◤BBS (オススメ、最近飲んだ酒の感想、質問、タレコミ、はじめまして、呟き等) #高千代 - 純米大吟醸 美山錦48 KT901 無調整生原酒 27BY, Sweet, Umakuchi 



2017.2.3
突然ですが、こちらの記事のコメント欄をBBS (掲示板) として特化させます。



bbs1.jpg
 ▲本来的には「高千代 - 純米大吟醸 美山錦48」の記事になります。



 毎度アクセスありがとうございます。

 すでに他でお知らせした通り、とりあえず、試験的にこちらの記事のコメント欄をBBS (掲示板) として特化させることにしましたので──新たな専用ページを作らない理由は「高千代の奇跡」をすべて移植 (転載) するのが面倒だから (笑) ──、

 

▪︎オススメ、MY鉄板&MY苦手銘柄
▪︎最近飲んだ酒の旨かった・不味かった
 (※記事と同じ酒はなるべくそちらへお願いします)
▪︎質問、相談 (誰が答えてもOK) ※「贈り物には何がいいか」にはみんな燃えそう (笑) 。
 (※ただし「而今」等のレア銘柄の入手方法に関する質問は基本NG方向で)
▪︎耳寄り情報&タレコミ&イベント情報 (宣伝&告知は常識の範囲でOK)
▪︎他愛もないツブヤキ (活性ニゴリを爆発させた、遠出して行った酒屋が休みだった等)
▪︎はじめまして、自己紹介



上記のような内容の、個別の記事で取り上げた酒とは直接の関係ない──あってもいいけど──トピックに関しては、自由にこちらのコメント欄を御利用ください。

 こういうモノは勝手に諸々が淘汰されて行くものなので、あまり細かいガイドラインは設けたくはないですが、 これは未来の読者のために有益だ」と思ったコメントがあれば、オレの方で勝手に相応しい場所 (直接その酒に関係する記事内のコメント欄) に転載しますので、そこは予め御了承ください。 尚、その場合は、原文もこちらにそのまま残します。

 ひとまず、様子を見ながら、細かい調整は都度都度やっていきます。別でBBSを用意すると荒らしが寄り付く可能性もあるので、ここで静かに地味に運営していきます (笑) 。 パソコンやタブレット端末を横使いしてる人は、右の「LATEST UPDATE」の「SAKE INDEX」の上にBBSへの直リンクを貼ってますので、御利用ください。

 あと、コメント表示方法を試験的に変えてみました最新のコメントが上位に掲載されるので、今までとは表示順が逆になります。すでにこのページのコメント総数は50を超えており、最新のコメントを閲覧するまでスマホ組の読者さんにとって少し面倒な状況になってましたので、今後も増えることを想定して、表示順を変えてみました。

 新規コメントの投稿方法ですが、最新のコメントに対して「Reply」を押せば、入力フォームがすぐに出現します。その場合は、「Title」が「To - 最新投稿者名」になりますが、タイトルを書き換えれば、そのまま投稿して何の問題もありません。

 それこそ、何かあれば気軽に質問ください──ここへ (笑) 。

 人生というのは常に皮肉なモノで、こういうモノを用意した途端に無用化するものですが (笑) 、その場合はオレが勝手に細かいアレコレを呟くので──ブログでは珍しい管理人の自演コメント (笑) ──、Twitterの亜種だと思ってくれれば幸いです。スマホ持ってないし、今のところ、Twitterを始める計画はありません──ま、あえてここをガラパゴス化させる狙いもあるのだけれど。

 それでは宜しくお願い致します。


moukan1972♂







◤高千代 - 純米大吟醸 美山錦48 KT901 無調整生原酒 27BY


▼オレ自身が便利なので残します。それに、これがあっても別にたいした「手抜き」にならないし。
検索ワード:



 いわゆる「漢字の高千代」です。28BYからは更に「アルファベット」まで加わりました──買ってない。営業統括の山田修一氏のfacebookから引用 (一部マジカル推敲&加筆) すると、



① たかちよ
コンセプトは、全国からそれぞれに適正な酒米と紐付けしやすい酵母を選び、「フルーツ」の香りを主軸とした遊び心満点の日本酒を目指す。ラベルの色とフルーツのイメージを連動させて、お客様にも覚えていただきやすくした。 やや日本酒初心者向け (飲み慣れてない方や初めての方) 。マリアージュは「洋食」をイメージ。

② 高千代
コンセプト 新潟県に隣接する5県(長野 富山 福島 山形 群馬)の酒米をメインとし 新潟県産米を活かした米の味わいが感じられる酒造り
バランス感ある 比較的 和食に寄り添う日本酒


コンセプトは、新潟県に隣接する5県 (長野 富山 福島 山形 群馬) の酒米をメインとしながらも、新潟県産の特性を活かすことで、より米の味わいを引き出し、バランス感のある酒質を目指す。比較的「和食」に寄り添う日本酒。

③ Takachiyo
全国から、杜氏が「使ってみたい」「醸してみたい」と思う酒米を集め、それらを新潟南魚沼の極軟水と、大吟醸酵母「協会1801」で醸す生原酒。サイズは1.8Lと弊社初500ml。精米は自社で扁平精米を採用し、59% (扁平だと通常の精米歩合50%に相当) 磨きに限定した純米吟醸酒。




 ▼1800mlと500mlでの展開らしい。うちら夫婦には悩ましいサイズ感。
 



高千代_jundai48nama27by3 つい最近、あまりに甘くどい「ひらがなの赤」を呑んで胃もたれしたんだけど (笑) 、実は「漢字の高千代」は呑んだことないし、「どうしたもんか」と思っていたら、読者さんがメールで今回の純大がフェイヴァリットであると書いてきてくれて──彼曰く「俺の本当に好きな日本酒は、まさにこういうモノだ!」──、ちょうど他に新潟の酒を新潟の酒屋から取り寄せるタイミングがあったので、同梱してみました。

 酸度が高め (2.0だっけ?) なので、少なくとも「ひらがなの純大」とは違う味わいを届けてくれるだろう──今軽く当時の記事を読んだら割りと好意的なことを書いてたけど、ひらがなの純大は、今呑んだら普通にダメそうだ (笑) 。

 スペックは扁平精米の美山錦48なので、通常精米の40%くらいに相当するのかな──ざっくり言うと、定数「0.84」を掛けると、だいたいの理論値が出る。酵母は「KT901」という、「K-901」のNewヴァージョンのようで、日本醸造協会のHPによると、より酸が多く出るんだって。

 読者さんオススメの酒は薦めた側もドキドキだろうけど、実は呑むオレの方だって、これでも結構ドキドキなんだぜ (笑) ? それではいただきます。期待です (圧) 。





 photo: たいせいや



高千代_jundai48nama27by1
 ▲今回もイカしたメガネを決めてるマーティン・スコセッシ。 (【メガネ警察 -oo12-】マーティン・スコセッシ)

 ▼なんだ書いてあるじゃん。「酸度:2.0」だね。
高千代_jundai48nama27by2
 bottle size:720ml




SAKE GRADE:☆☆☆½

【278】高千代 -たかちよ- 純米大吟醸 美山錦48 KT901無調整生原酒 27BY <新潟>

髙千代酒造 株式会社:http://www.takachiyo.co.jp/item/kodawari


Moukan's tag:




※火曜に飲んでます。

 立ち香──うわっ、なんかネリネリ甘い感じが、まるでスライムの大群のように鼻腔の中へとヌルヌルと攻め込んで来ますよ。おじさん、大丈夫だろうか (笑) 。ただ、「ひらがなの赤」よりはファット感は少ないかも。フルーティーというよりフローラルだね、完全に。もしくは「練乳をドバドバかけたイチゴの──餅入りカキ氷」です。

 それでも少し芯のある酸──平仮名に比べての話だけど──に嗅覚をフォーカスすることもできるので、時間的階層の隙間からは、何かのタイミングで一瞬だけ、メロンだったり、ブドウだったりを感じなくもないけど、「冩樂 - 純米 初しぼり生」の後でそこにフォーカスすることは容易じゃない。

 それとこれ、すでにそこそこ熟してます。米由来のアミノ酸 (コハク酸) は弛むことなく増殖中で、ミルキーな膨らみのコアには〝ややいなたいタッチ〟が恥じらい気味にこちらを覗いてます。デパートで嫁ぎ先をじっと待つ箱入り娘な田舎大吟醸なんかにも、こういうニュアンスよくあるよね。


高千代_jundai48nama27by4 含みます──。

 ま、「たかちよ」 (笑) ?

 ただね、しっかりとした「米の旨み」──それどころか米そのものの味は、平仮名より出てます。しかし香るなー、オイ (笑) 。関係ないけど、ラベルの文字の色は「赤紫」の方がイメージには合ってるかな。口当たりや味幅は「磨き60の純米」みたいで、純大としてのフィネスはまるで感じない。

 ポップでカラフルなベリーミックスを、やや過剰気味なフローラル芳香でコーティングしつつも、まとわりつく米由来のホワイトな甘みが長めの余韻を伴いつつ、ネリネリかつビヨ〜ンと伸びてきます。 ま、若者の酒ですかね──「ラーメン換算」だとドロ系豚骨のような (笑) 。まああれです、我々のような40過ぎの中年には、明らかにこの味幅と甘みの出方はクド過ぎる。ごめんね、この素晴らしさを共有できなくて。


 それとやはり、ちょっと熟成が進んでますねえ。奥で秘密のチョコ発見。とりあえず、貴方には「川中島 幻舞 - 純米吟醸 雄町生」を薦めておきます。もちろん、ド定番の「純吟 美山錦49生」なんかも。あとは「五十嵐」なんかも好きなんじゃないかな。もしくは2月に出る「花邑 - 純米吟醸 雄町 生酒」&「純米 生酒」とか、7月に出る「花邑 - 純米吟醸 酒未来」とか「旦 - 山廃純米吟醸 雄町生」なんかも好きでしょう。あと、メールでくれた一覧で「山の壽 - 純米吟醸 雄町」の評価がイマイチだったけど、味曲線の姿形や味わいや香りの手仕舞い感は桁違いにこっちの方が格上なので、実は比べて呑むと面白いかもしれない。オレには「高千代」に足りないモノが「山の壽」にはあると思える。


高千代_jundai48nama27by5 あと、同じ系統というわけではないけれど、我々としては、華やかミルキー&イチゴ吟醸という括りで言えば「秀鳳 - 純米大吟醸 山田錦47 生酒」──このあたりが、許容できるケレン味としては、一つの臨界点です (笑) 。これ以上だと急激に評価は下がります。ただ、こういう酒が大好きだと言う人の気持ちやセンスはちゃんと理解できるので、たぶん、この酒について熱く語ってくれるなら、その言葉の一つ一つは誰よりも理解できる自信がある──だから諦めてコメ欄デビューしろ (笑) !

 そして一つ朗報!──これがイケるなら、平仮名の赤も「全然アリ」だと思うよ。残念ながら、もはや我々はこのへんは卒業ですが、平仮名との違い&共通性を知れたことは非常に有意義でした。他の読者さんが「平仮名も漢字も大して変わらない」と言っていたけれど、それがわかった (笑) 。


高千代_jundai48nama27by6 しかしこれ、ホントに「酸度:2.0」なのか? 全然「酸」を感じないんだけど。。逆に言うと、この酸度でこの味は、もはや「たかちよの奇跡」と言っていいのかもしれない──軟水蔵の限界か。「冩樂」の次に呑むと、まるで「江戸落語の寄せ」帰りに「吉本新喜劇」を観たかのような気分になる。

 典型的な☆3.5です──オレは完全に興味の外だけど、好きな人は玉乱ほど好きだろうね。


 しかしまあ、これは存外にエンタテイメント性の高いイベントだな (笑) 。そうか、これが「俺の本当に好きな日本酒」なのか。人の脳味噌の中を実感を伴って覗ける機会もそう多くはないので、非常に得難い体験をしました。うん、絶対「幻舞の雄町」は買った方がいいと思う。あとは「五十嵐」──どれがアタリなのかはオレにはアドバイスできないけれど。


高千代_jundai48nama27by7 これに懲りずに、またオススメ──オレはこれが好きだー!──という酒があれば、気軽にメールじゃなくコメ欄から下さい。これはこれでコンテンツとして面白い展開──読者がmoukan1972♂に挑む→撃沈される──になりそうだ (笑) 。ウソウソ、酒は嗜好品ですから、正解は自分の中だけにあれば、それでいいんだよ。

 最後に一杯、貰い物のエクストリームに塩辛い酒盗をアテに飲んでるけど、スゲえミルキー。「幻舞」に限らず「長野攻め」もいいかも。「佐久乃花 Spec D」なんかも普通に楽しめるんじゃない?

 ちなみに、お燗は意外に細身のBodyで、まるで甘くないイチゴシロップ様の甘酸で、米由来のミルキーな旨味は思ったより膨らまない。

 あと、帰宅後にmoukan1973♀に飲ませたら、♡☺♡「うわ、この感じ、前にも何度か飲んだことあるな。若いコはこういうの好きなんだねー」と言ってました (笑) 。そのあと、彼女は口直しに「冩樂」を呑みましたとさ。


moukan1972♂






日本酒 たかちよ 高千代 メガネと酒

Comment

Name - moukan1972♂  

Title - To おみずさん



毎度です。


──買わなくてよい酒報告です! 前のFLOWと赤武のSEAですがどちらも良くも悪くもただの夏酒かな?みたいな感じでした。

ありがとうございます (笑) 。「flow」はなんかスゴイ勢いで売れてるみたいですね。今知りました。「薄い甘さに酸で〆る近年ありがちな夏酒」──真っ先に思い出すのは「飛んで火に入るカブトムシ」か (笑) 。しかしまた、若い子が飛びつきそうなラベルデザインだこと。

「赤武」はNewborn純米を飲んだ時に今年はやってくれそうな気配がビンビンに漂ってたんですけど、マグレ (ラッキーパンチ) だったんですかね。「山田錦50」の退屈な仕上がり具合に、正直、今年はもう買う気が起きなくなりました。小器用さよりも大胆さが欲しいんですよ。Newborn純米は大胆でエネルギッシュで溌剌と輝いてましたね。

そうそう、長陽福娘の夏吟醸はギリギリ買えました。ありがとうございました。昨日は「長陽福娘 純米 八反錦 無濾過生原酒 27BY (28.5) 」を飲みましたが、むしろ甘みが伸びるタイプの熟成でしたね。赤ラベルの純米直汲み1年半熟成のようなチョコ感もなく、バニラアイス&ハーブ&粉雪なミネラル感で最高でしたよ。久々に夫婦で4合以上飲んじゃいました。「山口9E 27BY」と同じ方向の熟成アプローチですね。これは機会があれば手に取って欲しい酒です。もう買えないかなー。


2017.07.24 Mon 13:35
Edit | Reply |  

Name - おみず  

Title - 

お疲れ様です。

買わなくてよい酒報告です!
前のFLOWと赤武のSEAですがどちらも良くも悪くもただの夏酒かな?みたいな感じでした。
前はモノクロームとの比較ができないのですが薄い甘さに酸で〆る近年ありがちな夏酒ではないかなーと。
赤武はムロゲン生なので期待してましたが突出した何かはなかったです。アルコール度数に比較してバランスはとれてると思いますがそれ以上印象がなかったです。

個人的には前のFLOWのほうがダラダラ飲むには良いですが次買うかというとどちらも要らないです(笑)


>まったり日本酒道

情報ありがとうございます!
雄町28byは一旦スルーして八反と山田錦を飲もうと思います。
八反は生と火入れの飲み比べでもいいような気もしてます。

あとWebでは雄町のムロゲン生27byが普通に(しかも大量に)売ってるので買うか試案中です(笑)
ムロゲン生だから熟成はある程度進んでもいけそうな気はするのですがどうかな~。
2017.07.24 Mon 09:26
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To まったり日本酒道さん


毎度です。

一瞬「西都の雫」行こうと思ったんですが、これも最後の1本だったようなので、結果的にまったり日本酒道さんが買えてよかったなと (笑) 。「monochrome+」はかなり前から売り切れですね。1万円で送料無料だし、人気銘柄たくさんあるし、HPの更新もマメだし、ネット上で争奪戦の激しい店ですよね。家の近所にあったら通ってしまう店ですね。


──前もどこかで間違ってましたが、「岩波」じゃなくて、「若波」ですよ。書店の方になっちゃいます(笑)

校閲ありがとうございます! 実は「若波 wakanami sparkling 生」を買ってしまったので、以後気をつけます (笑) 。やや「地雷」な気もしたんですが、なんだかんだで買ってしまうという。。。

2017.07.22 Sat 17:07
Edit | Reply |  

Name - まったり日本酒道  

Title - To moukan1972♂さん

毎度です。

> ちなみにその店は「六十餘洲」や「萩の鶴」や「仙禽」や「鍋島」や「古伊万里 前」や「岩波」も扱っている、日本酒ジャンキーなら知らぬ者はいない、海を越えたあの店です (笑) 。

やっぱり同じ店でした(笑)。初めて買いましたが、メールの返信スピードが圧倒的に早くてびっくりましたよ。「monochrome+」の四合瓶が残ってたら、また買っちゃうところでした。家飲みスピードが遅いのに危ないところでした。。

前もどこかで間違ってましたが、「岩波」じゃなくて、「若波」ですよ。書店の方になっちゃいます(笑)。
2017.07.22 Sat 12:35
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To まったり日本酒道さん、めいさん

まったり日本酒道さん


毎度です。


──純大の緑ラベルは、「津島屋 純米大吟醸 播州産山田錦 生酒」ですよね。僕も外飲みでいただいてますが、けっこう甘みが出ていて、酒としてのバランスも良かったので旨かったです。モウカンさんには甘すぎると言われる恐れがあるので、勧めてません(笑)。

おっと「甘フィルター」発動 (笑) 。まあ実際、ここ最近の甘めの速醸だと「六十餘洲 雄町生」くらいしか心の底から「旨い」とは思えないですしね。外で60mlを飲むならまだしも、720mlだと夫婦で1人2合ずつ飲むので、酸が足りてないと飲み飽きします。それでも「津島屋ナビ」はいつでも待ってます。「monochrome+」への挑戦も忘れてはいません。ブラックスワンと同梱できますし (笑) 。


──僕が長陽福娘を2本買った後に、2種類とも売り切れたので、モウカンさんと同じところで同じタイミングで買ったんじゃないかと(笑)。受注日時:2017年7月21日 14:20とメールにあります。

ヤバイ、エスパー攻撃、再び (笑) 。僕が注文したのは「14:14」ですね。たしかにその時 (買った直後) は「在庫わずか」だったのに、数分後に「SOLD OUT」になったので、てっきり時間的な誤差かと思ってたんですが、ちなみにその店は「六十餘洲」や「萩の鶴」や「仙禽」や「鍋島」や「古伊万里 前」や「岩波」も扱っている、日本酒ジャンキーなら知らぬ者はいない、海を越えたあの店です (笑) 。


──それにしても、夏酒を喜んで2本も買う日が来るとは。。岩崎さんの術中にはまりました(笑)。

同感 (笑) 。去年までさんざ夏酒をバカしてしてたのに・・。僕は「西都の雫」はひとまずスルーして、「純米 辛口 直汲」で赤ラベルの仇を取ろうかと (喜んで辛口買ってるし) 。「西都の雫」はまだ買えるので、まずは「夏のミステリー」にケリを付けてください (笑) 。

マルマスは720mlありますね。社長プロデュースという位置付けの酒みたいです。他の「米鶴」よりも「香り、足りてる」らしいので、もしかしたらハマるかもです。僕は落ち着いたら「青」あたり、行ってみます。もちろん「赤」が旨ければまとめて。



────────────────────────────

めいさん


毎度です。


──最近、スイスイ呑んだお酒の☆が伸びないなあ、と理由を考えていまして。ちょっと温度を下げすぎてるのかも。

レマコムだと氷温ですしね。飲む前に冷蔵庫に移しても温度が上がるのに案外時間かかると思いますよ。言ってみれば「冷凍品の解凍」みたいなもんですからね (笑) 。


──ギンギンに冷えてると甘みも感じにくいですし、情報量が減る上に、酔いが回ってくるまでに時間がかかるからスイスイ呑んじゃってたのかな、と思い当りました。と言いますのも、遊穂 生?純米吟醸無ろ過生原酒 仕込29号を開けた時に、口に含んだ瞬間は「おっ?」と思ったのですがその数秒後にざらざらした甘味が出てきまして、全体としてはあまり良くなかったんです。

あとは「飲み方」の問題もあるでしょうね。僕も友人などと日本酒やシャンを飲む機会が多少ありますが (サンジュリアンさんなんかも含めて) 、みんな早いんですよね、飲むのが。60〜80mlくらいのグイ飲みなら瞬殺レベル (笑) 。

酒の旨さにもよりますが、ブログの写真によく出てるグイ飲み、あれで60mlくらいですが、僕は少なくとも3回に分けてゆっくり飲みますし、すぐには飲み込みませんね。赤ワインのように舌で転がすまではやりませんが、喉を通すまでに一呼吸 (0.5〜1秒) は起きます。

ただこれ、人それぞれの流儀なので、チビチビ飲むよりカァっと一杯グイっと飲む方が好きな人もいるので、正解はないです。僕はブログ筆者なので、そこはいろいろ追い掛ける必要もあるというわけです。それに読者さんが薦めてくれたり旨いと言ってる酒は尚更じっくり飲むというわけです。

あとはグラスチェンジでしょうね。どっかの酒屋のBarみたいに何でもかんでもワイングラスで出す店もありますが、明らかに「向きな酒」と「向きじゃない酒」はありますね。決定的な法則はないですが、中にはクワナリ印象の変わる酒もあります。

それと、僕の場合、含んだ瞬間、真っ先に「酸を探しに」行きます。これを追わないと酒の骨格 (ストラクチャー) が見えてきません。そして、これがない酒は、五味の収まりが悪く、特に「甘み」なんかは行き場を失ってフラフラします。この手の酒にはここ最近は特に厳しい評価を与えています。

「大倉 雄山錦45」「恵信」「九郎右衛門 金紋錦」なんかはまさにこのパターンですね。「甘み」がフラフラ彷徨ってる酒は好きじゃないというか、飲んでて落ち着きませんね。「米鶴 生酛」や「六十餘洲 雄町生」なんかは、甘いは甘いですが、酸が引き受けてくれるので、逆にちゃんと「甘み」を楽しめるというわけです。

「酸=酸味 (酸っぱみ) 」の意味と、もう一つ、「酸=甘みに輪郭を与えるサポート役」の2つの意味があり──スイカに振る塩のようなもんでしょうか──、僕は後者のタイプの酸を持つ酒を高く評価します。もちろん「花巴 純大」や「秋鹿 多酸」や「仙禽 赤とんぼ亀ノ尾」のようにあからさまに酸っぱい酒も大好きです (笑) 。


──そこに来て、「上喜元」の記事にあった「全温度対応」という言葉から、これは呑み方に問題があったんだなあ、と気付かされました。

この酒も冷たいとよく味と香りがわかりませんが、それでも口の中は心地良いですね。この酒の場合、逆に僕はこの「淡麗状態」の方が好きなくらいです。2日目はしっかり酸っぱい酒になり、ミネラル感も前面に出て、白ワインみたいになってましたね。

めいさんの一連の「非速醸体験」をキレイに整理してくれる酒だと思うので、見かけたら手に取ってみて下さい。地味ですがイイ酒です。こういう酒を「イイ酒」と言うんだと思います。


2017.07.22 Sat 11:53
Edit | Reply |  

Name - めい  

Title - 

毎度です。

最近、スイスイ呑んだお酒の☆が伸びないなあ、と理由を考えていまして。

ちょっと温度を下げすぎてるのかも。

ギンギンに冷えてると甘みも感じにくいですし、情報量が減る上に、酔いが回ってくるまでに時間がかかるからスイスイ呑んじゃってたのかな、と思い当りました。

と言いますのも、遊穂 生酛純米吟醸無ろ過生原酒 仕込29号を開けた時に、口に含んだ瞬間は「おっ?」と思ったのですがその数秒後にざらざらした甘味が出てきまして、全体としてはあまり良くなかったんです。

そこに来て、「上喜元」の記事にあった「全温度対応」という言葉から、これは呑み方に問題があったんだなあ、と気付かされました。

まだまだですなあ…
2017.07.22 Sat 11:07
Edit | Reply |  

Name - まったり日本酒道  

Title - To おみずさん、moukan1972♂さん

毎度です。

> おみずさん

ブログ見ていただいて、ありがとうございます!純大の緑ラベルは、「津島屋 純米大吟醸 播州産山田錦 生酒」ですよね。僕も外飲みでいただいてますが、けっこう甘みが出ていて、酒としてのバランスも良かったので旨かったです。モウカンさんには甘すぎると言われる恐れがあるので、勧めてません(笑)。今季の中では、これと八反錦の生酒が特に良かったと思います。

「雄町 純米大吟醸 生酒」は昨年のものがすごい良かっただけに、今季はそれよりは良くないです。

> しかし独特の後味があって開栓後のコンディションの問題なのか元々の銘柄の特性なのかその辺はよくわかりませんでした。

これは前にモウカンさんが前に津島屋の記事で書いてた↓ですね。

http://moukan1972.blog.fc2.com/blog-entry-529.html
---------
退けにかけての苦み・辛みもあるけど、これはこの手のイマドキフルーティー酒がその甘さと引き替えに支払うべき代償のような属性
---------

雄町も播州山田錦と同じくらい甘みは出てるんですが、播州山田錦よりも、この代償がいっぱい出てしまっているため、ちと重くなってしまっています。。

僕としては、今までやってなくて、今季で初出荷となる八反錦の火入れに期待しています。生酒が良かったんで、火入れも良いんじゃないかと。もう少し待ったら出てくると思います。

> モウカンさん

報告が遅くなりましたが、「長陽福娘 夏吟醸 直汲」乗っからせてもらいました(笑)。「長陽福娘 夏純米 西都の雫」と一緒に買いました。「長陽福娘 夏純米 西都の雫」の同梱を何にしようか迷ってたので、渡りに船でした!おみずさん、アイオライトさん、ありがとうございますm(_ _)m

同梱の目処をつけてたはせがわ酒店オンラインでは、西都の雫の四合瓶が売り切れちゃったので、別のところで買いました。もし、このBBS見てる方がはせがわ酒店で西都の雫を買ってたら、ぜひ感想を(笑)。

僕が長陽福娘を2本買った後に、2種類とも売り切れたので、モウカンさんと同じところで同じタイミングで買ったんじゃないかと(笑)。受注日時:2017年7月21日 14:20とメールにあります。それにしても、夏酒を喜んで2本も買う日が来るとは。。岩崎さんの術中にはまりました(笑)。

あと、先日、酒屋に行ったら、米鶴 マルマス赤の四合瓶があったので、それも買ってます。マルマスは四合瓶もあるんですね。こちらを先に開ける予定です。
2017.07.22 Sat 01:59
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To アイオライトさん



毎度です。


──長陽福娘の直汲み夏吟醸よかったですよ。立ち香は爽やかなラムネ、含むと発泡感があり、甘みはドライで旨みはやや強め。キリっとした酸のおかげもあってキレは抜群。アル添のぼやけは一切感じず、むしろ娘らしいソリッド感としっかりした骨格があります。これはお薦めしておきます。

まさに土俵際まで攻め込まれてしまった (笑) 。あああ、毎年マチダヤに入るのに昨日は見なかったなー。

了解です。見つけ次第、手に入れます。ありがとうございました!

2017.07.21 Fri 13:35
Edit | Reply |  

Name - アイオライト  

Title - 

毎度です。
おみずさんも少し書いてますが、長陽福娘の直汲み夏吟醸よかったですよ。
山田錦の磨き50%でアル添です。立ち香は爽やかなラムネ、含むと発泡感があり、甘みはドライで旨みはやや強め。キリっとした酸のおかげもあってキレは抜群。アル添のぼやけは一切感じず、むしろ娘らしいソリッド感としっかりした骨格があります。これはお薦めしておきます。
2017.07.21 Fri 13:25
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To temakinoriさん、おみずさん



temakinoriさん


毎度です。


──甘味が引っ込んだことでさらにナッツ感が出てきましたけど、乾いた穀物みたいな感じ?
──ただ僕としては、ここまでナッツを感じる酒を飲めたことは良い経験になりました。


そういや temakinoriさんは「酒屋で入荷間もない酒」の「早飲み」が基本なので、そもそも「熟成状態の酒」をほとんど知らないですね──「風の森」「多賀治」等、ガス感のあるシャープな生酒がフェイヴァリットということもあって。

蔵癖なのか、造り手の意図なのかはわかりませんが、「昇龍蓬莱/残草蓬莱」はフレッシュ・コンディションでも琥珀カラーの米の旨み (ナッツやカラメルのような香り) が出ることあります。でもこれ、火入れの熟成酒なんかには当たり前のようにある香りです。ここのパートがお燗にすると香ばしく膨らみますが、生酒だとそこまでは香らないですね。ま、刺身を炙るか、干物を炙るかの違いだと思ってくれれば分かりやすいかと思います (笑) 。

生酒でも1年近く熟成させれば、銘柄によっては出ます。ただ、苦手な人もいるので、これがあるからどうということはないです。今はフレッシュ&フルーティーな酒から日本酒の世界に入る人が多いので、これらとはある意味で真逆の酒質ですしね。僕らは割りと早い段階で「神亀」の洗礼を受けたので、このへんの香りは全くの許容ですね。

ちなみに「昇龍蓬莱/残草蓬莱」の社長は「神亀」を飲んで感銘を受けて、自分でも「神亀みたいな旨い酒を造りたい」という出発点を持っています。「昇龍蓬莱」の火入れの酒はお燗生えする設計なので、この冬あたり、デビューしてみてもいいかもしれませんね。槽場直詰シリーズとは全く違う酒質ですが、僕が飲んだ「特別純米 古酒ブレンド 25BY」はまさに「神亀」をモダンにブラッシュアップしたような素晴らしい酒でした。

もう一丁ちなみに言うと、「長陽福娘 山口9E 27BY」にもナッツ香はほんのり育ってます。強い酒なのでそこまで前面には出てないですが、旨みのコアが力強くなってる感じですかね。たぶんこれ、temakinoriさん飲んだら泣くと思います (笑) 。


──含んだ0.5秒ぐらいは良くって、それ以降はちょっと奥行きがないですね。モウカンさんのいうペラいってところはきっとここら辺だろうなというのは分かる気がします。結果的に初日のほうが良かったです。

今季の「Queeen」も翌日はガタガタでしたね。ま、ドレスに惑わされるんですよね、この手の酒は (笑) 。最終的に芯 (コア) の弱い酒は飲み飽きするし、翌日に伸びて来ません。そのうち初日の一口を飲んだだけでわかるようになりますよ。ま、わかって得することはなにもないんですが──翌日にガッカリする手間が省けること以外。

そう考えると、去年までの槽場直詰シリーズは鉄の鎧を身につけてるくらい力強かったと思いますね。


────────────────────────────

おみずさん


毎度です。

おっと「山田錦/火入れ」ですか。そういや昨日、久々にマチダヤに行ったら「山田錦」がありました。あれ、火入れだったんですね。眼中なさ過ぎて、よく見てませんでした (笑) 。


──同時に飲んだ長陽福娘のアル添夏酒のほうが全然美味いという(笑)。

「夏吟醸」ですよね? これ、飲んだことないんですよねえ。毎年見かけてるんですが、長陽福娘のアル感って、ウォッカ寄りなニュアンスになることが多いので、それで飲まず嫌いしてるだけなんですが (笑) 。

ちなみに昨日は見当たらなかったですね。長陽福娘は山田錦55の生熟 (29.7) を買ってきました。ぼちぼち中身が27BYにスイッチするはずなんですが、ラベルを見てもスタッフに訊いてもわからないから飲んで確かめます。これで3本目です──これまでの2本はたぶん26BYです。

これ、生熟耐性のあるおみずさんなんかには真っ先にオススメできる逸品です。近いうちに開けるので──飲めば26BYか27BYかわかりますので、☆4.5以上でGO!です (笑) 。通販ページにはないと思いますが、以前、問い合わせれば代引できるようなことは言ってました。マチダヤオリジナルの、蔵元氷温瓶囲い山田錦55生原酒です。

【315】長陽福娘 純米吟醸 山田錦55 生熟成 27BY? (たぶん26BY)
http://moukan1972.blog.fc2.com/blog-entry-755.html



──とは言え味覚は退化できないので来週飲む予定のそこそこ美味しいと言われている愛山に期待してます。冩樂も他同様に今年調子悪いですが今までホームランとヒットを打ちまくってたという事になるんですかね~。

おっと、まだこれがありましたね。今さら買えないので、旨いという話になると、これは悔しいぞ (笑) 。28BYも「純米しぼりたて生 11月ロット」は良い出来だったんですけどね。あとは「なごしざけ」勝負ですね。これは争奪戦になりそうな予感があるので、ちょっと気合入れますかね。おそらく多くの読者さんも買うはずなので、コケたら全員死亡です (笑) 。


──あと外飲みですが津島屋の緑ラベル山田錦純大を飲みましたがマスカットの果実味があって美味しかったです。雄町とかも出てますし米違いとか集めてちょっと買って飲んでみようかな?と思ってます(笑)

おっと「津島屋」。これ、イイやつ待ちなんですよね〜。今さら速醸のフルーティー酒でどこまで感動できるか自信ないですが、酸は出てそうですね。

おみずさんも僕と同様の〝しつこさ〟あるので (笑) 、同一銘柄固め打ちを始めると、結構なところまで広げますよね。なにかイイやつあれば是非教えてください。

うちの冷蔵庫も徐々に「篠峯」「長陽福娘」「黒澤」で50%以上を占めて来ました (笑) 。

2017.07.21 Fri 12:49
Edit | Reply |  

Name - おみず  

Title - シャラヤマ

お疲れ様です。
昨日、愛山より先に不安のあった冩樂の山田錦火入れを飲みました。
が、生の延長線上で想定内の展開に悪い意味で納得しました・・・。
同時に飲んだ長陽福娘のアル添夏酒のほうが全然美味いという(笑)
冩樂も他同様に今年調子悪いですが今までホームランとヒットを打ちまくってたという事になるんですかね~。
とは言え味覚は退化できないので来週飲む予定のそこそこ美味しいと言われている愛山に期待してます。

あと外飲みですが津島屋の緑ラベル山田錦純大を飲みましたがマスカットの果実味があって美味しかったです。
まったり日本酒道さんとこで見てたので期待してましたが良い感じじゃあないかと。
しかし独特の後味があって開栓後のコンディションの問題なのか元々の銘柄の特性なのかその辺はよくわかりませんでした。
雄町とかも出てますし米違いとか集めてちょっと買って飲んでみようかな?と思ってます(笑)
2017.07.21 Fri 07:34
Edit | Reply |  

Name - temakinori  

Title - 昇龍蓬莱×八反錦

こんばんはー。
2日目飲んでますが酸がもうちょっとハッキリして、甘味が引っ込んだ感じです。

甘味が引っ込んだことでさらにナッツ感が出てきましたけど、乾いた穀物みたいな感じ?
含んだ0.5秒ぐらいは良くって、それ以降はちょっと奥行きがないですね。

モウカンさんのいうペラいってところはきっとここら辺だろうなというのは分かる気がします。

装いは好きなんですけどね、人と同じでいくら着飾っても結局は中身ってところなんでしょうか。

結果的に初日のほうが良かったです。
装いが好きな系統だから惜しいなぁと思うんですけど、中身の部分に琴線に触れるところが見当たらなかったです。

ただ僕としては、ここまでナッツを感じる酒を飲めたことは良い経験になりました。
2017.07.20 Thu 22:14
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To temakinoriさん



毎度です。

今季から社長が杜氏を務めるようになり、Queeenにおける、そのあまりに稚拙な〝見様見真似感〟に心底ガッカリして以来、28BYの「昇龍蓬莱/残草蓬莱」は完全スルーを決め込んでいたんですが、知らぬ間に新商品 (初の八反錦) が出ていたとは、去年までの杜氏作だったら「昇龍蓬莱×八反錦」なんて絶対に買ってましたので、レポートありがとうございます。

temakinoriさんのレポを読む前に先に僕の思うところを書くと、要は〝上っ面〟なんですよね。前杜氏が出せて今の杜氏に出せないもの──それは〝ガツンとした米の旨み〟なんですね。上っ面がピーキーでドレッシーな酒だけに、そこの芯がないと非常にペラい仕上がりになるという。逆に前杜氏が移籍した先で作った酒には〝ガツンとした米の旨み〟の片鱗こそありましたが、やはり、10号酵母では液性はキラリと輝かないという。お互いに何があったかは知りませんが、両者が「旨い酒」に必要な何かをそれぞれ分割して所有しているのが現状だとは思ってます。

さて──。


──飲み進めていくと香りがナッツのような、ミックスナッツ缶を開けたときの感じが出てきてこれも面白い。

これですね、ここの酒が持つべき〝米の旨み〟の要素は。フレッシュ・コンディションでも琥珀カラーの米感に出会えるんですよ。このギャップこそ魅力なんですね。どうやら、この八反錦にはあるみたいですね。


──それにしても軽やかですね。 飲み進めていくともうちょっと重めのも挟みたくなってきます

そこを「ペラい」と取るかは個人の嗜好に左右されますね (笑) 。この時期ならではのマッチングの良さかもしれないですし、秋が深まる頃に飲んで同じ印象になるかは謎という。ただ、27BYの「山田錦77 槽場直詰」は決して「軽やか」ではないですし、「残草蓬莱」とは異なり、「昇龍蓬莱」は力強い凝縮感がウリだとは思いますね。


──あと文句つけるとしたら、アフターの酸はもうちょっとほしいですね。キラキラ細かく口の中でチャキチャキやってからフィニッシュしてほしいところはあります。

ま、大矢孝酒造の「星組」は「残草蓬莱」が担当しているので、もともと「昇龍蓬莱」はキラキラした酒ではないです。どちらかと言うと「土組」というか (笑) 。

そのうちイケセイに試飲イベントで来ると思うので、時間が合えばパーっと入ってきますよ。ちなみに今週は「越後雪紅梅」と「幻舞」ですね。


2017.07.20 Thu 10:48
Edit | Reply |  

Name - kappa1970♂  

Title - シュピゲラウ

サンジュリアンさん

おはようございます。

ワイングラス、キッチンから排除されたのですか。。。

我が家も同じですね。リーデルオー大吟醸1脚すら、邪魔物扱いされています。

グラスの御指南有難うございます。
シュピゲラウ、品質は良さそうですが、それにしても4脚セットでこの値段はバーゲンプライスですね!

確かに現物見てみないと、大きさやラウンド具合を実感できないので、扱いのある店に行って手にとってみたいと思います。

いつも有難うございます。

2017.07.20 Thu 08:44
Edit | Reply |  

Name - サンジュリアン  

Title - ワイングラス

カッパさん

もう赤ワインは飲まれたのですね。

家には金魚鉢(ブル赤ワイン用)や大ぶりのボルドー赤ワイン用をダースで持ってますが、置き場所確保と棚に仕舞うのが大変です。
何時も家内からクレームが出てダイニングの棚から追い出されました。

頻繁に使われるなら、割れても泣かない普及品、見栄晴君なら手吹き品、リーデル、シュピゲラウなどで一脚1300-8000円で売ってます。
選ぶポイントはガラスの薄さ(口当たり) と仕舞う時問題になる大きさ
赤白泡とオールマイティに使えるのはやや大ぶりなボルドー白用 か汎用赤ワイン用(-22cm高)
参考までにシュピゲラウの普及品 http://item.rakuten.co.jp/veritas/c/0000002214/
デパートやハンズで現物見て買われた方が良いでしょうね。
2017.07.20 Thu 06:31
Edit | Reply |  

Name - temakinori  

Title - 昇龍拳

こんばんはー。
フィーリング買い→即開けします。
昇龍蓬莱 生もと純吟 八反錦60 槽場直詰生原酒です。ライブでぶつぶつと。

日本酒度+9
酸度2.0
7号酵母

八反錦は過去の体験からなんかお仏壇が脳内を過るのですが、それ以外はもはや負ける要素がないのではと開ける前から勝利宣言。まったく根拠レスに自信ありです!
ここの酒は去年のQueeen以来、生もとのこっちは初です。
では、ウイニングラン行ってきます。笑

柑橘系の穏やかな香り、よかったお仏壇まったくなし。
香りからはうっすらとテロっとした甘味の先読みも。あんま分かってない僕が、一か八かでこれは7号ですねと言い切る雰囲気はあります。
飲む前の雰囲気は軽めの印象。

含みます。

いいですね、ちゃんと酸と軽やか液体。
全体的にライト&ドライで、複雑&微かな苦味から、その後は甘味もちゃんと感じられます。シュガーレス系よりはもうちょっとナチュラルな甘味。
ずーっと奥の方にすこしだけゴム感のあるセメダインも。飲む前の香りと味のギャップは少ないですね。

近いものを飲んだことありますが、持ち前の記憶力の悪さから思い出せず。

それにしても軽いですこれ。
この時期にちょうどいいですね。

それぞれの要素はあまり主張するわけではなく、例えばヨエモン亀の尾比でいうと全体的にダウンスケールした感じの中で、かといって薄いわけではなく、そのスケール内でメリハリがハッキリしている感じといいますか。

あと僕でいうところのカマンベールチーズと合う系ですねこれは。

良いですね、僕は好きです。
飲み進めていくと香りがナッツのような、ミックスナッツ缶を開けたときの感じが出てきてこれも面白い。

想像ですが2日目はもうちょっと主張してきそうな予感も。

お米の酒感はないですし、ジュンジョワーとした主張を求めるにはライトですが、夏はライト&ドライだけどスパルタ系ちょっと…という方には選択肢の一つとしてご紹介は出来るかと思います。

それにしても軽やかですね。
飲み進めていくともうちょっと重めのも挟みたくなってきます。

あと文句つけるとしたら、アフターの酸はもうちょっとほしいですね。キラキラ細かく口の中でチャキチャキやってからフィニッシュしてほしいところはあります。
2017.07.19 Wed 22:44
Edit | Reply |  

Name - kappa1970♂  

Title - すわんジュリアンさん

サンジュリアンさん

こんばんは。コメント有難うございます。

梅雨が明けましたが、乙女の滝へのリベンジは果たせましたか?
突き抜ける晴天の下、滝から放たれる霧状の水を、全身しっとりするくらい浴びるのは、存外に気持ちが良さそうですね。

先週札幌に行った際、会食で赤ワインをご馳走になったのですが、moukanさんがサンジュリアンさん宅で見た

〝小さな金魚なら1匹くらいは飼えそうなほどのワイングラス〟

で供されました。

ソムリエお任せだったので、カリフォルニアの赤ワイン程度しか認識がないのですが、芳醇な香りが容易にキャッチでき、グラスをくるくる回しながら、やっぱり赤ワインを楽しむなら、ボルドーグラスが必要だなと強く思いました。

さて、赤ワインの飲む順番の御指南、有難うございます。

キノー>ラグランジェ>>>サンボネ

実は、先週義理の父の誕生日の時にサンボネを飲みました。野菜室から出して10分程度ハンドキャリーし、抜栓してすぐに飲んだからだと思いますが、サンジュリアンさんのご指摘通り、香りも味も閉じこもっていて、ライトな印象を抱きました。2杯ほど飲んで会はお開きになり、残りを置いてきてしまったので、常温戻し&空気に触れることによる開花?を見届けられませんでした。安いのでまた買い直して見たいと思います。

キノーとラグランジェは同時飲みをしてみます。

その前に、金魚グラスを買わなきゃですが、お勧め・拘りのグラスはありますか?

リーデルが無難な気がしますが、王道を敢えて外したいという気持ちが強くあります。

栓抜きに続き、拘りを伺う次第です!
カニ爪栓抜きによる抜栓は、相当上手くなりましたよ。(笑)

2017.07.19 Wed 21:03
Edit | Reply |  

Name - サンジュリアン  

Title - to kappa さん

毎度です。

ボルドーの赤 買われたのですね。
参考までに赤ワインの濃さ(薄い順に飲んで下さい)

キノー>ラグランジェ>>>サンボネ です。
年にもよりますが、キノーはメルロ主体で土壌も肥えているので先ず薄いということはなく、チョコレートぽさとバニラ(樽香)で滑らかな飲み口の筈です。
ラグランジェとサンボネはメドックなので、カベソ主体で細身に感じる筈です。
唯ラグランジェいい土壌でかつ厳しいワイン選別をしてるのでサンボネよりリッチで膨よかでスタイリッシュです。この辺りが格付けの差でしょう。
キノーとラグランジェはワインだけ同時に飲んでも片方が霞むことはなく、スタイルの違いが分かると思います。
サンボネは? ¥1000クラスのボルドーの上級品 という感じですので肉類と一緒に飲むのがいいでしょうね。単独で飲むにはリッチさが足りないでしょう。
以前オススメしたラローズ・トライトドンやラネッサンより薄いと思います。
2017.07.19 Wed 11:46
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To kappa1970♂さん



毎度です。

札幌の暑さはニュースになってましたね。「雨男」の次は「暑男」という、さすがは常に想定の裏を突くkappa道ですね (笑) 。


──・角右衛門夏酒純米吟醸しろくま
・飛良泉山廃純米
をサクッと飲みましたが、意外性皆無で、テンションだだ下がり。


どちらもコメ欄を通じて見たことある酒じゃないですか。「角右衛門」は之吟で扱いがあるので、そのうち何か買ってみるとは思いますが、もはや速醸のそこそこ美人ちゃんな酒くらいで満足できるかどうか。

「篠峯」の八反26BY、まだありましたか。去年の暮れに僕とサンジュリアンさんが飲んだモノと同じですね。僕はフレッシュ・コンディションでも飲んでますが、まあ、少し不思議な熟成の仕方をする酒です。ソリッドでスカスカな感じもすると思いますが──ピークアウトしつつある白ワインのよう──、それでもレモンの一滴が残ってれば楽しめますよ。ま、僕らが飲んでから更に半年過ぎてますが。

愛山は純米65も面白いと思いますが、純大45とは全く別の酒質です。純米は「櫛羅 純米」に近いですが、今の1年熟成状態なら「Kodama Turning 27BY」を超えてる可能性ありますね。愛山45は僕も手配しましたので、細かいサポートはできると思います。結局フレッシュ・コンディションで飲んでないので不安ですが、28BYの「牛乳@お花畑」で鍛えられてますので、今なら普通に飲めると思ってます──木香ないですし (笑) 。


──今、阿櫻飲んでます。ドエッサン(ドS酸)で悶絶したかったのですが、スペックに比してとてもバランス良く、いわゆる穏やかクイクイ系。特別純米で、速醸なのに割りかしペッタンコで、楽しんでます。

アミノ酸度と酸度の開きが大きいと軽く感じること多いです。酸味に透明度が出ますね。いわゆる「ツルピカ」というヤツです。ここが重くなると「苦味」「渋味」に育ちますが、バランスがいいと「フルーツの皮」や「タンニン風情」でとどまってくれます。

酉与右衛門の「亀ノ尾」は速醸がアタリですね。全く別の酒なので、山廃との比較はあまり意味ないですが、機会があれば飲んでみてもいいと思います。

2017.07.18 Tue 00:10
Edit | Reply |  

Name - kappa1970♂  

Title - 暑中お見舞い申し上げます

moukanさん

こんばんは。
moukanさんそして読者の皆様、暑中お見舞い申し上げます。

先日、札幌に出張してきたのですが、33度と東京よりも暑くて、打ちのめされました。

夜は単騎で飲み屋に出向き
・角右衛門夏酒純米吟醸しろくま
・飛良泉山廃純米
をサクッと飲みましたが、意外性皆無で、テンションだだ下がり。
30分位で店を退散し、コーヒー飲んで寝ました。

最近の我が家の新入生は
・阿櫻特別純米無濾過生原酒大潟産ふくひびき28BY

moukanさんに触発されて
・篠峯遊々純米無濾過生酒27BY
・篠峯愛山純米大吟醸無濾過生酒27BY
・篠峯八反純米吟醸無濾過生酒しぼりたて26BY

フランス🇫🇷からサンジュリアンさん推し
・シャトー ラグランジュ 2014 サンジュリアン
・シャトー キノー ランクロ 2006 サンテミリオン
・シャトー ラ トゥール サン ボネ 2012
といったところです。

今、阿櫻飲んでます。

昨年飲んで、酸っぱくて悶絶した阿櫻の青ラベルは店には在庫しておらず、リベンジならず。
で、初めて飲む ふくひびき。
スペックは
日本酒度+4
酸度2.4
アミノ酸度1.1
酵母協会901号

ドエッサン(ドS酸)で悶絶したかったのですが、スペックに比してとてもバランス良く、いわゆる穏やかクイクイ系。
特別純米で、速醸なのに割りかしペッタンコで、楽しんでます。

酉与右衛門山廃純米無濾過生原酒亀の尾をもっときめ細やかにした青い鳥がチラほら。(笑)

それではまた!


2017.07.17 Mon 23:31
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To サンジュリアンさん



毎度です。

「洗心」普通に飲めたようでよかったじゃないですか (笑) 。ま、その値段で普通に飲めなきゃ大問題ですけど。


──ざる蕎麦や素麺食べながら飲めるそんな酒ですね。

実際、そこそこの高級和食割烹なんかで720mlが15,000円でメニューに載ってそうですね。僕は飲んだことないですが、以前、ある酒屋で20代の日本酒ヲタ2人組が「我々にはこの酒を飲む必要がある!」とか言って目の前で買ってるのを見て、それで逆に家に帰って調べたくらいです (笑) 。


──ビールで言うならサッポロ黒ラベルですね。水っぽくはないがコクも無いけど飽きずに飲める。

僕の中では「八海山 特別本醸造」がそんな酒ですね。イマドキの攻めてる銘柄の直汲みだの生原酒だのは味の情報量が多いので却ってノイジーに感じることが多いんですよ。4K映像で女優のシワやシミが目立つようなもんですね。

2017.07.17 Mon 13:23
Edit | Reply |  

Name - サンジュリアン  

Title - 洗心

毎度です。

十四代を含む昨年暮れから5月迄あった月2本(1.8L 瓶)の頒布会に付いていた洗心(2017.3ロット)開けてみました。
火入れ加水の純米大吟醸(たかね錦23)ですが、値段が¥3000(1.8L)なら夏飲むに向いた米ジュースだと思います。
香りも味もコクも全て中庸、冷やしてスイスイ(クイクイ)飲める夏酒 という感じです。日本酒であるが日本酒ぽくない、アルコール臭もないが寒梅の様な悪い意味で水の様な飲み口でなく、米で作られたアルコール付きジュースですね。最近ムロゲン生(特にセメダイン系)飲むと胃が重く感じ事が多いですが、これ飲んでもワイン飲んだ後の様(味わいは勿論違います)
ビールで言うならサッポロ黒ラベルですね。水っぽくはないがコクも無いけど飽きずに飲める。
ざる蕎麦や素麺食べながら飲めるそんな酒ですね。
¥12000の価値は全くないので2度と買うことはないが、
2017.07.17 Mon 13:15
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To めいさん



毎度です。今日は暑かったっすねー。


──マチダヤさんの「長陽福娘 純吟山田錦 55 生熟」がH29.7ロットに変わってました。迷ったら買うことにしているので買ってみました。

単に出荷日の違いだけなので、中身は同じですね。岩崎社長に訊いたところによると、瓶で囲って蔵で氷温管理して、マチダヤからオーダーが入ったら都度都度出荷しているようなので。

これ、ぼちぼち「中身27BY」にシフトすると思うんですが──僕が飲んだ2本はおそらく「中身26BY」──、ラベルのクレジットだけじゃ分からないんですよね。そこは書いてほしいですね。今年は早くも3周目ですか。僕も後追いしますかね。


──マチダヤさんは行って見ないと何があるのか分からない上に、日曜営業の数少ないお店なので行かざるを得ません(笑)

なにせ店長自ら「うちの品出しは読めないと思いますよ〜」とニヤけるくらいですからね (笑) 。忘れた頃に他でとっくに売り切れてる酒がドドンと入ったり、もうメチャクチャですよ。


──「山廃 純米大吟醸のひやおろしは出るんですか?」と之吟さんに訪ねたところ、「蔵には一滴も残ってないらしいよ」とのことで、今度出すのは「生酛 純米」だそうです。

さすがは大ヒット商品 (笑) 。之吟もオカワリしてましたからね。「生酛」は一回火入れですかね。生酒を飲んだ限りだと、そこそこイイ「ひやおろし」になると思います。

竹雀・・・。

2017.07.16 Sun 21:34
Edit | Reply |  

Name - めい  

Title - 新井薬師前詣で

おばんです。

今日は暑すぎるので車で新井薬師前詣でです。

マチダヤさんの「長陽福娘 純吟山田錦 55 生熟」がH29.7ロットに変わってました。
迷ったら買うことにしているので買ってみました。

マチダヤさんは行って見ないと何があるのか分からない上に、日曜営業の数少ないお店なので行かざるを得ません(笑)

之吟さんにも顔を出して、「佐久乃花 正木米(ひとごこち) 山廃 純米大吟醸 生原酒」に当たってみました。すると矢崎杜氏から電話がかかってきて、「お昼を食べに行こう!」とお出かけモードに。

「山廃 純米大吟醸のひやおろしは出るんですか?」と之吟さんに訪ねたところ、「蔵には一滴も残ってないらしいよ」とのことで、今度出すのは「生酛 純米」だそうです。

冷蔵庫には竹雀 雄町がたくさん並んでいました…
2017.07.16 Sun 18:23
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To めいさん



毎度です。

九郎右衛門は「山廃 火入れ 27BY 1年熟成 (詰口:2017/1) 」の方がイイ酒ですね。「生酛」は「軽い」というよりは「たるい」酒です。「甘ったるい」「かったるい」の「たるい」です。そこそこ愛くるしくて和やかですが、ちょっとヘラヘラしてますね。今ひとつ僕には「何がやりたいのか」わかりにくい酒です。

「遊穂」も未飲なんですよね。ここも非速醸の酒が多いので、夏にうってつけかもです。イマデヤのアゲアゲっぷりが、かつての「はせがわ仕様」なのが気になりますが (笑) 、銀座ですか、仕事帰りのOL捕まえて頑張って欲しいです。

おっと「洌」ですか。数値的には「辛口」ですが、ちゃんと米の甘みの出てる酒だとは思いますね。僕もまだ1本しか呑んでないですが、水飴っぽい甘さなんですよね。我々は「果実的な酸」を求める口なので、まあ、今は進んで買う銘柄じゃないです。

「竹雀 雄町」は2年連続で地雷なので、真相が判明するまで僕も二度と手を出さないと思います。


2017.07.15 Sat 22:26
Edit | Reply |  

Name - めい  

Title - 

おばんです。

九郎右衛門はイマイチだったようでちょっと残念。

今晩は「遊穂 ゆうほのゆうき 山おろし純米 生酒(H29.5)」を開けました。

これは酸が足りてると思います!ちなみにスペックは日本酒度+2.7、酸度2.7です。

少しの乳酸感と熊本酵母のセメダインで盃が進んでます。

この酒は銀座シックスB2Fに入ったイマデヤの店員の勧めで買ったのですがなかなかいけます。冷やから少し温度が上がってきた方がスムーズです。

そもそもイマデヤへは「月山 生酛 純米大吟醸 おろち」を買いに行ったのです。これも近いうちに開けます。

最近呑んだ中では、之吟酒の「洌 純米大吟醸 無濾過生原酒」が速醸なのですが一日で空いたので、美味しいんだろうなあと思います。

竹雀の雄町は捨てました…
2017.07.15 Sat 19:54
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To めいさん



毎度です。


──つい日本酒のコーナーを見ると立派な冷蔵庫があり、「風が吹く 金ラベル 山廃純米吟醸 中取り」が売っていたので買ってみました。で、ちょっと休ませて呑んでみたのですが、前に地酒屋こだまで買った時とはかなり味が違い、盃が進みません…

まあ、こればっかりはミステリーな部分もありますね。「長陽福娘 限定直汲み 純米 山田錦60」とか、うちの1800mlはボロカスでしたが、美味しく飲めた人も多かったようです。


──きちっとした地酒屋と同じ仕事をアンテナショップに求めるのは酷なのかも知れませんが、酒蔵にも我々消費者にもよろしくないですね。

まだ生酒が冷蔵庫に入ってるならマシです。問題は「空港」などの「火入れのお土産酒」ですね。これ、実際、蔵元としての「稼ぎ頭」なので、コンディションへの悪影響が分かっていても出荷せざるを得ない事情があります。なんだかんだで、地酒専門店で一部のマニアに向けて売られている酒の総量は全体の中では極一部です。


──でも三重テラスの伊勢角屋ペールエールは鈴木酒店と同じ味がしたので、あそこのは大丈夫です!

