◤彌右衛門 - 別品 生酛 純米吟醸 おりがらみ 無濾過生原酒 27BY ── dಠಠb「こちらも読者さんオススメの酒だが、1年熟成なので少し面白いことに・・・」#Well-Cured 



検索ワード



yauemon_beppin_nama27by3.jpg 福島県・喜多方の「彌右衛門 (やうえもん) 」です。「弥右衛門」の別ラインで、「杜氏のチャレンジ酒 (意欲作) 」的な意味合いもあるのかな。言うなら「自分の名前銘柄」みたいな立ち位置なんだと思います。

 こちらの酒は、いつもコメ欄から知的かつ刺激的な発言を送ってくれる読者 (彼自身もブロガー) のまったり日本酒道さんがコメント欄からオススメしてくれたモノで、彼との交流が始まった最初の投稿でもあり、まあ、買わないわけにはいかないわな (笑) 。

 もうすぐ28BYがリリースされるはずだけど、せっかくなので27BYを買ってみました。生酛だし、そこそこ強そうな酒だと思うので、1年くらいでどうにかなるものでもないでしょう。スペックは自社栽培の喜多方産「夢の香55%」の生酛のオリガラミ生です。写真でも分かる通り、オリは「そこらの無濾過レベル」です。ちなみに「彌右衛門」、完全に灯台モトクラッシーで、近所のマチダヤでも扱いがありました。ま、この店は全部を入れないから、これの28BYを買えるかは分からんけど。



 ▼売れ残りの27BYをココの店で通販した。
 



 やる事なくなったので、少し早いが日曜は16時半から酒盛り開始 (笑) 。
yauemon_beppin_nama27by1.jpg
 ▲一生「幸せ」になれない痛いタイプ。せいぜい〝自宅で変死〟だけには御用心ください。ま、この人、単にワルぶってるだけで案外ナイーブで泣き虫だから憎めないけど、そこも含めて可哀想な人。プライドがないと死んでしまうけれど、それが捨てられないから幸せになれないというジレンマね。

 ▼「ワインが売りの店で焼酎を飲むような男はあり得ないよね」──西川史子。どうする? その男が実はワインに異様に詳しくて「こんな店の糞ワインなんか飲んでられっか!」と心の中で思ってたとしたら (笑) ? あとナイーブなところ失礼するけど、男の方も別に「あの女、あり得ねえ」と思ってるから。男は女みたいに口にしないだけ。アナタの知らない次元階層では何人もの男に実はフラれてんだよ。いい加減、そこに気づけよババア (笑) 。
yauemon_beppin_nama27by2.jpg
 bottle size:1800ml




SAKE GRADE:★判定不能★

【282】彌右衛門 -やうえもん- 別品 生酛 純米吟醸 おりがらみ 無濾過生原酒 27BY <福島>

合資会社 大和川酒造店元:http://www.yauemon.co.jp


Moukan's tag:




※日曜の夕方に〝ややとっ散らかり気味〟に開けてるので、初日の下書きを交えながら、2日目との複合スタイルで清書します。




yauemon_beppin_nama27by4.jpg
 ▲まずはいつものように上澄みから。




 立ち香──全体としては極めて穏やかなものの、はい、結構、露骨に熟してます (笑) 。〝いなたいタッチ〟がバンバンあります。この段階では酸の発散はあまり感じないかな。フルーティネスも全く感じない。ちょっと清々しい (透き通ったニュアンスの) 、そこそこ熟した純米酒と言った面もち。まあ、呑んでみましょう。

 ♡☺♡「さっきまで (篠峯や而今) と違って、最後に苦みがないからいい」──そういう理由?


