◤正雪 - 純米吟醸 別撰 山影純悦 うすにごり生 藍ラベル 28BY ── dಠಠb「静岡吟醸 vs 酸、足りてない芸人」#Nigori, Fruity, Sweet 



検索ワード:



shosetsu_nigori28by2.jpg 毎度です、「酸、足りてない芸人」ことmoukan1972♂です。

「だったら酸っぱい酒を買えよ!」──by 少なくない読者たちの声

 違う! それは論点が違う! たとえば、焼き鳥! もうちょい塩! そんな時がキミにはないか!? それは「だったら塩辛でも食ってろ!」と言うことと同じだとは思わないか!? つまり、DA! オレは「酸、足りてない芸人」ではあるが、断じて「酸っぱいの大好き芸人」ではヌワイのでR-44!

 さて、「磯自慢」と並び、静岡吟醸界の老舗エース「正雪」です。杜氏の山影純悦氏は、2013年に、静岡県の酒蔵としては初めて「卓越した技能者 (通称:現代の名工) 」に選出されました。個人的にあまり得意ではない「静岡吟醸」ではあるけれど──特に苦手意識はないので、本当に「旨い!」と思える酒に未だ出会っていないだけかもしれない──、いろいろブツクサ言いながらも買ってしまうのは、オレの深層心理に潜む、静岡吟醸に対する「屈折した憧憬」ゆえなのだろうか。これでダメなら、本当にしばらくは買いません──いや、きっと買う (笑) 。


shosetsu_nigori28by4.jpg 今回はたまたま他の酒を買う用があって、唯一ネットでそれを売っていたのが静岡の酒屋で、それで「なんか同梱する酒はねえかなあ」とHPをちょこちょこ見てたら、ちょうどイイ感じの季節商品があったので、それで買ってみた。スペックは山田錦50の薄にごり生。これ、同じ「山影純悦シリーズ」の赤ラベルのオリ生ヴァージョンという理解でいいのだろうか。なんか地元の酒屋以外では扱いが少ないみたいね。写真で見るとわかる通り、そこそこしっかりした量のオリがあるけれど、当然の如く上澄みハンターとして、先ずは上澄みから頂きます。祈ります。




shosetsu_nigori28by1.jpg
 ▲これからみんなでコイツをメロンジュースにするところです。良い子の皆様は絶対に真似しないように。イジメです。


shosetsu_nigori28by5.jpg
 ▲1cmくらいあるので、撹拌すればしっかり濁るでしょう。


shosetsu_nigori28by3.jpg
 bottle size:720ml




SAKE GRADE:☆☆☆☆

【286】正雪 -しょうせつ- 純米吟醸 別撰 山影純悦 うすにごり生 藍ラベル 28BY <静岡>

神沢川酒造 (by 静岡県酒造組合):http://www.shizuoka-sake.jp


Moukan's tag:




shosetsu_nigori28by6.jpg 立ち香──穏やかながら、ピンポイントで酸も伸びてくるので、ちゃんと実体的なフルーティネスを強く感じる。オレの数少ない経験の中では、静岡吟醸って、だいたい粉っぽいバニラや靄 (もや) がかったメロンなんかが飛び込んでくるんだけど、これは果実感メキメキの桃があるじゃんよ。静岡吟醸でここまで力強くフルーツを感じるのは初めてかもしれない。静岡吟醸的な清楚系セメダインのほころびから、マスカット的な甘酸なんかも伸びてくる。でも白桃だな。そして、白桃的な──繊維質を思わせるセメダインもチラリ──つまり、モモダインです。やや期待できるか。

 まずはいつものようにmoukan1973♀に毒味させる──。

 ♡☺♡「旨い〜。果汁か!?

