◤小左衛門 - 純米吟醸 備前雄町 しぼりたて生酒 ── ♡☺♡「同じリンゴでもタカチヨは都会の天才、ゴザエモンは田舎の秀才」#Sweet 


╰ 【001-074】の記事はfacebook時代のモノを加筆/再構成 (一部キャラ変) して書かれたものです。


 地酒専門店だけでなく、池袋の西武や新宿の伊勢丹なんかでも扱ってます。ガッツリ旨口の酒質が売りのようですが、今回は新酒の雄町です。はじめて呑みます。ポイントが付くので池袋の西武で買ってきました。

 備前雄町を55%まで磨いていて、「日本酒度:−3、酸度:1.4」という数値がなんとなくそそられます。ま、こればっかりは全体のバランスなので数値だけ味わいを予想するのは難しいですが。



kozaemon_omachi_nama1.jpg

kozaemon_omachi_nama2.jpg
 bottle size:720ml



【048】小左衛門 -こざえもん- 純米吟醸 備前雄町 しぼりたて生酒 27BY <岐阜>

中島醸造 株式会社:http://www.kozaemon.jp


Moukan's tag:




 まず色! しぼりたての新酒にもかかわらず、薄っすら黄色いです。新酒でこの色は珍しいです。どゆこと!?

 以前に旦那が日本酒の冷蔵棚の温度を下げるようにメールで注意して実際に返事が来て限界まで下がったのにそれでも足りなかったということ!?

kozaemon_omachi_nama3.jpg 立ち香はハニーなリンゴ。ジュースで言うと、にごり系じゃなく、透明なリンゴジュース系の香りです。かなり甘やかです。

 含みます。

 あれ? 思ったよりスッキリ。まずは酸味の少ないリンゴのような甘さが広がります。旨みはさほど大きくなく、ツルんと爽やかな飲み口です。雄町ならではのドッカリ旨口なニュアンスはありません。酸のメリハリも薄いので、滑らかでハニーな甘さが味の主役です。和菓子のような甘さもありますね。アフターにジュンとした渋みもありますが、全体にはどこまでも軽やかです。米由来のエキス感もしっかり出てます。

 飲みやすいですね。日本酒にあまり良いイメージを持っていない誤解組には大いなる平手打ちを食らわす味ですが、日本酒の可能性と懐の深さを十分に体験し尽くしているわたしたちにとっては、特段の発見や面白さの少ない酒質です。でも旨いよ〜。

 もうちょい酸っぱいとフルーティーさが分かりやすくなるとは思うんですが、「黙って買えよ」とまでは言い切れません。温度が上がってくるとフローラルな香りも立ってきますね。

 うーん、やはり〝そこからハミ出る勇気〟がもう少しあると面白いんですけどね。そういう意味では、同じリンゴ系酒質のたかちよ赤なんかは、やっぱクリエイティヴで野心的だし、飲んでて楽しい面白いお酒です。

 地元で評判の秀才だったコザエモンくんが、東京に出てきてはじめて出会った天才がタカチヨくん、そんな感じでしょうか?

 まあでも、誰が飲んでも美味しいお酒ではあります。実は2日目なので、追記はありません。


moukan1973




🔖 関連記事

【042】豊醇無盡 たかちよ 赤 無調整生原酒 27BY (2016/2/9)


小左衛門 雄町

Comment

Add your comment