◤磯自慢 - しぼりたて本醸造 生貯蔵 (一回火入れ生詰) 28BY ── dಠಠb「初日は問題なく呑めたけど、2日目はガタガタ、静岡吟醸はしばらくいいや」 



※年末年始は「手抜き推奨モード」で参ります。下記ボタンをクリックして自分で調べて下さい。そしてオレに大切な情報を教えて下さい (笑) 。


検索ワード:




isojiman_shiboritate_honjozou28by3.jpg ブログでは初登場の「磯自慢」だけど、「本醸造三兄弟」と「純吟山田錦 火入れ」の4本は2014年と2015年に全て一升瓶で空けてます。今回は「本醸造三兄弟」──「特撰・別撰・レギュラー」の中の「レギュラー」の季節商品、一回火入れの生詰ヴァージョンを呑みます。表のラベルには「生貯蔵」と書いてあるけど、「しぼりたて」なんだから「貯蔵」はしてないはずだし、厳密には「生詰」なんじゃないかと思うわけだが、あまり気にせずに参ります。

 薄々気づいてる人も多いとは思うけど、オレは「静岡吟醸」があまり得意 (好き) ではない──実際には「心の底から好きだと思える静岡吟醸に未だに出会っていない」だけだとは思うが、なんだろうなあ、「お上品の押し売り」というか、なんか〝いちいち試されてる感〟があって、なかなか素直に楽しめない。

新政」の佐藤祐輔氏をはじめ、今をトキメク造り手たちの多くが私淑している「リスペクト銘柄」ではあるものの、やはり、我々のような後発組からすると、今の酒の中にそれらのエッセンスがすでに所々散りばめられており、もはや圧倒的なOne&Only感を──少なくともオレは感じにくいということが、一連の静岡吟醸とのショッキングな出会いを妨げている遠因ではあるだろう。

 とはいえ、2年くらい前に飲み比べた「本醸造三兄弟」の中では一番マシに思えた「レギュラー」の一回火入れヴァージョンなので、再飲するには最適な酒だと思って通販してみた。なかなか酒屋で「レギュラー」は見かけないので、実は「本醸造三兄弟」の中で最もレアだとは思ってる






◤本日の1曲♪ <場外市場>


 ▶︎Kenny Thomas - Best Of You (Touchdown Mix) 1991
 

 これまた今ラジオから流れてきた。懐かしいなオイ。こっちのヴァージョンを選曲するとは流石はオレ御用達ラジオ「Soulconnexion」じゃないか。このくらい節度あるアレンジは、ちょうど今日の「磯自慢」の本醸造と同じくらいの濃度だろう (笑) 。





isojiman_shiboritate_honjozou28by1.jpg
 ▲100万円の「シャトー・オー・ブリオン 1928」と5,000円のテーブル・ワインを飲み比べて当てるという、毎年恒例のアレ。


isojiman_shiboritate_honjozou28by2.jpg
 bottle size:1800ml




SAKE GRADE:☆☆☆

【268】磯自慢 -いそじまん- しぼりたて本醸造 生貯蔵 28BY <静岡>

磯自慢酒造 株式会社:http://www.isojiman-sake.jp


Moukan's tag:




isojiman_shiboritate_honjozou28by4.jpg
 ▲ひとまず夕食の準備をしながら、最近お気に入りの「伊勢角屋麦酒のペールエール」で乾杯。これ、スーパーで買えるレベルの缶ビールに後戻りできなくなるくらい旨いです。個人的にはPUNK IPAより好き。



isojiman_shiboritate_honjozou28by5.jpg




 立ち香──ああこれ、完全に静岡吟醸の甘い香り。バニラはバニラでも、メロンソーダに乗っかってるアイスのようなバニラ感。たとえば「風の森」なんかのそれと比べると、酸による象り (かたどり) の薄い優しいバニラと言うか。ややパウダリーなサラサラ感の先読みも。そして、バナナセーキ様のクリーミイさも。ただ、純吟や純大スペックでよくある、くぐもったような濃醇なニュアンスはなくて、香りの抜けは軽やかでです。

 含みます──。


 ああ、紛うことなき静岡吟醸 (笑) 。最近飲んだ中では、当然にして「若竹 - 特別純米 鬼乙女 幸 ひやおろし」にソックリな味わいだけど、「磯自慢」の方が清楚にツルツルしてるし、退けにかけての苦みや辛みのアタックは弱い──それでも多少はあるが。