 含みます──。

shosetsu_nigori28by7.jpg あ、いいかも。ガスは全くない。ややシロップっぽい甘さはすぐにほどけて、退けにかけては静岡吟醸らしい、パウダリーな苦み&サラサラ感をまとって、一陣の風が砂状の米粉を吹き荒らしながら通り過ぎたかのような余韻を残してフィニッシュ。

 小さな球体感をチラ見させつつ、なんとも小粒に麗しくジューシイな飲み口。ま、これならオレも苦手には感じない。ただ、生酒だけあって、さすがにそれぞれの五味の発散はそこそこエネルギッシュで──甘みも苦みも辛みも同等レベルにドーンと発射される感じなので、直線的な時間軸の中で捉えるなら、やはり味曲線の最終段階である「苦み」に少しフォーカスしてしまいがちなバランスではある。酸とアタック少なめの「萩の鶴」みたいなニュアンスもありつつ、桃組の後輩「東洋美人」よりは実体感のある果実味もあるように感じる。メロンっぽさもあるけど、意外にも強く前に出るのは、歴然と白桃。

 ♡☺♡「ちょっと苦いな。どうして最初の一口目って旨く感じるんだろう (笑) 」──単に酒に飢えていただけだと思うよ。

 とはいえ、確かに徐々に正真正銘の静岡吟醸なルックになってきた (笑) 。それでも「磯自慢 レギュラー本醸造」なんかに比べれば遥かに楽しいし、旨い。「好きか・嫌いか」で言ったら、やっぱあんま好きなタイプではないけれど、呑んだ瞬間、他の静岡吟醸とは明確に異なる差別化された属性を感じれるので、ここにハマれる人には素敵な酒なんじゃないかな。今のところ、☆4は確定的。


 オリを絡めて──。


shosetsu_nigori28by8.jpg うん、まろやかになった。特に甘くも苦くもならず、味はそのままに「サラサラの中華スープ」が「あんかけスープ」になったような変化です。

 ♡☺♡「けっこう好きですよ、わたしは、撹拌後」──なぜか倒置法で喋るmoukan1973♀。

 まあまあかな。可もなく不可もなくのHBフィールド (へいぼんふぃーるど) から老獪に抜け出すくらいにはこなれたwell-made感もあるにはあるが、オレ個人がトキメクことは特にない。ちゃんと旨い酒を飲んでる気持ちにはなれるけど、やっぱオレにとって静子さんは心奪われるタイプの美人ではない。

 2日目は「ちょっと苦いかなあ」と最初は思うけど、そこそこキュっとコアに向かって五味が収斂していくジューシイさもあるので、ド頭がベタベタに甘い割りにスッキリ呑める。ま、最初から撹拌して、ホームパーティーの乾杯酒として飲むのが一番喜ばれるパターンなんじゃないかな。結構甘いっすよ。


読者:DE、モウカン、この酒もやっぱり酸は足りてないの?

dಠಠb:っタリメエよ!



moukan1972♂moukan1973






日本酒 正雪

Comment

Name - moukan1972♂  

Title - To アイオライトさん

──長陽福娘の常温放置がどう育つのか非常に気になるので飲んだら是非レポートお願いします。

密かに呑んで黙っていようと思っていたんですが (笑) 、リクエスト頂きましたので、軽く記事内で更新かけますね。12月11日から放置してるので、ぼちぼちイイ感じです。そろそろ冷蔵庫に移します。あまりお燗で冴えなかったので、それで放置してみました。「コーヒー牛乳化」を希望してるんですが (笑) 。

ちなみに「山田錦55生熟」は氷温で1年みたいですね。スペック的にも「山田錦55」は他で見ないので、マチダヤ専用タンクかもしれません。


──買ったエロ本よりその辺に落ちてたエロ本の方が興奮するみたいな。

これ、「昭和ノスタルジー」と理解してます (笑) 。あの頃、なんであんなに川辺に落ちてたんですかね。僕が小学1〜2年頃は「野犬の群れ」もいたので、今考えると怖い時代ですね。

「昇龍蓬莱」の特純古酒ブレンドは26BY以降、まともに売ってるところを見てない気もするので、気分でリリースしたスポット商品かもしれないです。ここの蔵も、割りと毎年毎年マイナーチェンジしますからね。ちなみに「昇龍蓬莱」の「槽場直詰シリーズ」は火入れとはまるで異なるパワフルな生酒です。一番のオススメは「阿波山田錦77」で、漢イズム全開のハードな酸っぱ酒ですね。今年も買います。「雄町60」「阿波山田錦50」より断然イイです。

四六式、今季は買ってみます。僕は「Queeen」が大好きなんですが、実は「残草蓬莱」はこれしか飲んでないので、今年はいろいろ攻めてみようと思ってます。
2017.02.01 Wed 18:00
Edit | Reply |  

