◤恵信 (ゑいしん) - 山廃仕込み 純米大吟醸 直汲あらばしり 生原酒 27BY ── dಠಠb「moukan1973♀、かく語りき、♡☺♡『今週呑んだ中で一番旨い!』──オレも強くそう思う」#Fresh, Sweet, Umakuchi 



検索ワード:



最近いいなと思ったお酒で、モウカンさんがまだ飲んでなさそうなの、一つあげてみたいと思います

eishin_yamahai_jundai27by3.jpg つまり、読者さんオススメの恵信 (ゑいしん=えいしん) です。初めて呑みます。最近は読者さんがいろいろ薦めてくれるので助かってます。おそらく読者さんも、自分の薦めた酒がまるでBOOKのような記事になることに快感を覚えはじめているのだろう──オレが手抜きできないことを知ってか (笑) 。

 見たことも聞いたこともない銘柄だけど、地元銘柄は「君の井」で、この「恵信」は全国で2店舗しか扱いがない模様。そしてこの直汲みヴァージョンは「小山商店」のオリジナルのようで、ラベルの左下には「喜八」の印が押されています。オレは新潟の酒屋から通販したけど、要するに「小山商店」がここに卸してるという理解でいいのだろうか。


 ▼左下に「喜八」の刻印。
eishin_yamahai_jundai27by5.jpg なんでも「小山商店」が主催している「第77回 多摩独酌会」で4位になったんだとか。あんまそういうの気にしたことないけど、それで幾つかのブログ記事にも引っ掛かったようだ。どれも簡易な記事ばかりなので──オレが異常なだけとも言うが──、オレが日本で初めて「恵信」をしっかりシツコク記事にします (笑) 。お燗もやりたいし、ここは一つ〝漢らしく〟一升瓶で買ってみたよ。

 ラベルには書いてないけど、「山廃仕込み」みたいね。蔵元のHPを見ると山廃に対する強いこだわりと自信があるようだし、実際、オレが買った店のHPには「山廃仕込み」と書いてあった。原料は「麹米:越淡麗、掛米:五百万石」で、磨きは50、数値は「日本酒度:−2、酸度:1.8、ALC:17」なので、ちょっと甘みの出てる山廃なのだろうか。「原酒」の表記はないけれど、どうやら「生原酒」のようなので、そこそこ呑みごたえはありそうだ。


 ◤マイ日本酒探し
 君の井酒造は伝統の技を大切にする蔵です


 上記のブログによると、杜氏の早津宏氏は昭和32年生まれの59歳で、蔵に入って40年のベテラン。イマドキのモダン山廃と対極を成すようなアダルト山廃と言うと、オレの中では☆5の「克正 - 山廃純米 雄町65 無濾過生原酒 27BY」が基準なので、まずはこのへんとの比較をしつつ味わってみよう。個人的な嗜好を言うと、山廃生は「日本酒度が高めのくせに甘いじゃないかコノヤロウ」という味わいが理想なので、そこは「日本酒度:−2」がどう出るか。

 それではいただきます。クワナリ期待です。




eishin_yamahai_jundai27by1.jpg


 ▼「3月製造」の「12月出荷」なので、そこそこ寝てます。
eishin_yamahai_jundai27by2.jpg
 bottle size:1800ml




SAKE GRADE:☆☆☆☆½ (※開けたての最初の一杯目は問答無用の☆5)

【285】恵信 -ゑいしん- 山廃仕込み 純米大吟醸 直汲あらばしり 生酒 27BY <新潟>

製造蔵元:君の井酒造 株式会社http://www.kiminoi.co.jp


Moukan's tag:




 立ち香──香りは思っていたよりもクワナリ穏やか。液面が動いてない状態の今だと、磨き50の大吟醸スペックを思えば、「ほぼ無臭レベル」と言える。やや生熟ライクなムチっとしたタッチもあるけれど、「ウっ」となるほどじゃない。ま、我々は生熟耐性ツヨメッシュなオトナなので、そこそこ突き進んでても屁でもないけれど。

 ひとまず呑んでみようか。グラスに注いだ後の方が香りもわかりやすいだろう──さっそくグラスに注いだら、瓶口からしっかり熟香が顔を出してきた。やや「ボンタン飴」ライクなモッチリ感もあるよ (笑) 。