ビールの安定感は異常ですよ (笑) 。うちでも日本酒でハズした際はイセカドで補填というのが定番の流れになってます。ただ、ここのブリュワーは「季節限定商品」のクオリティがヤッツケですね。いろいろ飲んでますが、結局ペールエールだけが別格に旨いという。限定品をチマチマ出すならペールエールの缶を作って欲しいですよ。

2017.07.13 Thu 22:25
Edit | Reply |  

Name - めい  

Title - お店選びは大事ですね

おばんです。

友人より福島県のアンテナショップの商品券をもらったので、日本橋のアンテナショップへ行って来ました。

つい日本酒のコーナーを見ると立派な冷蔵庫があり、「風が吹く 金ラベル 山廃純米吟醸 中取り」が売っていたので買ってみました。

で、ちょっと休ませて呑んでみたのですが、前に地酒屋こだまで買った時とはかなり味が違い、盃が進みません…

コンディションなのかな、と思わざるを得ません。

きちっとした地酒屋と同じ仕事をアンテナショップに求めるのは酷なのかも知れませんが、酒蔵にも我々消費者にもよろしくないですね。

でも三重テラスの伊勢角屋ペールエールは鈴木酒店と同じ味がしたので、あそこのは大丈夫です!
2017.07.13 Thu 20:54
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To NTさん

毎度です。

せっかくなので「櫛羅」の記事内に転載して、そこでレスしますね。

http://moukan1972.blog.fc2.com/blog-entry-711.html#comment2342

2017.07.11 Tue 14:53
Edit | Reply |  

Name - NT  

Title - ヴィンテージ生酒

櫛羅、非常にうまそうですね。 口福感が伝わってきます。 私は、14BY(最初見たとき西暦表示かと思いました)の米鶴の純吟生を呑んだことがあるのですが、シルキーで、上品な甘みに少しのビター感が混じりながら、長く伸びる味わい、老ね感はなく、ちょっと官能的な冷やかさが生酒であることを感じさせてくれました。 

櫛羅の記事を拝見して、似たような感覚かなと思った次第です。 造りの良い生酒を冷蔵で10年も寝かせると、こういう感じになるんでしょうかね。 またこういう酒に出会いたいものです。
2017.07.11 Tue 13:58
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To おみずさん



毎度です。

酒レポ、ありがとうございます。3連休のどこかで表参道ヒルズに出向く用があるので、ハセガワにまだ残ってればいいんですが、PBはそこそこ玉数はありそうです。


──しかし火入れにもかかわらず見晴らし良いクリアさがありますね。やや甘酸を感じた後にスーッと引いていく感じが良いです。温度が上がると甘酸が増しました。ちなみにアルコール感はほとんど感じません。

モダンに上質カジュアルな感じですかね。今の我々には素直にフィットしそうです。ちょうど28BYの篠峯が2本あるので、確かにそこと絡ませても面白いかもしれません。ジュース・パートでは負けるでしょうが、骨格対決なら勝ち目も (笑) 。


2017.07.11 Tue 10:56
Edit | Reply |  

Name - おみず  

Title - 澤屋まつもと

Tojyo飲んでみましたが開栓するとシュッと音はしますが炭酸感はそこまでありません。
開栓注意とかHPに載ってますがロットの問題もありますしその辺は個体差でしょうか(笑)
しかし火入れにもかかわらず見晴らし良いクリアさがありますね。
やや甘酸を感じた後にスーッと引いていく感じが良いです。温度が上がると甘酸が増しました。
ちなみにアルコール感はほとんど感じません。
まつもと自体ココンを2年前に飲んだだけなので対比のしようがないですが今年の篠峯と対比するには面白い酒じゃないかなぁと。
木香ないですし(笑)

2日目3日目で味が広がるような感覚を受けましたが勢いで寿司屋の大将に差し上げてきたので今回はわかりません。
とは言えまだ一升冷蔵庫にあるのでこれはまだ寝かせてから飲むつもりです!
2017.07.11 Tue 09:14
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To NTさん



毎度です。


──耐えられる範囲ですが、もし生だったら多分無理だったと思います。府中誉の渡船、以前に、何回か生を家のみしており、そのときは、濃淳な、「ぶっとい」系の酒だったので、そのときとは、かなり違うテイストですね。

おっと、これは酒屋の店主の言うことにも一理あるというわけですね。ありがとうございます。一回火入れでこれなので、生だとそこそこブっといんでしょうね (笑) 。


──ちなみに、竹雀も2~3年前に純米生を家のみして、このときは非常にごてごてして飲みづらくかなり苦戦しました。 その後、moukanさんのコメントを見て、今季もう一度トライしようかどうか迷っていたのですが、先日の記事拝見し、見送り決定です。

いやー、これには参りました。。。なにかのイベントで杜氏に会ったら話を訊いてみたいんですけど、もはや僕より年下ばかりなので、端から見てると怪しい中年が若者を恐縮させてる絵にしかならないのが心苦しいというか (笑) 。前に「若手の夜明け」というイベントで「ちえびじん」の杜氏に「木香あります」と言ったら顔が引き攣ってましたから・・・。みんな純朴で真面目なんですよね──「仙禽」の薄井以外 (笑) 。

でも、僕が飲んだ26BYの雄町50は本当にクリスタルでシャキっとしてて旨かったです。2日目はリンゴ・ジュースなニュアンスも出てきて、今想ひ出してもヨダレが出るほどです。まったり日本酒道さんが飲んだ「おりがらみ生 28BY」との共通項はありますので、ちょっと困ってるというのが正直なところです。

加水したら飲めるようになりましたが、オススメはできないです。


2017.07.10 Mon 15:03
Edit | Reply |  

Name - NT  

Title - 府中誉ほか

昨晩、開栓しました。 ヨッパだったので、記憶がまだらですが、ご指摘のとおり、ガス感ありで、華やか感もありました。 耐えられる範囲ですが、もし生だったら多分無理だったと思います。 府中誉の渡船、以前に、何回か生を家のみしており、そのときは、濃淳な、「ぶっとい」系の酒だったので、そのときとは、かなり違うテイストですね。 

ちなみに、竹雀も2~3年前に純米生を家のみして、このときは非常にごてごてして飲みづらくかなり苦戦しました。 その後、moukanさんのコメントを見て、今季もう一度トライしようかどうか迷っていたのですが、先日の記事拝見し、見送り決定です。
2017.07.10 Mon 14:26
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To temakinoriさん



毎度です。


──総論としてはタイトルの通りなんですけどね。

TV CM 1983年 不二家ミルキー
https://youtu.be/E44mCw1xaio

一応、知らない世代 (人) のために。今聴くとなにげに美メロですね (笑) 。


──長陽福娘山田錦純米?純吟山口9E? どっちかに通じる風合いですが、あれと違うのは奥行きのなさ。あれは陶酔できる幻想的なものがありましたが、こっちはなんていうかただのアルコール入り乳飲料みたいな。笑

酒米としてのポテンシャルの差が出ましたかね。なんだかんだで長陽福娘の山田錦は味出ますから。特に27BYは至高でしたが、今季は雄町50が僕の中では27BYの山口9Eっぽさを感じてます。もちろん、艶やかな果実味は27BYの山田錦の方が上なんですが、熟成させれば少しは追いつけるような気も。


──マイナスの先入観をいい意味で裏切られたけど、では今まで飲んできたものと比べると平均点以下ではあるという、なんとも処理に難しいお酒ですね。

いわゆる一つの「あ、飲める。でも・・・」という (笑) 。長陽福娘の生酒シリーズもぼちぼち終了ですかね。あとは火入れの冷おろしとか。地雷多めなので、無理に当たりに行く必要はないと思います。

それよりtemakinoriさんにはマチダヤ・オリジナルの「純吟山田錦55生熟」あたりを飲んで大いに仰け反ってほしいんですが、入荷時期が不明なのと、1800mlしかないのでハードルは高いです。あと問題なのは、中身がいつのBYなのか不明という。

ぼちぼち27BYに切り替わるはずですが、僕が3月に飲んだ「29.2」は多分26BYですね。つい最近「29.5」を見たんですが、買ってません。飲めば27BYにスイッチしたか分かりますが、陽子の27BY山田錦は大当たりヴィンテージなので、これは絶対に逃したくないんですよね。

前までは1年に1回くらいの入荷 (10月頃) でしたが、去年は春と秋の2回、今年はすでに2回なので、夏〜秋にもう1発くらいありそうです。まずは僕が当たりに行きますので、☆5が点灯したら是非飲んで欲しいですね。後悔はさせません。正直、凡酒100本飲むより遥かに得られるモノ多いです。


2017.07.07 Fri 23:18
Edit | Reply |  

Name - temakinori  

Title - ミルキーはまぁまぁの味♪

こんばんはー。
長陽福娘の西都の雫を2日目まで飲みました。総論としてはタイトルの通りなんですけどね。

・まず開けてみてガスはなし
・意外に甘味を感じる香り立ち
・香りはやや牛乳リンゴ

・含むと日本酒度+7.5とは思えない
・まったくスパルタ辛口感なし
・香りそのまんまの味
・甘味、うま味は思いの外しっかり
・全体的に味にも液性にもミルキー感
・酸はあんまりない、ガスはない
・味は意外にしっかりしてるが重くはない
・メリハリはあまりなく、まったり

なんかパンナコッタっぽい感じです。
以前もそんなこと書いた気がしますが、長陽福娘山田錦純米?純吟山口9E?

どっちかに通じる風合いですが、あれと違うのは奥行きのなさ。あれは陶酔できる幻想的なものがありましたが、こっちはなんていうかただのアルコール入り乳飲料みたいな。笑

プンプン薫る感じはないですけど、牛乳@お花畑ではあると思いますので、モウカンさんにはあまりお薦めできないです。

個人的にはまぁ夏酒だし、どうせスカスカなんだろうと思っていたらまったく予想外の方向性で良い意味で驚いていますが、では旨いかと言われるとまぁ飲めるけどそんなにテンションは上がらない、まぁいけなくはない、という難儀な感じです。笑

マイナスの先入観をいい意味で裏切られたけど、では今まで飲んできたものと比べると平均点以下ではあるという、なんとも処理に難しいお酒ですね。
んー。

不二家がお酒をリリースしたら、たぶんこんな感じだと思います。
2017.07.07 Fri 20:37
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To めいさん



めいさん


毎度です。


──昨日から突然島流しに遭い、帰京が夜中になってしまって朧のイベントへは行けなくなっちゃいました…

そりゃ残念。ま、どのみち今年は買おうと思ってましたが、まさか萩野酒造絡みの非速醸の初エントリーが生酛になるとは (笑) 。日輪田はまだ買えるので、こちらも近いうちにまとめて取り寄せます。夏酒〜ひやおろしと、買うべき酒の減る今の時期が最高です。


──雁木 純大 スパークリングのスペックを調べたら日本酒度-12!ちょっと、瓶に書いといてよー!

そりゃあ、酸度が3.0以上ないと甘く感じるでしょうね (笑) 。よく蔵元が「先入観なしで飲んでもらいたい」とか言ってスペックを隠すことがありますが、僕に言わせりゃ逆ですよ。「先入観 (事前予想) 」を植え付けて、それを「裏切る」ことで「驚き」を演出するわけですよ。思ってたより甘いとか酸っぱいとか辛いとか。「十四代」や「而今」などのブランドに対する先入観と数値に対するそれが異質なモノだとわかってないだけですね。まあ、そこも含めて考え方が野暮ったいわけですが。。




────────────────────────────

おみずさん


毎度です。

「奥能登の白菊 純米吟醸 そのまんま」──結局今季は買い逃してしまいました。何度か酒屋で見かけたんですけどね。27BYはミルキーでしたが酸は足りてたので今でも美味しく飲めるか確認したかったんですけど。


──この後の予定では写楽の愛山と澤屋まつもとのTojyoを飲む予定ですがさてどうでしょう(笑)

おっと身近なところで「冩樂 愛山」への登頂者がいた (笑) 。これがクソ旨かったら泣きますよ。TOJYOは「はせがわオリジナル」なんですね。3連休中にもしかしたら表参道ヒルズに行くかもしれないので、旨かったら一報ください。今チラっと「はせがわ」の商品一覧を見たら、なんかますます「新政」チックなブランディング (オレたち他とは違うぜイエイ) になってますね (笑) 。カワイイ奴らです。

2017.07.07 Fri 10:32
Edit | Reply |  

Name - おみず  

Title - No title

まいどです(・ω・)

昨日、奥能登の白菊の夏酒にごりを飲みました。
生詰なので非活性にごりですがメロンというより瓜味の飲み物・・・
もう少し甘味が出てたらまとまった味になってた可能性を感じましたが残念でした。
やはり純吟のムロゲン生で定番としとくのが良さそうですねぇ。

この後の予定では写楽の愛山と澤屋まつもとのTojyoを飲む予定ですがさてどうでしょう(笑)

2017.07.07 Fri 09:15
Edit | Reply |  

Name - めい  

Title - 島流し中

おはようございます。

昨日から突然島流しに遭い、帰京が夜中になってしまって朧のイベントへは行けなくなっちゃいました…
代わりに後輩を送り込んだのですが、「購入はお一人様一本まで」なので、大人しくはせがわへ注文しました。
ちなみに杜氏や蔵元は仙台の藤崎に集合してるので朧へは来ない(笑)

雁木 純大 スパークリングのスペックを調べたら日本酒度-12!
ちょっと、瓶に書いといてよー!
2017.07.07 Fri 08:13
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To temakinoriさん、めいさん



temakinoriさん


毎度です。

なんか局地的に降ったみたいですね。新宿方面は無事でした。


鶴齢 特別純米 生原酒 瀬戸産雄町
長陽福娘 夏純米 西都の雫 うすにごり生


おっと「鶴齢 雄町」いきましたかー。僕は先日の山田錦50がクソつまらなかったので、去年旨かった「越淡麗55」が明日届くところです。さすがにこの両者に「牛乳」はないと思いますが、28BYのtemakinoriさんはミルキー耐性あるので、万一あっても大丈夫ですかね (笑) 。味のある、カラフルな淡麗旨口酒という印象なんですが、下手に人懐こいくらいならガツンと「鶴齢セメダイン砲」をブチかましてほしいところです。

「夏純米 西都の雫」は毎年出てますね。そこまで危険な酒でもないと思いますよ。「山田錦」ほど味は出ないと思いますけど。マチダヤでも見かけますが、なにげにうち、27BYの陽子が3本もあるので無理には買いませんが、temakinoriさんの反応次第では。

また徒然に感想を残していって下さい。



────────────────────────────

めいさん


毎度です。

「雁木」で甘いですか! ここの酒はどちらかというと細くて酸っぱい印象なんですけど。


──ゆきの美人 活性にごりの方が進みが倍ほど早かったので、自分の中ではこの夏に呑むシュワシュワ系暫定王者です(笑)

明日か明後日マチダヤに行くので、ちょっと見てみます。DATE SEVENがあれば買いたいんですよね。かなり淡麗な感じですが、そういや、明日、イベントですね。めいさんのレポート待ちにしますかね。タイミングがあれば、佐藤曜平氏に「なんで28BYの萩の鶴は酸っぱくないのか」訊いてみて下さい (笑) 。あとは「牛乳@お花畑問題」ですね。麹菌のせいなのか、酵母のせいなのか、はたまた・・・。

恵信は明日届きます。1800mlです。☆5を目指したいですが、さて。


2017.07.07 Fri 00:02
Edit | Reply |  

Name - めい  

Title - シュワシュワ系

おばんです。

晴れてて涼しい爽やかな出張先のホテルで一人シュワシュワしています。

今夜は雁木 純大 スパークリング 29.2ロットを呑んでるんですが、イマイチです。

甘いのでロックにしてますが、酒の進みがBクラスです。能書きを垂れれば、雁木のくせしてミネラル感が少ないし甘いからちょっとウザいんですよね。これをお勧めしたら奥様から叱られそうです。

ゆきの美人 活性にごりの方が進みが倍ほど早かったので、自分の中ではこの夏に呑むシュワシュワ系暫定王者です(笑]
2017.07.06 Thu 22:50
Edit | Reply |  

Name - temakinori  

Title - 夏のアタリ屋

こんばんはー。
突然の雨でビショ濡れです。

やってられるかとオモムロに二本、当たってきます。

鶴齢 特別純米 生原酒 瀬戸産雄町
長陽福娘 夏純米 西都の雫 うすにごり生

後者は地雷?薄味で甘味の足りないハードな辛口のような気もしますが、陽子さんフォロワーとして一応飲んでおこうかと。

鶴齢はちょっとだけ期待してます。
ちょっとだけ。。。

またぶつぶつ言いにきます!
2017.07.06 Thu 18:55
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To kappa1970♂さん



毎度です。

梅雨に入りカッパの皿も湿気に満たされてさぞ快適かと思っていたものの、連日の「梅雨詐欺な暑さ」には、もはやカッパの肌が溶解してスライム化していたのではないかと、夫婦共々、少し心配していたところではあります。


──早くも夏バテ?なのか、香り豊かで甘くてぶっとい酒を受け付けなくなったことと、日本酒を飲むと色々と感じ取ろうとして疲れることが多くなったため、ここ数週間は何も考えずにワインやビールを飲んで過ごしていました。

まさかの「日本酒倦怠期」!?──どこかで聞いたことあるような響き (笑) 。

まあ、僕も最近は味覚に関しては少し「遠視気味」ではありますが、クソ酒に出会っても隅々まで欠点が見通せるようになったので、却って頭はスッキリすることが多くなりました。

去年の12月頃はクソ酒の遭遇率が高くゲンナリしましたが、そういう時に何か一点突破な酒に出会うと諸々に対してストンと腑に落ちることもあるので、kappaさんにとってもその役目が「篠峯」であれば、僕にとっても嬉しい限りではありますが、さて、

──篠峯純米大吟醸雄町参年熟成を、二日間に亘って呑みました。

ということDE、どうやら僕が飲んだ24BY仕込みとはニュアンスがだいぶ違うようですね。うちの1800mlをいつ開けるかはまだ決まってませんが、その前に300mlサイズで味見してからスケジュールを決めようかとも思ってます。先に飲んだ他の読者さんも「☆5は堅い」とプレッシャーをかけて来るので、なぜかこちらが身構えるという (笑) 。


──篠峯は昨年秋に生酛を、今年は山田錦の熟成物にあたってみて、自分的には今ひとつだったので、moukanさんが絶賛する意味合いを全く捉えられていませんでしたし、今もこれっぽっちも理解できていないと思いますが、純米大吟醸雄町参年熟成については魅せられました。

いくつかの27BYの中には「28BYのどーでもいいクソ酒」よりも遥かに見所のある酒もあると思いますので、まだまだ拾えますよ──本気出しゃね。


越の誉 純米生酛生酒、新潟の酒です。

アルコール度 17度
日本酒度 +3.0
酸度 1.7
アミノ酸度 1.2
原料米 新潟県産《越神楽》
精米歩合 麹米65%・掛米65%
酵母 新潟酵母


これ、かの「日本名門酒会」印の酒ですね。ほうほう、これは僕にも遂にデビューのキッカケが舞い込んで来たということでしょうか。

日本名門酒会 〜THE 夏酒:YOUNG KIMOTO〜
http://www.meimonshu.jp/modules/xfsection/article.php?articleid=4745


kappaさんの感想を読む限り、スルっと軽やか&滑らかに舐めるように飲める質量 (サイズ感) のようで、我々中年の胃腸への負担も少なそうです。もしかしたら今週末、刺身を買いに西荻に出向くかもしれないので、あれば買ってみます。

僕の方からは「花巴 山廃純大」「秋鹿 多酸」あたりはテーマ性も含め、オススメしておきます。「米鶴 純米 生原酒」は1800mlだけなので、クリスタル小僧には初日にしか出会えず、720mlが容易に買えるなら「マスト!」ですが、もしかするとマルマスあたりに青い鳥の巣は残っているかもしれません。

夏酒を除き、どの蔵も一通りの生酒はリリース終了ということで、ここからがおかわりタイム本番ですね。27BYも含め、まだまだ拾えますよ。その気になりゃ26BYだって。


2017.07.03 Mon 12:45
Edit | Reply |  

Name - kappa1970♂  

Title - パーキンジュワ

moukanさん

毎度です!とかいいつつ、ちょっとご無沙汰してましたね。

早くも夏バテ?なのか、香り豊かで甘くてぶっとい酒を受け付けなくなったことと、日本酒を飲むと色々と感じ取ろうとして疲れることが多くなったため、ここ数週間は何も考えずにワインやビールを飲んで過ごしていました。

金曜日の夜、数週間ぶりに日本酒が飲みたくなって、酒の師匠からプレゼントして頂きとっておいた
篠峯純米大吟醸雄町参年熟成
を、二日間に亘って呑みました。

初日は、ほんのりウッディーな香りの纏がありましたが、二日目には消失。
穏やかな上立ち香はマスカット。含むと赤い果実、ピーんと筋の通った酸とそれを陰ながらアシストする辛味と苦味のバランスが絶妙で、存分に楽しみました。
食傷気味だったのに、盃がスイスイ進むことが何よりの証拠です。

篠峯は昨年秋に生酛を、今年は山田錦の熟成物にあたってみて、自分的には今ひとつだったので、moukanさんが絶賛する意味合いを全く捉えられていませんでしたし、今もこれっぽっちも理解できていないと思いますが、純米大吟醸雄町参年熟成については魅せられました。

篠峯ロスの影響か、見晴らし良好ながらもジュワーと微かな甘みのある酒が飲みたくて、日曜の夕方近所のオリジン弁当に行ったついでに、例の酒屋に寄って日本酒を物色して来ました。
720mlの扱いが少ないその酒屋、初めて田酒のピンクラベルに遭遇しましたがスルー。
貴のにごりもありましたが、すぐに飲みたかったのでこれもスルー。

綺麗で涼しげなラベルや瓶の夏酒だらけのショーケースの中、茶色瓶に黒ラベルの未知のブラックスワンに目が止まりました。

越の誉 純米生酛生酒
新潟の酒です。

生酒 YOUNG KIMOTOと書かれたクソダサい肩ラベルが、ペヤング〝ペア&ヤング〟ばりに昭和な自分には響きましたが、味わいが肝心。果たしてどうでしょう?

穂先メンマをあてに、ダラダラと4時間くらい飲んでいますが、良いです。
気に入りました。

スペックは下記の通り。
アルコール度 17度
日本酒度 +3.0
酸度 1.7
アミノ酸度 1.2
原料米 新潟県産《越神楽》
精米歩合 麹米65%・掛米65%
酵母 新潟酵母

香りは穏やかで、ヨーグレット。
含むとポヨンとした甘みと数値以上に印象的な酸が広がります。
生酛のカロリーオフ感はしっかりあります。
調べていませんが、恐らく軟水。喉トゥインコファイヤーも苦味も皆無で、スーッと消えます。

総じて円くて軽い。削げてはいるけど薄っぺらくはない、。骨と思わせない程度のボディーはあって飲み飽きない。

今の僕にはマッチする酒でしたよ。
2017.07.03 Mon 01:02
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To めいさん



毎度です。

なんか僕よりマチダヤに行ってるみたいで (笑) 。去年は週に2回は覗いてましたが、最近は冷蔵庫がいっぱいなので行ってません。「長陽福娘」の純吟55生熟の最新ロットは買いたいんですが、もうないでしょうねえ。

「ゆきの美人 純米吟醸酒 活性にごり 本生」──これ、飲んだことないですね。ここの蔵は四季醸造なので一年中ロット違いでちょいちょい入ってきますね。別ロットが頻繁に入る酒は「ハズレを引きたくない」という思いが募ってしまい、逆になかなか手が伸びないというのが正直なところです。

「都美人 山廃 純米原酒 Miracle Rose」──都美人もレジ横の4合瓶コーナーにいつもありますが、まだ買ったことありません (笑) 。


──昨日、ついでに開けた「花邑 純米吟醸 雄町 生」は粉糖を口に入れてから水で流し込んでいるかのようでした。ちょっと寝かしすぎたかも知れません。リトマス酒には適さないかも知れないですが、捨てるにはもったいないなあ…

これでも今季は薄い仕上がりですね。27BYはガスもありましたし、今から思うとドッカンファイヤーですが (笑) 、それでも含んだ瞬間に「おっ!?」という感慨はありましたね。今季はどこまでも普通の酒ですが、薄いことが作用して飲めた感じです。確かにこれはリトマス酒には向かない酒ですね (笑) 。それでも出来の悪い雑味豊かな速醸酒と合わせれば、これが淡麗に感じることがないとも言い切れません。


──あれ、肝心の「耳寄り情報」を書き忘れました。今週のいつかに、矢崎杜氏が之吟さんへ「生酛」系の新作を携えて訪ねられるそうです。

これは楽しみですね。「仕込み22号」の生酛もなかなかよかったので、期待できます。ありがとうございます。


2017.07.02 Sun 21:46
Edit | Reply |  

Name - めい  

Title - No title

あれ、肝心の「耳寄り情報」を書き忘れました。

今週のいつかに、矢崎杜氏が之吟さんへ「生酛」系の新作を携えて訪ねられるそうです。

気になりますよねえ。
2017.07.02 Sun 16:05
Edit | Reply |  

Name - めい  

Title - No title

毎度です。

ここのところマチダヤへ良く行くのですが、2回スルーした「ゆきの美人 純米吟醸酒 活性にごり 本生」をやっと買いまして、昨日開けました。(氷点下まで冷やせると開栓が楽ですね。「プシュ」ともいわずに開けられました。四合瓶のみで500本限定です。)

今まで呑んだ活性にごりの中では一番減りが早かったですね。味わいについてのコメントは置いといて、一日で空きました。昼に呑んで、夜が待ち遠しかったのでかなり良いんだと思います。で、今日3本買い足してきました。
ついでに「都美人 山廃 純米原酒 Miracle Rose」に当たりに行くべく買ってきました。

之吟さんでは「清流四万十川 川のり佃煮 青しその実入り」をおかわりして、耳寄り情報を仕入れてきました。

昨日、ついでに開けた「花邑 純米吟醸 雄町 生」は粉糖を口に入れてから水で流し込んでいるかのようでした。ちょっと寝かしすぎたかも知れません。リトマス酒には適さないかも知れないですが、捨てるにはもったいないなあ…
2017.07.02 Sun 13:45
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To 2日目のかれーさん



毎度です。

いやー、なんで今までこうしなかったんだろうと自分を責めました (笑) 。ちょっと最近あれこれ買いすぎたので、それで必要に迫られて工夫したというのもありますが。


──NO6元禄仕込みであります。先日頂いたのですが、ざっくりですとシャンパンみたな感じでした。手に入れた方は数人で一気に飲み干し「美味かったねー」がいいと思います。

ちょっと気になるキーワードですね。去年の頒布会は確か「酒米の世界」とか言ってましたよね。毎年それなりに趣向を凝らすあたりは流石と褒めておきましょうか (笑) 。


──カクエモンのシロクマ。ゆきの美人の夏生、※貴譲酒生。両関の花邑(2種)、山本のドキドキ。磐城壽 活性にごり 標葉(しねは)にごり しろうま。一白の愛山・・他にも・・・。まだ、2/3位でまだまだ入りますw。

実は近所の酒屋に「角右衛門」の扱いがあって前から気になってるんですよね。なにかオススメなどあれば今度教えて下さい。しかしバンバン買ってますねえ〜。


──頒布会のおまけは・・・BY縦長カレンダーでした。確か7月の雨蛙・・・この蛙凶暴につき・・・から始まり・・・6月のNO6-A-TYPEで終わってた感じがします。これは結構、気に入っています。

凶暴蛙!!!!! いわゆる宇宙創成酒ですね。0.1秒でほとんど吹き飛びましたからね。まあ、これに関しては世界記録という自負があります (笑) 。ただし、瓶ごと爆発した飲食店もあったようで、さすがにこれは洒落になりません。

そういや「出羽鶴」の別ライン「晴田」の五百万石 (直汲み) もリリースされたようですね。これは買おうか迷ってます。

2017.07.01 Sat 23:45
Edit | Reply |  

Name - 2日目のかれー  

Title - 追記です

頒布会のおまけは・・・BY縦長カレンダーでした。

確か7月の雨蛙・・・この蛙凶暴につき・・・から始まり・・・6月のNO6-A-TYPEで終わってた感じがします。

これは結構、気に入っています。

あと、しろうまは量は720なのにビンは900詰めでした。いわいる・・・「ど」に近いですが、凶悪なのでしょうか?もろみも中々の量で・・・楽しみにしています!

2017.07.01 Sat 16:52
Edit | Reply |  

Name - 2日目のかれー  

Title - 参考になりました

収納の仕方で少し多くストックできる事を知り大変参考になりました。

さて、早速フラグを回収したいと思います。第3回新政頒布会の一本であります、NO6元禄仕込みであります。先日頂いたのですが、ざっくりですとシャンパンみたな感じでした。一緒に飲んだ人に「これ?シャンパン?」と聞かれました。ただ、飲んでいる最中にも劣化が激しくどんどん色あせていく感じでした。2日目以降はないなーと思いつつコップ(小)2杯ほど残して初日は終了。2日目は予想通り、キリンレモンの炭酸なし状態で3日目は砂糖水?って感じでした。手に入れた方は数人で一気に飲み干し「美味かったねー」がいいと思います。

蔵曰く、販売店より3か月以内に購入し3週間以内に飲んでください・・・。もし、これを販売するなら足すことの・・・開栓後は一気に飲み干してください・・・になるのかな?しかも飲食店なら一本売りですね。

モウカンさんに見習って・・・本日までの転入生。

カクエモンのシロクマ。雪の美人の夏生、※貴譲酒生。両関の花邑(2種)、山本のドキドキ。磐城壽 活性にごり 標葉(しねは)にごり しろうま。一白の愛山・・他にも・・・。まだ、2/3位でまだまだ入りますw。

※雪の美人の貴醸酒 しぼりたて生・・・は秋田県限定で、火入れタイプが逆に秋田県外のみでの販売になるそうです。2000円位です。

では、これからも楽しみにしてます。したっけ、またー。
2017.07.01 Sat 16:43
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To めいさん



毎度です。

そういや、今年のリーダーは萩野酒造でしたね。以前に他の読者さんが触れてました。今から思うと第一弾の「山和」あたり買っておくべきだったカナートという感じですが、ぬわんと今回は「生酛」ですか。しかも「生もトーク」って、音にするとまるで「キモいトーク」みたいという (笑) 。DATE SEVENはマチダヤにも毎年たくさん入るので、今年は買いますかね。試飲の感じが「どうにもダメ」ならスルーしますので、続報をお待ちしております。

しかし萩野酒造の佐藤氏が「日輪田」を「スーパーモダン山廃」と称していたのが少し衝撃 (笑) 。すでに「ポストモダン」ですか。去年の「ひまわり」は少し甘さがベタっとしてましたが、今季は「スーパー」な部分に期待しときます。

タレコミありがとうございました!


2017.06.30 Fri 09:04
Edit | Reply |  

Name - めい  

Title - DATE SEVEN 2017 生酛

おばんです。

今年のDATE SEVEN、はせがわ酒店と朧酒店で賑々しく発表されてますね。

今年はリーダーが萩野酒造だそうで、7/7 午後7時販売開始とのこと。私は朧酒店の試飲イベントへ行って来ます。
http://www.oborosaketen.com/theme761.html

呑み進んだスピードを美味さの指標にしている私では試飲会で何かを測れるとは思わないのですが、非速醸の会会員としてはチェックせざるを得ません。

四合瓶だけのようなので、多分一本くらいは買うんだろうなあ…
2017.06.29 Thu 21:19
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To temakinoriさん



毎度です。

まさかの花巴被りです (笑) 。使用米も精米歩合も同じなので、同じ醪なんですかね。ちょっとわかりませんが、以前に「萩の鶴 きき酒セット」を飲んだ限りでは、同じ醪でもシュワシュワ酒と他の通常のモノとは味わいがまるで違ったので、小さな蔵ですし、その可能性もありますが、それにしても別物ですね。

僕が飲んだ27BYのスプラッシュとも全く違いましたよ。通常の純大はtemakinoriさんにとっても収まりのいい味わいだと思います。ただ、山廃特有のペタンコなストラクチャーをどう感じるかですね。速醸のように豊満な膨らみはないですから。

それでもジューシイですよ。潰れて押し出される果汁感でしょうか。旨みやコクがないわけではなく、これらの現れ方が違うということです。ま、一度ハマるとヤミツキなんですけど (笑) 。「酉与右衛門 亀の尾」なんかと比べると分かりやすいと思います。


──あとけっこう濁っていましたが、あの澱のモタァっと感が全体的にマイナスのアクセントとして覆い被さっているように感じたことも、ネガティブな印象の一因のような気がします。

上澄みハントできそうもないので今季はスルーします。果敢なチャレンジありがとうございました (笑) 。この手のニゴリはドライ過ぎると自分が何やってるのかわからなくなるんですよね。七田おりがらみ28BYもそういう意味ではあまり味しなかったですね。


──PCモード!こんなのあるんですね、ありがとうございます!

右側のコンテンツページが左に覆いかぶさる形で表示されてましたね。パソコンで見るのと同じ機能性になるので、そちらで見ると、僕のマメさを更に堪能できると思いますので是非 (笑) 。

2017.06.28 Wed 11:05
Edit | Reply |  

Name - temakinori  

Title - これは

おはようございます。
まさかの花巴被りだったんですね。笑

通常の純大の記事を拝見して思いましたが、特に香り、濃度、甘味の点であまり類似するところを感じませんでした。

スプラッシュは極度にドライでタイト。
もし基本設計が一緒だとしたら、これが「糖分が食われてドライになるケース」ってことなのかもしれませんね。

あとけっこう濁っていましたが、あの澱のモタァっと感が全体的にマイナスのアクセントとして覆い被さっているように感じたことも、ネガティブな印象の一因のような気がします。

まぁいきなり色モノを飲んだこちらが悪いので、ここは素直に通常ラインを再飲してみます。

PCモード!
こんなのあるんですね、ありがとうございます!
2017.06.28 Wed 08:10
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To temakinoriさん



毎度です。


──スマホ組だからの悩み?なのか分かりませんが、このBBSへの辿り着きかたがよく分かりません。笑いつも誰かのコメントから辿り着いています。PC版は検索機能あるんですかね?

我が家にスマホがないので詳しくナビゲートできませんが、以前うちに友人が来た時に彼のiPhoneでブログを見せてもらったら、表示を「PCモード」に切り替えると、以下のように見えます。

http://blog-imgs-106.fc2.com/m/o/u/moukan1972/2017062800060329c.jpg


この右側の部分にコンテンツの一覧があって、赤字が最新記事になります。BBS等もコンテンツとして常時表示されてます。一度パソコン画面で確認する機会があれば御確認ください。スマホでも同じように見ることは可能なはずです。

あとはこれをブックマークしてください。「高千代 - 純米大吟醸 美山錦48 KT901」の記事のコメント欄がBBSになってます。

◤BBS (オススメ、最近飲んだ酒の感想、質問、タレコミ、はじめまして、呟き等)
http://moukan1972.blog.fc2.com/blog-entry-657.html#bbs


──かなり活性高めで開けるまでに10分弱かかりました。当然上澄みはなしです。

マジっすか!? 今季はガス強いですね。27BYは余裕で上澄みハントできたんですが。。


──ペタッとした骨格

これ、典型的な山廃属性です (笑) 。他はハズレ酒特有のダメ属性です。


──別に不味くてどうしても飲めない訳じゃないんですけど。ここまで甘味ないんだったらもっとキレと爽快感を出せばいいのにそういうわけではなくなんかモコモコしてますし。

僕が飲んだ普通の純大はなかなか良かったですよ。記事にも書きましたが、ちょうど「酉与右衛門 亀の尾」に対する絶好のサブテキストになると思います。「ペタッとした骨格」に快感を得られるかは分かれ道ですが、これを僕は再三に渡って「山廃的プレス感」と表現しています。旨みが潰される感覚ですね。この純大は酸は有り余るほど出てます。


──日本酒なんだから、お米の膨らみを生かしたフィールドでやればいいのにと思いますね。日本のお酒として矜持をもってやってほしいですね、猿まねして戦う必要はないです。

吠えてる (笑) 。まあ、瓶内二次発酵系のお酒は蓋を開けるまで何が出てくるか造った本人にもわからないというミステリーがあるんですよね。放置して熟成させればガスが育つケースもありますし、その分、糖分が食われてドライになるケースもあれば、逆に熟成により甘みが増す場合もあり、本当の飲み頃は誰にもわからないんです。


──何がしたいのかよく分からないお酒でちょっと残念。これだったらシャンパン飲みたいですよ。ほんと。

あ、それを言うと、諏訪の怪人が悪魔の甘い囁きを耳元で吹きかけて来るので、あまり大きな声では言わない方が・・・ (笑) 。

シュワシュワ酒は27BYの「萩の鶴 別撰」と「貴 夏純米 発泡ニゴリ」が良かったですが、すでに「萩の鶴」はダメ、残るは「貴」ですが、これもどうにも27BY超えは難しそうな予感。ま、本当に旨い泡モノ (シュワシュワ酒) を飲みたいなら、日本酒の2〜3倍の値段しますが、シャンパーニュは異次元の完成度です。もちろん、中にはハズレもありますが、そうそう大きくはハズレませんね。

花巴は僕が月曜火曜で飲んだ普通の純大が素直に楽しめると思います。


2017.06.28 Wed 00:02
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To -さん

DE、結局のところ、これ、旨いんですか?
2017.06.27 Tue 23:02
Edit | Reply |  

Name - -  

Title - 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.06.27 Tue 22:04
Edit | Reply |  

Name - temakinori  

Title - 雨季に吠える

こんばんはー。
スマホ組だからの悩み?なのか分かりませんが、このBBSへの辿り着きかたがよく分かりません。笑
いつも誰かのコメントから辿り着いています。PC版は検索機能あるんですかね?

まぁそれはいいんですが、早速花巴スプラッシュを飲んでいます。

かなり活性高めで開けるまでに10分弱かかりました。当然上澄みはなしです。

・甘くないグレープフルーツ飴
・粉っぽさ
・苦い、特に後味
・ガスはそこそこ、なんかモコモコ
→モコモコしてて爽快感なし
・ペタッとした骨格

んー、いまいちですねこれ。
正直飲みたい理由が見当たりません。逆スプラッシュですね。

別に不味くてどうしても飲めない訳じゃないんですけど。
ここまで甘味ないんだったらもっとキレと爽快感を出せばいいのにそういうわけではなくなんかモコモコしてますし。

この感じならもうちょっと甘み側に振れたほうがマシな気がします。でも骨格がペタッとして酸もいまいちなのでフルーツっぽさはないかもしれませんが。

安いスパークリングワインが比較対象に出てくる感じで、酸と骨格とガスの弱さからこっちが負ける感じに思えます。

日本酒なんだから、お米の膨らみを生かしたフィールドでやればいいのにと思いますね。日本のお酒として矜持をもってやってほしいですね、猿まねして戦う必要はないです。

何がしたいのかよく分からないお酒でちょっと残念。これだったらシャンパン飲みたいですよ。ほんと。
2017.06.27 Tue 20:04
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To 大頭頭さん



毎度です。


──タイトルの酒 (篠峯 夏凛) を呑みました。

おっと、これは意外な展開! お騒がせしてますが、美味しく飲めたようで、なぜか僕がホっとしてます (笑) 。

この酒は加水処理された篠峯の定番夏酒で、篠峯が最初に世に知られるキッカケになったと言われている「純米吟醸 雄町60 凛々」というお酒がありまして、これの夏ヴァージョンという位置付けの商品です。僕は25BYで飲んでますが、もちろん、当時は加水されていても十分にリッチな旨酒でした。

篠峯の28BY生酒商品は基本的にはすべてリリース済みなので、あとは売れ残りの中から当たりを引くか、27BYを漁り直すかでしょうね。大頭頭さんなら、27BYの中にも普通以上に美味しく飲める商品もあるとは思います。僕もぼちぼち再エントリーしたいと思ってますので、引き続きご注目ください。

黒澤赤ですが、1800mlはかなりガスがしっかり残ってましたね。黒澤流の密度の高いミネラル感もありましたが、他とは少し違い、少し桜チップのような渋みや焦げたニュアンスがあり、なかなかに印象深い味わいでした。

3月リリースの直汲みは他に青が残ってるので、これも楽しみですね。黄は赤よりは大人しいという印象ですが、果実的な酸は赤より出てます。


2017.06.25 Sun 22:16
Edit | Reply |  

Name - 大頭頭  

Title - 篠峯 夏凛 純米吟醸 無濾過生 雄町 201706製造

もうかんさんこんにちは

タイトルの酒を呑みました。

もうかんさんが28BYはいまいちと仰っていたので、いまいち具合を確認するつもりで近場で手に入れられる篠峯をゲットしました。

ところが、これ、個人的にとてもうまいと感じまして。
ちょっと考察してみました。

夏酒は暑い日にすっきりと飲めるよう、加水している?
加水するなら若い酒ではなく、味のりした酒に加水する?
加水で調整できるなら、酒蔵が出したかった味に調整する?
出来の良かったBYを熟知しているのであればそこに近づけるのでは?
もしかして原酒は28BYに仕込んだものではないのでは?

てことでいろんなことを考えつつ美味しく飲めました。

濃いい原酒好きや濃醇旨口好きにはいまいちなのかもしれませんが、うまかったですよ。

黒澤赤、美味しかったんですね!
私はスモーキーは感じませんでした。
また呑みたいなぁ。
2017.06.25 Sun 20:26
Edit | Reply |  

Name - -  

Title - 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.06.24 Sat 16:03
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To アイオライトさん



毎度です。

そもそも南遷の山廃は28BYも出ますかね。奈良の酒屋でのアナウンスはまだないみたいですね。

貴ニゴリ、さっそく飲みましたか。なんかアイオライトさん的には素直すぎるセレクトな印象を勝手に受けてしまいます (笑) 。

僕は今季も上澄み目当てですが──もはや撹拌する気はない──、なんだかんだで上澄みだけで味の出てるシュワシュワ酒ってそう多くはないんですよね。撹拌するとどれも似たような味と香りになりますし。

そういう意味で「萩の鶴 別撰」と「貴ニゴリ」は27BYの上澄みシュワシュワ酒のツートップではありました。僕も今日Pickして来ますが、泡とオリを最低でも1週間は落ち着かせたいので、開けるのは来週末になりそうです (シャンパーニュに習えば香りの出方もそれなりに変わると思われ)


──夏酒らしいスッキリ感と発泡は当然で、味わいもバランスが良くて充分良いんですが、グっとくる要素はそれほど感じませんでした。まあ、ハードル上げすぎなのかもしれませんね。

28BYはどうですかね。「ガス軍団 vs 味と香り軍団」との戦いでどこまで互いにもつれ合うかですね。大抵はガス軍団が勝つか、ガス軍団の不戦敗 (ガス弱くて話にならない) なんですよね (笑) 。

2017.06.24 Sat 14:46
Edit | Reply |  

Name - アイオライト  

Title - 

毎度です。
昨日池袋を経由する機会があったので東武と西武を覗いてきました。
花巴の南遷と貴のニゴリが目当てでしたが、南遷は売ってませんでした。

貴ニゴリは東武にあったので買いましたが、味はそこそこですね。悪くないが、驚きはない。
夏酒らしいスッキリ感と発泡は当然で、味わいもバランスが良くて充分良いんですが
グっとくる要素はそれほど感じませんでした。まあ、ハードル上げすぎなのかもしれませんね。
とはいえ、トータルバランスを考えたら何だかんだ言ってレベルが高いお酒なのかなと思います。
2017.06.24 Sat 14:21
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To おみずさん



毎度です。

菊鷹コンプお疲れ様でした。スゲえ (笑) 。
やっぱ紺の7号酵母が本命ですかね。速醸はなんとなく黄緑の27BYあたりが逆にいいかなと思ってます。なんか28BYはキャッチーそうですね──ある意味、万人ウケを意識してそう。

本醸造も気づいたら26BYと27BYが売り切れてましたね。今年の1月くらいにはまだ残ってたんですが。。

残念ながら我が家の「幸子」はガス無しでしたね。他のスペックも「氷砂糖系ミラネラル感」があるのか気になりますが、やっぱ好んで手の伸びる銘柄ではないですね。近所で買えればいいんですが、僕にとって電車で30分は遠出です (笑) 。

「新政」・・・。もはや僕が飲むと「当たり屋企画」になってしまうという (笑) 。僕の飲んだ27BYのEssence-Sもそれなりには良かったですが、正直、今の「風の森」と大差ないかなあという印象です。それでも「生意気成分」は多めなので、彼の言う「作品性」とやらは感じますが、どうにも酒としてペラいといか、カジュアルに過ぎるというか。

とはいえ、変わり身も早そうなので、2〜3年後に飲んだらまた全然変わってるんでしょうね。なんだかんだで「黒澤」は魅せてくれますよ。酒の方が向かってくるというか、挑んでくる強さがありますね。

2017.06.23 Fri 12:18
Edit | Reply |  

Name - おみず  

Title - 

毎度です。
やっと菊鷹コンプリートしました・・・

山廃は紺ラベルのほうが良くて速醸は全て味が出てて横並びな感じですね。
黄色が酵母の特性上柑橘系なイメージですが菊鷹お好きなら酵母と米選んでどうぞって感じです。
速醸も常温でしばらく放置しても大丈夫なので熟成いけそうです(・ω・)
赤ラベルの28byも飲みましたがやはり蔵で熟成させた26byと比べると全然まだ足らないかなーと。
赤は蔵元が熟成で販売するぐらいで熟成向きなんでしょうね。
ひやおろしに期待しています!

福田の活性うすにごりは炭酸がかなり出てて完全にサイダーでした。
幸のイメージとは違ってややドライでおいしゅうございました。
鍋島買うなら福田買えばいいじゃないって気持ちになりますね。
あと新政のNo6S-typeは今期の出来は去年より甘味が前に出て良い印象です(笑)
2017.06.23 Fri 09:47
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To めいさん



毎度です。


──今日は九郎右衛門の赤磐雄町を呑んでます。 RSフィールド全開でもやや甘くてややセメダインで、軽さという点では金紋錦に軍配が上がりますね…美味しいですけどね。

27BYに関しても「軽さ」より「甘酸の粘り気 (=ハイチュウ) 」に魅力のある酒だったので、クリアネス勝負の酒ではないんですが、ちょっと去年とはニュアンスが違うようですね。去年と同じならタンク2本分の仕込みがあるので、あえて1stロットは避けても良さそうですね。


──先日開けた「小左衛門 生もと純米吟醸 備前雄町 しぼりたて 中汲み 生原酒 28BY」の方が軽さでは勝っていて、これは四合瓶が2時間強/一馬力で空きました(笑)

飲みすぎ (笑) !!!!!
ワインなら1本飲めますが、日本酒は火入れのALC.15でも4合瓶を一人で空けるのは無理です!!!!!


──でも、恵信の方が好みです。もうすぐ通販ではなくなりそうなのでお早めのご手配を。

そうですか。恵信は「夏祭りの水飴菓子」みたいなノスタルジックな甘みに魅力のある酒でしたが、さて28BYはどうでしょう。今季は販売店が増えたみたいですね。


2017.06.22 Thu 21:51
Edit | Reply |  

Name - めい  

Title - 十六代九郎右衛門 赤磐雄町 無濾過生原酒 28BY 仕込58号

おばんです。

今日は九郎右衛門の赤磐雄町を呑んでます。

裏ラベルは「雄町×山廃 相性抜群、魅力さらにアップ!」と去年のを読んだ人でないと分かりにくいメッセージ(笑)

RSフィールド全開でもやや甘くてややセメダインで、軽さという点では金紋錦に軍配が上がりますね…美味しいですけどね。

先日開けた「小左衛門 生もと純米吟醸 備前雄町 しぼりたて 中汲み 生原酒 28BY」の方が軽さでは勝っていて、これは四合瓶が2時間強/一馬力で空きました(笑)

でも、恵信の方が好みです。もうすぐ通販ではなくなりそうなのでお早めのご手配を。
2017.06.22 Thu 21:40
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To めいさん



毎度です。

レマコム搬入、おめでとうございます。そしてさっそくの「空席ナシ」もおめでとうございます。結局使う、家庭用冷蔵庫 (笑) 。うちもそうです。


──昨日から恵信 純米大吟醸無濾過生原酒 直汲あらばしりを呑んでいます。 あるだけ呑んじゃうのでこれは良いんだと思います。甘味が主役で酸は若干足りてないのですが軽い軽い!

ヤバイ、どんどん先越される (笑) 。僕はそこそこ寝てる状態で飲んだので少しポッチャリしてましたが、それでも抑制された味幅でしたね。スッキリしたコンディションで飲まないとミッション達成にならないので、そろそろ動きます。


──これからもまだまだ夏酒じゃないのがドロップされますよね。

それでも1〜3月のようなラッシュは落ち着きますね。なんだかんだで火入れも増えますし。去年の感じだと、GW明けからすごく買うペースが落ちた記憶がありますね。「ひやおろし」もロクな酒ないので、ここからは「おかわりタイム」&「買い逃しフォロータイム」ですね。


──ガンガン呑んで(ダメなのは捨てて)、

旨くなくても、病的に苦いとか、そういう酒でなければ、特に「山廃」なんかはリトマス酒として横に置いておくと面白いですよ。味や香りではなく、液体としての質量比較ですね。特に味の出てる速醸の後だと、少し舐めるだけで違いが明白なので笑っちゃいますよ。


2017.06.20 Tue 09:13
Edit | Reply |  

Name - めい  

Title - 恵信 純米大吟醸無濾過生原酒 直汲あらばしり

おばんです。

昨日から恵信 純米大吟醸無濾過生原酒 直汲あらばしりを呑んでいます。

あるだけ呑んじゃうのでこれは良いんだと思います。甘味が主役で酸は若干足りてないのですが軽い軽い!体調がイマイチだった昨日とは違って今日はどんどん減っているのできっと良いんでしょう(笑)

土曜日にレマコムが届いたと思ったらもう満杯です…

ええ、日曜日に鳳凰美田 赤磐雄町 生酛純訡生(はせがわ)とか洌 純米吟醸 雄町 夏生(之吟)とか、つい一升瓶を買い込んだからです… マチダヤの冷蔵庫で見かけた篠峯 雄町 純大 参年熟成300mlも買い足しました…

これからもまだまだ夏酒じゃないのがドロップされますよね。ガンガン呑んで(ダメなのは捨てて)、スペースを空けて、ちゃんと味をのせてから出荷してる蔵元に貢献するぞー!
2017.06.19 Mon 20:50
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To temakinoriさん、マイルドさん



temakinoriさん


毎度です。


── 一口目は思ったより甘味を感じますね、シュガーレス甘味料系。 複雑な苦味、奥のほうにお香感。仏壇ほどではなく、和小物にデフォルトで染み付いているお香のような感じです。なるほど、これ系か。

僕が27BYにいろいろ呑んだ範囲では「山廃 山田錦」「生熟 山田錦」「八反錦」には「草っぽさ」ありますね。いわゆる「おばあちゃん家の桐箪笥」的な (笑) 。瓦煎餅などの「甘塩っぱいジンジャー風味」に寄せることも可能です。

シュガーレス甘味料系」というのが僕が言う「山廃的カロリーオフネス」ということになると思います。一般的に (正しく造ると) 速醸よりもアミノ酸度が低めに仕上がるので、複雑味が削げて全体が軽くなるというわけです。速醸よりも「甘み」に対してアミノ酸由来の様々な複雑味が乗る総量は減り、それでシュガーレスなタッチになると──今はそう考えてます。


──アニメとかでたまにあるじゃないですか。 黒背景に緑色のマトリクスで、人を立体的にスキャンするようなシーン。あんな感じです。なんか肉とかそういうのなくって、構造をストレートに感じる。あれが口の中で、旨味のスキャンが展開されてるような感覚があります

まさに「視界良好」「口の中の見晴らしがいい」ということになります。もちろん速醸にもそうした酒はありますが、共通するのは「酸、足りてる」という属性です。「山廃/生酛」はこの属性に関して速醸よりもポテンシャルあるので、ちゃんと造ると軽くて見晴らしのいい酒ができます。

速醸には速醸の良さも当然あり、現時点で僕が考える最大の速醸アドバンテージは「リアルな果実味」という点に尽きます。「山廃/生酛」だと、どうしても「今目の前に何かのフルーツがそこにある」というリアルさは表現できませんが、これはストラクチャーにおける速醸と非速醸の本質的な違いによるものと──今はそう考えてます2 (笑) 。

そして、まさかのカマンベール2段攻撃 (笑) 。


──なんかシュガーレス甘味料と和ハーブ系は僕はまだ慣れないですね。ちょっと口の中でその要素を意識しすぎてしまいます。 どこかにケミカル感?を感じてしまうというか。

「ケミカル」というのは、速醸における「リアルさ」に対する「非現実感=抽象性」のことなんだと思いますね。写実的なリンゴの絵と、印象派以降の抽象化された (画家目線で現実が再構築された) リンゴの絵、どっちが美味そうに見えるかの違いというか (笑) 。

「米鶴 山廃純大」のように、抽象的でありながらもそこにクリスタルなフルーティネスが乗ってくるような傑作も稀にあるので、そういう酒を飲めば一気に目覚めるとは思います。「和ハーブ系」は好き嫌いあると思います。僕が記事の中で「草」と表現した酒は避けていいと思います。


──でもなんだかんだでクイクイ飲んでます

「飲めるという現実こそ最上」──今の我々のテーマですね (笑) 。飲めないモノは捨てますので。

別に同じ「長陽福娘」じゃなくてもいいので、いつか速醸の酒を横に置いて飲み比べると面白いですよ。最近しばらく我が家には「リトマス米子 (米鶴 山廃純大27BY) 」という酒がありましたが、これ、単独で飲むと熟味豊かで濃醇に感じますが、速醸の酒と一緒に飲むとクリスタルに感じるんですね。つまり、表面ではなく酒の骨格そのものがより強調されるということです。

ある程度「山廃舌」が身につくと速醸酒に含まれる雑味に対する感度も上がるので、それはそれで面倒です (笑) 。上っ面だけ捕まえて甘いだの香るだの言ってるうちが幸せということですね。

リンゴで思い出しましたが、リンゴジュースには、少し濁ったクリーム色のタイプと、黄金色の透明なタイプがありますよね。前者が速醸、後者が山廃、そう考えると整理されることも多いと思います。



─────────────────────────────

マイルドさん


毎度です。

さっそく当たりに行ってくれたようで感謝です。マチダヤにも入るはずなんですが、ここ入るの遅いし読めないんですよね。今日時間あったら久々に覗いて来ます。ま、電話すりゃいいんですが、定期巡回も大事なので。

上澄みのシュワシュワだけ飲めるということですよね? 27BYはしっかりガスあったので、我々夫婦は「萩の鶴 別撰」の想ひ出に浸りながら大いに楽しみました。ただ、あまり貴っぽい感じはしなかったので──やや酸っぱみが足りてない──、造った本人がそこをどう調整してくるかですね。

フルーティネスの複雑さ (豊かさ) は「萩の鶴」には全く及びませんでしたが、そこが貴的なドライイズムだったのカナート。今の僕が☆5を付けるかは怪しいですが、ちゃんと仕上がってれば☆4.5は硬いですし、同じ☆4.5の「やまとしずく 純吟 直詰」よりは上という記憶ですので、もしかすれば・・・。


──「酉与右衛門の亀の尾」も、27BYのほうが良かったんだろうなーと。 もうちょいスリムなほうがというか、シャープさがあればなあと思いながら、気がついたら4合瓶3本目を飲んでました(笑)

そこは好みでしょうね。28BYの「味、出てまっせえ〜」な酉与右衛門も意外で楽しいですけどね。「山廃」とのブレンドがなかなか良かったですが、そこまでやると「酉与右衛門研究会」になってしまうので (笑) 。

あまり大きな声では言えませんが、やはり27BYの「篠峯」の売れ残りの中にイイやつありそうな気はしてます。逆にシャープ過ぎて味気なかった新酒状態から、熟成を得て少し味が出てるヤツが何本かありそうな予感が・・・。なんとかナインとか (笑) 。あとはいつも言ってる「亀ノ尾 Vert」ですね。エクストリームにシャープです (笑) 。これも秋以降が飲み頃でしょうね。


──きもと、山廃は意識して飲んでますが、米鶴、黒澤レベルはまだ見つからないですねー。まだまだ、どこにいるのか青い鳥。

いたにはいたんですが、その鳥、青いキツツキだったので、木香が酷くて (笑) 。

2017.06.18 Sun 09:33
Edit | Reply |  

Name - マイルド  

Title - 

こんばんは


上澄みハンターの会として久しぶりの報告があります(笑)
「貴のニゴリ」飲みましたー。
27BYのモウカンさんの評価と大きく離れることは
ないかと思いましたが、わたしは27BYを
飲んでいないのでモウカンさんの評価はいかに!?と。


「酉与右衛門の亀の尾」も、27BYのほうが良かったんだろうなーと。
もうちょいスリムなほうがというか、シャープさがあればなあと
思いながら、気がついたら4合瓶3本目を飲んでました(笑)


きもと、山廃は意識して飲んでますが、米鶴、黒澤レベルは
まだ見つからないですねー。まだまだ、どこにいるのか青い鳥。



2017.06.18 Sun 01:17
Edit | Reply |  

Name - temakinori  

Title - やまぱい

こんばんはー。
長陽福娘 山廃特別純米 無濾過生直汲み
を飲みながら@初日。

一口目は思ったより甘味を感じますね、シュガーレス甘味料系。
複雑な苦味、奥のほうにお香感。仏壇ほどではなく、和小物にデフォルトで染み付いているお香のような感じです。なるほど、これ系か。

軽いですね、削げた感じ。
山廃経験浅いですが、いつも共通して感じるのは骨格というか、立体的な構造というか。
アニメとかでたまにあるじゃないですか。
黒背景に緑色のマトリクスで、人を立体的にスキャンするようなシーン。あんな感じです。なんか肉とかそういうのなくって、構造をストレートに感じる。あれが口の中で、旨味のスキャンが展開されてるような感覚があります。

どうでもいい話ですが、カマンベールチーズと合わせると複雑な苦味が打ち消されて液体の軽さがより際立ちますね。合います。

続いて誰得な情報かという話はありますが、Cheezaのカマンベール味とは死ぬほど合いませんね。苦味が倍増。。。

なんかシュガーレス甘味料と和ハーブ系は僕はまだ慣れないですね。ちょっと口の中でその要素を意識しすぎてしまいます。
どこかにケミカル感?を感じてしまうというか。

そんなこといったらセメダインなんてもろケミカルですけどね。笑

でもなんだかんだでクイクイ飲んでます。
2017.06.17 Sat 22:57
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To 2日目のカレーさん



毎度です。


──新人類め!やつらの思考回路がわからん?こんな事ってあります?

なんだかんだで面倒見のいい2日目のカレーさんの人柄に付け込まれてるんじゃないですか (笑) ? 僕ら夫婦の周りに日本酒好きはいないですね。ま、最近はブログの読者が仲間であり友人のようなものなので、お陰様でその手の孤立感はなくなりましたけど。

ちなみに僕の場合は逆ですよ。読者さんの方から「あれ飲んでくれ」「これ飲んでくれ」──しかも最近は日本酒だけじゃないですからね (笑) 。

世代的な価値観の格差はmoukan1973♀が毎日のようにボヤいてますよ。ま、僕らもそう言われて来ましたし、これは都市伝説ですが、古代遺跡の壁にも「最近の若いヤツらは・・・」というボヤきが落書きされていたなんていう話もあるので、少なくとも2〜3000年くらいは続いてる人間の伝統芸みたいんもんです。

「日本名門酒会」ですか。たしかにここが展開する酒にハズレ無しという話はよく聞きますが、意識して買ったことないですね。今調べたらうちの近所だと「池袋 升新商店」が扱ってますね。ここはチャリで15分かからないです。狭い店ですが、それこそ秋田の酒にやたら強いです (笑) 。

池袋 升新商店
http://masushin.co.jp


──大都市にお住いのモウカンさんは、いつでもなんで揃うのでしょうねー、いいなー。

電車で1時間かければ一体どれだけの数の酒屋にリーチできるのか数えたこともないですね。基本はチャリで行ける10軒くらいを回ってるだけですが、最近は通販を多用しまくりです (笑) 。

でも、東京都そのものが地元の酒をプッシュする動きはないので、福島の読者さんとか、新潟の読者さんとか、こっちでは見たことも聞いたこともない地元の酒をカジュアルに飲んでいて、地酒蔵がたくさんあるエリアに住んでる人には敵わないことも多いですよ。

僕はほとんど外で飲みませんが、東京に住んでて一番恩恵に授かれるのは「飲食店」の数の多さじゃないですかね。それこそうちからチャリで5分くらいの店でも「十四代」だの「而今」だのを普通に飲める店があちこちに転がってますからね。

そういや、ちょっと僕なりにMAX遠出して買いたいお酒があるんですが、なかなか行けてないですね。電車で40分ちょいなので、普段苦労してる読者さんには怒られそうですが (笑) 。


2017.06.16 Fri 11:05
Edit | Reply |  

Name - 2日目のカレーです。  

Title - むぅ

おはようございます。
そう、「新政の番人」でした。そういえば昨日も後輩が、すがりつくように電話してきてお酒を売ってくれというんです。欲しいのは、もう既にフラグが立ってますがNO.6です。他にも、もう一本とわけの分からん事を言うので、ラピスを付け加えて定価で売ってやりました。努力が足りないなーと思いつつ、俺は酒屋じゃねーと伝えると、実際私からが一番調達できる・・だと?おのれー・・・新人類め!やつらの思考回路がわからん?こんな事ってあります?

おっと、話はそれましたが先日、たまに行く酒屋にそこそこ有名なお酒がちらほら・・・。その店は名門酒会に加盟する店舗であったことは記憶していました。そんな記憶を頭の片隅に入れながら店主にこのお酒は・・・と尋ねたら

「うちは県外酒はほとんどないけど、季節限定の商品なんかは名門酒会の繋がりがあるのでそれなりに取れる」っていうんです。という事は、夏酒やひやおろし?なんかが取れるってことかな?全くのノーマークだったため、新たな発見ができました。

という、報告でした。みなさんの所はどうですか?大都市にお住いのモウカンさんは、いつでもなんで揃うのでしょうねー、いいなー。

では、したっけ、また。



2017.06.16 Fri 07:58
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To めいさん、2日目のカレーさん



めいさん


毎度です。


──とにかく、米鶴の山廃純大のひやおろしはまず間違いなく一升瓶のみでしょうから、その時にはスペースを確保しないとです。

之吟マスターの話だと、27BYにも存在したみたいですね。彼はそれまで矢崎氏から連絡をもらってなくて、お客さんから「ひやおろし」の存在を聞いて問い合わせたと言ってましたね。あれが一回火入れ (それとも生熟? 別仕込み?) で「絶賛待機中」なんですかね。ちょっと意識してないと買いそびれそうですね (笑) 。早いところは8月から出しますからね。

あと、ゾロ目はこれまでに3〜4回しか出てません。しかも初のゾロ目が何を隠そう2日目のカレーさん (当時のHNは「えるふ」) の初投稿に対するレスで、さらに「7777」で、もちろん7揃いは今までに彼一人です (笑) 。


────────────────────────────

2日目のカレーさん


毎度です。


──モウカンさんから変な二つ名を拝命しておりましたが「新政番長」?

「新政の番人」ですね (笑) 。やまユの復活版も開けたら感想をお待ちしてます。気にってる人、多そうなので。

しかし120サイズは迫力ありそうですね。なにげに2Lのスポーツドリンクとかも立てて入るから便利ですが、だいたい日本酒で埋まっちゃいますね (笑) 。


2017.06.15 Thu 08:03
Edit | Reply |  

Name - めい  

Title - To 2日目のカレーです。さん モウカンさん

おばんです。

お二人からお返事をいただけると嬉しいですねー。

やはり専用冷蔵庫を買うとキャパに合わせた購入行動になるのですね(笑)

とにかく、米鶴の山廃純大のひやおろしはまず間違いなく一升瓶のみでしょうから、その時にはスペースを確保しないとです。

今の私だと、十六代九郎右衛門の愛山、金紋錦生酛は何本か買いそう。一升瓶なので開けづらかった篠峯の26BY愛山生や雄町参年熟成(2本目]、澤屋まつもと守破離26BYあたりが開けやすくなりそう…
ああ…楽しそうだ…

どうでもいいんですけど、キーワードはなかなかゾロ目にならないっすね。
2017.06.14 Wed 21:06
Edit | Reply |  

Name - 2日目のカレーです。  

Title - めいさんへ

めいさん、お初でございます。私如きお気になさらず、いつでも、なんでもバッチこいです。

さて質問の購入スピード、リピート、未飲酒の件ですが、スピードに関しては冷蔵庫に入る本数を気にする事無く購入できるようになったので、欲しい物は買えるようになりました。ま、お金との相談になりますが・・・。ショーケースを購入する前は一升瓶2本、4合瓶10本程度が精一杯の確保できる本数でした。その状況から1か月で現在の本数ですが最初こそそれなりに購入しましたが今はボチボチです。1週間に2~3本程度かな?

