◤山城屋 - 純米 しぼりたて 無濾過生原酒 28BY ── dಠಠb「100点満点の内側に現れる80点満点サイズのダイアグラフの中でキレイな五味のペンタゴンを形成するような酒」#Fresh, Fruity 



※3連休は「手抜き推奨モード」で参ります。下記ボタンをクリックして自分で調べて下さい。そしてオレに大切な情報を教えて下さい (笑) 。


検索ワード:



 杜氏の浅野宏文氏が「お坊さん」──どゆこと?──ということでも話題になることの多い、新潟の山城屋です。このブランドは25BYからみたいね。初めて飲みます。日本酒1年生の頃から気になっていたので、ようやくという感じ。スペックによってファットに甘いモノや、辛口設計のモノもあるので、どれを買っていいか、イマイチわかりにくいんだけど、先ずは「新酒のしぼりたて」を。ちなみにオレは文芸上の「横暴さん」です。

※写真は「佐藤商店ブログ~Enjoy Sake Life~」より。


 スペックはこんな感じの無濾過生原酒。


▪︎麹米60%(五百万石)、掛米60%(こしいぶき)
▪︎酵母:新潟G9+新潟G9CR
▪︎日本酒度:+1
▪︎酸度:1.5~1.6
▪︎アミノ酸度:1.0~1.2





yamashiroya_hatsushibori28by3.jpg あまり他人のブログとか読まないし、Twitterや2ちゃんなんかで情報を集めないので、日本酒フリークスたちの間でどういう扱われ方をしてる酒なのか全く知らないけど、数少ないよく見てるブログで、以前「山城屋」についてクダ巻いてる回があってウケたので、気になる方は推理して辿り着いてみてね。本人が古傷に感じてると彼に悪いからここではリンクは貼らないよ (笑) 。

 ま、新酒なんで、スイカロ (スイスイと軽やか) に楽しく呑めれば☆4をすぐに付けますよ。期待です。




yamashiroya_hatsushibori28by1.jpg


 ▼そこに「悟りの舌」が加われば尚良し。
yamashiroya_hatsushibori28by2.jpg
 bottle size:720ml




SAKE GRADE:☆☆☆☆

【271】山城屋 -やましろや- 純米 しぼりたて 無濾過生原酒 28BY <新潟>

越銘醸 株式会社:https://twitter.com/koshimeijo


Moukan's tag:




 立ち香──意外に穏やかで、軽やかな酸がピーンと一点を突き抜けるイメージ。ここから過度の甘みやファットな旨みはイメージできない。フルーツ換算だと、透明感のあるマスカット系かな。鳳凰美田を更に先鋭化させたような、削いだような、そんなスリムで研ぎ澄まされた抽象的なフルーツ感がスゥーと流れます。ちょっと乳酸っぽい甘酸の先読みもあるな。別にニゴリでもニ次発酵系でもないので、これは単に新酒ライクなキビキビさの表れでしょう。




yamashiroya_hatsushibori28by4.jpg




 先ずはmoukan1973♀に毒味させます──。

 ♡☺♡「いい! 久々に言いいます、果汁か! 乳酸、すごいあるよ。久々にいいかも。ガスもちょっとある。素直に旨いと思える。安心した

 確かめます──。

 ああ、随分と素直に麗しく、小粒に煌びやかな酒。いいですね。ガスは感じないなあ。「乳酸」はないけど、モダンな日本酒における「New酸」なルックはある。ピーキーな酸っぱさはないけれど、ピチャっと小さく弾ける程度には、濁点のないキラキラな酸を感じる。

 たとえば「篠峯」みたいな、濁点を伴う硬水系のギラギラな酸ではなくて、あくまでもキラリんとした優しくツルツルの、麗しく瑞々しい酸。ド頭に瞬間的な甘みがあるものの、それはすぐにほどけて、この麗しの酸へと優しく収斂される流れ。そこまで酸っぱくはないけれど、それでも感じるライスワイン的なフィネス。すべてが程良いね。面白さや驚きは全くないけど、イイ感じに、そして素朴に、極めてwell-madeにこなれてます。味わいの方向性としてはイマドキだけど、ある種、アダルトな落ち着きがあるので、我々のような中年の日常酒としては大変に満足の行く内容です。


yamashiroya_hatsushibori28by5.jpg おうよ、徐々に味が開いて来たじゃねえか。口の中で舌に絡めるようにモグモグさせながら飲むと意外にBodyのある酒ということに気づく。光沢感のある甘みを手仕舞う流れの中で、適度なスパルタでビシっと締め上げる渋みが程良いアクセント。ハズレの生酒にありがちなイヤな苦みはないな。同時に強いミネラル感もないので、全体にはスベスベしつつ、それでも磨き60というスペック上の雑味感も良い方向で発揮されてるというか、ハッキリ言って「鳳凰美田 - 赤判 無濾過本生」より全然いいね──☆の数は同じだけど。