 含みます──。


eishin_yamahai_jundai27by6.jpg はい、これ好きー。ひとまずは☆4.5からスタートしようか。

山廃仕込み」ということだけど、全然酸っぱくないね。「乳酸」もない。ただし、ややネリネリした甘み&旨みが広がろうとすると、それを潔く手仕舞うプレス力においては、十分に縁の下の力持ち的な酸はある。ネリっと来そうになったらピシャリってね (笑) 。そして、それなりに磨いてるので、そこは飲み口が極めて滑らか。もっと雑味があっても全然OKなんだけど、これは予想を裏切る流麗さ。ガスは微かに残ってる。

 個人的に「あらばしり」って「薄い」──というか「ジュース」みたいに感じることが多くて、ガブガブ呑めるのは楽しいけれど、実はそこまで強い興味を持てないケースが多いんだよな。でもこの酒は、そこそこ寝てるせいなのか、液体としての粘度もモッチリと育っていて、「あらばしり」的な香味豊かなライトな甘みがテロんとした光沢感を獲得しているニュアンスがちゃんと分かるから、「軽さ」「滑らかさ」の中にもふくよかな質感があって、「薄い」と感じる時間帯は全くないし、同時に「重い」とか「濃い」ともオレは一切思わない。

 もしもこの酒を呑んでそう思う人がいたとすれば、それはアナタの舌が「山廃」における旨みのプレス作用に関してヴァージンだから。もしくは「山廃=ドッシリ」という古来のイドラ (先入的謬見) がもたらした蒙昧の林に未だに迷い込んでいるから。

 今日 (木曜) も一人だけど、これはmoukan1973♀も確実に好きだね。

 フルーティネスの発散は極めてスリムで可憐。「山廃生」でここまで小粒に麗しくジューシイな酒って他にあったかなあ。これ、かなり好きです。特定のフルーツや香りで押し切る酒じゃなくて〝嚥下の快感〟で攻めきる酒。これ、ホントにゴクゴク行っちゃうね。それなりに磨いてる「山廃生」──これは存外にいいです。ああ、☆5に向かって爆走してますよ。これでお燗が最高だったら文句ナシの☆5だね。もしも☆5が付けば、今年に開けた酒では初めてになるんじゃないか? やるなあ、あらまさん (笑) 。

 いいね。ちょうど昨日 (水曜) 「不動」を呑んだじゃん? 実はあの甘みについて「山廃仕込みならキレイに整理整頓されるんじゃないか」と思っていたんだけど、今ちょっと調べたら、あるじゃん、「不動の山廃生」──これは必ず今年買います!

eishin_yamahai_jundai27by7.jpg この酒もド頭は甘いんだけど、手仕舞い感がハンパなくいいね。これはオレの「山廃理論 (仮説) 」を補強する「旨みのプレス作用」そのものの効果だと思うよ。

 これね、要するに「甘み&旨み」の片づけ方の問題なんだよ。ちゃんと仕上げた山廃生は、それはそれは、甘みや旨みの暴れやフラつきが少ない酒になります。旨みが膨らもうとすると上からピシャリと「お黙り!」、甘みが伸びようとすると横から強制プレス (笑) 。よく「山廃らしいドッシリした」とか言うヤツ (主に酒屋) がいるけど、オレに言わせりゃ何も分かってないね。この旨みのプレス作用ですよ、五味の手仕舞い感ですよ、ドッシリどころか、誰がどう呑んだって「速醸の不動」の方がドッシリしてるし、それはオレの見立てでは銘柄上の属性ではなく、「速醸」か「山廃」かの違い。

 グラスチェンジしようか──。


eishin_yamahai_jundai27by10.jpg 新潟酒なので軟水仕込みのはずなんだけど、ガスによるギザギザな苦みがあるゆえ、仮想ミネラルあるね (笑) 。退けにかけてのアルコールのアタックも多少あるけど、ド頭の甘さを回収するためにはむしろ必要でしょ。要は全体のバランスなんだよ。しかし、これはいちいち気持ちイイ酒だなあ。生熟ライクな、少々ブチャけた甘旨が苦手じゃなければ、これは相当イイと思いますよ。薄ぅ〜く酸によるコーティングがあるので、まるで仕切り上手な小学校教師のように、生徒が一斉に騒ぎ出しても、手際良く楽しく、教室の喧騒を収めていきます。

 ただし!