リピートに関しては、やはり安定して安く美味しいと思う物は購入しています。今は春霞レッド、一白水成の特純、秀よしの龍蟠、九頭龍の逸品・・・ストックは一白と、くどきの酒未来、田酒の特純、山本のわいん、醸し人・・。私なりに春霞から順番でフルーティー(すっきり)、しっかり、シャープ、フルーティー(バナナ)って感じな物を残してます。

未飲に関しては興味のあるものを購入しています。めいさんがリポートしてくれました不動はレッド、ブルー両方とも確保しております。五橋、長陽福娘、益荒男などが県外酒での在庫です。ただ、私の住む秋田は酒屋で県外酒を数多く購入できる店が極端に少ないので基本ネットとなります。また県内酒もまだ150種を数える程度しか飲んでないのでまだまだ沢山未飲があります。

モウカンさんから変な二つ名を拝命しておりましたが「新政番長」?実際、地域柄か新政は数が多いと思います。NO6のS、R(数本)ヤマユ、あまねこ(改、スパーク)ラピス、紫八咫22BY・・・。いつも10本位は常備しています。

と、まぁ会社帰りにメールを打つふりをして書き散らかしましたが、こんな感じです。では、これからも皆様宜しくお願い致します。

したっけ、またっす。

2017.06.14 Wed 17:42
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To NTさん、アイオライトさん



NTさん


毎度です。

少しご無沙汰でした。そういえば「やまユ」が復刻 (?) されましたね。中身は27BYみたいですが、もはや僕は買おうという気持ちさえ起きてません (笑) 。

おっと、26BYの雄町。これ、今回は予定本数を超えたので見送りました──途中までカートに入れてました。雄山錦45が旨かったら他もまとめて買うかもしれません。

「ひとごごち」は四段仕込のようですね。日本酒度と酸度の振れ幅がデカい酒はハマると面白いんですが、まあ、経験上、打率は3割ないんじゃないですかね。それでも買っちゃうんですけど (笑) 。

なぜか小さな「大倉祭り」始まってますが、なにか「これは!!!」という大大倉 (だいおおくら) がありましたら御一報ください (笑) 。



────────────────────────────

アイオライトさん


毎度です。

「酸度:2.8」もあってそこまで甘いとは 四段仕込の成せる業ですかね。ぼちぼちイケセイに今年も「花巴 南遷 山廃四段仕込」の28BYが入りますかね。これは以前にも御紹介しましたが、変態好きなら一度は当たりに行っても面白いかもです。27BYがまだ売ってますね。先日サンジュリアンさんの家で飲んだ貴腐ワインも味は違いますが、味曲線はこれと同じでしたね。ペターンと甘い「米酢」です (笑) 。

花巴 山廃純米酒 南遷 無濾過生原酒 27BY
http://www.nobori-sake.com/shouhin/nara_nihonsyu/hanatomoe/yamahai.html#nansen


2017.06.14 Wed 14:23
Edit | Reply |  

Name - アイオライト  

Title - 

毎度です。
大倉の話が続いてるので乗っかります。
昨日、大倉 山廃特別純米 直汲み無濾過生原酒を飲みました。
山廃かつ四段仕込みってことでどんな感じかすごく楽しみだったんですが、結論から言うとコケました。
立ち香は草で結構派手に香ります。そしてくっそ甘い。酸がないわけではないですがオールド山廃っぽいクセやプレス感は皆無です。まあ四段仕込みなので、甘いのは折り込み済みでしたがここまでとは…。案外ミネラリーなので骨格はしっかりしてます。結局いろんな要素が主張しすぎてて疲れる酒でしたね。いわゆるドッカンファイアーが好きな人はいいかもしれないですが、正直モウカンさんにはお勧めできません。
2017.06.14 Wed 13:26
Edit | Reply |  

Name - NT  

Title - 大倉

ご無沙汰です。丁度、最近、大倉を呑んだところでした。

26BYの雄町の生、取扱店に在庫があったので、呑みましたが、まあ期待の範囲内のテイストでした。26BYなので、序盤は少し枯れた感がありますが、後口は濃淳で酸が効いていました。

そのあと、新酒(ひとごごち山廃直汲み生)も飲みましたが、こちらは意外な感じでした。濃淳でかつ新酒ゆえのあらあらしい感じを期待していたのですが、あにはからんや、甘酸っぱく、少し生々しい酒で、飲める範囲にはとどまっているものの、個人的にはあまり好みではなく。 買うとき注意してなかったのですが、取扱店のおすすめリストには、ちゃんと「甘酸っぱい酒質に醸し上げました」と書いてあったので、狙ってこういう仕上がりになっているようではあります。
2017.06.14 Wed 11:05
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To めいさん



毎度です。

「不動」──そういや僕も常に心の片隅で「山廃」の存在を気にしてたんですが、来月ですか。たしか27BYは試験醸造だったような。僕も新酒 (直汲み) の赤ラベル飲んで「これが山廃なら良さそうだなあ」と思ったんですよね。僕が飲んだヤツは味がスゴい出てたので、このままのタッチでカロリーオフ&酸増しすればクワナリいい酒になるんじゃないかと。


──「ほろ苦い粒あん」がぴったりかと…酸は足りてないです。

たまに「あんこ」を感じる酒ありますよね (笑) 。あれ、なんですかね。僕も何本かの記事に書いたことありますね。


──日本酒二年生にして週末にレマコムが届くめいです。

2日目のカレーさんがここ見てるか分からないので、サイズ90の僕がアシストさせていただきます (笑) 。

うちのキャパは下段にMAXで1800mlが18本、上段左側に寝かせて720mlが4本、上段右側にはグラス類を置いてます。その他、家庭用冷蔵庫に720mlが常時4本ですね。ブログを始めてからは720mlも多く買うようになったので、実際、下段に1800mlは10本くらいしか入ってないです。

正直、専用冷蔵庫を買った後の方がエスカレートするんじゃないですかね (笑) 。入るだけ買っちゃうので、同じ酒を複数本ストックとか、あまりしなくなりますね。僕もストック用に別でレマコムを買おうかと考えたこともありますが、なかなかイイ酒に出会えないので、そこまでして囲うこともないかという感じです。

ただ、日本酒の場合は去年旨かった酒が今年も旨い保証はどこにもないので、米鶴と黒澤のType-7は1800mlでリピートして絶賛待機中です (笑) 。でも、これがあると次の酒が買えないタイミングも出てくるので、少しヤキモキすることもあります──これがなけりゃ買えるのに。

結局、どういう状況であれ、冷蔵庫に余力を残してる人ってあまりいないんじゃないですかね。拍車が掛かるだけですね。レマコムは氷温管理できるので、買い方よりも飲み方の違いも楽しめると思いますよ。つまり、一度に3本くらい開けて飲み比べとかです (笑) 。マイナス5度なら開栓後の変化も少ないですからね。

いずれにせよ、楽しみでしょうねえ。うちは注文してから届くまで1ヶ月くらいかかったので──受注生産なので──、それを見越してさらにガンガン買い増して──火入れなどは常温で納戸に並べて、冷蔵庫が届いた時には、すぐに満タンになりました (笑) 。


2017.06.14 Wed 08:50
Edit | Reply |  

Name - めい  

Title - 不動 純大 吊るししぼり

おばんです。

連投失礼します。

今日は出張先のホテルで不動 純大 吊るししぼり 秋田酒こまちを呑んでいます。

ちびちび呑んで二合を超えたのできっと合格点です。

ちょっと珍しい味わいで、喩えが見つからないままだったのですが、やっと腑に落ちるのが見つかりました。
「ほろ苦い粒あん」がぴったりかと…酸は足りてないです。

ホテルなので冷やすのにも一苦労しましたが、きっちり冷やすかロックで楽しめます。東京から北海道へ行って千葉の酒を買うというのも一興か言い訳しつつサッカーを肴に楽しんでいます。

これが山形ですと米鶴の山廃純大を探しながら仕事をするようにスケジューリングするのですがここは北の大地、探すべき地元の酒も知らないのが残念です。

この不動は酸が足りてないので、来月に出るであろう山廃の生に期待です。
2017.06.13 Tue 22:54
Edit | Reply |  

Name - めい  

Title - To 2日目のカレーさん

こんばんは。

日本酒二年生にして週末にレマコムが届くめいです。

ホシザキの120は凄いですね!

興味本位で伺わせてください。

ホシザキ購入後、それまでと購入スピードがどれくらい上がったか、そして現在庫は美味しかったお酒のリピートが中心になるのか、それとも未飲で呑んでみたいお酒が一本ずつばらばらに収まって行くのかを教えてください。

私がレマコムを購入する動機は、まず冷蔵スペースの半分超が酒瓶で埋まってしまい食品が入らなくなってしまったのと、一升瓶で買ったお酒を四合瓶に分けた際の劣化を避けたいというところです。
最近、リピートしたいお酒にあまり遭遇していないので、私は一本ずつばらばらの在庫になりそうです。

モウカンさんの冷蔵庫はきっと一本ずつばらばらなんでしょうけど、2日目のカレーさんはいかがですか?

興味本位で伺ってしまい失礼なのは重々承知の上で、同好の士のよしみでお許しくださいませ。
2017.06.13 Tue 22:30
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To 2日目のカレーさん



毎度です。

120サイズ、なかなかに壮観でしょうね〜。こりゃ埋まるのも時間の問題だ (笑) 。


──私は既に頂きましたが・・感想を人に話すのは難しいですが、ひのとりよりは飲みやすく飲み続けられる感じと引き換えに貴醸酒特有の濃厚さみたいなのは、なくなった感じがします。悪く言えば薄くなった・・・良く言えば食前食後の限られたお酒から、一定の料理にあう酒になった・・・という感じです。

いや、これクワナリわかりやすいレポートですよ。さすがは「新政の番人」ですね (笑) 。そうですか。なんか今季は薄いという話をよく聞きますね。


──問題はこの賞味期限的な期限がどういう理由で設けられているか?という事です。

一般的に「生酒は3ヶ月以上すぎると熟成が一気に進む」という判断と、あとは「爆発問題」ですね。僕も「1年熟成のカエル」でやらかしましたが、買った店で訊いたら瓶ごと割れた人もいたらしいですよ。試飲イベントで蔵の若いアンちゃんに言ったら、他にも似たような被害が結構あったようで、それで蔵元も「発酵のさせ過ぎ」を注意喚起してるんだと思います。


──では、これからもお体に気を付けて頑張ってください。

いつもお気遣いありがとうございます。旅行以来、早寝早起きが習慣化して、気分は健康なんですが、不健康じゃないと表に出てこない感性もあるので、そこは難しいですね (笑) 。


2017.06.13 Tue 18:46
Edit | Reply |  

Name - 2日目のカレー  

Title - ひのとりすぱーく

いつも楽しく拝見させて頂いてます。
さて、ようやく私のショーケースも半分が埋まりました。120サイズだと一升瓶が24本か(一升瓶の上の部分を使用しないとして、使用すれば30本以上いけます)、12本の一升瓶と48本の4合瓶のいずれかの選択になります。(4合瓶は上下24本でしっかり収まるので)私は後者を選択し、一升瓶で6~9本、4合瓶で25本程度の在庫となりました。

おっと、今回の本題の「ひのとりスパーク」ですが頒布会で頂いた瓶の首にかかるタグには、販売店から三か月以内に購入し、三週間以内にお飲みくださいの文字が刻印されておりました。つまり五月二五日の頒布+三週間で九月中旬位までの賞味期限という感じですか?

私は既に頂きましたが・・感想を人に話すのは難しいですが、ひのとりよりは飲みやすく飲み続けられる感じと引き換えに貴醸酒特有の濃厚さみたいなのは、なくなった感じがします。悪く言えば薄くなった・・・良く言えば食前食後の限られたお酒から、一定の料理にあう酒になった・・・という感じです。

問題はこの賞味期限的な期限がどういう理由で設けられているか?という事です。もし、季節を問わずこれが毎回蔵より発行される条件ならラインナップとしての登場は難しそうです。ですが、飲みやすさのハードルは確実に下がったと思うのでラインナップされれば手に取る回数は増えそうな感じがします・・・。うーん。

では、これからもお体に気を付けて頑張ってください。
2017.06.13 Tue 17:26
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To おみずさん



毎度です。酒レポありがとうございます。

ブツクサ言いながらも、結局、僕も買いましたよ、「篠峯 山廃雄町66」を (笑) 。もう1本、堺杜氏がfacebookで薦めてた「純米吟醸 山田錦 夏色生酒 6号酵母」も。これは「蒼」という商品名でも出てますが、「夏色」の方が中盤まで、「蒼」が中盤以降の部分だそうです。「中取り」という言葉は使ってませんでしたので、具体的には判定しかねますが、「夏色」の方がフレッシュさはあるんでしょうか。最後の部分は火入れに回すそうです。

「赤武」の生熟は2〜3ヶ月前に酒屋で見かけましたがスルーしました。「モヤっと感」──これは生熟香を指すのにイイ表現ですね (笑) 。

なんだか「新政」はすでに遠い過去の酒のような気がしてきました。気にしなくなると本当にどうでもよくなりますね。陽乃鳥スパークだけは拾えたら拾いますが、最近はシャンパーニュを「息抜きの低アル酒」として飲んでるので、最近の軟弱な「仙禽」も含め、この手のオサレモダンな日本酒にはますます用がなくなりつつあります。

「大倉」は26BYや27BYもまだ買えますよね。ひとまず週末に「直汲み 雄山錦45生 28BY」が来るので、それを飲んでから次のターゲットを決めようと思ってます。「夏うらら」は近所のマチダヤで1800mlだけ入ってましたね。

さんざ夏酒はバカにして来ましたが、今の我々的には「爽やかな辛口フレイヴァー」の方が楽しめたりして。それでもあまり手が伸びないんですよね。いわゆる「夏酒的忖度」が邪魔なんですよ。濃かったら自分で薄めるから余計なことするなというか (笑) 。それにいくら夏酒とはいえ、さすがに日本酒はガブガブは飲めないので、どのみち中途半端ということに。

2017.06.12 Mon 14:25
Edit | Reply |  

Name - おみず  

Title - 木香

篠峯の山廃純米雄町飲みました~。
冷えてるとよくわかりますがやはり木香ありますね。
28byに関しては全てに木香あるんでしょうなぁ。
最近飲んだのは赤武の生熟、新政のヴィリジアンとコスモス、大倉の夏うらら、金鼓濁酒。
他にもあった気がしますが覚えてない程度です(笑)

赤武の生熟はモヤっと感があり味もイマイチ。
開栓後数日したらマシになりましたが1週ぐらいで甘さしかなくなって捨てました。

新政はあんまり味がしません・・・
美味しさがわかるっちゃわかるんですがねぇ。
2015でしたが6号酵母の生酛で熟成とかになると更にスリムすぎて今までのファンが逃げる気すらします。

大倉の夏うららは多分原酒じゃないですが味出てて美味しかったです。
同じく大倉の金鼓濁酒は水酛仕込みで甘酸っぱくて奥にグレープ感ありでこちらもなかなかでした。
米粒食べてる感がだいぶすごいですが(笑)

一応、昨今大倉で外した感じがなかったので山廃の雄山錦とひとごこちも注文して到着待ちです。
この辺も良かったら他のも試したいですね。
2017.06.12 Mon 11:56
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To めいさん



毎度です。

ようやく大倉デビューです。近所でも買えるっちゃ買えるんですが、全部は入らないので、今回は通販でエントリーです。「十六代九郎右衛門 山廃雄町」今年も来ましたか。これ、27BYがなかなか楽しいお酒だったので僕も買うと思います。今季もあるのか「ハイチュウ感」 (笑) 。

「福小町」「美冨久」も未飲銘柄ですね。あそこ720mlがあまり入らないので、なかなかタイミングが合わせずらいんですが、竹雀の山廃雄町50は1800mlでも売り切れてました。これも買いたい・・・。


──冷蔵庫の使い勝手が悪いので、ついに来週末にはレマコムを導入する予定です。でも、職場に置いてある酒を回収したらすぐに一杯になりそう…

普段あれだけいろいろ買っていて専用冷蔵庫がなかっことがある意味で驚きですが (笑) 、買ったら買ったで入るだけ詰め込んでしまうんですよね。

夏酒は「貴 ニゴリ」に期待してますが、ここも毎年商品企画を変えてくるので、今季がどんなの出るか、未知ですね。ボチボチですかね。27BYの上澄みは最高でしたけど、さて。

2017.06.12 Mon 10:18
Edit | Reply |  

Name - めい  

Title - No title

おばんです。

大倉の純大は2本買った四合瓶の一本が残っているので、来週以降の楽しみになりました。

そして今日、こだまさんに入った十六代九郎右衛門 山廃 特別純米 赤磐雄町 無濾過生原酒(仕込58号)28BYと一緒に花巴の純大をリピートしたところです。

風が吹くの金ラベルもまだありましたし、新しいインド料理屋さんもオープンしたので大塚へはまた行くことになりそうです。

今日は之吟さんで買った福小町の特純生原酒「号外編」と通販で買った美冨久 山廃純米吟醸 酉也吟純聖を開けました。

福小町はジャケ買いです(衝撃のセロテープ貼り)。久しぶりの速醸でしたが、二日足らずで呑みきったので美味しいのでしょう(笑)
美冨久 山廃純米吟醸 酉也吟純聖はもうちょっとカロリーオフ感と酸が欲しいところです。でも二日でなくなりそうなのでそこそこなんでしょう(苦笑)

冷蔵庫の使い勝手が悪いので、ついに来週末にはレマコムを導入する予定です。

でも、職場に置いてある酒を回収したらすぐに一杯になりそう…
2017.06.11 Sun 23:02
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To めいさん



毎度です。

刺激的な情報ありがとうございます (笑) 。

まずマチダヤの300mlですが、つい先週の水曜に「29.5」クレジットのバックオーダー分を確認してます。さすがに中身が25BYにスイッチしてるはずですが、スタッフでこの質問に答えられる人は誰もいないので確認してません。たしかにラベルは使いまわしだと思います (笑) 。

あと、長陽福娘の「マチダヤオリジナル 純米吟醸 山田錦55 生熟 29.5ロット」も入ってましたが、これは中身が27BYに切り替わったのか、26BYの残りなのかは飲んでみないとわかりません。どちらも買ってないです。

そして! 「花巴 山廃純米大吟醸 無濾過生原酒 28BY」と「大倉 山廃純米大吟醸 雄山錦 無濾過生原酒 直汲み 28BY」は買いました。届くのは金曜です。「克正 山廃雄町65生 28BY」は杜氏が引退したので「三光天賦」としてリニューアルされ、これも一応同梱しました。奈良の「登酒店」です。しばらくはここで27BYも含め拾っていこうと思ってます。

2017.06.11 Sun 13:25
Edit | Reply |  

Name - めい  

Title - 

毎度です。

マチダヤさんのプレミアム300にある「篠峯 純米大吟醸 雄町 参年熟成」の製造年月を確認しました。

店頭にあるのは「29.3」でしたので25BYだと思います。ネット上でもまだ在庫がありますね。
http://ajinomachidaya.ocnk.net/product/221

日本酒度と酸度の表記はモウカンさんが呑まれた24BYと同じなのでまだ使い回しみたい(笑)

四合瓶や一升瓶はもう通販では買えないと思いますし、一升瓶を開ける前の試飲にも良いと思います。一合あたりの値段とすれば5割高くらいになるのと、300mlという一人で晩酌するにもちょっと足りない微妙な量が二の足を踏ませますが。
Amazonでラスト一本(私がこの酒屋さんに頼んで千代酒造さんから仕入れてもらいましたので25BYで間違いありませんよ)
https://www.amazon.co.jp/%E7%AF%A0%E5%B3%AF-%E9%9B%84%E7%94%BA-%E7%B4%94%E7%B1%B3%E5%A4%A7%E5%90%9F%E9%86%B8-%E5%8F%82%E5%B9%B4%E7%86%9F%E6%88%901-8L%EF%BC%88%E2%98%86%EF%BC%89/dp/B00L0ZMS6I

それにしてもこのシリーズは蓋がキツくて開けづらい(笑)
2017.06.11 Sun 12:15
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To 日本酒4年生さん



オススメありがとうございます。

日本酒4年生さん、以前にMacの件で質問くれた読者さんですよね?
ま、それはそれとして「日輪田 山廃純米大吟醸」──これ、雄町45の火入れですよね?

日輪田 山廃純米大吟醸 雄町45
http://www.sake-tsujimura.com/item.php?sakeID=395


ちなみにオススメっていつのヴィンテージ (BY) ですか? 28BYはもう出てるんですかね。 28BYをすでに飲んでいて、それを薦めているのなら黙って買ってみます。27BYや26BYであれば少し条件は変わりますが、実はいずれ飲んでみたかった商品なので、「道場破り」としてではなく、僕の個人的な購入という流れで記事にしたいと思います (笑) 。どうやら28BYの「萩の鶴」は「牛乳@お花畑」問題あるので、そろそろ「日輪田」にエントリーしようと思ってました。

ご存知の通り、日本酒はヴィンテージ単位で全く別の酒になってしまうことが多いので、是非、オススメのBYで指示してください。27BYなら探せば買えそうなので、これがオススメならそれを買います。

僕の好きな「篠峯 純米大吟醸 雄町 中取り生」というお酒も25BY、26BY (熟成状態違いで2本) 、27BY (酵母違いで2本) 、28BYと6回ほど飲んでますが、それぞれ全くの別物で、特に27BYと28BYはオハナシニナラナイ出来栄えなので、同じ商品名で語ることすらナンセンスだと思ってます。

26BYも9ヶ月熟成と1年9ヶ月熟成の2つの状態で飲んでますが、これだけでも違う酒ですしね。

2017.06.10 Sat 22:44
Edit | Reply |  

Name - 日本酒4年生  

Title - 道場破り

もう肝さんの厳しい批評にビビってますが、1つおすすめのお酒を紹介します。
こちらのブログでおなじみの萩野酒造が出している「日輪田 山廃純米大吟醸」です。
私は2年前にこちらを飲んでから燗酒を飲めるようになりました。
2017.06.10 Sat 19:53
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To temakinoriさん



毎度です。


タカオマ祭はお疲れ様でした (笑) 。あのままのバランスで甘酸パート (果実味) がスパークすると一気に☆4.5の壁をブチ破る酒ですね。ま、今後も注視しておきます。タカジストとして納得の商品に出会えましたらすぐにタレコミ下さい。

さて、八反娘、先発カナリア隊、ご苦労様です。さすがにtemakinoriさんとのやりとりも回を重ねて、レポートの内容が手に取るようにわかるので非常に参考になります。おそらく27BYの方が強烈な果実味があったはずなので、28BYの「雄町」を袋に入れて「仏壇パウダー」でシャカシャカした感じですかね。

もともと僕の中で「八反錦」は「草 (=仏壇、箪笥、カビ) 」カラーな香りにコネクトしやすいので──たまたま?──、我々夫婦の方が許容できる部分は多そうです。「山間っぽい感じ」は当たってると思います。


──正直、ブラインドで飲んだらこれが日本酒だって分からないですよ。僕には。

ややウォッカ寄りの辛みと削げた味幅が出てそうですが、八反錦的な個性は存分に出てそうですね。ま、牛乳@お花畑よりはマシです。「かなりセメダインありますね」──27BYも結構ありましたが、最後は果実味が競り勝ったんですよ (笑) 。


──結論としては、細マッチョな和服の塩顔青年という感じです。どう変化するのか分かりませんが、きっとまだ寝かせても全然いける気がします。

結論が一番わかりにくいというのが僕のようで笑えますが、こりゃ秋頃まで引っ張りますかね。

そういえばタカオマ、たぶん、temakinoriさんが僕の状態のモノを飲んだら「熟味」を感じたかもしれないです。少し甘みパートに光沢感が出てたので、おそらく3月の時点ではここが「ツヤなし仕上げ」状態だったでしょうね。

気に入った酒 (よく知ってる酒) を3ヶ月〜半年寝かせて飲み比べるのも面白いですよ。ただ、28BYのタカオマはそこまで化ける感じはないですかね。今は季節が悪いですが、秋が深まるまで冷蔵庫→冬場は室温 (15〜20℃) →春を感じたら開ける──これくらいの1年計画なら面白い結果になるとは思います。


──なんか全然さらっと書けませんでしたね…。すみません、モウカンさんのとこにぶつぶつ書きながら飲むの好きなんです。。。

すでに「備忘録」状態ですね (笑) 。気にせず自由にご利用ください。


2017.06.10 Sat 10:03
Edit | Reply |  

Name - temakinori  

Title - はったん

こんばんはー。

長陽福娘の純米八反錦無濾過生原酒開けました。買われているようなのでさらっと。ちなみに製造年月は29.5です。飲むタイミングのご参考になればと。

実は初八反錦なのですが、系統は最近飲んだのでいうと山間っぽい感じですね。あっちより僕は全然いけます、新品のお仏壇。

スモーキーで、質量を感じない二次元な甘さ。トータルでは結構ストイックな感じがあります、かなりドライ。引けはすごくよく、辛味と共に切れる。口の中にはアイラのピート香のようなものが残りますね。

ガスはそこそこ。全体の質量は軽いですが、かといって薄いわけではない。余計なものが削げた感じだからストイックに感じるのかもしれません 。ぎゅっと収斂していく旨味のコアはあります。ゴムっぽい。

正直、ブラインドで飲んだらこれが日本酒だって分からないですよ。僕には。

カンボジアで現地の方にこれを飲まされたら、あぁなるほど。イメージ通りだけど全然いける!って思うとおもいます。

あ、飲んでたらムセました。。
思いっきり鼻に入ったんですけど、かなりセメダインありますね。

結論としては、細マッチョな和服の塩顔青年という感じです。どう変化するのか分かりませんが、きっとまだ寝かせても全然いける気がします。

なんか全然さらっと書けませんでしたね…。すみません、モウカンさんのとこにぶつぶつ書きながら飲むの好きなんです。。。
2017.06.09 Fri 22:52
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To めいさん



毎度です。


──かぶと虫はやはりダメでしたか。以前からあのラベルが気にくわなくて買ったことないんですよね。

ある意味、衝撃的な〝薄さ〟ですね (笑) 。正直、何がしたいのかまるで分かりません。「夏酒」に対する勝手なイメージが暴走した感じです。旨けりゃ濃くても甘くても飲むんですよ。それを何となく「夏はスッキリ」とかやるから迷走するという典型。

夏に甘くて濃い酒が売れないのはわかりますが、それって飲食店の話ですからね。個人ユーザーはいちいち世間の趨勢に合わせる必要はないですね。これで買い逃してた酒をようやく買えます。まさに「夏酒シーズンは恵みの雨」です。「夏は山廃生!」というフレーズが10年後に一般化するよう僕もガンバリマス (笑) 。


──先日、三ノ輪の鈴木酒販へ伊勢角屋ペールエールを買いに行ったら、せんきんの新ブランド「羽水」生酛が置いてあったのでとりあえずアタリに行ってみました。一昨日開けたのですが、意外に悪くない(笑)

あ、ここも「伊勢角屋ペールエール」扱ってたんですね。

伊勢角屋麦酒 ペールエール (鈴木酒販)
http://shop-suzukishuhan.com/products/detail1245.html


「羽水」情報ありがとうございます! これ、なんか逆に「仙禽」の扱い店でやってない感じですかね。実は「仙禽」を扱ってない店には「霧降」という「裏仙禽」みたいな酒がよく置いてあるんですが、「羽水」も「霧降」の扱い店で検索にかかりますね。

今季は「ナチュール」が未だにドロップされてないので「生酛はどうなってんだ!?」と思ってたところなんです。27BYの「ナチュール3」はまあまあ面白かったので、今季も生酛なら当たりに行きたいんですよ。なかなか軽くて良さげですね。


◤仙禽 - ナチュール トロワ 27BY
http://moukan1972.blog.fc2.com/blog-entry-454.html


ぼちぼち我が家の冷蔵庫も夏酒シフト (目指せ山廃率80%) に移行しようと思ってます。こだまの店主に「ALLおまかせ」でお願いするのが一番無駄がないような気もしてます。

2017.06.09 Fri 09:05
Edit | Reply |  

Name - めい  

Title - せんきん「羽水」生酛

おばんです。

かぶと虫はやはりダメでしたか。以前からあのラベルが気にくわなくて買ったことないんですよね。

先日、三ノ輪の鈴木酒販へ伊勢角屋ペールエールを買いに行ったら、せんきんの新ブランド「羽水」生酛が置いてあったのでとりあえずアタリに行ってみました。

一昨日開けたのですが、意外に悪くない(笑)

軽いし、酸もちょうど良い出具合。アルコールは15度なのですいすい呑めちゃいます。

80%精米の割りには味が薄くて小振りな感じがちょっと物足りないですが、ジューシーさも少しあり、面白いと思います。
2017.06.08 Thu 22:55
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To めいさん



毎度です。


「百春 五百万石」は、この銘柄としては僕の知る限り最もドライな苦みが出てましたが、ちゃんと「らしさ」も出てたので問題なく楽しめてます。#5は我々夫婦にとっては「もはや百春ではない」です。#6は怖くて買えないです (笑) 。


──もう、「含み香が」とか「美山錦だから」とか講釈を述べるのを考えず、呑んだ量で評価する方が合ってる気がしてます。

原酒でALC.20度とか、火入れの熟成酒とか、貴醸酒や四段仕込など、特殊な属性の酒でない限り「呑んだ量」で評価するのは当たってると思います。旨い酒は必然「なくなるのが早い」です。これは疑いようがないですね。米鶴の山廃純大なんか1800mlが実質2日でなくなりましたからね。


──今晩は「風が吹く 山廃 純米吟醸 生酒 中取り(金ラベル)」を開けました。酒米は五百万石の50%精米でした。

これ、他の読者さんもここで話題にしてましたね。

http://moukan1972.blog.fc2.com/blog-entry-657.html#comment1817


なんかスイスイ飲めそうですね。特に「久しぶりに米鶴 山廃純大を呑んでいる時のことを思い出しました」のフレーズはヤバイです (笑) 。「こだま」は家から近いくせになかなか行けてないですが、そのうちまとめて通販すると思うので、頭に入れておきます。


──あと、今日は初めて伊勢角屋のペールエールを呑みました。ホップの爽やかな香りと上品な味わいで、よなよなとかはこれから呑めなくなりそうです。

もう「よなよな」は呑めないですね (笑) 。確認の意味で何度か飲んでますが、なんかやたら渋くて酸っぱく感じますね。伊勢角屋のペールエールは土曜に呑みましたが、甘みと旨みの出方が他とは違うんですよね。果汁ではないんですが、すごくジューシイというか。

まだまだ都内では買いにくいですが、新宿伊勢丹の英断に期待です。つうか、呑めば一発でわかることだと思んですけどね。売り場の責任者は何を迷ってるんでしょうね。中身は間違いないんだから、売り方/伝え方を工夫すればいいだけの話で、こんなラクなことはないですよ。

2017.06.04 Sun 22:57
Edit | Reply |  

Name - めい  

Title - 風が吹く

おばんです。

百春 五百万石は先週の水曜日に呑んでいて、2時間で三合以上空いたので高評価かもと思っていたので良かったです(何が?)。

もう、「含み香が」とか「美山錦だから」とか講釈を述べるのを考えず、呑んだ量で評価する方が合ってる気がしてます。文字にする事を意識した方が後で比較しやすいとは思いますが、元々の評価が当てにならないので(笑)

今晩は「風が吹く 山廃 純米吟醸 生酒 中取り(金ラベル)」を開けました。酒米は五百万石の50%精米でした。

久しぶりに米鶴 山廃純大を呑んでいる時のことを思い出しました。あれと比べると、大企業による米鶴のクローンという感じもしますが、これはこれで楽しいです。酔いが来ないのでついついおかわりしてしまいます。こだまさんに行く機会があったらぜひ。

こだまさんで試飲した時から柔らかな口当たりに期待していたのですが、呑み進めていて期待通りの味わいに頬がほころびます。

あと、今日は初めて伊勢角屋のペールエールを呑みました。

ホップの爽やかな香りと上品な味わいで、よなよなとかはこれから呑めなくなりそうです。
2017.06.04 Sun 21:10
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To 小尾けのびさん



毎度です。

オススメありがとうございます (笑) 。


──マスヤ 日の本 杵もち揚 しお味。しおも醤油もオススメ。星5狙いに来ました。

これは買ったことも食べたこともないです──たぶん。僕の専門分野じゃないですが、見つけたら買ってみます。

基本、スーパーで100〜150円のモノしか買わず、しかも揚げ餅系は重いので昔から避ける傾向にあります。200円以上の煎餅類は僕の中では「高級ライン」ですね。煎餅に関しては紙パック酒レベルのモノが好きなんですよ (笑)。

でも、マーブル模様系の醤油味は好きです。まるで宇宙のムラのような濃い部分が味覚のコアにハマった時の快感は最高です。

宇宙のムラ
http://www.hirahaku.jp/hakubutsukan_archive/tenmon/pla/theme/041012/wmap3k.jpg



2017.06.02 Fri 22:47
Edit | Reply |  

Name - 小尾けのび  

Title - おすすめアラレ

名前が消えた^^;
2017.06.02 Fri 21:32
Edit | Reply |  

Name - Guest  

Title - おすすめアラレ

おすすめアラレ
マスヤ 日の本 杵もち揚 しお味
http://www.masuya.co.jp/products/hinomoto_sio202.html
しおも醤油もオススメ
星5狙いに来ました
2017.06.02 Fri 21:30
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To マイルドさん、おみずさん



マイルドさん


毎度です。


──「木香」 そこでしたか・・・。 それくらいは読めないといけませんねえ(笑)

ここを落とすと合格答案を作成することは極めて困難になります (笑) 。


──セブンプレミアムの「煮たまご」は、出てからずっと食べています。

実はそこまでニタマガーでもないんですけど──どちらかと言うとマヨネーズを付けて食べる方が好き──、これは「高品質への手軽さ」が素晴らしいですね。お取り寄せの高級惣菜なんかではなく、いつでもそこらで買えることが素晴らしい。

シャラオマは地雷ですよ (笑) 。27BYは飲んでないのでなんとも言えませんが、ある種のブドウ感というか、シャラ酸がまるで出てないですね。「冩樂」で言えば「酒未来の出来損ない」という感じです。


──それから「熟成サラダ」ですが、実家に聞いたらこれまた田舎のスーパーチェーン店にあったとのこと。 美味しかったですねー!

まさかの「熟サラ帰省」 (笑) 。昔はもっとオイリーだったような気もしますが、昨日開けたロットは問題なかったです。たまに露骨に塩が足りないことがあるので、三幸は「少し塩っぱい」くらいが◎です。「白米せんべい」は初めて見たんですが、逆に100円SHOPなんかが穴場ですよ。なんだかんだでレアな三幸モノは100円SHOP系で見つけることが多いです。「チーズ」と「コンソメ」というレアなサラセンもかつてあったんですが、ここ2年は見てないですね。


──百春はハーブっぽい、GINっぽいのが気になっていたわりに まだ買っていないのですが、28BYは難しそうですねー。

昨日「五百万石」を開けました。結構、大人ビターでしたが、ちゃんと「百春草 (ひゃくしゅんそう) 」が生えてましたので、ひとまず☆4.5スタートです。香りにイティゴ (いちご) あったので一瞬イヤな気がしましたが、飲んだら「百春」でしたね。これなら目隠しされていつどこで誰に飲まされても「百春」だと当てる自信あります。

仕込み5号は地雷です。おそらく6号も地雷くさい。ただ──あとで記事にしますが──、これ、マグレもあるんじゃないかなという印象です。「五百万石」的な苦みが「牛乳@お花畑」を相殺しただけなんじゃないかと。27BYの方がスリムで可憐な果実味ありましたが、今季はややワイルドかつハードボイルドな一面があるので、僕の中では「賀茂金秀 雄町」をドレッシーにした印象ですかね。あ、不意に瞬間的にイイ表現が出てきました。メモしないと (笑) 。

あと、酉与右衛門、買いました。山廃は出てます──美山錦、亀ノ尾。雄町の720mlは売り切れだったので、ひとまず亀ノ尾の速醸と山廃でエントリーです。美山錦は次回に。DE、ラベルを見たらアミノ酸度が「速醸:1.3」に対して「山廃:1.1」でした。これ、完全に僕の理に沿うカロリーオフな仕上がりなので、面白い記事になりそうです。



─────────────────────────────

おみずさん


毎度です。

酒レポありがとうございます。


──写楽夏吟飲みましたがやはり今年はハズレですねぇ。 去年までの含んだ瞬間の写楽らしさが減退して酸が前に出すぎてます。

酸が前に出すぎ」──逆に興味が惹かれるオレは酸病か (笑) 。実は「冩樂」に関しては「うすにごり」系のラムネ&セメダインなニュアンスが初心者時代に苦手だってので、「うすにごり」で旨いと思った経験がないんですよね。27BYの新酒の純吟うすにごりは旨かったらしいですね。

なんかこれ、「なごしざけ祭り」のためのプレリュードじゃないですかね (笑) 。「なごしざけ」は僕も何度も言及してるし、読者さんもコメ欄で被せてますので、少し気合い入れないと手に入れるのが難しくなるかもしれませんね。僕は「なごしざけ」まで「冩樂」はスルーします──これで「愛山」が超旨いとかヤメろよな (笑) !


──その他、不老泉山廃雄町・長珍夢錦・黒澤黄色も飲みましたが個人的に黒澤が一番良かったので多分お察しかなーと思います。

長珍の新聞紙は去年買い逃した雄町65を狙ってます──って、もう出てますね、たぶん。黒澤イエロー、意外にイケましたか。一瞬キラリと光る要素もありますが、なかなかにツレない面もあるので、Type-7と比べると「もう一声!」という感じではあります。うちは青と赤、Type-9が待機中ですが、実は昨日とんでもないものを手に入れましたので、転入生のUPをお待ちください。


──ワインみたいな日本酒飲むぐらいならワイン飲んだほうが良いですし。

確かに (笑) 。

「やまユ」は27BYみたいですね。生酒なんですかね。ま、今となっては興味の対象外ですが、飲んだらレポよろしくです。どうせ他のブログで誰かがすでにやってそうですが、読んでる暇がない・・・。しかしまあ、マニアの気を引きたくて「やまユ」という看板を復活させるとか、やることがいちいち鼻につきますが (笑) 、それも彼なりのブランディングでありファン・サービスの一環なんでしょうね。

2017.06.02 Fri 09:53
Edit | Reply |  

Name - おみず  

Title - 写楽夏吟うすにごり

写楽夏吟飲みましたがやはり今年はハズレですねぇ。
夏吟にロット問題があるかはわかりませんが去年までの含んだ瞬間の写楽らしさが減退して酸が前に出すぎてます。
例年だとうすにごり系はジュース感あって美味しい感じがしてたんですが今年はイマイチな感じが・・・
なごしざけも若干不安になってきますね。

その他、不老泉山廃雄町・長珍夢錦・黒澤黄色も飲みましたが個人的に黒澤が一番良かったので多分お察しかなーと思います。
ただ、飲み会で一気になくなっちゃったので数日経過してからの伸びはあるのかもしれません。

あと何気に新政も飲んでまして今年の亜麻猫はダメでした。
これも多分大量に作ってるのでロットによって変わると思いますが年初に出たやつは買わないと思いますが美味しくないです・・・
白麹で仕込まなくてもちゃんと酸を出していけるので白麹仕込みはもう必要ありませんね。
ワインみたいな日本酒飲むぐらいならワイン飲んだほうが良いですし。
一応行きつけの酒屋は新政全種ほぼいつでも買えるので一通り毒見しようと思ってますが不安しかないです。
ちなみにやまユですが中身は多分2年前ぐらいに販売した木桶仕込みのピンクを蔵内熟成させたやつではないかなーと。
全量きもとになりましたしここ数年で熟成に耐えうる酒質になってきた?のでこちらも入手したら飲んでみます(笑)
2017.06.02 Fri 09:19
Edit | Reply |  

Name - マイルド  

Title - 

こんばんは

「木香」
そこでしたか・・・。

それくらいは読めないといけませんねえ(笑)


雑記になりますが。

セブンプレミアムの「煮たまご」は、出てからずっと食べています。
あまった汁は肉系の丼を作る時のご飯にかけたり、
大量の白髪ネギをあえるときにかけたり、
煮魚、煮物のベースに足しちゃったりしてます。
「シャラオマ」を誰かが手に入れて飲み会になるだろー・・・と
思っていたら誰も手に入らなかったのでここでのコメントになりました(笑)
28BYの写楽は、こちら福島ではホントに手に入らないですね。
どうなってんだろー。「うすにごり」なんて入荷すらなかったみたいだし。
このぶんだと「なごしざけ」も入荷しないかもです。


それから「熟成サラダ」ですが、こちらは田舎ですので煎餅の品揃えは
かなり豊富だと思っていましたが、見つからず。
実家に聞いたらこれまた田舎のスーパーチェーン店にあったとのこと。
煎餅のために帰省(笑)
美味しかったですねー!煎餅が理由で実家に寄る機会が増えるってことを
墓場まで持って帰るつもりでいますが(汗)

さて、次は「白米せんべい」を探します!
「巨大化したオトナのコメッコ」
「袋が無駄にデカい」
いいですねー(笑)

百春はハーブっぽい、GINっぽいのが気になっていたわりに
まだ買っていないのですが、28BYは難しそうですねー。
ちなみに、冷凍庫にジンが入っています。寝酒についての科学的検証は
さておき、「足りない」ってときには冷凍庫のジンで自分を沈めます。
本来「鎮める」べきでしょうが、そんなの跳ねっ返りがくるに決まっているので
一日の終わりに足りないようだったらちゃんと自分を沈めます。
だから草っぽい感じの百春なら沈めることなく一日を終えるのではと
思っていたのですが28BYは違ったみたいですね。


クイズの返信コメちょっとのつもりが、また長いという(笑)
おつきあいいただいていつもありがとうございます。
2017.06.02 Fri 00:55
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To めいさん



毎度です。


僕なりの「クイズに対するパロディ」ですね──絶対に当たらないクイズという (笑) 。


──今西酒造の営業さんとの会話で、「米が溶けにくい」→「吸水を増やす」→「バランス崩れる」の流れに乗ってしまったケースがあったそうです。

長陽福娘の岩崎社長もメールでそんなこと言ってましたね。去年は逆に溶けやすかったけど、今季は溶けなくて大変だと。醪の状態が変わると酵母の働き方にも変化が出てくるので、そこを調整するのは極めて困難な作業のようです。

めいさんもすっかり「非速醸派」ですが、たしかに「老ね」以外で「飲めないほど酷いモノ」には出会ったことないですかね、今のところ。特にモダン系の山廃なんかは軽いし酸もあるので、なんだかんだで飲めてしまう。

速醸がパーフェクトに決まった時の「フルーティネス大爆発」は人の意識を異世界へと覚醒させるほど旨いですが、もうそういう酒はしばらく飲んでないですね。

2017.06.01 Thu 08:17
Edit | Reply |  

Name - めい  

Title - No title

夜更けに目が覚めたので正解を見に来たら…

「出会った頃はこんな木香」には苦笑せざるを得ませんね…

「迷信って」には笑いました。

今西酒造の営業さんとの会話で、「米が溶けにくい」→「吸水を増やす」→「バランス崩れる」の流れに乗ってしまったケースがあったそうです。

「良い酒を作ったのに知られてないから試飲販売」は頑張れるでしょうけど、「うちの酒はこんなはずじゃない」と思いながらの営業はやり辛そうでした。
2017.06.01 Thu 04:35
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To めいさん、マイルドさん、通りすがりのROM専さん



まずはお三方へ


(読者さんにとっての暇潰しの) お遊び企画に御参加いただき、誠に恐縮村の恐縮村長、moukan1972♂です。

いやー、「三人寄れば文殊の知恵」というのは失礼な話ではありますが (笑) 、この三人が一堂に会せば相当な所まで行けそうな木香します。

めいさんの「ふざけた狙ってる感」と、マイルドさんの「鋭いmoukan言説分析」と、通りすがりのROM専さんの「構造的な攻略方針」の三本の線が今ひとつになれば「参加賞」くらいは狙えそうです (笑) 。

一つ言っておくと、「お気に入りの酒 一人利いてみるの 」──これは100%正解です。

すみません、勝手に高見から楽しんでしまって (笑) 。



──────────────────────────────

めいさん


──こちらも28BYは苦戦したようで、試飲した速醸は全部牛乳@お花畑&苦渋全開… 露葉風でも山田錦でも同じというのでは、悪い意味で記憶に残る年になるんでしょうね。

純吟の露葉風の生原酒には☆4.5を付けましたが、2日目の崩れ具合が大きかったので、試飲コンディションでは厳しいでしょうね。開けたては旨いですよ。ピチャっとジューシイです。果物で言えば「杏」や「ビワ」ですかね。

「篠峯」がそこまで噂になってるとは、凄まじくリアルに血肉ある情報をありがとございます。

「百春」は我々にとっては「甘い酒」ではなく「甘辛いハーブアロマな酒」なんです。洋酒のスピリッツ (GIN) のような洗練さがウリですので、少なくとも#5は「期待ハズレ」の域を超えて「困惑するレベル」でした。


──外呑みの時は、非速醸であれば雪の茅舎でもありがたいと思うような「非速醸原理主義者」になりつつあります。出来の悪い速醸酒は本当に進まなくなってしまいました。

もしかしたら今「百春」を呑んだら驚くかもしれませんね (笑) 。我々夫婦も速醸の出来損ないフルーティー酒はマジで無理な体質になってますね。これ、嗜好の変化だけでは説明できないと思います。問題なのは、ダメ酒のキャラがどれも似たような方向性を持ってることなんですよね。ダメならダメなりの個性が欲しいんですが、どれでも同じ土俵でのダメぶりなので辟易とします。



──────────────────────────────

マイルドさん


──「木香」とかのワードが入るのかなーとか思ったのですが文章にできず。。。

流石はハード読者代表ですね (笑) 。その方向性は間違ってないです。僕の日頃の言説と言語センスをなぞれば正解に辿り着ける人も1,000,000人に1人くらいはいるかもです。己を捨ててそこにコミットできる人が「狂気の天才」という意味の本質です。



──────────────────────────────

通りすがりのROM専さん


はじめまして。いつもアクセスありがとうございます。ROM専の読者さんを引きずり出しただけでも価値のある企画でした (笑) 。楽しみ方、関わり方は人それぞれなので、これからも御自身のペースで楽しんで下さればと思います。ただし、表の世界に出て来られたのなら、誠意は最大限に尽くすつもりですので、また何かあれば気軽にどうぞ。

一行目はピタリ賞です。おめでとうございます (笑) 。


2017.05.31 Wed 22:14
Edit | Reply |  

Name - 通りすがりのROM専  

Title - 

お気に入りの酒 一人利いてみるの
良い酒は淋しい心 なぐさめてくれるから

28BYは 怒り誘う香り
酒飲みらしく一日を 終えたいこんな夜

出逢った頃は こんな日が
来るとは思わずにいた

Drinking too much liquor?
いいえ すんだこと 杯を重ねただけ

疲れ果てたあなた 私の幻を愛したの


いつも応援してます。
失礼しました。
2017.05.31 Wed 21:07
Edit | Reply |  

Name - マイルド  

Title - クイズ

こんばんは

いつもより早く来てみたらクイズやってる(笑)

「狂気の天才」レベルの答えはとてもでませんが。。。
考えてみました。


「Making bad things worse」かな
ってこれ答え以前に意味があってるのかどうか自分でも不明です(笑)


「木香」とかのワードが入るのかなーとか思ったのですが文章にできず。。。

答えはいかにー?

2017.05.31 Wed 20:46
Edit | Reply |  

Name - めい  

Title - No title

おばんです。

今日は出張で名古屋におりまして、名古屋三越を覗いてみたところ今西酒造(みむろ杉)が試飲販売に来られてました。

こちらも28BYは苦戦したようで、試飲した速醸は全部牛乳@お花畑&苦渋全開…
露葉風でも山田錦でも同じというのでは、悪い意味で記憶に残る年になるんでしょうね。

奈良では千代酒造さんの苦戦振りが噂されていたようで、木香問題は有名だったみたいです。
今西酒造では来年に麹室を新装するそうで、来られていた営業の方は大変心配されてました。

最近開けた酒屋八兵衛 山廃 無濾過生原酒や米宗 愛生希 生酛 純米大吟醸は四合瓶を空けるのに2日以上かかったのでイマイチだったということです。 美冨久 山廃純米にごり酒(金魚ラベル)は好みに合わず捨てました。

百春の五百万石 #15はラベルを見なければそこそこだと思います。27BYを知らないので何ともですが、甘くて酸は足りてないと感じられるでしょうね…速醸酒のなかでは呑みやすい方だと思うんですけど。

外呑みの時は、非速醸であれば雪の茅舎でもありがたいと思うような「非速醸原理主義者」になりつつあります。出来の悪い速醸酒は本当に進まなくなってしまいました。

長い上にクイズには「ハネマンを欲張ってリーチ?」とかふざけたことも考えましたが「夢を追いかけ過ぎて」でお願いします…センスないなあ…
2017.05.31 Wed 20:03
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - クイズ



Q)「Making good things better」の箇所をmoukan1972♂はどう替えたでしょうか。前後の歌詞の流れを考えてアナタも作ってみましょう。もちろん、他もほとんど替えてますが、一番の難所がココです。当てた人は「狂気の天才」確定です。

─────────────────────────────

杏里『オリビアを聴きながら』
https://youtu.be/9H9MO9AM0Xw


お気に入りの唄 一人聴いてみるの
オリビアは淋しい心 なぐさめてくれるから

ジャスミン茶 (ティー) は 眠り誘う薬
私らしく一日を 終えたいこんな夜

出逢った頃は こんな日が
来るとは思わずにいた

Making good things better←ここ!
いいえ すんだこと 時を重ねただけ

疲れ果てたあなた 私の幻を愛したの


2017.05.31 Wed 18:26
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To サンジュリアンさん



毎度です。

さすがは日本の至宝「十四代」ですね (笑) 。
そこに「黒澤 直汲みType-7」でもあれば長野つながりで心理的にもっと盛り上がったんでしょうけど。

しかしある意味、この流れで「たかちよ赤」を熟年世代が食らってる姿は奇異というか、笑えますけどね (笑) 。僕ですら吐き出すレベルなのに。。。


──予想どうり、日頃日本酒を飲んでいない人には、何故か十四代は人気が有るんだと再認識しました。

なに言ってるんですか。日頃日本酒ばかり飲んでる人にも大人気ですよ (笑) 。

2017.05.27 Sat 22:56
Edit | Reply |  

Name - サンジュリアン  

Title - たかちよ赤、篠峯Azur、十四代

毎度です。
今日昼から自宅で恒例のBBQやりますた。
酒としては発泡ビール、日本酒、赤ワイン、黒糖焼酎などを飲みましたが、
その中で出した日本酒について飲んだ7名の反応を書きます。
最初に来た二人に陸奥八仙のムロゲン生原酒を出し、三人で四合瓶開けました。次にメンバーが揃ったところで先日開けた十四代槽垂れ 生原酒、ワインを挟んで、たかちよ赤生、篠峯Azurを出しました。
ほぼ全員が十四代が最高だと評価
十四代の甘さとフルーティさ、飲み口の柔らかさが好評でした。
陸奥八仙赤 は十四代よりくどい、たかちよ赤もぽっちゃりし過ぎ、篠峯はある種の渋さが辛口過ぎる というのが集まったメンバーの感想でした。
予想どうり、日頃日本酒を飲んでいない人には、何故か十四代は人気が有るんだと再認識しました。
2017.05.27 Sat 18:04
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To 2日目のカレーさん



毎度です。

これからもホシザキ・オーナー同士、様々な苦労や悩みを共有していきましょう (笑) 。


そりゃそうと!

──そして、ヤマユも私の行く酒屋で販売されておりました。このヤマユが以前の物と同じかどうかは分かりませんが一応購入しておきました。

なんか27BYみたいですね。たしか去年はリリースなかったから1年熟成なんですかね。飲んだら是非感想などを。僕は木桶仕込み以前のレジェンダリーな「やまユ」も木桶以降の「新生やまユ」も未飲ですが、どうせTwitter界隈では話題騒然なんでしょうね (笑) 。陽乃鳥スパークは拾えたら拾いたいとは思ってます。


──まだ全然スカスカで見栄えのしないショーケースですが、ニヤニヤしながら酒飲んでます。

これぞショーケース的な悦楽!!!

まさに〝見る酒の肴〟です (笑) 。


2017.05.27 Sat 08:27
Edit | Reply |  

Name - 2日目のカレーです。  

Title - さすがでございます。

沢山のアドバイスと実践している対策を紹介して頂きありがとうございます。
湿度に関してはまぁ少し様子を見て対応したいと思います。また振動に関してのゴムマットは実は私も大型ポンプ用の防振ゴムシートを敷いています。一番の問題とされる音に関しては慣れ!という事なので少しこのまま生活してみますが、私なりに何か考えてみたいと思います。

さて、話は変わりお酒の話になりますが、モウカンさんが先日話していました、ヒノトリスパークが頒布会の内容の一つでした。もう一本はアマネコ改でした。そして、ヤマユも私の行く酒屋で販売されておりました。このヤマユが以前の物と同じかどうかは分かりませんが一応購入しておきました。

モウカンさん的な言い方ですと、本日の転入生、田酒、特別純米。新政、ヒノトリスパーク、アマネコ改、ヤマユ。ってことになりますね。

まだ全然スカスカで見栄えのしないショーケースですが、ニヤニヤしながら酒飲んでます。

では、これからも楽しいブログ楽しみにしています!
2017.05.27 Sat 07:40
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To 2日目のカレーさん



毎度です。

参考になるかはわかりませんが、僕の経験や諦観などを書きますね (笑) 。


──設置から数時間後に電源ONしたわけですが、今朝やはり結露が少し出ていました。また音も結構あるわけですが、この2つの件に関して何か対策をしているか?


結露について

2日目のカレーさん、秋田にお住まいですよね。たぶん東京よりはマシだとは思いますが、実は1年を通じて結露がウザい時期は限られてます。ちょうど今頃の季節から梅雨明けまでです。夏は部屋にクーラーを入れるので30分くらいで消えますが、秋田は東京よりも涼しそうなので、同じパターンにはならないかもです。

リヴィングに湿度計の付いてるSEIKOのデジタル時計がありますが、これが「湿度50」を越えると我が家では結露が始まります。

うちは台所に置いてますが、夏前のこの時期は、どうしてもウザい時はサーキュレーターを当ててます。小型の扇風機みたいなものですね。これで案外すぐに乾きます。風やクーラーで除湿しない限り、拭いてもすぐに結露が再開するのであまり意味はないです。うちは特に断熱シートなどはしてません。変な話、うちは台所をカウンター代わりに食事をするので、その時だけ酒が見えればいいという考え方です (笑) 。


動作音について

身も蓋もない言い方になりますが、そのうち慣れます (笑) 。これもうちの場合は台所に置いてるので、

◎我が家の状況を写真にまとめてます。
http://moukan1972.blog.fc2.com/blog-entry-94.html

基本的に食事中しかここにいませんので、あまり気になりませんが、買って数日間はリヴィングにいても「音デケえなオイ」と二人で笑ってはいました。でも、気づいたら慣れてました。人によってはリヴィングに置く場合もあると思いますが、そうなると少し邪魔な動作音に感じると思います。残念ながら、これの対応策は「移動」しかないと思います。

振動を吸引するかはわかりませんが、うちではキズ防止用として足にゴムマットを敷いてます。

http://blog-imgs-100.fc2.com/m/o/u/moukan1972/hoshizaki16.jpg


これがあると軽く押しただけで簡単に移動するので、大掃除の時は便利です。ホームセンターなんかに売ってるモノです。うちは池袋のLOFTで買いましたが、特に珍しい商品ではないと思います。

ちなみに庫内の照明はLEDに変えたほうがいいです。デフォは蛍光灯なので紫外線があり、長時間照らしていると、おそらく酒が老ねます。

また何かあれば質問ください。


2017.05.26 Fri 19:08
Edit | Reply |  

Name - 2日目のカレーです。  

Title - 教えてください。

おはようございます。いつも楽しく拝見させて頂いてます。
さて、ついに冷蔵ショーケースが家に配備されました。設置から数時間後に電源ONしたわけですが、今朝やはり結露が少し出ていました。また音も結構あるわけですが、この2つの件に関して何か対策をしているか?お尋ねしたく書き込みをさせて頂いております。仕事上エアコンのコンプレッサーの音やファンの音も重々承知で、しかも家電と違う店舗用というのも承知しているはずだったのですが・・・。長く使用されている方のご意見を聞きたい次第です。

具体的な対策だとガラス内側に断熱シート(フィルム)など・・・。音には吸音材・・・。

宜しくお願い致します。

2017.05.26 Fri 17:04
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To マイルドさん

わざわざ訂正ありがとうございます。


──それからこの「若清水」は、こちらでも扱いが少なく、「ネット通販不可」のお店に置いてある感じです。

ますます呑みたくなる不思議 (笑) 。
蔵元のHPから買えるみたいですね。



http://www.wakashimizu.jp/article/index.html

2017.05.26 Fri 08:03
Edit | Reply |  

Name - マイルド  

Title - 

こんばんは

「若清水 無濾過生」ではなく「若清水 無濾過無加水」の
まちがいでした。さらに「瓶囲い壱回火入れ」です。
ここに訂正させていただきます。

大変失礼しました。


それからこの「若清水」は、こちらでも扱いが少なく、
「ネット通販不可」のお店に置いてある感じです。
2017.05.25 Thu 23:59
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To アイオライトさん、Guest (めい) さん



アイオライトさん、Guest (めい) さん


まとめて毎度です。情報ありがとうございます。

これで完全に「花巴包囲網」を敷かれましたね (笑) 。
たぶんイケセイでも買えるはずですが、あそこの冷蔵庫は8℃が限界なので、夏場は注意が必要なんですよねえ。新宿伊勢丹でも扱いあるんですが、種類はそんなになかったような。電話してもなかなか話が通じないのがデパートの酒売り場の悩ましいところ。

ま、なんとか手に入れますよ。

酉与右衛門はドライ戦士なので、それなりの「酒感」はあると思いますが、今の我々夫婦にとっては「全然アリ」なんだと思いますね。

東洋美人の山廃は見たことないですねえ。去年も出てたんですかね。確かに気になりますね。なんかますます退けにかけての辛みが増すような気もしますが、良いイメージはできますね。

2017.05.25 Thu 13:44
Edit | Reply |  

Name - Guest  

Title - To アイオライトさん

お初です。

クイクイ呑んだ酒を褒めてくれる方がいると、本能は正しかったんだな、とちょっとほっとしました(笑)

酉与右衛門の山廃もたくさん出てますねー。

山廃純米 亀の尾 直汲み生原酒
山廃純米 自家田美山錦 直汲み生原酒
山廃純米 吟ぎんが50 直汲み生原酒
山廃純米大吟醸 阿波山田錦40 袋吊斗瓶取 生原酒

非速醸の会会員としては東洋美人の山廃がいつ出るのかが気になっております。
2017.05.25 Thu 13:29
Edit | Reply |  

Name - アイオライト  

Title - 

毎度です。
昨日、外飲みでめいさんと同じく花巴 山廃 純米大吟醸 無濾過生原酒を飲みました。
これなかなかいいですよ。めいさんはガスがなかったと書いてましたが、僕のはなかなかのチリチリ感でした。甘さは抑え目でビビッドな酸、そして花巴らしい乳酸系のヨーグリッシュな旨みが来ます。最後もスパっと早く手仕舞い。
他の酒と比べるなら、no titleに乳酸を足した感じというか、米鶴の山廃純米大吟醸を全体的に少し濃くした感じというか。それでも充分ライトですけどね。
2017.05.25 Thu 12:29
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To マイルドさん



毎度です。

酒レポありがとうございます。「若清水 特別純米無濾過生」あたりはなにやら興味を引かれますが、なかなか酒屋のHPがヒットしないですね (笑) 。

「田光」は2日目は少しマシになって「儀助」よりは飲めますが、まあ、飲んでて心が躍ることも顔がほころぶこともないですね。拾ったブスをどうやってマイフェアレディにするかの思案ばかりで、飲んでて内臓より頭が疲れます (笑) 。記事にするのは明後日ですかね。


──「フルーティー」な日本酒、というだけで今は身構えます(笑) これが「ほんとうにそのひとなりの芯を持った美しいひと」なのかどうか。

なんかどれも同じに感じるんですよね。もちろん、似たような素晴らしいモノが大量に並んでればラッキーなんですが、「こう造っときゃ、とりあえず失敗はしねえだろ」みたいな方向性での類似品ばかりのような気がしてゲンナリしてしまいます。もちろん、造ってる本人は頑張って努力してるんでしょうけど、醸造レシピや技術が一定水準まで達した今、そこからどう頭一つ抜け出すかは努力だけじゃどうにも。

日本酒にハマり出した頃から思ってましたが、なんか「ラーメン」というフィールドで繰り広げられる言説に似てるんですよね、イマドキの日本酒って。若い飲み手が情報競走で頑張るあたりもソックリだし、ちょっと見栄えのする若い杜氏をタレントのように扱ったり、変わった経歴のドラマに食いついたり。別にそれはそれでいいんですけど、なんというか、

DE、その酒、どんな味なの?