Name - アイオライト  

Title - 

ご返信ありがとうございます。
長陽福娘の常温放置がどう育つのか非常に気になるので飲んだら是非レポートお願いします。
山田錦55 生熟も旨そうですね。マチダヤまで行く機会がなかなかとれそうにないですが、良く行く穴場的酒屋が長陽福娘を扱ってて、売れ残りを何気なく混ぜて陳列してたりするので、ちょっと探してみようかな。
まあ、モウカンさんの常温放置の結果次第では自分で買って自家熟成させちゃうのもアリかなと思ってます。こだまさんなんかが得意とする、酒屋による計画性ある熟成も楽しいですが、無計画で適当な自家熟成の結果、意外に旨かった、みたいなほうがよりテンション上がります。買ったエロ本よりその辺に落ちてたエロ本の方が興奮するみたいな。

昇龍蓬莱に関しては、スペック忘れましたが過去に一度飲んだことあるので味の傾向は掴んでるつもりですが、その時はまだ燗の味がわかってなかったから復習するいい機会ですね。おすすめの3年古酒ブレンド、もしくは熟成系のスペックを探して飲んでみます。ちなみに残草蓬莱、特に四六式はオールタイムフェイバリットです。
2017.02.01 Wed 12:32
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To マイルドさん

毎度です。

おっ、なんともタイムリー。
さすがは福島ですね。持ち寄る酒が全国レベルではマニアック (笑) 。検索したらまるめち氏の記事 (直汲み) がヒットしましたが、これが検索によくかかりますね。

自然郷 純米吟醸 直汲 セブン 中取り
http://marumechi.blog.fc2.com/blog-entry-482.html


──「人たらしの村祐」みたいな(笑)
──ただ、「酸は足りてない」ですよ(笑)


「酸」への気遣い、ありがとうございます (笑) 。
ですが、意外に僕、「村祐」の常盤、好きなんですよ。実は近所の酒屋 (マチダヤ) で買った一升瓶のうちの、最初の5本に入るくらい、キャリア初期に飲んでますが、すごく印象に残ってますね。あのハニーでツルピカな甘みは他ではなかなか体験不能ですからね。キャラは違いますが、去年秋の「茜の生熟」もよかったですね。これでますます気になりますね、「special ver」。


──この自然郷「大木大吉本店」の「泡々にごり 活性酒 舟出」について 「上澄みハンターの会」会員として報告があります(笑)

ありがとうございます (笑) 。
今季はまだ「最強上澄み選手権2017」に当ブログからエントリーできるほどの酒に出会ってませんので、引き続き、予選継続中です。「舟出」は検索にヒットしました。

自然郷 泡々にごり活性酒舟出
http://store.shopping.yahoo.co.jp/sakenosakuraya/sizenn-funadasi-1800.html


上澄みに七色のフルーツ光彩は出てなかったようですね。
ガスが強いと、そこからフルーティネスが発散するのは難しいんですが、稀に「それ頼むから自動販売機で買えるようにしてくれ!」というような銘品もあるので、今季もそういう酒に出会いたいものです。


──わたしも「酸、足りてない」ということが気になっています。「酸」が飲み口の最後に すべて包んでパキン!と薄い氷の輪のように円形にまとめてくれる みたいな感覚がほしいなと思います。

「酸」と言うと、「酸っぱみ」だと思われる人も中にはいるかと思いますが、そうなんですよね、「まとめ係」なんですよね。僕はよく「度の合ったメガネ」に喩えてますが、五味の視界をクッキリさせてくれるモノだと今は考えてます。「味わいの輪郭」を「クッキリ」させる役割というか。

「酸使いの達人」と言うと、やはり「長陽福娘の山田錦生」でしょうね。今季はまだ買えてませんが、取り置きに成功したので、近いうちに飲んでみます。「篠峯」なんかも同様に達人ですが、27BY以降は「達人見習い」程度なので、28BYで☆4.5を付けたら是非飲んでみてほしいですね。あと、僕は「冩樂」なんかの「酸」も買ってるんですよ。旨みやコクをキレイに縁取ると、キレイな球体感が出てきますよね。そう考えると、「酸=球体の表面」という感覚もあるかもしれません。