 徐々に「甘」が勝ってきます。ここであと一歩、「山廃らしい酸」の押しがほしいです。五味のダイアグラフの中から、徐々に苦みやボンタン飴ライクなテロテロ&モッチリ感が前に出てきます。これらの暴れを手際よく回収するには、少し酸が足りてない──徐々に酸先生も疲れてきて甘生徒が言うことを聞かなくなってくる。あらばしり的なジューシイさ、滑らかさ、そこは楽しいしウキウキだけど、どうしても、オレの言うところの「味が流れてしまう」という瞬間が徐々に増えてくる。そこは満腹感や飲むシチュエーションにもよるだろうけど。

 残念、☆5に届かず!

 やっぱ、そのへんの手仕舞い感、プレス作用の塩梅は、「克正 - 山廃純米 雄町65 無濾過生原」には及ばないですね。ただし、これは一升瓶で買って正解でした。実は今は木曜なんだけど、金曜は「ふなぐち菊水」を呑むので、その後にこれがあることは大変心強いです (笑) 。

eishin_yamahai_jundai27by9.jpg お燗──。

 香りは益々「ボンタン飴」 (笑) 。やっぱ少し酸が足りてないから、なんか水飴みたいな甘みになってしまい、フルーティネスの構築に少し及ばない甘酸比率になってしまう。そこは非常に惜しい。

 含みます──。

 ミルキーな旨みの広がりが出てきたけど、ちょっと辛みも出てきましたかねえ。そして、やはり酸が足りてないので、お燗だと「速醸」との違いが出にくいという事態に陥る。燗冷ましは極甘だけど、余韻のアルコール・アタックは逆にスパルタ。まあ、そこそこいいけど、「お燗サイコウ!」とはならないかな。


eishin_yamahai_jundai27by12.jpg RS返し──。

 ちょっと甘いかなー。「甘い」というより「酸不足」な感じだけどね。キュっと手仕舞う流れはいいけど、余韻のホロ苦さが徐々に出てきた。もうオレもそれなりに酔ってるし、続きはまた明日だな。ただ、このままなら、☆5はない。これ、フレッシュ・コンディションだったら、もう少し分かりやすく酸っぱかったんだろうか。その方がフルーティネスの発散は強そうだけど、今の状態だと、わりに「おばあちゃん的な優しさ」に満ちた甘やかさとは言えるだろうね。孫に甘い、菩薩な、あの感じだよ (笑) 。

 まあ、若い子は下手に手を出さない方がいいでしょう。これはジイイとババアの癒しを約束する酒であって、ガキ舌がジュースみたいなフルーティー酒を呑んで「キタ━━━(゚∀゚).━━━!!!」とアガる酒ではありません。これ、2日目以降の酸化に期待かな。あらまさんは後日呑んだらイマイチだったようだけど、1日や2日くらいなら問題ないっしょ──と、少し時間が過ぎてJO (常温) に戻ったら、しっかり酸も出てきました。やや渋いけど、オレ的には全然許容。

 moukan1973♀が帰宅後に一杯だけガスの残ってる状態で呑んだら、♡☺♡「今週呑んだ中で一番旨い!」と言ったよ。それはオレもそう思う。もうちょい酸によるプレス感、手仕舞い感があれば☆5だけど、山廃としては、オレの嗜好おいては少し甘すぎ。




── 2日目。



eishin_yamahai_jundai27by11.jpg



「菊水」後だから、さぞかし旨いだろう (笑) 。

 うん、やっぱ水飴っぽい、ボンタン飴みたいな甘さだね。

 GA!──なにこの超絶美酒 (笑) 。

eishin_yamahai_jundai27by13.jpg いいっすね。ガスはすっかり抜けました。酸化アシストもあって、初日より俄然オレ好み。初日のクリアネスは後退したけど、オレは少しジリジリ&ザラザラした硬めのテクスチャーを感じる2日目も好きだけどな。つうか、菊水の後遺症が・・・。