 含みます──。




yauemon_beppin_nama27by5.jpg
 ▲撹拌してもこんな感じ。あんま変わらん。




 ウホっ、これは完全に熟してます。余韻はまるで落花生 (笑) 。ただし、不思議なことに味曲線は極めて流麗──moukan1973♀の感じたこともあながち間違いでもない。なんというか、熟味さえ除けば、液体としてはスイスイ&ノーストレスに呑める。生酛だけど──オレからすれば「生酛ゆえ」だが──酒としても軽い飲み口だしな。

 残念ながら、このコンディションだと何かのフルーツを感じることはないし、ガスも消失してるけど、嚥下における引っかかりやノイズは全くないと言っていいレベル。先に呑んだ「篠峯」と「而今」がノイジーな味曲線だったので、熟味を除けば、これは桁違いに美酒ラインに貫かれたBody。




yauemon_beppin_nama27by6.jpg
 ▲メガネ屋の店長にもらったイカを小さく切ってアルミホイルで焼いたら、まるで何かの怪獣の死骸のような姿に・・・。




 ♡☺♡「今日呑んだ中では一番飲める」──だがしかし、一つ言っておくと、この熟味を受け入れられる人は、イマドキ日本酒ラヴァー10人中、せいぜい1人か2人であろう──もちろん、この場合のもう一人はオレだ (笑) 。

 まあ、味は完全に熟してるけど、ジューシイさの面影はある。生酛らしい密度の高いピーンと張りつめた酸が五味の見晴らしを鮮やかにしていて、タイトな味幅ながら、屈託のない軽やかな甘みもビヨ〜ンとしっかり伸びてくる──そして、口どけの後には、落花生を残していく (笑) 。つうか、どうすりゃこんな熟し方になるんだ!? ちょっと未体験な変化風情で戸惑うが、なぜか呑めるのは、酒がイイからか、我々の味覚が平和的だからか──いや、そんなことは読者の誰もが思っていないであろう。




yauemon_beppin_nama27by7.jpg




 お燗で──。

 ま、これが一番いいかな。それほど変わるわけではないが、言っちゃえば、温めることで、熟味の表情が、酒質として収まりやすくなる──つまり、他の知ってるお燗酒の雰囲気に近くなるので相対的に親しみやすさがわくというか。

 ♡☺♡「これが一番イイ!」──MJK (マジか) 。




── 2日目。



yauemon_beppin_nama27by8.jpg




 日曜はラフな酔っ払い飲みだったので──16時半頃からダラダラと──、今日はじっくりやりましょうか。

yauemon_beppin_nama27by9.jpg 立ち香──まあ、明白に熟してますね。今日は生酛らしい乳酸ライクなルックも簡単に探せます。あとは、実は昨日から感じていて「その言葉」に出会えなかったんだけど、「おばあちゃん家の桐箪笥」を越えた──「おじいちゃん家の新しい畳」があるね。なんか青い畳のような香り。もちろん化学的な理由はわからんけど。

 含みます──。

 あんま昨日と変わらんな。間違いなくこれは飲み手を選ぶ酒だ。そしておそらく、これを薦めてくれたまったり日本酒道さんもこのコンディションの酒質は苦手だと思う (笑) 。でも、オレは大いに楽しんでるぞ。徐々にクセになる風変わりな熟成酒だ。そして今日も、余韻は完全に落花生


yauemon_beppin_nama27by11.jpg 入りは生酛らしい、まるで米を餅にしたような潰れ系の高密度な酸を先導役に、そこに米由来の柔らかな甘みが朗らかに行進する流れ。このコンディションだとフルーティネスは完全消滅しているけれど、きっとフレッシュな状態ではここに何らかの果実味があったのだろう。

 甘ちゃんに続く旨みの膨らみは「非速醸系特有のスリムなもの」で──これはオレ発信の属性なので鵜呑みにしない方がいい──、本来であれば──たとえばイマドキの山廃生なんかだと──、ここから幾ばくかの凝縮感 (旨みのプレス) へと向かうはずなんだけど、熟味がしっかり育ってるので、ここでナッティーな穀物香が一気にフワっと膨らむ。そしてアフターに流れるのは──そう、まるで落花生 (笑) 。ただ、本日も終始、極めてキレイな味曲線ですよ──味わいはクワナリ個性的だけど。

