◤萩の鶴 - 純米吟醸 Mグリーン 27BY ── dಠಠb「万一オレが<料理研究家>になったなら・・・」 



検索ワード:



haginotsuru_m_green27by3.jpg 萩の鶴の珍品です。去年は入れた近所の「マチダヤ」が今年は「別撰」を入れないようなので、じゃあどこで買うかなあと考えて、ボーっとしてたらアチコチで720mlが売り切れてしまい──今思えば「カネセ商店」で「長陽福娘」と同梱すりゃよかったんだけど──、こうなりゃ地元 (宮城) の酒屋でこっちで見かけない酒も一緒に買うかということになり、それで同梱してみた。「むとう屋」という酒屋さんのオリジナル商品で、検索すると、インスタグラムに地元民がカジュアルに上げてたりする。なんか催事場の販売イベントなんかでもサクっと買えるみたいね。

 詳しい醸造レシピは非公開ながら、どうも瓶詰めする前の新酒同士のブレンドを火入れ加水した酒みたい。「香りぷんぷん甘い酒を造ろう」というが酒屋のコンセプトのようなので、やや「色物」的な気配も漂ってはいるが、ここは前向きに「こんなん出ました」精神で楽しんでみよう。使用米は「宮城県産 蔵の華50、北海道産 吟風50」で (レシピは不明) 、日本酒度は「−6.6」で、酸度は不明。はて、通常の「萩の鶴」に「蔵の華」や「吟風」の酒、あったのかいな。よくわかりません。去年の12月出荷だけど、ずっと欠品になってて再入荷したので、たぶん27BYのバックオーダー分のはず。今度何かのイベントで会ったら造った本人に細かいことを訊いてみよう。

 ちなみに「別撰」だけど、今週末は開けないかも。ちょうど来週の土曜 (11日) 、共通の友人 (先日「海と」に行った人じゃない) がうちに飲みに来るので、そこでの乾杯酒にしよっかなーとか。ちょうど前回も来客時に「別撰」を開けたし、性分として、そういう輪廻に関しては、わりと韻を踏みたがる方 (笑) 。




haginotsuru_m_green27by1.jpg
 ▲かつて (20数年前) moukan1973♀も好きだったというライムスターのMUMMY-Dこと「坂間大介」氏。現在、ドラマ『カルテット』に「半田温志 (はんだあつし) 」役として出演中! いよいよ来週はメインキャストたちとの絡みもある模様!


haginotsuru_m_green27by2.jpg
 bottle size:720ml




SAKE GRADE:☆☆☆½

【289】萩の鶴 -はぎのつる- 純米吟醸 Mグリーン 27BY <宮城>

萩野酒造株式会社:http://www.hagino-shuzou.co.jp


Moukan's tag:




haginotsuru_m_green27by4.jpg 立ち香──そんなに甘やかでも華やかでもない。つうか、これ、そこそこ熟してる可能性アリゲーター。なんか微妙な香りだぞ (笑) 。そして、若干のアル感。なんか甘いよりも酸っぱい感じよ。特定のフルーツは発見できず・・・。強いて言えば、すもも?

 とりあえず呑んでみます──。

haginotsuru_m_green27by5.jpg つうか、どちらかと言うと酸っぱい酒じゃん (笑) ! なんかツルピカなモダン仙禽27BYから、更に少し〝攻めっ気〟を抜いたような味わい。予想に反して熟味こそないものの、アフターには若干の木香があって、まるでオーク樽のような渋み&スモーキーさがある。そうね、「山本 - 和韻 純米吟醸 ワイン樽熟成」を呑みやすくしたようなニュアンスというか。ただ、「レモンの一滴」のような酸のコアがある点は嫌いじゃない。旨みやエキス感はペタンコで、液体としては若干のポヨみ (ポヨポヨした弾力性) もありつつも、全体の飲み口は痩せてるっちゃ痩せてるし、平面的っちゃ平面的だし、なんとも微妙な仕上がり。

 でも、ALC.15度のわりに飲み応えはそこそこあるから、酒として「薄い」という感じはないかな。甘みはどうだろう。ややアフターの余韻の中に〝小さなベタつき〟があって、そこで甘みが少しザラザラと舌に絡みつく感じ。なんというか、全体としては酸っぱいんだけど、最終的には甘い酒を呑んでる気分になるというか。ややファニーなチグハグ感。


haginotsuru_m_green27by6.jpg これ、リーデルの方が良さそうだね──。

 さらにウッディー感と甘みが前に出て、言われなきゃ「山本 和韻 純米吟醸 ワイン樽熟成」と間違える (笑) 。徐々に「宮城県産 萩の桃」が出てきた。苦しゅうないけど、まあ、典型的な☆3.5ですね。

 ド頭がドカーンと甘く、そして必ずしも口どけがいいタイプではなく、すぐに酸っぱみが逆転して、退けにかけては少しザラザラした繊維質な余韻の中で少しベタっとした甘みが重なる流れ。別にリーデルがイイわけじゃないな。ちょっと相対的に甘く感じる時間帯が多くなる。それほど旨みが広がる感じでもないしね。

haginotsuru_m_green27by7.jpg グイ呑み返し──。

 ちょっとベタつく甘さかなあ「ジューシイ検定」でギリギリ不合格になる感じ。やっぱ、旨みやコクやエキス感をわかりやすく象るための球体感がほとんどないことが問題なんだな。それでも「水」としてはそこそこ麗しいので、苦しゅうないレベルでは呑める。まあ、オレが酒屋なら、試作品の段階でNGを出す感じではある。蔵元は日頃の感謝も込めて、ある意味で仕方なく「やってやるか」程度の気持ちかもしれないけど、 一度出来上がってしまえば、造った側より造らせた側のセンスとバカションが問われるからね


haginotsuru_m_green27by8.jpg どこまでもややウッディー。明らかにこれは要らない。今ちょっと思ったんだけど、これ、もしかしたら28BYなのかなあ。というのも、先日呑んだ新酒第一弾「しぼりたて純米 生原酒」にも似たような木香あったんだよなあ。去年はなかったはずなんだけど・・・。

 とはいえ、ボトルが奇跡的にオサレなので、うちの料理酒をこちらの空き瓶に移します。万一オレが「料理研究家」になったなら、撮影時、この瓶は相当にフォトジェニックになること間違いない。

 最後の一杯を呑んでるけど、「甘酸っぱい」のでなく「酸っぱ甘い」という流れ。「日本酒」っぽくないという点においては素人を騙せたとしても、他方「イイ日本酒」っぽくないという点においてはオレを騙すことはできない。ただ、唯一いいところもあって、この後、寝ずに清書ができるほどには、イイ感じに酒が軽い。


moukan1972♂






日本酒 萩の鶴 日輪田

Comment

Add your comment