もう肝臓の無駄使いはしたくない夫婦の日本酒備忘録

 その吟醸、720mlが840円ナリ。
〜 日本酒の家呑みレポ&本日の1曲、安センベイ評、時々メガネ警察〜

◤臥龍梅 - 純米吟醸 五百万石 袋吊り雫酒 生原酒 28BY ── dಠಠb「〝割り水&ワイングラス〟という条件で☆4を付けておきましょうか」#Fruity 



▼オレ自身が便利なので残します。それに、これがあっても別にたいした「手抜き」にならないし。
検索ワード:



 読者さんが──確か「雄町 袋吊り雫酒」だったかな?──オススメしてくれた臥龍梅 (がりゅうばい) です。つい先日「磯自慢 しぼりたて本醸造」の記事の中で「静岡吟醸はしばらくいいや」と言った記憶があるんですが、なんでか、再び買ってます──さらにもう1本ほど、これと一緒に静岡吟醸を同梱しています。自分を「嘘つき体質」だとも「健忘体質」だとも思ったことはないけれど、「シツコイ」というのは、家族の間では割りと有名な話です。


garyubai_fukuro_gohyaku28by2.jpg臥龍梅」はイケセイ (イケイケのババアが酒売り場にいる西武=池袋西武) で扱いがあるので以前からよく見かけていたんだけど、「静岡の酒」とは特に意識してなかった。100%勝手な連想だけど、なんか御中元・御歳暮の海苔の缶で見かけるような字ヅラなので──失敬!──レコードで言う「ジャケ買い」の対象からはどうしてもハズレてしまっていたのだけれど、 実は「生の静岡吟醸」を呑んだことがないので、これと「正雪 純米吟醸 別撰 山影純悦 うすにごり生 藍ラベル」を呑んでダメなら、次は「雄町」にチャレンジします──結局、呑む (笑) 。

 米違いでいろいろ出てる「袋吊り雫酒シリーズ」だけど、この五百万石と山田錦の2種類でスタートしたみたいね。そして、この五百万石が28BYのトップバッター。富山県産の五百万石を55%まで磨いた生原酒。どんな味わいの銘柄なのか全く知らないので、ひとまず苦手意識は冷蔵庫の奥にしまって、とにかく呑んでみましょう。五百万石なんで、これまた勝手ながら「大人のラムネ」を所望。




garyubai_fukuro_gohyaku28by1.jpg
 ▲三幸ファン垂涎「ぱりんこ3種アソート (56枚) 」199円 (税抜) !

 ▼実は「日本酒好き」の綾瀬はるか。「冩樂」の蔵見学にも行ったことがあるらしい。早く結婚して子供を作りたいんだって。誰か早く貰ってやれよ!
garyubai_fukuro_gohyaku28by3.jpg
 bottle size:720ml




SAKE GRADE:☆☆☆☆

【274】臥龍梅 -がりゅうばい- 純米吟醸 五百万石 袋吊り雫酒 生原酒 28BY <静岡>

三和酒造 株式会社:http://www.garyubai.com


Moukan's tag:




garyubai_fukuro_gohyaku28by4.jpg
 ▲我々が最後に全力疾走したのはいつだろう。いや、オレは今してるぞ、ここで。



 立ち香──おっ、なんか甘酸っぱいな。これまでの「静岡吟醸」とはまるで違う表情だ。白ブドウ様でもあり、「梅のキャンディー」みたいな香りさえ感じる。

 この感じ──知ってるなあ。ブログを始める前に飲んだ酒かなあ。ちょっとすぐには思い出せない──ああ、あれだ!──「三千櫻 - 純米 美郷錦55 直汲」だな──あの時は「梅」に気づかなかったけど、イケセイヤーの屋上で飲んだ、あの少し温度の上がった美郷錦を思い出した。なんというか、少し和なチェリーっぽさ──「さくら饅頭」みたいな甘塩っぱさもあるな。そういう意味では──「お花」という意味では──幾分フローラルでもあるのかな。この感じは得意な方なので、少しは期待できるか──「さくら饅頭」は得意ではないけれど──オレは圧倒的に「草団子」派!