 これは「判定不能」かな。おそらく完全に別の酒になってるし、オレ自身がフレッシュ・コンディションを呑んでないから、たとえば「篠峯26BY」のように時間軸での変化について評価することが不可能なんだよ。ただ、もしも最初からこういう酒だとしたら、☆3.5はある印象──あまり人には薦めないけど。


yauemon_beppin_nama27by10.jpg やっぱ速醸にはない、独特の旨みのプレス感、あるね──最後は相変わらず落花生だけど (笑) 。甘みも伸びて来たよ。ややベタっとした甘みだけど、生酛ならではの酸によるプレス感が全部引き取ってくれるから、ダレる一歩手前で消えて無くなる。あんまヨーグルト系のニュアンスはないかな。食中はわりとイイ感じよ。味や香りは独特だけど、とにかく味曲線がスムース。このあたりも、フレッシュ・コンディションとはまるで別の表情に変化してると思う。完全に角が取れてるんじゃないかな。キレ上がるアタックとか全くないもの。

 お燗で──。

 甘みが引っ込んで酸がドーンと前に出てくるけど、遅れてジュワりと甘みも追随。どうかなー。初日はお燗の方がいいかなとも思ったけど、今日はRS (冷酒) でも意外にイケる感じ。すでに2杯目だけど、アチチ燗からの燗冷ましはスゲえ甘いな。いちいちよくわからん酒だ (笑) 。


yauemon_beppin_nama27by12.jpg まあ、今回の記事は、ほとんど誰にとっても役に立つ何かではないだろうね。ただし、生酛の生酒が1年で見せた熟成の妙 (不可思議) ──これを知れたことは有意義でしたね。残念ながら彼がこの酒を薦めた理由を知ることはできなったけれど (笑) 、やっぱ硬水蔵の原酒じゃないと生の熟成は難しいのかね。でも、地酒屋こだまの店主はこれの火入れの2年熟成を大絶賛してるんだよな。もしかしたらオレの買った店の冷蔵庫の温度が少し高かったという理由もあるかもしれない。ちょっと斜め左上な方向に熟し過ぎ。

 RS返し──。

 一連の味曲線がスムースだから、なんか飲めちゃうんだよなあ。ま、元々「苦手な味や香り」はない方なので──食べ物の好き嫌いもない──、Bodyライン (味曲線) がキレイなら、どんな酒でも普通に飲めるんだけどね。今の時間帯は少しベタっと甘いけど、生酛による旨みのプレスがあるので、和菓子のような優しい甘さで、これまた不思議とスイスイ呑める。ほんのりヤクルトのような甘さを感じる瞬間がある──落花生をアテにヤクルトを呑むとこの酒の味わいを疑似体験できます!

 というわけDE、ちょっと今まで味わったことのないような不思議な味を出会えましたので、買って良かったと思ってます。含んだ瞬間に「◯◯っぽい」という言葉が出る酒ばかりだけど、今回は個人的に未体験ゾーンな味わいだったので、そこは有意義な体験となりました。また何かあれば──津島屋とか津島屋とか津島屋とか──をお薦めください (笑) 。ありがとうございました。


moukan1972♂






日本酒 弥右衛門 彌右衛門 生酛 山廃

Comment

Name - moukan1972♂  

Title - To まったり日本酒道さん

ちょっとドタバタしてレスが遅れました。

「落花生」属性は、いわゆる「熟成酒」や「古酒」に垣間見れる「ナッツ」の範疇だとは思いますが、大抵それらは「甘み」と一体化した香りや味だと思うんです。ところが、今回の「彌右衛門」は、「甘み」とのコンビネーションはなく、言葉は汚いですが──食事中ならスミマセン──、まるでゲップをした時のように、後からフワっと、甘みとは無縁の流れの中で現れるナッツで──ゆえに「落花生」です (笑) 。

