりや香りのケレン味とは一定の距離を取るモダン日本酒としての矜持とフィネス。軟水的なフワフワした飲み口に時折頼りなさを感じるものの、なんとか酸が頑張って味わいを収斂させようとしてる姿勢には少し親心を感じずにはいられない (笑) 。

 これは応援する意味も込めて☆4.5をあげたい。呑むタイミング、温度、食中か酒単体か、様々な状況で印象がコロコロ変わる酒なので、もう一本、なにか芯の強さのようなモノは欲しい。それでも所々にキラリと光る表情を見せてくれるし、なにより、問題なく旨い。少し退けにかけてのウッディーな渋みが気にならなくもないが、まあ許容かな。「作 新酒」や「鳳凰美田 赤判」より好きなので、☆4.5を付けておきます。甘い (笑) ?



 ▼ちなみにグラスはこれが一番よかった。
rokujuyoshu_jungin_yamada_nama28by14.jpg



 空き瓶調査隊──。

 マスカット様の甘みもあるが、やはり少し雑味が出てる。空き瓶香なら「作」や「鳳凰美田」の方が上だけど、含んだ瞬間のピタっと収まる感じはこちらの方が上だ。今季のどこかで他の酒も買うと思う。


moukan1972♂






日本酒 六十餘洲

Comment

Name - moukan1972♂  

Title - To WOOFさん

毎度です。


──ご説明&プチレクチャーありがとうございます!

ちょっとそれぞれのコメ欄で話の内容が重複してますが、この場を「下書き」と考え、気にせず書きます──本編の執筆は週明けですかね。


──花泉の話は「高千代では好みが合わなかった 人が花泉を評価していて、【あれ】では評価が分かれたけど、 【これ】では旨さを共感できて面白いもんだなー。」という 意味でした。

人間の味覚ってやつは非常に複雑でファジーなので、統一的に体系化するのは難しいですよ。僕は基本的に「甘いもの」は好んで食べませんが、食後に限り、安いラクトイアイスのバニラを食べることもありますし、「クッキー」より圧倒的に「煎餅派」ですが、ヨックモックだけは好きとか、「煎餅」は好きでも「手焼きの醤油モノ」は滅多に食べないとか、あらためて思い返すと、意外に統一感ないですね。酢豚や甘酢あんかけモノは好きではないけれど、みたらし団子は好きとか、大福は好んで食べないけどオハギは好きとか (笑) 。


──高千代の甘さと六十餘洲の甘さ、文字では何となく理解 できましたので、比べて飲んでみます。 それでも分からなかったら、また、怒らずに優しく教えてください(笑)

あまり考えながら飲んでも楽しくないので、自分が「旨い!」と感じた理由を少しだけ立ち止まって考えてみるくらいでいいと思いますよ。たとえば「甘さ」に惚れたなら、「他の甘い酒」とどう違うのかとか。

僕もつい最近ですよ、一気にいろいろなことが見えてきたのは。変な話、「26BYの篠峯」を追体験することでわかったことが多かったというか。当時は「ただ旨い」で済ませてましたけど、27BYがピンと来ない中、それが「美化された思い出」なのか「本当の美酒」なのかを確かめたくなったんですね。

そしたら「26BYの篠峯」は紛うことなき傑作揃いだったことが分かり、それらを通じて他の酒を同じリングに上げると、まあどれもこれも「酸、足りてない」っていう (笑) 。ネットの言説において「篠峯と言えば酸」と言われることは非常に多いし、知識としては当時から知ってましたが、それを意識して飲むようになったのは最近というわけです。


──「赤武はこういう味なんだ」という記憶が 残りました。こういう、飲んで「これだ」と分かるお酒で、 しかもそれが旨いととても良い記憶として残ります。

そういう酒との出会いが一気に味覚の視界を見晴らし良くすると思うので、今後、同じような酒を飲むたびに「赤武」を思い出し、それとの違いを感じて、徐々に自分の理想の味わいが定まっていくと思いますよ。

ただ、僕もそうですが、いくら好きな味わいが定まったとしても、そればかり飲んでいても飽きるので、なにかのタイミングで、ふと意表を突かれると、その酒がより旨く感じることはあります。最近だと「ゆきつばき」なんかはそういう酒でしたね。


2017.02.10 Fri 14:50
Edit | Reply |  

Name - WOOF  

Title - 

Moukan1972さん

ご説明&プチレクチャーありがとうございます!

酔っ払ってコメントしたので、なんか変な文章に
なっていてごめんなさい。「その中で」を二回続けると、
違和感が半端ないですね。
ちなみに、花泉の話は「高千代では好みが合わなかった
人が花泉を評価していて、【あれ】では評価が分かれたけど、
【これ】では旨さを共感できて面白いもんだなー。」という
意味でした。好みが近い人とでも評価が分かれたり、
本当面白いですよねー。でも、やっぱり「旨い!!」を
共感できた時のテンションはすげー上がりますけどね^^

さて、高千代とは「魚」と「魚くん」くらいに違うのですね。
つまり、今、魚をつまみに食っている僕と、食われている魚
くらいの差かー。ふーん。。。全然違うじゃないですか(笑)

高千代の甘さと六十餘洲の甘さ、文字では何となく理解
できましたので、比べて飲んでみます。
それでも分からなかったら、また、怒らずに優しく教えてください(笑)

そして、「酸」について書いて頂けるとの事、ありがとうございます!
皆さんはもうとっくに分かっているのかもしれませんが、
僕みたいに分かっていない人もきっと少しはいると思いますので、是非お願いします。