 個人的にはそこまで入れ込む要素のある味わいではないけれど、一升瓶で2,000円ちょいだからね。とはいえ、飲み口はエレガントで気持ちいいよ。さすがにこのクラスだと気負いのある押し付けもないし、口の中で「ピチャっ」という音が弾けるニュアンス。酸度が低いし軟水だから、フルーツの出方は淡い水彩画ライクだけど、moukan1973♀は横で♡☺♡「別に普通」とは言ってる (笑) 。ま、このクラスの本醸造なので、「別に普通」なのは仕方ないとして、結局これって、「紙パック酒」や「辛口のオヤジ酒」に対する孤高のアンチテーゼという文脈の中で飲むか否かによって印象の変わる酒だよね。


isojiman_shiboritate_honjozou28by6.jpg それでも、この酒としては「満点」に近い完成度だとは思う──オレ個人はもう一生買うことも飲むこともないとは思うけれど。正直、文句はない。ただし、それほど好きでもない。きっとこの酒が一番輝けるステージは「居酒屋」でしょう。この値段で仕入れて一杯600円だの700円だので出るわけでしょ。そりゃあ、店の人間にすれば、「十四代の本丸」と並んで、これほどの孝行息子はないわけだし、仕方なく人の付き合いで入った普通の居酒屋にこれが置いてあって頼めれば、内心では<磯自慢の本醸造が置いてあって助かったよ・・・>とオレですら思うわ (笑) 。

 サラサラとした優しい「お米パウダー」なタッチ、かつバニラリーで甘やかな気品さのある磨き65の本醸造が他にあるかと訊かれて、オレ自身はすぐに頭に浮かばないものの、だからと言って別に「安いから買う」というモチベーションもないわけだし、正直オレはもっと旨い酒をもっと高い値段で買うことを選ぶわな。実は元旦に開けてるので、続き (2日目) は今夜また。

 そうね、普通の火入れより、甘みの質量は多めだとは思う。でも、飲むタイミングによっては平気で潜る。かと言って「酒単体」で楽しめるほどの強さもないし、そこが悩ましいし、欠点──というか、この酒の弱さではある




── 2日目。



isojiman_shiboritate_honjozou28by7.jpg



 立ち香──瓶口からは少しナッツっぽいオイリーさも出てきた。たまにこういう酒あるよな。熟香ではなく、穀物由来のヌメリだとは思うけど。フルーツ換算だと、バナナ、メロン、少し硬めの白桃なんかも。

 実は今日は久々に一人 (嬉!) 。moukan1973♀はこれを4合瓶に移して西荻の実家に行った。

 含みます──。

 ああ、ちょっと雑な苦みが出てきたかな。なんか「宝剣の純大」を思い出すよ。さすがにあそこまでハッキリとピーチなニュアンスはないけど、味曲線は同じ。ド頭はツルツルWateryで最後が苦くて渋くて辛いところなんかソックリ。やっぱオレ、軟水蔵のトラッド吟醸は苦手かもしれん。

 なんか今日は飲み進めるのが苦痛だなー。温度が上がってくるとマスカット系の甘やかさ、キャンディーのような光沢感のある香りも出てくるんだけど、含むとそれも特には感じない。ま、このへんはアル添マジックな香りの付随なのだろう。




isojiman_shiboritate_honjozou28by8.jpg




 せっかくなので、ダメモトでお燗にしてみるか。

 別に。

 初日に感じたwell-madeさは完全にお隠れになっちゃったね。やっぱ個人的にはどうでもいいんだよな、こういう酒。つくづく「八海山の特別本醸造」はバカにできねえなと思うわ。香り系の本醸造なら個人的には「夜明け前 辰の吟」の火入れがBestかな──「十四代 本丸」を除いて。「裏・雅山流 香華」も噂ほどには旨くない。

 一升瓶ONLYということを考えると、☆3ですね。宴席に一升瓶を持ち込む分にはアリだけど、他に買うべき酒はいくらでもある。やっぱこの酒は居酒屋の原価率に貢献することで威力を発揮する酒だと思うわ──つまり、旨いは旨いでも、儲けの面で「旨い酒」というか。


moukan1972♂






日本酒 磯自慢

Comment

Name - moukan1972♂  

Title - To kappa1970♂さん

池袋ですが、日曜・祝日は休みですが、土曜なら「升新商店」も是非。
kappaさんの家からマチダヤはクワナリ遠いですが、そこまで辿り着けば、
之吟は1分、秋山までは15分弱ですかね。
ただし、秋山から自宅に戻るまでは試練なので、逆に秋山Startがいいかも (笑) 。