garyubai_fukuro_gohyaku28by5.jpg 含みます──。

 おう。思ったより油絵なビビッド感というか、やや劇画調の太めの縁取り感のある酒質で、「滑らか」とか「シルキー」とか、少なくともオレにとっては、そんなものとは無縁だ。旨みに丸みや柔らかさはあまり感じない。むしろ少しザラつきのあるテクスチャー。これはいきなりチロリタージュした方が良さそうだ。ちなみにガスは皆無。

 チロリタージュして──。

 うん、まあまあかな。やっぱ「」を感じるなあ (笑) 。流れがね──味曲線が退けにかけて右斜め上に上昇して行くところが、少し重い。ド頭には滑らかなエキス感もあるけれど、ちょっと最後が渋くて苦いかな。なぜか「ぱりんこ梅味」に合わせると、味わいが「梅こんぶ茶」みたいになって笑えるから、「旨さ」の他に「面白さ」はあるけど、個人的には「三千櫻」の方が好きかなあ。

 少し氷で加水するか──たぶん、よくなると思う。




garyubai_fukuro_gohyaku28by6.jpg
 ▲チロリに小さな氷をポチャん。少し掻き混ぜて氷は救出。




 うん、イイですね

 ちょっとアダルトな日本酒的ブドウ感というか、イイ意味での「フローラル寄りのセメダイン=赤のベリー感」も出てきた。香りだけなら、「七田 愛山75生」なんかも思い出すよ。ややザラついたテクスチャーの中にも、甘み&旨みにおける柔らかさ、優しさが出てきて、退けに欠けての渋み&苦みも気になるっちゃ気になるけど、赤ワインにおけるそれ (タンニン) みたいなバランスに微調整されたと思う。

 蔵元さん、見てるー? これ、加水してALC.15-16度くらいがちょうどいいと思うよ。


garyubai_fukuro_gohyaku28by7.jpg 圧倒的にリーデルがいいね。綿菓子みたいな甘露っぽさも出てきた。ま、個人的な好みからは少し外れるけど、「割り水&ワイングラス」という条件☆4を付けておきましょうか。

 しかしまあ、食中は「梅こんぶ茶」です (笑) 。袋吊りだの、生原酒だの、純米吟醸だのと、まるで「酒が主役」な属性と見せかけておいて、これは完全に食中酒で活きるタイプの酒。「五百万石」でここまで味が出てるんだから、「雄町」はそこそこ期待できそうだ。

 実は微かにオマケみたいなオリがあるので、最後は撹拌して、原酒返し──。

 うん、やっぱ少し重い──つうか渋い。

 小さな氷、入れます。


garyubai_fukuro_gohyaku28by8.jpg こっちの方が断然いい。お陰様でオレもいろいろ学んでるよ。ちょっと甘茶けたリンゴなんかも感じるけど──やっぱ三千櫻に似てるなあ──、香りや味わいの色彩はそこそこカラフル (模様フル) 。

 スカした言い方になるけど、一応、この酒としてはやりたいことはやりきってるとは思う。ま、オレの方が本当に旨い酒のこと、この人たちよりは知ってるだろうけどさ。これ、袋吊りだし、おそらくは「無濾過」のはずだけど、別に「十四代」みたいに濾過した方が、むしろこの酒質には合ってると思うけどな。ていうか、 すべてのケースで「無濾過生原酒が正義」なわけじゃないだろう。この酒の場合は少し加水して、目の細かいフィルター (※「十四代」は0.2ミクロンを使用) で濾過すれば、間違いなく、今より完璧な酒になると思います。

 銘柄的にもダイナミックさが売りなわけじゃないだろうし、このザラザラしたテクスチャーは特に要らない。加水&濾過してツルピカな球体感が出て来れば、☆5に近づくことができるはず。もしくは一升瓶の2日目、3日目の方が、初日より酒質がツルピカになって、より旨いのかもしれない──すでに我が家の瓶は空だけど。


moukan1972♂






日本酒 臥龍梅

Comment

Name - moukan1972♂  

Title - To kappa1970♂さん

kappa1970♂さん

コメが入り乱れ過ぎてレスするのを忘れてました (笑) 。

ブレンドは結局、量の多い方、キャラの強い方が3歩前に出てくるので、相性もありますけど、配分ですね。「飛露喜」が「純吟規格」に昇格はしなかったようですけど (笑) 。