という部分がよく見えてこない (笑) 。今は出せば売れる時代の最終期かもしれないですね。

「ラーメン」のブームも波がありますが、今はどちらかと言うと「ラーメンを個人がネットで紹介するブームの全盛期」ですかね。そのへんも日本酒と被るんですけど。

ぼちぼち僕が日本酒を紹介することに実はあまり興味 (目的) がないことがバレ始めてる頃かもしれませんが (笑) 、まあ、なんとか旨いヤツを引き当てて素直な印象論をブチかましたいところではあります。


──ここのところは岩手の「酉与右衛門」をひと通り飲んでいます。

うちの近所に「酉与右衛門屋」があるので、出揃ったらエントリーしようと思ってます──「雄町」買うか (笑) 〜。

「酉与右衛門」の直汲みはドライな中にも果実味あるしガスもあるし、去年は「亀ノ尾」に☆4.5を付けましたが、これの「山廃」を僕も狙ってます。ぼちぼちじゃないですかね。近所の店はバックオーダーを繰り返すので、秋でも直汲みシリーズが普通に買えます。「酉与右衛門」は早飲みすると食用セメダインが強うそうな気もするので、味が乗ってからまとめ買いしてもいいかなあ、とか。

ちなみに「ラーメン」に興味はないです。ここ2年くらい外で食べた記憶すらないですね。西荻に住んでた頃は「はつね」の「もやしそば」をたまに食べてました。これは今でも食べたい旨いラーメンです。みんな「タンメン」を頼みますけど、別にという感じで、ここでも他人と味覚を共有できない (笑) 。


って、オレも長げえな (笑) 。

2017.05.25 Thu 11:09
Edit | Reply |  

Name - マイルド  

Title - 

すいません。

「酉与右衛門」の「山廃」がいつリリースなのかなーと
書きたかったのです。
美山錦とかであったはずだなと思ったのですが。


書き込みのながれだと「夏ぎんが」の「山廃」がーって
なってしまうかと。そんなのないし(苦笑)

失礼しました。
2017.05.25 Thu 01:49
Edit | Reply |  

Name - マイルド  

Title - 

こんばんは。


「儀助」「田光 雄町」は気になっていたのですが回避します。
ありがとうございます。


「儀兵衛純米吟醸山田錦生詰め原酒」これは会津の山口合名会社。
「牛乳@系」です。
あまり買う機会もない日本酒ですが、一応「地雷」でしたので。


あと「一歩己」を出している豊国酒造で、英字の「TOYOKUNI」も
いろいろ出ていますが、ちょっと高いわりに実験的作品みたいな感じが
多いです。超強烈なセメダイン、とか。


それから、福島は平田村の若清水酒造「若清水 特別純米無濾過生」
これは含むと「おばあちゃん家の桐箪笥」がふくらんできたかと思ったら
ふっと消えて、きれいな吟醸香が花火のしだれ桜みたいに消えていく。
これを狙って作ったのなら変態だなと思いましたが、試行錯誤中でしょうね。
杜氏は8代目の息子でまだ31歳。


「天明」は器用にいろいろと造るのですがどれもそれなりですね。
「焔」は今季は酸度高めが多い感じがします。
ちょろっと飲んだくらいなので参考にはならないと思いますが。


「フルーティー」な日本酒、というだけで今は身構えます(笑)
これが「ほんとうにそのひとなりの芯を持った美しいひと」なのかどうか。
それぞれの好み、嗜好は当然あるにしても、作り手が納得した仕上がりに
なったのならそれは私たちにも伝わるはず。


ここのところは岩手の「酉与右衛門」をひと通り飲んでいます。
「酉与右衛門 直汲み純米無濾過生原酒 雄町70%」が良かったですね。
といっても☆5とかには到底届きませんが(笑)
「夏ぎんが」は水です。酸っぱい梅干しを食べるように口をすぼめておけば
ミネラリーな旨みが遠くに感じられます(笑)
そして特筆すべきは、どれも普通に飲めます(笑)
これの山廃がいつリリースなのかなーと。


それからーーー、って、長いですねえ話がわたしはいつも(笑)
すいません。
2017.05.25 Thu 01:42
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To おみずさん、めいさん



おみずさん


毎度です。

菊鷹レポありがとうございます。今年は結局まだ26BYを1本しか飲めてないので、とても参考になります。


──どちらかというと純吟より純米の7号酵母使用のほうがブドウ感があって良かったかな? 個人的にはもうちょいフルーツ感とか甘さが前に来ると良かったんですけど。熟成で変化するのを期待してます。

純米の7号酵母使用のほうがブドウ感があって」──この感覚はよくわかりますね。日本酒初心者の頃はどうにも7号系はセメダインにコネクトするので敬遠してましたが、今や7号系だと買う前から少し安心してる自分がいます (笑) 。7号的なテカリの中でフルーツが爆発するとホント最高ですよね──28BYの「風の森」は大丈夫なのだろうか・・・。

速醸もチャレンジしてみますかね。


──雄飛も飲みましたが大事に育てていた写楽のなごしざけと同時に飲んでいたので・・・やはり比べると写楽の方が綺麗で美味しいかな?と(笑) 白ラベルの菊花雪のほうがジュースっぽくて良かったです。 しかし今のところ山廃本醸造27byが飲んだ瞬間のアガり方としては一番ですかね(笑)

この時期に飲む「なごしざけ」!!! そもそも夏越えしてる商品なので、実質的に1年モノですね。白ラベルは27BYの方が良さげな気もしてますが、まだ買えるのだろうか。山廃本醸造は28BYしか見当たらないんですが、26BYあたりでエントリーしたいんですよね。



────────────────────────────

めいさん


毎度です。


──昨日、花巴 山廃 純米大吟醸を開けました。気が付くと3合以上呑んでしまっていたのでこのカロリーオフ感「は」なかなかでした。1時間半ほどでこんなに呑んで翌日も全然残ってなかったのは、アミノ酸が少ないからなんでしょうかね。

酸度:3.7!!!!!
なかなかに楽しませてくれそうですね (笑) 。しかし3合以上とは、呑めますねえ。ちょっとこれは気にしておきます。


──最近呑んだ中で一本だけ選ぶとしたら、これよりは九郎右衛門の生酛 金紋錦の方を選びます。っと、大倉の山廃 純米大吟醸 雄山錦…かなあ…

大倉の山廃純大も次回の「登シリーズ」で残ってたら買いたいですね。直近で開けた速醸2本がどっちもダメで、もう本当に山廃/生酛オンリーでいいんじゃないかという気が日に日に高まってますね。速醸もハマるとリアルな果実味が爆発して旨いんですが、特に28BYはそういう酒になかなか出会えないですね。


──文章と膝のリハビリ頑張ってくださいね(笑)

文章は今朝からようやくいつもの反射神経が戻ってきました。膝は気づいたら回復してました。今は朝5時過ぎに目が覚めるという旅仕様の異常な早起きサイクルに悩まされてます (笑) 。健康的ではありますが、面白い (危険な) 文章って、ある程度は不健康じゃないと書けないんですよね。日が落ちると朗らかに眠くなるので、今も片目つむりながらレスしてます (笑) 。


2017.05.24 Wed 23:04
Edit | Reply |  

Name - めい  

Title - 花巴 山廃 純米大吟醸 無濾過生原酒 28BY

おばんです。

昨日、花巴 山廃 純米大吟醸を開けました。酒米は「吟のさと」という奈良県産だそうです。酵母添加無しの非ハイブリッド山廃。

ガスはほとんどなし。寝かしてから出してるのかな。

含むと大人のグレープフルーツジュースといった感じの酸と苦に軽い甘味が交錯します。
先日の低アル「hanatomoe」よりも当然に味は出ていて、かつカロリーオフでなかなか良い感じでした。軽いのと酸が後を引くのとで、最後の一杯を何度か繰り返し…
気が付くと3合以上呑んでしまっていたのでこのカロリーオフ感「は」なかなかでした。1時間半ほどでこんなに呑んで翌日も全然残ってなかったのは、アミノ酸が少ないからなんでしょうかね。

二日目の今日は半合ほどを舐めたのですが、ちょっとグレフルが引っ込んで巨峰が出てきてました。初日の方が良かったです。

独特の酸味なので好みは分かれると思います。自分でももう一本買うかと言われると微妙ですね。最近呑んだ中で一本だけ選ぶとしたら、これよりは九郎右衛門の生酛 金紋錦の方を選びます。っと、大倉の山廃 純米大吟醸 雄山錦…かなあ…

でも、最近呑んだ中では一番カロリーオフな山廃だったことは間違いないです。

きっとしばらくはあちこちで残ってるでしょうから、同梱候補としてお試しください。

今は「天明 焔」(生酛・山廃シリーズ)を買おうか迷ってます。

文章と膝のリハビリ頑張ってくださいね(笑)
2017.05.24 Wed 21:02
Edit | Reply |  

Name - おみず  

Title - 菊鷹山廃28by

山廃おりがらみ2種飲んでみましたが菊鷹っぽい酸の出たモダン山廃さはありますが無理して飲まないといけないレベルではなさそうです。
どちらかというと純吟より純米の7号酵母使用のほうがブドウ感があって良かったかな?
個人的にはもうちょいフルーツ感とか甘さが前に来ると良かったんですけど。
熟成で変化するのを期待してます。

今飲むなら味出すぎ感はありますが速醸のほうがわかりやすい美味しさが出てて良いのではなかろうかと思います。
雄飛も飲みましたが大事に育てていた写楽のなごしざけと同時に飲んでいたので・・・やはり比べると写楽の方が綺麗で美味しいかな?と(笑)
白ラベルの菊花雪のほうがジュースっぽくて良かったです。

しかし今のところ山廃本醸造27byが飲んだ瞬間のアガり方としては一番ですかね(笑)
2017.05.24 Wed 17:07
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To サンジュリアンさん



毎度です。


──初めての生原酒の十四代です。 甘めで軽くフルーティ ですが、唯それだけという印象 不味くはないが、態々買う物ではないです。

26BYに飲んだ2本 (超特撰純米大吟醸、極上諸白) は「さすが」と思わせる要素もありましたが、今飲んで同じように感じるかは謎です。「十四代」「飛露喜」「而今」──このへんの杜氏は下界に降りてエンドユーザーとの意見交換もあまりしないので──「新政」も最近はそうかも──、まあ、知らないうちに世の趨勢や恐るべきエンドユーザーの先鋭化についての対応が遅れるタイプでしょうね。その意味では「杜氏山籠り銘柄」というジャンルで括っていいかもしれません (笑) 。「自己実現」も過ぎると「ただの蒙昧」になりますから。


──篠峯のムロゲン生を知ってしまった現在、この十四代をダッキーで買うのは馬鹿らしいと悟りました。 今週末のBBQで残り9合来たメンバーに振る舞います。

「篠峯」も僕の中でもう一度花を咲かせてほしいんですけどね。夏はどうせロクな酒が出ないので、そこで27BYでも漁り直しますよ。たぶん、全然旨いんでしょうね、そこらの「牛乳@お花畑」のチャンチャン速醸フルーティー酒よりは。

素人衆には「十四代」は「幻の日本酒」なので大喜びでしょうね (笑) 。僕の中では「面倒臭い銘柄」という位置付けになりつつあります。噛み付いても面白くないんですよね。それでも手に入れば買ってしまうんでしょうけど。

2017.05.23 Tue 19:00
Edit | Reply |  

Name - サンジュリアン  

Title - by28 十四代 槽垂れ 純米吟醸 生原酒

毎度です。

初めての生原酒の十四代です。
甘目で軽くフルーティ ですが、唯それだけという印象
不味くはないが、態々買う物ではないです。
篠峯のムロゲン生を知ってしまった現在、この十四代をダッキーで買うのは馬鹿らしいと悟りました。
今週末のBBQで残り9合来たメンバーに振る舞います。
2017.05.23 Tue 18:12
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To アイオライトさん



毎度です。オススメありがとうございます。


──澤屋まつもとno titleがかなり面白かったのでご報告。 いろいろな日本酒を飲んできましたが、ここまでエンベロープの幅が短いのは初めてです。ちょいとお高いですが、機会があればこれは面白いのでぜひ飲んでいただきたいですね

年末にマチダヤに1本だけシレっと棚に並んでたんですけど、これ、リリースは去年の10月とか11月ですよね。まだ残ってるかわかりませんが──あ、残ってる店、ありますね。「ここまでエンベロープの幅が短いのは初めて」──なんという僕用にカスタマイズされた必殺の口説き文句を (笑) 。

どうにも「澤屋まつもと」には「オレたちすごくね?」的なガキの背伸び感があって虚心で堪能できないんですが──田舎者が創る最高の東京オリエンテッドというか (笑) ──音楽で言うと「狙って作ったフリーソウル風の新譜」というか──、それでも「新政」よりは見所あると思ってますので、機会があれば。


2017.05.22 Mon 07:17
Edit | Reply |  

Name - アイオライト  

Title - 

毎度です。
外飲みですが、澤屋まつもとno titleがかなり面白かったのでご報告。
含むと甘みは控えめでかなり強めのガス、なおかつガスの裏でまつもとにしては滑らかさすら感じる柔らかさがあります。そしてガツンと強めの酸が来ます。そのあとそれなりの旨みがやってきますが、それを感じるのは一瞬で速攻でキレて行きます。
いろいろな日本酒を飲んできましたが、ここまでエンベロープの幅が短いのは初めてです。美味いか不味いかというのは個人の嗜好もあるので何とも言えませんが(個人的にはかなり美味いです)、あまり他にはないタイプと言うことは確実に言えます。
ちょいとお高いですが、機会があればこれは面白いのでぜひ飲んでいただきたいですね。
2017.05.21 Sun 13:33
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To 大頭頭さん



毎度です。

ご連絡ありがとうございます。
なんとなく酒屋で見たことありますね。さすがに27BYはもうないと思いますが、近くなので覗いてみます。マチダヤでも扱いあるんですが、限られたモノしか入らないんですよね。


──最寄りの酒屋の店主は独特な酔っぱらったようなしゃべり方でして、まんさくの花をお願いしたのに「この甲子がおすすめ!」と見当違いなことを言っちゃうお茶目な人です。

今回は店主のエラーが思わぬファインプレーを引き出したということで (笑) 。


──やまトルネードは確かに綺麗な水だったのですが、だからこそ開けたては微かな苦味を強く感じてしまいました。

まあ、僕も二杯目くらいからは徐々に苦みを感じてましたね。少し張りのある、パツンとした苦みですよね。甘さに反射する硬い苦さというか──まさに「跳ね返り」。結局「やまとしずく」は純大とヤマトルネードにこの共通の苦みがありましたね。純吟直詰は初日にガブガブ飲み切る分には平気でしたが──僕は2日目を飲んでませんが、moukan1973♀は2日目の劣化が大きいと言ってたので、少なくとも生酒商品を1800mlで買うのが少し怖い銘柄です。

2017.05.17 Wed 12:21
Edit | Reply |  

Name - 大頭頭  

Title - まさしくその生酒です。

ズバリその酒です。

最寄りの酒屋の店主は独特な酔っぱらったようなしゃべり方でして、まんさくの花をお願いしたのに「この甲子がおすすめ!」と見当違いなことを言っちゃうお茶目な人です。

長期間置きすぎてラベルがボロボロの酒があったり、なかなか面白い、所謂町の酒屋です。

やまトルネードは確かに綺麗な水だったのですが、だからこそ開けたては微かな苦味を強く感じてしまいました。

またおいしい酒を見つけたら報告しますね~。
2017.05.17 Wed 11:54
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To 大頭頭さん



毎度です。


──「まんさくの花 純米大吟醸 愛山 27by」が、かなりいけてました。クリスタルジューシーを感じました。山廃では無いですが、米鶴山廃純米大吟醸に近いフォルム。あれよりは重いですが。

これは気になる酒ですね。チラっと検索したら火入れの原酒もあるようですが、生原酒ですよね?

ズバリ、↓これですか?
http://yokouchi.ocnk.net/data/yokouchi/product/20160405_6cc102.jpg


28BYも4月に出てるみたいですね。「まんさくの花」は未飲なので有益な情報ありがとうございます。実は近所に、まともな地酒で、なぜか「まんさくの花」だけ置いてある普通の酒屋があるので、覗いてみます──そこで買ったことはないですが。


──「まんさくの花で一番うまい奴を下さい」と頼んでみたところ、

これは素晴らしい殺し文句 (笑) 。


──もちろん牛乳@お花畑やドッカンファイヤーとは無縁の酒です。

今の我々夫婦にはこれこそが重要な要素です!


──話は変わりますが、ちょっと前にやまトルネードを開けましたが、開けたてはいまいちです。5日経過したときが一番うまかったです。

なかなか大胆な飲み方をしますね〜。僕らは逆に開けたての「とことん美しい水な飲み口」が面白かったですけどね (笑) 。純大はさすがに香りますし、2日目になると、いよいよ本格的に「牛乳@お花畑」が出てきましたね。夏酒として6月に出る同じ蔵の「晴田 五百万石 直汲み生」もどうしようかなあという感じです。

また大当たりを引いたら気軽にコメント下さい。他の読者さんも密かに見てますので、誰かが必ず役立ててくれると思います。

しかし「この新酒が間違いなくうまい」と言って27BYを出すとは、なかなかの大物店主ですね (笑) 。



2017.05.17 Wed 01:22
Edit | Reply |  

Name - 大頭頭  

Title - うまい酒を見つけました。

もうかんさんこんばんわ。

うまい酒を見つけて一週間かけて楽しみ終えたのでご報告です。

まんさくの花 純米大吟醸 愛山 27byが、かなりいけてました。

最寄りの酒屋が特約店なので、ちょくちょくまんさくの花自体は買っていたのですが、最近はもっとうまい酒を探求しようと思い離れていたのです。

先日イケセイでまんさくの花の店頭販売に行き色々と呑んだのですが、どれもいまいち。

これで旨くなかったらもう買うまいと思い、その後最寄りの酒屋に立ち寄りまして「まんさくの花で一番うまい奴を下さい」と頼んでみたところ、これに2016年ってシールが貼ってあるものがが出てきました。

酒屋の店主は「この新酒が間違いなくうまい」と言うもんで2016年ってのは28byかぁと思い家に持ち帰りましたが、まさかの製造年2016年3月・・・一年熟成でした。

まぁ店頭で確認しなかった私も人のことは言えませんが、そんなすっとぼけの酒屋から持ち帰った酒が旨いとは。
クリスタルジューシーを感じました。山廃では無いですが、米鶴山廃純米大吟醸に近いフォルム。あれよりは重いですが。
多少の熟香もあり、酸っぱさも若干感じつつの良い酒です。

一週間かけて嗜んでみましたが、全くダレず、楽しめました。

もちろん牛乳@お花畑やドッカンファイヤーとは無縁の酒です。


話は変わりますが、ちょっと前にやまトルネードを開けましたが、開けたてはいまいちです。5日経過したときが一番うまかったです。
2017.05.16 Tue 21:55
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To めいさん



毎度です。

タレコミありがとうございます。「恵信」来ましたか。小山商店もなかなか行けずにいますが、僕が去年買った新潟の酒屋にはまだ入ってないみたいです。


──もう、本当に「肝臓はお一人様お一つ」なのに…。非速醸の会会員としては、山田錦を避けつつ、他の方々が飲まれてないところを攻めております。

買ってますねえ〜。これは心強い (笑) 。「米鶴」は「天吹」に足りないモノを持ってるような気がします。昨日最後の1合強を飲みましたが、なんか一番旨く感じました。僕には酸化が進んだ方がフルーティーに感じましたね。720mlに取り分けたら、もしかしたら2本目の方が美味しく飲めるかもしれないです。最後の最後に一杯だけお燗にしたら旨かったんですが、よく見たら裏のラベルに「ぬる燗:◎」と書いてありました (笑) 。


──今のところは「十六代 九郎右衛門 生酛 金紋錦」が大人のカルピス(柑橘系)って感じで面白かったんですが、これを超える酒がどこかにまだあると思うんですよね。

そうだ・・・「九郎右衛門」も買いたいんだった・・・。
そうこうしてるうちに「山廃雄町」が出ますよ (笑) 。


2017.05.16 Tue 09:37
Edit | Reply |  

Name - めい  

Title - 恵信 純米大吟醸無ろ過生原酒 直汲あらばしり 28BY

おばんです。

「恵信 純米大吟醸無ろ過生原酒 直汲あらばしり 28BY」がドロップされてますね。

もう、本当に「肝臓はお一人様お一つ」なのに…

小左衛門 生もと純米吟醸 備前雄町 しぼりたて 中汲み 生原酒
美冨久 山廃仕込 夏の純米にごり酒
美冨久 山廃純米吟醸 酉也吟純聖 生原酒
花巴 山廃純米吟醸 無濾過生原酒 うすにごり
米鶴 中取り生モト純米生酒 仕込み22号

これらも転入するんですが…
もうレマコム買わないと…

「美冨久」は「三連星」の蔵元と言った方が分かりやすいですね。
非速醸の会会員としては、山田錦を避けつつ、他の方々が飲まれてないところを攻めております。

今のところは「十六代 九郎右衛門 生酛 金紋錦」が大人のカルピス(柑橘系)って感じで面白かったんですが、これを超える酒がどこかにまだあると思うんですよね。
2017.05.16 Tue 00:41
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To アイオライトさん



毎度です。

タクドラは未飲のままで消えそうですが、中身の同じ酒は買えるので関係ないか。つい先日、外で飲んで帰って来たmoukan1973♀が、♡☺♡「タクシードライバー旨かった」と言ってましたね (笑) 。

しかし記事の話が全部本当ならなかなかに悪知恵の利くヤツですね。こういう人は必ず再び立ち上がりますね。

2017.05.15 Mon 17:58
Edit | Reply |  

Name - アイオライト  

Title - 

毎度です。
ゴシップネタですが、タクドラの喜久盛酒造がやっちまいましたね。

喜久盛酒造が酒類を無許可製造で大阪タカシマヤ日本酒祭を開催当日急きょ出品停止処分!
https://matome.naver.jp/odai/2149453220736859801

以前から逆桶買いとかファンド詐欺疑惑とかがあって一部では評判悪かったですが、ついにここまで来てしまったかという感じ。
2017.05.15 Mon 13:35
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To めいさん



毎度です。酒レポありがとうございます。

我が家で木曜から飲んでる「米鶴 生酛」もバニラリーなクリーミイさもありますが、酸の出方は可憐でキュートですね。「山廃純大」のような凄みはないですが、とても愛くるしい面も感じれる酒なので、中には「生酛派」の飲み手がいたとしても不思議はないですね。「山廃」と両方飲むといろいろなことが見えてくるので僕は満足しましたね。なにより普通以上に旨いです。

僕の求める「非速醸的な軽さ」もそこそこ出ていて、味わいに輪郭を与える役割としての「酸」もしっかり出ているので、口の中の見晴らしはいいです。ただ、苦みや辛みもアクセンテッドに出てるので、甘口派が人懐こい酒をガブガブ飲むというエンタテインメントには欠けるかもしれませんが、オトナが落ち着いて飲むには程よい甘みです。

しかし、これで僕の「天吹デビュー」がまた少し遠のいてしまった感じです。今さら「純吟 雄町生」を呑んでも微妙な空気が流れそうですし (笑) 。やはり「雪の茅舎」もそうですが、この手の酒は1年生時代に一通り飲み倒して、3〜4年生になったら再飲して現在地点を確かめるべきだったと思います。あとは僕が飲みたくなるような魅力的な記事を誰かに書いてもらうしかない (笑) 。

あと、言うのを忘れてましたが、「篠峯 純大雄町 参年熟成 25BY」は明日1800mlで届きます。早めに開けて突き抜けて旨かったらもう1本買うか、特別な日に開けるか、ちょっと悩んでみます。


2017.05.14 Sun 17:19
Edit | Reply |  

Name - めい  

Title - 天吹 裏生酛 純米吟醸 生原酒 28BY

 こんにちは。

 今日は昼から「天吹 裏生酛 純米吟醸 生原酒 28BY」を開けて見ました。

 注文した後に日誌係氏の記事を読んで「あら?やっちまった?」と思ってました。

 まあ、こちとら日誌係氏よりはお子ちゃま舌なのでそれでも大丈夫なんじゃないかと思ってましたけど…
 で、呑んだ第一印象としては「苺ショートケーキ(上の苺を食べられた後)」を日本酒にした感じでした。

 日誌係氏の記事を読むと、書きぶりは別としておおよそは同じインプレッションだったです。生もとなんですが珍しく酸が足りてないので、一度冷凍されたスポンジのような食感とクリームのような甘さ。塩っぱいアテがないと飲み進めづらいですね…

 ただ、全体として変な出来というわけではなかったので十分楽しめてます。生もとの乳酸感がなければ流石に飲み飽きそうですが。良い意味で、日本酒バルのような一合とか5勺だけ呑むのに向いている気がします。プロがリピートしてるとすればこの売れ行きも理解できます。

 リピートはないかな…

 でも、冷蔵庫には美味しかったリスクヘッジの四合瓶が一本ありまして(笑)、これはだれかに上げちゃおうかな…
2017.05.14 Sun 13:47
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To めいさん



毎度です。


──伊勢角屋ペールエールを飲んでみたいなあ、と思っていて探していたら、ありました。伊勢角屋のペールエールとスタウトを置いてるみたいなので今度覗いてみます。

三重のアンテナShopですか。なかなかイイところに目をつけましたね (笑) 。季節限定品など、手に入る範囲でいろいろ飲みましたが、ペールエールは鉄板ですね。これは冗談抜きで旨いです。プレモルどころかYona-Yonaやブリュードッグも「水」になってしまうので、一度知ると日常生活に不便が生じます (笑) 。

スタウトも2本ほど呑みましたが、満腹状態の食後にまったりだと甘みを感じにくかったですね。休日の3時のおやつに飲むのが吉です。

どちらも適温は8〜12℃くらいです──スタウトはもっと高くてもイケるかな。是非ワイングラスでどうぞ。


2017.05.14 Sun 00:00
Edit | Reply |  

Name - めい  

Title - 伊勢角屋@東京

おばんです。

伊勢角屋ペールエールを飲んでみたいなあ、と思っていて探していたら、ありました。

三重テラス
http://www.mieterrace.jp/item/products/product128.html

伊勢角屋のペールエールとスタウトを置いてるみたいなので今度覗いてみます。
2017.05.13 Sat 20:29
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To 2日目のカレー。さん



毎度です。
こちらこそいつも応援ありがとうございます。


──私の都合でボーナスには新品で購入が目安でしたが、中古でもいいのがあれば・・・という感じで話していたんです。今回の物はもちろん、メーカーの保証付きです。良い買い物ができたと思います。

120はなかなかにデカそうですね──うちのは90です。下段に1800mlが24本イケるんじゃないですか (笑) ? ホシザキって全国に網目のように営業所があるので、修理なんかも電話すればすぐに来ますよ。楽天やAmazonで他から買うと、購入店がホシザキに修理の依頼をかける流れになるので面倒らしいです。あ、そう言えば僕も思い出しました。購入手続きを担当してくれた人の下の名前の漢字が僕と同じでしたね (笑) 。

実はうちもモーターが途中で止まるという不具合が買ってから10ヶ月くらいで起きたんですが、ちょうど改良版のモーターにリニューアル中ということで、すぐに新しいモノに交換してくれました。なので、2日目のカレーさんのモーターも「改良版」のはずです。

保証期間が過ぎても「まずは相談してください。だいたいのことは無料で対応できるかもです」と修理に来たアンちゃんが言ってましたね。震災の時も飲食店にはほとんど無償で直したと自慢してましたよ (笑) 。


──さて、そういえば酒屋のプライベートブランドの方は一白水成の青ラベル(特別純米)仕込み水違いだそうで、飲みましたが水が違うだけでこうも違うのかと、思い知らされる感じでした。

昨晩サラっと検索したら「仕込み水」に関する記述を見つけました。なかなかに興味深いですねえ。そういうアプローチでの差別化は面白いと思います。

それでは、なにか「これは!!!」というお酒を引きましたら、是非ご連絡ください。


PS いよいよ「結露」の季節が到来してます (笑) 。夏場はクーラーの除湿効果で自然と消えますが、それまではサーキュレーターを当てて強引に結露を飛ばしてます。中身が見えないと意味がない (笑) 。


2017.05.13 Sat 09:03
Edit | Reply |  

Name - 2日目のカレー。  

Title - 

お返事ありがとうございます。私の都合でボーナスには新品で購入が目安でしたが、中古でもいいのがあれば・・・という感じで話していたんです。今回の物はもちろん、メーカーの保証付きです。良い買い物ができたと思います。

さて、そういえば酒屋のプライベートブランドの方は一白水成の青ラベル(特別純米)仕込み水違いだそうで、飲みましたが水が違うだけでこうも違うのかと、思い知らされる感じでした。また県外酒では、明鏡止水、ますらお、じょうきげんなどを頂きました。

いい?お酒が冷蔵庫の中に入りましたら、また報告させて頂きます!これからも楽しみにしていますので、頑張ってください。
2017.05.13 Sat 07:47
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To 二日目のカレーさん



毎度です。

ホシザキ御購入おめでとうございます!
たとえばマンションの高層階には「眺めの値段」が含まれてますが、これもある意味で同じです──ショーケースに並ぶ酒たちが最高の肴であるという意味では (笑) 。

なんかいろんな御縁があったようですね。しかし、中古とはいえ、状態のイイ物が「48,000円」とは安いっすねー。新品なら倍以上しますね。あと、やっぱホシザキから直で買うのが一番イイと思います。他で買うと、調子が悪い時、修理の手配が超面倒ですからね。


──またお酒の話は、新政の頒布会、一白水成の酒未来、一白水成の酒屋プライベートブランドの浦城(同じ家紋なんで買いました)といったところでしょうか?あまり動きがない感じです。

相変わらず「秋田攻め」ですねえ。「浦城」は初めて知りました。健康診断の数値も良かったじゃないですか! 健康じゃないと酒も飲めなくなりますからね。

もしかしたら週末に「やまとしずく」の高いヤツを開けるかもです。

2017.05.12 Fri 18:25
Edit | Reply |  

Name - 二日目のカレーです。  

Title - ついに購入。

お久しぶりでございます。さて、先日公言しておりました。ホシザキの冷蔵ショーケースですが購入しました。結局RTS-120STB2となりました。というのも、実は私が知らない会社の部署でホシザキさんと繋がりがあり、担当者を紹介して貰ったらなんと地域ブロック長でしかも、同じ姓で同じく日本酒好きときました・・・。これは縁だと思いその方に全てを一任しお任せしておりました。時間は流れ数か月・・・。昨日電話があり、内容は6年リース契約の3年目で閉店、新品同様。傷はほとんどなし、工場で再検査、フルレストア、自宅配達、税込、48,000円で手を打ちました。

またお酒の話は、新政の頒布会、一白水成の酒未来、一白水成の酒屋プライベートブランドの浦城(同じ家紋なんで買いました)といったところでしょうか?あまり動きがない感じです。
実は健康診断があったので、ビクビクしていました。しかし昨年は300あったγ-GTPが今年は160程度だったので、これからより一層精進したいと思っています。これからも楽しいブログ楽しみにしております。それでは、また。

2017.05.12 Fri 16:55
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To kappa1970♂さん



毎度です。
「龍力」レポありがとうございます。

「龍力」と言うと、実は我が家でも超初心者時代に──今となっては微妙に恥ずかしいですが (笑) ──moukan1973♀が姫路に出張に行った時、駅の地下施設にある「タツリキショップ」に行くようにミッションを課し、そこでまんまと大吟醸を2種類 (米のささやき、米のささやきYK-35) を買ってきたという青い過去があります。

タツリキショップ
https://tabelog.com/hyogo/A2805/A280501/28044327/

米のささやき (悪魔のささやき)
http://www.taturiki.com/osake.html


ま、別に王道の山田錦大吟醸で普通に美味しかったですけどね──日本酒歴1〜2ヶ月の僕らには。


──常温になるにつれて、味わいがどんどん増して、終いには麦チョコどころかミロバーの風味が出現。

それほど寝てない酒でもたまにコレありますよね。「当たり屋」で取り上げた大手の酒なんか、この香りと味が漏れなくついてきますね (笑) 。

「龍力」の生酛なら、やっぱ熟成火入れ酒を冬場に鍋と熱燗が王道ですかね。あと、ここは特A山田錦への取り組みに関しては昔から意識が高いので、よくネタにされる「秋津」という純大は1800mlが30,000円します (笑) 。タツリキショップで一杯1200円で試飲したmoukan1973♀は、当時♡☺♡「そりゃ旨いよ」と言ってました。

三ツ矢だと「美田 山廃にごり」がありましたね。「旦」の山廃はドッカンファイヤーなので要注意です (笑) 。三ツ矢は720mlの生酒の扱いは少ないですが、ぼちぼち「貴」の夏酒が出るんじゃないですかね。夏酒はあまり興味ないですが、これだけは今年も買うと思います。


2017.05.12 Fri 11:34
Edit | Reply |  

Name - kappa1970♂  

Title - 龍力特別純米生酛仕込み特A地区産山田錦生酒28BY

moukanさん

こんばんは。
3日かけて、龍力特別純米純米生酛仕込み兵庫県特A地区山田錦生酒28BYを空けました。

結論から言うと、万人受けする人懐こい酒ですが、僕の好みのど真ん中ではありませんでした。

3日に亘って飲んでも、キャラ変が無かったので、クリスタル感は無いけれども、ストラクチャとしての堅牢さを感じました。

上立ち香は、バニラ・綿飴・マスカット。仙禽初槽中取り生酒を飲んだ時と似た香りだなと感じました。

含むと甘く、そして特別純米だからか、ボディーの厚みをしっかりと感じますが甘辛苦のバランスは良好。
結構な苦味がありますが、この苦味は甘ったるさを断ち切るという意味で、とても良い仕事をしていると思います。

雪冷えから常温に至るまで試しました。常温になるにつれて、味わいがどんどん増して、終いには麦チョコどころかミロバーの風味が出現。
さすがに常温では飲み飽きします。

その後熱燗も試しました。悪く無いのですが、やはりミロバーです。

このことから、この酒は、雪冷えで飲むのがベストだと判断します。

尚、この酒にも収斂性は無かったです。

2017.05.11 Thu 23:34
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To kappa1970♂さん



毎度です。


詳細なレポートありがとうございます。他の読者さんも密かに諸々を参考にして日々の酒ハントに利用してると思いますので、旨くてもイマイチでも気軽に足跡を残して下さると助かります──いつも言ってますが、コメ欄は読者さん参加型の、当ブログにとっての掛け替えのない重要コンテンツです。

残念ながら「北島」の生酛愛山はkappaさん的にはイマイチだったようですね。まあ、幸いマチダヤで扱いがあるので、いずれにせよ、今年中にデビューしておきます。

「巖」は無事にGETできましたので、黒澤と米鶴を消化したら開けてみます──今のところ、Type-7との一騎打ちの様相を呈してますね (笑) 。


──兎に角、日本酒度+1という数値よりもずっと辛口だし、酸度は2.6というよりは1.8程度に感じるバランス感。 (北島は) 日本酒度高めで購入しなかった生酛雄町を飲んでみて、今後北島を拾い続けるのか回避するのかを判断したいと思います。

あまり数値に縛られる必要はないです──ただし、同じ銘柄、同じ商品のBY違い (垂直飲み) に際しては有益なケースは多いです。

たとえば「篠峯」のほとんどの商品が「日本酒度:+3〜5、酸度:1.8〜2.4」ですが、26BYなんかはどれもフルーツ大爆発ですし、28BYの亀ノ尾Vertも「日本酒度:+7」ですが、ほとんど辛みは感じません──むしろ甘いとさえ言えます。

所詮「日本酒度」は液体中の糖分比率なので、厳密には「甘くなさの指標」であって「辛さの指標」ではありません。

たとえばコーヒー。砂糖をたくさん入れれば甘くなりますが、豆の品種によってブラックの意味合いは変わりますよね? つまり、甘み豊かなブラックもあれば、酸味の強いブラックもある。日本酒も、ある意味これと同じです。糖分少なめ (日本酒度高め) であっても、酒そのものの持つ甘みや酸味は数値の外にあるというわけです。

あとは仕込み水の硬軟、アミノ酸度、香りや液性によっても印象は変わりますし、結局は諸々のバランスですね。日本酒度が−5でも、酸度が2.0以上あれば、普通は甘く感じません。逆に日本酒が+2でも、酸度が1.0前後だと甘く感じることもあります。「十四代」の本丸なんかも、たぶん日本酒度+2〜4で酸度が1.0前後だと思いますよ──アル添なので日本酒度を稼ぎやすい面はありますが。

静岡吟醸なんかは酵母の関係で酸度が抑えられて、軽くてツルツルした酒になりますが、僕は逆に粉っぽさや苦味を感じることもあるので、まあバランスですね。一方、「菊鷹」の山廃なんかは「日本酒度:+10」でも全然辛くないですよ。

なんか話を聞いてると「北島 生酛愛山」は「黒澤」の純吟みたいな感じですかね。なんだかんだで生酛は山廃より飲み口がズシリと来ることが多いですね。Type-7は奇跡の軽さでしたが、このままだと、これがBestで終わりそうで怖いです (笑) 。

数値や酒米や酵母などによるキャラ付けは個人の体験範囲で固有の意味を持つケースが多いと思います。たとえば「雄町」なんかは僕の体験範囲だと「赤いブドウ系」の場合が多いので、そういう認識ですが、人によっては別のフルーツを想起させることもあるでしょう。

でも、重要なのは「自分にとっての認識がどうなのか」だと思います。なぜなら、そこからハズれたモノに出会うことで、逆に自分自身の認識に新たな視点が持ち込まれ、より意味の差異化が印象的に促進されます。こうした差異を強く感じるためには、まずは「自分だけに意味を持つ認識」を深めることが──たとえそれが的ハズレであったとしても──重要だと僕は思います。

僕も「磨いた山田錦=メロン/バナナ」という認識をずっと持ってましたが、それこそ「篠峯」なんかが造れば立派に「ブドウ」になるんですよね。でも、この「山田錦=メロン/バナナ」という恣意的な認識があればこそ、ブドウの山田錦に出会った時のインパクトも大きいというわけです。

数値の話で言うと、僕なりの鉄板法則がありまして──これだっていつ覆されるかは分かりません──、それは、

日本酒度が+5以上で甘み (果実味) を感じる純米規格にハズレ無し

というものです。むしろ+10なんかで甘みや果実味のある酒は〝ほぼ例外なく〟旨いです。

kappaさんも御自身なりの法則や経験則を大事に、好き勝手に仮説を立て、それを検証することで一回一回の飲みの充実度も違ってくると思いますので、是非とも鷹揚に──だが真剣に──楽しんでほしいと思います。

僕は意図的に、ブログ内では常に煽り気味かつ、独善的で極端な言説を繰り返してますが、それは、これを読んだ個々の飲み手が僕に反発することで自身の見解や理解をより一層強固なモノにしてほしいという願いがあるからです。

そうして個々が自由に独自の見解を抱くことが、いずれ文化的遺伝子の翼を得て、僕の元に帰ってくるというわけです。投げたボールは必ず返ってくると思ってますので、そういうモノから僕も何かを得ようと、実は、そういう目論見もあって、常にエキセントリックに煽っているわけです。


2017.05.10 Wed 22:53
Edit | Reply |  

Name - kappa1970♂  

Title - 北島生酛純米愛山無濾過生28BYを飲みました

moukanさん

毎度です。北島生酛純米愛山無濾過生を飲んだので、インプレを述べさせていただきます。

結論から申しますと、香りや味わいが開く温度域がシビア過ぎて、手放しで愉しめないめんどくさい酒でした。

酵母添加の、いわゆる"ハイブリット生酛"。
野菜室で寝かせていたので"雪冷え"状態で開栓、無臭・ガス無しでした。

含むと微かな甘みと酸味~粉っぽい纏まりのない粒子の粗さとペタンコボディー~を感じた後、一気にノドトゥインコファイヤーで辛味が噴出。更に顔をしかめるくらい強烈な苦味が出てきて、バランス感の悪さを感じました。
兎に角、香りも味も閉じていて、ぐい飲みで2杯以上は飲めず、常温放置しました。

2日目は常温放置が功を奏し、香りも味も開きました。
上立ち香は、トップはベリー、ミドルは未だ熟していない桃、ラストはシトラスと微かにハッカの様な香りがあって、甘ったるい芳香の拡散に歯止めがかかっている点は好印象。

含むと、張りのない薄いシロップの様な甘さに続き、舌の表面をチリっとした辛味が覆い、初日よりも大分大人しくなった苦みで引けますが、液質に全く張りが無くなりテロテロなので、初日の駄目な部分が消失したけれども、かといって良いと思える部分が出てこない。。。
花冷え程度に冷やすと、液質に張りが出てパキッとするのですが、苦味が前面に出てくるのでNG。

これが、手放しで愉しめないめんどうくさい酒 と思った所以です。


ぬる燗が一番良かったです。チリっとした辛味が奥に引っ込み、粉っぽさも消え、ナッツのようなオイリー感が苦味の出力を抑えて、飲みやすくなりました。でも、凡庸。


兎に角、日本酒度+1という数値よりもずっと辛口だし、酸度は2.6というよりは1.8程度に感じるバランス感。

moukanさんのいう、〝一度パっと花開いてからの手仕舞い感 (凝縮感/収斂性) 〟は全く感じられませんでした。
日本酒度高めで購入しなかった生酛雄町を飲んでみて、今後北島を拾い続けるのか回避するのかを判断したいと思います。
2017.05.10 Wed 20:23
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To temakinoriさん



毎度です。


──僕にはちょっと許容範囲越える甘味ですね、まぁギリギリ飲めてはいますがロックにしたい気分です。 なんて表現したらいいのか分かりませんが、砂糖を煮詰めたような重厚なモワッとした甘味が苦手なタイプ。

加水でも十分に味が出てましたからね。たしか新酒は12月とか1月だったので、少し寝て味幅がファットに育ったのかもしれないですね。それか別のロットか。僕が飲んだ加水生酒はそこまで甘くはなかったですよ。どちらかと言うと王道感のある淡麗辛口にプラスαでモダニティかつヤンチャなスパイス。


──ヒケは比較的良いのでまぁ飲めてますが、初日は一杯だけにして酸化した変化に期待しようかと。。。

無理に原酒で飲む必要ないですよ──原酒信仰に特別の合理性はありません。こういう時、片口やチロリがあると便利なんですけどね。グラスでロックだとどんどん薄まっていくので、1合〜2合を別で取って、そこに氷を入れて、途中で氷を引き上げるのが一番イイです。うちは2合チロリがあるので、ロックはいつもチロリ内でやってます。薄めたモノをグラスに注ぐスタイルです。


──でも本命は鶴齢! 行動範囲に山田錦生が入ってるので週末に特純&純吟をゲットするつもりです!

山田錦65と美山錦55はセメダイン大盛りで (笑) 、越淡麗55は鶴齢としては若干甘めだけど僕は好きです──今季も売れてますね。山田錦55と50は初めてなので僕も楽しみです。強い酒質なので、慌てて飲む必要はありません。山田錦65なんか、1年近く寝かした状態で出荷されるケースもあります。


2017.05.09 Tue 23:30
Edit | Reply |  

Name - temakinori  

Title - 好ミニ至ラズ

こんばんは。
至、飲んでます。

僕にはちょっと許容範囲越える甘味ですね、まぁギリギリ飲めてはいますがロックにしたい気分です。
なんて表現したらいいのか分かりませんが、砂糖を煮詰めたような重厚なモワッとした甘味が苦手なタイプ。
(過去に松の寿や結でも感じた/スペック忘れましたが確かマツコトは辛子色のラベル、結は紫のラベル)

ヒケは比較的良いのでまぁ飲めてますが、初日は一杯だけにして酸化した変化に期待しようかと。。。

造りは別に悪いと思わないので、いわゆる「口に合わない」タイプの酒です。

新潟ツアーは惨敗。。。笑
なんか比較的、関西以西の銘柄のほうが愛称いいんですよね。たまたまだと思うんですけど。

でも本命は鶴齢!
確か以前もプチお薦め頂いていたと記憶しておりスカウトリスト入りしてます&行動範囲に山田錦生が入ってるので週末に特純&純吟をゲットするつもりです!
在庫あるといいなぁ。
2017.05.09 Tue 22:30
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To サンジュリアンさん



毎度です。


──昨年7月末頃に出たてを買ってまま忘れてた「風の森 秋津穂65 純米」セラーで8ヶ月寝てました。飲んだ印象ではヒネはないですがフルーティさも余り感じない。

「秋津穂65」は元々ドライなホロ苦クリーミイ設計ですね。カルアミルク系というか、ややバニラリーで果実感はそもそも少ないタイプです。

僕も2度ばかり栓を天井まで飛ばしたことありますね (笑) 。26BYの「笊籬採り 雄町60」と27BYの「笊籬採り 雄町80」です。ハズレの瓶は大抵ガスも弱いですが、28BYはガスばかり強くて味の出てないモノもあるようです。ついに「山田錦45」でエントリーしたので、この蔵の黄昏具合を確認してみます。ちょっとイヤなニュアンスの品質低下の兆候を感じているので、不安ですが、旨ければそれでいいです。


──味わいが軽いのでワイン並に飲めるが、コクが無い、ミネラルも感じない良い意味で日本酒ぽくないのでスイスイ飲めるのが美的でしょうか?

本来の実力を発揮すれば、なかなかにエンタテインメントな凝縮感で楽しませてくれるんですけどね。力強い凝縮感 (強烈な果実味=コアの酸への収斂性) のない「風の森」はハズレ認定でいいと思います。

つい先日ドロップされた「笊籬採り 雄町60 28BY」も方々で売り切れてるので、どうやら人気だけは健在のようですが、僕の買った「山田錦45」は定番レギュラー商品の中では一番高いヤツなので、ここをハズすと蔵のプライドに傷がつきます。容赦はしませんよ。

2017.05.09 Tue 00:26
Edit | Reply |  

Name - サンジュリアン  

Title - 風の森 秋津穂65 純米

毎度です。
昨年7月末頃に出たてを買ってまま忘れてた 風の森 セラーで8ヶ月寝てました。飲んだ印象ではヒネはないですがフルーティさも余り感じない。

一升瓶でプラのガイド剥いたらいきなりポーンと栓が飛びました。
泡も有って軽いのでスイスイ飲めます。ここ超硬水使ってるんですね〜
味わいが軽いのでワイン並に飲めるが、コクが無い、ミネラルも感じない良い意味で日本酒ぽくないのでスイスイ飲めるのが美的でしょうか?

これ飲む前に昨日の飲み残しのボンヴィル1996 BB飲みましたが、アルコール度数高い風の森の方が軽く感じます。

寒梅が水の様に飲める とよく言われましたが、コレは前日開けたペリエ(泡が弱まった発泡水)の様に飲める と言えそうです。
2017.05.08 Mon 20:53
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To kappa1970♂さん



毎度です。


ぼちぼち暖かくなってきましたので、冷蔵庫から吐き出されると厳しいですね (笑) 。温度よりも蛍光灯による紫外線が・・・。


──スマホでFBやってますと、1年前の想い出を記事にしようなんて表示がされ、そこに1年前の鍋島とか姿とか獺祭の写真が出るものですから、自分の好みも変わったなーなんて思った次第です。

ま、それはお互い様でしょうか (笑) 。僕の場合、好みが変わるというよりは、好きなモノはますます好きになり、まあまあなモノはどうでもよくなり、どうでもいいモノがマジでどうでもよくなる感じなので、26BYの篠峯なんかは当時より今の方が遥かに好きですね。

「雪だるま」は「千歳飴」になってそうですが (笑) 、ナチュールは去年6本出てそれぞれまるで異なる酒質だったらしいので、自分好みのモノを引くのが難しいんですよ。酒屋がちゃんと説明してくれるのがいいんですが、去年、某酒屋の店主はナチュール5を「赤とんぼと同じ系統」と言いましたが、仕方ない、ハッキリさせましょう。

彼はバカ舌です!!!──試飲しましたが「どこが!?」という。

「同じ系統」という言い方は確かにそこまで見当違いではありませんが、要するに「傑作を見逃す」「傑作の意味を理解できていない」という意味では歴とした「バカ舌」ですね。☆3.5 (ナチュール5) と☆7 (赤とんぼ) は、たとえ「同じ系統」であっても「同じ酒」ではありません。

「島崎和歌子」と「藤原紀香」は確かに「同じ系統」ですが、やはり違います──ただし、今の年齢なら「島崎和歌子」の方がマシかもしれません (笑) 。

2017.05.07 Sun 22:22
Edit | Reply |  

Name - kappa1970♂  

Title - 林檎!

moukanさん

毎度です。相変わらずmoukanさんのグランドで、断りなく他の読者さんと勝手にキャッチボールを始めてしまう無礼者kappaです。
にも拘わらずレスをいただき恐縮に存じます。

竹雀の山廃雄町50 しゃきしゃき林檎にクリスタル感が加わるって、マズイっていう要素が入り込む余地が無いじゃないですか。
涎がでますね。酸足りてそうで。これは買うしかない。之吟マスター、720ml入れてくれないですかね。
野菜室に一升瓶は物理的には入れられますがそろそろ奥さんの怒り発動・・・GW中はこっそり720mlを3本+ボルドーの白1本+西荻三ツ矢で調達した伊勢角屋のペールエール1本をネギと大根の下に隠しているのですが、明日から子供の弁当が始まると・・・無言で生酒常温放置に至るので、今夜あたりはもろもろがぶ飲みするしかありません。(汗)


そういえば私「仙禽推し」でしたね。自分で忘れてましたよ。(滝汗;;;;)

米鶴の山廃純米大吟醸飲んでからーの、にわか"クリスタル崇拝者"でした。

スマホでFBやってますと、1年前の想い出を記事にしようなんて表示がされ、そこに1年前の鍋島とか姿とか獺祭の写真が出るものですから、自分の好みも変わったなーなんて思った次第です。

そういえば、昨年12月に鈴木三河屋に出向いて買ったおかわり分の仙禽雪だるまをクローゼットに放置したままでした。
ガス抜き栓にセロテープもせず常温放置しているので、恐らくただでさえ弱かったガスも抜け、"雪だるま"が"どろ雪玉"に変化している気がしますが、野菜室が空いてきたら冷やして当たりにいってみます。

仙禽ナチュールシリーズは、伊勢五本店や近所の酒屋でも扱いがあるので、今期は拾ってみます。

それでは失礼します。

kappa1970♂
2017.05.07 Sun 13:46
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To temakinoriさん、kappa1970♂さん



temakinoriさん


毎度です。


──んで、初山間を飲んでますがかなり独特な風味ですね。これ。 久しぶりにお仏壇きました。木樽のような香りとゴム。

出た、仏壇 (笑) !

僕は山間のこの香りを「草っぽい (独特のハーブアロマ) 」「おばあちゃん家の桐箪笥」「地酒的秘境感」「 (スピリッツの) GINっぽい」などとブログで表現してますので、これらのワードが出てきたら要注意です (笑) 。

「ゴム」というか、布っぽいというか、チョークなミネラル感というか、少し土っぽいというか、でもたまに「ガソリン (重油) 」を感じさせるミネラル成分もあるので──白ワインなんかではよくあるみたいです──、ま、バランスですよね。僕が去年呑んだ

【263】山間 -やんま- 特別純米 仕込み5号 中採り直詰め 生原酒 27BY <新潟>
http://moukan1972.blog.fc2.com/blog-entry-617.html

なんかは割りと軽やかでそこまで香りにクセはなかったですけどね。リンゴを皮ごとバニラビーンズやシナモンで煮詰めた感じに寄せると「仏壇」も「神殿」になるかもしれません──これは冗談です (笑) 。


──香りを除けば好き系、書いたてのビーチボールのあの香りが好きな方にはお薦めです。ほんと香りを除けばとても好きな系統。

まあ、無理に2本目を当たりに行く必要はないですが、機会があれば生酒──秋以降に出る「蔵熟成Ver」なんかイイかもしれないですね。というのも、ここの杜氏は自分の造った酒の「飲み頃」にシビアで、搾りたてに味が乗ってないと出荷しないんですよ。逆に言うと、彼が蔵熟させるタンクは「味の線が細い」──つまり、熟成させてもそこそこスリムで軽やかというわけです──これは僕なりの分析ですが。


──新潟酒ってちょっとバイアス入りすぎて避けていた気がするのでこれからはもうちょいチャレンジしていきたいですね。

前にも言いましたが、「謙信 五百万石 生酒」はキャッチーで☆4の王道という感じで、今年はまだ飲めてないですが「越淡麗55」なんかは白ワイン的なスタンスで食事に合う上質に酸っぱい酒です。そこまでピーキーではなく、イイ塩梅の酸味です。

「至」は加水生で飲みましたが、それでも十分に味は出てたので、原酒は跳ね返りがズバっと辛いかもしれません。そういう時はロックにすると甘みや香りが沸き立つケースもあります。

新潟酒だと、僕が買った「鶴齢 純米吟醸 山田錦 生原酒 28BY」の評価にご注目ください。酒屋の店主は「今年も文句ナシに旨いっす!」と絶賛してました。磨き55の特純でも全然問題ないと言ってましたね。



────────────────────────────

kappa1970♂さん


毎度です。

竹雀の山廃雄町50は26BYの想ひ出だと、シャキシャキ林檎ですね。カロリーオフなエキス感と、今で言う「クリスタル感」も出てたと思いますが、米鶴よりも硬質な液性だった記憶があります。之吟、facebookの写真を見ると、今季は720mlを入れてないみたいですが、近々、覗いてきます。


──moukanさんのブログで追体験をさせていただく中で、自分の好みが1年前とはかなり変わってきたことを実感しています。 気がつけば、クリスタル感に飢えている自分が。(笑)

いや、年初は「仙禽推し」だったような (笑) 。ま、最近の「甘軽路線」もクリスタルっちゃクリスタルですが、ややサンタリーナですね。ぼちぼちナチュール・シリーズ (酵母無添加の生酛シリーズ) がドロップされる頃だとは思いますが、仕上がりは出たとこ勝負みたいなので、僕は秋山のアンチャンの意見を参考にして、1本くらいは拾いたいですね。27BYのナチュール3は今のkappaさんが呑んでもそこそこ楽しめると思います。甘露なテロテロ光沢テクスチャーでギャグみたいに軽いです。甘いけどベタつかいないので、スイスイ呑めましたね。



2017.05.07 Sun 09:24
Edit | Reply |  

Name - kappa1970♂  

Title - TO まったり日本酒道さん

まったり日本酒道さん

こんばんは。GW中はネットの世界から遠ざかっていて、有難いレスに対する御礼が大変遅くなった無礼をどうかお許しください。

竹雀。クリスタル感ありですか!いいですねー。
之吟は近場なので、お勧めを求めに立ち寄ってみます!
英君の山廃純米石橋ヲ叩イテ渡ル生酒も置いているんですよね。マスターのFB〝出ますた〟見てから気になっています。

moukanさんのブログで追体験をさせていただく中で、自分の好みが1年前とはかなり変わってきたことを実感しています。
気がつけば、クリスタル感に飢えている自分が。(笑)

今日、最寄りの酒屋に立ち寄ったら何と龍力特別純米生酛仕込み兵庫特A山田錦生酒があったので買って見ました。


GW中は
水尾特別純米熟成生酒香雪 を飲みましたが、完全に若いメロン、甘くて微かにガス感があってフレッシュだけど、妙な甘ったるさと皮のような苦味で口に合いませんでした。

今後ともよろしくお願いいたします。
2017.05.06 Sat 23:54
Edit | Reply |  

Name - temakinori  

Title - なーむー

どうも、こんばんは。

GWだからと普段行かない酒屋さんに行ったら、選んだ酒がたまたま二本とも新潟の酒でした。

山間 仕込み12号 中採り直詰 特別純米 無濾過原酒
至 純米 生原酒

んで、初山間を飲んでますがかなり独特な風味ですね。これ。
久しぶりにお仏壇きました。木樽のような香りとゴム。一回火入れみたいですが生酒らしさがあり、しっかりしたボディにきらめく酸。甘味は控えめ。

初日はちょっと仏壇&ゴムにうぅっとなりましたが、2日目はお仏壇Out、酸増しになって結構飲めています。
香りを除けば好き系、書いたてのビーチボールのあの香りが好きな方にはお薦めです。ほんと香りを除けばとても好きな系統。

僕はリピートしませんが、視野が広がった気がします。
新潟酒ってちょっとバイアス入りすぎて避けていた気がするのでこれからはもうちょいチャレンジしていきたいですね。
2017.05.06 Sat 22:55
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To サンジュリアンさん



毎度です。


──昼に開けた時は閉じていて草ぽさと締まりのない感じでしたが、夕方婿さんと飲み始める頃には、甘みと程々のボディで引けにかけて軽い苦味のある酒質に変わってました。悪くはないが無理して手に入れる程ではない というのが正直な感想です。

「八反錦」の酒は「草っぽさ」を感じるケースが僕の場合は多いです。ここの銘柄もどんどんスリムで薄くなってるので、25BY以降は黄昏じゃないでしょうか。今でも「而今」をありがたがってるのは、愛情が暴走気味のイクラ探求者か、他に飲む酒を知らない無知か、そのどちらかだと思います。僕はもう要らないです。


──by26の篠峯八反生の方が明らかに細身で筋肉質で上質だったと思いました。

26BYの「篠峯」の生酒を飲んでれば「而今」なんか全く必要ないです──ブログのアクセス稼ぎ以外では。


──我が家での日本酒ブームは終焉した感じです。 未だ次女と婿がワインより日本酒党なので今度プラケースで在庫を送ってやります。

一般家庭に1800mlセットは厳しいんじゃないですか (笑) 。冬場ならベランダに置いておけますけどね。

さっき「アグラパール テロワール グラン・クリュ エクストラ・ブリュット ブラン・ド・ブラン NV」を空けました。明日以降に軽く記事にしますが、これに5,400円を出すなら「ギィ・チボー ブリュット グラン・クリュ NV」を買って、残りの金でチーズやサラミを買った方が幸せですね。ブラン・ド・ブランらしいキラメキはありましたが、まだまだ細いですし、味も全然薄いです。ただ、全体に漂うエレガンスは最近うちで呑んだモノの中では一枚上手ですね。それでもジュースとしての魅力はイマイチです。

月曜に4本のシャンが届くので、今はそちらが楽しみです。味に関しては、だいたい違いは分かるようになってきました──どれがどうというのではなく、それぞれの違いという意味です。そして日本酒同様、酒屋と評論家が全くアテにならないことだけは毎度の話ですね。ま、僕の場合、自分の鼻と舌があれば困ることは何もありませんが。

2017.05.06 Sat 22:41
Edit | Reply |  

Name - サンジュリアン  

Title - 而今 by28八反生

毎度です。

昼に開けた時は閉じていて草ぽさと締まりのない感じでしたが、夕方婿さんと飲み始める頃には、甘みと程々のボディで引けにかけて軽い苦味のある酒質に変わってました。悪くはないが無理して手に入れる程ではない というのが正直な感想です。
by26の篠峯八反生の方が明らかに細身で筋肉質で上質だったと思いました。
手持ち在庫を息子に持たせようとしたら拒否されましたよ。特に原酒はくどいというのが奴の反応、ドービサのシャブリ ヴァイロン、デュブルの泡などを持って帰りました。
我が家での日本酒ブームは終焉した感じです。
未だ次女と婿がワインより日本酒党なので今度プラケースで在庫を送ってやります。
2017.05.06 Sat 14:04
Edit | Reply |  

Name - まったり日本酒道  

Title - To kappa1970♂さん

kappaさん

こんにちは!お返事ありがとうございます。

生酛、山廃を攻めまくってますね。さすがです。

実は前に、北島の地元酒「御代栄」のとある酒屋の別注の新酒(速醸か生酛かは忘れました。すみません)を、外飲みしたのですが、それが新酒なのに味のりしててすこぶる良かったです。北島、けっこう期待できるんじゃないかと思います。たぶんお燗も良いと思いますよ。

おすすめは、自分が飲んだものだと、「竹雀 槽搾り 山廃純米 おりがらみ 28BY」です。米鶴ほどではないですが、クリスタル感を探せました。このBBSを「竹雀」でページ内検索すると以前の投稿を発見できると思います。

之吟のFBページを見たら、ちょうど今日、竹雀 雄町山廃が入荷したようです。
竹雀 雄町山廃純吟生原酒 3890円(モウカンさんが26BY,27BYで飲んでるのは50%磨きの純吟だからこちらです)
竹雀 雄町山廃純米生原酒 3240円

モウカンさんは、27BYはイマイチだったようですが、26BYは「山廃生」の世界にハマるキッカケになったとおっしゃっているので、28BY 雄町をいち早くいっておくのも良いと思いますよ。
http://moukan1972.blog.fc2.com/blog-entry-361.html
2017.05.02 Tue 16:30
Edit | Reply |  

Name - kappa1970♂  

Title - To moukanさん、まったり日本酒道さん

■moukanさん

毎度です。レス有り難うございます。
御賢察のとおり、kappaの皿は昨夜しっかりモイストしておりました!雨じゃないですよ。(笑)
これから帰宅し、2日目トライに入ります。


■まったり日本酒道さん

こんばんは。作り手情報をフォローいただきまして有り難うございます。

巖に関しましては、事前にあまり情報を仕入れずに購入しました。
かの問題作"米鶴山廃純米大吟醸中取り生酒28BY"をmoukanさんの記事に触発され追体験させていただき、"多面体のクリスタル"感に魅せられ、
・米鶴 生酛純米仕込22号中取り生酒28BY
・黒澤 生酛純米吟醸無濾過生原酒28BY
・黒澤 生酛純米無濾過生原酒28BY
・黒澤 生酛純米ビンテージ2014
を試しましたが、僕的には"多面体のクリスタル"は出現せずで、ちょっとジリジリしておりました。

モダンな山廃や生酛を手繰り寄せたいのですが、ネットで調べても酒屋のコメントは相変わらずで、その酒の本質を語っていないので、自分基準

・日本酒度低め(+2.0以下)
・酸度高め(2.0前後)
・山廃か生酛造り
・9号酵母以外(上記黒澤が全て協会901号だったので)
で絞り込み、ラベルの面で決めました。

de この巖 届いてみれば、なんだかラベルが色あせてるし、浮いてるし、手で貼った様な体なので、これ大丈夫か?と期待値ゼロで冷酒状態から常温になるまで2時間位だらだらと飲んだところ、稚拙な追体験ごっごを通しながらも、これmoukanさん好きなんじゃないかな?と思い、チャレンジに至った次第です。

北島 生酛純米無濾過生原酒愛山28BYも買いましたが、開栓の儀はGW後半になる見込みです。

追加で
龍力 生酛特別純米生酒山田錦 
福千歳 山廃純米無濾過生酒
辺りを購入しようか悩んでいるところです。

まったり日本酒道さんもお勧めがありましたら、是非教えて下さい。宜しくお願いいたします。
2017.05.01 Mon 22:12
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To まったり日本酒道さん



毎度です。

関連記事の紹介ありがとうございます。


──偏差値エリートという打ち出し方はいかがなものかと思いますが(笑)、

マスコミはそういう「外の物語」が好きですから。「酒そのもの」を語れないのに「酒の記事」を書こうとするからこうなるんですよ。ま、それは我々側にも問題はありますが──トークコーナーのない音楽番組を誰も見ないのと同じです (笑) 。

「巌」はある程度の経験を積んでからマトモに飲んだことがないので、ひとまず今季中にエントリーしたいですが、こうなるとますますkappaさんの挑戦を受ける必然性が高まりますね (笑) 。

2017.05.01 Mon 18:29
Edit | Reply |  

Name - まったり日本酒道  

Title - To moukan1972♂さん、kappaさん

モウカンさん、kappaさん

一途で不器用な男:巌 高井幹人──偏差値エリート4人の酒づくり
https://gqjapan.jp/life/business/20130314/businesseliteturnedsakemaker2

偏差値エリートという打ち出し方はいかがなものかと思いますが(笑)、巌という酒は、蔵元の高井さんの人柄がにじみ出ているような気がするので、飲む前か飲んだ後にこれを読むといいですよ。ちょっと変わった人なんですが(笑)、実直で、なんか応援したくなる人柄な方です。

生酛って前から造ってたかなと思い、ぐぐってみたら、今年から赤ラベルを速醸から生酛に変えたみたいですね。外飲みで見つけたら飲んでみます!

