◤春霞 - 純米 赤ラベル 直汲み生 28BY ── dಠಠb「今回の『味クラーヴェ』の中ではダントツに旨かった、酸は足りてます!」#Spicy 



検索ワード:


※こちらの記事は『第1回・味クラーヴェ大会』から個別にセパレイト&加筆したものになります。

rokumaru_taka_naruka_harukasumi1.jpg



 毎度アクセスありがとうございます。

マチダヤ試飲会2016春霞 たまたま並べた順に旨かったというだけで、これは本当に偶然。一応、DJ的人種としての選曲的思考というのは染み付いてるから、「篠峯は一番ダメそうだからTOPバッター、貴は一番香りが穏やかそうだから2番手、鳴海が一番味が濃そうだから最後だと疲れるし三番手、春霞が一番Well-Madeな気がするからラスト」──まあ、このくらいのことは10秒で考えます。結果的にこの順番でよかったかな。「春霞」がTOPバッターだったら、それこそ他の3本が「三霞」になっていたもの。

 これ、720mlが税抜で1,150円とバカ安。原酒ではないだろうけど、美郷錦60の吟醸造りで直汲み生でこの値段。別に磨き60なんて、他の蔵なら純吟扱いのケースも多いし、どういうことなのか、よくわかりません。蔵の新酒第一弾みたいだから、そこは「日頃ご愛飲の皆様へ」という意味合いなのだろうか。いずれにしても、この4本の中で一番最後に飲んで一番安いのに一番旨くて、もう完璧な流れでした。ちなみに「KA-4酵母」は「熊本4号」と呼ばれる、熊本県酒造研究所が培養した9号酵母系の変異株みたいね。




harukasumi_junmai_jikagumi28by1.jpg

rokumaru_taka_naruka_harukasumi4.jpg
 bottle size:720ml




SAKE GRADE:☆☆☆☆

【293】春霞 -はるかすみ- 純米 赤ラベル 直汲み生 28BY <秋田>

合名会社 栗林酒造店:http://harukasumi.com


Moukan's tag:



harukasumi_junmai_jikagumi28by1.jpg 立ち香──これまた「やや風の森」的なニュアンスあるけど、実はこれが最もミルキー。ちょっとスパイシーなハーブアロマあるね。意外や意外、なんかこれが一番「味が出てそう」な雰囲気。

 ♡☺♡「おかわり決定、わたしは。なんかに似てるなあ。わたしは思い出せないけど。今日呑んだ中では一番バランスがいい。いいですねえ!

 どれどれ──。

 ああ、「おたべ、お食べ?」的な (笑) 。ちょっと〝和な感じの香り〟がある。ヨモギとかニッキとか、少し草っぽいアロマ。個人的には好物ゾーン。揺るぎなく☆4以上確定。ガスあるね。軟水的なクリアなコアに、纏いレベルの香りのカラーが節度を持ってエレガントに重なる流れ。これが一番「酸、足りてます」──酸っぱいわけじゃなく、味わいの輪郭が美しいという意味で。この香り、思い出した。これはまさに軽やかな「百春」と言った面持ちだ。

harukasumi_junmai_jikagumi28by2.jpg ♡☺♡「適度にフローラル。適度な華やかさを感じる。これならまた買ってもいいかなと思う

 ああこれ、完全にややパステルな「百春」だわ。そうかそうか、だからパシっと舌に馴染むのか。これはいいですよ。完全にカロリーオフな「百春」だね。

 ♡☺♡「適度なドライ感がいいのよ。こんくらいのドライ感、いいなー。こういうタイプ、好きかも

 徐々にミルキーな旨みが広がるね。必然、語られる言葉の数も増える。これは今日の中ではダントツに旨い。




おかわりタイム

rokumaru_taka_naruka_harukasumi7.jpg
 ▲新しい仲間が加わりました。中身が見えないガチャ系システムだけど、未だダブり無し。
 【公式】スミスキー * SMISKI * あなたを見守るふしぎな妖精



 おかわりは「鳴海」と「春霞」──ああ、「鳴海」は、やっぱギシギシとした硬さがあって、なかなか心開かない人見知り酒。一方「春霞」はすでにこなれていて、やや草っぽいハーブアロマや地酒的な秘境感がありつつも、一廉の洗練さもあって、その佇まいには、静かだが力強い芯がある。簡単に言えば「単純に出来の良い酒」という感じ。

 ♡☺♡「これ、飲みつづけられるね。この草感、好き。まだまだ呑みたい

 いやほんと、そこはかとなくパステルかつソリッドな「百春」だね (笑) 。まあ、今日の4本の中では間違いなく1位だろうね。これは夫婦の同意だし、今ここにどの読者がゲストで参戦していたとしても、それは揺るがないと思う。「酸、足りてます」──ややクセのある草っぽいフレイヴァーがあるけど、小粒にジューシイで、可憐だが芯の通った酸が、冬の夜空の山の向こうへ、澄み渡る咆哮を上げる。


harukasumi_junmai_jikagumi28by3.jpg まるで別れを惜しむように、最後に「春霞」をおかわり──というのも、訳あって、もうオレは「春霞」を呑めないので、もしかしたら、2日目以降にグっと味が開いて☆4.5にリーチしていたかもしれない。今回の4本の中で誰かに薦めることのできる酒はこれ1本のみ。