ただ、僕の経験で言えば、どんなにイマイチな酒でも、JO放置してJOのままで軽く飲めば、そこそこは飲めてしまうから不思議です。仕事が忙しくて酒が買えなくて「ヤバイ! 今夜飲む酒がない!」という飢餓感の中で、田舎のオヤジみたいにドカっと手元に瓶を置いてJOのまま茶碗で飲めば、「意外にイケる?」くらいには感じれるかもしれません。

「雪だるま」はアンチ仙禽の読者さんも旨いと思ったそうなので、ちょっと期待してますが、実はそこまで「ニゴリスト」ではないので、取り残されないことを祈ってます (笑) 。

2017.01.14 Sat 11:38
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To サンジュリアンさん

篠峯はどれが本命かというより、28BYの出来がどうなのかにかかってますね。たとえば26BYと同等の出来なら、もはや「買わない酒」を選ぶことの方が難しくなります。それでも「八反50」あたりは一つの指針にはなりますね。実は「凛々 (雄町60) 」が最初のヒット商品なんですが、25BYをピークにドライ化が進んでます。25BYは最強でしたね。僕が日本酒にハマるキッカケになった酒です。

「ろくまる八反28BY」はドライらしいので、「ろくまる」に関しては「雄山錦」「雄町」「山田錦」を飲みつつ、年末まで残ってら、程よく育った「八反」を買うみたいな感じで。一応、僕は「ろくまる八反うすにごり」は買いましたけど。純大雄町50は9号だけでいいと思いますが──明利系酵母は相性良くないです──、28BYを3月に買うなら、27BYの売れ残り (1年熟成) を買った方が旨そうですけどね。僕も引きつけて27BYの9号Verを春頃に買う予定です。フレッシュ・コンディションではドライだったので、甘みの伸びを確認したいです。この酒は1年2年の期間で飲み比べないと、真価はわかりませんね。

長陽福娘の山田錦中取りは飲んだことないです──「中取り」なじゃく、ただの「山田錦生」だったかな。でも、直汲みじゃなくても、ここの蔵の生酒はガスありますよ。八反錦60生もガスありましたし。五百万石は未飲なので、28BYは買うと思います。サイダー系を想像してますが、青リンゴ系なら尚良しです。



2017.01.14 Sat 00:17
Edit | Reply |  

Name - kappa1970♂  

Title - ブレンド放置の行方

moukanさん サンジュリアンさん

御指南ありがとうございました。
何という失態。
moukanさんの足下で〝肝臓の無駄使い〟をしていることに気がつきました。


飲みかけの飛露喜を同じく飲みかけの北雪大吟醸YK35(思いっきりメロン香でキラキラしていますが、飲み飽きる)に投入し、常温放置することにしました!

その前にリーデルに両方の酒をぶち込んでみたのですが、全くもって酒質が合いませんね。(笑)

時を経て超絶旨くなるかな?と期待をかける方が余程楽しいです。その可能性が低いとしても。

ということで、今夜はこれから七本槍を開け、明日か明後日は雪だるまを開けます。
本当の雪も降りそうですしね☃️
2017.01.13 Fri 23:47
Edit | Reply |  

Name - サンジュリアン  

Title - 篠峯

モーカンさん リストありがとうございます。
本命はどの辺りでしょうかね?
今出てるの北海道の米ですよね、八反50 ろくまる 亀の尾50 櫛羅50/60 雄町 愛山 は買おうと思ってますが、例の件もあるのでキトラで大人買いでしょうね。

長陽福娘ですが、直汲み一本ですか?中取りとの違いはありますか?
最近、五百万石のスタイル好みでない(軽くてコクがない)のに気づきました。美山錦の方が気に入ってます。山田と雄町狙います。
2017.01.13 Fri 23:13
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To サンジュリアンさん