あと、巌の銘柄属性としては、熟成して伸びる酒が多いです。悪く言えば、最初は固いことが多い。ですが、最近は固くない酒もあるので何とも言えないところです。
2017.05.01 Mon 15:03
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To kappa1970♂さん



滝汗、毎度です。

きっと今頃カッパのお皿も程よいモイスチャーを得ていることでしょう (笑) 。


──結論を書き忘れました。(滝汗💦) とても旨いです。粉っぽいザラつきが無ければと思いますが、久し振りに当たりを引いたと思い、僭越ながらチャレンジさせて頂いた次第です。

そういうことなら了解しました。マチダヤに720mlがあれば即買いし、あとは同梱で拾えれば。

なにげに「巌」は超初心者時代 (2014年の夏?) にmoukan1973♀と浜松町の「名酒センター」という立ち飲み屋で二人で適当に6種類同時飲みした中の1つで、スペックも味も香りも忘れましたが──軟水っぽい滑らかな液性だったような記憶がおぼろげに──、飲んだ6本の中では一番好きだったので、銘柄に対するアレルギーはありません。


2017.05.01 Mon 13:28
Edit | Reply |  

Name - kappa1970♂  

Title - 結論忘れ

moukanさん

こんにちは。レスをいただきまして有難うございます。

20本とは凄いですね!

結論を書き忘れました。(滝汗💦)

とても旨いです。粉っぽいザラつきが無ければと思いますが、久し振りに当たりを引いたと思い、僭越ながらチャレンジさせて頂いた次第です。

タイミングが合いましたら是非お願いいたします。
2017.05.01 Mon 12:48
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To kappa1970♂さん



毎度です。

休日出勤ご苦労様です。


──巖 特別純米赤ラベル 本生〝改〟生酛28BY

「巖」はマチダヤでも扱いあるんですが、全部は入らないので、これが買えるかはわかりませんが、気にしておきます。


──開栓してから2時間。RFからJO戻しで唎きました。

もはやRSスルーで挑むという益荒男ぶり (笑) 。


──辛味が引けると余韻としてキャンロップキャンディー🍬を舐めた後の様なヨーグルト(ヨーグリーナ?)感が出現。

まーたそうやって僕の好きなワード (キャンロップ) で釣ろうとする (笑) ! 生酛もそれぞれですが、ヨーグルト換算で言えば、山廃よりは実体性の高いヨーグルトを感じることは多いですよね。山廃は平面的な酸、生酛は立体的な酸──もしくは「影法師の酸」と「現実人物の酸」というか。


──久し振り(仙禽雪だるま以来?)にチャレンジさせていただきます!滝汗💦担当から抜け出したいっす。(笑)

ちょっと向こう20本くらいは買う酒が決まってるので、タイミングが合えば。ところで、滝汗ついでに一つ言わせていただくと、結局これ、旨いんですか (笑) ?


2017.05.01 Mon 12:33
Edit | Reply |  

Name - kappa1970♂  

Title - moukanさんチャレーンジ

moukanさん

こんばんは。
冴えない休日出勤終え意気消沈。荒んだ気持ちを解放すべく、GWに向け取り寄せた生酛2本のうち、1本を開けてみました。

巖 特別純米赤ラベル 本生〝改〟生酛28BY

スペックは
精米歩合60%、日本酒度 +2.0、酸度 1.9、酵母 協会701号、麹米 山田錦28% 掛米 日本晴72%、アルコール度17度。

開栓してから2時間。RFからJO戻しで唎きました。初日のインプレですが、立ち香はマスカット、含むと粉っぽいザラつきがあるものの、特別純米とは思えないややスリムなクリスタル感がありますね。辛味が強めで喉トゥィンコファイヤーしますが、辛味が引けると余韻としてキャンロップキャンディー🍬を舐めた後の様なヨーグルト(ヨーグリーナ?)感が出現。

2日目以降、粉っぽさや辛味がどう変化するのかが気になりますが、むせるくらいにサンタリーテなので、キャラの激変はあまり無いと思い、久し振り(仙禽雪だるま以来?)にチャレンジさせていただきます!

滝汗💦担当から抜け出したいっす。(笑)
2017.04.30 Sun 23:55
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To アイオライトさん



毎度です。


九郎右衛門の愛山、今季もなかなか良さそうですね。去年飲んだ「山廃 雄町生」がなかなか面白い旨みの潰れ方だったので──お菓子のハイチュウみたいです──、今季もそれは追うとして、愛山も飲んでみたいんですよね。ラブリーな甘口酒を今の我々がどう受け止めるかは未知ですが、入学式と卒業式を同時に済ませてもいいわけですし (笑) 。


──金紋錦は立ち香で強めのカプロンが来ますが、甘みは案外弱めで酸も穏やかです。旨みも程よく、九郎右衛門にしては全体的にライトかなと。これもまたモダン生酛の可能性を感じさせる良い酒でした。

これ、27BYは山廃だったものが今季は生酛になったみたいですね。なかなか面白いマイナーチェンジですね。ひとまず僕の中の「モダン生酛」の最上品は「黒澤Type-7」なので、もう買えないと思いますが、どこかで見かけたら是非。

九郎右衛門もぼちぼちエントリーします。今日ちょうどイケセイに「雪の茅舎」が試飲イベントで来てたので「秘伝山廃生」「山廃純米生」「製造番号酒 純米大吟醸」などを飲んできましたが、甘口のメロン酒はもう卒業です──これを買う必要がなくなったので冷蔵庫に空きができました。

甘口酒としての出来は☆4以上ですが、もはや食前酒としてグラスに一杯で十分です。「米鶴」や「菊鷹」や「竹雀」を通過した今では「懐メロ」というか、出来の悪いゴワゴワした従来型の山廃に対してのモダニティはあるにしても、今のモダン山廃とは全く関係ないというのが僕の見解です──関係あるとしても僕には関係ない (興味ない) 。

「風が吹く」は引き続き気にしておきます。

2017.04.30 Sun 22:09
Edit | Reply |  

Name - アイオライト  

Title - 

毎度。九郎右衛門の話題がでてたのでコメントを。
28BYは愛山と生酛の金紋錦を飲みましたが、どちらも良い出来のように感じます。

愛山の口当たりはエアリーかつクリーミーで非常に軽く口に含んだ瞬間に軽やかなバナナ香が抜けていきます。最初に酸はほとんど感じませんが、そのあとから急に九郎右衛門らしい濃醇な旨みと酸がやってきます。このエンベロープの描き方はなかなか面白いです。どっかに「ラブリー」と表現されてましたが確かにそんな感じかも(笑)

一方、金紋錦は立ち香で強めのカプロンが来ますが、甘みは案外弱めで酸も穏やかです。旨みも程よく、九郎右衛門にしては全体的にライトかなと。これもまたモダン生酛の可能性を感じさせる良い酒でした。
2017.04.30 Sun 12:42
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To temakinoriさん、めいさん、マイルドさん



temakinoriさん


毎度です。


──泉白麹 純米 無濾過生原酒を飲んでます。仙介や琥泉の泉酒造。13%の低アル酒です。

狙いはいいんじゃないですかね。それでも「仙介 純米大吟醸 生原酒」──27BYは☆5──を先に飲むべきだとは思いますが (笑) 。少し甘いですが、口どけ最高でキレもイイので、今なら──少なくとも「赤武 山田錦」よりは感動できると思いますが、28BYはまだですかね。27BYがまだ売れ残ってるような気もしますが、サンジュリアンさんの話では「純米 生原酒 28BY」の出来はイイみたいなので、28BYを待ってもいいと思います。


──こういう軽い低アル飲むんだったらなら、僕は山廃・生酛を飲めと言いたいですね。 ( ・`ω・´)キリッ 累計2本しか飲んだことないですけど。笑

低アルは造り手にとっては誘惑が多いんだと思いますね。たぶん「新政」とか「仙禽」が持てはやされてるのを黙って見てられないんじゃないですか (笑) 。

ソーダで割ってレモンを絞って「日本酒ハイボール」にするといいかもしれないですよ (笑) 。酎ハイみたいなアプローチで割ると、いかに日本酒がアタックの少ない上質なアルコールであるかが分かりますね。



────────────────────────────

めいさん


毎度です。


「九郎右衛門 愛山28BY」──今季もイイみたいですね。26BYからずっと飲みたいのに巡り合わせが悪くて未だに飲んでません。


──生酒がまだあるうちに10月頃までのお酒を仕入れておかないと、と焦っております。

別にそんなに焦る必要もありませんよ。世の中ミーハーなバカ舌ばかりですから、去年の篠峯の26BYしかり、旨い生酒はいくらでも残ってますよ。そうは言いつつ、我が家のストックがどれも若い酒ばかりになり、11月12月にもう少し買っておくべきだったと後悔してます (笑) 。なんか飲み頃の酒が少ないことに気づきました・・・。


──「いろいろ見て悩んでても、店主の方が絶対に詳しいですから聞け」みたいな事が掲示されてて面白かったです。

それは心強い (笑) 。こだまも1年中「飲み頃の生酒」が買える店なので、焦る必要はないです。


──篠峯の26BY愛山 純米大吟醸と25BY雄町 参年熟成は明後日に届くようで、これも超楽しみです。

やりますねえ (笑) 。参年熟成の最新版 (25BY) が出たんですね。もしかしたら微かにガスが残ってるかもしれません。25BYの生酒はとにかくガスと凝縮感と果実味の濃醇さがハンパなかったですからね。

「愛山」の熟成具合はどうでしょうかね。「紅茶」に出会えるといいですね。開けたてのガスは少し邪魔に感じるかもしれませんが、それでもガブガブ呑んじゃうと思います。26BY的な世界観はしっかり出てると思います。



────────────────────────────

マイルドさん


毎度です。


「風が吹く 金」──呑んでたんですね。流石 (笑) 。


──立体構造もあり、面白いなと思いましたが「黒澤7」まではいかないかと。「酸」がもっとハッキリしていれば、と思いましたが。それなりに奥深い。

逆にそのモヤモヤした酸に興味が湧きますよ (笑) 。黒澤は視界良好で未来まで酸が伸びてますからね。


──もしかしたら「まぐれ当たりのホームラン」かっとばすかもしれないし、って期待せずにですがとりあえず。

なにか面白いモノがあれば気軽にタレコミください。


──ただ「自然酒」のほうが「まぐれ当たり」確率は高いかもです(笑)これも拾ってみます。

どこまでもオレを追い詰める自然酒 (笑) !!!

僕が再び「自然酒」を買う状況はあまり想像できませんが、読者さんで好きな人は大勢いますので、地元の酒呑みとして面白いモノがあれば、これまた気軽にタレコミ下さい。そこは僕を無視してくれて構いません (笑) 。

いろいろとお気遣いありがとうございます。あまり気にせず自由にコメント下さい。


2017.04.30 Sun 00:45
Edit | Reply |  

Name - マイルド  

Title - 

こんばんは

すいません「風が吹く<金>山廃純米吟醸生酒うすにごり(中取り)28BY」の
コメントがアイオライトさんより出ていましたので。。。
ちょっと遅かったのですがコメントを。


私なりの感じ方なのでご容赦を。
立体構造もあり、面白いなと思いましたが「黒澤7」まではいかないかと。
「酸」がもっとハッキリしていれば、と思いましたが。それなりに奥深い。

ですが福島で山廃系のといったらこの「風が吹く」なのでとりあえず
28BY、数もそんなに多くないしひと通り試そうかなと思ってます。
☆4を越えるような印象はないので、近場でちょこちょこ買えるし、
山廃だし、もしかしたら「まぐれ当たりのホームラン」かっとばすかも
しれないし、って期待せずにですがとりあえず。

ただ「自然酒」のほうが「まぐれ当たり」確率は高いかもです(笑)
これも拾ってみます。

それではー。ってかすいません、お忙しいところ。。

2017.04.30 Sun 00:00
Edit | Reply |  

Name - めい  

Title - 

おばんです。

今日、こだまデビューしてきました。

「美味しくて飲み終わりが軽い非速醸」と伝えましたら、やはり花巴 純米大吟醸と九郎右衛門 金紋錦を勧められました(両方買ったw)。

今晩は前に買った九郎右衛門の愛山28BYを開けました。結論としては、もう一本買いたいです。
口開けは軽い箪笥香、含むと速醸らしいジューシーさと愛山らしい品の良い甘さ。結構甘いのに雑味がなくてどんどん飲んでしまいます。
これはなかなか良いですねー。

山廃の金紋錦は既に買ってストック中なのですが、こだまさんで少し試飲させてもらったところ、これも飲んだ後が軽く、飲み疲れなさそうでとても好感が持てましたので買い足しました。少し待って夏に楽しみたいです。

生酒がまだあるうちに10月頃までのお酒を仕入れておかないと、と焦っております。

花巴の山廃 純米大吟醸は大人の柑橘系ジュースでした。これも夏まで引っ張ってから、ギンギンに冷やしてダラダラ飲みたいです。

「いろいろ見て悩んでても、店主の方が絶対に詳しいですから聞け」みたいな事が掲示されてて面白かったです。

之吟さんとは違う個性で、また行ってみたい楽しいお店でした。

篠峯の26BY愛山 純米大吟醸と25BY雄町 参年熟成は明後日に届くようで、これも超楽しみです。
2017.04.29 Sat 21:55
Edit | Reply |  

Name - temakinori  

Title - チャレンジJOY

こんばんはー。
泉白麹 純米 無濾過生原酒を飲んでます。仙介や琥泉の泉酒造。13%の低アル酒です。

甘酸っぱいアプリコット酒、飲み口はかなり軽いです。悪くないのですが結構単調。さほど酸が主張するわけでもなく、のーんと終っていきます。

なんか積極的にこれを飲む理由が見当たらない感じの酒でした。もうちょっと立体的な骨格を感じられるか、または思いっきり酸に振りきってくれるといいのですが。
いっそのこと氷入れて飲んじゃおうかな。

こういう軽い低アル飲むんだったらなら、僕は山廃・生酛を飲めと言いたいですね。 ( ・`ω・´)キリッ
累計2本しか飲んだことないですけど。笑

あー、ジャケ買いは難しいです。
2017.04.29 Sat 21:09
Edit | Reply |  

Name - まったり日本酒道  

Title - To まるめちさん、temakinoriさん

まるめちさん

返信ありがとうございます。

花泉は何ででしょうねー。僕も苦味はあまり感じなかったですね。同じスペックでも、一概に言えないところが日本酒の面白いところでもあり、難しいところですね。

で、而今といえば、「而今 純米吟醸 山田錦 火入れ」が、今季、僕が飲んだ而今の中では一番の出来でしたよ。外飲みでほぼ口開けコンディションでいただきましたが、少なくとも山田錦 生よりは、火入れの方が良いです。生の方は、而今らしい手仕舞いの早さが失われていて、ちょっとがっかりしました。。火入れの方が、いつもの而今らしさが出ているので、おすすめです。いつもと出荷順序が違うのも、自信の現れだったんじゃないかと思いました。

モウカンさんも、外飲みで見かける機会があったら、味見してみてくださいー。

temakinoriさん

たかやまレポ、ありがとうございます!

まさかの2日目での失速ですか。。多賀治はすぐへたるような酒ではないと思っていたので意外です。。察すると、ガスがなくなった2日目の状態だと、最後のキレが悪いようなので、モウカンさん風に言うと、酸足りてない状態でしょうか(笑)。酸がしっかりあれば、ガスが抜けても、しっかりキレてくれるはずだと思います。
2017.04.29 Sat 16:46
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To おみずさん、まるめちさん、アイオライトさん



おみずさん


毎度です。


──独特のパイナップルフレーバーも後退していてイマイチです(´・ω・`) そもそもそこまで好きではなきんですが辛さのほうが強く感じるのでこれはダメかと。今年はもういいかなって思ってます(笑)

1本くらい買いたいんですよね。ヲタラベルは回避して、普通の漢字ラベルの山廃でもチョイスしときますかね (笑) 。どうも何を買っていいか分かりにくい銘柄なんですよね。

辛さのほうが強く感じる」──ハズレ酒の典型ライン (笑) 。

また気軽にタレコミください。いつもありがとうございます。



────────────────────────────

まるめちさん


毎度です。


──私が屋守を最初に飲んだときに、酒屋さんの店長の奥さん曰く「而今が好きならこれもきっと気に入ると思います」というコメントがありました(そしてそれは真実だと思いましたし、そこはモウカンさんと全く同じ印象を受けたということだと思っております。

筋金入りのジコラーがそう言うんだから間違いない (笑) 。いやホント、恥ずかしながら2015年2月のオレの味覚では「屋守 純米 中取り生」と「而今 千本錦生」の区別がハッキリできなかった。同時に飲んでも「一緒じゃね?」みたいな (笑) 。

「而今」の方がわずかに香りがカラフルでモダン、「屋守」の方が米の旨みの出方がふくよかな気もしたけど僅かな差だし、どっちも同じベクトルで旨かったな。おかげで26BYは9本くらい「屋守」を買うことになったけど、結局2月に飲んだ「純米」が一番旨かった。「雄町」もそこそこ良かったけど、少し足腰のフラつく感じはあったかな。ま、それは甘旨系の生酒が旨さと引き換えに失う要素ではあるので喜んで受け入れたけど。あの頃は「日本酒度:−2.0〜0.0」のロットとかゴロゴロあったよな。


──理由はさっぱりわかりませんが、今までのファンを満足させられないのに、新しいファンを獲得できるわけないと、思ってしまうんですがねえ…

ある意味で「而今」や「鍋島」もそうだけど、造り手が技術や経験を積むと、なぜか「味のスリム化」の方向に進むことが多いような気がする。造ってる側の論理ではそれが洗練さやエレガンスの証だと思うんだろうなあ。「売れ線 (人気ヒット路線) 」を造りつづけることにモチベーションを見出せなくなっていくというか。

今は技術的な情報も蔵人同士で自由に共有してるし、いろいろ新しいことを試したいし、同じ場所に留まっていると不安になるんじゃない? そのことでファン (エンドユーザー) が不安になることまでは頭が回らないという (笑) 。



────────────────────────────

アイオライトさん


毎度です。

「モダン山廃」情報ありがとうございます──なんか僕より読者が先に買いそう (笑) 。


──具体的には酸がほとんどないように感じるんですよ。酸度自体は1.7なので普通なんですが、舌に感じるのはツルっとした甘みと旨みで山廃にありがちな酸はほぼわからない。だからといってボケてるわけではなくちゃんと立体的な構造はあるし、それなりに輪郭もわかります(この辺に酸度1.7の意味が隠れているのかも)。

それが僕が記事の中でよく使う「酸、足りてる (サンタリーテ) 」としての「酸」ですね。いわゆる「酸味 (酸っぱみ) 」とは別の意味で、まさに「味わい」に対して「輪郭」や「縁取り」を与える「酸」ですね。たとえばほとんど質量ZEROのシャボン玉だって、光に反射すれば立派な球体に見えるんですよ。あの表面 (球体における輪郭) が、言うなら「酸」です。

あとは仕込み水が軟水なんじゃないんですかね。「艶出しワックス系の酸」という言い方もできますね。ゆで卵の表面のようなイメージです。

写真で確認しました。頭に入れておきます。ちょうど「風が吹く」は去年から呑んでみたいと思ってました。

2017.04.29 Sat 14:48
Edit | Reply |  

Name - アイオライト  

Title - 

毎度です。
昨日、外飲みで「風が吹く<金>山廃純米吟醸生酒うすにごり(中取り)28BY」をいただきましたが、これ非常に面白かったです!
具体的には酸がほとんどないように感じるんですよ。酸度自体は1.7なので普通なんですが、舌に感じるのはツルっとした甘みと旨みで山廃にありがちな酸はほぼわからない。だからといってボケてるわけではなくちゃんと立体的な構造はあるし、それなりに輪郭もわかります(この辺に酸度1.7の意味が隠れているのかも)。ある意味モダン山廃の一つの方向性なのかなと。☆5以上とは思いませんが(☆4くらい?)、モダン山廃の知見を広げるという意味でお薦めしておきます。こだまで取り扱いありです。
2017.04.29 Sat 13:12
Edit | Reply |  

Name - temakinori  

Title - Toまったり日本酒道さん

こんばんはー。

たかやま、2日目はだれて全体的にすごく薄っぺらくなってしまいました。表面的な、飴を溶かしたような味になってます。。。
まずやっぱりガスがだいぶ弱い。雄町ぐらいあったらガスがさっくり切ってくれてきっとあまり気にならなかったんですけど。

ただ、そもそもいま飲んだ感じだとガスどうこう以前に、酒そのものの芯が弱いんだろうなと感じてます。
なんでしょう、27BY山田錦も飲みましたがこういう薄っぺらいダレかたは感じなかった気がするのですが…。
2017.04.28 Fri 23:30
Edit | Reply |  

Name - まるめち  

Title - To まったり日本酒道さん

>まったり日本酒道さん
情報ありがとうございます!レス遅れてすみません…、いやあここ流れ早すぎなんですよ(笑)

花泉 上桶に関しては今期苦味を強く感じているのが私だけな気がするので、ちょっと不審に思っております。 保存の問題か、私の体調か、実は「せめ」に近かったんじゃないかとか… 生酒、特にフレッシュさを売りにする商品はやっぱりブレが大きいのかもしれませんね。
しかし、まったり日本酒道さんが当ブログ経由でこちらを知ったっていう情報は嬉しいですね…、それだけでも十分お役に立てた気がします(笑)

秘伝山廃は、おっしゃる通り見る限り米鶴とは違うとは思います、透明感より存在感が強く出るお酒ですし。勧めたのはやっぱり歴史的な事情ですね、どうせなら改めて菊姫あたりと飲み比べて欲しい気も(笑)

米鶴は別に避けたわけではないのですが、一喜を扱っている酒屋で「多分入るだろ」とタカをくくっていたら入らず、機会を逃してしまいました… 甘味がしっかりしているなら私としてはより興味が湧きますね、外で見つけたら必ず飲みます!


後は、モウカンさん宛にちょっと愚痴を。
私が屋守を最初に飲んだときに、酒屋さんの店長の奥さん曰く「而今が好きならこれもきっと気に入ると思います」というコメントがありました(そのとき而今の抽選申し込みをしてたのです。お店バレますね(笑))。そしてそれは真実だと思いましたし、そこはモウカンさんと全く同じ印象を受けたということだと思っております。
理由はさっぱりわかりませんが、今までのファンを満足させられないのに、新しいファンを獲得できるわけないと、思ってしまうんですがねえ…
せめて仙禽みたいに製品ラインナップを多様化させることで、対応して欲しいなあと思った今日このごろです。
2017.04.28 Fri 23:30
Edit | Reply |  

Name - おみず  

Title - 三芳菊壱

久しぶりに三芳菊飲みました。
去年火落ちぽいのに当たってから飲んでなかったのですが独特のパイナップルフレーバーも後退していてイマイチです(´・ω・`)
そもそもそこまで好きではなきんですが辛さのほうが強く感じるのでこれはダメかと。

一週経った菊鷹のほうが美味しいので今年の三芳菊はどうかな?って感じします。
新しく来た杜氏の影響なんですかねぇ?
とりあえず僕の味覚がアレなんかわかりませんが今年はもういいかなって思ってます(笑)
2017.04.28 Fri 21:17
Edit | Reply |  

Name - まったり日本酒道  

Title - To temakinoriさん

temakinoriさん

多賀治の山田錦レポありがとうございます!なかなかの好印象ですね。甘みもちゃんと出ているとのことで僕好みかもしれません。酒屋を覗いてあったら買ってみますね〜。

それから外飲みの口開けコンディションで、長陽福娘 山田錦 直汲み 山口9Eを飲みました。temakinoriさんおすすめの山田錦純米直汲みは残念ながらなかったです。。山口9Eは、これが長陽福娘かっていうくらい、かなりドライでしたね。これはこれで美味しいのですが、僕としては、長陽福娘であれば、もう少しフルーティー要素が欲しかったです。
2017.04.28 Fri 00:17
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To サンジュリアンさん、temakinoriさん



サンジュリアンさん


毎度です。


──「2017 モダン仙禽 亀の尾 純米吟醸生原酒」薄甘で酸味ほとんどなし、香りはメロンかな? 余韻もキレも特徴も主張も無し。正直 ツマラナイ酒でした。唯一褒めるなら胃に重くない点だけか。

なんかコメ欄でも評判良くないんですよねえ。今季は「無垢」というスタンダード・スペックの麹米が「山田錦」に格上げされたせいで「山田錦100%」のモダン仙禽とクラシック仙禽が終売扱いになっていて、僕もすっかり28BYエントリーへのモチベーションが下がってしまいました。

もう二度と「赤とんぼ 亀ノ尾」のような問題作はリリースされないんでしょうね。薄井のヤロウも所詮はそこまでの男だったということですね。ま、甘軽路線を肯定的に捉えるチャマ舌もいるので、せいぜい新しいファンを増やすことに苦心してくれという感じです。


──きっと去年飲んでいたら(従来の日本酒ぽくない)旨い酒と評価していたんだろう。田酒のぬる燗の方が10倍旨いですね〜

僕が赤 (熟成ボルドー) に目覚めるよりサンジュリアンさんが火入れ純米の魅力に気づく方が早かったとは不覚です (笑) 。山廃はクリアで軽くてスイスイ呑めるので、もっと好きだと思います。



────────────────────────────

temakinoriさん


毎度です。

高山レポありがとうございます。うちの雄町はいつ開栓やら。最近はmoukan1973♀がすっかりドライ鬼女なので、ある意味いつ開けても喜んで飲んでくれそうで助かりますが、せっかくなのでもう少し引っ張ってみます。


──即開け状態だと雄町より山田錦のほうがいいです。 メロン、キウイ、バナナ、ちょっとだけバニラ。ガスは雄町より弱めだけど細かく溶けていていい感じ。 味はこの先もっと育つ感じはありますが、このタイミングでも全然楽しめます。

なんか雄町のインプレッションより良さげですね。

そういや、西荻の三ツ矢酒店になぜかタカオマの1800mlだけ置いてあって、訊いたら、スポット商品でそれだけ入れてるみたいです。「多賀治=直汲み雄町」という認識が定着してる証拠ですね。


──質量が違うので比べるのもなんですが、黒澤の青を飲んでイケた方は嫌いではないと思います。

かのtemakinoriさんですら (笑) 「もう少し味が出ててもいい」と言ったので、うちでは少し寝かせますよ、青。


──まぁ本流はこちらですけど、なんか皆さんの周回遅れで流行り系をいま楽しめていま す。本当にありがとうございます!

それは我々も同様です。今度はこちらから「ドライ返し」させていただきますよ (笑) 。そちらの領域に攻め込む準備は着々と進んでおります!!!


──ちなみに、お察しのとおりアル添はほぼ飲んだことないです。トラウマありなので。。。

ま、僕も「当たり屋ファイル」で即死してますが、イイやつは本当にカラダにスゥーっと入って染み渡ります。実は「辰泉」の26BYは既に売り切れで、たまたま25BYが売れ残っていただけかもしれないですね。27BYは米の出来がイマイチなので少し不安ですが、店主に訊けば「本当の事」を教えてくれると思いますよ (笑) 。

2017.04.27 Thu 23:23
Edit | Reply |  

Name - temakinori  

Title - 飛騨高山

こんばんはー。
多賀治の山田錦直汲み買いました&早速開けました。(まったり日本酒道さん、GETしましたよ!)

即開け状態だと雄町より山田錦のほうがいいです。
メロン、キウイ、バナナ、ちょっとだけバニラ。ガスは雄町より弱めだけど細かく溶けていていい感じ。
味はこの先もっと育つ感じはありますが、このタイミングでも全然楽しめます。

この銘柄の特徴である甘じょっぱさは奥の方にほどほどに、ガスの余韻でシャキッとキレます。
甘味は…ドライ派の僕からしてみるとちゃんとあります。少なくとも山形正宗の雄町直汲みよりはあります。

やっぱり若干27BYより薄い感じはします、あとガスも弱めかなぁ。ただもともと山田錦はシュッとしていたのでそこまで気にならない。風の森好きな人は気が向いたら試してみてほしいですね、もうちょっと味のり、という方はしばらく置いといても全然いけると思います。

決して軽くはないですがクイクイ。風の森ほど凝縮感はないですけど、逆にネリネリ感はこっちのほうが強いです。硬派な風の森。

質量が違うので比べるのもなんですが、黒澤の青を飲んでイケた方は嫌いではないと思います。

>モウカンさん
多レスになっちゃうのでまとめてこちらに書きますが、守備範囲の広がりは信頼できるナビゲーター(モウカンさん)のお陰ですよ。

単独でチャレンジすると一回のトラウマを引きずって自分の嗜好に閉じ籠っちゃいますが、うまくナビゲートしていただけてるお陰で幅がとても広がりました。
まぁ本流はこちらですけど、なんか皆さんの周回遅れで流行り系をいま楽しめていま
す。本当にありがとうございます!

ちなみに、お察しのとおりアル添はほぼ飲んだことないです。トラウマありなので。。。純米主義ということでもなく、ただ単に純米で美味しいのが沢山あるので、あえてトラウマを克服しなくてもときていましたが、せっかくナビゲート頂いているのでこだまの櫛羅純吟探しに行くときにチャレンジしてみたいと思います!
2017.04.27 Thu 22:28
Edit | Reply |  

Name - サンジュリアン  

Title - 2017 モダン仙禽 亀の尾 純米吟醸生原酒

毎度です。

ここ暫くワインばかり飲んでいたので久々の日本酒の生原酒開けてみました。
薄甘で酸味ほとんどなし、香りはメロンかな?
余韻もキレも特徴も主張も無し。
正直 ツマラナイ酒でした。唯一褒めるなら胃に重くない点だけか。
きっと去年飲んでいたら(従来の日本酒ぽくない)旨い酒と評価していたんだろう。

田酒のぬる燗の方が10倍旨いですね〜
この種の酒は卒業です。


2017.04.27 Thu 21:31
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To あらまさん



毎度です。

先ほど記事の中に埋め込みました。ありがとうございます (笑) 。
ですがこのCM、ちょっと記憶になかったです。

しかし1970年〜80年頃って、ネットもないし、生活は不便だったのに、なんであんなに楽しく過ごせたんですかね (笑) 。しかもそれほど不便に感じていなかったという。

ま、今の生活を捨てる気はさらさらないですけど (笑) 。

2017.04.27 Thu 14:44
Edit | Reply |  

Name - あらま  

Title - スーイースー生まれーのー

どうでもいい書き込みを得意とするアテクシでございます。


のど飴興味ないし・・・と思ってたんですが、スイス生まれのハーブキャンディというパワーワードが私の脳内引き出しを無理矢理引剥しに来たようです。

子供の頃、よく見ていたので覚えてるCMがこちらです。このハーモニー懐かしい。。。

https://www.youtube.com/watch?v=rqeZlvSj56c
山之内製薬 ハーブキャンディ

Youtubeで昔のCM見るの楽し過ぎ。
2017.04.27 Thu 08:40
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To まったり日本酒道さん、104komoriさん、めいさん、kappa1970♂さん



まったり日本酒道さん


毎度です。


──BBS眺めてたら召喚がかかったような気がするので手短にコメントします(笑)

毎度ナ〜イスなアシストありがとうございます (笑) 。「雪の茅舎」は「山廃 純米生」も一緒に買いたいなと思ってます──まだ買える!!!──でも油断してるとなくなる!!!

「米鶴 山廃純米大吟醸」は、ある意味で最新版なので、もはや「雪の茅舎」はルーツを辿る旅ですが、そういうアプローチは音楽でさんざ25年以上やって来てるので慣れっこですし、むしろ好きな追体験パターンです。僕がその両方を知ると誰も立ち入るスキがなくなると思いますが、仕方ない、ここらで論を固めますか。そうなると「米鶴」を知らない人が置いてけぼりになるので、そこはどちらさんも、要覚悟です。


──PS. 風変わりな酒は众ですかね。

正解 (笑) !!!



────────────────────────────

104komoriさん


毎度です。


──新宿小田急、米鶴本日から出てました。これといって見るべきものはなかったです。山廃やマルマスはなかったです。

ご報告ありがとうございます!

小田急は確か1800mlを置ける冷蔵庫はないはずなので、基本的に火入れメインのセレクトだと思いますが、「純米大吟醸 亀の尾」あたりは飲んでみてもいいかなと思ってます──うちからチャリで10分もかかりませんし。

コメ欄からメッセージをくれた12代目が来てればモウカン名乗って楽しいことになりそうなんですが、

米鶴蔵元12generation
http://moukan1972.blog.fc2.com/blog-entry-820.html#comment1622

蔵元さん、ここを見てたら気軽に宣伝よろしくお願い致します!!! あと28BYの自信作も遠慮なくPRして下さい!!! 我々は純粋に旨い酒が飲みたいだけなんです!!!



────────────────────────────

めいさん


毎度です。

我が家にも本日、遅ればせながら届きました──結局時間なくて店には行けず代引で・・・。


──立ち香には箪笥感があり、おおっ! 含むとジューシーさと若干のミルキーが。そして結構甘いです。

実は他の読者さんから「牛乳報告」を受けてます。


──グレープフルーツの香りと苦味もあるんですけど酸が足りてないように思います。ややアンバランスな感じが否めません。

その読者さんも「酸が足りてない」という印象を持ったみたいですね。なんか雲行きが怪しいですが (笑) 、まあイベントなので、前向きな気持ちで挑みます──飲みだすとブツクサ言いそうですが (笑) 。


──非速醸の会会員としては速醸の詰めたてが久し振りなので、あからさまに振り回されるパンチをもらってクラクラしたというのが本当のところです。桜猫の大きな兄貴って印象ですかね…

確かに非速醸の軽さに慣れると速醸の雑味というか、余計な要素がノイズになりがちなんですよね。それでも当たりを引くとフルーツ全開の速醸パワーが炸裂するんですけど、最近はなかなか当たりが引けないですね。


──温度が上がるとさらに甘さが出てきて、モダン山廃からの距離感が半端ないです。冷たい方が良い!次回はロックにしてみよう!レモンも垂らしたい!

「萩の鶴」はロックとの相性もいいですよ。僕も読者さんに薦められて始めたんですが、鋭いキレ上がりが緩和されますね。レモンもいいですが、カルピス&ソーダは更にいいですよ──なんの酒かわからなくなりますけど (笑) 。


──ご案内した者として特攻レポでした。お粗末様でした。

あまり期待値も高くなさそうなので、逆に気軽に開けられそうです。うちは早ければ日曜ですかね。

ともあれ、ありがとうございました。買った時点でミッションはコンプリートしてるので、後夜祭ノリで楽しみます。



────────────────────────────

kappa1970♂さん


毎度「地雷候補」ありがとうございます (笑) 。


──祖父の高級枕元飴って、もしや、世界中で愛されて73年「リコラ オリジナルスイスハーブキャンディ 100g缶」のことっすか?

はじめに画像検索をしたら最近のヴァージョンしか出なかったんですが、「ハーブキャンディ 昭和」でググったら出てきました、コレです!!!

■H514/特大ポスター/ハーブキャンディ/益田キートン/山之内製薬
http://buyee.jp/item/yahoo/auction/q97233110?lang=chs


これ、リコラですかね? いずれにしても、記憶は具現化いたしました。ありがとうございます。あとで記事に反映しておきます。


追記2017/4/27/0:28▶︎そのキャンディが判明しました!!!
http://moukan1972.blog.fc2.com/blog-entry-868.html#candy




2017.04.27 Thu 00:20
Edit | Reply |  

Name - kappa1970♂  

Title - これっすか?

moukanさん


毎度です。

祖父の高級枕元飴って

もしや、世界中で愛されて73年

リコラ オリジナルスイスハーブキャンディ 100g缶のことっすか?

また、地雷を踏んだかーっ、、、(汗;)
2017.04.26 Wed 20:59
Edit | Reply |  

Name - めい  

Title - 萩の鶴 朧選抜

おばんです。

先ほど、意を決して萩の鶴 朧選抜を開けました。

立ち香には箪笥感があり、おおっ!
含むとジューシーさと若干のミルキーが。そして結構甘いです。
味は良く出ていて、出ているんですが… やや強調されていてマッチョな感じ。

グレープフルーツの香りと苦味もあるんですけど酸が足りてないように思います。ややアンバランスな感じが否めません。
嚥下はスムースです。少し前なら「美味いっ」て言ってたかなあ。

非速醸の会会員としては速醸の詰めたてが久し振りなので、あからさまに振り回されるパンチをもらってクラクラしたというのが本当のところです。桜猫の大きな兄貴って印象ですかね…

温度が上がるとさらに甘さが出てきて、モダン山廃からの距離感が半端ないです。冷たい方が良い!次回はロックにしてみよう!レモンも垂らしたい!

ただ、嫌な部分がある訳ではないので、人によっては美味しく飲めるとも思います。

ご案内した者として特攻レポでした。お粗末様でした。
2017.04.26 Wed 20:29
Edit | Reply |  

Name - 104komori  

Title - 新宿小田急

新宿小田急、米鶴本日から出てました。
あまり時間がなかったのでチラ見だけですが、これといって見るべきものはなかったです。
純米の亀の尾と美山錦、あとにごりと夏酒と、、、みたいな品揃え。
山廃やマルマスはなかったです。
取り急ぎご報告まで。
2017.04.26 Wed 19:35
Edit | Reply |  

Name - まったり日本酒道  

Title - To moukan1972♂さん、まるめちさん

モウカンさん、まるめちさん

まだ彌右衛門のコメント書いてないのにBBS眺めてたら召喚がかかったような気がするので手短にコメントします(笑)

いつもまるめちさんのブログも読ませてもらってます。花泉 上桶はストライクゾーンではなかったようで残念でした。。あの酒は家でじっくりというよりも居酒屋やパーティーでぱーっと飲むのが適してるかもしれません。ちなみにモウカンさんのブログを知ったのも、まるめちさんのブログ経由です(笑)

雪の茅舎の秘伝山廃ですが、ここ数年飲めていません。。近場で売ってる酒屋もないし、居酒屋でもなぜかほとんど見かけないので飲むチャンスがなく。。居酒屋にあれば飲むんですけどね。

つたない記憶を辿ると、米鶴のようなクリスタル感のある酒とは、少し違う酒質だったと思います。でも、まるめちさんのおっしゃるように、モダン山廃の先駆者であることは確かなので、そういう意味合いでは、飲んでおいたほうが良いスペックではあると思います。雪の茅舎の中では、僕も秘伝山廃が一番好きです。確率は低いですが、外飲みする機会があればレポします。

まるめちさんは、昨年の日輪田 山廃 しぼりたてを褒めていたと思うので、逆に米鶴 山廃純米大吟醸をいっておいたほうが良かったと思いますよ。甘みがにゅるにゅる出て来る2日目以降は、ストライクゾーンだと思います。もう酒屋ではなかなか売ってないと思うので、居酒屋で見かけたら、ぜひ飲んでみてください。

PS. 風変わりな酒は众ですかね。これの感想気になってたんですよ。
2017.04.26 Wed 15:18
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To まるめちさん、おみずさん、NTさん



まるめちさん


毎度。ようこそガス抜きスタンドへ (笑) 。


──まず報告なのですが、28BYの屋守(純米中取り)をちょっと前に飲みました。 去年よりは味が出ている感じでしたが、私にとっては甘味が足りず、全体的にも昔感じたような感動は無いお酒だったように思います。

なんか27BYの「純米おりがらみ」から完全に「酸味系」に舵を切ったみたいね。ある読者さんが今年に入って初呑みして、普通に「酸味系」として認識してて驚いたもの。

実は26BYの後半の仕込みからなんとなくそういう方向になりつつあることは自覚していたのだけれど、何を隠そう初めて飲んだのが2015年の2月で、ちょうど「而今 千本錦 生 26BY」と同時に開けたんだけど、オレのキャリアの少なさゆえもあるが、両方とも全く同じタイプに思えて──この時期の「而今」は普通に旨かった──、当時はこう思ったものさ。

なんだ、而今が買えなくても屋守を買えばいいんじゃん──。

moukan1973♀と二人でブラインドしたら、オレなんかは普通に「屋守」の方を「旨い」と選んだほど。それがどうしてこうなったのか、杜氏に会う機会があれば是非訊いてみたいところではある。やっぱ「食事の邪魔をしない」とか「飲み疲れしない」とか、そういう方向でのブラッシュアップを目指すものなのかねえ。

確かに最近はオレも重くて甘い酒は苦手になりつつあるけど、これだけいろんな酒がある以上、こちらに選ぶ余地を残しておいてほしいんだよね。軽い酒が飲みたけりゃそういう酒を買うし、たまにガツンとやりたけりゃそういう酒を買うしで。


──「壱」なんかは方向的に今のモウカンさんにもオススメできるかなと思います、何となくブレも少なそうな感じでしたし。気が向いたら当ブログの記事を参考にしてください。

ありがとうございます。さっきコメントしました。どこかで見たような気がするけど、頭に入れておきます。


──後、やっぱりモダン山廃を語るなら、その先駆者の一人であろう「雪の茅舎」の山廃はやっておいた方がよいかと思います(個人的には秘伝山廃推しです、前も言いましたっけ?)。というか私としては「あれだけブログでハッキリ書いているのになぜ速醸に行ってしまったのか」と歯噛みしてましたよ(笑)

まあまあ慌てるなって (笑) 。

ちょうど11月に「ピンクラベルの新酒」が出たとき、蔵元がイケセイに来てたんだけど、「秘伝山廃」の生酒はまだリリースされてなかった──これは12月の商品だそう。DE、2年越しのピンクラベル (28BY) をとりあえず買ったら酷い出来で、最近もイケセイで「秘伝山廃」の生酒や「製造番号酒」を見かけたんだけど、冷蔵庫もいっぱいだしで、ちょっと保留してるだけ。

あと、以前にこれを薦めてくれたまったり日本酒道さんが「米鶴 山廃純米大吟醸」を飲んだ感想の中でこれをフィードバックしなかったので、つながりは低いと思ったという理由もある。これでOK (笑) ?


──それと、昔から特に「山間」で強く感じていて、自分では「木香ぽい」とか「硬い・青い」みたいに表現していた味わいについて、こちらの「草っぽい」という表現が一番しっくりくると思いましたので、パクらせてください(笑)

オレ発祥というわけでもないし、一緒に広めていきましょう (笑) 。中には「カビ臭い」と表現する人もいて、なるほどと思ったんだけど、さすがにそれは後向き過ぎる (笑) 。「袋香」由来なのか、「ミネラル成分」由来なのかは謎だけど、シャンパーニュなんかを飲んでいると、似たような草っぽさに出会うので、最近では「ミネラル成分」がなんからのプロセスを経てそういう香りを出すんじゃないかとは思ってるけど、真相はわかりまへん。日本酒的な甘さと結びつくと和のテイスト (ヨモギ) なんかにもなるので、うちら夫婦は結構ストライクな香りです。「百春」や一部の「長陽福娘」にもあるし、ややスモーキーだけど「竹泉」なんかにもあるよね。


──例によって徒然ですみません。

また気軽にどうぞ〜。



────────────────────────────

おみずさん


毎度です。


──菊鷹黄緑火入れ27by飲みました 常温放置で3日ほど経過して飲んだら少し山廃本醸造的なカラメル感が前に出てきて(本来の山廃には及びませんが)そこそこいい感じになってました。飛び上がるほど美味い酒には程遠いですがダラっと飲む分にはいいかな?と思いますね。

おっと、またマニアックなものを (笑) 。なんか最近では「菊鷹」も28BYより26BYや27BYの売れ残りを拾った方が無難なような気がしてます。本醸造生の27BYが狙ってた酒屋で売り切れになってたので少し凹んでます。。。


──今年速醸が多いのは感触として生熟でもイケる酒質になってきたからかなーと感じました。

単に手間が掛かるからじゃないですか (笑) ? まあ、何かの意図や計画があってのことだとは思いますが、なんだかんだで速醸の方が売れますしね。外様の杜氏だし、売上とか、いろいろ細かい配慮もありそうですね。その前に720mlを出して欲しいんですが。。。


──うちの冷蔵庫は菊鷹倉庫になりつつあるのでまたボチボチ他のものも飲んでみます(笑)

一通り飲んだら是非「菊鷹ランキング」くださーい。
水色ラベル (雄飛 無濾過生 28BY) 、あれ、人気みたいですね。これも狙ってた酒屋で売り切れてました。



────────────────────────────

NTさん


毎度です。


──どういう方向に変わっているのか、非常に気になります。レポお待ちしております。三芳菊とかでしょうか?

今夜中にUPできると思います。「三芳菊」ではないです──これも飲みたいんだよなあ・・・。基本的に買った酒は全て「本日までの転入生」で紹介してるので、うちのストックは常に赤裸々です (笑) 。なので、この中のどれかですね。別にスペックは風変わりじゃないんですけどね。草、大盛りです (笑) 。


──昨晩は、こちらもたまたま、変態系を開栓しました。亀齢89です。89は精米歩合ではなく麹歩合とのこと。酸度3.6、日本酒度-9とかなり振り切れたスペックです。是非お勧めとはよう言いませんが、赤とんぼと比較したmoukanさんの感想をお聞きしたいところです

さすがに僕を口説く術を知ってますね。ここで「赤とんぼ」という必殺のカードを出してくるとは (笑) 。徐々に読者さんと全く同じロットやBYの酒の共有数が増えてるので、情報の質もどんどん上がって困ってます──肝臓が足りない (笑) 。

いやー、これ気になりますねえ。

また面白い酒があれば気軽に御紹介ください。僕が買えなくても他の読者さんが隠れて参考にしているケースはよくあるみたいです。


2017.04.26 Wed 14:24
Edit | Reply |  

Name - NT  

Title - 「スゲえ風変わりな酒」

こんにちは。 

どういう方向に変わっているのか、非常に気になります。 レポお待ちしております。 三芳菊とかでしょうか?

昨晩は、こちらもたまたま、変態系を開栓しました。 亀齢89です。89は精米歩合ではなく麹歩合とのこと。酸度3.6、日本酒度-9とかなり振り切れたスペックです。 仙禽赤とんぼの味を思い出しつつ、飲みましたが、こちらは甘酸っぱさは割と抑えられています(今回は常温で保管してました)。そのあとの味わいは似通っていますが、ちょっとアルコール由来の辛さがややきつめなのと、少し熟成感があります(28BYですが)。

是非お勧めとはよう言いませんが、赤とんぼと比較したmoukanさんの感想をお聞きしたいところです。
2017.04.26 Wed 14:01
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To -さん

まさに酒探偵・・・。
この店は2度ほど通販で利用してるので詐欺ではありません (笑) 。

前に1本だけ1年以上寝てる生酒を買って飲んだことがあるんですが、スペックや酒米の関係があるものの、ちゃんと熟味 (チョコ系) は出てたので、冷蔵庫の温度は「氷温」ではないと思います。

御購入の酒 (僕は別の店で購入) はガスが抜けた方が艶やかになるので、720mlに取り分けたモノは1ヶ月くらい放置しても大丈夫です。僕は300mlに移したモノを1ヶ月ほど冬場の室温 (15℃〜18℃) くらいで放置しましたが、老ねたり腐ることはなかったです。とはいえ、さすがにこの時期は冷蔵管理した方がいいですね。1週間くらいなら常温も面白いと思います──生酒が熟れ茶けた感じ (腐る寸前の巨峰というか・笑) が苦手じゃなければ。

うまく行けば「紅茶」になります。

いずれにせよ、ありがとうございました。

2017.04.26 Wed 13:29
Edit | Reply |  

Name - おみず  

Title - 菊鷹 黄緑27by28.3詰め火入れ

お疲れ様です(´ω`)

菊鷹黄緑火入れ27by飲みました。
裏貼りが28.3になっていましたので蔵でタンク管理されてたものを28.3に詰めて瓶火入れしたものだと思います。

開栓時にやや熟香がしましたが元々の菊鷹らしさなのか強めの酸とやや乳酸系の風味と甘味。
2年ほど前に飲んだ黄緑は生酒でジューシー系でしたがこれはフルーツ感はあまりないですね。
熟成によるものだと思いますが速醸の割に山廃とかのニュアンスを感じました。
その後しばらく飲み会が続いて飲めなかったのですが常温放置で3日ほど経過して飲んだら少し山廃本醸造的なカラメル感が前に出てきて(本来の山廃には及びませんが)そこそこいい感じになってました。
飛び上がるほど美味い酒には程遠いですがダラっと飲む分にはいいかな?と思いますね。

今年速醸が多いのは感触として生熟でもイケる酒質になってきたからかなーと感じました。
一応うちの冷蔵庫は菊鷹倉庫になりつつあるのでまたボチボチ他のものも飲んでみます(笑)
2017.04.26 Wed 13:18
Edit | Reply |  

Name - まるめち  

Title - 

どうもです。
しばらく記事を拝見していて、書きたいことが溜まってきたのでガス抜きさせてください…

まず報告なのですが、28BYの屋守(純米中取り)をちょっと前に飲みました。
去年よりは味が出ている感じでしたが、私にとっては甘味が足りず、全体的にも昔感じたような感動は無いお酒だったように思います。
恐る恐る開栓して、一口飲んで肩を落とすあの感じ、辛いですねえ…

最近生もと山廃系に傾倒されているようなので、ちょっと自分のブログの過去記事を追ってみました。
「壱」なんかは方向的に今のモウカンさんにもオススメできるかなと思います、何となくブレも少なそうな感じでしたし。気が向いたら当ブログの記事を参考にしてください。
後、やっぱりモダン山廃を語るなら、その先駆者の一人であろう「雪の茅舎」の山廃はやっておいた方がよいかと思います(個人的には秘伝山廃推しです、前も言いましたっけ?)。というか私としては「あれだけブログでハッキリ書いているのになぜ速醸に行ってしまったのか」と歯噛みしてましたよ(笑)

それと、昔から特に「山間」で強く感じていて、自分では「木香ぽい」とか「硬い・青い」みたいに表現していた味わいについて、こちらの「草っぽい」という表現が一番しっくりくると思いましたので、パクらせてください(笑)
ずっと悩んでたんですよ…、最近そういうお酒に良く会っていた関係で、ようやくこちらでの表現と自分で感じていたものの一致に気づけました。
ちなみに「おばちゃん家の桐箪笥」もわかる気がするのですが、当ブログには過ぎた表現ですね(笑)

例によって徒然ですみません。
2017.04.26 Wed 12:56
Edit | Reply |  

Name - -  

Title - 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.04.26 Wed 12:15
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To -さん

まさかそこまでレアな商品だったとは・・・。
例の300mlが実は最も安定供給品だったりして (笑) 。

貴重な情報ありがとうざいました!

2017.04.25 Tue 22:55
Edit | Reply |  

Name - -  

Title - 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.04.25 Tue 15:36
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To めいさん



毎度です。


──蔵元曰く、「26BYは山田錦 純大 瓶燗火入と、二回火入で常温保存の何か(二回…で興味を失ったので忘れましたw)だけ」だそうです。残念。

元々どれも少量仕込みなので、出回ってる数はすごく少ないんですよ。


──続けざまに、「そろそろ雄町の参年熟成が出るんじゃないでしょうか」と尋ねているところです。一回火入でも25BYならやってくれるんじゃないかと…

25BYは生酒で呑んでますが、明利系パートの香りは全く出てなかったので期待できると思いますが、この「参年熟成」は確か二回火入れだったかも。先日300mlで呑んだモノ (24BY) は少し華やかパートが気になりましたが、これから出るモノ (25BY) は果実的な酸味がしっかり出てることを期待してます。

あと、堺杜氏のfacebookによると、

山田錦60%精米+6号酵母は (山廃雄町66より) もっと香り豊かで、葡萄感満載でしたし、酸味もフルーツ感満載。

ということなので、これが山廃なのか速醸なのかはわからないんですが──文脈上は山廃のような気もしますが──、少し期待しています。

2017.04.24 Mon 22:54
Edit | Reply |  

Name - めい  

Title - 篠峯26BY生酒はありまへんw

おばんです。

先日の酒屋さんからわざわざお電話をいただきました。

蔵元曰く、「26BYは山田錦 純大 瓶燗火入と、二回火入で常温保存の何か(二回…で興味を失ったので忘れましたw)だけ」だそうです。残念。

続けざまに、「そろそろ雄町の参年熟成が出るんじゃないでしょうか」と尋ねているところです。一回火入でも25BYならやってくれるんじゃないかと…

またお返事いただけたらタレコミますね。
2017.04.24 Mon 20:31
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To まったり日本酒道さん、サンジュリアンさん



まったり日本酒道さん


毎度です。

なんか当日は夕方頃から一時すごい雨になってましたね。


──書きたいことは色々ありますが、とりあえず彌右衛門の記事にコメント書きます。

お待ちしております。ブログやfacebookに記事を上げたら、そちらに誘導してくれてもOKです。


────────────────────────────

サンジュリアンさん


毎度です。

これまでに割りと記事の中で酒瓶を振る写真を載せてきたつもりですが、結論を言えば──いつも言っている通り──、ケースバイケースですね。片口やチロリに入れてから注ぐのはワインで言うところのデカンタージュと同じ理屈なので、飲み口が変わることは多いですが、気分的な要素もあるので、最終的には「その人が旨いと感じるかどうか」だと思います。

基本的に「マズイ酒」が「旨い酒」に化けることはないと思いますが、ご存知の通り「初日に旨かった酒」が2日目以降にマズくなることはよくあります。

一番簡単に成果を得られるのは「生酒の常温放置」だと思いますね。これで渋みや辛みが緩和されることはよくあります。ですが、それもケースバイケースです。

サンジュリアンさんは理系畑の人間だから、決め打ちされた法則に美しさを感じがちかもしれませんが、最終的には「情緒の問題」だと思いますよ (笑) 。

ですが、誰よりも同じ酒を複数ストックしているわけですから、条件を変えて比較するのはサンジュリアンさんが一番の適役だと思います。同じ酒を2本同時に開けて、片方はそのまま、片方は振って、それらを同時に飲み比べる。贅沢ですが、腐らせるよりはいいんじゃないですかね (笑) 。

2017.04.24 Mon 12:17
Edit | Reply |  

Name - ぐらふ  

Title - to サンジュリアンさん

こんにちは
お酒を振ると上手くなるっていう話は、アルコール分子と水分子のクラスターが、小さいほど まろやかに感じるということから来てるんじゃないですかね。超音波を当てると 熟成が加速して上手くなるという 実験記事を読んだことがあります。ウィスキー、日本酒、ワインで試していたんじゃないかな。お酒は、熟成を行うことで、それぞれのクラスターが壊れアルコール分子が水のクラスター内に入り込むことでまろやかになる。超音波を当てることで、加速再現したと書いてあったと思います。(昔過ぎてうろ覚え)
で、振ったらどうなるかですが せいぜい空気を含む程度ではないかと。デキャンタージュを乱暴に行った程度ではないですかね。
口に合わないものを 振ったり 振って翌日飲んだりしてみた経験からでは、本質は変わらず 旨いものに変わったことはないです。
ピリつき感がやわらぐ感じかと。
旨い酒は、振らなくても旨いですからね。
日本酒でデキャンタージュの真似ごとは、してみたことはありますが、私の好む酒でよくなった経験はないですね。
燗酒を高い位置から移し替えることを行う店があることは、知っていますが 燗冷ましを狙っているのではないかと推測しています。一度行ってみたい店ではあります。
2017.04.23 Sun 20:05
Edit | Reply |  

Name - サンジュリアン  

Title - 田酒 特純 振ってみました

毎度です。

アイオライトさんのご指摘に従い今飲んでる一升瓶の田酒をペットボトルにチョイ入れてシェイクしてみまして振ってないものと、飲み比べてみました。
確かに振った方が丸い味になりましたが、同時に生気を取られた様な元気のない味でした。
所詮 イマイチの田酒が特別旨くなる訳じゃないですよ。
唯、アル添酒には案外効果有るかもと思います。
でも、多分残りの人生でアル添酒買う可能性はないと思うので、このトリビアは使えそうもないでしょう。

ダメ元で一昨日開けて冷蔵庫に在る1990年モノのソーテルヌ(貴腐ワイン)も振ってみたら、予想通り全くの駄酒になりました。

ワインは振ってはダメ、駄酒の日本酒はチョット良くなる?
2017.04.23 Sun 19:19
Edit | Reply |  

Name - アイオライト  

Title - To サンジュリアンさん

サンジュリアンさん毎度です。
確かに固い酒に関しては振ったりデキャンタージュすることで味が開く効果はあると思います。
実際、生酒でも試したことあります。自分がやった限りではそれほど悪い方向にはいきませんでした。
まあ、百聞は一見に如かずですよ。ご自分でもやってみたらいかがでしょうか。
2017.04.23 Sun 17:14
Edit | Reply |  

Name - あらま  

Title - To サンジュリアンさん

サンジュリアンさんお久しぶりです。

「まずい日本酒を振って飲むと角が取れてまろやかになって飲みやすくなるかも」くらいじゃないでしょうか。美味しいお酒とか生酒ではあんまりやりたくないですね。僅かに残ってたガスがさっさとなくなって苦味が出てくる可能性もあると思います。対象が「2回火入れ本醸造」みたいなお酒じゃないかと、個人的には思います!
2017.04.23 Sun 16:38
Edit | Reply |  

Name - サンジュリアン  

Title - 皆さんに聞きたい:ジョギングした日本酒は 旨くなる?