生酛の酸は確かにビジュアル的な刷り込みもあるかもしれないですね。あの、蒸米をグチャグチャ潰す光景とどうしてもリンクしてしまうというか (笑) 。

モダン系の山廃生、あまり飲んでないんですね。意外です。ひとまず「日輪田 雄町65生」が2月頃に出るので、僕が責任を持って毒味します (笑) 。とはいえ、毎年スペックや使用米を微妙に変えるので、今期は違う内容になるかもしれないです──某酒屋の頒布会では「日輪田 山廃 山田錦55生」がありましたので、28BYはこっちでリリースするかもしれないです。イマドキ山廃なら、まずは「菊鷹 雄飛」でしょうね。

彌右衛門は火入れもイケそうですよね。こだまの熟成Verも気になります。

また何かあれば、気軽にオススメ等、下さい。外飲みで「これは!!!」と思った酒なんかもタレコミくれると助かります──買えるかどうかは分かりませんが。

そうそう、木曜は読者さんオススメの「山廃生」を開栓しますよ。



2017.01.26 Thu 02:25
Edit | Reply |  

Name - まったり日本酒道  

Title - To moukan1972♂さん

返信ありがとうございます!

> これだけで一般化することはできませんが、速醸の生熟のような旨み成分の膨満感は少ないと思います。熟香にも「チョコ」等のカカオ属性はなくて、ただ、余韻の中に「落花生」が (笑) 。

生酛だと速醸よりも、穏やかな熟成になるんですかね。「落花生」の熟香、想像すると、「チョコ、カカオ」よりもエグみ感が少ない感じですかね。「落花生」の熟香は、今まで意識してなかったせいか経験がないですね。

> 酸はどうですかね。フレッシュ・コンディションが分からないので何とも言えないですが、含んだ瞬間の「ワオ、酸っぱ!」とかは全然なかったです。露骨な乳酸系フレイヴァーも特に感じませんでしたが、それでも奥でピンと張り詰めた酸の芯はありましたね。

上記については、フレッシュな時も同じですね。フレッシュな時も、酸っぱい感じは皆無ですし、乳酸も感じることはなかったです。モウカンさんのおっしゃる通り、主張してくる酸はないのですが、下支えしてくれる酸はしっかりあるのだと思います。

> 僕の中では、山廃より、生酛の酸の方が少しモチっとした肉性があると思うんですよね。

生酛は山おろしをするので、山廃よりも、原料がもちっとしているはずなので、酸ももちっとするのでは?という冗談は置いておいて(笑)。

これは僕もモダン系の山廃、生酛の経験が多くないので、なんとも言えないところです。いつかモウカンさんが、山廃生で良い出来のものを引き当てた時に、それを追って楽しめたらなんて思ってます。

> 家庭の事情で、moukan1973♀だけが3日目を飲みましたが、♡☺♡「別に普通に美味しかった、而今よりマシ」と朗らかに言ってましたね (笑)

まさかの而今より上とは(笑)。美味しく飲んでもらえて良かったです!

彌右衛門は一升瓶ONLYですね。
生じゃなくて、1回火入れでも、僕が言ったような切れ上がりの特性は感じられるので、マチダヤに、どちらかが入荷するようであれば試してみてください。
http://uekiya-shoten.shop-pro.jp/?pid=76090179

津島屋については了解です。而今は、前回の八反錦ですんでのところで買えなかったという苦い思い出があるので、千本錦は大人しく居酒屋で飲んでみます。
2017.01.25 Wed 13:31
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To まったり日本酒道さん

毎度です。

今回はなかなかに得難い体験となりました。生酛の生酒ってこういう熟し方するんですね。もちろん、元々の酒質とのケミストリーなので、これだけで一般化することはできませんが、速醸の生熟のような旨み成分の膨満感は少ないと思います。熟香にも「チョコ」等のカカオ属性はなくて、ただ、余韻の中に「落花生」が (笑) 。

酸はどうですかね。フレッシュ・コンディションが分からないので何とも言えないですが、含んだ瞬間の「ワオ、酸っぱ!」とかは全然なかったです。露骨な乳酸系フレイヴァーも特に感じませんでしたが、それでも奥でピンと張り詰めた酸の芯はありましたね。