 なんというか、やっぱ鳳凰美田は、やや「美酒の押し売り感」がある。もちろん、そこにエンタテインメントを感じる飲み手がいることも承知してるし、そういう受け入れ方を否定はしないが、やっぱオレとしては、こちら側から深部に分け入って行こうというポジティブネスが削がれる要素がある──鳳凰美田に対しては、なぜか「はいはい」という、自分でも嫌悪するような少しネガティヴかつノイジーな感情が自然と沸き起こるというか──明白な理由はわからんけど。

 ♡☺♡「アタシもこっちの方が旨い! 鳳凰美田、確かに3日目は良くなってたけど、やっぱ思った、単純に一口飲んで旨いと思えることが大事なんだよ

 うん、これは「味」や「香り」じゃなくて、単に口の中が気持ちいい酒だね。

 ♡☺♡「飲み心地?」──そうだよ! 今日はいつになく調子がイイじゃないか!

 やっぱ酸のアクセントがイイ塩梅なんだよね。一口一口が小気味よくリセットされるから、ついつい次の一杯への間隔が短くなる。あ、ちょっと青リンゴ的な余韻も出てきたね。なんだろうな。あれだね。たとえば居酒屋で──行かないくせによく言うわ──他に飲む酒がない時、とりあえずこれ頼んじゃうみたいな安心感と安定感があるな。


 言うなら、100点満点の内側に現れる80点満点サイズのダイアグラフの中でキレイな五味のペンタゴンを形成するような酒。

 ♡☺♡「強烈なインパクトはないけど、無難に美味しい」──まさしく。

 この嫌味のない真っ当なクオリティ。正しい新酒に求めるモノはこれだ。押し付けがましいドッカンファイヤーな生酒に疲れたら、そのタイミングでこそ、この酒の出番だ。スイカロ (スイスイと軽やか)




── 2日目。


yamashiroya_hatsushibori28by8.jpg
 ▲いろいろ言われてますが、400勝というのは、毎年20勝しても20年かかる異常な数字。



 どうかなー。この手のバランス型は2日目に辛みのベクトルが飛び出すことが多いんだよなー。イイ感じに甘酸が膨らめば面白いんだけど。

 ちょっとブドウっぽい香りも出てきたけど、ややアルコールの浮きも感じる。実はこれ、昨日書くの忘れたんだけど、ちょっと「冩樂」なんかとも被る部分があるので、「トラッド吟醸」指数が上がると「静岡吟醸」みたいな苦み&辛みが出そうで怖いが、とりあえず飲んでみましょう。ただ、奥ではややリンゴの蜜のような甘酸もうっすら伸びてはくるね。

 含みます──。

 うん、悪くはないけど、なんか〝人懐こい味〟になっちゃったな (笑) 。最近よく使うこの言葉は自然と出てきたモノなので自分でも他との差異を明確に意識してるわけじゃないけど、「飲みやすい」とか「わかりやすい」とは少し違って、なんだろうな、ある種の「クオリティのホツレ」というか、「完璧じゃなくてごめんね、テヘ♡」というか、一方的にデレて来て飲み手であるオレが「もういいよ、わかったわかった」という気構えになってしまうような酒というニュアンスなんだけど、わかる (笑) ?

 ♡☺♡「無難に美味しいよ。果実感もそこそこあるしジューシーだし




yamashiroya_hatsushibori28by9.jpg




 ま、「磯自慢のレギュラー本醸造」よりは遙かにいいけどさ。初日のライスワイン的なフィネスが後退して、甘サラなパウダー感が前に出てきた。想像していた通り、やや退けにかけてのアルコールのアタックが増したかな。初日がピカピカの窓なら、今日は外が粉雪な曇りガラス。

「純米スペック」らしい雑味感というか、情報量の多さをポジティブに受け入れられるかによって評価は分かれると思う。つまり、初日よりも2日目の方が好きという人がいても、なんら不思議なない。甘さは2日目の方があるけれど、やはりオレ自身の好みで言えば、酸による輪郭が少しボヤけるので、初日の張りのある酒質の方が好きだ。4合瓶だし、初日で飲み切ることも可能だから、評価はそのままにしておきます。酸による球体感を美麗に表現できれば、☆5を突き抜けてくるポテンシャルはあると思う。より一層の解脱を期待します。


moukan1972♂moukan1973






山城屋

Comment

Add your comment