◤Veuve Fourny - Blanc de Blancs Brut Premier Cru (ヴーヴ・フルニ ブラン・ド・ブラン・ブリュット・プルミエ・クリュ)  





 【Xmas特別企画】「ハレの日に飲むシャンパーニュ/ワイン特集」
シャンパーニュ特集2016_1




 シャン、シャン、シャン、シャン・・・♪

 気のせいだろうか、もうクリスマスは終わったと言うのに、我々は週末になると、まるで空駆けるトナカイのソリが星の瞬きのように鈴の音を我々の幻想的聴覚に届けに来るという錯覚の底に沈み込んでしまい、それで今宵も開けるのです。

 ♡☺♡「シャン、開けようぜ!


 ご存知の通り、読者のサンジュリアンさんが薦めてくれた、日本酒で言うと、家族経営の地酒のような、小規模醸造所のシャンパーニュです──2000年代に入るまで、こうしたシャンパーニュのほとんどは、一般的な市場に出回っていなかったそう。

 シャンパーニュの原料には「白葡萄 (シャルドネ) 」と「黒葡萄 (ピノ・ノワール、ピノ・ムニエ) 」があって、市場に出回るほどんどのシャンパーニュは「白黒のアッサンブラージュ (ブレンド) 」なんですが、今回のヴーヴ・フルニは「白100%」──遂にこの時が来ました!──「ブラン・ド・ブラン (白の白) 」です。同じ製造者の「ドサージュ無し=ナチュール」ヴァージョンも一緒に買ってあるけど、今回は通常ヴァージョンを飲んでみます。

 シャンパーニュについて語れるボキャブラリーが全くないので、今回も写真多めで (笑) 。




Veuve_Fourny_bb1.jpg
 購入SHOP▶︎Wine Cellar ウメムラ


Veuve_Fourny_bb2.jpg
 bottle size:750ml





【Champagne】Veuve Fourny - Blanc de Blancs Brut Premier Cru (ヴーヴ・フルニ ブラン・ド・ブラン・ブリュット・プルミエ・クリュ)

Veuve Fourny :http://www.champagne-veuve-fourny.com





 シャンパン──音を立てないスマートな開け方3つのポイント
 (RIEDEL OFFICIAL BLOG)


 
 ▶︎http://www.riedel.co.jp/blog/others-blog/2014/cork-sparklingwine (テキスト)



 開栓の儀──もう完全にプロですよ、オレなんか──と言いたいところだけど、今回はヤバかった。なにせ上の動画のように瓶を回そうとしても、硬くてビクともしない。仕方ないので、瓶を立てて、コルクの方を少しキュリキュリと動かしてみた。

 するトウっ!

 コルクが上昇!──ここで慌ててはいけない。すかさず親指で抑えて、動画のようなポジションで、瓶を寝かせて、ゆっくりと瓶の方を回していく。するとスゲえ強さでコルクが攻めてくる。それを親指で抑えつつ格闘していると、ヤバイ、もうあと数ミリでコルクが抜けてしまうという状況に! コルクを抑えながら隙間を慎重に作っていくと、

 プシュぅ〜♪──天使の囁き、いただきました。それではいただきます。




Veuve_Fourny_bb3.jpg
 ▲まずはいつものように日本酒用のグイ呑みで乾杯。




※実は土曜に飲んでいて、先に「山城屋 - 純米 しぼりたて」を2人で2合ほど味見してからシャンに移行しました。


 立ち香──ウホ、いきなり〝焼きたてのパン〟がフワっと香ります。これは前回、前々回のピノ・ノワールよりも露骨にイースト香がわかるような気がする。あれ? それになんか、ソフトな甘みすらある。ほんのりバニラなサラサラ感も。樽香だろうか、ほんのりとシャープなハーブアロマも。