マチダヤは「蔵直」と「問屋買い」の2本柱で、同じ銘柄でも絞って仕入れるので、「篠峯」なんかも限られた種類しか入りません。なんというか、黙っていても蔵元から売り込みに来る酒屋なので、一銘柄あたりの仕入れ種類は少ないんです。

マチダヤと言えば「長珍」ですかね。
4月頃から新聞紙シリーズが随時入ってくるので、kappaさん的には雄町65生あたり、良さげだと思います。実は僕も27BYで買い逃してしまって、28BYは必ず買おうと思ってます。読者さん情報だと僕が飲んだ山田錦50より良かったとか。ちなみに山田錦50は☆5です。

我が家の強みは東に進路を取って四谷の「鈴傳」にも20分ちょいで行けるところです。うちを中心にチャリで25分以内に使える地酒屋がゴロゴロあります。電車で30分以内なら選択肢は更に広がります。狙って引っ越したわけではありませんが、日本酒を買うための引っ越しと言っても過言ではありません (笑) 。

2017.01.03 Tue 20:38
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - 亀の尾は初です。

篠峯が亀の尾を使用するのは初です。
1月末に搾るみたいなので、2月には店に並ぶはずです。
ちなみに磨きは55で、タンク2つ分を仕込んでいるので、
火入れ等、様々な処理を施して複数のヴァージョンが出ると思います。
ひとまず僕は生の55が出たら、28BYの他の酒とまとめ買いするつもりです。
亀の尾は酸の出る酒米という認識があるので、相性は悪くないと思ってます。


2017.01.03 Tue 20:23
Edit | Reply |  

Name - kappa1970♂  

Title - 酒の殿堂

moukanさん

おはようございます。

味のマチダヤ

うちから行けない距離ではないのですが、中野方面に行く用事が無くて未だいったことがありません。
いわばmoukanさんの基地(ベース)ですよね。それにしても120銘柄以上って驚愕ですね!
今度、チャリでマチダヤ⇒之吟⇒秋山 弾丸ツアーをやってみます。

昨年は、SUICAペンギンケーキを買いに池袋に行きました。イケセイは正雪の即売会やっていました。品揃え・客の入り・店の明るさといずれもよかったです。
東武は一ノ蔵の即売会やっていました。七田のヴァリエーションが素晴らしいですね。

moukanさんのテリトリーの地酒屋はすごい充実していると感じた次第です。
2017.01.03 Tue 11:52
Edit | Reply |  

Name - -  

Title - 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.01.03 Tue 11:39
Edit | Reply |  

Name - kappa1970♂  

Title - 豹変

サンジュリアンさん

おはようございます。本年もよろしくお願いいたします。

開栓後にどんどん味が乗ってくることもあるんですか!一方的に劣化していくものと思っていました。

初見がブスいと、その後杯を重ねるのは苦痛ですし、付き合うのも数日ですから
放置プレイで〝初孫出羽の里純米生酛生原酒〟の良さを発見したというのは、奇跡に近いですよね。
旨かったら、あっという間に空けてしまうので、この発見には〝ブス〟であるということが最大に寄与している訳です。
更に、〝ブス〟だけどどこか気になる、ちょっと付き合ってみるかという、〝気まぐれ〟も必要。
この組合せ、正に奇跡。

しかし、益々ドロ沼ですね。
だって、未開栓で長期保存したら化けそうな酒を見極めてストックする楽しみの他に、開栓後の最高点を模索する飲み方、温度も左右するでしょうしそのヴァリエーションたるや。。。

ワインの方がもっともっとヴァリエーションのある世界の様な気がしますが、日本酒の沼も相当に深いですね。

ブス酒に期待をかけて付き合い続けてあげるという寛容性が無ければ出現しない奇跡。出現しない方が圧倒的に多い訳ですから、その出現の 🗝がなんなのかを知りたいですね。

ブス酒の豹変を探求し続けるのも何だか楽しそうに思えてきました。
2017.01.03 Tue 10:47
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To サンジュリアンさん&kappaさん

サンジュリアンさん

先日、杜氏のfacebookをチェックしたら、やっぱ木香は完全には抜けてないみたいですね通常の「篠峯」ならまだしも「ろくまる」の木香はNGだろと思うんですが、冷蔵庫が落ち着いたら一気に揃えますよ。2004櫛羅はちょっと想像できないです。

生の熟成ですが、③の「酸味」はポイントかもしれないですね。少なくとも「酸化」という劣化ベクトルの煽りを相対的に感じない。あとは、それなりの「日本酒度 (+3以上) 」は必要かなと。たとえば「秀鳳」なんかは怖くて熟成できないです (笑) 。