 追記──。

 オレは120mlくらいしか呑んでないので、☆4は最低ラインということ。いつものように400mlくらい呑んでれば、もしかしたら☆4.5まで伸びていた可能性は十分にある。ま、今回は他の3本が少し頼りなさすぎたので、相対的に旨く感じた可能性もZEROではないが、でも、出来のイイ酒だと思います。たまたま何の気なしに西荻の「三ツ矢酒店」で買ってきたけど、これはまずまずの当たりでした。

 そういや、今回は──これまた偶然──4本ともALL磨き60でしたね。「味クラーベ」するなら、このくらいの味幅の酒でやった方がいいかもしれない。意外に〝味覚の迷宮〟を彷徨うこともなかったので、ちょうど今週末に友人が酒を飲みに来るので、そこで「第2回」を開催しようかね。今ならレアな酒もゴロゴロあるので、きっと楽しいはず。だけど一つだけ困ったことがある。

 どれも旨いと、呑みすぎて、死ぬ。


moukan1972♂






日本酒 春霞

Comment

Name - moukan1972♂  

Title - To えるふ。さん

毎度です。

「2日目のカレー」は、枕というか、アイドルの自己紹介的なイントロで良いのでは (笑) ?


──最近思ったことは、あまり大きな声では言えませんが、No6のXがなんか少しだけ言い方を悪くすれば、米臭い!?残り香?前よりも全然美味しさを感じない。Rは無難、安定しておいしく頂ける。でも実はSのエッセンスが一番おいしい今日この頃です。

確かにスムースでなんのノイズもないよなあ、Sッセンス。
あれで何かもう一つ、心に刻むゴリっとした歪さがあれば惹かれるんだけど。。


──さて、昨晩私は「うまからまんさく 番外品+15」をいただきました。日本酒を題材にしたコミック「いっぽん」で有名になり、いつの間にか空港のお土産コーナーにも登場してました。恐るべし漫画パワー!

これ、アニメよりドラマ化された方が面白そうですね。蔵元が本人役で安定の棒読みをすれば更に盛り上がる (笑) 。


─最後になりますが、今年で最後との噂の白瀑(シラタキ)山本で有名の「ど」が美味しく感じました。これは感想を・・・おっと無理は言いません

ああこれも未飲なんだよなあ。以前、酒屋でこれを御歳暮に贈ろうして酒屋に相談してるオバサンがいて、おいおいと思った (笑) 。しかも最終的に送ってました。

こちらこそ、また気軽にどうぞ〜。
引き続きお楽しみ下さーい。
いつもありがとうございます!



2017.02.14 Tue 18:37
Edit | Reply |  

Name - えるふ。  

Title - あ、名前、2日目のカレーに改名しようかなw

そうですねー。最近思ったことは、あまり大きな声では言えませんが、No6のXがなんか少しだけ言い方を悪くすれば、米臭い!?残り香?前よりも全然美味しさを感じない。Rは無難、安定しておいしく頂ける。でも実はSのエッセンスが一番おいしい今日この頃です。


さて、昨晩私は「うまからまんさく 番外品+15」をいただきました。秋田県 日の丸醸造 特純の生です。日本酒を題材にしたコミック「いっぽん」で有名になり秋田でもそこそこ人気で居酒屋で見かける事、多数です。いつの間にか空港のお土産コーナーにも登場してました。恐るべし漫画パワー!

また「カンパイ」という日本酒ドキュメンタリー映画に瞬間的に登場していた「やまとしずく」も近日中に頂こうと思っています。あれ、なんかどこかのブログに似てきた?

最後になりますが、今年で最後との噂の白瀑(シラタキ)山本で有名の「ど」が美味しく感じました。これは感想を・・・おっと無理は言いません。

また楽しく拝見させて下さい。応援しています!
2017.02.14 Tue 14:46
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To えるふさん



毎度です。


──おぼえてらっしゃるだろうか? 2日目のカレーのえるふです。

覚えてますよ〜。ていうか、「2日目のカレー」で記憶のトリガーが一気に解放されました (笑) 。ナイスアシストです。そして「認証用キーワード:7777」のえるふさんでもありました (笑) 。

これ、意表を突く味わいで──勝手に酸っぱい酒だと思っていた──、安いし直汲みでガスあるし最高ですよ。

「新政 紫八咫」は呑んだことないですね。今季はタイミングが合えば「陽乃鳥スパーク」は拾いたいです。しかし、相変わらず、追ってますねえ、新政 (笑) 。「新政番」として28BYの新政で何か大きな動き──NO.6が超酸っぱくなった!とか (笑) ──などがあれば、是非タレコミお願いします。


──これからも楽しみにしています。末永く頑張ってください。

ありがとうございます。まだまだ余力ありますが、長く続けるなら今くらいがちょうどいいかなとは思ってます。ま、何か面白い事を閃いたらやらずにはいられないんですが・・・。

2017.02.13 Mon 18:03
Edit | Reply |  

Name - えるふ  

Title - おお!春霞。うまいっすよね。

いつも楽しく拝見させて頂いてます。おぼえてらっしゃるだろうか?2日目のカレーのえるふです。私もその春霞、美味しく頂きました。続いて大吟醸も頂いたのですが・・・あれ?こっちの方がうまくね?という感じでした。その後に新政の佐藤卯平衛を頂きフィニッシュ。贅沢すぎました。そして、その少し前に贔屓の酒屋さんで22BY新政、紫八咫を特別に譲って頂きました。いつ、どのようなタイミングで飲むかまだ決めてません、そしてまだ一度も飲んだことのない再仕込貴醸酒楽しみです。これからも楽しみにしています。末永く頑張ってください。
2017.02.13 Mon 15:38
Edit | Reply |  

Add your comment