◤本日の1曲♪【INST HOUSE】Byron Burke - String Section (1998) #Ten City, 地球最後の日に聴きたい 

genre tag:DEEP HOUSE, INST HOUSE
▪︎Ten CityByron Burkeが1998年にドロップした傑作中の傑作。我々の世界で言う〝神曲〟とは、まさにこういう曲のこと。何かのカラオケではなく、最初からこういう曲です。少なくとも19歳以降は、「ボーカルの声がいい」とか「メロディーがいい」とか「歌詞が泣ける」とか、そもそもそういうファクターを通して音楽なんか聴いたことないです──もちろん「歌モノ」についてはそういうファクターも重要だが、逆に言えば、我々の世界では、どんなにボーカルの声が良かろうと、メロディーが良かろうと、歌詞が良かろうと、トラック (オケ) がショボければ、音楽としては完全に対象外ですね──だから日本の音楽はほとんど聴けない。

▪︎「地球最後の日」に聴くとしたらきっとこんな曲をセレクトしてしまうかもしれない。Ten Cityはアルバムの中にR&Bとしての傑作 (未シングル化) が幾つかあって、本当はそれも紹介したいんだけど、誰もYouTubeに上げてないし、オレの方でも完璧な形のMP3を保有してないので残念ながら。明日以降もまだまだ周辺楽曲の紹介がつづきます。












 ▶︎「地球最後の日」に聴きたい。
 

 ▶︎巨大隕石落下より、近所の超新星爆発の方が可能性は高いのかな。
 ま、その方が一瞬で消えて無くなるから苦しまずに済む。
地球最後の日1

 ▶︎Ten City (左から、Byron BurkeByron StingilyHerb Lawson)
 


DEEP_HOUSE INST_HOUSE

Comment

Add your comment