 徐々に苦みのアタック出てきたかな。つうか、菊水の後遺症は予想外にキツイ (笑) 。今日はマトモには書けないな。

 ラフなイメージを平均的なブログのようにツラツラと──。

 やっぱ少し甘い──というより、甘みを回収するための「山廃的な酸」が少し弱い。旨みもしっかり出てるし、退けに掛けての辛みアタックもあるので、なんか速醸みたいなアフターになるんだよな。もうちょい甘みや旨みに対するプレス感がほしい。もっとペタンコにしていいよ。

eishin_yamahai_jundai27by14.jpg でも旨いっす。リーデルいいね。堂々たる☆4.5ですね。ここに迷いはない。温度が上がってくると、わた飴みたいな、カンロ飴のような、黄色い香りが (笑) 。ちょっと甘やかさにノスタルジーな野暮ったさがあるけれど、まあ、なかなかにいいキャラしてる。そして、まるで餡子のような粉っぽいテクスチャーも実にノスタルジック。この酒は夏のお祭り時期に呑むと風流だと思います。毎年3月にドロップされるなら、ちょうど7月頃には飲み頃に育ってそうだしね。





── 3日目。



 ようやく追いついた、今は土曜の夕方!
eishin_yamahai_jundai27by15.jpg



 夕食前に軽く乾杯。旨いね。ただし、夫婦共通の見解としては、やはり、もう少し酸はほしい。ここは譲れないかな (笑) 。別に甘口の酒としては言うことないけど、なんかそれだと「速醸」とあんま変わらないんだよな。せっかく手間の掛かる「山廃」なんだから、そこは違いを感じさせてほしい。

 それでもコアには小さなの点のような酸はあるけどね。すでに超飲み頃なので、気になる人は是非。中年を癒す美酒であることは誰にも否定しようがないと思うよ。基本はRSだろうね。お燗は火入れにしないと、良さが出ないと思う。

 また後で呑むけど、本日の更新はありません。

 あらまさん、イイ酒の紹介、ありがとうございました。ホント買ってよかったです。これ、28BYのフレッシュ・コンディションも知りたいので、たぶん買うと思います。特に3日目も劣化はないですよ。イイ塩梅です。温度が上がるとむしろ甘すぎるくらいです。RSのパツンと張りのあるBody状態で呑むのがオレは好みだけど、moukan1973♀は少し温度が上がった方が辛みのアタックは後退するので、そっちの方が好きだって




── 3日目の夜。



eishin_yamahai_jundai27by16.jpg
 ▲買ってきた惣菜が生々しいが、ちゃんと作った料理も鍋の中にあるんだぞ (笑) 。



 残り3合ちょい。よく見りゃ、瓶底にうっすらオリがあるね。なんか夕方に飲んだ時より酸っぱく──濃醇な渋みを力強く感じるのはそのせいか。だが、それもいい。この状態の方がプレス作用がズシリと旨みを潰すのが分かるから山廃属性をより感じれる。ただ、ちょっと濃醇さが2割り増しで我々世代の内臓には、さすがに少し重い (笑) 。

 この酒は日に日に濃くなって行くようだ。初日の開けたての流麗ジューシイな飲み口が最も「美酒」を感じさせるニュアンスで、☆的にはそこが一番ハイレベルな酒だったかな。徐々にノスタルジックな甘み、やや人懐こい旨み、野暮ったくも愛らしい膨らみ&光沢感──そんなものが徐々に開いてくる酒ね。これこそ一升瓶ならではのドラマだ。




eishin_yamahai_jundai27by17.jpg

eishin_yamahai_jundai27by18.jpg





 ちょっとチロックにしてみた── (チロリに氷をポチャん) 。

 そこそこ氷を撹拌したつもりだけど、全然味が崩れないし、分かりやすく薄まった感じはしない。少しピリリと辛みが増して、ややスリムになったかなあ程度。最後の2合はこれくらいの方がいいわ。もはや「山廃」うんぬんな感じはほとんどないけれど。




eishin_yamahai_jundai27by19.jpg
 ▲やや薄ニゴリな感じ、わかる?