退けにかけてのキレ上がりやズバっと感も全くなく、極めて流麗な味曲線でした──ガス、グレープフルーツ (に限らずフルーツ全般) 、力強いキレ上がりは「皆無」でした。飲み口は僕には軽く感じました。やっぱ清涼飲料水のヨーグリーナのようなカロリーオフ感も、山廃生ほどではないですが、少しありました。

僕の中では、山廃より、生酛の酸の方が少しモチっとした肉性があると思うんですよね。僕は記事の中で「ニリニリ」とか「ニリっと」なんて意味不明な擬態語をよく使いますけど (笑) 。餅をねったような粘り気というか。山廃の酸は僕の中では生酛よりはクリアでライトで、肉性は乏しいです。ただし、旨みに対するプレス作用は「生酛」同様に力強いという印象です。生酛よりも実体性に欠ける「作用としての酸」と言った感じですかね。もちろん、表面的な酸っぱ味は山廃にもありますが、僕の意識はそこには向いません。僕は「味としての酸」ではなく「作用としての酸」に山廃生の魅力を感じています。

家庭の事情で、moukan1973♀だけが3日目を飲みましたが、♡☺♡「別に普通に美味しかった、而今よりマシ」と朗らかに言ってましたね (笑) ──ま、彼女は一番アタックがハードだった2日目までしか「而今」を飲んでませんが。

28BY、出たんですね。杜氏さん、若いっすねー。僕らには「少し老けた大学生」くらいしか見えないんですが (笑) 。マチダヤに入るのかは謎ですが、こうなりゃ飲んでみるしかないですね。720mlがあればいいんですが、確か一升瓶ONLYですよね。

「津島屋」はイイやつあったら是非 (笑) 。

そういや而今、千本錦のアナウンスありましたね。抽選に参加できるかは微妙ですが、時間の都合が付けば当てに行きます。


2017.01.25 Wed 11:15
Edit | Reply |  

Name - まったり日本酒道  

Title - 楽しく読ませてもらいました!

こんばんは!

面白いことにとは、こういうことだったんですね(笑)。ちょっと違った方向性になってしまいましたが、何はともあれ楽しんでいただけて良かったです。モウカンさんの嗜好の幅広さに助けられました。奥さんも同じく幅広くて良かったです。僕はご想像の通り、こういう熟成は苦手です。。やっぱり生酒の熟成は難しいですね。

前にコメント欄でも書いた通り、この酒には独特なアフターががあるので、それを感じてもらいたかったというのが一番でした。味曲線で言うと、最初に少々のガス感、ドライでありつつ、綺麗で抑えめの甘み、旨味を感じ、最後に独特な切れ上がり方をするという流れです。東洋美人や萩の鶴にもそういう切れ上がりは感じられますが、彌右衛門が一番はっきりと出ます。

熟成して、甘みが育っているようなので、適切に氷温熟成して、熟成感がなく、味だけ育ててあげれば、すごい酒になりそうですね。まあ、そんな設備はないのでできないのですが(笑)。そういうのを酒屋に頑張って欲しいところです。

フレッシュな時の果実味だと、あえて言うとすればグレープフルーツかなぁ。香り豊かなわけでもないので、ニュアンス程度のわずかなものです。

そして、つい先日、28BYもドロップされていました。杜氏によるYoutubeでの説明も(笑)。
http://www.uekiya.net/news/9120.html
買いたいところですが、諸事情によりすぐには買えなさそうなので、まずは外飲みで飲めたら飲みたいところです。

津島屋のリクエスト、ありがとうございます(笑)。ちゃんと意識していますよ(笑)。今年は蔵元も手応えがあるらしいので、期待できそうです。冷蔵庫には、津島屋初めての「吟風」という北海道のお米を使った酒を確保しているので、良かったらお知らせしますね。
2017.01.24 Tue 22:44
Edit | Reply |  

Add your comment