僕が去年飲んだ中だと「姿 マチダヤオリジナル 袋吊り 雄町」なんかまさにそうでしたね。一升瓶で最後の2合が一番うまかったのはコレだけでした。「豊盃 Houhai Drip」「亀甲花菱 赤ラベル 純吟」なんかも2日目の方がよかったです。思い返せばどれも「酸にチャームポイントのある」銘柄ですね。


──────────────────────────────

kappaさん

もっと酒が強ければ迷いはないんですが、増やしても呑むペースが上がらないところがツライです・・・。
でもまあ、このままだと氷温保存用の冷蔵庫はいずれ手が伸びるでしょうね。こうも退屈な酒ばかりつかまされると、自分の好きな酒をいろんな状態で飲み比べた方が幸せだという気にもなります。

実はマチダヤで「取り置き」したことないんですよ。ただ、ネット通販したモノを「店頭受け取り」はできますね。あと、この店、必ずしもネットに出てる酒が店頭に並んでるわけじゃないので、もしも店に行って見当たらなかったら、「ネットに出てるヤツが欲しい」と言えば裏から出してきます。基本的に客に対して放任主義なので向こうから声を掛けてくることはないですが、訊けば親切に対応してくれるはずです。あと、扱い商品が多すぎるので (120銘柄以上) 、すべてを把握してるスタッフはいません──いたとしても、その人がどこにいるのか分かりません (笑) 。


2017.01.03 Tue 10:34
Edit | Reply |  

Name - サンジュリアン  

Title - 

カッパさん
今年も一年よろしくお願いします。

あと、サンプル数は少ないですが、初孫の出羽の里の純米 生酛生原酒 が凄い面白い③でした。
これ今年の夏に開封して飲み始めたのですが、最初全然普通のパック酒の味で買って失敗だと思っていました。旨くないから結局15度セラーに放置気味に3週間掛けて飲みましたが、10日過ぎから凄く味と深みが出て来て最後の1-2合は美味いなあと思いながら飲んでいました。

元々酸素に多く触れてる生酛造りだから、開封後の酸化に強いんじゃないかと勝手に思っています。これ自分の評価(5点満点)で開けたて3点、途中4-4.5点 最後5点満点 でした。一気に飲んでたら大した酒でないで終わってた酒でしょうね。
2017.01.03 Tue 09:21
Edit | Reply |  

Name - kappa1970♂  

Title - ③探し

サンジュリアンさん

明けましておめでとうございます。
毎度の横槍失礼いたします!

大人買い対象は③で、比率1割という説は面白いですね。

長期ストックを見越して、③に該当する酒を探すというのが面白いですね。候補生としてのオーディション。
その上で、時間の変化と味わいの変化の検証(レッスン)をし、プロ認定or研修生落ち。

これ、結局のところ最高に愉しいのは、予想をし、金と時間をかけて育み、結果どうなったのかを検証できる当事者だけという大人な企画。
2017.01.03 Tue 00:54
Edit | Reply |  

Name - サンジュリアン  

Title - 開封後の変化

お晩です。

自分は四合瓶より一升瓶を買うことが多いので、開封後の酒の変化(美味いのは4-5日、イマイチは10日位で空けます)は毎回体験してます。
厳密には熟成とは違うと思いますがワインでも早飲みタイプ(大半の安い奴)はフレッシュな時が唯一の18歳で、2-3年も保管すれば老婆になってます。国産や1000円代の輸入モノは実は火入れされてたり、ミクロフィルター通してるので元々熟成出来ないようです。グランヴァン 特にボルドーの一級やスーパーセコンド(格付けは一級じゃないが品質は同等)は当たり年なら最低15-20年以降50-60年がピークです。実際 ラトゥールやパルメ(公式3級スーパーセコンド)の1961 などは2000年以降ずっとピーク状態の様です。
ここ半年で開けた日本酒、①開けたてそこそこ旨かったのが翌日ガッカリタイプ ②最初から空になるまで味の変化が少ないタイプ ③開けたてより日増しに味が乗ってくるタイプ を経験しました。
①が大体6割 ②3割 ③1割 の確率ですね。①は大半の火入れ酒 加水生酒 アル添 ですね。本丸や辰の吟は② 濃厚な生原酒 幻舞、花陽浴 生酒のたかちよ赤 鳳凰美田 秀峰出羽33 火入れの珠韻 写楽 も② でした。③は篠峯by26 八反50 ろくまる雄山錦 仙介 重陽福娘山田60 直汲み くらいでした。③のタイプは酒質と酸味が強くてミネラルのコアを感じます。開封して空気に触れるとこれらが融合して味が乗ってくる という印象です。
ここからは熟成可否の推測ですが、①の熟成は論外として、②も生原酒以外はやめた方が無難 ③はやってみる価値有り こんな風に思ってます。
by28篠峯 確かに鉛筆囓った様な木香がありますが、まだ本命飲んでないので、モーカンさんの味見レポ期待してます。櫛羅2004 あれは面白かったですよ。
あと、例のby26八反50の一火 試しに1本買ってみようと考えてます。