毎度です。

ワイン飲み始めた太古の昔 二十代の頃、日本酒は振った方が美味いけど、急なお客さんの為に慌てて酒屋に行き、ワイン走って買って来て出しても不味いのでやめた方が良いみたいな記事を、ワイン雑誌で読んだ記憶があります。
確かにワインの保管で光、振動、匂い 不適な温度 は禁忌事項ですし、実際ジョギングワインを呑んだ時そのワインらしさがなかった経験があります。

そこで、前から気になっていた日本酒は振った方が美味い?をネットで検索したら、結構その趣旨の記事が出て来ました。
一例: http://m-uroko.com/post-182/

コレ本当ですか? モーカンさんやこのサイトの読者諸氏に意見や経験を聞きたいです。
2017.04.23 Sun 14:00
Edit | Reply |  

Name - まったり日本酒道  

Title - To moukan1972♂さん

毎度です。昨日ちょっと飲みすぎて、酒が少し残っています(笑)

今日は、Aoyama Sake Fleaらしいです。
https://www.fashion-press.net/news/17176

津島屋の蔵元も来ているので行きたいところですが、さすがにもう飲めません(笑)

> そりゃそうと、「Facebookページ」へのリンクはどう扱います? これからブログのTOPに張るのか、そうじゃないようならこっちで別に張りますけど。

まったり日本酒道のブログに「Facebookページ」のウィジェットを貼り付けてたのですが、表示されなくなってました。。後で修正しておきます。ご連絡ありがとうございました!

まったり日本酒道 FBページ
https://www.facebook.com/sakecasual/

書きたいことは色々ありますが、とりあえず彌右衛門の記事にコメント書きます。
2017.04.23 Sun 11:50
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To めいさん



毎度です。


──今日、某酒販店がネットショップで篠峯の28BYをこともあろうに「26BY」と書いていたので危うくポチりそうになっためいです。

世にも珍しい「26BY詐欺」ですか (笑) 。


──その酒屋さんには26BYで雄町か雄山錦の生酒が蔵元に残ってないか聞いてくれとお願いしました。試飲して良ければ取りますよ、と言ってくれたので来週が楽しみです。

もしも生酒で残ってれば、何を呑んでも旨いですけどね。「ろくまる」は全て (雄山錦、八反、雄町、山田錦) ハズレなし──本命は「八反」です。「篠峯」も「雄町50」「八反50」「愛山45」「雄町60 (凛々) 」あたりは鉄板ですし、「櫛羅50」は☆7です。蔵に残ってれば氷温管理してるはずですが、さて、どうですかね。むしろネット販売してない奈良の特約店の方が残ってそうですが。

いずれにせよ、僕も楽しみに続報を待ってます。

2017.04.23 Sun 01:12
Edit | Reply |  

Name - めい  

Title - 篠峯バックヴィンテージ

おばんです。

今日、某酒販店がネットショップで篠峯の28BYをこともあろうに「26BY」と書いていたので危うくポチりそうになっためいです。

まさかと思って電話で確認したので事なきを得たのですが、その際に、明日(酒販店向けに)千代酒造さんが試飲会を開くと伺いました。

その酒屋さんには26BYで雄町か雄山錦の生酒が蔵元に残ってないか聞いてくれとお願いしました。

試飲して良ければ取りますよ、と言ってくれたので来週が楽しみです。

入るようなら(自分の分を確保してから)タレコミますね!
2017.04.23 Sun 00:15
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To 聴き酒さん



聴き酒さん


はじめまして、moukan1972♂です。いつもアクセスありがとうございます。


──わたくしも写楽のハセガワPBはイマ5位で二度と買わないと思っていました。

これ、なんかギスギスと渋かったんですよね。値段も確か2,500円くらいしたと思うんですが、一体なにがしたいのか全くわからないミステリー大吟醸でしたね (笑) 。ちょうどハセガワ主催の「SAKE COMPETITION」で冩樂が2冠を取った時期でしたし、頼まれて断れる状況になかったんじゃないですかね。明らかに「やっつけな酒」でした。


──28BYのモウカンさんの☆が楽しみです! よかったら何とか買おうと思います!

いや〜、なんか鉄板であるはずの「備前雄町」がイマイチだったらしいので、旨かったらラッキーくらいのノリで挑みますよ。1800mlなので、捨てずに最後まで飲めれば良しとしましょうかね (笑) 。


──肝臓にはお気をつけて記事たくさんお願いします!

ありがとうございます!
イイ酒を引き当てて、楽しい記事を朗らかに書きたいんですが、なかなか上手くいかなくて (笑) 。

また気軽にどうぞ〜。


moukan1972♂




2017.04.22 Sat 23:05
Edit | Reply |  

Name - 聴き酒  

Title - いつも楽しみです

モウカンさん
いつもブログ楽しみに見ています!

写楽のハセガワPBの事があったので思わずコメントさせていただきました。

わたくしも写楽のハセガワPBはイマ5位で二度と買わないと思っていました。

28BYのモウカンさんの☆が楽しみです!
よかったら何とか買おうと思います!

肝臓にはお気をつけて記事たくさんお願いします!
2017.04.22 Sat 22:00
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To サンジュリアンさん



毎度です。

なんすか、浮気って (笑) 。ワインのブログを始めた方が早いですよ。僕らは10年スパンで赤を所有なんかできないですから、都度都度買う程度ですね。日本酒と違って早飲みカルチャーではないので、逆に「飲みたい時に買う」ことのできるジャンルじゃないですか。日本酒は「飲みたい時」には売り切れてますからね。

田酒の特純は「お燗以外」で飲んだことないです──味見はしますが。「田舎くさい香り」というのは、熟香も多少は含まれてると思いますよ。他の火入れ純米に比べるとそこそこ華があるんですよ、これでも (笑) 。山廃なんかは普通に洗練されてますよ──純吟はダメです。


──単独で呑んでも旨くはないが、大勢で鍋料理をワイワイ言いながら飲む酒、映画やドラマでいえば、絶対主役や脇役にもにはなれない通行人A みたいな存在、コレでなくてはみたいな役割はないが有れば邪魔にはならない酒と云う感じですなあ。

鍋に燗酒は鉄板ですね。僕もブログなんかやってなければ、純米酒を燗にしてのんびりやりたいところです。

早割35は往復で取れました。週明けにでもメールします。
2017.04.22 Sat 13:21
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To まったり日本酒道さん



毎度です。

イベント情報のご紹介ありがとうございます!
僕は行けないですが、これを読んでる人の中で行く人もいると思います。

そりゃそうと、「Facebookページ」へのリンクはどう扱います? これからブログのTOPに張るのか、そうじゃないようならこっちで別に張りますけど。

「なかなかやばいお酒」の紹介も楽しみしています (笑) 。

2017.04.22 Sat 13:11
Edit | Reply |  

Name - サンジュリアン  

Title - 田酒 特純

モーカンさん毎度です。

丁度一年前に出荷された 田酒の特純 開けてみました。
2回火入れらしいというか、安い普通の酒の田舎くさい香り
含むとコレも田舎くさい味わい、でも何故か最近食傷気味な速醸生酒より飲める。少なくとも飲んだ後に胃から戻ってくる重ったるさはない。
燗して飲んだら結構飲める。
リピしようとは思わないが、居酒屋でコレが人気あるのが理解出来た様な気がする。酒場放浪紀でよく吉田類さんがXXを酒で流し込むというフレーズみたいにまさに胃に流し込むにぴったりの酒ですよ。
単独で呑んでも旨くはないが、大勢で鍋料理をワイワイ言いながら飲む酒、映画やドラマでいえば、絶対主役や脇役にもにはなれない通行人A みたいな存在、コレでなくてはみたいな役割はないが有れば邪魔にはならない酒と云う感じですなあ。

最近 日誌さんの方でワイン談義 して浮気してます。
2017.04.22 Sat 13:11
Edit | Reply |  

Name - まったり日本酒道  

Title - 大森弾丸ツアー

こんばんはー。今週は外飲み強化週間です(笑)。お酒運が良く、なかなかやばいお酒に出会えたので、そのへんは、おいおい、まったり日本酒道のFacebookページに投稿していこうと考えています。

で、まったり日本酒道ブログのイベントまとめ記事にも書いていた「大森弾丸ツアー」が今日(4/22 土 17:00-)開催です。僕はもちろん行きますよー。

大森弾丸ツアー公式HP
http://oomoridangan.com/
タイムテーブル
http://oomoridangan.com/dangan_times.html

日本酒好きの皆さまにはぜひ、タイムテーブルを見ていただきたいのですが、ここでしか飲めなさそうなラインナップたくさん揃ってます。なかでも、僕の注目は、「会津中将・純米大吟醸 八反斗瓶取り 22BY,27BY」です。会津中将は、高級スペックがすこぶる良い印象なので期待してます。このイベントは特別な酒がどんどん出てくるので楽しいんですよ。

その他にも、「一歩己」、「奈良萬」と読者さんお勧めの銘柄が一気に飲めるので、モウカンさんも良かったらぜひ。当日参加可能です。お知らせが直前ですみませんが(笑)。店舗内は混雑してて大変ですが、それを上回る楽しさがあります。

僕はどう回るか戦略を練ります(笑)。彌右衛門も飲みたいし、自然酒 生しぼりもいっておきたいですね。
2017.04.22 Sat 01:06
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To めいさん、temakinoriさん



めいさん


毎度です。「非速醸の会」幹事長のmoukan1972♂です (笑) 。いい加減、28BYの「アーモンド牛乳@お花畑」をブっ殺したくなって来たので、一通りの速醸を押さえたら、今年の夏は「ALL生酛&山廃」で攻めようかと本気で考えてます。


──九郎右衛門 純米吟醸生原酒(愛山)

あああ、今年もこの季節がやってきた。26BY、27BYと買い逃してるので、今季こそ飲んでおきたい感じですが、さて、出来栄えはどうでしょう。タレコミお待ちしております。


──ちょっとやり過ぎましたかね…庫内では仁左衛門とか翠玉とか仙禽×3(笑)とか蓬莱泉 吟が出番を失って拗ねております。

どうせ置ける場所ができればまた買ってしまうので、落ち着くことなんて不可能ですね (笑) 。


──佐久乃花は之吟さんで買いました。昨日は渋くて固くてちょっと弱りましたが、今日は少し優しくて、米鶴のスリムな妹のようです。前に呑んだ大倉レベルには来た感じで嬉しい(笑)

「佐久乃花」の山廃は面白そうですね。「大倉」の純大直汲み生も売れてるみたいですね。これは買うつもりです。


── 一馬力でぼちぼち呑みつつ、米鶴レベルのアタリを引いたらすぐにお知らせします!

「ポスト米鶴包囲網」は方々で張られてるので、誰かが引き当てることを祈ってます。どこかにあるはずなんですが、「異星人」同様、どこにいるのかが分からないという (笑) 。



────────────────────────────

temakinoriさん


毎度です。さっそくのレポありがとうございます。


──立ち香はバニラっぽさがあります。含むと薄めの牛乳、香りは強いて言えばリンゴ。 香りと甘味は山田錦よりある気がしますね、こちらもエアリー。

さしずめスイーツのシブーストと言った感じでしょうか。

http://m0069238.xaas.jp/images/material/44109-f-ringo-chiboust.jpg



──というか、牛乳の再現性がすごいですね。 牛乳を目指して作ったのでは?というぐらい、牛乳を飲み下した後、最初に鼻から空気を抜くときに感じる香りに似ています。 そこにリンゴフレイバーを少し混ぜたというか。

そこまでミルキーだとmoukan1973♀はダメそうです。ひとまず「山田錦」を呑んでみます。


──苦みは少しあります。香りと甘味と牛乳と少しの苦味で構成された、軽やかな、何というかカフェで流れるボサノバ的なイメージがしますね。Hanakoで特集されそうな。読んだことないですけど。

僕は「若気の至り系オサレ感」には人の三倍厳しいので (笑) 、「雄町」は微妙な感じがしますね。「雄町」には人それぞれの理想がありますよね。僕なんかは赤寄りの豊満なブドウ感を求めちゃいますね。


──なんかクイクイ系の酒が飲みたくなってきました。

「黒澤 Type-7」が最近の中では最強のクイクイ系だったんですけど、ブログで取り上げたらアっという間にネットから姿を消しましたよ。ま、12月リリースの酒なので、残りは少なかったわけですが。

ま、クイクイ行くなら「山廃生」ですよ。速醸はリアルな果実味を楽しむ酒だと最近では思ってますが、ハズすと途端にノイジーになる欠点はありますね。加えて今季は「牛乳お花畑」問題があるので、ますます怖いです。


2017.04.21 Fri 01:37
Edit | Reply |  

Name - temakinori  

Title - あかおま続報

こんばんはー。
早速あかおま飲んでます。

立ち香はバニラっぽさがあります。含むと薄めの牛乳、香りは強いて言えばリンゴ。
香りと甘味は山田錦よりある気がしますね、こちらもエアリー。

というか、牛乳の再現性がすごいですね。
牛乳を目指して作ったのでは?というぐらい、牛乳を飲み下した後、最初に鼻から空気を抜くときに感じる香りに似ています。
そこにリンゴフレイバーを少し混ぜたというか。

苦みは少しあります。香りと甘味と牛乳と少しの苦味で構成された、軽やかな、何というかカフェで流れるボサノバ的なイメージがしますね。Hanakoで特集されそうな。読んだことないですけど。

オサレですし、好きな人は好きだと思います。綺麗ですよ、何よりオサレ。
僕としては、山田錦のほうがハマっていたなと思います。あちらのほうが、綺麗な口どけを美味く表現出来ていた気がします。

僕が雄町の酒に求めているのはこういうのではないなぁ。うん、牛乳に意識がいくと牛乳しか感じなくなりますね。これはオサレな大人の牛乳です。

なんかクイクイ系の酒が飲みたくなってきました。
2017.04.20 Thu 22:35
Edit | Reply |  

Name - めい  

Title - 非速醸 生の会

おばんです。

「非速醸の会」会員のめいです。

最近買い込んだ非速醸酒は下記のごとしです。

佐久乃花 山廃純米無濾過生原酒←開けて二日目
杉勇 生酛山卸特別純米本生原酒(出羽燦々)
九郎右衛門 生酛純米生原酒(金紋錦)
花巴 NEW HANATOMOE 山廃純米吟醸無濾過生原酒
酒屋八兵衛 山廃純米無濾過生原酒

同梱で
九郎右衛門 純米吟醸生原酒(愛山) 

ちょっとやり過ぎましたかね…庫内では仁左衛門とか翠玉とか仙禽×3(笑)とか蓬莱泉 吟が出番を失って拗ねております。

佐久乃花は之吟さんで買いました。昨日は渋くて固くてちょっと弱りましたが、今日は少し優しくて、米鶴のスリムな妹のようです。前に呑んだ大倉レベルには来た感じで嬉しい(笑)

萩の鶴 朧限定も四合瓶を2本買い込み、後輩に一度はあげた米鶴を取り戻し(笑)、つまらない夏酒を買うよりは良いかな、と言い訳しつつ万全の体制を築き上げました。

一馬力でぼちぼち呑みつつ、米鶴レベルのアタリを引いたらすぐにお知らせします!
2017.04.20 Thu 21:52
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To temakinoriさん



毎度です。

お〜とっ、これはタイムリー。
ちょうど「冩樂 山田錦」のコメ欄で話に出てたんですよ (笑) 。

レポート雄町しております。

2017.04.19 Wed 23:35
Edit | Reply |  

Name - temakinori  

Title - あかおま

こんばんはー。

ついつい通りがかったら寄ってしまう東京駅某店で赤武の雄町をふらっと買いました。なんとなくNEWBORN→山田錦と買ってきたのでその流れで。
一回火入れみたいですが、しかしこれも結構いい値段しますね。。。

山田錦のイメージから、なんとなくオサレな雄町を想像していますがさてどうでしょう。
2017.04.19 Wed 23:27
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To ぐらふさん

ご回答ありがとうございました。

読者さんからのタレコミですが、4月26日 (水) 〜 5月2日(火) に新宿小田急百貨店酒売場で「米鶴」が試飲販売をするみたいです。マルマスはここで飲めそうな気がしてます。

2017.04.19 Wed 13:27
Edit | Reply |  

Name - ぐらふ  

Title - to moukan1972♂さん

私が飲んだ マルマス米鶴 限定純米吟醸 青ラベル は、28BYです。ネットだと 金内商店さんが、まだ扱っているようです。

百十郎 G-mid 私が買った所は、横浜高島屋なんですよね。池袋西武に先週行った時は、まだ注目してなかったので 置いてあったかは、わからないです。でも取扱店は、多そうです。

2017.04.19 Wed 06:47
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To ぐらふさん、おみずさん



ぐらふさん


毎度です。いつも酒レポありがとうございます。


──最高に良かったのは、 マルマス米鶴 限定純米吟醸(青ラベル) :一杯目から 久々に頭の芯に ギュッとくる凝縮感ある旨さでした。

これ、28BYですよね? 蔵元も「弊社の標準的な造りの酒はわりとストライクゾーンに入ってくるようにも感じます」と言ってたので、これは気になります。ぜひ飲んでみたいですねえ。


──次点2 百十郎 純米吟醸 Gーmid:爽やかな香と甘さを感じさせつつ キレが良く クイクイと杯が進むお酒です。気がついたら、半分開けてました。

これ、池袋西武に売ってますよね? 「百十郎」もそろそろ飲みたいんですよ。未飲です。ぐらふさんがクイクイ飲めるなら僕らも余裕でしょうね (笑) 。


──黒澤 生酛 純米type7 : 今の自分には、少々甘さにクドさが感じられ リピートは、しないと思います。黒澤のtype9 は、7より軽く深みが感じられず頼りない味で 私の好みではなかったです。 米鶴は、辛口純米超しぼりたて生が、手に入ったので 開けるのが楽しみです。

「type7」の甘さがグドいとは意外。中には「もっと甘い方が好み」と言ってる人もいるんですが、面白いですね。僕らはこの酒においては、そもそも味はさほど追いかけません。旨みの立体構造 (独特の軽さ) を感じながら飲むので、ジュースとしての纏いは表層的な問題ですね。実は「type9」を水曜に開けようと思ってたんですが、おみずさんも「7号ほどではない感じ」と書いてますので、9号系だし、これは大胆に秋まで引っ張ろうと思います。

「辛口純米超しぼりたて生」における「苦み」や「辛み」はぐらふさんとの出会いの酒「若竹 - 特別純米 鬼乙女 幸」なんかにも通じるニュアンスなので、たぶん許容範囲だと思います (笑) 。


────────────────────────────

おみずさん


毎度です。


──菊鷹の白ラベルおりがらみを飲み会で開けてみました。 僕の好みでは今年の上位に入る感じです。

「若水」は27BYはまだ残ってるので、むしろそっちかなと思ってたところです。なかなかエントリーできませんが、5月頃には冷蔵庫も落ち着きます。


──が、3日目に香りプンプンの甘ったるいバナナジュースになって杯を重ねて飲み続けるのはちょっときついかな?って感じになっちゃいました・・・

つまり、結構「味は出てる」感じですね。山廃の「菊鷹」からは想像できない・・・。


──あと黒澤9号も同時に開けてみましたが7号ほどではない感じと菊鷹のインパクトが強いのとであまり減らないという(笑) しばらくしたら黒澤三兄弟も開けようと思いますがどうでしょうかねぇ。

あやうく明日開けるところでした (笑) 。これは秋まで引っ張ります。なんかハードボイルドな (心を開いてくれず何を考えてるかわからない) 酒みたいですね。

おっ、三兄弟も勢揃いですか。なんかこっちを先に開けた方が良さそうですね。香りの弱い順を予想して開けるなら「青」→「黄」→「赤」ですかね。1800mlなので、さすがにこれは同時に開けられません (笑) 。

2017.04.18 Tue 16:29
Edit | Reply |  

Name - おみず  

Title - 菊鷹若水28by

菊鷹の白ラベルおりがらみを飲み会で開けてみました。
おりがらみなので当然微炭酸あり数値通りの甘酸バランスでバナナ香しっかり。
速醸らしいインパクトで濃いめのジューシー感でジュース飲んでる感がかなりありました。
僕の好みでは今年の上位に入る感じです。

が、3日目に香りプンプンの甘ったるいバナナジュースになって杯を重ねて飲み続けるのはちょっときついかな?って感じになっちゃいました・・・
速醸でも強い酒を期待してたので若干残念です。
2日目に飲まなかったのが悔やまれますが他の速醸と山廃にも少し期待感が出てきました。

あと黒澤9号も同時に開けてみましたが7号ほどではない感じと菊鷹のインパクトが強いのとであまり減らないという(笑)
しばらくしたら黒澤三兄弟も開けようと思いますがどうでしょうかねぇ。
2017.04.18 Tue 12:03
Edit | Reply |  

Name - ぐらふ  

Title - 3月4月で飲んだ酒からうまかったもの

最高に良かったのは、 マルマス米鶴 限定純米吟醸(青ラベル) :一杯目から 久々に頭の芯に ギュッとくる凝縮感ある旨さでした。2日目には、旨さの凝縮感は無くなりましたが 、爽やかな香と旨さは継続し 常温 ぬる燗 と温度帯を変えても 味のバランスは変わらない いいお酒でした。キレの良さもいい感じで 来年の購入は、確定です。他のスペックも買いたいものです。
次点1 米鶴 かっぱの親分:マルマス米鶴の味わいを底に感じさせつつ より飲みごたえのある辛口目のキレがあるお酒でした。
次点2 百十郎 純米吟醸 Gーmid:爽やかな香と甘さを感じさせつつ キレが良く クイクイと杯が進むお酒です。気がついたら、半分開けてました。
次点3 寝越庵 木戸泉 高温山廃 一段仕込 生酒 熟成期間 12年 : 熟成香 軽く旨酸っぱい味。キレも良く味にふくらみを感じます。

仙禽 ナチュール ドゥ 2016/06製造、黒澤 生酛 純米type7 : 今の自分には、少々甘さにクドさが感じられ リピートは、しないと思います。黒澤のtype9 は、7より軽く深みが感じられず頼りない味で 私の好みではなかったです。
米鶴は、辛口純米超しぼりたて生が、手に入ったので 開けるのが楽しみです。
2017.04.18 Tue 02:00
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To マイルドさん



毎度です。


──1周年おめでとうございます! 一日の終わりにはちゃんと見てます。

こちらこそ、いつもありがとうございます。これからも一緒にいろいろ楽しんで行きましょう──できれば旨い酒でアガって行きたい (笑) 。


──モウカンさんは豪放磊落で繊細かつ誠実なので私はちょっと潜ってました(笑) どんなに忙しくても必ずコメント返してくれますよね。

いやー、これでもだいぶ適当になったんですよ。moukan1973♀と一緒にいると神経を尖らせてることがアホらしくなることしばしばですから (笑) 。まあ、コメントのレスは文芸脳を使わないので軽い息抜きです。それより、最近は酒を一口飲んで感じれる領域が日に日に広くなってるので、そこを漏らさず書いてると記事が長くなるという・・・確か3〜4ヶ月前までは晩飯を食ったらすぐさま清書してたような気が・・・。


──こちらは桜がなかなか満開にならず、「黒澤」も 友人がゲットしたという「あの米鶴」も待機状態です。

えええーっ!? まだ満開じゃないんですか!!!
こっちは葉桜モード突入ですよ。週末に限って天気が悪かったですが。

▼西池袋公園 (4/14)
http://blog-imgs-102.fc2.com/m/o/u/moukan1972/DSCN5635.jpg


──せっかくの「☆5、☆6酒」を一瞬で空けられても困るのですが、 やっぱり「乾杯!」は極上の酒でいきたいものです。 と、思いつつも5合以上は余裕で飲めるバカが多いので警戒しながらの 花見になりそうですが(笑)

5合以上は余裕で飲めるバカ」・・・こ、これは危険・・・「黒澤」が一瞬で姿を消す予感 (笑) 。これ、原酒でALC.18度なのに信じられないくらい軽いんですよ。軽いのにジューシイでカラフルなので、もう止まらないですよ。ボーっとしてると全部飲まれちゃいますよ (笑) 。

我が家は現在「黒澤屋」状態なので、それぞれのレポートを気長にお待ちください。

最高の花見になることを祈って──。


 moukan1972♂


2017.04.16 Sun 04:20
Edit | Reply |  

Name - マイルド  

Title - 一周年おめでとうございます!

こんばんは。

って日付は変わってしまいましたが
一周年おめでとうございます!

モウカンさんは豪放磊落で繊細かつ誠実なので私はちょっと潜ってました(笑)
どんなに忙しくても必ずコメント返してくれますよね。
一日の終わりにはちゃんと見てます。


こちらは桜がなかなか満開にならず、「黒澤」も
友人がゲットしたという「あの米鶴」も待機状態です。


せっかくの「☆5、☆6酒」を一瞬で空けられても困るのですが、
やっぱり「乾杯!」は極上の酒でいきたいものです。
と、思いつつも5合以上は余裕で飲めるバカが多いので警戒しながらの
花見になりそうですが(笑)



2017.04.16 Sun 02:42
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To ぐらふさん、NTさん、サンジュリアンさん



ぐらふさん


毎度です。

僕もサクっと行ってきました。ここでは書けないこともあるので、極秘情報はアチラで (笑) 。

「智則」は単に東京や大阪などの、大都市用の「別ラベル」に過ぎないみたいですね。タンクは3つ分で、4,500本くらいあると言ってたので、ロット違いで味わいも変わりそうです。イケセイにあるヤツは僕が呑んだ27BYよりドライで苦いです。それは蔵の若いあんちゃんも言ってました。果実換算だと、去年は「リンゴ」でしたが、今年は「メロン」寄りですね。この銘柄としては「濃醇甘口」まではいってないです。むしろ今季は軽いです。

大矢孝酒造の28BYはマジで試練ですね。赤ラベルの純吟を少し飲みましたが、これはオハナシニナラナイ完成度です。とにかく薄っぺらいですね。


────────────────────────────

NTさん


毎度です。


──これまで呑んだ風の森(多分10本以上飲んでますが)の中でもっともガス感が強く、もっともソリッドで、味わいがありませんでした。2016BYは米が固いと言われているようですが、そうしたことも影響してるんでしょうか。

なんかここのところであちこちの酒屋で新規取り扱いが始まってますよね。なんとなく「獺祭化現象」を感じるんですが。。。

入社2年の若い女の子に麹を担当させたり、まあ、全員で情報やレシピを共有して誰がいなくなっても安定した酒造りをリピートできるようにすることは大事ですが、やはり、一人の才人にしか造れない世界もあると思うんですよ。僕も28BYを2〜3本は呑んでみますが、去年呑んだ「笊籬採り 露葉風70」で感じた「風の森のモノマネ」みたいなニュアンスに出会いそうで少し心配ですし、ブっちゃけ、もうこの蔵には何も期待してません。


────────────────────────────

シャンジュリアンさん


毎度です。

冩樂、問題ないみたいじゃないですか。よかったですね。

ちなみにmoukan1973♀が♡☺♡「スイスイじゃなくてクイクイだし!」と言ってました (笑) 。

「ワインの長期保管」の指南、ありがとうございました。まあ、その時が来たら必要なヴィンテージのワインを買えばいいんですよね。あらかじめ所有して日めくりカレンダーのように指折数えてその日を待つというロマンは理解できますが、20年あればいろんな事が起きますしね。子供がグレて18で家を出て音信不通になるとか (笑) 。

2017.04.15 Sat 00:47
Edit | Reply |  

Name - サンジュリアン  

Title - to アイオライトさん

毎度です。

地下セラー(8-14度)で保管してます。
物理的に直ぐ飲み切れないので暫く寝かせながら時々開けてみます。

案外一火モノは保管できそうですね〜
2017.04.14 Fri 22:06
Edit | Reply |  

Name - まったり日本酒道  

Title - To temakinoriさん

temakinoriさん

反応ありがとうございます。僕もなんか山田錦が良さそうが気がしまして(笑)。今回の山田錦のは7号酵母を使っているらしく、なんとなく多賀治には7号が合うんじゃないかと推測してます。朝日、雄町と飲んできたので気になってます。。

菊鷹もいいですよね!temakinoriさんとは気が合いそうです(笑)
2017.04.14 Fri 17:15
Edit | Reply |  

Name - アイオライト  

Title - To サンジュリアンさん

サンジュリアンさんこんにちは。
先日、地元向け銘柄の會津宮泉を半年ほど雑に寝かせたのを飲みましたが、ほどよくキレイに熟成されてたので個人的に宮泉醸造の酒は寝かせてもへたれないと思ってます。
もちろん早飲みの味を求めるなら話は別ですが、なんなら数年自家熟成させてみてはいかがでしょう。
2017.04.14 Fri 16:58
Edit | Reply |  

Name - サンジュリアン  

Title - by27 28.7出荷の写楽 純米吟醸

毎度です。

モーカンさんにもう飲めない位な代物になってるぞ〜 と脅されている写楽 駄目なら酒シャブ(酒入りシャブシャブ)に使おうと覚悟して開けました。

いや〜 全くヒネたり変色など劣化してないです。
最近飲んだムロゲン生酒達にヘキヘキして感じてた甘ポッチャリ系の酒とは違い、香り甘みキレ 中庸で良いですよ。
モーカン夫人の言うところのスイスイ飲めるけど水っぽくない佳酒、
十四代の生詰の純米吟醸程甘くはないがよく似た感じです。酸が少ないので料理に合わせて飲み続けるには疑問ですが、町田みたいに乾杯番長よりは利用価値はありそうです。あと確か7本ある筈ですが、直ぐ飲まなくても大丈夫そうで取り敢えず安心しました。
2017.04.14 Fri 14:04
Edit | Reply |  

Name - NT  

Title - To moukan1972♂さん

ご無沙汰です。風の森は、今季1本飲みましたが(スペックはっきりお覚えてないのですが、2500円くらいだったので多分、露葉風の純米生だと思います)、これまで呑んだ風の森(多分10本以上飲んでますが)の中でもっともガス感が強く、もっともソリッドで、味わいがありませんでした。16BYは米が固いと言われているようですが、そうしたことも影響してるんでしょうか。
2017.04.14 Fri 13:31
Edit | Reply |  

Name - ぐらふ  

Title - 池袋西武 酒コーナー

今回は、吉田酒造(月山 とか) と大矢孝酒造(昇龍蓬莱とか)が来てます。吉田酒造の生酒 2品は、濃醇甘口 がお好きな方にはいいかと。 智則 純米吟醸中取直汲生原酒 佐香錦は、軽いガス感があるものでした。(蔵の人は、裏月山と作りは同じと言っていたので タンク選別で外れたものかな。 でもどの裏月山なんだろ) 冷蔵庫で3かげつほど置いておけば 追熟するかもとつぶやいてました。 もう一品は、月山ラベルのもの。
大矢孝酒造の製品は、私には合わないことを再確認。QUEEENは、コクがあったけど コゲっぽい香を感じたなぁ。
2017.04.14 Fri 13:06
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To めいさん、temakinoriさん



めいさん


毎度です。

「萩の鶴」はこれで「道づれ三人衆」が確定したので、ハズレたら慰め合い、旨かったらガッツポーズで盛り上がりましょう。ただ、☆3.5ラインは個々の好みや評価が分かれるので、「旨かった!」「うそ?」「旨いよ!」「マジ?」──と、互いの嗜好の差が浮きぼりになり、微妙は空気が流れるかもしれないですが、そこも含めて楽しめれば。つうか、朧は覚悟できてんだろうな。これでハズレタンクを選んだら店の沽券に関わるぞ (笑) 。


──今日は仕事の合間に「之吟」デビューしてしまいました。

おおお。うちはそこからチャリで10分ちょいですよ。同じ通り沿いにマチダヤもありますが、之吟は月曜定休 (日曜は隔週で休みかな?) 、マチダヤは火曜定休なので月火だと少し損した気分になります。マスターが店にいたみたいですね。たまに犬の散歩で留守にするので、会えない時もあります (笑) 。


──やはりご主人も「あの米鶴は…」と仰ってましたね。近い内に矢崎杜氏がお店へ来られるそうです。 どちらかの蔵元がいらっしゃっていて、ご主人は「旨くなる前に出荷してる酒が多すぎない?」と苦言を呈しておられました。

僕が買いに行った時は犬の散歩で店を留守にしてたんですよ。いればサンプル瓶を試飲できたんですが、まあ、すでに祭りの流れができていたので、どのみち買ってはいたと思いますが、今回の純吟はクワナリどーでもいい酒でしたね。


──「佐久の花 山廃純米 無濾過生原酒(美山錦)」と「杉勇 生もと山卸原酒 特別純米(出羽燦々)」(長い!)を買ってみました。しばらくは「生もと」と「山廃」を中心に飲んで行ってみようと考えています。 これが28BYに享受しうる幸せなのだと信じつつ。

「佐久の花」も山廃ありましたか。之吟だと「竹雀」の山廃あたりは年中入ってきますね。「雄町50生」は出来が良ければ最高ですよ。うちの冷蔵庫も「黒澤」が7本あるので、徐々に非速醸の酒の占拠率が上がってきました。昨日も面白そうな生酛をネットで注文しました。

28BYは一緒に宝を当てに行きましょう!!!


──────────────────────────────

temakinoriさん


毎度です。

黒澤レポートありがとうございます。買ったの「青」だったんですね。ちなみにそこの店には「全色」は入荷しないようです。蔵元に確認しました。黒澤自体は「鈴傳」でも扱いがあるようですが、直汲みは入らないそうです。あと、どうやら「YSP」というのは、この生原酒を元にした「火入れの季節商品」のようです。つまり、今回リリースされた直汲み三兄弟は「YSP」の原材料という位置付けのようです。


──なんか前情報から香る系なのかと思っていましたがこれは全然。

一説によると「青=14号酵母」らしいので、他の2つよりは香らないかもしれませんが、元々そういう銘柄でもなさそうですし、結局は造りの問題なんでしょうね。


──・薄いわけではないのになんか軽い
──・洗練された大人の風の森


この軽さこそ生酛流儀だと思います。速醸よりアミノ酸度が低いんだと思います。雑味がないというか、イイ意味で「削げてる」感じです。表面はカラフルだけど、中は軽いという、不思議な立体感です。山廃的なカロリーオフ感とも少し違いますね。酸によるプレス感も優しく柔らかです。

「風の森」の28BYはまだちゃんと呑んでないですが、「愛山80」とかどうなんですかね。去年はギャグみたいに酸っぱかったですが、それなりに力強さはあったんですよね。今季はライトでポップになってそうで手が伸びません──他に買うべき酒が多すぎるという問題もありますが。


──・type7を飲んでみたかったと後悔
──・もうちょっと味が出てもいい


これから6種類の「黒澤」を飲んで行きますが、そこで「Type-7」のランクが決まります。さんざ飲んでこれが1位だったら泣いてください (笑) ──ある意味、僕も泣けますが。でも、この銘柄と7号系の相性は抜群だと思うんですよね。「風の森」も7号系ですし、「残草蓬莱」も7号系ですしね。あのシャキっとしたキラメキを表現するのに適した酵母なんですよ。一歩間違えると「セメダイン大盛り」になりますけど。

あと、僕は3ヶ月寝てる状態のType-7を飲みましたが、真の飲み頃はまだまだ先ですね。「もうちょっと味が出てもいい」というのは、早飲みによる味幅の狭さだと思います。


──あー、やっぱり日本酒うまい。うまいですね。ほんと。

酷いモノは酷いですけどね (笑) 。


2017.04.14 Fri 12:19
Edit | Reply |  

Name - temakinori  

Title - KUROSAWA

こんばんはー。
新年度入ったら入ったで飲み会ラッシュ。
この前同じメンツで年度末に打ち上げしたばっかりですよね?とブツブツ。

そんなこんなでようやく黒澤、YSP青飲んでます。

ちなみに橘屋は不思議な軽さがありましたが特別アガるわけではなく普通に美味しかったです。なんかカチッとした渋み?ネリネリ感がありましたね。

で、黒澤YSP青のほうです。
なんか前情報から香る系なのかと思っていましたがこれは全然。モウカンさん買われているようですし、僕ごときがブツブツだらだらと感想を述べて仕方ないのでサマリ版で。

・好きなタイプです、というか僕の王道
・薄いわけではないのになんか軽い
・洗練された大人の風の森
・タカオマ27BYはこれをもっと朴訥として雑味がある田舎風でしたが、それ以前にそもそも液体の質量が違うので比べていいものなのか分からない(そういう意味では風の森も)
・type7を飲んでみたかったと後悔
・もうちょっと味が出てもいい

以上です。
んー、また御徒町行って違うラインも飲んでみたいです。笑

あー、やっぱり日本酒うまい。
うまいですね。ほんと。

>まったり日本酒道さん
あ、タカヤマ(多賀治山田錦)今週末探してみるつもりです!タカジウォッチャーですから。なんか28BYはタカヤマのほうが良い予感がするんですよね、根拠レスですけどそもそもタカオマよりシュッとしてるので今期の傾向にハマるかなぁと。
ちなみに、菊鷹。僕の購入候補なんです。照
2017.04.13 Thu 22:55
Edit | Reply |  

Name - めい  

Title - To WOOFさん モウカンさん

WOOFさん、初めまして。

萩の鶴楽しみですね!朧酒店が良い仕事をするのを祈っています。

四合瓶入れ替え保存の肝はその後の保存温度なんですね!家庭用冷蔵庫の+5℃とかだと熟成しちゃうんですかね。やっぱりレマコム買わなくちゃですか… モウカンさんの割り切り方も潔いと思います。次々飲みたいお酒もあるしで、これもありかなあと思っています。

今日は仕事の合間に「之吟」デビューしてしまいました。

やはりご主人も「あの米鶴は…」と仰ってましたね。近い内に矢崎杜氏がお店へ来られるそうです。
どちらかの蔵元がいらっしゃっていて、ご主人は「旨くなる前に出荷してる酒が多すぎない?」と苦言を呈しておられました。

見たことがない銘柄が多く、目移りしましたが、ご主人のお声がかかった「佐久の花 山廃純米 無濾過生原酒(美山錦)」と「杉勇 生もと山卸原酒 特別純米(出羽燦々)」(長い!)を買ってみました。飲むのは少し先になりそうですが。

しばらくは「生もと」と「山廃」を中心に飲んで行ってみようと考えています。

これが28BYに享受しうる幸せなのだと信じつつ。
2017.04.13 Thu 21:08
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To まったり日本酒道さん、WOOFさん



まったり日本酒道さん

毎度です。

さっそくの「クリスタル情報」ありがとうございます (笑) 。

何度か記事やコメントで触れてますが、実は「竹雀 山廃純米吟醸 雄町50 生 26BY」こそ、僕が「山廃生」の不思議な世界にハマるキッカケになった酒であり、一連の「カロリーオフ説」を確信したのも「菊鷹 雄飛 26BY」なので、今回のタレコミはこれを後押しする素晴らしいアシストでございます。たぶん「菊鷹」は加水でALC.15に調整してるはずなので、それも軽さの一因かと思います。

「竹雀」は近所の酒屋で扱ってるので、今季もぼちぼちエントリーしようと思ってます。去年に飲んだ「山廃純米吟醸 雄町50 生」は軽く老ねてたので、マトモなヤツを久々に呑みたいんですよね。26BYの思い出は「シャキシャキでクリアなリンゴ」ですね。


──この後に速醸の酒を飲みましたが、味幅にしまりがなく感じてしまいました。山廃生、もしかしたら、他の酒が飲めなくなるやばいやつかもしれません(笑)。

速醸の魅力は「リアルな (実体感のある) 果実味」の再現力だと最近は思ってるんですが、少しでもバランスが崩れると「苦い」だの「渋い」だの「水っぽい」だのと、マイナス方向の印象ばかりが強調される弱点がありますね。その点、アミノ酸度の低いカロリーオフ系のモダン山廃は、リアルな果実感には乏しいですが、クリアでライトな液性で嚥下におけるスムースネスを約束するので、ストレスなくスイスイ飲めるという長所はあると思います。「黒澤」なんかの生酛だと、もう少し旨みに立体感が出ますが、それでも口どけにおける軽さは速醸とは異次元です。


────────────────────────────

WOOFさん


毎度です。

「米鶴 超しぼりたて生」の不完全燃焼をこれで一緒に取り返そう (笑) !!!


2017.04.13 Thu 13:03
Edit | Reply |  

Name - WOOF  

Title - 

こんにちは。

めいさん
萩の鶴 朧限定品の情報ありがとうございます。
僕も便乗します(^ ^)
去年の夕涼み猫が好きだったので、こんな情報を頂いてしまい、ストックがレムコムから溢れかけているのに欲しくなっちゃいました(笑)
この後店が開いたら電話しようかと思います。
旨いとみんなハッピーですね!!

さて、1升瓶の管理についてですが、僕は1升瓶を開ける時には、煮沸消毒した4号瓶を2本用意しておき、それらにすり切りいっぱいまで入れて栓をギュッとして、レマコムに突っ込んでいます。
残りの2号はその日のうちに飲みます。
レマコムは-5°C〜-8°C位にしてあります。
数ヶ月経ってからその4号瓶を開けても、劣化とか生ヒネとかは感じません。
が、初日に飲んだ2号と味が違うなというのは頻繁に感じています。
そして大体は、初日よりも移し替えた4号瓶の方が角が取れた感じがして若干旨く感じています。
本当は、4号瓶のみを買って評価した方が皆さんと同じ土俵なのかもしれませんが、moukanさんも言っているように、1升でしか買えない銘柄もあるので仕方なくこうしている部分もあります。
最近は、4号瓶の1本はレマコム、もう1本は普通の冷蔵庫に入れて経過観察しようとしていますが、結果が出るのはもう少し先になりそうです。
2017.04.13 Thu 10:05
Edit | Reply |  

Name - まったり日本酒道  

Title - 早速来ましたよ!!

今日飲んだ竹雀が、ちょっとクリスタル感を出してましたよ!
でも、おりがらみなので、実体感のあるクリスタル感でした(実体感があるとクリスタルにならないかも 笑)。うーん、控えめに言うと、クリスタル感のかけらを探せる感じです。米鶴よりクリスタルなわけではないです。

おりがらみなので、軽さは米鶴のが上ですが、速醸よりは断然軽いです。
軽さ
米鶴 山廃 > 竹雀 >> 速醸の酒

一升瓶の残り2合というのもあるかもしれませんが、甘みはけっこう出てましたね。米鶴ほどの軽さとジューシーさの絶妙感はなく、ジューシーさに振り幅を持っていった感じです。クリスタル感を探すのであれば、おりがらみじゃないスペックを買ったほうが良さそうです。

竹雀 槽搾り 山廃純米 おりがらみ 28BY
山田錦 30%
五百万石 70%
アルコール分 17-18
酵母 7号
日本酒度 +5
酸度 1.8
製造年月 2017. 02
ラベルは赤いスズメ。赤い肩ラベルで「山廃おりがらみ生 28BY」

この後に速醸の酒を飲みましたが、味幅にしまりがなく感じてしまいました。山廃生、もしかしたら、他の酒が飲めなくなるやばいやつかもしれません(笑)。

竹雀、今までそんなに飲んできたわけではないですけど、これだ!っていう酒に出会えてなかったんですよね。これで僕の注目銘柄の仲間入りを果たしました(笑)。

竹雀を飲んできた印象としては独特の苦味感があるんですよね。それが苦手だったのですが、これも最後にちょっと感じますが、気にならないレベルでした。

モウカンさんと同じ土俵に立つのであれば、家飲み用に買い直してからお勧めすべきなので、これはお勧めではなく、情報提供ということにしてください。

買いたい酒がいっぱいあって困ってるんですよ。。津島屋も出荷に追いついてないし、菊鷹の雌伏(シフク)も良かったんで家で飲み直してみたいし、竹雀もいいし、最近、堀一で多賀治の山田錦 直汲みが出たらしいし(temakinoriさん多賀治飲んだら、情報提供、雄町しております 笑)。僕の中では山廃つながりで菊鷹が一番気になってます。何買うか悩むのも楽しいので悩んで決めます。

菊鷹の雌伏は、米鶴とはタイプが違って、軽さ+ミネラリー+ジューシーな酒です。僕はミネラル感のある酒がけっこう好きなので、これは好みでした。

めいさんも山廃生をお探しであれば、竹雀と菊鷹をご検討されてみてください!あ、これらも一升瓶しかないかも。。
2017.04.13 Thu 01:18
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To めいさん



毎度です。

このたびは魅惑的な情報ありがとうございました (笑) 。


──「萩の鶴 純吟 直汲 朧酒店選抜タンク」のご採用ありがとうございます。情報提供者としてちょっと緊張しております。

お互い恨みっこナシで楽しく当たって行きましょう!!!
別に死ぬわけでもなし、ドンと来いです。


──朧酒店では「桜猫ラベル」が昨年の2倍の売れ行き(by看板娘)で今年の出来に自信を深めているようです。同じ美山錦50%なので桜猫とのプチ味クラーヴェになるんでしょうか。

桜猫は土曜に開けまーす。27BYはガスがなく、アフターにしっかりドスンとしたキレ上がりもあったので──力強く辛い──、僕の中では風鈴猫の夏ヴァージョンの方が軽くて旨かったんですが、28BYは去年の「別撰」と数値が似てたので、誘惑に負けました (笑) 。

朧選抜は店のセンス (力量) を見定めるイイ機会だと思ってます。いずれにせよ、めいさんから得たのは初動の情報だけで、決断したのは僕なりの興味ゆえなので、あまり緊張せずに、一緒に楽しんで行きましょう!


──米鶴に魅せられてしまい、仕事の合間にも「山廃生」をネットで検索してしまう始末ですが、あの味わいがそう簡単に見つかるとも思えず難儀しております。

いいですねえ。我々夫婦だけでは飲める種類も限られますので、いろんな人を巻き込んで「The Best Of 山廃生 28BY」を極めて行きましょう。生酛の生酒もなかなか面白いので、まずは「黒澤制覇」を通じて有益な情報を読者のみんなにお届けしたいと思っています。「大倉」もタイミングが合えば買いたいと思ってます。


──話は変わりますが、一升瓶が呑みきれない時に四合瓶に移し替えるというのがあまり有効でないことが分かってきました。何度か酒質の異なるお酒で試したのですが、劣化を遅らせている気がしません。良い方法があれば良いんですがね…

難しいところですね。生か生詰 (一回火入れ) かでも変わりますし、銘柄やスペックでも影響の出方は変わりますし。移し替える最中に下手に空気に触れるより、一升瓶の中で徐々に減らしていった方が劣化が少ないケースもありますが、ほんとcase-by-caseですよね。一升瓶の場合、残りが3合を切るまではそこそこイケる場合もありますが、それも酒次第です。

以前もコメ欄で書きましたが、値段は720mlの倍なんだし、「8合を飲めば残りの2合は捨ててもいい」くらいの気構えでいいんじゃないですかね。現実問題、1800mlでしか買えない酒もありますし、そこの縛りで傑作を見過ごすことほど馬鹿らしいことはないですよ。ま、ハズすと被害はデカイですが (笑) 。


──職場から近いので、朧酒店にはこれからもちょくちょく顔を出してお話を聞いてきますね。

ヨロシクです。この店、なにげに「萩の鶴」が手厚いんですよね。他の店ではあまり見かけない「無印の純米吟醸 美山錦50 火入れ」なんかも置いてありますし、日輪田のフラッグシップ「純米大吟醸 雄町45」も都内ではほとんど見かけないですしね。

何かあれば、また気軽にタレコミください。


2017.04.13 Thu 01:17
Edit | Reply |  

Name - めい  

Title - ご採用恐縮です

おばんです。
 「萩の鶴 純吟 直汲 朧酒店選抜タンク」のご採用ありがとうございます。情報提供者としてちょっと緊張しております。

 ただ、「旨いから呑んで」と言ったのではなく、「萩の鶴」「朧酒店選抜」「限定直汲生原酒」だからという言い訳があるので、そこまででもないかもです(笑)。朧酒店では「桜猫ラベル」が昨年の2倍の売れ行き(by看板娘)で今年の出来に自信を深めているようです。同じ美山錦50%なので桜猫とのプチ味クラーヴェになるんでしょうか。

 我が家は一馬力なので四合瓶を2本予約しました(行ったついでに澤の春Beau Michelleも導入)。

 米鶴に魅せられてしまい、仕事の合間にも「山廃生」をネットで検索してしまう始末ですが、あの味わいがそう簡単に見つかるとも思えず難儀しております。米鶴が☆6とすると、大倉は☆4がせいぜいなのかなあ… 27BYよりは甘さが控え目な分、かえってバランスが取れているような気がしますので、同梱候補にでもなればご感想をお聞かせください。

 話は変わりますが、一升瓶が呑みきれない時に四合瓶に移し替えるというのがあまり有効でないことが分かってきました。何度か酒質の異なるお酒で試したのですが、劣化を遅らせている気がしません。良い方法があれば良いんですがね…
 やはり一馬力には四合瓶のチョイスしかないように思います。ただ選択肢を狭めると米鶴は買えなかったわけで、悩ましいところです。

 職場から近いので、朧酒店にはこれからもちょくちょく顔を出してお話を聞いてきますね。

 ではでは!
2017.04.12 Wed 23:54
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To しんしんさん

──去年の写楽純米一回火入れでした。

「火入れの純吟」同様、これは通年商品なので、年に5〜6回以上は異なるロット (仕込み) でリリースされますね。当然、僕の言う「一番旨い時の冩樂」には相当しませんので、28BYは是非一緒に「なごしざけ」でも呑んでいきましょう──ハズレる可能性もありますが (笑) 。

僕が☆5以上を付けた酒を呑んでそれより旨いモノがあればいつでも御連絡ください。

2017.04.11 Tue 22:41
Edit | Reply |  

Name - しんしん  

Title - 

去年の写楽純米一回火入れでした。それとガス感の件ですが、確かにちぐはぐでゴールの見えないシュワシュワ系の日本酒もあったのを思い出しました。丁寧にコメントしていただきありがとうございました。
2017.04.11 Tue 17:23
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To しんしんさん



毎度です。


──えーと自分は写楽は飲んでてちょっとうるさく感じたので、、自分は一歩己が上です。が、好みの問題が有るかと(*_*)

いいですねえ! そういうアプローチは! 買いますか〜。ちなみに「うるさい冩樂」がいつの何の酒か覚えてますか?


──自分は、シュワシュワの日本酒、ガス感があると2割位旨く感じるんですが、モウカンさんはどうですか?

好きですよ、ガス。ただ、ガスのある酒は「騙し」に気づくとアラの多い酒も多いので、ガスがあろうとなかろうと、結局は「その酒の出来」次第だとは思いますね。ガスがあっても「元気のないガス」もありますし、ガスが微量でも「元気のあるガス」もあります。なので、ガスはあった方がいいとは言えますが、逆に酒の弱さを露呈するケースもあるということです──元気のないガスなら、逆にない方がアラは見えにくい。

そう考えると、僕の場合、「ガス感があると2割位旨く感じる」──これはないです。女性の髪型やメイクもそうですが、最終的には「似合ってるか (相応しいバランスか) 」が重要であって、髪型やメイクそのものに意味も価値もないというのが僕の思考回路であり、このブログの基本的な論調です。


2017.04.11 Tue 17:02
Edit | Reply |  

Name - しんしん  

Title - 

えーと自分は写楽は飲んでてちょっとうるさく感じたので、、自分は一歩己が上です。が、好みの問題が有るかと(*_*) あとちょっと気になるんですが、自分は、シュワシュワの日本酒、ガス感があると2割位旨く感じるんですが、モウカンさんはどうですか?ガス感の無い酒を薦めていてナンですが。
2017.04.11 Tue 16:52
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To しんしんさん



毎度です。


── 一歩己の純米無濾過生原酒28.11 ロット飲みました。アルコール感のほぼ感じないまろやか葡萄旨味酒と言う感じ?自分は美味しいと感じたものがモウカンさんはどう感じるのかと思いコメントさせていたただきました。酒屋さんにあったら一歩己うまいって言う奴いたなくらいに、思って下さい。

レポートありがとうございます。
「葡萄旨味酒」ということであれば、同じ福島の、たとえば一番旨い時の「冩樂」──雄町生、なごしざけ、純米 初しぼり生──より上ですか? これより旨いなら買いたいです。

2017.04.11 Tue 16:00
Edit | Reply |  

Name - しんしん (moukan1972♂による転載)  

Title - 一歩己 純米無濾過生原酒

モウカンさん一歩己の純米無濾過生原酒28.11 ロット飲みました。アルコール感のほぼ感じないまろやか葡萄旨味酒と言う感じ?自分は美味しいと感じたものがモウカンさんはどう感じるのかと思いコメントさせていたただきました。酒屋さんにあったら一歩己うまいって言う奴いたなくらいに、思って下さい。(^^;
2017.04.11 Tue 15:53
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To めいさん



毎度です!


──今宵も米鶴を飲んでうっとりしております。

そういうことを言われると飲みたくなる──GA!──秋までは我慢我慢・・・。


──今日、朧酒店@新橋に寄ったところ、「萩の鶴 純米吟醸 直汲 生原酒 朧酒店限定酒」の予約を取っていましたので申し込んでみました。 火入の夏酒である夕涼み猫ラベル(風鈴が描いてある)用のタンクのうち、朧酒店が指定したタンクから火入れ前の生原酒を直汲で詰めるそうです。

おおお。これは購買意欲をそそられる商品ですね。春の生原酒とどう違うんですかねえ。ま、加水火入れの通常Verも軽くて好きなんですけどね。でも、これは買ってしまいそう (笑) 。

貴重なタレコミありがとうございました!

2017.04.11 Tue 02:19
Edit | Reply |  

Name - めい  

Title - 萩の鶴 限定酒

おばんです。

今宵も米鶴を飲んでうっとりしております。

今日、朧酒店@新橋に寄ったところ、「萩の鶴 純米吟醸 直汲 生原酒 朧酒店限定酒」の予約を取っていましたので申し込んでみました。
http://www.oborosaketen.com/theme.php?id=714
(もう予約したから公表しても怖くない)

火入の夏酒である夕涼み猫ラベル(風鈴が描いてある)用のタンクのうち、朧酒店が指定したタンクから火入れ前の生原酒を直汲で詰めるそうです。

4/19から受け取れるのですが、一週間以内ならお店に置いておいてもらえるとのこと。

たまには新橋方面へお越しになるのも一興かと。

ご参考まで♪
2017.04.10 Mon 22:17
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To めいさん



毎度です。

せっかくなので「米鶴」の記事に転載して、そちらでレスしますね。

http://moukan1972.blog.fc2.com/blog-entry-737.html#comment1636


美味しく飲めたようで何よりです。
これ、飲めちゃうんですよね〜。
2017.04.09 Sun 22:01
Edit | Reply |  

Name - めい  

Title - アフター米鶴

おばんです。

先ほど、米鶴を開けました。

いやー、美味しかった…これがもう買えないとは…

大倉も美味しかったんですが、米鶴の減り方は尋常じゃないですね。3割は余計に飲んじゃいますね。優しくて軽いし旨いし、何にでも合う傑作ですね。これがいつも買えるようになるとアル中になりそうです(笑)。

四合瓶2本に取り分けて、残りを飲んだんですが、30分でなくなっちゃいました…
この2本は瓶の口スレスレまで入れて、酸素の影響は少なくしたつもりですが、それでも通常よりは熟成が進みそうなので、これはこれでかえって楽しみです。

この体験をした後に大倉をどう感じるか自分でも気になるんですが、今飲んでもちゃんと評価できる気がしないので止めておきます。ふっと浮かんだのど越しのスムーズさのイメージは、米鶴はジュース、大倉はゼリーくらいの違いがありますね。

米鶴の経験者として、これから旨いと感じるお酒のハードルは確実に上がりました。

ナンテコトシヤガッタンダ(笑)
2017.04.09 Sun 20:36
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To おみずさん、めいさん



おみずさん


毎度です。

レスが遅くなり、申し訳ありません──昨日は飲みすぎました。。。


──クラシック仙禽ですが飲む順番が悪かったのと飲みすぎでちょっと解りずらかったです。 最初に飲んでたら多分違った感じだったような・・・すいません。 朝吐き出しテイスティングしてみましたがモウカンさんの言う麗しの水成分はあると思われます。

まあ、確かに薄いっちゃ薄いんですよね、コレ (笑) 。「薄い」というか「エキス感」に寄り添わないと「基本、麗しの水」ですしね。26BY以来呑んでないので今のクラシック仙禽がどんな味になってるのかわかりませんが、きっと昔より更に薄いんでしょうね。

28BYは「モダン仙禽 山田錦」が出ないような気配ですね。最近出た「無垢」のクラシック仙禽が去年までの「山田錦」と同じラベルカラーなんですよね。今季から無垢の麹米が山田錦にアップグレードされたので、それで「山田錦単独」の商品が減ったのかもしれません。人が久々にクラシック仙禽を「山田錦」で買おうと思ってたらこれですよ。つくづく薄井の野郎とは息が合いません (笑) 。


──仙禽らしからぬバナナ香?(あれ?今までこんなのあんまり感じたことないぞ?みたいな感じ)で結構攻めてる感あるような? クラシックシリーズ自体実は初めてだったので比較は速醸か昔の山廃とかになりますが。 すごく綺麗な造りだと思います。最初に甘味、次に酸がきっちりきてます。

仙禽らしからぬバナナ香」──これ、27BYの「山田錦35=仙禽一聲」にもありましたね。この少しくぐもったようなバナナ、あまり好きじゃないんですよね。

ま、上質なテーブルワインみたいな路線じゃないですかね。わりと酒単体で飲むよりも「食中酒」を意識した設計だとは思います。あとは「軽さ」がテーマだとは思いますが、今となっては他の銘柄の山廃や生酛があるので、ますます存在意義が薄れてるような気も。ま、薄井の野郎は少しナルシスティックな面があるので (笑) 、あまり自分の方ばかり向いてると知らない間に取り残されますよ。僕も「今の仙禽」なら「黒澤」で十分です。


──飲んでた人みんな黒澤の後だったので水っぽいって感想ばかりでした(笑) この軽さ?を狙ってやってるんなら良酒ではないかなと思いました。

まあ、モダン仙禽も今季はますます甘軽いようなので、クラシック仙禽もますます「水に磨きがかかってる」んでしょうね (笑) 。造り手というのは、どうしても経験を重ねるうちに「透明感」という魔圏に取り込まれるんですよ──それがCOOOOL!!!と思ってしまう誘惑に駆られるというか。

さーて困った。山田錦のラインナップが減ってるようなので、28BYの初エントリー候補を練り直さないとです。。


────────────────────────────

めいさん


毎度です。レスが遅れました。


── 昨日よりは甘味が出てきましたが、マスカットの立ち香。初日と変わらず含み香は桐箪笥。 室温に近づくとわずかにあった渋味が消えて、赤い果実感と心地よい穀物感でクイクイ飲んじゃいます。

なかなか良さげですね。我々もイケそうなクセの範疇だと思います。草っぽいタッチはむしろ得意なので。


──これが空いたら米鶴 山廃を開けて、比べてみようと思います。

「大倉」の感想を読んでいると、これに比べて「米鶴」は透明感が尋常じゃないと思いますので、比較する上では面白いと思います。スイスイ飲めるので飲みすぎ注意です (笑) 。



2017.04.09 Sun 12:52
Edit | Reply |  

Name - めい  

Title - 大倉 二日目

おばんです。

今日は昼から何度かに分けて(笑)大倉の二日目を堪能しています。

昨日よりは甘味が出てきましたが、マスカットの立ち香。初日と変わらず含み香は桐箪笥。

室温に近づくとわずかにあった渋味が消えて、赤い果実感と心地よい穀物感でクイクイ飲んじゃいます。

もう一本買っといて良かった!