 リーデルいいね。初日のガスがある状態はグイ呑みがいいけど、こうなると断然リーデル。やっぱ水飴みたいな光沢感のあるポヨポヨした甘みが伸びてくるね。今年も3月に小山商店に並ぶのかね。フレッシュ・コンディションの酸の出方はどうなんだろう。同じBYの酒じゃないから正確な比較はできないけれど、今年は「陸奥八仙 えんぶり」だの「鍋島 風ラベル」だの、なにかと小山商店に出向く機会も増えそうだから、あれば買ってきます。


moukan1972♂moukan1973






日本酒 恵信 山廃 生酛

Comment

Name - moukan1972♂  

Title - To あらまさん

毎度です。

3日でなくなりましたので、我が家としては旨かった証拠です。特に開栓直後のガス有りの滑らかジューシイ状態は☆5街道まっしぐらでした。これは本当です。最初の一杯をRSでクイっとやれば誰でも感動する酒でしょうね。

徐々に「やや人懐こい甘み」が前に出てきますが、和み系なので、そこまで暑苦しくはないですね。甘党にはむしろこのくらい屁でもない感じだと思います。ただ、フルーティネスをもう少し感じてみたい気持ちが常にあったので、そこは惜しかったですね。具体的な果物が特に思い浮かびませんでした。強いて言うなら、イチジク (笑) ?

「山廃プレス論」及び「山廃カロリーオフ説」は今期もシツコク記事にしますので、引き続きお付き合いください (笑) 。でも、実際、山廃仕込みは速醸よりアミノ酸度が下がる傾向にあるようなので、「酸度が高いのに軽い=カロリーオフ」というのも、あながち筋違いではないのかもしれません。

9日後ですか。肝心なのは残りの量ですよね。6合くらい残ってれば何とかイケそうですが、残り2合を切ると二次関数的に劣化スピードが速まりますからね。瓶モノの佃煮とか漬け物とかメンマとかも、残りがスプーン一杯になると、夏なら一瞬で逝きますから (笑) 。

僕もブログを始めるようになってからは、最初の一合は酒ONLYで行くケースが増えました。旨けりゃ旨いでスピードが上がるし、不味けりゃ不味いでイイところを探すのにもう一杯と、結果、どのみち最初の一合がすぐになくなります (笑) 。

ともあれ、このたびはありがとうございました。27BYの酒ではありますが、2017年の山廃生一発目としては最高のスタートが切れたと思います。

2017.01.28 Sat 23:35
Edit | Reply |  

Name - あらま  

Title - なんかドキドキしながら読みました 笑

ありがとうございます。☆5はおそらくないだろうな~と思っていたので、☆4.5は最高評価だと思ってます。甘党の私が好きそうな感じですよね。お祭りの時期に飲むと風流って、バッチリはまる凄い表現ですね。味もラベルも、なんかそんな感じがしてきますよ 笑

酸は感じるんですけどちょっと物足りなかったですかね。酸度1.8ってわりと高めだと思うんですけど、何故かそこまでに感じないんですよね。寝てるせいなのかもとからなのか、3月のピチピチ第一弾が気になります。

あと、こちらの記事を読んでいて、ようやくプレス感というのがわかった気がします。片付けですね。なるほどーと納得しました。今度から意識して飲んでみたいと思います。

以前も書きましたが、今年からちょっと酒と向き合ってメモを取ってるんですが、半合がすぐなくなるように感じます! 笑  一口飲んで、探って、メモして、一口飲んで・・・を繰り返してると、本当にあっという間。意識して飲むのと、サラッと流して飲むのは、あたりまえのことですけど歴然とした差がありますね。

それにしても、日本酒歴4年か5年になろうとしてるのに、こういう聞いたこともない銘酒がまだまだ有るのかなと思うと、楽しみは尽きないですね。

ちなみに烈火の剣じゃなくて劣化の件ですが、気になったので写真の日付で確認してみました。開けたての後に私が飲んだのは9日後でした。まあそりゃいくらなんでもダメですよね 笑
2017.01.28 Sat 23:01
Edit | Reply |  

Add your comment