Veuve_Fourny_bb4.jpg
 ▲とりあえず、いろんな形のグラスで飲み比べ。



 含みます──。

 ああ、さすがに「白の白シャン」──ちゃんと酸っぱいですね。ただ、クルエのナチュールの方がピーンと張りつめたbody感があったかな。これは案外ほんわり酸っぱい感じで、口の中が泡でフワフワするイメージ。思っていたよりも口当たりは柔らか。ただし、ピノ・ノワール100% (黒の白シャン) よりは酸の密度は高め。果実味はシャルドネ100%の方が強いとは思うけど、凝縮感はクルエのナチュールの方がありますね。




Veuve_Fourny_bb5.jpg
 ▲鱈とジャガイモのシーフード風トマト鍋。そして、なぜかお椀 (笑) 。手が熱くならないから我が家では常にお椀。



 ♡☺♡「日本酒よりエグゼクティヴな気分になるのはなんでだろ。気分が上がるわ〜」──バカなことを言ってます。

 瓶を冷蔵庫から出したまま飲んでますが、ちょっと泡が口の中でホワホワしすぎで、腹が膨れる感じ。冷めたコカ・コーラとか飲んだ時のようなイメージ。口の中がバブリーで、ちょっと酸と果実味の芯を捕まえにくい。これ、こちら側の問題なのか、シャン側の問題なのか、そこは分からんけど、この状態だけの比較ではあるけど、クルエの泡の方がキメが細かいから、ダイレクトに味そのものを楽しめるけど、これは少し泡の出方が豊満過ぎる。




Veuve_Fourny_bb6.jpg
 ▲キャップをスミスキーに被せたら異様な可愛さを発揮 (笑) 。




 ただ、香りや味わいなどのカラー情報は今回のシャンが一番わかりやすい──経験値が上がったからだろうか。泡のホワホワが残念。リーデルだと液面と口までの距離が長いので、尚更ホワホワ。小さめのグイ呑みで飲んだ方が案外良かったです。




 ここで日本酒返し!
yamashiroya_hatsushibori28by6.jpg




 シャン経由で日本酒に戻るといつも感じることだけど、やっぱ濃いな (笑) 〜。それに、この流れだと、甘みより、割りとジリジリとした苦みも感じるわ。

 ♡☺♡「シャンとは全く別の酒だよ!」──当たり前。





── 2日目。



Veuve_Fourny_bb7.jpg



 もうグイ呑み一杯分しか残ってないけど。

 おっ、ガスはだいぶ落ち着いたものの、それでも中程度の瓶内二次発酵系の日本酒くらいにはガスが残ってる。今日はスゲえミネラルを感じる。なんだこれ、今日の方が「泡」と「ワイン」の両方を楽しめる感じでイイじゃないか。なんつうの? まるで白ワインの「直汲み生」みたいでさ (笑) 。

 舌で潰すように絞ると、いつまでもジーンと果実の余韻が。今なら「鷹長 - 純米 露葉風70 山乃かみ酵母仕込み」なんかも違った目線で楽しめそうだ。

 次回はコレの「ナチュール」を開けます。


moukan1972♂






Comment

Name - moukan1972♂  

Title - To サンジュリアンさん

ボチボチやって行きますよ。
ひとまず1年に20本を目標にしましょうかね。
途中、「これは!」というモノに出会えれば一気に目覚めますが、
「シャンは所詮シャン」という域からどこまで逸脱できるかがカギですね。
イメージを破壊的に覆すようなジャンルではないような気もしてます。
ワンカップ大関と篠峯ほどの差は、シャン同士にはないという意味です。
言うなら、西洋クラシックにおけるシンフォニーの、指揮者違い、楽団違いの差とでも申しましょうか。

2017.01.09 Mon 21:13
Edit | Reply |  

Name - サンジュリアン  

Title - 

花金(土)はシャンと洒落乙しては如何ですか?
一年経てば、モーカン2 シャン・バージョン開設ですね〜
2017.01.09 Mon 14:36
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To サンジュリアンさん