これが空いたら米鶴 山廃を開けて、比べてみようと思います。
2017.04.08 Sat 21:46
Edit | Reply |  

Name - おみず  

Title - クラシック仙禽

モウカンさんへ

クラシック仙禽ですが飲む順番が悪かったのと飲みすぎでちょっと解りずらかったです。
最初に飲んでたら多分違った感じだったような・・・すいません。
朝吐き出しテイスティングしてみましたがモウカンさんの言う麗しの水成分はあると思われます。

仙禽らしからぬバナナ香?(あれ?今までこんなのあんまり感じたことないぞ?みたいな感じ)で結構攻めてる感あるような?
クラシックシリーズ自体実は初めてだったので比較は速醸か昔の山廃とかになりますが。
すごく綺麗な造りだと思います。最初に甘味、次に酸がきっちりきてます。
赤とんぼとかの造りの延長線で飲みやすい低アルと言えば正しいのか・・・
飲んでた人みんな黒澤の後だったので水っぽいって感想ばかりでした(笑)
この軽さ?を狙ってやってるんなら良酒ではないかなと思いました。
二日目ちゃんと飲んでみます!
2017.04.08 Sat 09:11
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To めいさん、おみずさん



めいさん


毎度です。レポートありがとうございます。


──先ほど、「大倉 山廃純米大吟醸 雄山錦 無濾過生原酒 直汲」を開けました。 今日は味見程度しか飲みませんでしたが、これは良いかも知れません。

この静かな立ち上がりが「つづきがありそうで」いいですね (笑) 。


──冷蔵庫から出し立ての温度ですと、ちょっと堅くてやや埃っぽいニュアンスでした。

ホコリ (笑) !!!
これはもしや僕が「おばあちゃん家の桐箪笥」と表現しているニュアンスでしょうか。布っぽいというか、土っぽいというか、砂の粉塵というか──わかりますよ〜。


──それから数分経って温度も15度くらいに上がってきますと、柔らかな味わいが出てきてとてもスムースな嚥下です。品の良い和食をいただいている風情でした。 雑味は感じられず、軽くて穏やかです。酸がキラキラ明るい「日輪田 山廃雄町生」とは表現が違って、大倉はバランスが取れている和風美人でした。

雑味は感じられず、軽くて穏やか」──ここ重要です! せっかくイマドキの「山廃」を飲むのに、わざわざ重くて濃い酒なんか要らないんですよ。濃い酒が飲みたければ「幻舞」を買ってりゃいいというか (笑) 。ちょっと気にしておきます。マチダヤに入ってたかなー。「大倉」は1800mlだけのような気も。鈴傳に行くかー。「百春」も買えるし (笑) 。


────────────────────────────

おみずさん


毎度です。レポートありがとうございます。


──而今の凡庸さと仙禽の水っぽさが際立ちましたねぇ。 而今はアレとして仙禽もクラシックシリーズは原酒ですがアルコール度数程度に薄まった感じかな?と思いました。やっぱり黒澤が頭抜けてますね。 YSPにも期待できます(笑)

「而今 千本錦」は山田錦や酒未来などの「牛乳お花畑」よりはマシですけど、まあ☆4がせいぜいですね。女子ウケのいいオコチャマ吟醸という感じです。悪くはないし、部分的に光る要素はありますけどね。「クラシック仙禽」は僕の中でも元々「麗しの水」ジャンルですけどね (笑) 。これの生があったら面白そうなんですけど、頑なに火入れです。

「黒澤」のYSP (3月出荷の生原酒) は全部で3種類 (青・赤・黄) あることを蔵元にメールして確認しました。さっそく1800mlで全てオーダーしました。表向きは「酵母:非公開」ですが、青=1401号、赤=1801号、黄=アルプス酵母というタレコミも入ってます。先の直汲みに比べると「香り系」のような気もしますが、さて、出来はどうでしょうかね。


──でもこっち系だと菊鷹の山廃本醸造26byも負けないぐらい旨味の凝縮感と熟味があって良かったです。

僕の中で「黒澤」は「奇跡の軽さ」が魅力なので、「菊鷹」の26BYの方が液性としての豊かさはありそうですね。ますます飲みたくなりました。


──あと、めいさんの飲んだ大倉も買うつもりですが過去の大倉の造りもこちら寄りだと思うので期待できるかな、と(笑)

おっと、静かなる「非速醸クラブ」が結成されつつありますね (笑) 。速醸は速醸でリアルな果実感だったり、実体的な味幅だったり、これでしか出せない魅力もあるんですが、どうにも苦かったり渋かったり水っぽかったりと、ハズレた時の破壊力もまた凄まじいんですよね。

「篠峯」の28BYは厳しいモノがありますが、1本くらいは☆4.5を引き当てて読者さんにイイ思いをして欲しいです。そのうち720mlを7〜8本くらいまとめて買います。


2017.04.08 Sat 01:44
Edit | Reply |  

Name - おみず  

Title - 黒澤7

而今千本、黒澤7号、クラシック仙禽亀ノ尾開けてみました。
而今の凡庸さと仙禽の水っぽさが際立ちましたねぇ。
而今はアレとして仙禽もクラシックシリーズは原酒ですがアルコール度数程度に薄まった感じかな?と思いました。
やっぱり黒澤が頭抜けてますね。
YSPにも期待できます(笑)

でもこっち系だと菊鷹の山廃本醸造26byも負けないぐらい旨味の凝縮感と熟味があって良かったです。
あと、めいさんの飲んだ大倉も買うつもりですが過去の大倉の造りもこちら寄りだと思うので期待できるかな、と(笑)

ちなみに篠峯の田圃白ラベルは3日目に完全にダメになりました(´・ω・)
2017.04.08 Sat 00:39
Edit | Reply |  

Name - めい  

Title - 大倉いいかもです

こんばんは。

先ほど、「大倉 山廃純米大吟醸 雄山錦 無濾過生原酒 直汲」を開けました。
今日は味見程度しか飲みませんでしたが、これは良いかも知れません。

冷蔵庫から出し立ての温度ですと、ちょっと堅くてやや埃っぽいニュアンスでした。それから数分経って温度も15度くらいに上がってきますと、柔らかな味わいが出てきてとてもスムースな嚥下です。品の良い和食をいただいている風情でした。
雑味は感じられず、軽くて穏やかです。酸がキラキラ明るい「日輪田 山廃雄町生」とは表現が違って、大倉はバランスが取れている和風美人でした。

これは掘り出し物のような気がします。明日以降も楽しみです。
2017.04.08 Sat 00:02
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To temakinoriさん



毎度です。

貴重な昼休みにスミマセン (笑) 。
「直汲み 純米」へのレスはネタバレが多く含まれるので、記事をUPしたらここに追記します──もしくは本篇に転載した上でレスします。


──あ、山形正宗酒未来探してみます!ありがとうございます!買えそうな予感。 買えたら劣化前の初日に飲みきらないといけませんね。笑

初日の感じはイイですねえ。クイクイ呑めます。軽くてシルキーで、しかし芯の強さもあって丸ぁ〜るく甘いです。露骨な果実感はないですが、単調なわけでもないですね。


──あれ、モウカンさんの言うとおり相当いい感じになる気がするんですよねぇ。何ていうか、この子化粧したら相当化けるだろうなというポテンシャルの高さというか。

今のままでもイイ感じですけど、苦み要素に粉雪のような白銀の纏い感が出てくると美しいんですけどね。少し酸が足りてないのが気になりますが、ドライ派なら買って損のない酒だと思います。現時点では山口9Eより完成度は上ですね。

そうそう、黒澤ですが、YSP (3月出荷分の直汲み) には「ピンク (赤) 、水色 (青) 、薄黄色」の3種類があるみたいです。28BYの直汲み系は全部で5種類のようです。


2017.04.06 Thu 22:55
Edit | Reply |  

Name - temakinori  

Title - おっと

こんにちはー。@昼休みです

あれぇ、長陽福娘の山田錦純米直汲みダメでしたか…。orz
確かに純米は購入後すぐに飲んでもしっかり味のりしていましたが、甘味耐性のない僕でも許容できる程度のものでしたし、僕的には日誌係さんの同銘柄28BYの記事にに近い感想&好印象だったのでちょっとアタフタしています。。。笑
(当然僕にはそんな表現力はないので、読んでそうそうと思っただけですけど。笑)
http://osakasj.blog.fc2.com/blog-entry-1598.html

少し時期があいたので開栓時期の問題?とかでもあるんですかね?
確かに酸はあまり感じませんでしたが、甘テロ苦というよりは、絶妙なバランスでほどけるような口どけと余韻が特徴的だった記憶があるので。んーどうしてでしょう。(当時から多少苦味はありました)

嗜好品としての絶対評価ではそんな悪いイメージはなかったので、ちょっと本編レポをお待ちしてます!(過去の同銘柄や酸基準での相対評価だったらわかるのですが、そういうわけでも無さそうですし…)

あ、山形正宗酒未来探してみます!ありがとうございます!買えそうな予感。
買えたら劣化前の初日に飲みきらないといけませんね。笑

先日黒澤買ったところで長陽福娘雄町直汲みを見かけたので、寝かす用に買おうか悩み中です。
あれ、モウカンさんの言うとおり相当いい感じになる気がするんですよねぇ。何ていうか、この子化粧したら相当化けるだろうなというポテンシャルの高さというか。

そうこうしていたらいつの間にか昼の時間を超えていました。笑 まずい。。。
2017.04.06 Thu 14:07
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To サンジュリアンさん

毎度です。

山形未来はちょっと衝撃的な劣化でしたね。ここまでの瞬間劣化は記憶にないですね。木香ファイヤー凄まじです。初日はシルキーで軽やかだったんですけどね。「而今 山田錦生」も分単位で劣化していきましたけど、あれは別に最初から旨くないですから (笑) 。


──確かに娘の純米、私が今飲んだら甘過ぎてオエとなるでしょうね。 甘さに対する耐性が凄く低くなってます。

利き酒スタイルで吐き出していいので、土曜にうちに来たら確認して下さい。結構イヤな苦みありますよ。昨日は昼間からいろんな酒を飲み散らかしてましたので、そういう流れもあるかもしれませんが、今夜真相が判明します。たぶん、ここからの巻き返しはないと思いますが、一応、今夜じっくり2日目を飲みます。ド頭の甘露のような光沢感のある甘みはいいんですけど、旨いのは最初の1.5秒だけですね。


──以前に在るだけ買い占めたヴェルズネイのGCのNVシャン(ピノ80)のナチュールが出てます。同じ物の手持ちが10本以上有るので買うか悩んでますが、絶対オススメですので、土曜日にお知らせします。

ちゃんと買いますから1本譲ってくださいよ (笑) 。今出てるヤツも買いたいですが、違う時期のロットを飲み比べてみたい気持ちもあります。


2017.04.06 Thu 11:23
Edit | Reply |  

Name - サンジュリアン  

Title - 劣化激しいですね

毎度です。
日本酒の劣化半端ないですね。
ワインも4-50年以上の古酒は開けた30分が勝負ですが、20年未満のワインで翌日飲めない程劣化するのは稀ですよ。因みに昨日開けたアルザス白は冷蔵庫にも入れず空気も抜かない放置しましたが全然まともに飲めました。
一方、確かに娘の純米、私が今飲んだら甘過ぎてオエとなるでしょうね。
甘さに対する耐性が凄く低くなってます。

以前に在るだけ買い占めたヴェルズネイのGCのNVシャン(ピノ80)のナチュールが出てます。同じ物の手持ちが10本以上有るので買うか悩んでますが、絶対オススメですので、土曜日にお知らせします。
数本買って置いて夏から秋に飲めば最高だと思います。税抜き3kです。
2017.04.06 Thu 00:07
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To サンジュリアンさん



毎度です。

酒未来の2日目は劣化 (木香のような渋み) が酷くて飲めませんでした。二口飲んで残りは捨てました。
あと、長陽福娘の直汲み純米 (赤ラベル) はどこが旨いのか全く理解できません。甘テロ苦いだけです。果実的な酸なんかどこにもないですし、27BYとは全くの別物です。今のところ☆3です。

本当は土曜に旨い日本酒をご馳走したいんですけど、シャンが飲めなくなるので我慢します (笑) 。

西荻で旨いサラミを仕入れました。

2017.04.05 Wed 23:18
Edit | Reply |  

Name - サンジュリアン  

Title - 奥方ワイン党になりそう

毎度です。

山形政宗 酒未来 気に入られた様ですね。繰り返しになりますが赤磐雄町の純米吟醸の方が甘さ控え目でここの鉄板です。

さて、昨夜はカレーうどん食べながら最初に2010アルザスのリースリングを飲み、後で篠峯八反飲みきりました。微かな鉱物香があるワインとカレーうどんはいい相性ですが、篠峯だとベタ甘でクドイ
ドライな篠峯とは言え、ワインの酸味の多さと少ない甘みの対比を強く感じました。日本酒は甘塩辛いアテには合うようですが、旨味成分のコハク酸が多いのでチーズなど洋物食材や料理には旨味が邪魔してクドク感じさせる様な気がします。
さて、土曜日お邪魔して春シャン三昧ですが、どのワインも熟成してるので日本酒に近い?印象持たれるでしょう。きっと奥方ワインファンになってしまう様な気がします。ワインの世界は底なしですからご用心を!

では初顔合わせ楽しみにしてます。
2017.04.05 Wed 08:21
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To temakinoriさん



毎度です。


──世界の黒澤、ゲットしました! 今回僕にとってはかなり攻めてます、なんかよく分かりませんが無駄に興奮ぎみです。 なんかすごい難しい本を買ったときみたいなドヤ感がありますね。笑 冷蔵庫入れた後も、何回か取り出してラベル見ちゃいました。

なんか「飲む前が一番旨い状態」になってますが (笑) 、temakinoriさん的には「ソリッドかつクリスタルライトな風の森」というアプローチも感じれると思うので、すんなり身体に入ってくると思いますよ。「不思議な軽さ」はこの銘柄に共通の属性だと思うので、速醸とは異次元な旨みの立体構造をお楽しみ下さい。ドライ派なら、むしろ「なんで今まで速醸の酒ばかり買っていたんだろう・・・」という放心に浸るかもしれません。


・黒澤 生酛純米 直汲み生原酒 青(YSP)
・橘屋 山廃特別純米 生原酒 雄町


青のYSPは未確認でした。黄色は把握してますが。ヤバイ、貝にイカNight・・・。「橘屋 山廃特別純米」は26BYに火入れで飲みました。これも不思議な軽さありますよ。なんか「雄町コンテンスト」みたいな企画で「田崎真也 賞」を取ったんですよね (笑) 。火入れは穀物由来の複雑味というかアクセントのある味わいでしたが、生なら逆にスッキリしてそうな気もします。


──いずれも多分飲んだら勝手にブツブツ呟きに来ると思います。笑

頭で思うのと、文字で書くのとでは記憶や認識の定着の質も変わると思うので、気軽に好きなように書いてください。ていうか、ぼちぼちブログでも始めればいいんじゃないですかね (笑) 。temakinoriさんは「書ける方」だと思いますよ。書けない人は全く書けないですから──moukan1973♀のように・・・。


──あ、ちなみに長陽福娘純吟雄町は火入れとにごり生を飲みましたが、後者はイケてましたよ。おりがドライに奥行きを与えていました。 特徴はモウカンさんの直汲みと相似している気がしますが、にごりはそこに良いアクセントが加わっていたと感じました。

ここの蔵の場合、「直汲み」は「採り方の違い」なので、中身は「にごり」も同じです。むしろ直汲み以外の方が味乗りは良いと岩崎社長も言ってます──「直汲み」はフレッシュさ重視。

そうそう、雄町の直汲み、よかったんですよ。ここのところ毎日「文通」してたのに、すっかり報告するのを忘れてました (笑) 。これ、半年〜1年ほど寝かせると大化けするかもしれませんね。27BYより明白にイイ出来です。

今日、「山形正宗 酒未来生」を開けたんですが、moukan1973♀が「temakinoriさんに薦めたい!」と言ってましたね (笑) 。これ、シルキー&ライトでクイクイ飲めますね。噂に聞くほど甘くもないです。好きだと思います。

2017.04.05 Wed 03:02
Edit | Reply |  

Name - temakinori (moukan1972♂による転載)  

Title - ゲェーーッツ!

どうも、こんばんはー。

世界の黒澤、ゲットしました!
今回僕にとってはかなり攻めてます、なんかよく分かりませんが無駄に興奮ぎみです。

・黒澤 生酛純米 直汲み生原酒 青(YSP)
・橘屋 山廃特別純米 生原酒 雄町

えへへ、生酛と山廃のことはこれからお勉強します。照
なんかすごい難しい本を買ったときみたいなドヤ感がありますね。笑
冷蔵庫入れた後も、何回か取り出してラベル見ちゃいました。

ちなみにtype9はもうありませんでした、残念。。。
ほんと日本酒ってあっという間に通りすぎちゃいますね、限定品に関しては同じBYを飲むのは本当に難しいなぁとつくづく感じます。

橘屋はお店の方のお勧め。長陽福娘のことを伝えたらこれをお勧め頂いたので素直に購入。初めて飲む銘柄です。
なんかお店の試飲会?かなにかで一番評価が高かったとかどうとか、そんなようなことをおっしゃっていました。

いずれも多分飲んだら勝手にブツブツ呟きに来ると思います。笑

長陽福娘直汲み純米、楽しみです!
桃ミルク問題、これにもあるんですかねぇ。僕には相当ハマったのですが、ドキドキ。

あ、ちなみに長陽福娘純吟雄町は火入れとにごり生を飲みましたが、後者はイケてましたよ。おりがドライに奥行きを与えていました。
特徴はモウカンさんの直汲みと相似している気がしますが、にごりはそこに良いアクセントが加わっていたと感じました。

ではではー。
2017.04.05 Wed 01:49
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To サンジュリアンさん



毎度です。

さっそくのオススメありがとうございます。
時期が来たら改めて「楽天の見繕い」をお願いします。

「山形正宗 酒未来生」を開けました。moukan1973♀が「さすがサンジュリアンさん!」と言ってましたよ (笑) 。大いに気に入ったようです。最近呑んだ中だと、「春霞 純米 直汲み生」をソリッドかつシルキーかつライトにした感じですかね。透明な液性で軽く飲めますが、それでもいちいちが「黒澤」の方が上です。

ま、オトナの気軽な晩酌酒ですかね。☆4.5スタートです。

2017.04.05 Wed 01:42
Edit | Reply |  

Name - サンジュリアン  

Title - 

毎度です。
何だかブログ盛況で忙しそうですね〜

篠峯 寝酒に飲む頃はぽちゃっと甘み出て居ました。でも開けたてより酸味も増えて居たので飲めましたよ。
多分 今晩で4合瓶空けそうです。前座は伊勢角ビールで、

最近のコメントみてると、奥方の方がドライ志向になってる様ですね。
代表的な葡萄品種から好みの白ワインを見つけるといいですよ。

爽やかグリーンノート、細身で酸味ありロワールのSBソービニオンブランがオススメで酢橘を絞って食べる白身の刺身によく合います。
力強さの在る酸とリッチな味わいなら、ボルドーの白(70-80%SB)
NZのSBはロワールとボルドーの中間で酸味はロワール、ボディはボルドーという感じです。
はんなりとした味わい、若い時は酸味強いならシャブリ1er(シャルドネ)
バター、蜂蜜の様なリッチさとブリオッシュ 熟成したムルソー(シャルドネ) 同じシャルドネでも細身で長い酸の余韻で細マッチョならピュリニーモランラッシュ
若い時は、ライチの香りプンプンなのがアルザスのゲベルツトラミナール
アルザスのリースリングは上物程独特のミネラル香(重油とかゴム)がある
最近人気が出はじめたのが、 アルバリーニョでNZのSBに近い印象ボディ、酸味も在って美味い、産地はスペインのリアス バイシャス地方
飲んで居ませんが、最近ドイツで甲州の白ワイン出ています。

2017.04.04 Tue 14:14
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To サンジュリアンさん



毎度です。

僕の呑んだ「八反」と同じですね。720mlの方が熟成の進みが早いですから、1800mlよりも熟味を感じると思います。普通、生酒が熟すとBodyが膨満したり、甘みがブチャけるんですけど、これ、当時フレッシュ・コンディションで呑んだのとまるで違うBodyラインになっていて面食らいましたね。逆にすごく削げてスリムになってましたね。しかも、四方から酸で首絞められたような削げ方 (笑) 。


──矢張り by26篠峯生は別格ですね〜。コレ飲むと他の日本酒が飲めないです。

「篠峯」とは違いますが、「酸によるBobyの細マッチョ化」で言えば最近では「黒澤」がダントツに素晴らしいです。まあ、秋頃に熟成させた「Type-7」を開けるので、その時にでも飲みに来てくださいよ。


──当分ワイン飲んで日本酒忘れてるのが良さそうかな?

夏酒はロクなのないんで、僕も少し浮気して白ワインでも月に2〜3本飲みますかね。その時は是非ご指南ください。

2017.04.04 Tue 13:30
Edit | Reply |  

Name - サンジュリアン  

Title - 倦怠期脱出なるか?矢張りダメそう

毎度です。
酒倦怠期の病上がりから、完全復帰出来てませんが
取り敢えず甘生濃とは違うby26篠峯 八反純米吟醸生(720)を開けてみました。
流石に出来て2年過ぎてるので熟成感が有ります。
香る、香る 含むと優しい甘みで直接の酸味はありませんが、引けにかけて樽香ぽさと微かにヨモギを炒った様なハーブが在りアクセントになります。胃への刺激も無いのでちびちび飲むには最適かも?矢張り by26篠峯生は別格ですね〜 by28は味出し過ぎだけど水っぽい。その意味ではby27の方が味出し過ぎてない分良いかもしれません。
この八反は味は軽いのにエキス分タップリで飲みごたえ充分という印象
新政や鍋島は軽いけど、篠峯に在るミネラルのコアに当たる所が欠けてるので飲み飽きます。
コレ飲むと他の日本酒が飲めないです。

当分ワイン飲んで日本酒忘れてるのが良さそうかな?

2017.04.03 Mon 17:23
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To 酒バカさん、104komoriさん



酒バカさん


毎度です。

華麗なる「酒エリート史」の御披露ありがとうございます。いやあ、マジでイイ酒をたらふく飲んで来たんですねえ。羨ましいですよ、ホントに。過ぎ去った時間は取り戻せないので、せいぜい僕らは前を向いて旨い酒を掘り当てるしかないという・・・。


──大学時代に日本酒にはまり、バイト代をつぎ込みまくり、その後もバンバン話題になる酒を追いまくって数年、あるとき、日本酒の甘味が重く感じるようになり、楽しめなくなってしまい全く飲まなくなりました。

なんか今のサンジュリアンさんと重なりますね (笑) 。僕らも徐々に「日本酒の甘味」が重く感じるようになってきてますね。「甘い酒」で美味しいモノもありますが、やはり、酸の使い方の稚拙な酒が多く、せっかくの「甘み」も台無しの造りが多いように思います。特に28BYは「長陽福娘 山田錦50」「而今 酒未来」しかり、訳の分からぬ「アーモンド牛乳@お花畑」が多すぎます。

ですが、昔の酒バカさんとは少し状況は違い、今は「山廃」や「生酛」の中の一部に非常にモダンニティに満ちた面白い酒があるので、「甘さからの逃避」には事欠きませんね。その意味でも「黒澤 Type-7」はオススメです。


──10年近く日本酒から離れていたのですが、而今(今のではない、初期の頃)のを飲んで、日本酒ってこんなに美味かったけ!!!ってなって、日本酒に帰ってこれました。

これまた羨ましい限り。僕らにとって「今の而今」はマジでどうでもいい酒ですね。Well-Madeな何かを掴もうと奮闘しているのは伝わるんですが、内省的な自己実現は孤島か山奥で一人でやってほしいです。少なくとも市場の流通経路上でやられても、こっちはパトロンじゃないんだから、いちいち付き合ってられません。自分で今の酒を呑んでどう思ってるんですかね? 「飛露喜」もそうですが、完全に取り残されてるような気がしてなりません。


──現在の飲酒スタイル

さすがは酒エリート、半端ないですね (笑) 。
まあ、僕も最近はビールで休肝をまかなってますけど。。。


──────────────────────────────

104komoriさん


毎度です。

初篠峯ご苦労様です。


──バカ舌なのかバカ鼻なのか「木香」そんなに気になりませんでしたが、生酛純米山田はなかなか興味深い味わいでした。これは1升瓶で買い直してもいいかなと思います。ろくまる雄町は今の自分の記憶には、多分残らないと思います。

木香は徐々に取れてきてるようです。実は「生酛純米」は買ったことないんです。26BYで買いそびれたので、27BYは買ってません。これ、夏の終わりに蔵で瓶囲いしたロットがマチダヤなんかにも入るので、1800mlはそこのタイミングで買ってもいいかもしれません──もしくは純粋な売れ残りを秋口に。ただし、全く同じラベルの「火入れ」も秋に出回るので少し注意が必要です。

「旨辛派」の104komoriさんには、僕が呑んだことあるモノだと、「遊々 純米 山田錦70 無濾過生 7号Ver」あたりは好きかもしれないです──出来が良ければ。あとは記事で取り上げた「Vert亀ノ尾」は僕の最低ラインはクリアしてますし、篠峯的なエレガンスも一定以上発揮されてますので、他の銘柄との違いを「おっ?」くらいには感じれるかもしれません。日本酒度は+7ですが、甘みもあり、フルーティーです。飲み頃は秋以降だと思うので、そのタイミングで売れ残ってれば是非。柳瀬屋なんかは割といつまでも残ってます。

あとは4/5に新発売される「生酛 純米大吟醸 山田錦50」は僕も必ず買いますので、良ければ一緒に毒味しましょう (笑) 。こちらも飲み頃は秋以降ですが。


──最高の出来であったであろう26BYはどんなんだったのかな…

僕の中では「敵なし」です。

2017.04.01 Sat 22:49
Edit | Reply |  

Name - 104komori  

Title - 篠峯28BY

どうもです。

篠峯、初めて買ってみました。もちろん28BYですけど。
https://www.instagram.com/p/BSQSHcpBd_w/

阿佐ヶ谷の柳瀬屋に買いに行ったらなんと定休日で、急遽中央線に乗り初めて行く三鷹の「碇屋」で。櫛羅もなんか1本あったんですが、ろくまる雄町と生酛純米山田の2本を。
バカ舌なのかバカ鼻なのか「木香」そんなに気になりませんでしたが、生酛純米山田はなかなか興味深い味わいでした。これは1升瓶で買い直してもいいかなと思います。
最高の出来であったであろう26BYはどんなんだったのかな…
ろくまる雄町は今の自分の記憶には、多分残らないと思います。

ちょっと気にしつつ、今後も時々買ってみます。

2017.04.01 Sat 20:06
Edit | Reply |  

Name - 酒バカ  

Title - 日本酒倦怠期

大学時代に日本酒にはまり、バイト代
をつぎ込みまくり、その後もバンバン
話題になる酒を追いまくって数年
あるとき、日本酒の甘味が重く感じるよう
になり、楽しめなくなってしまい
全く飲まなくなりました。

そこからはワインと
ベルギービールにハマり、その後
焼酎(特に泡盛、黒糖)へ

10年近く日本酒から離れていたのですが
而今(今のではない、初期の頃)の
を飲んで、日本酒ってこんなに美味かった
け!!!ってなって、日本酒に帰って
これました。

現在の飲酒スタイル
週2日がワインで週4は日本酒→焼酎
残りの1日がビールから焼酎
休日の昼はビールって感じです。
あれ、休肝日が(笑)









2017.04.01 Sat 19:39
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To 2日目のカレーさん



毎度です。

すでに記事を見てるかもしれませんが「やまとしずく」旨かったですよ。

◤やまとしずく - 純米吟醸 直詰生原酒 28BY
http://moukan1972.blog.fc2.com/blog-entry-762.html



──2人のみの見学でしたので「ここ行って大丈夫?」というような(木の歩み板を体を横にして渡り歩いたり)場所など・・・ほぼすべての場所を丁寧に見せて頂きました。最後に19度位の搾りたての生原酒も頂きました。(お土産付き!でした)

まるでマニアックな海外秘境ツアーみたいですね (笑) 。搾りたての生原酒はビリビリとパンチが効いてそうですねえ。


──2割海外、5割強が地方、3割以下が地元との事。社長は居なくても社長の人柄が伝わるようなアットホームな蔵でした・・・。

わりと昔から海外展開してますよね。友人がNYで日本酒を呑んだ店にも「南部美人」は入ってますね。まあ、信じられないくらい高いです (笑) 。

酒蔵
http://www.sakagura.com

DRINK MENU
http://www.sakagura.com/images/Sak_sake_menu_0816.pdf


僕も新宿の伊勢丹に試飲イベント来ていた蔵の人と話したことあるんですが、すごくイイ人で、買うつもりのない高い酒とか笑顔でガンガン注いでくれました (笑) 。山田錦の大吟醸生 (720ml - 3,000円) は思わず買いそうになるほど旨かったですよ。このへんのハイスペックな贈答用向けの酒は意外に地酒屋には置いてないんですよね。


──さて、話は変わりますが私もお酒一生懸命?飲んでます。モウカンさんには一生追いつけなさそうですが・・・。冷蔵ショウケースのホシザキのRTS100の購入も決めた所であります。自信を持ってお勧めできるお酒を見つける事ができたら、報告したいと思います。

おおお、ついに読者さんの中にもホシザキ仲間が。一緒に梅雨時期の結露と戦いましょう (笑) 。うちではサーキュレーターを当ててます。夏場はエアコンで自然と30分くらいで蒸発します。

100ですか。うちは90で1800mlが横に6本ジャストなので、100でも7本は無理でしょうね。その代わり、720mlならズラっと8〜9本くらい並ぶんじゃないですか?

オススメも☆5以上目指して是非頑張ってください──あくまでも僕の好みに左右されますが (笑) 。

こちらこそ、また何かありましたら、気軽にレポートください。ありがとうございました。


2017.03.31 Fri 18:03
Edit | Reply |  

Name - 2日目のカレー(moukan1972♂による転載)  

Title - 南部美人、蔵見学!

お久しぶりです。タイトル通りですが、南部美人の蔵見学に行ってきました。2人のみの見学でしたので「ここ行って大丈夫?」というような(木の歩み板を体を横にして渡り歩いたり)場所など・・・ほぼすべての場所を丁寧に見せて頂きました。最後に19度位の搾りたての生原酒も頂きました。(お土産付き!でした)

お酒にまつわる話は沢山聞いたのですが、なかでも聞いて驚いたのが販売先や配布割合の話です。2割海外、5割強が地方、3割以下が地元との事。海外はヨーロッパや中国など販売国によりラベルも別々。ただカンパイというDVDを見ていたので驚愕の・・というわけではなかったです。ただ社長は居なくても社長の人柄が伝わるようなアットホームな蔵でした・・・。残念だったのは持参したカンパイのDVDにサインを貰えなかった事かなw

さて、話は変わりますが私もお酒一生懸命?飲んでます。モウカンさんには一生追いつけなさそうですが・・・。冷蔵ショウケースのホシザキのRTS100の購入も決めた所であります。自信を持ってお勧めできるお酒を見つける事ができたら、報告したいと思います。

これからも引き続き楽しいブログを宜しくお願い致します。
2017.03.31 Fri 17:42
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To めいさん



毎度です。


──今宵はソガ ペール エ フィスのサンクを呑みました。 膨満感のある甘味がしばらく口に居座り、後から酸が出てくる味わいで、昨年呑んだ時よりは酸が柔らかくなった気がしました。 バカ舌ですが。

ワイナリーの造る日本酒ですよね? なかなかマニアックな酒を呑んでますねえ〜。いろいろ自分なりに楽しんでいるようで、僕が本当に伝えたいことを感じてくれて嬉しいです。


──和風なお酒も飲みたくなり、雁木の純大ムロナマゲンも開封してしまいました。こちらは萩の鶴 さくら猫と比べると「虎」って感じで、後口のラムネっぽさがとても楽しいお酒でした。

雁木もガシっとミネラリーですからね──毛の逆立った猫でしょう (笑) 。そりゃそうと、本日「猫」が届きました。去年の我が家の瓶にはガスがまるでなかったので、今季はシュワシュワに期待です。


──米鶴 山廃純大が明日届くので、早く「ポスト米鶴」組に仲間入りしたいです。

たとえば「百春」なんかとは真逆の酒ですが、めいさんもいろいろ幅広く楽しんでいるようなので、美味しく呑めると思います。我が家の「百春」エントリーは少し先になりそうですが、必ず買いますので、今しばらく雄町を。

是非、一緒に「☆6を探す旅」に参加して下さい (笑) 。



2017.03.30 Thu 23:18
Edit | Reply |  

Name - めい  

Title - モウカンアタック

こんばんは。

今宵はソガ ペール エ フィスのサンクを呑みました。

膨満感のある甘味がしばらく口に居座り、後から酸が出てくる味わいで、昨年呑んだ時よりは酸が柔らかくなった気がしました。

バカ舌ですが。

和風なお酒も飲みたくなり、雁木の純大ムロナマゲンも開封してしまいました。こちらは萩の鶴 さくら猫と比べると「虎」って感じで、後口のラムネっぽさがとても楽しいお酒でした。

米鶴 山廃純大が明日届くので、早く「ポスト米鶴」組に仲間入りしたいです。
2017.03.30 Thu 22:22
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To マイルドさん



毎度です。


──はい、年明けまでは「酸味強調系は苦手」でした。 変わるもんですねえ(笑)モウカンさんのせいですけどねー(笑)

今なら「仙禽 赤とんぼ 生酛 亀ノ尾 2015」とかイケるでしょうねえ (笑) 。
(実は飲んでいて当時ピンと来てなくても今なら違う印象を持てると思います)
探せばまだあるかも???


──そして「米鶴」前と「米鶴」後がありますね。 ああでも私は一気に道が拓けた感じがしているので感謝してます(謝)

今チラっと管理画面で検索したら、マイルドさんが初めてコメントをくれたのが去年の12月21日でしたね。ちょうど僕もこのあたりから「酸問題」を掘り下げるようなったので、まあ、一緒に上がっていったということで (笑) 。元々イケる口ではあったんですけど。

「舞美人」もいろいろあるんですが、どうも何を買っていいのかよく分からないんですよね。ま、どれを買っても楽しめそうですけど。


──「米鶴」クラスか!?と思える酒に出会えたらそれはもちろんBBSでかなり控えめにコメントさせていただきますね(笑)

楽しみにしてまーす (笑) 。
2017.03.30 Thu 02:00
Edit | Reply |  

Name - マイルド  

Title - 米鶴前と米鶴後

こんばんは

はい、年明けまでは「酸味強調系は苦手」でした。
モウカンさんの「酸、足りてる」「サンタリーテ?」を意識したら変わって。
さらに山廃生でまた一気に変わりました。
そして「米鶴」前と「米鶴」後がありますね。
変わるもんですねえ(笑)モウカンさんのせいですけどねー(笑)
ああでも私は一気に道が拓けた感じがしているので感謝してます(謝)
ただバカ舌脱却まではかなりの年月を要するかと思います。

って今「舞美人」のスペック見てみたら「酸度4.0」って
なんすかー?(笑)別のお店では「酸度4.5」の27BYとか売ってるし(笑)

ああでも、「極端な数値の酒」は飲んでみたいですよ。
カネセ商店で表現される「変態酒」とか。
「振り幅」は必要なので、「中心」をどっしりしたものにするためにも。
無駄にはならないと思います。って、でも「酸度4.0」かあ(笑)
やっぱり720mlじゃないとキツイかなあ(笑)

ええ、もちろん「道場破り」はモウカンさんの表現としてです。
今はモウカンさんと、ここのコメントの皆さんが書いてくれる酒を
追いかけるので手一杯になっているので、新規開拓までいけてないですね。
「米鶴」クラスか!?と思える酒に出会えたらそれはもちろんBBSで
かなり控えめにコメントさせていただきますね(笑)

2017.03.30 Thu 00:41
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To NTさん



毎度です。

レスが遅れました。すみません!


──いわゆる春酒商品はあまり好きではないですが、満開の桜の下で、蛇の目のお猪口で日本酒を飲むのを無上の喜びとしています。

たしかに僕も春酒はあまり買わないですが、今日1本買ってしまい、すでに後悔しはじめてます (笑) 。家の目の前に1本デカイ桜の木があるので、毎年「夜桜」でもやるかとmoukan1973♀と話してるんですが、この時期って、日が暮れると普通に寒いんですよねえ。


──さて、朧酒店に行く機会があったので、聞いてみたところ、日輪田山田錦55の生は頒布会限定商品で、朧酒店でも店頭に並ぶことはないとのことでした。

凄いタイミングです。
実は昼間に朧に問い合わせたら、その回答がNTさんからだったという (笑) 。ちなみに朧からの返信はまだありません。ありがとうございます。誰かこの頒布会に参加してる人いないですかねえ。

是非、感想をお待ちしております!


──で、何を買いに行ったかというと、もちろん、日輪田雄町生で、ちょうど一升瓶が一本あったので、これ下さい──予約が入っていて、四合瓶しか在庫がありませんとのこと。取り置きされていたというのは、初めてです。 

むしろ買えなかったことより、720mlに見向きもしないNTさんの漢っぷりに胸打たれるんですが (笑) 。ま、僕もブログを始める前は両方あるならか必ず1800mlを買うようにしてましたね。「8合飲むとオマケでCUPが2本ついてくる!」という思考回路です。


──なお、店内に、今週の人気ベスト3というのがあって、日輪田雄町は3位でした。ちなみに1位は、荻の鶴の純米吟醸生さくら猫ラベルで、この蔵もなんかいつのまにか偉く人気が出たのね、と驚いてます。

まあ僕も27BYは買いまくってましたけどね。結局「別撰」だけが「別撰」で他は普通でしたけど、日輪田の雄町生はなかなかよかったですね。ここだけの話──明日には記事にしますが──、実は猫ラベル買いました。というのも、なんか今季は「微発泡」を謳っているし、数値が去年の「別撰」に近いんです。元々「別撰」は「猫の別撰」なので、一周して今季は「別撰の別撰」だったりするんじゃないかと──って、ナゾナゾか (笑) !

また気軽にどうぞ〜。

2017.03.29 Wed 22:57
Edit | Reply |  

Name - kappa1970♂  

Title - サンジュリアンさん、カレーパン食べすぎですよ

サンジュリアンさん

レス有難うございます。そうでしたか。
やはり興味を持ったものへの突っ込み具合、猪突猛進ぶりが半端ない情熱家ですね。

自認なさっている通りカレーパン食べすぎですよ。疲れちゃったんだと思います。
日本酒離れましょう。
このままだと、嫌いになっちゃうと思います。

ビールや焼酎で良いじゃ無いですか。山は一つじゃありませんから。

違う山の頂に立てば、また日本酒山に登りたくなると思います。

今度は、大人買いを控えて、ちょっとずつ攻めて下さい。自分で無理なく消費できる量を当たりに行かないと何でも興味が失せますよ。
誰だって義務感で飲む様になったら舞えませんから。

カレーパン(日本酒)どころか、パンそのもの(酒)に興味が失せている様でしたらコーヒーローストとかどうですか?

生豆を仕入れて、煙が立たない様にムラ無く焙煎し、一人無言で集中して焙煎し、グラインドし、ドリップし飲む。

多彩なヴァリエーションがあるので、中々な道楽だと思うんですけどね。

と、自分がやってみたいことを押し付けてみました。(笑)

倦怠感よりも喪失感を懸念して、余計なお世話で、再度コメしました。

サンジュリアンさんもブログ始めれば良いのに。

2017.03.29 Wed 22:29
Edit | Reply |  

Name - NT  

Title - 初体験

こんにちわ。だんだん花見日和ですね。 いわゆる春酒商品はあまり好きではないですが、満開の桜の下で、蛇の目のお猪口で日本酒を飲むのを無上の喜びとしています。

さて、朧酒店に行く機会があったので、聞いてみたところ、日輪田山田錦55の生は頒布会限定商品で、朧酒店でも店頭に並ぶことはないとのことでした。

で、何を買いに行ったかというと、もちろん、日輪田雄町生で、ちょうど一升瓶が一本あったので、これ下さいということで、レジでお勘定しようとすると、店のおにーちゃんが、レジを少し操作した途端、急に慌てだし、いったん店の奥に退場し、戻ってきたら、申し訳なさそうに、予約が入っていて、四合瓶しか在庫がありませんとのこと。 

ということで結局買えませんでした。店頭に並んでいたものが、取り置きされていたというのは、初めてです。 なんか、出鼻をくじかれた感じで、ならいいやという気になったのですが、おにーちゃんが、再入荷したら連絡するので、連絡先置いて行ってくれと熱心に言うので、一応電話番号渡しました。さて、どうなりますやら。

なお、店内に、今週の人気ベスト3というのがあって、日輪田雄町は3位でした。ちなみに1位は、荻の鶴の純米吟醸生さくら猫ラベルで、この蔵もなんかいつのまにか偉く人気が出たのね、と驚いてます。 こっちの方は、ジャケ買いしている人もいるのかもしれませんが。
2017.03.29 Wed 14:00
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To サンジュリアンさん



サンジュリアンさん、毎度です。

少しイジメすぎました。反省してます。いいでしょう。そういうことであれば、いつか僕が目の覚めるような酒をご馳走しますよ。こりゃ冷蔵庫をもう一台買わないとなあ (笑) 。

しかし、まさか伊勢角屋のペールエールにそこまでハマってしまったとは (笑) 。たしかにこれ一度飲むと、マジで他のビールが飲めなくなりますよね。クラフトビールマニアからすると「無難で飲みやすい系」らしいですが、程良い甘みのポッチャり感が何とも素敵です。香りも洋モノにありがちなケバケバしさがないですし。

しかしまあ、「日本酒の倦怠期」って、なんか斬新な言葉ですね。こうなると、他の読者さんの「倦怠期体験」も聴いてみたいような (笑) 。

僕ですか?
うーん、ちょうど去年の暮れに☆2や☆3が連発した時は「倦怠期」にはなりませんでしたが、「険悪期」になってましたね (笑) 。さすがにまるめち氏が心配してエールをくれたりしたこともありましたっけ──その節はお世話になりました。

でも、そこから一点突破できたのは、ある意味、サンジュリアンさんがいたからなんですよね。☆4.5ですが、僕の中では「篠峯 純米吟醸 八反生 26BY」の売ってる店を教えてくれたことで、「酸、足りてない芸人」としての覚醒を得たと (笑) 。あの頃のサンジュリアンさんとの「篠峯談義」は僕の中では今でもこれからも財産でしょうね。

◤篠峯 - 純米吟醸 八反50 無濾過生原酒 26BY
http://moukan1972.blog.fc2.com/blog-entry-599.html

まあ、その恩返しも含め、山廃や生酛の今をサンジュリアンさんに教えてあげたかったんですが、少し僕もムキになりますぎましたね (笑) 。実はまだ買える店を知ってるので、春にお邪魔する時に持って行きますよ。そこで一緒に飲みましょう──って肝臓がいくつあっても足りない・・・。

そういうことなら、しばらくは僕の奮闘ぶりを一歩離れた場所からお楽しみ下さい。もちろん、酒とは関係のない書き込みはいつでも大歓迎です。

今後とも宜しくお願い致します。


酸をつなぐ者、moukan1972♂


2017.03.29 Wed 12:32
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To マイルドさん



毎度です。

ナっ!? スゲえ飲んでるし買ってる──毎日飲むんだから当たり前か (笑) 。


──モウカンさん「日輪田 山田錦」はゲットする感じだったのですが、私は生酒を見つけられず、「日輪田 山田錦 火入れ」は、持ってます。

これ、27BYの秋〜暮れに出た一回火入れですよね? 字がシャンパンゴールドの。僕が欲しいなと思ってるのは、新橋の「朧酒店」の2017年の頒布会ラインナップにあったやつです。なんかココに書くと自分が買えなくなりそうで怖いんですけど (笑) 。

日輪田 山廃純米吟醸 山田錦55 生原酒 新酒 ¥1,944
http://www.oborosaketen.com/theme647.html


でも、火入れでも普通に楽しめますし、「冩樂」なんかと同様、むしろ火入れの方が銘柄のカジュアルさは掴みやすいかも。「萩の鶴/日輪田」の生原酒は結構キレ上がりが鋭いです。僕も雄町65を拾いますので、これは一緒に飲んでいきましょう。


──「七田 7割5分 愛山」は開けました。27BYを飲んでいたら「薄い!」となるのでしょうね間違いなく。 初飲みの私としてはこれはこれでいいです。

他の読者さんもイマイチみたいなこと書いてましたが、27BYは一口含んだ瞬間に目が覚めましたからね (笑) 。もう、誰かに「これ旨い!」と言わずにはいられなくなるような酒でした。「順番問題」──開けるまでわからないから「問題」という (笑) 。


──あと「上喜元の61号 渾身」も開けました。720mlが売り切れそうだったので。 バランスはいいのかな。

これも飲んでる!
まだ詰めたばかりの「3月印」なので、もう少し味を乗せたい気もします。店の手配違いで1800mlが届きましたし (笑) 。まあ、「米鶴」後は何を飲んでも色褪せるのは仕方ないんですよ。変な話、今の「十四代」にあれより旨い酒があるのかすら疑問ですね。


──「舞美人」なんて超気になってますが一升瓶でとなると、ちょっと待ってよーと。

オレの記憶違いかなあ。確かマイルドさんは「酸味強調系は苦手」と言っていたような (笑) 。これ、超酸味強調系ですよ、たぶん。人は変われるもんだ (笑) 。電車で30分くらいのところに「舞美人」推しの酒屋があるので、ぼちぼち出向きます。そこ「菊鷹」もあるんで、まとめてゴソっと。


──「黒澤」もそろそろ届くので、というかこれがあるからほかの酒がどうであれ冷静でいられるので(笑)

期待値アガってるなあ (笑) 〜。
でも、受け止めてくれると思いますよ。僕がこれまでマイルドさんに紹介したどの酒とも違いますが、僕の中では「風の森」を軟水で仕込んだカラーに菊池杜氏時代の「昇龍蓬莱 槽場直詰 生原酒シリーズ」の力強さを加えて、そこから頭一つ抜け出したエレガンスと、異次元な旨みの立体構造──って、どんだけ期待値をアゲりゃ気が済むんだという (笑) 。720mlがアッという間になくなったので、1800mlでいろいろやってりゃ「赤とんぼ」同様、3日目にはアップグレードして☆6になってたかもしれないです。


──道場破りを仕掛けるには10年早いですねー私は(笑) そんなこと言っている間にモウカンさんはどんどん先に。

「道場破り」というのはお遊びレトリックですが (笑) 、あれですよ、一応、☆6の世界観を知る者として、単純にそことの比較というか、感動指数勝負で「これはもしや・・・」という酒があれば是非お知らせください。

100点式ではなく単純な☆付けにしているのは、読者さんにわかりやすくすることが目的なんです。たとえば88点と84点じゃ、その違いがよくわからないですよね? でも、☆6と☆5なら、少なくとも僕の価値規範を理解することは容易になるわけです。なので、マイルドさんの場合、単純に「米鶴」との比較で十分に「道場破り」を仕掛けられますよ。

是非レジェンド読者になって下さい! まだ☆5が1人で、☆6以上はいません (笑) !!!


2017.03.29 Wed 12:17
Edit | Reply |  

Name - サンジュリアン  

Title - ちょっと倦怠期かも

カッパさん
励ましのコメントありがとうございます。
相変わらず元気なモーカンさん、銘酒発掘頑張って下さい。

何か奄美大島から帰ってきて以来、日本酒の倦怠期に入ってしまってる様です。昨晩 美田飲んで甘過ぎると思い、何を血迷ったのか真澄の火入れ本醸造開けて飲んでみたら、コッチの方が真面に思えちゃったんですよ。
もう、完全に甘系の酒、いや日本酒全般に対して倦怠期に入って居りますね。昨年4月に山口県で獺祭を買って以来、ほぼ一年で120本(内一升瓶70本)飲みました。これ計算すると4合瓶で200本相当です。
アルコール換算してワインに置き換えれば年250本以上飲んだ事になります。ワインばかり飲んでいた全盛期でも150-160本/年 だったので、こんだけ飲めば毎日カレーパン食べ続けた様なもので倦きる訳ですよね。

今日も朝に万寿と加茂錦の純大が届いて見るのもい〜や と床下氷室に即格納です。

今一番美味いと思う酒は、モーカンさん推薦の伊勢角屋のペール エールです。出来立てを伊勢角屋から直送で買ってます。
この味覚えたら、もうヨナやプレモル、エビスには戻れません。
ちょっと高い(¥450/333ml)なのが玉に瑕ずですけどね。

という事で、日本酒が恋しくなる迄暫く他のお酒飲んでいようか?と思ってる次第です。



2017.03.29 Wed 12:02
Edit | Reply |  

Name - マイルド  

Title - ついでにですが

こんばんは

はい、私もシツコイので色々と当たりに(笑)
ただ陸奥八仙はもう卒業ですね、27BYの想い出をキレイなままに(笑)


「日輪田 雄町65生」は、持ってます(笑)まだ開けてないです。
モウカンさん「日輪田 山田錦」はゲットする感じだったのですが
私は生酒を見つけられず、「日輪田 山田錦 火入れ」は、持ってます。


「七田 7割5分 愛山」は開けました。これは「H29.03」で
モウカンさんの2016.MAY 30の記事が参考になりました。
含むと、サワーチェリーやカシスのようなさわやかな酸味が口の奥のほうに
一気にひろがる感じで、モウカンさんの記事にあった「濃醇な旨み」とまでは
いかなかったのですが「清冽な酸」は、あると思います。
多少水っぽさもあるのですがそれが悪い方向にいってないです。
27BYを飲んでいたら「薄い!」となるのでしょうね間違いなく。
初飲みの私としてはこれはこれでいいです。


「七田 純米無濾過生 65」は「愛山」と同時に開けてしまったので
「愛山」の酸味に飲みこまれてしまって私にはイマイチで終わるという結果に。
開ける順番を間違えました。まだあるので今度は「65」を先に飲みます。


あと「上喜元の61号 渾身」も開けました。720mlが売り切れそうだったので。
これは商品紹介の説明を読むに(あてにはしてませんが一応)
五味の張り出し系なのかなーと。私はこの五味の張り出し系については
なんと書き表わしたらいいのかボキャ貧なのでわかりませんでした。
モウカンさんの記事待ちです。バランスはいいのかな。
「極上」とか「渾身」とかはこれよりも「米鶴の☆6」に捧げる称号だと思いました。



カネセ商店に山廃の気になる商品がいろいろとあるのですが、720ml少なすぎ。
山廃結構ありますよねー、「舞美人」なんて超気になってますが一升瓶でとなると
ちょっと待ってよーと。

「黒澤」もそろそろ届くので、というかこれがあるからほかの酒が
どうであれ冷静でいられるので(笑)


道場破りを仕掛けるには10年早いですねー私は(笑)
そんなこと言っている間にモウカンさんはどんどん先に。


2017.03.29 Wed 10:25
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To マイルドさん



毎度です。


独自の酒活動でガンガン当たりに行ってるじゃないですか!
安心しました──僕の引くクソ酒ハントに付き合ってばかりだと気が引けますので──冗談です、いつもありがとうございます (笑) 。


──27BYの「赤」は老ねっぽくてダメでした。

漢買い炸裂!!!
本当にいったんですね。まあ、5℃程度の温度管理じゃあ、少しブチャけちゃいますかね。甘めの酒はそれでなくても危ういバランスで旨さを維持してますからね。


──「華想い」は開けたてのひとくちめだけふわーーーーっと甘香り続けたのですが、あとはもう「ガムシロップ」、3日目には劣化。

ここが崩れるといよいよ・・・。


──それより山廃、山廃。

日輪田の雄町65生、出ましたね。まだ買ってないですが、普通に軽やかに飲めればマイルドさん的には山廃経験値がサクっと上がると思います。たしか27BYの記事では触れてないはずですが──ほとんど自分で読み返しません──、僕が「山廃=カロリーオフ」説を確信した酒だったと思います。

27BYは「やや老ね」を掴まされましたが、「竹雀 山廃純米吟醸 雄町50生」は僕が最初に「山廃」にハマるキッカケになった酒です。ぼちぼち出る頃ですかね。これ、当たりを引くとシャッキシャキで旨いんですよねえ〜。

まずは「黒澤」で「生酛生」のモチっとした軽やかな旨みを御堪能ください。今季はいろいろナビゲートできますし、年の後半にはマイルドさんからの☆5狙いの道場破りも是非期待しております (笑) 。

2017.03.28 Tue 23:29
Edit | Reply |  

Name - kappa1970♂  

Title - サンジュリアンさん、どうなさいました?

サンジュリアンさん

最近、日本酒に見切りをつけたかのようなコメントに僕はちょっと寂しさを感じるのですが、どうなさいました?

moukanさんの高グレード酒が白ワインやシャンと被ってチョット触手が伸びないというのであれば、酒処長野の銘柄を藪漕ぎして頂けませんか?酒蔵訪問レポとか。以前していただいたようなクッキングレポとか。

雑記担当の僕としては、コメ欄の自由度の高さが、moukanさんブログの心地良さと勝手に感じてるところなので、サンジュリアンさんの粗削りな、スケールの違う漢っぷり満載のコメじゃないと正直調子が狂います。

おっさんの漢気は悪あがきです。
同じおっさん同士、一緒に悪あがき(藪漕ぎ)しましょうよ。

2017.03.28 Tue 22:22
Edit | Reply |  

Name - あらま  

Title - 補足

マイルドさん

補足情報ありがとうございます! 私も同意です。

去年の冬飲んだ村祐常磐ラベル(たぶん27BY)は往年の味で問題なく美味しかったです。もうすぐ28BYの亀口取りが出ると思うんですが、とても心配です。取り越し苦労だと嬉しいのですが、2度裏切られてるので。。。

花陽浴八反錦のおりがらみも飲みましたが、通常バージョンよりも味のノリが良くて次第点だったかと思います。鋭いですね!
2017.03.28 Tue 20:42
Edit | Reply |  

Name - マイルド  

Title - 誰得どころか、ですが

こんばんは

「28.11」の「村祐 常磐ラベル」は、和三盆な感じで
良かったのですが、私はこれしか飲んでないのでなんとも。。。


「花陽浴」の「八反錦 おりがらみ」は、なんとかなってました。
実家で、たまにこれもらうんですよねえ、祖父が甘い酒が好きだと言ったばかりに。

「陸奥八仙」も28BYは全滅状態ですね。
それで私27BYの「赤ラベル 生」「華想い 生」「裏ラベル純米吟醸 生」を
取り寄せてみたのですが、

「赤」は老ねっぽくてダメでした。

「華想い」は開けたてのひとくちめだけふわーーーーっと甘香り続けたのですが
あとはもう「ガムシロップ」、3日目には劣化。

「裏ラベル」も甘くて飲みきれませんでした。
益荒男消化隊でも飲めませんでしたね。

28BYの陸奥八仙は「新春祝い酒」「赤生」「赤直汲み」どれも
27BYと比べたらオハナシニナラナイので完全スルーですね。

それより山廃、山廃。
2017.03.28 Tue 20:18
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To サンジュリアンさん

──モーカンさん私を唸らせる酒を飲ませて下さい。笑

毎度です。

もっと相応しい回答がありましたので、Ver2.0です。

ワインと違い、日本酒は「早飲みジャンル」であり、買うまで旨いかどうかわからないので、サンジュリアンさんが「モウカンさんを唸らせるワインをご馳走します」と言うのと同じ意味で、僕が「サンジュリアンさんを唸らせる日本酒をご馳走します」とは言えない論理を先ずはご理解いただいた上で、以下がその回答になります。

唸る酒を飲むための最大の近道は、僕が唸った酒を買うこと──。

以上です。
2017.03.28 Tue 20:05
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To サンジュリアンさん

──モーカンさん私を唸らせる酒を飲ませて下さい。笑

もう御自分で買うのは諦めたんですか?
サンジュリアンさんのワインのように、さすがに同じ酒を何本もストックしてませんから、タイミングが合えばですね──こちらから合わせることはしませんよ (笑) 。あとは素直に☆6を買って下さい。

2017.03.28 Tue 19:50
Edit | Reply |  

Name - サンジュリアン  

Title - 鳳凰美田 一合でギブアップ

今から45-6年前に未だ中坊だった頃、叔父が味見で飲ませてくれた当時の特級酒、ガキながら親父が日頃飲んでた二級酒と違って甘いと思いました。三倍醸造が普通の時代だった当時でも、税金の高い特級酒はちょっとマシだったんでしょう。この美田を当時飲ませたら、皆んな目白黒させたでしょうね。
豚しゃぶで1合程飲みましたが、半合で進まなくなり残りを一気飲みで空けました。軽くて酸が有るスイスイ酒は正直腐る程白ワインやシャン有るので、余り食指が動きません、唯一凛とした細マッチョな良い時の篠ちゃんなら買っても良いかなと最近思い始めてます。
モーカンさん私を唸らせる酒を飲ませて下さい。笑
2017.03.28 Tue 19:22
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To サンジュリアンさん



毎度です。


──昨年11月に買った美田の碧版 4ヶ月寝かせて開けて見ました。

そういや、そんな酒も買ってましたね。なんかスゴイ昔の話のような。もうちょい早めに「篠峯」と「長陽福娘」を呑んでればこのへんの酒から早めに撤退できたんでしょうけど、逆に1年とか過ぎた「鳳凰美田」には新しい発見あるかもしれないですよ。さすがにこの銘柄を生熟させる人はいないですからね (笑) 。


──でも、我が娘夫婦は美田大好きなんですよ。

「米鶴 山廃純大」を大人買いしてれば娘さんたちも一緒に「鳳凰美田」を卒業できたのに残念!

2017.03.28 Tue 18:10
Edit | Reply |  

Name - サンジュリアン  

Title - 鳳凰美田 ムロゲン生 碧版

毎度です。
昨年11月に買った美田の碧版 4ヶ月寝かせて開けて見ました。
氷温でも凄く葡萄の様な香りがします。
味は長陽福娘山田60 よりは軽いですが甘さは良い勝負
ドッカーンじゃないですが、初心者に飲ませれば甘〜い、好きなタイプという酒ですね。これの加水した生も飲みましたが原酒の分こちらの方が濃いですね。酸足りてないのでこれ一本で食事するのはキツそうです。
町田が一口乾杯番長なら、この美田は一杯飲める食前酒係という感じかな
でも、我が娘夫婦は美田大好きなんですよ。
もう一本有るのでGWに飲ませます。
私はもう卒業ですね。
2017.03.28 Tue 15:33
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To あらまさん



毎度です。

誰得どころか、僕の行き届かないジャンルでのアシストありがとうございます。


──コレで蔵元納得なの?? という不信感満載です。通常の価格で期待無しで飲んだらまあまあかな?の☆3くらいかもしれませんが、4合瓶4000円ですからね。これはもう激オコです。モウカンさんが期待を裏切られたときの気持ちがよーくわかります 笑

年末にマチダヤで見かけてたら危うく勢いで買ってたかもです。常盤の亀口は26BYで呑んでますが、さすがにこれは「くどき上手」よりも重く感じて少し苦手です。通常の常盤のイイやつはツルピカハニーで大好きです。茜は秋に出た生熟が「カルアミルク」で好きでしたね。茜はたしかにサンタリーテな村祐ですね。

徐々に28BYの全体像が見えて来ましたね。それでも旨い酒もあるので、結局は買うんですけど (笑) 。

またいつでも「ドッカンNEWS」下さい。見てる人、結構いると思います。

2017.03.28 Tue 11:13
Edit | Reply |  

Name - あらま  

Title - ドッカンファイヤー情報

誰得なドッカンファイヤー情報です。

まず今年の不出来が嘆かわしい花陽浴。

八反錦 → 残念感満載
美山錦 → えっ、こんなもん?