篠峯は、把握してる限りだと、

どぶろく
純米直汲み生、うすにごり生
純吟中取り雄山錦50生
純吟もろみ生、純吟中取り生 (もろみの清酒Ver)
純米伊勢錦生、うすにごり生 (登酒店別注)
ろくまる雄山錦うすにごり生
ろくまる八反生、うすにごり生
田圃ラベル 山田錦生 (Azur) 、亀の尾生 (Vert)
櫛羅純米60生

ですかね。

これから、

遊々生 (山田錦70協会7号)
凛々生 (雄町60)
八反50生 (27BYは予約受注生産限定でうすにごりも有り)
純大雄町50生 (協会9号、明利系)
純大愛山45生
ろくまる雄町生、うすにごり生
ろくまる雄山錦生
櫛羅50生

夏前には、

ろくまる山田錦生
夏凛 (凛々の加水Ver)

このへんが出ます。

長陽福娘の雄町直汲みは3月頃だったはずです。
27BYの生酒は、確か、山田錦60直汲み、山田錦60中取り、山田錦60辛口直汲み、五百万石55、雄町50直汲み、うすにごり、山田錦50直汲み (協会9号&山口9E) の順番だったはずです。山廃山田錦60直汲みはリリース時期が謎です。途中、マチダヤオリジナルの山田錦55生1年熟成なんかもあります。
2017.01.13 Fri 22:28
Edit | Reply |  

Name - サンジュリアン  

Title - 

モーカンさん
by28 篠峯は12月リリースしたものだけ買いました。よって雄山錦は買ってません。モーカンさんが飲んで良いと言った物を買おうと考えてます。
因みに既にリリースされた篠峯教えて下さい。
別件ですが長陽福娘の雄町 益々良い味でしてます。
こちらの方のby28いつ出ますか?
カッパさん
期待し過ぎて買った奴が外れだった時、特に一升瓶だと敗戦処理に困りますよね?私の場合 飲む気にならない一升瓶が30-40本あります。ノマネコンティがこれ以上増えない様にしなくては、汗💦
2017.01.13 Fri 21:54
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To kappa1970♂さん

飛露喜は御自宅の料理酒そのものに黙ってコッソリとブレンドするのが吉です (笑) 。あとは義姉邸での宴会時にサワーにすると激ウマです。カルピスサワーやレモンサワーやウーロンハイなど、乙類焼酎の代わりに純米酒を使うと信じられないほど旨いです (笑) 。それこそ「アサリの酒蒸し」を飛露喜で作れば悶絶じゃないでしょうか──高級割烹顔負けのハイコスパ。

僕もブログを始める前は常時3本くらい同時に開けたりしてましたが、火入れのお燗用純米以外、今は2本がMAXですね。空けるスピードは、単純に旨さに比例すると思いますよ。うちも本当に旨い一升瓶は2日で空きますからね──篠峯の26BYなどは逆に飲むスピードを遅めますが。

ま、人生も折り返し地点を過ぎてるので、飲みたくない酒は捨てるようにしてますが、やはり、後ろ髪は引かれます。我が家では、かつて「日清ラーメン屋さん」のCMで松坂慶子が言っていた「行ったつもりで北海道」になぞらえて、「飲んだつもりで北海道」と、無理に食べたり飲んだりはしないようにしてます。

人間の食物摂取は、所詮、死ぬまで続く絶え間ない循環なので、一瞬一瞬に大した意味はないですよ。大事なのは「次があること」だと思います。人生最後の日に飲む酒が片付け態勢の旨くない酒だったとしたら、それはそれで悲しい・・・というわけです。


日清 北海道のラーメン屋さんCM 松坂慶子 1996
https://youtu.be/DsI_cwLvN_4
2017.01.13 Fri 21:43
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To サンジュリアンさん

ま、家の中にいる分には問題ないし、逆に「お燗」なんかもクーラーで冷えてる夏場の方が多かったりと、「季節」に対してどう接していいか、よくわからなくなる瞬間もありますが、やっぱ外に出て冷たい風にビュウビュウとビンタされると、「世界冷蔵庫ヤバイ・・・」となるわけです (笑) 。