「ガストン・シケのスペシャルクラブ2008」を飲めば、さすがに僕でも「違い」がわかりますかね (笑) 。

今回は飲み急ぎすぎました。泡を落ち着かせてから飲めば良かったと思います。

2017.01.09 Mon 12:35
Edit | Reply |  

Name - サンジュリアン  

Title - 

前にも書きましたが、ワインの中で平均点が一番高いのがシャンです。だから品質の高低の違いが分からなかったので、自分にとって最後の秘境でした。でも一度この世界を知るとハマってしまいます。
基本、シャンはリリースされた時に完成してるので、他のワインの様に飲み頃を気にしなくてもいいんですが、自分の好みは熟成させたシャン、コート ブランの酸味が強いBBなら1996年や1998年が飲み頃で美味いですよ。NVはいつ作られたか分かりにくい(ロットNOで調べれますが)のでヴィンテージモノを箱買いして放置してあります。近年最高の年の2002年は結構買って持ってますがそろそろ飲み頃に入って来た様です。
まだ自分にはシャンのバリエーションに比べて、日本酒の品質の高低さの方が分かっていないです。ワインには熟成という時間軸があるので同じモノで変化を楽しめる点、奥深い気がします。
2017.01.09 Mon 07:10
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To サンジュリアンさん

毎度です。

人生初のブラン・ド・ブランでしたが、意外にイケますね──苦手意識がないという意味で。クルエのナチュールに比べれば、全然「愛らしい酒」です。


──バッキュバンして1日冷蔵庫に入れて置けばいい塩梅になりますよ。

今日の最後の一杯が良かったんですよ。これも経験ですね。次回からは、泡が強すぎたら次の日に飲むようにします。今回は「強い」というより、口の中でホワホワと膨らむ感じでした。なんか飲んでるだけでお腹いっぱいになる感じです。

日本酒ほど銘柄ごとの味や香りの違いはないので、どれを飲んでも「シャンパーニュ」という域からなかなか出れないですが、「小さな違い」が「大きな違い」に感じれるようになるまでには、やはり最低100本は空けないと無理でしょうね。長い付き合いになりそうです。

ま、それだけジャンルとして「完成された世界」なんでしょうね。イマドキの日本酒の場合、「ナニコレ日本酒っぽくない!」というのが褒め言葉になりますが、ワインやシャンパーニュの場合、そこから大きく逸脱したら「別のジャンル」になってしまいますからね。

まだまだ買いますよ。


2017.01.08 Sun 23:17
Edit | Reply |  

Name - サンジュリアン  

Title - 気に入りましたか?

モーカンさん

フルニのBB気に入りましたか?
泡が強いのはリリースされて日が経ってないからだと思います。
以前にフルニより強い酸味を持つジモネのBBのBrutの2002年を飲んだら舌が痺れるほど、つまりレモンを丸かじりくらいでした。その1年後には随分優しく成ってましたから、バッキュバンして1日冷蔵庫に入れて置けばいい塩梅になりますよ。
泡を楽しむならグラスはフルート、泡を飛ばして飲みたいならクープがいいですよ。クープグラス よく式の始めに乾杯に使ってる平たいグラスです。
多分ノンドゼはBrutの何倍も酸っぱく感じるでしょう。我が家にあるのはフルニのノンドゼは4-5年前に買ったのですが、先日飲んでも強い酸味有りましたから、、
BNノンドゼよりBBノンドゼの方がハードル高いですから、ノンドゼ飲むなら混醸タイプ(アヤラとか)先に飲んだ方が良いかも知れませんね。

もの本のシャン飲み始めると、カバとかヴァンムスー飲めなくなりますね。シャンの方が圧倒的に味が濃いですから、他のが水っぽく感じます。
シャンの味覚えると病み付きになりますよ。


2017.01.08 Sun 20:24
Edit | Reply |  

Add your comment