今年はこんな感じだと思いますが、山田純大無濾過生原は大丈夫です! いつもの花陽浴が飲みたい人は、山田錦を買いましょう飲みましょう。今度、雄町を飲みに行ってきます。なお、個人的にはさけ武蔵はむわっと感が苦手なので飲んでません 笑


そして村祐。これが残念。とってもガッカリです。ホント今年どうしちゃったの?という出来。

年末に出る予定だった黒の純大スペシャル。毎年毎年楽しみにしている高級酒ですが、今年のコメは溶けにくいそうで、発酵がうまく進まないだの、糖分が多く搾りに苦戦だのアナウンスが有り、ようやく出たのが2月。香り、味わい共に蔵元の納得いく仕上がりになったとコメントが有りましたが・・・コレジャナイ! 極上スイーツのような甘さを期待してたのに、そこそこ甘みがあるものの野太く飲み下した後のアルコール感が凄い。なにこれいらない。コレで蔵元納得なの?? という不信感満載です。通常の価格で期待無しで飲んだらまあまあかな?の☆3くらいかもしれませんが、4合瓶4000円ですからね。これはもう激オコです。モウカンさんが期待を裏切られたときの気持ちがよーくわかります 笑

次に出たのが茜ラベル初の亀口取り。去年と一昨年の茜ラベルは、酸味が利いた甘酸っぱ系の美味しいお酒でした。それ以前は酸味利き過ぎで酸っぱいだけのお酒でノーサンキューでしたが。しかし今年はひどい。甘くない。酸っぱくもない。アルコール感で重い。はい全然美味しくないでーす。正直☆1。気になっちゃった方は飲み屋さんで飲んでみて下さい。買うのはやめたほうがいいです。祐村みたいな辛口好きな方はどうぞどうぞご遠慮なく。

もうこうなると、大好きな常磐ラベル亀口取り買うのが怖いです。私はとりあえず1杯飲んでからにします。出遅れることになりそうですが。。。
2017.03.28 Tue 10:05
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To まったり日本酒道さん



毎度です。


──タカオマですが、1日目にちょっとだけ飲んで、2日目、3日目に飲みきるのがベストだと思われます。飲むときの参考まで。

正直、「黒澤」の後では「後夜祭のフォークダンス」にもならないと思いますので、期待値を下げて忘れた頃に気軽にサクっと開けます (笑) 。


──28BY日輪田の山廃純米 生原酒の肩に「しぼりたて」と書いてあるものを家飲みしましたよ。お米は裏ラベルに記載がなかったので、雄町じゃないです。

また微妙なモノを (笑) 。「萩の鶴/日輪田」は27BYでいろいろ呑みましたが、「別撰」だけが異次元で、あとは「まあまあの連続」で、唯一「日輪田 雄町65生」だけが☆5です。今季はどうでしょう。たぶん買います。


──甘み、苦味が凝縮して存在しているような感じがありました。これが山廃プレス論ですかね。

好みもあるとは思うんですが、やはりノイズ・リダクション状態でプレス感を楽しむなら「おりがらみ」は余計な属性だと思います。だって、これがあると、軽いモノも重くなるじゃないですか。本命は「雄町65」です。あとは朧酒店の頒布会ラインナップに「山田錦55生」があったはずなので、僕はむしろこれに注目してます──朧オリジナルだと泣きますが。というわけDE、純米は今季はスルーです。


──僕も早く米鶴や黒澤を飲んで、モウカンさんの言わんとするところを体験しないといけないですね。

自分で言うのもなんですが、☆5、☆6、☆7の世界観は別格です──特に28BYは過去のグレーディングよりも僕の舌が肥えてますので、ますます格別な酒になってます。僕がどうして☆3〜☆4ばかりを付けるかわかりますか?

それらが☆5以上じゃないからですよ!


1800mlは所詮720mlの倍の値段なので、残りの2合を捨てても元は取れます。居酒屋でちょろっと飲み食いしても3,000円なんてあっという間ですから、どのみち高く付くなんてことはないと思います。わけのわからないコンディションの酒をチマチマ飲むくらいなら、年に10本あるかないかの傑作を家でじっくりやる方が幸せです──たとえ残りの半分が劣化して美味しく飲めなくなったとしても。

年に250本以上家呑みする僕が言うんですから、これは本当のことです。もちろん、外呑みは違う意味での楽しみやインスピレーションを与えてくれますので、僕もたまには外に出たいですが、本当に美味しい酒は外でなんか呑みたくないのが本音です。「1%の美」も見逃したくないです。

2017.03.27 Mon 22:45
Edit | Reply |  

Name - まったり日本酒道  

Title - To moukan1972♂さん & temakinoriさん

こんばんはー。

だいぶ遅レスです。。

> モウカンさん

タカオマですが、四合瓶に3日目に60ccくらいだけ残して、5日目か6日目くらいにその残しておいたものを飲みましたが、バランスがちょっと悪くなっていたので、口開けして2日目、3日目がピークだと思います。1日目にちょっとだけ飲んで、2日目、3日目に飲みきるのがベストだと思われます。飲むときの参考まで。

メガネ警察のコメントは、いつか書こうと思っていて、たまたま良いタイミングで書き込んでしまったようです(笑)。

28BY日輪田の山廃純米 生原酒の肩に「しぼりたて」と書いてあるものを家飲みしましたよ。お米は裏ラベルに記載がなかったので、雄町じゃないです。

少しだけ粗めのオリがあったので、初めて上澄みハントしてみました。このオリは甘みに貢献するオリでしたね。上澄みだけのほうが、少し苦いというか、しまりのある酒になります。あと、栓を開けるときに、ぽっとは言わないくらいの、ちょっとだけガスがあります。香りはメロンを思わせる香りがありましたね。

日輪田は居酒屋でお燗で出してもらったときくらいしか経験がないのですが、萩の鶴の大人バージョンに思えました。甘み、苦味が凝縮して存在しているような感じがありました。これが山廃プレス論ですかね。

総論としては、まずまずな出来だと思います。1日目は飲んですぐ合格と思いましたが、2日目は(既に1日目に飲んで味を知っているので)あまり響かなかったです。

僕も早く米鶴や黒澤を飲んで、モウカンさんの言わんとするところを体験しないといけないですね。

> temakinoriさん

モウカンさんからもちょっとフォローがあったと思いますが、風の森、山形正宗は仕込み水に硬水を使っていて、多賀治もおそらく硬水なのではと思います。それで、その3つがわりと似た方向性になっているのだと思います。自分の好きな酒が、軟水か硬水か調べてみるのも面白いと思いますよ。

今季の長陽福娘は飲めていないのですが、長陽福娘を出してくれる居酒屋があるので、そこで見つけたら、山田錦純米直汲み飲んでみますね!

日本酒イベント楽しいので、行ってみたほうがいいですよ。この人がこのお酒を作っていたんだと親近感が湧いたりします。
2017.03.27 Mon 21:51
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To temakinoriさん



毎度です。


まずは「お詫び」というか「訂正」を。編集しても気づかない可能性があったので、次のコメントを待ってました。


──moukan1973♀さんの嗜好の方向性、実はけっこう前から僕の目指す先ではないかと密かにずっと気にしてチェックしているんですよ。笑

実は前回、これを完全に「moukan1972♂」と読み違えてました。まさかmoukan1973♀フォロワーがこの世に存在しようとは夢にも思わなかったので (笑) 。おかげで当人は舞い上がり気味です。♡☺♡「1973一派の旗揚げだ!」──ってオイ!

というわけDE、あまりおだてないように。すぐに調子に乗りますので。


──7つ目?なんだろう、超気になります。笑

たしかtemakinoriさん、スマホ組ですよね? 僕はスマホを持ってないのでよく分かりませんが、どうやら「PCモード」じゃないと、TOP画面最上部に僕が更新する「つぶやきメッセージ」が表示されないらしいんですよ。

実はこの時、6つのレスが溜まっていて、ゲームとして、レスを書き始める時刻をTOPに書いて、何分で全てのレスを書き終えるかというLIVE中継みたいなことをやってたんですよ。ところが、その最中にtemakinoriさんから新しいコメントが入り、急遽「7つ目」が登場したというわけです。それで「7つ目!」と (笑) 。わかりました? わからなくてもいいんですが。


──山廃は実はほぼ飲んだことないんですよね、もう全力で洗脳してください!笑 米鶴は実は相当気になっています。

それじゃあ、次のテーマにしましょうか。正直、今のこの時代、山廃生のイイやつを知らずに日本酒ライフを真に楽しむことは不可能です。


──実はモウカンさんの高評価酒が自分にハマるのかいまいち分からずいつも指を加えて見ているのですが、米鶴&菊鷹は今日からターゲットにします!

temakinoriさんのように頻繁に自分が飲んだ酒の感想やオススメ等を投げてくれる人であれば、僕は相当に的を絞ってピンポイントで酒を紹介してますので、コメ欄で僕が個別に投げ掛けたオススメに無駄は一切ありません。タカオマは未飲ですが、少なくとも明日土曜にUPする酒はカモオマに足りないモノを全て兼ね備えている酒で、moukan1973♀をして「米鶴以降の28BYで一番旨い」ということみたいです。これには僕も同意というか、そもそも彼女が飲むより先に☆5を付けてますので。


──あ、今日帰り際の東京駅でおもむろに赤武の山田錦純吟を買いました。生だと思ったら一回火入れでした、またか。。そしていま早速味見。

ナッ!?
これ、タカオマと同梱しましたよ (笑) 。ちなみにこれの生は確かないはずです。「赤武」は元々「火入れメイン」の蔵で、「冩樂」なんかとスタンスは同じです。


──誤解を恐れずにいえば、先日飲んだ長陽福娘の山田錦純吟山口9Eに似ています。 こっちのほうはあまり骨格を感じませんが、そのかわりフワッとしたほどけるような感覚を楽しめます。あと優しい甘味。

「こっちのほうはあまり骨格を感じませんが」──これが「水の硬さ」です。僕やサンジュリアンさんやkappaさんが「マッチョ」とか「筋肉質」とか「堅牢」と言ったりする属性のことです。


──NEWBORN純米も飲みましたが僕はこちらですね。

たしか「純吟」でしたよね?

http://moukan1972.blog.fc2.com/blog-entry-611.html#comment599


──皆さんの意見を見ているとミルキー感はあまり好意的に捉えられていないようですが、ドライ派の僕にとってミルキー感はポジティブなアクセントだと感じています。ドライ派だから?

28BYはわかりませんが、27BYの「ミルキー大賞」はこれです。

◤奥能登の白菊 - 純米吟醸 無濾過生原酒 そのまんま 27BY
http://moukan1972.blog.fc2.com/blog-entry-82.html


これ、甘口のくせに「酸、足りてる」ので、教材としては面白いし、酒としても☆5です。ちょうど28BYが出回ってますね。少し高いですけど。僕もぼちぼちエントリーしますよ。あとはこのへんですね。

◤星泉 (ほしいずみ) - 純米吟醸 夢吟香 6号酵母Ver 無濾過生原酒 27BY
http://moukan1972.blog.fc2.com/blog-entry-335.html

これは甘口ではありませんが──そう認識してる飲み手もいるようですが少なくとも僕はそう思いません──、酸の出方、使い方は同じです。たぶん──間違いなく好きだと思います。


──なんにせよ、適度な甘味と華やかさがありながら軽やかなクイクイ系の酒です。

これ、完全に近頃のmoukan1973♀と同じテーマですね (笑) 。その意味で「米鶴 山廃純米大吟醸」はパーフェクトにこの条件を満たしますし、たぶんtemakinoriさん、これ飲んだら泣きますね。1800mlのみだし、ネットではもう売ってないかもですが、量を飲む (酒が強い) のであれば、3日で空くと思います。いつも2合の僕が3合呑んでケロっとしてましたからね。

自分で言うのもなんですが、☆6はダテじゃないですよ。僕も舌が肥え過ぎて困ってますので、2017年は5本出ればいいかなと思ってます。10本も出るようならリピート&ストック用に新しい冷蔵庫を買いますよ (笑) 。

これからも積極的にコメください。僕のナビゲートも「より正確」になります。

2017.03.24 Fri 22:45
Edit | Reply |  

Name - temakinori  

Title - あかぶ

こんばんはー。

7つ目?なんだろう、超気になります。笑
タカオマ!目指せ☆4ですが、何ヵ月後が楽しみなような怖いような。。。
ハードボイルドすぎてチャーミングさが見当たらなかったらごめんなさい。

山廃は実はほぼ飲んだことないんですよね、もう全力で洗脳してください!笑
米鶴は実は相当気になっています。
実はモウカンさんの高評価酒が自分にハマるのかいまいち分からずいつも指を加えて見ているのですが、米鶴&菊鷹は今日からターゲットにします!

あ、今日帰り際の東京駅でおもむろに赤武の山田錦純吟を買いました。生だと思ったら一回火入れでした、またか。。そしていま早速味見。

そこそこ香りますが嫌なほどではなく、含むと桃と煮リンゴにミルキー感。バニラ感と言った方が正しいかも。甘味はちゃんとある(僕にとってはある、が、ありすぎない程度です)。で、なにより甘苦酸のバランスがよくエアリー。良い意味で軽いです。そして綺麗に溶けるような口どけ。

誤解を恐れずにいえば、先日飲んだ長陽福娘の山田錦純吟山口9Eに似ています。
こっちのほうはあまり骨格を感じませんが、そのかわりフワッとしたほどけるような感覚を楽しめます。あと優しい甘味。

NEWBORN純米も飲みましたが僕はこちらですね。ふと買ったにしては思わぬ当たり酒でした。
あまり日本酒飲み慣れていない友人に飲ませたら間違いなく好評を得られる酒だと思いますね。

最近、こういうニュアンスの酒によくあたります。皆さんの意見を見ているとミルキー感はあまり好意的に捉えられていないようですが、ドライ派の僕にとってミルキー感はポジティブなアクセントだと感じています。ドライ派だから?
ただ流行りの傾向にいまさら出会って、皆さんより周回遅れでハマってるだけかもしれませんが。笑

なんにせよ、適度な甘味と華やかさがありながら軽やかなクイクイ系の酒です。あえて言えば、もう少し価格は低いほうが嬉しいですけど 。
2017.03.24 Fri 20:20
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To WOOFさん、小尾けのびさん



WOOFさん


毎度です。
たまに登場するとやたら長いな (笑) 。
ありがとうございます。


──メールマガジンに登録し、何とか旨い酒を逃さないように心がけているものの、☆4.5以上がついた銘柄は、かなり気合入れて初動を早くしないと買い逃すという危機感が最近はあります。

なんだかんだ日本酒の場合、まだまだネット販売における全体のシェアが低いのが現状なので、どうしても限られた本数を奪い合いになる傾向にあるものの、一方、実店舗には案外フツーに残ってたりする。「花邑」なんかまさにそうで、店に行けば簡単に買える。オレが買った店なんかにはまだ普通に残ってるんじゃないかな。去年も2ヶ月くらい残ってたし。


──何とかこちらからも「これだ!」というものをプッシュして、ここの皆さんで喜びを分かち合う事ができれば良いですが、安易に薦める事には少し慎重になっています。

この「不定期WOOF報」も地味に参考にしてる読者さんもいるんじゃない (笑) ? 大多数としては、世の中の趨勢はオレの求めるモノとはクワナリ違うだろうし。


──「moukanさんは☆4つだし、もしかしたらあんまり期待できねーかなー。」と思いながら飲み込んだ数秒後、「え?すげー旨いんだけど!!」

いや、最近じゃ☆4すらなかなか点灯しませんから (笑) 。このクラスになれば、酒そのものの出来の悪さは否定されるから、あとは個人の嗜好に左右されるゾーンで、実は一番グレーディングするのが難しい領域です──つまり、飲み手が変われば☆5にも☆6にも成り得るゾーン。


──「もう少しこの甘みが邪魔しなければさらに感動しただろうな。」と直感的に思ってしまいました。

一つ裏からの認識を提示しておくと、「甘みが邪魔」なのではなく、「酸があるから甘くても飲める」ということね。なので、この酒は「生酛」だからここまで甘くても成立するということなんだと思います。「スイカにかける塩」のような酸とも言えるかもしれない。とはいえ「はじめに甘ありき」の酒であるはずだし、これがこの酒の根幹に関わる部分なので、まあ、そこは受け入れるしかないし、逆に言うと、ここまで甘いからこそ「酸」にフォーカスすることができたし、オレにとっては逆説的に「酸」の存在を強く感じさせる酒だったけど。


──米鶴は、めっちゃ旨いです。衝撃度は自然酒の方が上でしたが、一緒に並べてある他の酒には手が伸びず、ひたすらこれを飲んでしまいます。

ま、オレもいろんな意味での「衝撃度」は「自然酒」の方が上だったかもしれない──酒屋問題も含め (笑) 。「自然酒」は街でスレ違ったスゲえ変な格好をした一度見たら忘れられない田舎のお登りさんで、「米鶴」はスレ違った瞬間に今スゲえ美人がいた!と思って二度見した時にはもうそこにはいないという感じ。


──篠峯は、難儀でした(笑) 突出した旨さやインパクトを探せず、「おお。旨い。」で終わってしまいました。そして、亀甲花菱はそれ以上に「何もインパクトの無いお酒」 でした。きっと去年とは大分違うのかな?と思います。

「インパクト問題」は言葉以上に複雑な要素を抱えてるからな。たとえばオレが去年一番驚いたのが「酸っぱい屋守」だったりとか (笑) 。人によっては「予想を裏切るモノ」であったり、逆に「自分の求めているモノ」にバシっとハマりつつ、そこを少しだけ超えていくような「理解の上に新発見が上積みされたモノ」だったり。「記憶に残るインパクト」もあれば、「夢や幻のように通り過ぎていくインパクト」もある。それは現象における「生々しさ」と「はかなさ」という表裏だろうし、そのどちらも、意味の真逆なインパクトだと思うわけだ。


──甘いけど(笑)

いわゆる一つの「けど止め」ジャンル (笑) 。

▪︎あの人、面白い──バカだけど。
▪︎これ、旨い──高いけど。
▪︎それ、不味い──体にいいけど。

そういう意味では「語りたくなる酒」ではあるのだろう。オレはもう買わないけど (笑) 。


────────────────────────────

小尾けのびさん


毎度です。


──米鶴山廃の話題が出て直ぐに、近くの酒屋が卸していると思われる居酒屋に入荷し、3兄弟の話題がでて、生もとの入荷がアップされており、一部の感度が早い人が動いている感があります。

その酒屋、近日中に出向くので、ここで晒さないように (笑) !

「一喜」は27BYで2本呑んだんですが、どうもピンと来なかったのは、矢崎氏が既にいなかったからなんだと今では思います──米問題もあるだろうけど。

「米鶴」は「一喜」とはまるで違う酒質ですが、純大の山廃なんかはイイ感じに「山形地酒」的な可憐さ、美しさがあって、本当に移籍してよかったと思いますね。自分の感性と、その土地や水や米との相性もあるでしょうし。

「寒さ」だけには驚いてるようですが、彼も充実した日々を送っているようなので、今季は期待しておきます。ぼちぼち「超しぼりたて生 純米吟醸」ですね。これは華やかでフルーティーみたいなので、小尾けのびさん的にも注目しておいていいと思います。1800mlのみだと思いますが、そろそろ720mlロットも出そうな気はしてます。720mlって、輸送コストなどの諸々の面で儲けが少ないらしいんですよね。言っちゃえば、「お得なランチ」のような、お試しサンプル版なんでしょうね。値段的には割高ですが (笑) 。


2017.03.24 Fri 11:12
Edit | Reply |  

Name - 小尾けのび  

Title - 

WOOFさんの言う

メールマガジンに登録し、何とか旨い酒を逃さないように心がけているものの、
☆4.5以上がついた銘柄は、かなり気合入れて初動を早くしないと買い逃すという
危機感が最近はあります。

これ、私も少し感じます。
米鶴山廃の話題が出て直ぐに、近くの酒屋が卸していると思われる居酒屋に入荷し
3兄弟の話題がでて、生もとの入荷がアップされており
一部の感度が早い人が動いている感があります。

それもまた嫌いじゃないですけどね
2017.03.24 Fri 00:36
Edit | Reply |  

Name - WOOF  

Title - No title

こんばんは。

メールマガジンに登録し、何とか旨い酒を逃さないように心がけているものの、
☆4.5以上がついた銘柄は、かなり気合入れて初動を早くしないと買い逃すという
危機感が最近はあります。
何とかこちらからも「これだ!」というものをプッシュして、ここの皆さんで
喜びを分かち合う事ができれば良いですが、安易に薦める事には少し慎重に
なっています。
あ、でも、薦められるのは大変ありがたいので、これからもお願いします。
(皆さんに強く薦めて頂いた「自然酒初しぼり」ついに飲みましたよ!!)

では、最近飲んだ銘柄を、旨かった順に並べて書きます。
・金寶自然酒 生しぼり
・七田 純米吟醸 無濾過生 山田錦・さがの華
・笹正宗 純米吟醸 生 五百万石
・甲子 立春朝絞り 純米生原酒
↑ここまでrecommended
・大観 雄町 生
・五十嵐 純米吟醸 直汲み
・澤屋まつもと 特別純米 愛山
↓ここからnot recommended
・山川光男 2017 ふゆ
・花陽浴 無濾過生原酒 八反錦

自然酒については、薦めてくれてありがとうございました!
「moukanさんは☆4つだし、もしかしたらあんまり期待
できねーかなー。」と思いながら飲み込んだ数秒後、「え?すげー旨いんだけど!!」
となりました。旨さにビックリしたのは、例の高千代と同じだったのですが、
とても意外な事に、「もう少しこの甘みが邪魔しなければさらに感動しただ
ろうな。」と直感的に思ってしまいました。
「甘みが邪魔」と思った事は実は初めてです。甘みを求めていると思っていた
本人が、これを思ったという事は、「本当に求めているのは甘みではないのかも
しれない」と気付いた瞬間でもありました。
それでも、「何」を求めているのかはまだ分かりませんけど(笑)

あとは、ざっとコメントを書くと、
七田は前回少し書いた通り、赤武に感じたような、この銘柄だと分かる個性が
光りました。笹正宗は、さすがの旨さでした。しかし、これは酒屋チューニングに対する
高評価だと思ってください。甲子は、米鶴で話題に上がっていましたが、
フレッシュ感もあり、十分に旨かったです。
五十嵐はここでお薦めして頂きました。こちらも十分に旨かったですが、
他の良くある新酒と区別がつきにくかったです。
澤屋まつもとは火入れのようですが、五十嵐とあまり区別がつかないような
特徴の弱いモノに感じました。
花陽浴は逆方向にビックリしました。去年初めて飲んで感動した銘柄と同じものとは思えません。
まるめちさんのブログでも去年との差異を指摘されていましたが、
僕は同じモノとすら感じませんでした。

その他、採点はまだしていないですが、開けてちょろっと飲んだのが、米鶴山廃純大と
十四代本丸、篠峯純大山田錦26BY、亀甲花菱ホラーラベルです。
米鶴は、めっちゃ旨いです。衝撃度は自然酒の方が上でしたが、一緒に
並べてある他の酒には手が伸びず、ひたすらこれを飲んでしまいます。
これが評価そのものだと思います。
で、とち狂っているのかもしれませんが、僕はこの米鶴と自然酒が似ていると
いう感覚がありました。もちろん言葉で説明はできませんが、感覚として僕の中に
確かに存在しています。
十四代は、値段を大幅に超える味ではあるとは思いますが、定価以上では要りません。
篠峯は、難儀でした(笑) 突出した旨さやインパクトを探せず、「おお。旨い。」で
終わってしまいました。そして、亀甲花菱はそれ以上に「何もインパクトの無いお酒」
でした。きっと去年とは大分違うのかな?と思います。

伝えたい思いはこんなもんではないです。
が、この辺で止めておきます。皆さんmoukanさんの記事を見にきているので^^

まるめちさん、あらまさん、またその他に自然酒を薦めてくれた方々、
ありがとうございました!大満足です☆

甘いけど(笑)
2017.03.24 Fri 00:15
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To NTさん



NTさん


はじめまして、moukan1972♂です。熱量のあるコメントありがとうございます。


──歯に衣着せぬ評価を興味深く拝読させて頂いています。

いや、これでも「悪人の衣」を着せてるつもりなんですが──冗談です (笑) 。


──仙禽は、今季初めに初槽せめを飲んだのですが、綺麗な日本酒という感じで、以前のような個性的な味わいがなく、がっかりしていました。

これ、意見が分かれますよね〜。昔の酸っぱい「仙禽」が苦手な人には逆に好評ですし、以前のファンには「???」という (笑) 。この路線は27BYの「モダン仙禽 山田錦 生」あたりから顕在化してきましたね。26BYの生は最強クラスに濃醇で、まるで「赤とんぼ」をオシャレにしたような酒だったんですが。。


──で、ちょっとおいてから開栓したのですが、確かに、以前の仙禽に勝るとも劣らないユニークな酒でした。 これぞ仙禽という感じでしばらくは楽しんだのですが、ただ、最初の甘酸っぱさがきつく、1升消化するのは、正直ちょっと苦労しました。

ご苦労様でした。これも意外に意見の分かれる酒ですね。そうですか。我が家では問答無用に「うめえうめえ」言ってなくなりましたが (笑) 。実はこれ、結構オリがあるんですよね。瓶が黒っぽいので見えないんですが、撹拌すると「薄にごり」になって、途端に甘くなって飲みやすくなるとは思うんですが。

あと、冒頭のアタックがキツイなら、片口やチロリなんかに移してデカンタージュしてから飲むと角が取れることが多いです。ワイングラスなんかで呑んでも甘くなりそうな酒ですよね。この酒の場合なら、僕はグイ呑み経由でダイレクトに口に直汲みするのが好きですが (笑) 。

35〜40℃くらいまでつけて、冷ましながら飲むのもいいですね。あとはロックです。放っておくと薄まるので、うちではチロリに酒を入れ、そこに氷を落として撹拌して、適当なところで氷を一度引き上げます。濃かったら氷を再投入、薄かったら酒を足します。このクラスの大物酒は飲み手が受け身で待っていてもその魅力を全て語ってはくれませんから、こちらから深部へ分け入っていく姿勢が大事な場合もあります──いちいち面倒臭いですけど (笑) 。


──仙禽は、2~3年前に飲んだ奴は、甘酸っぱさはあまりなく、非常に味のりした個人的にはドストライクなものだっただけに、通常のスペックのものは、今後ずっときれいな酒路線になってしまうとすると残念です。

今度、何かのイベントで薄井のヤロウに会ったら言っときますよ (笑) 。僕は25BYの「線香花火 愛山」が初仙禽だったと思いますが、ちょっと物足りなかった印象あります。26BYは先の山田錦生の他に、「クラシック仙禽 山廃 亀ノ尾」なんかも良かったですね。27BYはツルピカな甘口と、チョークな粉っぽいハズレ酒が2本と、ナチュールトロワは甘いですが普通に美味しく、「赤とんぼ」で全てを許しました (笑) 。


──などと自分の話ばかり書き散らしすいません。

あ、全然。なぜかそういう人ばかりですから。中には、まるで呪文のような難解な呟きを残したまま、しばらく姿を見せない人もいますよ (笑) 。


──米鶴など非常に興味をひかれているのですが、自分がいける範囲の酒屋には取扱がなさそうなので、見送りです。moukan様がおすすめしておられる酒で、入手可能なものがあれば、引き続き追いかけてきて、追体験できればと思っていますので、よろしくお願いします。

矢崎氏プロデュースの酒は、まだ20店舗くらいしか扱いがないみたいですからね。今は「甲子/一喜」の扱い店が中心で、「米鶴」としても「試験醸造ライン」という位置付けみたいです。営業なんかも矢崎氏が一人でコツコツやってるみたいなので、まだ2年目ですし、これからです。うちのブログでは可能な限り全て取り上げようと思ってますので、引き続きチェックよろしくお願い致します。

また気軽にどうぞー。


moukan1972♂


2017.03.23 Thu 14:25
Edit | Reply |  

Name - NT  

Title - 初めまして&仙禽

昨年末に、こちらのブログを知り、以来、歯に衣着せぬ評価を興味深く拝読させて頂いています。今回は、先日のサンジュリアンのコメントを見て、ちょっと自分もコメントさせて頂こうと思った次第です。

仙禽は、今季初めに初槽せめを飲んだのですが、綺麗な日本酒という感じで、以前のような個性的な味わいがなく、がっかりしていました。 また、moukan様の記事で、赤とんぼは非常に個性的な酒であることを知ったのですが、その時にはすでに秋上がりの季節は過ぎていたので、時すでに遅しでした。

ところが、こちらの掲示板で自然酒の話題を見て、それまで全く気にも留めていなかったのですが、そういえば行きつけの酒屋でそんなラベルあったなということで、出かけたところ、自然酒はちょうど売り切れでなかったのですが、なぜか、赤とんぼが最終入荷ということで並んでおり、なんでこの時期に???と思いながらも、思わぬ僥倖ということで無事ゲットできました。

で、ちょっとおいてから開栓したのですが、確かに、以前の仙禽に勝るとも劣らないユニークな酒でした。 これぞ仙禽という感じでしばらくは楽しんだのですが、ただ、最初の甘酸っぱさがきつく、1升消化するのは、正直ちょっと苦労しました(花巴もそんな感じでした)。 もっとも、今回コメントするにあたり、moukan様の記事を再読したら、冷酒ではただの甘酸っぱい酒だとちゃんと指摘されていたことに気づきましたので、軽く燗をつけたら、ずいぶん変わったのかもしれません。

仙禽は、初めて飲んだ時は、三芳菊ほどではないにしてもちょっときわものな感があったのですが(もっとも当時は初心者で慣れてなかったのかもしれません)、2~3年前に飲んだ奴は、甘酸っぱさはあまりなく、非常に味のりした個人的にはドストライクなものだっただけに、通常のスペックのものは、今後ずっときれいな酒路線になってしまうとすると残念です。

などと自分の話ばかり書き散らしすいません。 米鶴など非常に興味をひかれているのですが、自分がいける範囲の酒屋には取扱がなさそうなので、見送りです。 moukan様がおすすめしておられる酒で、入手可能なものがあれば、引き続き追いかけてきて、追体験できればと思っていますので、よろしくお願いします。
2017.03.23 Thu 13:00
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To temakinoriさん



7つ目! (気にしないで下さい)


毎度です。


──でも逆に酸を感じやすパキっとしてる気もします。(酸のことはあんまよく分かっていないので雰囲気だけですが笑)

あ、買いました、コレ (笑) 。
来週の木曜に届くので呑むのは少し先になりそうですが、話を聴いてると3ヶ月くらいは寝かせた方がいいかなあと思ってます。


──もしタカオマを今後飲まれる方がいるとしたら、初日は味見もそこそこにして、二日目以降を冷やしすぎない温度で楽しむのが良いかと思います。ミルキーな甘味が前に出てきてからがこの酒の本領発揮だと思います。

なんか「カモキン雄町」の記憶が蘇るのは気のせいか (笑) 。
ハードボイルドそうだなー。
大丈夫かなー。
でも、酸は足りてそうなので、なんとか楽しんでみます。


──ちなみにマイブームのレンジ燗、これは思ったほどの効果がなくいまいちでした。 長陽福娘の雄町はすごくふくよかになったのですが、なにやら燗は奥が深そうですね。。。

タカオマ、人肌燗 (35℃) あたり、良さそうな気もしますけどね。そうなるとレンジは20秒とか15秒ですかね。


──村祐、いつもいくお店あるんですが甘口のイメージが強くてずっとスルーしていました。紹介いただいたやつを見かけたらチャレンジしたいと思います!

緑の「常盤」は最甘です。紺の「紺瑠璃」が中間で、「茜」は割とホロ苦ミルキーなのでイケると思います。秋に出る生熟がオススメですね。


──moukan1973♀さんの嗜好の方向性、実はけっこう前から僕の目指す先ではないかと密かにずっと気にしてチェックしているんですよ。笑
舌は圧倒的に奧さまが肥えてる思いますので、僕はついていくだけです! どうぞよろしくお伝えください!


僕もドッカンファイヤーな甘華やかな酒もだいぶ飲みましたが、まあ、やっぱ年末に26BYの篠峯を飲み直して覚醒しましたよ。だいぶいろいろわかってきました、自分なりに。

そりゃそうと、近頃moukan1973♀が自ら「あたしドライ派かも」と言い出してまして、temakinoriさんなんかと好みが似通って来てる可能性があります (笑) 。

さて、こうなると、次は「山廃生」でも洗脳しますかね (笑) 。「米鶴」とか「菊鷹」とかのカロリーオフ系のモダン山廃はきっと「新しい扉」を開いてくれると思いますよ。ある意味「ドライの到達点 (終着駅) 」と言えるかもしれません。

あ、編集された。なんだろ。

特に追記はナシのようなので、ひとまずこのままレスします。

2017.03.22 Wed 23:57
Edit | Reply |  

Name - temakinori  

Title - まったり日本酒道さん&モウカンさん

タカオマ、訳あって二日目は飲めず三日目です。
初日よりまとまってチャーミング、冷やしすぎは厳禁ですね。27BYよりはやっぱり線が細いなぁと、でも逆に酸を感じやすパキっとしてる気もします。(酸のことはあんまよく分かっていないので雰囲気だけですが笑)
でも、やっぱりもっと甘味が欲しいですね。

もしタカオマを今後飲まれる方がいるとしたら、初日は味見もそこそこにして、二日目以降を冷やしすぎない温度で楽しむのが良いかと思います。ミルキーな甘味が前に出てきてからがこの酒の本領発揮だと思います。

ちなみにマイブームのレンジ燗、これは思ったほどの効果がなくいまいちでした。
長陽福娘の雄町はすごくふくよかになったのですが、なにやら燗は奥が深そうですね。。。

>まったり日本酒道さん
タカオマのフォローコメントありがとうございました!
同じ酒を飲みながらあーだこうだ言えるのってすごく嬉しいです。
お察しの通り、山形正宗はたまに飲みますよ。言われてみると、確かにタカオマとの類似点が多い気がしますね!特にこの28BYはちょっと前に飲んだ山形正宗の雄町直汲みかなりニュアンスが近いような。

ちなみに今期飲んだ長陽福娘の山田錦純米直汲みが、僕にとっては目から鱗でした。
タカオマの二日目以降、冷やしすぎずをずーっとふくよか&幻想的にした感じで。
モウカンさんブログで自分がドライ派だと初めて知ったので、守備範囲を広げるべく、もうちょっとリッチな方向性の酒にチャレンジしたいなぁと思っています。

あ、日本酒イベントの記事拝見しました!
実はこういうイベントは未体験なんですが超興味ありでとても参考になりました!
今年はどこかでデビューしてみたいです。

>モウカンさん
村祐、いつもいくお店あるんですが甘口のイメージが強くてずっとスルーしていました。紹介いただいたやつを見かけたらチャレンジしたいと思います!

moukan1973♀さんの嗜好の方向性、実はけっこう前から僕の目指す先ではないかと密かにずっと気にしてチェックしているんですよ。笑

舌は圧倒的に奧さまが肥えてる思いますので、僕はついていくだけです!
どうぞよろしくお伝えください!
2017.03.22 Wed 23:20
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To 日本酒4年生さん



日本酒4年生さん


はじめまして、日本酒3年生のmoukan1972♂です (笑) 。


──話は変わって、モウカンさんはiMacを利用されてますが、どのスペックを利用されてますか? 購入の参考にしたいので、用途や使い心地などを教えて頂けませんか。

何を隠そう、パソコンには全く詳しくないので、4〜5年前当時のエントリークラス (普通クラスのspecのモノ) を買っただけです。最近は僕のスピードについて来れないことが多いので、新しいのに買い替えようと思っているところです (笑) 。お力になれず申し訳ありません。

実はWindowsパソコンを触ったことがないので、比較はできないですが、Macは直感的な操作が売りなので──適当にやれば何とかなる──、なんとなく融通の利くオモチャみたいな感覚でしょうか。あとは、最初にハードディスクのパーテーションを区切れば、WindowsのOSなんかも入れらるはずでしたが、詳しいことは分かりません。


──P. S. 秋山のろくまる26BYの在庫を無くしたのは私です。モウシワケアリマセン。

むしろ読者さんでよかったです。美味しく飲めたことを願うばかりです。ま、あそこは古いBYの酒は氷温管理なので、たぶん、ビックリするほどフレッシュだったと思いますが。

なんだかんだで、僕も去年あそこで3本買えたので、イイ酒はみんなで分け合いましょうということで。

今後とも宜しくお願い致します。


moukan1972♂


2017.03.22 Wed 01:46
Edit | Reply |  

Name - 日本酒4年生  

Title - 酒以外でスミマセン

いつもお酒の批評楽しみに拝見させてもらってます。
話は変わって、モウカンさんはiMacを利用されてますが、どのスペックを利用されてますか? 購入の参考にしたいので、用途や使い心地などを教えて頂けませんか。

P. S.
秋山のろくまる26BYの在庫を無くしたのは私です。モウシワケアリマセン。
2017.03.22 Wed 01:33
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To まったり日本酒道さん



毎度ビビります。


──あと、モウカンさんの影響で、芸能人の眼鏡が似合っているか気になるようになりました(笑)。メガネ警察ネタも楽しみにしております。

実はこのコメをもらった時、まさにブログ用の写真を飲み食いしながら撮ってる最中だったんですよ──メガネの写真は撮影済み。マジでビビりました (笑) 。

日本酒の場合、ビールなんかと違って「余計な量」は飲めないんですよね。ある一定の酔いのレベルに達すると「お腹いっぱい」になるというか。なので、そこまで飲みすぎることもないんですが、中には「危険な酒」があることも事実ですね (笑) 。

気をつけます。
2017.03.22 Wed 00:14
Edit | Reply |  

Name - まったり日本酒道  

Title - To moukan1972♂さん

返信ありがとうございます。

> ま、読者さんの中に「オレの薦めた酒でモウカンに☆5以上を付けさせる」というモチベーションがあるのだとしたら

これは程度の差こそあれ、おすすめしてる人はみんな持ってるはず(笑)。精度を上げるには、自分が飲んだBYとスペックまでちゃんと指定したほうが良さそうですね。あるいはロットまで(笑)。

とはいえ、モウカンさん、飲み過ぎには気をつけてくださいね。僕なんかは、さすがに毎日飲み続けるのは無理です。。

> これまた「集客の良さそうなコンテンツ」を (笑) 。力作じゃないですか。さっそくfacebookページでシェアしました。

シェアありがとうございます!僕は毎日記事を更新できないので、こういう集客力のあるコンテンツを作ってPVを出していかないと、やる気に影響が出てしまうので(笑)。次は本編を更新しますよ。

あと、モウカンさんの影響で、芸能人の眼鏡が似合っているか気になるようになりました(笑)。メガネ警察ネタも楽しみにしております。
2017.03.21 Tue 20:44
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To まったり日本酒道さん



毎度です。


タカオマ (多賀治の雄町) レポートありがとうございます。


──あと、多賀治にも酸は出てると思うんですが、僕の乏しい表現力では、どう表現していいか分かりません。。モウカンさんの感想を聞いてみたいところですが、

こうして強固な「多賀治包囲網」が・・・。
読者さんからのリクエストも、そろそろ影武者を2〜3人用意しないと一人ではまかなえない本数になってきましたね (笑) 。

ですが、なかなか骨太──太くはなくとも骨格のしっかりした酒みたいなので、むしろ最近じゃmoukan1973♀の方が好みのような気もしますが、「ドライ一徹クイクイ系の酒」は彼女が人並みに文章が書ければ分担で任せたいくらいですよ。「山形正宗」も何だかんだで25BYからずっと呑みたいんですが、近所に扱いがないので、ついつい後回しです。

「多賀治」は某酒屋の同梱目掛けて待機中です──そこにまだ入ってない。昨日2本買って、それとは別に今週は9本来るので、百春も飲まなきゃならないし、舞美人デビューも控えてますし、もう大変ですよ。

ま、読者さんの中に「オレの薦めた酒でモウカンに☆5以上を付けさせる」というモチベーションがあるのだとしたら、これほど筆者冥利に尽きることはないですが (笑) 。コメ欄経由のオススメでは、まだ1本しかないですからねえ──「貴 夏純米 発泡ニゴリ」。


というわけDE、みなさま、是非頑張ってオレを降伏させて下さい。


──そして、ブログを更新しました。また本編と脱線シリーズですが、モウカンさんや他の読者さんにも有益な情報だと思われます。

お疲れ様です。
これまた「集客の良さそうなコンテンツ」を (笑) 。力作じゃないですか。さっそくfacebookページでシェアしました。フォロワー28人なので影響力は少ないですけど。

いつもナイス・アシストありがとうございます。

2017.03.21 Tue 14:15
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To temakinoriさん



毎度です。多賀治レポありがとうございます。


──多賀治の雄町、毒味中です。 27BYを二回りぐらいダウンサイジングした感じですかね。

ますますハードボイルド (笑) 。


──あ、すみません。なんかぶつぶつと独り言。

書いてる (喋ってる) 最中に突如つかむ「気づき」は貴重な思考体験です! 逃してはいけませんよ!


──初日はこんな感じですが、二日目はもっと馴染む感じはありますね。あと温度が上がってくると、ほろ苦カルーアミルクっぽくなってきました。ここら辺は風の森チックですかね

そういうことであれば、

◤村祐 - 茜ラベル 特別純米酒 一夏生熟成 27BY
http://moukan1972.blog.fc2.com/blog-entry-494.html

このへんなんかもtemakinoriさんの新しい扉を開いてくれるかもしれません。「村祐」の中では甘さも香りも控えめなので、飲み飽きしないと思います。


──モウカンさんには、味が乗ったときのやつを飲んでほしいですけど、これはこれでもし飲まれるようなら感想を聞いてみたい気もします。 ちなみに飲まれる場合は温度は高めのほうがおすすめです、冷たいとカッチカチニガニガになっちゃうかと。

最近いろいろ「依頼」が多いので──ここまで読者に「呑んでくれ」言われる人、他にいるのだろうか (笑) ──、時期は分かりませんが、いつかは呑んでみたい銘柄なので、遅かれ早かれだとは思います。なんか最初に呑むなら「十八盛」の方がベターなんじゃないかと思ったりもしますが。

そうそう「水府自慢」ですが、マチダヤは初回入荷は売り切れで、バックオーダーが入るかもという状況でした。ま、日誌係あたりが真っ先に記事にするんじゃないですかね (笑) 。
2017.03.21 Tue 02:58
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To サンジュリアンさん



毎度です。

メールのレスが遅れて申し訳ありません。フルニのナチュール、うきうきワインの玉手箱にも出てましたか。ありがとうございます。なんか検索してもウメムラしか出てこなかったんですけど、流石は楽天マスターです (笑) 。ウメムラが残り1本だったので少し焦ってました。冷蔵庫に余裕ができたら買うと思います。週末の2日で余裕で空きますね。昼から飲めば1日で空きますね (笑) 。


──初めての仙禽の生酒を飲みました。山田錦のムロゲン生 純米吟醸 無垢

今回の生酒には何か違うテイストを期待してたのですが、火入れ酒と全く同じ路線で他の生ムロゲンぽい生気或いは躍動感が薄い、というより無いと思います正直拍子抜けという印象でした。


27BYからなんか軽くて甘いんですよね。「赤とんぼ」は1年熟成なので中身は26BYですが、28BYもツルピカ路線ですか。ちょっと残念ですね。だったらクリア路線の極北を行く「クラシック仙禽」を「山廃」代わりに呑んだ方が良さそうですね。ひとまず、28BYは「モダン仙禽」と「クラシック仙禽」の山田錦でエントリーします。なんか山田錦が遅れてますが、出るんでしょうか。


──何となくこの蔵元の特徴が見えてきた感があります。 この先どの様に変わって行くのか分かりませんが、今の路線であればもうここは敢えて買おうとは思わないので卒業します。

生酛のナチュール・シリーズ (27BYは全6種類で味もバラバラ) は面白いモノもあるので、なんとか情報を得て当たりを引きたいんですが、どうにも日本酒ブログ界隈で僕と同じ次元で「生酛/山廃」を理解してる人が存在しないので、誰にも頼れないのがキツイです (笑) 。ま、酒屋も似たようなもんですが。去年のトロワはなかなか面白かったですし、最近の酒で言えば「超自然酒」と言った趣きでしたね。


──ワインで言うところの背骨(綺麗な酸)の無い飲み易い、日本酒ビギナー向けという印象です。勝沼の甲州みたいな感じです。

少なくとも26BYまでは「酸っぱい酒」だったんですけどね。「赤とんぼ」がサンジュリアンさんの中で別の意味を持つ日が来ることを願ってます。何度も言いますが、これは歴史的な傑作です。


2017.03.21 Tue 02:44
Edit | Reply |  

Name - まったり日本酒道  

Title - 多賀治とブログ

こんばんは!

僕も多賀治の雄町を家飲みしました。僕は27BYの多賀治は飲んでないので、27BYとの比較はできませんが、temakinoriさんと同じような感想を持ちました。

1日目は、固くてチャーミングさの全くないサイボーグのような酒でしたが、酒全体のバランスと、骨格はしっかりしているので、クイクイとまではいきませんが、酒は進みました。ガスは、栓が飛ぶほどはないですが、開けるときにぽっと音がするくらいには、しっかりあります。9号酵母を使っているのですが、香りは、ちょっとしたアルコール感くらいの香りしかないです。

28BYの朝日では、日数を置いても全く変化がなかったので、雄町も変化しないだろうと期待せずに2日目を飲んでみたら、開けてびっくり、チャーミングさが顔を出していい具合になりました。temakinoriさんがおっしゃっているように、温度はRS(冷酒)ゾーンから少し上がったくらいの方が、味が出てきていい具合だと思います。

ちょっとぐぐっただけでは良く分からなかったですが、多賀治の蔵は、硬水なんですかね。朝日の方は7号酵母を使っているせいか風の森に近く、雄町は山形正宗に近い気がします。temakinoriさんは、きっと山形正宗もお好きだと思いますよ(既に飲んでたらすみません。。)。

あと、多賀治にも酸は出てると思うんですが、僕の乏しい表現力では、どう表現していいか分かりません。。モウカンさんの感想を聞いてみたいところですが、28BYの多賀治の雄町は、すごいアガれる酒というわけではなく、なんとか合格点をもらえて☆4かなという印象です。

でも、僕も多賀治は好きですよ。またちょくちょく飲んでみようと思います。

そして、ブログを更新しました。また本編と脱線シリーズですが、モウカンさんや他の読者さんにも有益な情報だと思われます。

【決定版】主要な日本酒イベント・試飲会まとめ
http://blog.sake-casual.com/2017/03/20/event-summary/
2017.03.21 Tue 00:41
Edit | Reply |  

Name - temakinori  

Title - 毒味

どうもです。

多賀治の雄町、毒味中です。
27BYを二回りぐらいダウンサイジングした感じですかね。

全体の構成はそこまで変わったようには思えませんが、この銘柄の持つ甘じょっぱさがかなりスリムになって、逆にほろ苦さはそのまま残ってます。ミルキーな感じも比較的残っています。うん、苦いな。

あぁ、このミルキーさ。僕が長陽福娘の山田錦28BYのミルキーさにハマった理由が今更ながらよく分かりました。笑
多賀治だったのか、なるほど。
あ、すみません。なんかぶつぶつと独り言。

やっぱりちょっと水っぽいですね、あと苦い。たぶん苦味が強くなったのではなく、他の要素が弱くなったんだと思いますが。

面影はありますよ。
僕が好きなときは、この28BYのほろ苦さとミルキー感に、甘じょっぱさがもっと加わって、それらの調和がとれていましたけど。

早飲みは苦すぎると思いますが、もっと味が乗ってきたら僕の好きだった感じに近づく予感はあります。
たぶん強い酒質だと思うので、しばらく寝かしたほうがきっと良いんだと思います。

初日はこんな感じですが、二日目はもっと馴染む感じはありますね。あと温度が上がってくると、ほろ苦カルーアミルクっぽくなってきました。ここら辺は風の森チックですかね。

なんだかんだで、僕は好きです。苦いけど、好きだったあの娘の面影は感じられますし。もっと育てばやっぱり好みに近づくと思います。

なんかこの銘柄、秋口までずっと生原酒の直汲みを出し続けるので、今期もちょくちょく繰り返し飲むつもりです。

モウカンさんには、味が乗ったときのやつを飲んでほしいですけど、これはこれでもし飲まれるようなら感想を聞いてみたい気もします。
ちなみに飲まれる場合は温度は高めのほうがおすすめです、冷たいとカッチカチニガニガになっちゃうかと。
2017.03.20 Mon 19:07
Edit | Reply |  

Name - サンジュリアン  

Title - by28 仙禽 無垢

毎度です。
初めての仙禽の生酒を飲みました。山田錦のムロゲン生 純米吟醸 無垢
仙禽はこの一年で5-6本飲んでますが、紹興酒ぽい赤とんぼ(自分的には養命酒)を除き、今まで飲んだ一火品は何れもやや甘めで軽め、酸少なめでスイスイ飲めるのが特徴で普通に良い人だけど、隣に居てもときめかない人という印象でした。
今回の生酒には何か違うテイストを期待してたのですが、火入れ酒と全く同じ路線で他の生ムロゲンぽい生気或いは躍動感が薄い、というより無いと思います正直拍子抜けという印象でした。軟水系の限界なのか⁇
何となくこの蔵元の特徴が見えてきた感があります。
この先どの様に変わって行くのか分かりませんが、今の路線であればもうここは敢えて買おうとは思わないので卒業します。
ワインで言うところの背骨(綺麗な酸)の無い飲み易い、日本酒ビギナー向けという印象です。勝沼の甲州みたいな感じです。


2017.03.20 Mon 19:07
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To temakinoriさん



毎度です。


──ふらっと近くの酒屋に行ったら、多賀治の純米雄町直汲み生28BYがリリースされていたので早速ゲットしました。 なんか27BYより硬いんだそうです。基本ドライな銘柄なので、それがさらに硬いとなるとどうでしょうね…。

僕もネットで確認していたところです。今季は全般に米そのものも溶けにくくて各蔵元さんも苦戦してるようですね。


──篠峯のろくまる雄町うすにごりも購入、モウカンさんのレポート待てず買ってしまいましたが、あとで見てみたら27BYはモウカンさんは☆3だったみたいで。。。orz…

27BYはどれもこれも全体に味が全く出てなかったですね。でも、僕の場合「篠峯」には厳しいので、他の☆3よりはマシだと思いますけど。そもそものハードルとポテンシャルの高さが他の平凡銘柄とはまるで違いますから。

今から思えば「ろくまる八反うすにごり 27BY」の初日の上澄みはまあまあ飲めましたね。少なくとも同時期に飲んだ似たようなタイプの「たかちよ桃」よりはwell-madeでした──当たり前。後追いで飲んだ26BYの「ろくまる雄町」は最高でしたけどね。これの「うすにごり」は読者の誰かが買ったはずです (笑) 。

temakinoriさん的には「Vert亀ノ尾」のような気がしますけど、僕もぼちぼち28BYの酒を集める予定です。本来的な実力を発揮できれば、「純大雄町50 中取り生 Type-M」「純吟八反50生」「純大愛山45生」──この辺は「篠峯ブランド」の三羽烏ですが、あまり期待はしてません。

「ろくまる」は実は「山田錦 (薄緑ラベル) 」が一番temakinoriさん好みだと思うんですが──ドライ&ミネラルの林の中でキラメク青リンゴを発見 (笑) ──、今季は他 (純大生酛) で山田錦の米を回すのでリリースされません。まあ、「ろくまる山田錦」の26BYを飲んでれば確実に泣いてたでしょうね (笑) 。去年、しばらく秋山に残ってたんですけどね。


──全然関係ないですが、以前飲んだ残草蓬莱Queeenが好みだったので、その杜氏が移籍したという水府自慢がちょっと気になっています。

こ、これはスゴイ情報を・・・ありがとうございます!

最近ブログの記事を書くのに忙しくてなかなかネットで情報を集められないので非常に助かります。これは僕にとってクワナリ熱い情報ですね。実は謎コンディションの「Queeen」を某酒屋で有料試飲したんですが、26BY、27BYで感じたクリアでエナメルなエキス感に乏しく、割と酸の力技勝負なニュアンスを感じたんですよね──つまり、他の「残草蓬莱」との区別がわかりにくいというか、「薄いのに薄くない!」みたいな独特のカロリーオフ感を探せなかったというか。

逆に「Queeen」の方を早急にチェックしてみます。マチダヤに720mlが入るのを待ってるんですよね。しかしまあ、去年の酒のチェックに加えて新規銘柄と、まるで肝臓が足りませんね (笑) 。


2017.03.19 Sun 16:13
Edit | Reply |  

Name - temakinori  

Title - ろくまる

どうもー。

ふらっと近くの酒屋に行ったら、多賀治の純米雄町直汲み生28BYがリリースされていたので早速ゲットしました。
なんか27BYより硬いんだそうです。基本ドライな銘柄なので、それがさらに硬いとなるとどうでしょうね…。

一緒に篠峯のろくまる雄町うすにごりも購入、モウカンさんのレポート待てず買ってしまいましたが、あとで見てみたら27BYはモウカンさんは☆3だったみたいで。。。orz…

まぁ、どちらも気軽に飲んでみようと思っています!

全然関係ないですが、以前飲んだ残草蓬莱Queeenが好みだったので、その杜氏が移籍したという水府自慢がちょっと気になっています。
大塚の某店にあるみたいなので、いつか遠征して試してみるつもりです。
2017.03.19 Sun 15:48
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To ぽんつくさん



こんにちわー。
こちらこそ毎度アクセスありがとうございます。


──モウカンさんの、山廃の記事を見て手を伸ばした銘柄が、舞美人でした。 3合近く飲んだのですが、2日酔いも全く無かったです。 モウカンさんの感想をお聞きしたいので、タイミング合えば宜しくお願いします。

僕の嗜好を理解してくれた上でオススメいただきありがとうございます。実は「舞美人」は今季必ず呑む銘柄の一つです。どのスペックにヴァージンを捧げるか迷ってたんですが、低アルということであれば「残草蓬莱 Queeen」あたりと味クラーヴェしても面白そうです。


──あと、米鶴取り寄せました! 到着次第早速飲みたいと思います。仙禽の赤とんぼも、以前飲んだのですが1升が、あっという間になくなったので、今回も楽しみです。

お、行きましたね!
しかしまあ、「ろくまる八反うすにごり26BY」といい、「赤とんぼ」といい、押さえるところは確実に押さえてますね (笑) 。まあ、僕が☆6以上を付けるのは1年で何本もないので、好みは別として、どれも固有の世界観を持ってる酒ばかりだと思います。「米鶴」は明記されてないですが、確か「無濾過」のはずなので、本当は1週間くらい酒を落ち着かせてから飲んだ方がいいんですが──口開けのクリスタルな透明感を120%堪能するなら、到着後、1週間ほど休ませるのもアリです。

最初は「美しい水」ですが、徐々に味も開いて甘みや果実味も出てきますね。これは本当にカロリーオフ系の最先端だと思うので、疲れ知らずにガブガブ呑めると思います。

また気軽にどうぞ!

2017.03.18 Sat 16:30
Edit | Reply |  

Name - ぽんつく  

Title - 舞美人 山廃純米無濾過生原酒 五百万石

こんにちは。

いつも楽しく拝見しております。

モウカンさんの、山廃の記事を見て手を伸ばした銘柄が、舞美人でした。

蔵付き酵母で醸していて、今期は低アルの仕上がりになった様です。
乳酸的な味も感じつつ酸と、甘味もしっかりありました。
3合近く飲んだのですが、2日酔いも全く無かったです。

モウカンさんの感想をお聞きしたいので、タイミング合えば宜しくお願いします。

あと、米鶴取り寄せました!
到着次第早速飲みたいと思います。
仙禽の赤とんぼも、以前飲んだのですが1升が、あっという間になくなったので、今回も楽しみです。
2017.03.18 Sat 14:55
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To めいさん



毎度です。


昨年からの甘味を避ける意味でも五百万石はお勧めできます。
五百万石(仕込15号)は出たばかりのようですよ。
ぜひ感想を伺いたいです。


ありがとうございます。

実はですね、ある読者さんが蔵元に電話していろいろ話を訊いた時に、やたらと五百万石を薦めて来たらしいんですよ。蔵元としても今季の五百万石は自信作みたいですね。

つい先ほど、さっそく近所の酒屋に電話したら「まさかの留守電」──第三土曜が休みでした (笑) 。日曜・祝日も休みなので、連休明けに覗いてみます。「百春」はブログを始めて以来4本呑んでる我が家の鉄板銘柄です。28BYは五百万石からエントリーしようと思います。27BYは少し味幅がスリムだったのでインパクトが弱いと感じたんですが、今の僕らには逆にこれくらいの方がしっくり来るかもしれません。

2017.03.18 Sat 13:31
Edit | Reply |  

Name - めい  

Title - 百春 美濃錦 / 五百万石 特別純米直汲28BY

こんばんは。

先ほど、百春は美濃錦と五百万石(仕込15号)の特別純米直汲28BYを飲み比べました。

先日飲んだ五百万石G酵母と比べると美濃錦はかなり甘く、ガスも弱めでした。
五百万石は酒屋さんがおまけでくれた(笑)サンプル瓶です。
配送中にガスはほとんど抜けてましたが、美濃錦よりは旨味が前に出て酸で引き締めるという良いバランスの美酒でした。

昨年からの甘味を避ける意味でも五百万石はお勧めできます。

五百万石(仕込15号)は出たばかりのようですよ。

ぜひ感想を伺いたいです。
2017.03.17 Fri 22:06
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To あらまさん



毎度です。


──こういうのはどうでしょう。

だから (笑) !
そーゆーこと言うから自分でも何が正しいのかわからなくなるんだよ (笑) !
さっきも別の記事の清書中にこのBBSで使用法を確認するという意味不明な行動を・・・。


──赤武純米飲みました! たしかにこれは純吟よりジューシーで美味しいと思いましたよ。

あ、まだ呑めましたか。複数のロットがあるようですが、逆に純米の方がブレ幅が少ないかもしれないですね。


──あとは米鶴ですが、山廃じゃないやつ(マルマス限定青)には出会えました。甘酸ありで透明感がある軽めの仙禽といった感じで、これはこれでなかなか美味しかったです。

たぶん「矢崎スペシャル」ではないと思いますが──以前より展開してるシリーズ──、「透明感がある軽めの仙禽」というのは実は大事なポイントで、27BYは呑んでませんが、クラシック仙禽の「美しい水」ライクなBody感って、実は僕の言う「山廃的なカロリーオフ感」との相関性がありそうな気がしていて、今季はそこを確認しようと思っていたところです。

「米鶴」自体も、そもそもが山形のツルピカ酒でしょうし、そこに一定のモダニティが加味されれば、「仙禽」的なルックを得たとしても不思議はないと思います。実際、山廃にはクラシック仙禽的なクリアネスに通じるモノはありました。

3月末に出る「超しぼりたて生」は「矢崎スペシャル」で、割と華やかな純米吟醸みたいです。搾ってそのまま即出荷するみたいですね。山廃とは真逆の酒質になりそうですが、ちょっと注目してます。

あ、今宵、遂に「自然酒」を開栓です (笑) 。記事にするのは明日以降ですね。

2017.03.16 Thu 18:36
Edit | Reply |  

Name - あらま  

Title - サンタリーゼ問題

こういうのはどうでしょう。

「サンタリーテ?」「サンタリール!」

「サンタリーテ?」「サンタリーナ・・・」

またもやどうでもいいコメントで失礼いたしましたw


自分的星5は足りてるものの、モウカンさんに耳打ちするようなお酒は足りておりません。

赤武純米飲みました! たしかにこれは純吟よりジューシーで美味しいと思いましたよ。

あとは米鶴ですが、山廃じゃないやつ(マルマス限定青)には出会えました。矢崎氏が関わっているのかどうかは謎ですが、せっかくなので飲んでおきましたよ。味わいは当然山廃とは違うのでしょうが、甘酸ありで透明感がある軽めの仙禽といった感じで、これはこれでなかなか美味しかったです。
2017.03.16 Thu 17:49
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - 「サンタリーゼ」の怪

【訂正とお詫び】

かなりどーでもイイ話ですが、「サンタリーゼ」という造語を真逆の意味で使ってますね、自分で (笑) 。ブログの記事書きは「日々の独りJazzセッションのような創意」の繰り返しなので、自分でも何を書いたか覚えてないことも多いんですが、

【319】白岳仙──の中では「酸、足りてない」、【321】六十餘洲──の中では「酸、足りてる

と、まるで外国人が「ドーシテ、ニポンじんは『スミマセン』でカンシャとオワビのイミをツカイわけるんデスカ?」と混乱するのと同じような複雑さを提供してしまいました (笑) 。

本当にどーでもイイことなので今こうして書いてること自体が何かの罰ゲームのようですが、そうですね、今後は──もしも使うのであれば──、

「酸、足りてる」→サンタリーテ
「酸、足りてない」→サンタリーナ


という、まさに予備校講師が「ここよく間違えるから気をつけろよ!」と言うレベルの、極めて紛らわしい語尾変化で区別しようと思います。

こうして「サンタリーゼ」は御隠れになりました。


2017.03.16 Thu 10:54
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To めいさん



タレコミありがとうございます。
近所の酒屋にも入ってましたが、720mlはこれからということで見送りました。ますは720mlで味見して、旨ければ1800mlで買い直そうと思ってます。


──去年同様、甘味と青リンゴっぽい酸をかすかなガスでまとめる超危険な旨酒です。低アルなのでこのまま四合瓶が今晩空いてしまいそうです…

他の読者さんからも旨かったという感想が届いてます。今季もやってくれそうですね。近いうちに記事にしたいと思います。夏場にガブガブ飲みたいですよね (笑) 。

2017.03.16 Thu 00:04
Edit | Reply |  

Name - めい (moukan1972♂による転載)  

Title - 残草蓬莱 Queeen

こんばんは。

本日残草蓬莱のQueeen(29/2)を開けました。

去年同様、甘味と青リンゴっぽい酸をかすかなガスでまとめる超危険な旨酒です。

低アルなのでこのまま四合瓶が今晩空いてしまいそうです…
2017.03.16 Thu 00:00
Edit | Reply |