夏は夏でムカつくんですけど、なんか笑い飛ばせるだけマシという感じです。「アッチいな、コノヤロウ!」とか言いながら、なんとか乗り切れますが、寒いのは・・・苦手です。。。

「篠峯」の28BYカルテットは月曜に届くので、次の週末でドカドカ開けますかね。亀の尾55はなかなか良さげではあります。明日も中央線の酒屋を覗けるので、もしかしたら、何か1〜2本、28BYの「篠峯」を買い足すかもしれません。清酒第二弾の「純吟 中取り 雄山錦50」は木香があるらしいので、今年はスルーすると思います。確かサンジュリアンさん、買ってますよね? メタリックピンクの文字のヤツです。

2017.01.13 Fri 21:20
Edit | Reply |  

Name - kappa1970♂  

Title - ギャップ

moukanさん サンジュリアンさん


こんばんは。

飛露喜特別純米生詰。

飲んでみたいなぁという欲望は、いつしか自分の脳の中で「極上の旨味のイメージ」に昇華。
やっとのことで手にすることができたことの喜びで、初日こそは「ウマっ」と感じたものの、連日飲み続けていると、手に入れることができなかった間に形成された「極上の旨味のイメージ」との乖離に「そんな筈はない」と自分で自分を疑う始末。こうなるともう楽しめないですね。苦痛なだけ。

de、燗映えするかもとレンジでチンしても、冷酒とそれ程豹変することもなく、僕の心の中で昨夜「チーン」と音がなりました。
未だ3合位残っているんですよね。。。

奥さんに「料理酒として使っておくれ」など言おうものなら、
「料理酒にする位なら地酒を買うな。」と言われることは間違いなく、一刻も早いところこの八方塞な状況から解放されたいと、飛露喜を己に染み渡らせております。

moukanさんが仙禽雪だるまをこの週末に開栓するとのことなので、私もストックしている雪だるまを同じタイミングで開けたいんですよね。

GA!
年末にいろいろと買いこんでは、調子に乗って同時に何本も開栓の儀をしたものの、未だ空にしていないものが数本あるので、「カイセンノギハ、ダメ、ゼッタイ」とこれまた縛り。

更に、新酒ラッシュ。

二進も三進もいかない状況。タスケテ・・・。
(相変わらず、今年もアホです)
2017.01.13 Fri 21:07
Edit | Reply |  

Name - サンジュリアン  

Title - 寒さについて

モーカンさんの 30過ぎたあたりから、夫婦で年々寒いのが苦手 のコメントを見て、
実は自分も今の極寒の地に住んで37年、40過ぎまで寒さが嫌でした。
がしかし、海外出張がトリガーで不眠症になって以来、暑くて寝られない夏が嫌になりました。特に日野に赴任した時の夏は地獄でした。
寒くて寝られない事は暖房具使えばいいし、食欲もお酒も冬の方が夏より美味しいから若い時ほど冬が嫌でなくなりました。
この土日の寒波で多分この冬最低温度-10度超えでしょう。
2017.01.13 Fri 19:46
Edit | Reply |  

Name - サンジュリアン  

Title - 

カッパさん モーカンさん
飛露喜の特純については、モーカンさんご指摘の通りの印象です。

カッパさんと同じ様に一升瓶の飛露喜の敗戦処理にがっくりしました。

こいつも日本酒飲み始めた時期に飲めば良い思い出満載だったんでしょうが、今流行の酒 特にムロゲン生などを経験した後に飲んだら、「何これ普通じゃない?」という印象でした。
男って初恋を美化し膨らまして記憶する生き物だと思いますが、その意味では自分の美化された日本酒は秀凰の出羽燦々33生原酒です。でも今の比べても飛露喜よりこちらが旨いと思うでしょうね。

飛露喜に比べここ最近4本ほど飲んだ十四代は、流石に洗練さで一馬身程抜きん出てると思います。が、もう無理して買う気は無いです。暫くは篠峯と長陽福娘辺りの追っかけをするつもりです。
モーカンさん なるべく早くby28の評価お願いしますね🙏🏻
2017.01.13 Fri 13:58
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To kappa1970♂さん

毎度です!