今、ササっと「SAKE INDEX」を見返すと、

◤若竹屋 - Debut 純米 無濾過生原酒 27BY
http://moukan1972.blog.fc2.com/blog-entry-645.html

このへんもなかなか「イイ球体感」ありましたね。表向きの酸っぱみはそれほどでもないですが、思い返すと、「これも酸」という感じですかね。


2017.02.01 Wed 11:17
Edit | Reply |  

Name - マイルド  

Title - 

こんばんは

「自然郷セブンspecial ver」がコメントに出たので
コメントの割り込みみたいですいませんが。

「自然郷セブンspecial ver」は、先日の飲み会で
持ち込みしてくれた人がいて、あっという間になくなったので
私は少ししかいただけませんでした。
そして持ち込みしてくれた人も「頂きものだから売ってる店はわからん」
との返答でしたので、通常版の「自然郷セブン」は見かけますが
「special ver」は見かけないので、売り切れているとしても
リンク先は興味があります。

少ししか飲めなかったのですが、「人たらしの村祐」みたいな(笑)
普通の村祐だったら好き嫌いわかれるかもしれませんが、
これは「誰にも嫌われないタイプの村祐」か?と思いました。
ただ、「酸は足りてない」ですよ(笑)
足りてなくても、嫌いにならないタイプかも(笑)

この自然郷「大木大吉本店」の「泡々にごり 活性酒 舟出」について
「上澄みハンターの会」会員として報告があります(笑)
というか、本当はこれをどこかでコメントしたいなあと
思っていたところでの「自然郷」降臨!だったので。

4合瓶、にごりはクッキリと分かれていて2センチほど。
開けてすぐの上澄みは、
「天然水で仕込んだミネラル感たっぷりの苦い無糖サイダー」でした。

常温に近づけばお米の甘みが控えめに出てきます。
撹拌すると、「アンバサ系」でした。
酸が足りないから、「カルピス系」にならないです。
うまいかまずいか、というよりも、これはこれでいいと思います。


わたしも「酸、足りてない」ということが気になっています。
飲んで含んで、最後に「酸」が包んでくれる?というか
「キレる」のではなく、なんだろう、「酸」が飲み口の最後に
すべて包んでパキン!と薄い氷の輪のように円形にまとめてくれる
みたいな感覚がほしいなと思います。


2017.02.01 Wed 02:42
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To アイオライトさん

アイオライトさん、こちらこそはじめまして!

確か「日本酒感想日誌」のコメ欄でお見掛けしたような。

──今、確認しました──

こちらこそ宜しくお願い致します。

「開運」の無濾過生は毎年買おう買おうと思って3年目になります。近所の酒屋で扱いがあるので、今年こそは買います!──オレの静岡旅行はまだまだ終わらない (笑) 。


──基本的に好きな酒は神亀や秋鹿に代表される、いわゆる燗上がりするタイプの太め純米系が多いですが
──生酒を常温で自家熟成させたりしてます。酒屋で売れ残りの自然発生的熟成酒を見つけるとテンションあがるタイプの人間です。


なかなかの好事家ですねえ。そういえば長陽福娘の「山廃純米生」を300mlの小瓶に採って、現在「絶賛常温放置中」です (笑) 。ちょっとギスギスしたミネラル感があったので、角を取ってます──取れるかはわかりませんが。ぼちぼち飲み頃になってそうなので、ちょうど近いうちに開けようと思っていたところでした。


──最近の好みの傾向はアタックが柔らかくて旨みが程よくあり、キレよく苦みが少ないものを求めてます

「昇龍蓬莱」の特別純米なんか好きだと思います。ここの蔵元は「神亀」に憧れて酒造りに本腰を入れるようになったみたいなので、通奏低音に似たようなタッチを探せます。こちらの方がやや都会的で洗練されてますが、「3年古酒ブレンド」というヴァージョンがあって、これが神亀ライクなテイストがあって、最高に燗上がりするんですよ。きっと既に飲んでるかもしれませんね。

「自然郷セブンspecial ver」は全く知りませんでした。見たこともないです。ちょっと気に掛けておきます。ありがとうございます。「直汲み中取り」は検索に引っ掛かるんですが、もしも直リンクのページがあれば教えて下さい。