繰り返しですが、赤武とても旨かったです。
これも高千代と全然違うのかもしれませんが、
僕は凄く好きでした。また、どの部分にそう感じるのかは
説明できませんが、「赤武はこういう味なんだ」という記憶が
残りました。こういう、飲んで「これだ」と分かるお酒で、
しかもそれが旨いととても良い記憶として残ります。
2017.02.09 Thu 22:47
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To WOOFさん


毎度です。


──率直に好きなタイプでしたし、実は甘みを大分感じていたので、 高千代の二の舞かと思っていたのですが、意外に高評価でビックリでした。

さすがに「高千代」とは「魚」と「魚くん」くらいには違います (笑) 。問題は「甘みの処理」ですね。これは「酸」とつながる話ですが、「高千代」は「甘いから甘い酒」で、「六十餘洲」は「酸による輪郭によって甘みのプロポーションが浮き上がるから甘い」という。簡単に言えば、「スイカに塩を振って引き出す甘さ」ような意味合いです。

「高千代」は今そこにある甘さ。
「六十餘洲」はそこから浮かび上がる甘さ。


なので、僕の中では全くの別物ですね。「酸」に関してだけ言うなら、「冩樂 純米 初しぼり生」や「冩樂 なごしざけ」なんかと同じ組に入れられるかなあと。イイ時の「十四代」なんかもこういう口どけの良い球体感ありますよね。それの究極が「櫛羅 純吟生 26BY」でしたけど。ちにみに「仙禽 赤とんぼ 亀ノ尾」は、上の例で言うなら「酸っぱいから酸っぱい酒」です (笑) 。


──さて、ここでカミングアウトさせてください。僕は実は「酸」がどんなものか良く分かっていません。

あとで時間あったらコラム的にBBSに書いてみます。これも「人には人の酸」なので、あまり深く細かく考える必要もないですよ。僕は書き手なのでウダウダ向き合ってますが、ブログなんかやってなかったらいちいち言葉にしないかもしれません。レモンを噛めば誰でも「酸っぱ!」と言いますが、にんじんや大根を食べていて「酸」を探す人はあまりいないでしょうし (笑) 。


「花泉 桶直詰め」が1800mlしかなかったのスルーしたんですが、買うべきだったか (笑) 。「赤武 NEWBORN 純米」も楽しめたようで何よりです。やっぱあれ、新酒としては申し分なかったですね──酸、足りてないけど (シツコイ) 。

「ゆきの美人」はどちらかと言うと「酸」で攻める酒のような気もしますけどね。新酒の純大は優しい甘さがあって良かったですけど、杜氏が熱心なワイン好きということもあって、常に「酸」は意識してますね。ワインの勉強会なんかも自主的に参加してるようですし。ここの火入れはスルーでいいと思いますよ。

僕はハズレましたが、たとえば「而今 千本錦 無濾過生 28BY」、少し試飲した感じだと、これ、割と「酸、足りてます」ね。「液性の張り」を意識して飲むといいですよ。リンゴジュースに置き換えるとわかりやすいです。リンゴジュースって、「薄黄色のニゴリ系」と「黄金色の透明系」がありますよね? 「特純」は前者で、「千本錦」は後者です。つまり、液性にパツンとした張りがある。もちろん、味の話ではないですよ。あくまで「液性」の話です。

DE、この「液性」に張りを与えるもの、味わいの輪郭をクッキリさせるもの、これが「酸」です。

ま、あとで別件で書いてみます──今日は無理かも。

2017.02.09 Thu 11:43
Edit | Reply |  

Name - WOOF  

Title - No title

こんばんは。

待ってました!六十餘洲山田錦生。

Moukan1972さんから長陽福娘の入手先として
教えてもらった九州の酒屋から、長陽福娘・萩の鶴別撰と
一緒に購入しました。煽り気味な新潟の酒屋コメントを
見ていて、「何か飲みたくねーなー」と思っていましたが、
購入先の店主と話して買う事にしました。買って良かったです。
率直に好きなタイプでしたし、実は甘みを大分感じていたので、
高千代の二の舞かと思っていたのですが、意外に高評価でビックリでした。

さて、ここでカミングアウトさせてください。僕は実は「酸」がどんなものか
良く分かっていません。
もちろん、日本酒を味わう上で、酸は大事な要素だとは
本なので読んでいるのですが、どれが酸足りていて、どれが
足りていないのか見出せていません(笑)
いずれ機会がありましたら、「酸」についてレクしてください^^

そんな感じで、僕は感じたままに上から順に記録していますが、
数値とか、比喩表現については、皆さんのコメントを参考に
させてもらっています。

その中で、高千代に関しては合わなくても、その他の銘柄では
旨さを共感できたりしていて(花泉の桶直詰めは自分のTop5内です)
、結局Moukan1972さんの言うように
「答えは自分の中にあれば良い」のかなと思っています。

その中で、最近飲んだモノを上から並べます。
・赤武 NewBorn 純米
・六十餘洲 山田錦 生
・麓井 おりがらみ
・而今 特別純米 無濾過生
・高千代 初しぼり 純米酒
・ゆきの美人 雄町 6号酵母

赤武も凄く良かったです。
そして、ここに長陽福娘がどう入ってくるか
とても楽しみです。
而今の特純は妥当だと思います。
特別ではないですが、「而今」は感じます。
高千代は、、、例の美山錦とは違いました。
「ま、たかちよ?」でも許せますが、
美山錦は一緒にして欲しくないですね(笑)
ゆきの美人は、せっかく貴重な?6号酵母様を使って
いるのに、「甘さ足りない」で期待外れでした。
2017.02.09 Thu 01:22
Edit | Reply |  

Add your comment