あ、「袋吊りシリーズ」は「雄町」と「短稈渡船」が磨き50の純大規格みたいですね。「五百万石」は少しドライフラワー化 (押し花化) した「三千櫻」のような、まさに「さくら饅頭」の花びらのような味わいでした (笑) 。

「臥龍梅」が「正統派静岡吟醸」であるとしたら、実はkappaさんの好みからすると少し意外な気もしていたんですが、飲んでみると、「臥龍梅」は僕の苦手な──厳密には真の旨さと未邂逅な──「サラサラ淡麗パウダーメロン」ではなかったので、これならkappaさんの舌にも馴染みがいいはずだと合点がいった次第です。幸い、近場で買えますので、次は「雄町」あたり買ってみます。「五百万石」に一定以上の麗しさを求めるのは少し酷なような気がするので。

「飛露喜」の特純については、我々のようなオッサンの後発組にとっては、そもそもがまず、若い頃の「日本酒トラウマ体験」があり──長い間「日本酒=臭い=悪酔いの根源=二日酔いの記憶発火装置」という盲信があり、その強固な壁を破壊するだけの「えっ!? これが日本酒なの!?」という圧倒的体験が必須で、事実そうしたショッキングな、めくるめく陶酔気味の嚥下を通過儀礼に「覚醒モード」に突入したわけで、言うなら「飛露喜」というのは、もはや「オッサンの日本酒体験史」におけるミッシング・リンクのワン・ピースに過ぎないという不利があるんだと思います。

1980年代の「淡麗辛口ブーム」から日本酒をずっと呑んでる人にとっては、その時代時代のエポックメイキングがあって、「飛露喜」がその事象の代表格として人々に衝撃を与えたことは実際あったはずだろうけど、我々からすると、すでに「飛露喜」を手本とし、それへの「超克」すら果たしている銘柄さえゴロゴロあるかもしれない中での、途中参戦──というわけです。きっと当時の──「淡麗辛口」に辟易としていた飲み手からすれば、「しっかり米の味がするのに何てキレイな酒なんだ!」ということだったんだと思います。さすがに「純米吟醸 愛山 生酒」あたりを飲めばハっとするんでしょうけど、逆に「十四代」や「而今」より家呑みのハードルが高いような気がします。今や人気が中途半端なので、抽選やポイント販売の対象にならないんですよね。

「雪だるま」は、明日、開栓の儀です。
11月の初回ロットなので、kappaさんの呑んだモノと同じですが、少し時間が経ってしまったので、ガスが育って、上澄みだけ飲むのは無理かもしれません。そうそう、12月ロットの一升瓶、先日マチダヤで見たら、吹雪がやんで、オリはちゃんと「雪だるま」の胸あたりにまで落ち着いてました。そりゃそうか (笑) 。

2017.01.13 Fri 10:57
Edit | Reply |  

Name - kappa1970♂  

Title - キャンディ

moukanさん

こんばんは。
ここのところ仕事に打ちのめされていまして、負のオーラ出しまくりな上に、飛露喜特別純米生詰の処理(well-madeかもしれないが、ツマラナイ)に追われて、あまりハッピーじゃないので大人しくしていました。(笑)

お勧めした銘柄を飲んで頂けるのはやはり嬉しいですね!今回で2銘柄目。
先の東鶴が〝ボンタン飴〟
今回の臥龍梅が〝梅キャンディ〟
そして、私はさくら饅頭派なんですよ!

今回のmoukanさんの感想を拝読し、自分が日本酒に甘いお菓子(和菓子)っぽいところを求め、恍惚とする特性があることに気がつき、妙に感心してしまいました。
甘党でして、しかも餡子が好きなんですよね。月餅とか。

この蔵の純米大吟醸備前雄町袋吊雫酒は一升瓶を飲んで〝ウマ〜〟と思ったのですが、実は日本酒に目覚めて間もない頃だったので、moukanさんや読者の方に触発されて自分なりに飲みまくった今どう感じるのかを確かめたくなりました。

27BYの備前雄町をこの週末にでも買って、試してみますね。

雪だるまもお待ちしております。(笑)
2017.01.13 Fri 00:04
Edit | Reply |  

Add your comment