2017.01.03 Tue 00:28
Edit | Reply |  

Name - kappa1970♂  

Title - 至高性

moukanさん

レス有難うございます。
色々な銘柄を飲み漁ることに加え、好きな銘柄を大人買いして、時間軸で愉しむことは、年間250銘柄超をやっておられるからこそ芽生えた欲求の上位スライドなんでしょうね。
日本酒でその様な飲み方をしておられる方は少ないでしょうから、壮大かつ至高性があって面白いですね。

moukanさんはLABOの所長故に、嵌るととことんやり倒されるでしょうから、レマコムも相当大型じゃ無いとストックしきれませんね。

保冷倉庫借りちゃいますか!(笑)
どや感スゲ〜。

(マチダヤとか、まとめ買いするから取っておいてよとお願いしたら、どれくらいまで保管してくれるんでしょうね)

戯論ですので、スルーなさってください!
2017.01.02 Mon 23:59
Edit | Reply |  

Name - moukan1972♂  

Title - To kappa1970♂さん

毎度です。

あ、「臥龍梅の雄町袋吊り」は頭に入ってます。そういや静岡でした。池袋の西武でも売ってますし、よく使う通販先の店でも扱いがあるので、これを飲まないわけにはいかないですね (笑) 。

「磯自慢」は高いヤツを飲んでないので、気が向いたら買いますが、期待はできない・・・。新聞紙は「長珍」と「義侠」があるので、28BYは何本か買いますよ〜。

それより、サンジュリアンさんの影響か (笑) 、ここ数日は同じ酒を時間をあけて飲み比べるということに興味が出てきてます。なにか極上の酒を28BYで見つけたら、それを6本とか大人買いして3年かけて飲み続けるというものです。篠峯の純大雄町や八反50の変わりようを体験して、その思いがますます強くなりました。

いろんな酒を1本だけ早飲みすることで知れることは、それぞれが「旨いか不味いか」だけであって、極上に旨い酒がどう変化して行くのかを長期的に観察した方が得られるものは大きいのではないかと。

「八海山」は新宿伊勢丹で300mlを冷やかしで買って普通以上に旨くてビビリました (笑) 。同じニュアンスの「貴 特別純米」より好きですね。なにより、全温度対応酒なのが使い勝手いいです。今年もどこかで1回くらいは試したいです。

そうそう、「磯自慢」ですが、実は純吟なんかだと、マチダヤのHPでもシレっと買えることがあります。「長珍」なんかも通販の定番なので、更新は頻繁ではありませんが、タイミングが合えば。

マチダヤ通販ページ
http://ajinomachidaya.ocnk.net


そうそう、kappaさんの好きな「姿」もマチダヤ・オリジナルがあります。901号酵母を使った、相対的に酸っぱい「姿」です。雄町より五百万石の方がイイ感じでしたので、僕もいつか買うと思います。



2017.01.02 Mon 22:52
Edit | Reply |  

Name - kappa1970♂  

Title - 新企画の

moukanさん

こんばんは。

──つまり、旨いは旨いでも、儲けの面で「旨い酒」というか。
ははは。最後のオチが素晴らしい!
メルマガ読者特典で教えてくださった店、先日は吟醸生原酒がでてましたが、結構速攻で売り切れになってましたね。
磯自慢は外飲みも含めてこれまで一度も飲んだことがないので、ご紹介いただいた店で純米吟醸が出たら買ってみたいと思っています。

さて、新年度の新企画ですが、
・moukanさんが〝もういいや〟と思われた静岡吟醸全銘柄制覇の道
とか
・全国新聞紙巻き巻き酒制覇の道

とかいかがでしょうか。(笑)

静岡なら臥龍梅の雄町袋吊りシリーズとか好きなので、もう少し藪漕ぎしていただき、〝こ、これは!〟という銘柄が出てくることを密かに期待する次第です。
未知銘柄の藪漕ぎの方がmoukanさんのモチベーションが上がるかな?何て思っています。

八海山の本醸造、確かに美味いですよね。
飲み比べをしていて訳が分からなくなった時のデファクトスタンダードと僕は位置付けています。
2017.01.02 Mon 21:51
Edit | Reply |  

Add your comment