ტ 本日までの転入生 ── dಠಠb「誰だ〜?『静岡吟醸はしばらくいいや』と言ってたヤツは!」 




 毎度アクセスありがとうござます。

 オレの想いが届いたのか、今年も出ましたね、「萩の鶴 別撰」。数値が27BYとクワナリ異なるので、「別物」として飲んでみますわ。すでに読者さんも買って飲んだようで、あまりの素早さについていけません (笑) 。写真を見ると、なんか去年よりオリは少なめのような気もしますが、上澄みハンターなので気にしません。




本日までの転入生2017_1_8





ტ 本日までの転入生


◤鳳凰美田 いちご <栃木>
◤櫛羅 純米吟醸 中取り生酒 16BY <奈良>
◤裏篠峯 ろくまる雄山錦うすにごり 無濾過生酒 26BY <奈良>
◤彌右衛門 別品 生酛 純米吟醸 おりがらみ生 27BY <福島>
◤臥龍梅 純米吟醸 五百万石 袋吊り雫酒 生原酒 28BY <静岡>
◤正雪 純米吟醸 別撰 山影純悦 うすにごり生 藍ラベル 28BY <静岡>



本日までの転入生2017_1_8b鳳凰美田の「いちご」は日本酒ではありません。今日、moukan1973♀が友人宅での新年会 (昼間開催) に、お土産として、これと「小左衛門 初のしぼり 直汲」を持って行きました。さっきメールが来たけど、「小左衛門」は大好評だってさ。ま、何を飲んでも「旨い」と言うのが素人なわけだが、これでもちゃんと毒味して☆4以上の酒──かつパーティー仕様の酒質のモノを持たせるあたりが、オレならではの細やかさというわけだ (笑) 。

櫛羅 (くじら) は2004ヴィンテージなので、16BYね。読者さんに教えてもらって買いました。出荷日が「18.2.」だから、当時、1年熟成として出荷されて (ただのバックオーダー?) 、それがずぅーと店に残っていたという珍品中の珍品──つまり「古酒」として発売された商品ではなく、単なる当時の売れ残り。なので、値段も通常品と同じ2,160円です。残念ながら、数日前に店のサイトを見たらSOLD OUTになってました。ちなみにこれの26BYは☆7ね。

ろくまる (裏篠峯) も同じ店で売れ残りの26BY (2年熟成) を買った。こちらも最後の2本だったので、SOLD OUTです。全く同じ酒を26BY当時に720mlで飲んでいて (☆5) 、それなりに味も覚えてるので、2年熟成でどこまで変化してるか楽しみ。さすがにガスは抜けてるかな。

彌右衛門 (やうえもん) は「弥右衛門」の別ラインで、読者のまったり日本酒道さんがコメント欄から「篠峯が好きならこのへんどうすか」という流れで薦めてくれたと理解してます。ありがとうございます。もうすぐ28BYがリリースされるはずだけど、せっかくなので27BYを買ってみました。生酛だし、そこそこ強そうな酒だと思うので、1年くらいでどうにかなるものでもないでしょう。自社栽培の喜多方産「夢の香55%」です。しばらくは上澄みが完全に分離する気配がないので、開けるのは1週間くらい先になりそう。ちなみに「彌右衛門」、完全に灯台下暗しで、近所のマチダヤでも扱いがありました。ま、この店は全部を入れないから、これの28BYを買えるかは分からんけど。

臥龍梅 (がりゅうばい) も読者さんのオススメ銘柄。彼は確か「雄町」を薦めていたはずで、うちの近所の池袋西武でも扱いのある銘柄だけど、せっかくなので「彌右衛門」と一緒に新酒の五百万石を同梱してみた。つい最近「静岡吟醸はしばらくいいや」とか言ってたくせに、基本的にシツコイんですよ、オレは (笑) 。

正雪 (しょうせつ) も同梱。これ、主に地元の酒屋なんかにしか入荷しないヴァージョンみたいね。よく考えたら「生の静岡吟醸」は呑んだことがなかったので、「臥龍梅」同様、ちょっと楽しみです。1.5cmくらいオリがあるので、そこそこ濁りそうだけど、もちろん、上澄みが完全に分離してから開けます。


 2014年の夏頃から本格的に地酒を飲み始めた頃、なんとなく漠然と──なんの根拠もなく「とりあえず一通りの人気/有名銘柄を制覇するには3年はかかるな」とか思っていたけれど、何を言う、オマエはバカか。じぇんじぇん無理大根!