そうそう、長陽福娘なんですが、ちょっと手に入れるのは面倒なんですが、味ノマチダヤのオリジナル商品で「山田錦55 生熟」というのがあって、山廃純米が好きなら、たぶん、これもイケると思います。眩い酸がピーキーな直汲み系とは異なり、かなり柔らかな和み系の長陽福娘です。人間の性格換算だと、直汲みとは真逆のキャラですね (笑) 。生でもスイスイ飲めます。

◤長陽福娘 - 純米吟醸 山田錦 生熟成酒 26BY
http://moukan1972.blog.fc2.com/blog-entry-168.html


毎年秋〜年末に出るんですが、去年は春にも入ってきましたね。わりといつまでも売れ残ってるので、機会があれば是非。僕も見かけたらブログ内で報告するようにします。なんだかんだでマチダヤには週に1度は行きますので。


──あ、それからブラックミュージック好きなので音楽の記事の方も楽しみにしてます。僕の専門は70年代で80年代以降は弱いのでいつも勉強させてもらってます。

'70sメインと言うと、逆に僕の弱いジャンルですね。僕は「洋楽の延長」ではなく、'80sファンクやダンスクラシックス、NYハウス経由でGarageクラシックスなんかを通じてのみ'70sに接するので、Rare GrooveやFree SoulやNew Soul系は「ほぼ」無視してここまで来ました (笑) 。かなり偏った聴き方をしてますので、穴だらけですが、なにかジャストフィットする曲を紹介できればと思います。


開運の生は必ず買います (笑) 。


moukan1972♂


2017.01.31 Tue 13:18
Edit | Reply |  

Name - アイオライト  

Title - はじめまして

はじめまして。数か月ROMって(死語)おり、いつかどっかのタイミングでコメントを残そうと思ってましたが我慢できなくなりました。これからよろしくお願いします。

さて、個人的に静岡酒といえば、間違いなく開運がトップランナーだと思ってます。INDEXを見る限りでは取り上げてらっしゃらないようですが、お飲みになったことはありますか?もしないならぜひ。開運を知らずして静岡酒を語れません。逆に、開運を飲んでダメだったら完全に静岡は合わないと判断していいんじゃないかと。できれば無濾過生がいいと思いますが、まあこの蔵は基本どのスペックでも同じ味の傾向を守ってるので、生がなければ火入れでも大丈夫だと思います。

ちなみに自己紹介兼ねて私の話をさせてもらうと、基本的に好きな酒は神亀や秋鹿に代表される、いわゆる燗上がりするタイプの太め純米系が多いですが、純米信奉者でもアル添否定派でもありません。甘辛にもこだわりはないですね。熟成系も大好きで生酒を常温で自家熟成させたりしてます。酒屋で売れ残りの自然発生的熟成酒を見つけるとテンションあがるタイプの人間です。

最近の好みの傾向はアタックが柔らかくて旨みが程よくあり、キレよく苦みが少ないものを求めてますが、そこにがっちりハマったのは自然郷セブンspecial ver.でした。こちらも飲む機会があればぜひ。

あ、それからブラックミュージック好きなので音楽の記事の方も楽しみにしてます。僕の専門は70年代で80年代以降は弱いのでいつも勉強させてもらってます。
2017.01.31 Tue 12:39
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To 酒バカさん

毎度です。

思わぬところで仲間ができて心強いです (笑) 。
若干「美酒の押し売り感」があって、素直になれない自分が常にいます。

前年とキャラ違いすぎ問題」──これ、造った本人はどう思ってるんでしょうかね。「27BYの屋守」とか凄まじかったですからね。これを26BYや25BYと同じ銘柄だと当てられる人がいたら、疑いようもなく「神の舌を持つ天才」ですね。最近の「鍋島」も「偽物より偽物」で驚きますが (笑) 。

なにかブレイクスルーした当たり酒があれば、是非御一報ください。



2017.01.30 Mon 20:37
Edit | Reply |  

Name - 酒バカ  

Title - 静岡酒

同じくあまり好きではないです
うまい!!!!!!
っていうのに遭遇した経験がないです
好みのもんだいなんでしょうけど
今では年に1本ぐらいしか買って
ないです。

ここ数日、開ける酒が軒並み
イマイチで、というか前年とキャラ
違いすぎ問題にやられてます。
料理酒が溜まっていく(笑)


2017.01.30 Mon 19:53
Edit | Reply |  

Add your comment