moukan1972♂






日本酒 鳳凰美田 篠峯 櫛羅 臥龍梅 正雪 彌右衛門 弥右衛門

Comment

Name - moukan1972♂  

Title - To まったり日本酒道さん

いろいろとありがとうございます。

飲みたい酒が増えても飲める量が増えるわけではない」──ここに人生の悲哀が宿ります (笑) 。
2017.01.09 Mon 12:31
Edit | Reply |  

Name - まったり日本酒道  

Title - To moukan1972♂さん

返信ありがとうございます。

> 「彌右衛門」は「2016.6」の印字でした。バックオーダー分でしょうね。まだまだ上澄みが分離する気配がないので、完全に分離したら開けてみます。でも、オリは少ない感じなので、「あらばしり」みたいな濁り方ですね。これ、もしかしたら、このまま濁ってそうな気もしてます。

バックオーダー分があったんですね。オリの感じは、大和川おりざけも、同じような感じでした。僕はいつも混ぜて飲んでしまうので、上澄みの分離は気にしてないです(笑)

> 「鳳凰美田」でガスですか。想像するに、なかなかイイ塩梅に瑞々しくジューシイになりそうですね。まーたこれで「鳳凰美田」を卒業できないよ (笑) 。

日本酒沼へようこそ(笑)。見かける機会があればぜひ試してみてください!

> そうそう、「彌右衛門おりがらみ生 28BY」ですが、マチダヤのスタッフの話によると、「入るかも」という、いつもの感じでアテにならないので、もしも飲んで美味しかったら教えてください。

了解です!運が良ければ居酒屋で飲めるんですが、飲めなかったら通販しますかね。
2017.01.09 Mon 00:03
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To まったり日本酒道さん

毎度です。

「彌右衛門」は「2016.6」の印字でした。バックオーダー分でしょうね。まだまだ上澄みが分離する気配がないので、完全に分離したら開けてみます。でも、オリは少ない感じなので、「あらばしり」みたいな濁り方ですね。これ、もしかしたら、このまま濁ってそうな気もしてます。

「喜久酔」! そういや、これもありましたね。わりとマチダヤで推してるので、いつでも定番の純吟は置いてあります。なかなか静岡吟醸から離れられそうもないですね (笑) 。

「松の司」も飲んでみたいんですよね。ぼちぼち「読者さんオススメLIST」をテキストでまとめないとヤバイ状況に・・・。さすがに記憶に頼れない量になってきました (笑) 。ありがとうございます。

「鳳凰美田」でガスですか。想像するに、なかなかイイ塩梅に瑞々しくジューシイになりそうですね。まーたこれで「鳳凰美田」を卒業できないよ (笑) 。

そうそう、「彌右衛門おりがらみ生 28BY」ですが、マチダヤのスタッフの話によると、「入るかも」という、いつもの感じでアテにならないので、もしも飲んで美味しかったら教えてください。


2017.01.08 Sun 23:00
Edit | Reply |  

Name - まったり日本酒道  

Title - 

こんばんはー。

早速、彌右衛門来ましたね。さすが行動が早い!
感想楽しみにしてます。

静岡吟醸つながりで言うと、「喜久酔」もいいですよ。もしかしたら、山同さんの本にも出ていたかもしれません。最新の本はまだ読んでないですが、古いやつには載っていました。「喜久酔」はそんなに種類は飲めていないので、あんまり語れないですが、飲んだ時のインパクトはないかわりにしみじみ旨い系です。旅館の夕食に出てきたら、間違いなく料理と合う系のお酒です。

山同さんの本つながりで思い出したのですが、「松の司」の生酛も軽い系の生酛なので、何かの機会に試してみると良いと思います。「松の司」も種類を飲めてないし、そんなに追っているわけではないのですが、「松の司 24BY ふゆみず米 きもと純米生原酒 仕込19号」というのを家飲みしたのですが、これがすごい良かった印象があります(スペックは購入時のメールより 笑)。

あと、鳳凰美田の記事に書こうか迷ったのですが、鳳凰美田の大吟醸クラスに「荒押合併」というスペックがあります。字の通り「あらばしり」と「責め」を合わせたお酒です。このスペックだとお値段が下がり、コスパが良くなります。これの「おりがらみ」がガスも含んでいて鳳凰美田で一番好きです。ただ、滅多に見かけません(笑)。それが書こうか迷った理由です。今まで居酒屋だと、2軒でしか飲めたことがないです。日本酒にはまった当初、これを家飲みしたいと酒屋を探したのですが、結局、おりがらみじゃない普通のスペックしか見つからず、それを買ってみたところ、「これじゃない」となった苦い思い出があります(笑)。もう自分で買うのは諦めて、居酒屋で見つけたらラッキーと思って飲むようにしています。

また長くなりました(笑)。
2017.01.08 Sun 17:44
Edit | Reply |  

Add your comment